VERIMEの市場と競合分析レポート

  記事の要点 VERIMEプロジェクトが参入するID認証の市場および、競合プロジェクト分析です。 市場分析 VERIMEはID認証プロジェクトです。 ID認証の需要拡大予測 アイデンティティの検証は、銀行、テレコム、クレジット会社などの多くの公共および民間組織にとって避けがたいプロセスです。 そして、このプロセスは、デジタル化によって補完されているにもかかわらず、やりがいのある複雑なものになり続けます。 アイ・ティ・アール(ITR)は10日、「ITR Market View:アイデンティティ/アクセス管理市場2014」を発行した。これによると、アイデンティティ(ID)/アクセス管理市場は前年度比9.1%増の成長を維持し、2017年度までの年平均成長率(CAGR)は7.8%になると予測した。 この予測では、クラウド環境との連携拡大によるアイデンティティの統合的な管理や、SSOによる運用面での効率化などで一定の需要があることが要因となっていると指摘しています。 クラウド環境の拡大 モバイルデバイスのアクセス需要拡大 これらの要因から、同市場の2012年度から2017年度までの年平均成長率(CAGR)は7.8%と予測しています。 しかしながら、需要が伸びているにもかかわらず、依然として問題点は多々あります。 既存の問題点 問題としてはオフライン・オンラインでさまざまあります。 選択肢がない 会社のルールに従うことに拘束されている 企業は顧客の身元を確認するポリシーに縛られている 時間がかかる 上記はオフラインの問題ですが、オンラインでの本人確認により、時間と紙の節約にもなりますが、このオンラインでも問題点はあります。 信頼の問題です。 この苦境に苦しんでいる主な理由の1つは、サービスプロバイダー、企業、および大部分の組織が、私たちのアイデンティティをオンラインで管理および維持するための中心的な当事者に依存しているためです。 デジタルアイデンティティの検証と認証の歴史では、オンラインで情報を効率よく共有するものはありませんでした。 以上の問題から歴史的な事件も起きています。 最初に約10年前に目撃された時間は、デジタルアイデンティティ盗難です。この事件以来、猛烈な火のように広がっています。この犯罪が拡大する恐れのある警戒率は、2017年だけで1,500万人の犠牲者があることを考慮すると、はっきりと目に見えます。 これまでのところ、米国だけで4000万人以上の犠牲者を抱えていたアイデンティティ・セフト(ID Theft)という、より大きな問題が生じました。 少なくとも、これは2016年にEquifaxで起こったことであり、何十億というユーザーにプライバシーが損なわれています。 Equifaxの事件 約4億2千万ドルの登録ユーザーの情報を漏洩したため、信用調査会社が約40億ドルを失った あなたはウェブ上の第三者とあなたの個人情報を共有しており、常に第三者は悪用される危険性が蔓延っています。 これらの問題は、KYCのプロセスを完全にデジタル化することで、時間とリソースの無駄という問題を大幅に解決することができましたが、これまでのところIDの盗難の問題を効果的に解決することはできませんでした。 個人情報を保護するための最良の方法は、この情報を自分の管理下に置くことです。 ブロックチェーンによる解決案 解決策は、分散されていない認証メカニズムに従って、安全でない中央サーバーモデルに従うのではなく、システムを設計することです。 あなたの情報を検証するためにミドルウェア/オンラインサーバーに依存しないシステムは、あらゆる種類の検証が必要な場合はいつでも、どこにでも直接リンクを確立します。 ブロックチェーンはソリューションです。デジタル個人情報盗難を排除する可能性を秘めており、そのレベルはすでに新しい高点に達しています。 この技術が正しく実装されていれば、自己ソブリンのアイデンティティの概念を生かすことができ、ユーザーは必要な情報だけを共有することができます。 このようにして、個人情報を常に管理しているだけでなく、あなたの身元を確認するためにあらゆる場所を移動する必要はありません。 このアイデアに取り組むのは、ベトナムの起業家グループで 、ブロックチェーン上で動作するデジタルID検証プラットフォームであるVeriMEです。 このプラットフォームは、お客様のデジタルKYCを実行します。ブロックチェイン、AI、機械学習を活用することにより、KYCプロセスをシームレスかつ安全に完了します。 顧客は、公式ドキュメントのスキャンされたコピーを提出することにより、VeriMEアプリケーションでプロファイルを作成する必要があります。このプロファイルがVeriMEによって検証されると、オンライン加盟店や保険プロバイダーなどのVeriMEのサービスプロバイダーとのシームレスな検証と認証を行うことができます。 検証が必要になるたびにサービスプロバイダの場所にアクセスする必要がないため、ユーザーは時間を節約できます。一方、サービスプロバイダーは、VeriMEのサービスを使用してお金、リソース、人材を節約します。 このようにして、VeriMEは、物理的な会議や文書検証の必要なしに、商人と顧客の両方がビジネスを実行できる、安全で安全な身元確認と認証のエコシステムを構築します。 VeriMEでは、VeriME社のCEO、Nguyen Huu Phu氏は次のように述べています。 「ID盗難は過去のことです。ブロックチェーンでは、情報を保護するために第三者に頼る必要がなくなりました。私たち自身がそれを担当します。 ブロックチェーンに頼るべきではないという声もある ブロックチェーンは、ID管理と検証の問題の解決策ではないと信じている少数の専門家もいます。 しかしこれは、VeriMEのような企業の動きは大胆だが、ブロックチェーンを使ったアイデンティティ管理は信用を取り除き、匿名性を確立するという考え方を理解すると、無知であると捉えることもできます。 コンステレーション・リサーチのアナリスト、スティーブ・ウィルソン氏は、 「パブリック・ブロックチェーンは、意図的かつ誇らしげに第三者をシャークしているが、あなたのアイデンティティは、何らかの形であなたに保証する第三者がない限り、何もない。ブロックチェーンはいくつかの点で素晴​​らしいですが、それは魔法ではなく、IDMの問題空間用に設計されたものではありません。 しかし、可能性はあります。 これらの専門家は、ブロックチェーンは問題の実行可能な解決策になると信じていますが、克服する必要がある重大な障害に直面します。 これらの障害の第1は、大衆にこの検証システムを採用するよう説得することです。 というのは、分散元帳システムの価値は、それを使用している人の数に基づいているからです。 人口がブロックチェーンに基づくアイデンティティ管理ソリューションに参加するのに十分な動機がないと考える人もいます。 この状況で、検証サービス(VaaS)を提供しているVeriMeのような企業はすでに視聴者を魅了している段階にあり、事態がうまくいくと、すぐにIDの盗難から解放されるソリューションを提供できます。 ブロックチェーンはまだ未熟な技術ですが、それは世紀の救世主とみなす人々がいますし、懐疑的に見ている人もいます。 最終的に問題となるのは、VeriMEなどの企業が効果的に開発し、それをデジタルID検証と関連した問題に利用できるかどうかです。 競合分析 ID認証プロジェクトはブロックチェーン企業も積極的に参入しています。 以下、競合となるプロジェクトです。 SelfKey SelfKeyは、ユーザーをID管理プロセスの中心に置きます。概念はSelf-Sovereign IDと呼ばれ、トークン「KEY」を使用してユーザーが参加者間で価値を移転できるアイデンティティ・エコシステムを実現します。 TheKEY THEKEYプロジェクトチームは、政府当局によって独占的に承認された個人識別情報(PII)を使用してブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。 Decentralized ID Decentralized ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのものです。 DIDはIDをあなたがコントロールできるために分散します。 2017年9月に起動したDIDは、モバイルウォレットとイーサリアムネットワークに基づいたソフトウェアスキーマがあり、ブロックチェインでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。 このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに保存するパイロットスタディを実施しています。 TheKEYは中国のチームであり、ICOはハードキャップを数分で調達し、無事成功しました。こちらも、政府とも提携する有力企業の一つです。 このような競合プロジェクトと比較した場合の利点を次に述べます。 VERIMEの競合上の優位性 VeriMEが類似のサービスを提供している他のプレイヤーとどのように異なっているかは、頻繁に聞かれる質問です。それは、ただ一つではなく、VeriMEをユニークなものにする多くの差別化要因があります。 VaaSエコシステムの構築を視野に入れる はじめに、VeriMEは、KYC(Know Your Customer)サービスプロバイダだけでなく、完全に分散したブロックチェーンベースのVaaS(Verification-as-a-Service)エコシステムです。 この分野の伝統的なプレーヤーは、しばしば仕事の範囲によって制限され、すべてのデータが集中管理された場所に保管されるという事実によって制限されます。したがって、収集する個人データの安全性を確保するために、高価なデータセキュリティシステムに頼らざるを得ません。この貴重なデータは、盗難や違反の傾向があり、ハッカーによる個人情報の盗難の標的になることがよくあります。  2.既存の製品 KYCと認証スペースには、すでに市場に出回っている製品があり、一般的なモバイルオペレーティングシステム、Android、iOS上のアプリケーションとしてダウンロードできます。 この製品は、ベトナムの4つの主要パートナーが指揮を執る3万人以上のユーザーが使用していますが、KYC空間の他のBブロックチェーンベースのプレーヤーはまだコミュニティの評価用のソフトウェアAPIをリリースしていません。  この点で、優位性が高いです。   VeriMEを使用することのもう一つの利点は、MitM(Man-in-the-Middle)攻撃とMitB(Man-in-the-Browser)攻撃から生じるセキュリティ上の脅威を排除することです。ブラウザーがショッピングカートから支払いゲートウェイにリダイレクトされ戻ったとき、顧客はそのような攻撃に対して最も脆弱です。 VeriMEは主要なショッピングポータルやオンライン決済ゲートウェイと提携しているため、すでにVeriMEアカウントを持っている顧客が別の第三者認証システムにリダイレクトされる必要はありません。これにより、第三者の依存関係が解消され、機密データを販売サイクルの一部として取り込み、保管または転送するリスクがなくなり、加盟店および当社パートナーのコストが削減されます。 3.パートナー   最も重要な優位点の一つとしてあるのが、豊富なパートナー提携です。   前に述べた、信頼を確保して、広く認知されることでこれは非常に役立ちます。                                VeriMEは、ベトナム最大の支払いプロバイダであるNganLuongをはじめ、アジアの主要国境を越える小売輸入購入促進ブランド、韓国のブロックチェーンを拠点とする国境を越えた送金サービスプロバイダーであるMoinと提携しました。 当社のパートナーには、eBay.vn、グローバル巨大eBayのベトナム、TrakInvest、MC Payments、CFCも含まれています。   これまでのVeriMEは、アジア太平洋地域だけで25カ国以上のパートナーと提携しており、立ち上げ時(2018年8月)にパートナー数を50以上に増やす予定です。   4.コミュニティ支持 比較的高いコミュニティ支持を得ています。 その要因は、やはり豊富なパートナーと製品の存在でしょう。 5.データプライバシーとコンプライアンス VeriMEはユーザーのデータをデバイスに保存しているだけなので、ユーザーがVeriMEを使用してKYCおよび支払い認証の要件を満たす場合には問題になりません。 また、KYCおよび支払い認証処理中にPCI...

DecentralizedID(DID)ブロックチェーン上のID保護のためのソフトウェアスキーマ

  DecentralizedIDとは 分散化ID(またはDID)はソフトウェアスキーマであり、ブロックチェーン上のIDを保護するためのプロジェクトです。 DIDはあなたのIDをコントロール下に分散し、2017年9月に発売されたDIDには、モバイルウォレットとEthereumネットワークに基づいたソフトウェアスキーマが既にあり、ブロックチェーンでのID検証の実行方法を示しています。 DIDはこれを達成するための提案案を提出し、IDが暗号世界でどのように使用/転送されているかを監督する基盤を開始することを推奨しています。 このプロジェクトは、政府機関と緊密に協力して、ナショナルIDカードをブロックチェーンに設置するパイロットスタディを実施しています。 伝統的な課題とDIDの技術ソリューション 伝統的なシステムでは 組織に支配されている あなたのIDは追跡される恐れがある IDの証拠がない SSLが破られるリスクがある インターネットでの要求 IDを安全に発行する方法がない などのような課題があります。これに対するDIDのソリューションは以下です。 BOCA証明書-信頼契約 DID財団はインターネット上で利用可能な現在のSSL証明書システムを独占するつもりであり、世界の安全保障の権利を保有する商業団体ではなく、DID財団が担当する予定です。 現在のSSL 信頼モデルからのパラダイムシフトとSSLに関する問題: CAが多すぎる レジストラ ICANN(ルート)は政治的である SSLは弱く欠陥がある(NSAは必要に応じてSSLをハックすることができます) BOCAがこれらの問題をどのように緩和するか: 基盤となる1つのCA 慎重な審査プロセス すべてのタイプのBOCAに対する1つのAPIスキーム検証 レジストラは財団である 政治はなく、メンバー投票による民主的な意思決定のみ ブロックチェーンによる原産地証明書 DID財団は、地方自治体のネットワーク上での信憑性に対する加入者の信頼を想像して再設計します。 IDまたはデータを組織に提供する前に、要求されたトランザクションが検証済みのソースから取得された場合、分散ネットワークをチェックすることができます。 これらのスマートな契約は、IDの確認や発行に参加したいエンティティに属する真正性の反駁不能な証明書として証明されます。 今日のSSL証明書のように、これらのBOCA証明書には、割り当てられた当事者に関する詳細情報と、それに付随する有効期限およびその他の属性が付属します。ユーザーは、ID要求の発信元を安全に確認することができます。 トラストプラットフォーム DID財団は、分散した世界でID /ログイン/クッキー要件を合理化するために、単一のプラットフォーム上でパブリッシャーとサブスクライバーを獲得したいと考えています。 これは、IDの使用方法、IDの格納方法、IDの取得方法、さらに人々のプライバシーを保護する方法に関する問題についてコンセンサスを得ることを意味します。 ID保護と共有の現在の状態は深刻です。 いくつかの政府機関と協議して、正式なIDの信頼が公的なブロックチェーンネットワーク上でどのように分散され、100%改ざん防止が可能かを確認しています。 匿名転送 ブロックチェーン上でユーザー送信アドレスが匿名であることを確認する必要があります。 これはHDウォレットによって実現されます。秘密鍵は常にユーザーによって保持されます。そのHDウォレットの下にある複数のアカウントを使用してID転送を実行します。 ID要求スキーム ID請求機関にはHDウォレットもあり、拡張公開鍵は、DID基盤で利用できます。 ID要求機関は、DID / BOCAだけが発行されたプロバイダから来ると計算できるHDウォレットの下にランダムなアドレスを与えることができます。   暗号化 AESは、ユーザがID要求側の公開鍵で自分のデータを暗号化するために使用されます。したがって、ID要求主体のみが、ユーザによって送信されたデータのロックを解除することができる。 格納するのではなく、ロギングする Ethereumネットワークでは、データを契約書に保存するよりもロギングが優れていることが分かっており、データを保存すると、大量のガスが燃えます。ロギングによってデータが転送され、トランザクションが不変になります。 完全なEthereumベースのマイクロシステム 以下のEthereumデザインアイデアを使用して、ソフトウェアをベースにしています。 スマート契約 ロギング イベント HDウォレット 取引の領収書 このようにDIDシステムは、分散ネットワーク上でスマートな契約を採用することによって機能します。スマートな契約は、論理的なスキーマのプログラミング単位であり、 DIDソフトウェアは、次のブロックに分かれています。 1.モバイルアプリケーション:エンドユーザーがシステムと対話するため 2. DIDエンドポイント:ユーザーの指示をブロックチェーン上で安全に実行 3. DID API&Marketplace:開発者がDIDシステムでログインし、BOCA証明書を操作するため。 4. BOCAissuance:ID要求団体がエンドユーザーに真正性を提供するために登録するためのプラットフォーム。 現在Ethereum Mainnetに基づいて、DIDは試すことができる機能的なスキーマを持っています。  しかし、以上のようなソリューションの背景には、現時点では解決すべき課題が残っています。 それが次です。 DIDスキームの課題 適切なブロックチェーンがない 現時点では、本当に公的で無国籍のブロックチェーンは存在しません。すべての現在のブロックチェーン技術は、データを格納することを意図しており、ID転送の受信を保存するだけで、データではありません。 IDトークンの転送に関しては、データの分散転送のみが必要です。 現在のブロックチェーン技術によって使用されるデータ構造は制限的であり、拡張または抽象化を許さないため、新しい無国籍のブロックチェーンを必要としています。 イーサリアムスマートコントラクトでは不十分である Ethereumのスマートコントラクトは、基本的なものを超えた計算には適していませんでした。技術が育っていることは事実ですが、ブロックチェーンで計算(ハッシュなど)ができないことが大きな欠点であるとされており、グローバルな計算能力はまだDappsでは利用できません。(プロジェクトは多数あるが) 真の地方分権化のためには、取引はその基礎となる計算筋をノードから借りることができなければならない。 標準化と抽象化の欠如 現在のブロックチェーン技術は、疎結合されており、すべてが不変であるため、より抽象化するためにブロックチェーンテクノロジを提供する必要があると考えています。 所見として、現在の形式のDIDスキーマは、チームの審議の結果、次のような結論がなされています。 DIDスキームに必要な3つの要件 ①ステートレスブロックチェーン技術の要件 すべての現在のブロックチェーン技術(少なくとも成熟したプラットフォーム)は、コインとトークンを会計処理する分散元帳で動作しますが、設定された時間制限に従ってデータが存在するブロックチェーンも存在する必要があります。 このような新しいブロックチェーンは、分散ネットワーク上でのデータ転送に使用できます。また、ID要求/応答が必ずしもブロックチェーンに永久に書き込まれる必要はありません。 ②より速いブロックチェーンの要件 現在のモデルよりもはるかに速い新しいタイプの分散型ネットワークの要件を指摘する。毎日のインターネットログインのスピードを再現するために、私たちは現在、これを高速に処理するために多くのGasを消費しなければなりません。それでも、契約を公開してトランザクションを確認することで、基盤となるネットワークの速度が遅くなることがあります。 ③ID認証のための無料分散ネットワークの要件 この発見は基礎に引き継がれました。財団は、すべてのユーザーに無料のID取引を提供する理由を追求します。 DID財団について 2018年第1四半期に成功したICOの後、トルコール・インベストメンツ・リミテッドは、ICO参加者から提供された予算に基づいて、英国法に基づくチャリティ・アンド・トラスティー投資法に従って財団を設立する予定です。 なぜ財団が必要なのか? 地方分権化された世界は、現時点で世界中の通信組織からの革命であると信じられており、間もなく、データは分散化され、それとともに、人々自身のIDになります。 提案された財団は、人々のIDとプライバシーが保護されることを保証するように役割を担う存在です。 私たちは現在、プライバシーとIDに関してインターネットの世界が混乱しているのを見ています。あなたのデータは、いくつかの企業や少数のサーバーで管理されています。...

THEKEYのトークンセール概要について

  THEKEYとは THEKEYはNEOプラットフォームを利用したID認証プロジェクトです。 第2世代のID識別認証技術を開発するためにICOを開催しています。 https://youtu.be/2__oB0B9-CA トークンセールについて プレセールは終了しており、相当量の暗号化通貨を調達し、予定よりはるかに早く前売を締めています。 そして、正式なトークンセールにむけて、ホワイトリストに26,000人の投資家が登録しており、3,000人がまだ承認を待っている状況です。 コミュニティの点でいうと、他のソーシャルメディアのフォロワーはもちろんのこと、テレグラムグループには24,000人、Twitterでは1万1千人のフォロワーがいます。これらすべての数字をまとめると、THEKEYコミュニティには35,000人以上のメンバーが加わり、暗号世界で最も急速に成長しているコミュニティの1つになっています。 コミュニティが大きいプロジェクトのメリットとしては以下の点が考えられます。 短期的な投機目線ではなくトークンホルダーが多い プロジェクトの信頼性が高い 必然的に注目を浴びる あくまで目安ですが、トークンの価格にも多少は影響してきます。 そして、クラウドセールの正式なアナウンスがありました。 クラウドセール概要 1. 2018年1月15日(20:00〜1:00 GMT)の北京時間午前10時に群衆販売が開始されます。 2.群集販売の総配分は10,000 Neoになります。 3.群集販売の場合、最低貢献度は1 NEOであり、最大貢献度は1人あたり10 NEOです。以前発表されたように群衆の販売中はNEOだけが受け入れられます。 4. NEOとBTCの間のコンバージョン率と、群衆の販売のためのTKYの価格は、1月15日午前9時(北京1月1日午前1時15分)に発表されます。ホワイトリストに登録されたユーザーのみが群衆の販売を受けることができます。 5. NEO財布のアドレスがクラウドセール注文書に表示されます。次の条件のいずれかが満たされた場合には、群衆の販売が完了します。 販売開始から24時間後 注文総額が10,000 NEOに達する 6.群衆の販売に参加するには、www.thekey.vipのアカウントにログインし、注文に移動し、注文し、注文に従ってお支払いください。 7.群衆の売却が完了すると、シンガポールの有資格会計事務所から監査が行われます。 8.ハードキャップの残りがある場合は、それを超えるTKYまでのリターンオプションが提供されます。トータル・オファリングの残りの未分配TKYは、もしあれば、約束どおりに燃え尽きるでしょう。 9.取得したTKYは、販売契約条件に従ってロックアップ期間の対象となるアカウントに配布されます。 10.TKYは上記のすべてが完了してから1ヶ月以内に取引所に掲載されます。 事前登録数に対してわずか10000NEOのみですので、全員が購入できることは予想できません。また、個人のキャップも10ETHまでとなっていますので十分な量を購入できないことが考えられます。 個人の考えになりますがトークンの販売数やトークンの価格、プロジェクト内容を見てみると短期的にもトークンの値上がりは期待できるのではないかと思いますが、市場が決めることなので3月ごろの取引所のアナウンスを待ちたいと思います。 トークンセールの参加にはNEOウォレットが必要ですので、ご注意ください。 NEOウォレットに関連する質問については、群衆の間にTHEKEYにNEOを支払い、群衆が完了した後にTKYを受け取るために、いくつかの説明があります: 1. https://neo.org/downloadで利用可能なすべてのNEOウォレットを利用できます。 2.NEOのメインネット上の有効なアドレス(取引所を除く)は、TKYを受け取ることができます。 ※現在、NEOが開発した公式のNEOウォレットであるNEO Guiのみが、TKYと完全に互換性がありますが、NEON、neotracker、Rootokenともすぐにtkyと互換性があるようにされます。 3.現在のところ、NEO GuiはWindowsシステムにのみ対応していますが、他のシステムには対応していません。 Macユーザーは自分のコンピュータにNEO Guiをセットアップすることはできません。 トークンセール参加手順 ホワイトリストに載っているすべてのメンバーは、参加する前に次の手順を注意深くお読みください。 あなたのアカウントにログインし、注文する -...

KYC.Legal(KYC)ブロックチェーンによるID認証プロジェクト

  KYCは業界では欠かせないプロセスです。しかし、既存の問題点は多く、改善されていないままであり今回のプロジェクトはブロックチェーンにより、改善できる可能性を持っています。 KYC.Legalとは KYC LEGALはユーザーの認証と詐欺を防止することができるサービスであり、インターネットユーザーの個人データを保護および検証するためのブロックチェーンテクノロジに基づいています。 https://youtu.be/7Whrc7ghubA   KYCの問題点とソリューション 個人情報をデジタルワールドで作り管理する世界は常に攻撃にさらされています。ユーザーの機密データ、個人情報は、ハッキングの恰好のターゲットになります。 KYCの重要性 断片化されたアイデンティティシステムの問題をすべて経験していますが増加するデータのプライバシー、分散化したリスクや合理的認証プロセスなどの高い利点を完全には受けていません。 これらのシステムの不完全性にもかかわらず、デジタル浸透率が高いことで、世界の人口の半分以上が、ユーザー認証を必要とする膨大な種類のアプリ、オンラインサービス、デジタル決済システムをすでに使用しています。 そこで、グローバルな企業や組織で広く採用されているコア認証プロセスの一つがKYCです。 2000年代初頭に導入されたKYCは、口座を開設する前に金融機関が顧客を知るための政策“Know Your Customers”を策定しています。現在、ほとんどの主要な管轄区域では必須の手続きとなっていますが、KYCのプロセスはしばしば、遅く非効率的となっています。 ユーザーと組織の双方の知識の不足のほかに、KYCコンプライアンスプログラムを実行する実際のコストは引き続き上昇し、企業に悪影響を及ぼします。 KYCの現在の状態には大きな問題がありますが、要項を短縮する実際の提案はありません。 KYCは、マネーローンダリング、テロリストへの資金供給、詐欺との戦いにおいて重要です。 唯一の解決策は、プロセスを改善してコストを削減し、顧客体験を向上させることでパフォーマンスを最適化することです、ブロックチェーンに基づく分散型の自動化された、透明度の高いID認証サービスです。 KYC.Legalのソリューション KYC.LEGALは、パーソナルデータのセルフ認証、30分以内の認定代理店による認証、電子署名、書面認証、第三者認証サービスの提供を行います。 簡単に言えば、KYCの規制に準拠してユーザーが自身でIDを遠隔認証し、サービスプロバイダーに必要な認証を提供するツールを作成しました。 KYC.LEGALと関連する技術をスタンダードな未来のグローバル識別認証のとして認識し、安全で保護された効率的な方法で身元確認の複雑な問題を解決するものとみています。 ユーザー向け 個人情報は、暗号化とバイオメトリックデータによって保護される データはユーザーの端末に格納される サービスで提供される情報を選択できる デジタル署名による文書認証 サーバー向け ユーザーに関する信頼できる情報 偽のまたは重複したユーザープロファイルが無い KYC(お客様の知る)コンプライアンス 顧客とサービスの相互作用のためのエコシステム ビジネスモデル ID認証 暗号通貨取引やICO登録- (KYC.LEGALアプリと公証デジタル署名による) デジタル公証業務 デジタル医療サービス(医療相談、医者の紹介、デジタル医療処方など、オンラインストアを通じて処方薬を販売するなど)) デジタル保険(保険に関係する事故発生時の瞬時の提供) 銀行および投資サービス(遠隔地のローンの取得、金融取引の認証、遠隔仲買口座の開発、証券の遠隔購入など) オンラインカジノ(複数の確認プロセスではなく、一度きりの身元確認) ソーシャルネットワーク...その他 以上のように様々な業界での実用化が期待されます KYC.Legalの技術 KYC.Legalシステムはイーサリアムプラットフォーム上に構築されます。 サーバー スマートコントラクト クライアント・エージェントモバイルアプリ モバイルアプリを通じてモバイルアプリケーションは、サーバーAPIを介してデータベースとデータを交換します。システムと連絡するための主要な方法として使用され、すべてのユーザーが利用できます。 サーバーにはモバイルアプリケーション用のAPIとブロックチェーンEthereumデータベースがあります。APIは、モバイルアプリケーションがアクセスしてブロックチェーンに情報を入力し、受け取る手順で構成されています。 アプリケーションがサーバーと通信している間に送信されるデータ: レジストレーションデータ ユーザーによる個人データ データエントリーを認証するビデオ 第三者サービスのユーザー許可を可能にするデータ KYCリーガルシステムを通しての第三者認証プロセス: サイト上の“登録”ボタンをクリックする。 サイトはサーバーからデータを要求します。 コードまたはQRを取得します。  ユーザーがアプリケーションでQRコードをスキャンします。  アプリケーションはサーバーに必要なフィールドを要求し、クエリにコードを提供します。 リストを入手します。 必要なフィールドを確認します。 アプリケーションは、フィールドをサーバーに送信し、ユーザーの同意を確認します。 サイトの“完了”ボタンをクリックします。 サイトは、サーバーにフィールド値を照会します。 キー/バリューのペアを取得します。 データが正確な場合は、承認コードを使用し許可します。 以上のような流れで、認証プロセスが完了します。 KYC.Legalの強み プロジェクトチーム力 プロジェクトの開発者は、Saint PetersburgとMoscowで働いています。ベルリン、サンフランシスコにもプロジェクトオフィスがあります。KYC.LEGALは、グローバル市場を目指す国際的なプロジェクトです。 KYC.LEGALプロジェクトの創業者は、情報技術とB2B企業を何度も作ったDaniil Rausovとロシアとその周辺の国と地域で最大の法律事務所の一つであるEuropean Legal Service(ELS)を所有しているSergei Bekrenevです。 東ヨーロッパ最大の法律事務所であり、法的なメリットは大きいです。 また、本プロジェクトの戦略統括責任者は、経験豊かで能力のあるブロックチェーン創業者であり数多くのプロジェクトを成功に行われたNick Evdokimovです。 チームはすでに何度もの共同プロジェクトを発表した経験がある創業者と複数の開発者を含めて、現在の12人で構成されています。 また、アドバイザーやパートナーには著名な人物や企業の名前があります。 ICObox:ICOソリューション Dogezer:ソフトウェア開発のためのプラットフォーム Qurrex:近代化されたネットワークを用いた伝統的な株式交換の産業インフラの統合プラットフォーム さらに高い評価を受けているアドバイザーをチームに歓迎してます。 有名な投資家であり、クラウドファンデーションの先駆者であるDavid DrakeはLDJキャピタルの会長として市場に関する相当程度の知識を同プロジェクトに与え、法的コンプライアンス、事業開発、投資家関係などICOを成功させるための重要事項に対して助言します。 プロダクトの存在 AppStoreはこちら Google Playはこちら 既に機能しているプロダクトが存在します。ベータ版を試すことができます。 近日、アプリにはエージェント検証機能も導入される予定です。 トークン保有者は、この機能で30分以内にユーザーの身元と文書を確認する代理店を検証して、選択できるようになります。 これによってさらなる安全性と透明性が高まります。 また、ユーザー検証サービスは第二段階を開始する予定であり、ユーザーが代理人の確認と法的文書の配達のための宅配サービスを注文できるKYC.LEGAL DELIVERYを立ち上げます。 このサービスを利用するには、トークン保有者である必要があり、アクティブトークンに対して設定された収益分配に基づき、サービスの割引がされます。 マーケットの拡大 日々の生活の中でブロックチェーンベース技術の影響力が増大しています。 最近のMarketsandMarkets2の報告によると、ブロックチェーンの技術市場規模は、2021年には23億ドルになり、年平均成長率(CAGR)は61.5%になります。 ブロックチェーンでは、デジタルアイデンティティ市場をより安全かつ効率的にすることで、継ぎ目のないサインインとID詐欺の削減を実現することで、デジタルアイデンティティ市場が最も速く成長することが期待されています。 さらに、グローバルアイデンティティ管理市場の価値は、20163年の80.9億ドルから2021年には142.8億ドルになると予測されています。 世界がデジタル化するにつれて、ID認証は、中小企業から大企業に至るまで-幅広いサービスプロバイダーに浸透しており、認証プロセスの改善と信頼性の高いデータ保護の必要性に直面しています。 銀行業務(2016年のクレジットカード5800億ドル、2017年の電子ウォレット1兆6560憶ドル) オンライン投資(2016年は1460億ドル) 保険サービス(2016年の9226億ドル) ギャンブル (2017年に197億ドル) ヘルスケア(2017年に98億ドル) 法的サービス(2016年に1680億ドル) KYC.LEGALの調査によると、毎日100,000人のブロックチェーンユーザーがKYC認証を通過しています。最近ではID認証の向上の重要性が増しており、この分野での様々な法的活動が強化されています。 最も大きなものは一般データ保護基準(GDPR)で、2016年4月に欧州議会で批准され、2018年5月4日に発効する予定です。個人データ管理の責任を重視しており、ハイリスクな個人情報のプロセス(プライバシーインパクトアセット)、利用者への影響、指定役員の任命(データ保護責任者)、データ処理に関与する仲介者の選択の管理、および個人データ処理の記録等の義務を執行します。 KYC.LEGALはこの問題に取り組む良い機会と考えます。 ICO 専門家からの高い評価 ウェブ上で最もよく知られているICO評価プラットフォームのICObenchはKYC.LEGALを4.4/5.0という高い評価をつけています。 評価基準としては、2つの主要要素と20以上の異なる基準を組み合わせたアルゴリズムによるボット評価と独立専門家によるここの評価の総合得点です。 トークンの価格を保証するものではありませんが、一つの参加の指標とはなるでしょう。 ロードマップ 前述したように、機能的なベータ版がすでに存在し、2月にICOが終了したら、開発が進んでいきます。 ただし、トークンの取引所での交換は7月ごろを予定しており、拘束期間がやや長いことに注意してください。 KYCトークンについて トークンシンボル KYC 価格...

VeriMEはブロックチェーンベースのID認証保護のためのVaaSエコシステムを構築する

  近年の高度なインターネット社会において、IDの保護と認証技術は高いものが求められています。 VeriMEは、ブロックチェーンによるID認証保護ソリューションです。 VeriMEとは VeriMEは、最先端のバイオメトリック技術と機械学習ツールを使用して、商品やサービスの購入時に顧客を特定し、認証する、Blockchainと顧客のモバイルアプリケーション上で動作する分散型Verification-as-a-Service(VaaS)エコシステムです。 VeriMEのパートナーであるサービスプロバイダー(オンライン/オフライン、ブロックチェーンと従来のアプリケーションの両方)を数秒で電子的に確認し、サービスプロバイダーのコストを削減し、顧客体験を向上させることができます。 https://youtu.be/Vl29ZOYgl58 既存の問題点 KYCプロセスの課題 手作業によるKYCプロセスは遅く、時代遅れであり、サービスプロバイダと顧客との間の摩擦が増大するばかりです。KYCチェックを必要とするすべての組織にアイデンティティを証明するという仕事は退屈であり、顧客は、サービスプロバイダが要求するあらゆる場所で、同じセットの文書を運ぶ不便さがあります。 さらにこのプロセスは通常高価であり、検証中に提出されたあなたの身分証明書は、オンラインまたはオフラインで常に身元盗難の影響を受けます。あなたが提供した個人情報がサイバー犯罪者の手に渡された場合、それを操作して悪意のある目的に使用することができます。 このような既存のアイデンティティ検証方法は、顧客の落ち込み率を上昇させ、サービス提供者に多くの潜在的収益をもたらしています。 ソリューション - D-KYC 上記のすべての問題を解決するために、VeriMEは誰の検証ニーズにも応えるデジタルID検証プラットフォームであるD-KYCを開発しました。 KYCプロセスは、顧客が出席したり、フォームに記入したり、文書を提出したりすることなく、リモートで完全にオンラインで実行されます。 VeriMEは、最高クラスの顧客オンボーディング機能を顧客に提供することで、数秒で完了する身元確認サービスを提供しています。 顔と顔との相互作用は必要なし 書式または書類の提出は必要なし 暗号化によるデータ保護 サードパーティの依存関係はなし 数秒の操作 費用対効果の高い 認証の課題 2因子/ 3因子認証などの現在の支払い認証方法は、MitM(Man-in-the-Middle)攻撃やMitB(Man-in-the-Browser)攻撃のような多くのセキュリティ上の脅威を受けやすく、安全とは言い難いです。 また、現在の支払い認証方法は、多くのプレーヤーを必要とし、例えばクレジット/デビットカード決済に提供される3Dセキュア認証には、発行銀行、銀行獲得、決済スキーム、ACS(アクセス制御サーバー)およびMPI(マーチャントプラグイン)プロバイダなどがあり、商人にとっては非常に高価なプロセスとなります。 さらに、現在の認証方法は、SMSを介してセキュリティコードを送信することに大きく依存しており、これらのSMSは、ネットワークエラーや、使用していない携帯電話番号のために配信されない可能性があります。このようなシナリオは、顧客が時間内に購入を完了できないため、深刻な問題を引き起こします。柔軟性がありません。 2因子/ 3因子認証では、顧客を新しいページにリダイレクトしたり、ページの妥当性に関するエラーを表示することがあり、これらの不便性の問題により、顧客は購入を中止し、バスケット放棄率を上昇させることにつながります。 ソリューション - D-SECURE 商人とパートナーがシームレスで安全な認証を実現するため、VeriMEはVeriMEユーザーの認証を数秒で可能にするD-Secureサービスを提供し、顧客の離脱率を最小限に抑えます。このソリューションは、顧客を認証するだけでなく、VeriMEパートナーおよびその商人に完全なチャージバック/紛争保護を提供します。 支払い認証のための分散システム すべての取引を保護する不変の元帳 ミリ秒単位の認証 100%チャージバック保護 費用対効果の高い すべての取引のインセンティブ なぜブロックチェーンか 業界に変革をもたらす ⇨アイデンティティ検証プロセスは過去40年間は変わりません。 VeriMEでは、ブロックチェインベースの簡単で高速かつ安全な方法でデジタルIDの検証と認証を導入することで、変化をもたらしています。 プロセスの簡素化と安全化 ⇨VeriMEを使用すると、家の安心して検証と認証プロセスを完了できます。過度の文書はコピーを作成せず、提出する文書も提出しない。 消費者に心の平和を与える ⇨VeriMEでは、個人データが間違っていることを心配する必要はありません。お客様の個人情報または文書のコピーはすべて暗号化された形式で保存され、第三者と共有されることはありません。 最高水準の認証を達成する ⇨VeriMEは、機械学習、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、人工知能の総合的な知識を使用して、伝統的な人間の方法による精度よりも正確な検証を提供します。 ロードマップ 2017年11月 - 2018年3月  ICO ...

IDVのブロックチェーンプロジェクトであるTHEKEYとCivic を比較してみた

    IDVソリューションのブロックチェーンプロジェクト IDV技術にブロックチェーンを統合しようとしているプロジェクトは複数あります。 特に2018,2019年に注目しておきたいのが以下2つです。 Civic Civicはオンデマンドで、安全で低コストなブロックチェインによるID照合へのアクセスを可能にします。バックグラウンドと個人情報のチェックは新しい機関やアプリケーションで都度発生しますが、最初から実施する必要はありません。 Civicにはすでに世界中で利用可能な有効な身元確認製品があります。 Civicは2017でK(NO)Wアイデンティティカンファレンスの最優秀新スタートアップ賞を受賞しました。 https://bab-global.net/altcoin/civic/civic-cvc THEKEY  THEKEYプロジェクトチームは、政府当局によって独占的に承認された個人識別情報(PII)を使用してブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。 同プロジェクトのCEOは中国で最も優秀な女性起業家に選ばれた方であり、civic同様に世界中で利用されているプロダクトが存在します。 https://bab-global.net/ico/thekey IDV技術とブロックチェーン技術の統合により、期待されるメリットとしては共通点があります。 信頼性の高さ コスト削減 ユーザーエクスペリエンス向上 どちらもプロダクトの存在やこれまでの実績があるチームであり、甲乙つけがたいですが、簡単な比較をしてみます。 両者の簡単な比較 Civic プラットフォーム:イーサリアム ICOトークン価格:1ETH=350CVC 現在価格:0.9-1.0$(2017/12/30) トークン用途:エコシステムのユーティリティトークン ICO調達:3300万ドル(約36億円) 取引所:poloniex bittrex Liqui qucoin okex Bter livecoin   プロダクト:あり(civic secure identity ) チーム実績:CEOは暗号通貨業界では著名なジャーナリストVinny氏、グローバル企業と提携、カンファレンス受賞歴(https://knowidentityconference.oneworldidentity.com/2017/nodes-organization-awards/) THEKEY プラットフォーム:NEO トークン価格:1BTC=1000000TKY(約1.7-2.0円) トークン用途:エコシステム内の支払い、第1世代の製品クレジットとの交換、ID関連製品の購入 ICO調達:1500万ドル調達経過中 取引所:未定 プロダクト:あり(第1世代IDV) チーム実績:CEOは中国の最も成功した女性起業家に選出される。66都市の2億以上のデータ認証接続、23の著作権、15の特許取得済み、企業とのパートナーシップ こうしてみてみると、同等のプロジェクトにも関わらず、Civic に比べ、THEKEY はまだまだ価格がかなり安いです。  Civicは100円前後。THEKEYは2円前後   しかし、既にプロダクトをローンチしているCIVICは価格がやや高いものの、今後THEKEY の先を走る存在となることは間違いないでしょうし、 THEKEY プロジェクトも、今後のMVP開発や取引所次第では、ICOで参加するメリットは非常に大きいと考えられます。 関連リンク 公式サイト:https://www.thekey.vip/ 白書:https://www.thekey.vip/node/80 Telegram group: https://t.me/THEKEYOFFICIAL Twitter: https://twitter.com/thekeyvip Medium: https://medium.com/@thekeyvip

THEKEYプロジェクトのよくある質問まとめ

  THEKEYとは 中国発のICOプロジェクトであるTHEKEY は、IDV、つまり識別認証技術に優れたチームからなり、ブロックチェーンとの統合を目指しています。 https://bab-global.net/ico/thekey https://bab-global.net/ico/thekey-mvp よくある質問集 THEKEYはどのような問題を解決しますか? THEKEYプロジェクトは現在、BDMI技術を介してインターネット用の第二世代IDVソリューションを開発中です。 BDMIは、「ブロックチェーンベースの動的複数次元識別」技術の略です。そのようなソリューションは、デジタル世界でお互いを識別するための主な要件を完全に反映しています。これは、現実世界からオンライン世界に人々を移行させるための「鍵」です。 BDMIは、その名称として、Dynamic Multi-Dimension Identification(DMI)技術とブロックチェーン技術を相乗的に組み合わせています。 インターネット上で開発され、適用されている既存のIDV技術から生成された結果は、拒否され変更される可能性がありますが、 ブロックチェーンは、非対称暗号アルゴリズムを使用して、データ伝送および安全性を確保できます。 特に、スマートコントラクトはプログラム可能なスクリプトによって実現され、ブロックチェーンの実用性を向上させます。これらの機能により、アイデンティティ検証技術のアプリケーションのジレンマが克服されます。 BDMIから生成された結果は否定できず、変更できません。 プロジェクトチームはどのような経験を持っていますか? THEKEYチームは、IDV、ブロックチェーン技術、研究開発、マーケティング、データモデリングなどの専門家と専門家で構成されています。 このチームは、2015年以来、Hyperledger社とのコンソーシアムブロックチェーンの業界ソリューション設計とPOCに取り組み、プロジェクト。ブロックチェーン技術を使って政府のデータを企業で使用することは非常に経験があります。 THEKEYの設立者兼CEO、Catherine(Xueli)Li、今年の中国で最も優れた女性起業家(中華人民共和国女性連盟、2017年) 動的多次元識別技術の創始者。彼女は最初にDMIにブロックチェーンを導入し、ブロックチェーンの業界適用を深く理解しています ケン・フアン(Chief Blockchain)とTHEKEYのIDV科学者は、国際的なブロックチェーンとアイデンティティ検証の専門家であるCISSPです。 CGIフェデラル・アイデンティティ管理プラクティスの創設者、サイバー・セキュリティ・コンピテンス・センターなどがあります。 これまでのチームの成果を教えてください チームの主な成果は以下の通りです: 23件の著作権が取得され、15件の特許がSIPO(P.R.Cの国家知的財産事務所)によって承認され、アテステーションプロセスが開始されました。 THEKEYの第1世代IDVソリューションは、現在、人々が年金の支払いや医療保険の払い戻しを受けることができる2つのパイロット都市で、モバイル社会保険料の支払いに使用されています。 IDVソリューションは現在、1億3,000万人を超える41の都市に展開されています。 関連する政府機関によって認証された66都市の2億1,100万人の個人識別データがリアルタイムで接続されています。これはIDVの強固な基盤を構成します。 世界をリードする企業との商用契約とIDV製品のビジネスモデルはすでに部分的に証明されています。 THEKEYの開発計画は何ですか? 白書に示されているように、BDMIはDMIとブロックチェーン技術の統合に相当します。 BDMIはまだ開発されておらず、DMIは開発されており、政府、銀行、保険会社によって広く受け入れられている。同社の立場は今ロードマップに固執することであり、 BDMIは2018年6月までに開発され、テストされ、2018年から2019年の間に製品が準備されます。そして、2020年にBDMIが実現され、世界中に展開されます。 THEKEYプロジェクトチームはBlockchainにDMIテクノロジを組み合わせることで、次のことが実現できるようにしています。 個々のユーザーはPII情報を完全に管理し、各業界のKYC標準をスマート契約の一部として追跡する必要があり、IDV要求を処理する。 PII関連のデータ収集および使用のすべての記録は、今後の監査のためにブロックチェーンに保存され、誤用を避けるために使用されます。 IDV結果が変更されず、壊滅的な内訳が発生しないようにするため、現在、さまざまな組織の中央サーバーに保存されている関連データは、それに対応してIDデータブロックで索引付けされ、 Blockchainのストレージサイズの制限のため、代替オプションとして、PKEデータをTHEKEYエコシステムのValidatorのETLデータベースに保存し、基礎となるデータのハッシュ値をBlockchainに保存することもできます。 BDMIフレームワークは、以下に示すように、プロトコル、インタフェース、アプリケーションという3つの異なるレイヤーに分けることができます。 プロトコルレイヤーは、ETH、EOS、NEOなどのBDMI技術選択に適用可能なブロックチェーンに基づいて設定されます。このレイヤーは、安全レベル、データ権限、並行処理およびフロー処理を設定します。インタフェース層は、プロトコル層をアプリケーションと接続し、データ標準化、不正防止モデリングおよびスマートコントラクトトリガなどを実現するための識別データモデリングを提供する。アプリケーション層は、識別および使用が可能なシナリオを実現する。 (ソフトウェア開発キット)を提供しなければならない。 シビックのようなブロックチェーンプロジェクトとの比較は? IDV業界の他の企業と比較して、IDVをブロックチェーンに適用しているBDMIには、次の3つの利点があります。 より信頼性の高い結果 サポートデータはリアルタイムで収集され、包括的で正確で信頼性があります。データは、政府機関または他の公共機関によって事前に検証されています。 低コスト 既存のデータソースをフルに活用し、データの収集、処理、認証のための重複作業の回避により削減されます。 ユーザーエクスペリエンスの向上 個々のユーザーがアプリケーションをインストールしたり、情報をアップロードしたりする必要はありません。 https://bab-global.net/ico/thekey-civic  なぜNEOプラットフォームを利用するのか? NEOはTHEKEYに技術サポートを提供します。 NEOが提唱するスマートな経済は、デジタル資産、スマート契約、デジタルアイデンティティ(生態系全体)から構成されています。 デジタルアイデンティティは、NEOスマート経済の不可欠な要素であり、THEKEYはこの考え方を共有し、NEOと一緒にデジタルアイデンティティシステムを共同で構築するために、NEOエコシステムのデジタルアイデンティティアプリケーションを提供するという意図があります。 また、将来NEOにデジタルアイデンティティアプリケーションを提供することもできます。 TKYトークンのメリットは? THEKEYエコシステムは、分散型の自治コミュニティであり、参加者(検証者、サービスプロバイダ、個人ユーザー)のスマートコントラクトとTKYトークンの3つのコンポーネントで構成されます。 THEKEYトークン(「TKYトークン」)は、エコシステムの主要コンポーネントとして、THEKEYエコシステムの参加者間で締結されたスマート契約を解決する唯一の方法です。人生のあらゆる側面は、セキュリティチェック、アクセス許可、医療、ショッピングなどの身元確認が必要なので、TKYトークンの有用性は非常に高くなります。 TKYトークンの流通方法は? 次世代のIDVソリューションの開発とTHEKEYエコシステムの拡張を促進するために、TKYトークンが導入され、流通に利用可能になっています。 流通計画には事前流通段階と民間流通段階があり、トークンセールでトークンを持つことができます。 2018年2月までにTKY配布(ICO)を開催する予定です。 登録とKYCはこちらからからできます。   まとめ THEKEY プロジェクトの簡単な質問でしたが、競合プロジェクトに比べて、既存のIDVソリューションが実用化されている点(著作権や特許取得済み)は非常にメリットが大きいと考えられます。 同分野では、2018年に期待されているCivicとの異なる点もまたまたいと思います。 Thanks 関連リンク Website: https://www.thekey.vip Telegram group: https://t.me/THEKEYOFFICIAL Twitter: https://twitter.com/thekeyvip Medium: https://medium.com/@thekeyvip Facebook: https://www.facebook.com/TheKey-1439094662870680

TheKEYプロジェクトのMVP開発計画が発表される

  THEKEYとは THEKEYは、国家ビッグデータとブロックチェーンを使用した地方自治体のアイデンティティ検証ツールです。 THEKEYチームは現在、第2世代のオンライン識別検証技術を開発中です。 詳細については、 https://bab-global.net/ico/thekey 公式サイトwww.thekey.vip THEKEY電報グループ:https://t.me/THEKEYOFFICIAL MVPの開発計画に関する発表 投資家の皆様の約束を果たすため、同社は、12月25日にMVP開発計画を発表しています。 スケジュールはこちら https://medium.com/@thekeyvip/ceo-catherine-announces-release-of-thekey-mvp-development-plan-e0c85ada912f 先に発表したように、当社の製品開発が大幅に進歩したため、2017年12月30日にレビュー用にDMIプロトタイプのコードを公開する予定です。 公開されたコードに関するAMAは、THEKEY Redditチャンネルで、2018年1月4日午後9時に北京時間(1:00 pm 1月4日2018 GMT)午後9時に2時間続く予定です。 AMAのホストは以下です。 Catherine Li(会長兼CEO)2017年の中国で最も優秀な女性起業家、そして「今年の上位10人の影響力のある中国女性」でもある Ken Huang(ブロックチェーンとアイデンティティ検証社長)世界的に知られているブロックチェーンとアイデンティティ検証の専門家であるCISSP Guochun Xu(CTO)BDMIのR&Dおよび政府のブロックチェーンプロジェクトの技術的展開を担当する プロトタイプの内容 THEKEYのモバイル社会保険料を例にとると、DMI(Dynamic Multi Dimension Identification Technology)のプロトタイプは、生成する技術的実現可能性を明確に証明することです。 プロトタイプの技術構成要素 DMIのプロトタイプのコード公開は、主に、技術の6つの要素を実証することである 適用される6つの要素は以下のとおりです。 a)ユニークな人間の顔のデータは、オンラインIDVの基礎となる b)政府が検証した顔認識データが参照として使用される c)ユーザーの医療記録は、医療保険代理店の請求処理自動化の要求を満たすために使用さらる d)IDVの信頼性を保証するために、IDV中に、政府が検証したIDデータと同じユーザの行動データとシーンデータとの間のクロスチェックが常に行われる e)IDV結果の確実性を保証するために、THEKEYは、IDVが実行された瞬間までに更新されたデータを常に使用して、最新の変更があれば取​​得する f ) IDVが完了すると、結果は適切に文書化され、医療保険代理店の不正行為、不正行為および廃棄ポリシーの基準に照らして監査される DMIプロトタイプのビジネスプロセスに関しては、以下を参照 病院のトリガー ヘルスケア保険代理のユーザーを認識する顔認証データ間の比較 政府のIDと行動、状況データ間のクロスチェック 評価データベースに対する直接的なデータ確認 医療関連の記録データの確認 処理の自動化 ヘルスケア保険代理における不正防止、詐欺、腐敗に対するデータ管理 BDMIプロトタイプとTheKEY エコシステム そして、ブロックチェーンベースのBDMIのプロトタイプのコード公開は、THEKEYエコシステムの3つの要素を主に説明するものであり、THEKEYのIDVソリューションと高度に分散したコミュニティのDMIが連携しています。 説明する3つの要素は、以下のとおりです。 a)THEKEYエコシステムの参加者 THEKEYのエコシステム系の参加者には、THEKEYだけでなく、バ​​リデータとしての電気通信会社。ユーザー、および病院、診療所、ドラッグストアなどのサービスプロバイダが含まれる b)スマート契約 スマート契約は、THEKEYエコシステムで非常に重要な役割を果たします。 PIIが適切に使用され、同時に保護される健全な環境の開発 エコシステムの参加者全員に対する財政的インセンティブ付与の目的に直接役立つ そして、スマートコントラクトにおけるBDMIプロトタイプのコード公開では、以下の5つの機能を実証する必要があります。 個人識別可能な情報保護 国内の機密情報保護 その他の適用される法律および規制への準拠 スマートKYCチェック スマートな支払い c)トークンの循環 トークンの流通もコード公開で以下のようにテストされ実証されます。 病院からTHEKEYへの自動トークン転送。 ユーザーからTHEKEYへの自動トークン転送 THEKEYから他のValへの自動トークン転送 そして、BDMIのビジネスモデルは以下です。DMIと異なるのは4つの点です。 異なる点は THEKEY APIを通したユーザー顔認証によるIDV要求の受け入れとTHEKEY エコシステム系(ヘルスケア保険代理、ユーティリティ会社、病院など)間のスマートコントラクトによるサインオフ KYCポリシーに対するIDV要求 CPAの結果は、IDVを開始した病院が医療用請求に対してお金を受け取ることが利用できるように、認証としてブロックチェーンの承認の形で打ち切られる IDVサービスが配達された後にスマートコントラクトが設定される 上記の点です。 BDMIのモジュール構造は以下の通り。 DMIと異なるのは、スマートコントラクト・適合性承認モジュールがある点です。 なぜブロックチェーンによるBDMIなのか 以上のようなBDMI導入の最大の利点は、データの収集、処理、認証のための重複作業の回避のためです。 異なる都市に配備されたDMIシステムは、集中管理されたデータの処理に重点を置いており、主に以下に示す5つのモジュールを含みます。 データ収集モジュール これはETL技術に基づいており、異なるデータ・リソースから抽出されたデータを統一フォーマットに変換し、中央サイトにアップロードすることができます。既存のデータに基づくIDVは、データ収集、データ処理、分析、データ検証にかかるコストを避けることができます。 データ標準化モジュール データが収集されたら、適切に使用する前に標準化する必要があります。データ標準化モジュールでは、以下に示すように、2つのサブモジュールが重要です。 1)通信プロトコル標準化モジュール このモジュールは、異なるデータシステム間で情報をインタラクティブに伝送します。異なるシステム間で情報交換が行われる場合、モジュールは標準化された通信プロトコルによる情報の訪問と交換を実行します。 2)用語標準化モジュール 各業界には独自の用語があり異なる地域で使用されている同じ用語であっても、異なるものを指すことがあります。このモジュールは、この問題を解決し、多様なシナリオでさまざまな目的に役立つデータアプリケーションの基盤を構築するために、オントロジー、NLP(自然言語処理)、AI(人工的干渉)の3つの柱に基づいています。下の表は、このモジュールで用語がどのように標準化されているかを示しています。 プライマリユーザーインデックスモジュール このモジュールは、すべての個人のすべての関連ファイルを簡単に見つけるために使用できる検索辞書を構築することです。特定の個人のすべてのPIIはID / SSNごとに収集され、モジュールはデータを時間ベースの招待ファイルとして編成します。...

TheKEY(TKY)中国産NEOプラットフォーム上のID検証(IDV)プロジェクト

  NEOプラットフォームベースのICOであるTheKEYプロジェクトは、中国産のブロックチェーンによるID認証ツールプロジェクトです。 TheKEYとは THEKEYプロジェクトチームは現在、政府当局のみが認める個人識別情報(PII)を使用して、ブロックチェーンベースの動的多次元識別(BDMI)を使用したID検証ツールを開発中です。 THEKEYは、国家ビッグデータとブロックチェーンを使用した地方自治体のアイデンティティ検証ツールです。 https://youtu.be/2__oB0B9-CA   問題点とソリューション 現実の世界からオンラインの世界へのサービスと社交の変化がますます増していくにつれ、お互いをデジタルで識別することが重要なテーマになっています。 アイデンティティ検証(IDV)技術の開発は、デジタル経済に重大な影響を及ぼす最も重要なトレンドの1つです。しかし、既存のオンラインIDV技術は、2つの基本的な要件に対処していません。オンラインIDVから生成される結果は、否定できない変更不可能なものでなければなりません。 第2世代のIDVツールを開発する THEKEYプロジェクトは現在、BDMI技術を介してインターネット用の第二世代IDVソリューションを開発中です。 BDMIは、「ブロックチェーンベースの動的複数次元識別」技術の略です。そのようなソリューションは、デジタル世界でお互いを識別するための主な要件を完全に反映しています。これは、現実世界からオンライン世界に人々を移行させるための「鍵」となります。 BDMIは、その名称として、Dynamic Multi-Dimension Identification(DMI)技術とブロックチェーン技術を相乗的に組み合わせています。 DMIはすでに開発段階を経ており、BDKEの成功を保証するための非常に確かな基礎作業を行っているTHEKEYの既存の第1世代のIDVソリューションに現在適用されています。 政府のPIIおよびブロックチェーン技術を活用することにより、IDVから生成された結果が拒否されたり改ざんされたりすることなく、既存の他のIDV製品と比較して3つの利点があります。 より信頼性の高いデータ サポートデータはリアルタイムで収集され、包括的で正確で信頼性があります。データは、政府機関または他の公共機関によって事前に検証されています。 より低いコスト 既存のデータソースをフル活用し、データの収集、処理、認証のための重複作業を回避することでコスト削減します。 ユーザーエクスペリエンスの向上 個々のユーザーがアプリケーションをインストールしたり、情報をアップロードしたりする必要はありません。 TheKEYのビジネスモデルと展望 モバイルペイメントが盛んになるにつれて、アイデンティティ検証の必要性がますます高まっています。 ケース1:保険 ブロックチェーンは、個人のライフサイクルの医療記録、財産情報、さらには両親の医療記録を記録することができます。個人の認可では、保険契約締結、保険引受、保険請求の迅速な決済まで、個人が一人で健康保険サービスを完了することができます。プロセス全体のセルフサービスおよび個人の健康データにより、保険料は大幅に削減されます。反対に、個人の医療データを共有していない被保険者にとって、保険料は増加します。 ケース2:マイクロトランザクション モバイルや銀行カードでの支払いは十分安全ではありません。そのため、将来的には、支払いの安全性は、顔認証、指紋、指静脈および虹彩による識別などの生体認証および個人行動識別に大きく依存することになると考えられています。 ケース3:個人データの商品化 個人情報は、もはやデータセンター(当局、病院、銀行、Alipayなど)に属することなく、個人認証では、個人データはブロックチェーンに格納され、スマートコントラクトと非対称暗号化システムを介して取引することができます。 すべての利害関係者(保険会社、銀行、医療機関、自動車業界、不動産業界など)は、ブロックチェーンを通じて関心のある個人データを購入することができます。  THEKEYは、以上のようなさまざまなシナリオでブロックチェーンに基づいて信頼性が高く、効率的なIDVソリューションを提供することで、ビジネス構造を変え、大きなビッグデータを生み出します。 TheKEYの展望 個人識別情報(PII)の応用と開発に焦点を当てた専門家チームであるTHEKEYは、プロジェクトの技術的および商業的テストの完了を発表しました。 チームは、業界間の大きなデータを統合するための基本となり、将来の人工知能(AI)、機械学習、ニューラルネットワークの重要なサポートとなると考えています。 スマート契約とは、特定の条件が満たされたときにコンピュータシステム上で自動的に実行できる契約のことです。 THEKEYプロジェクトの展望の1つは、このスマートコントラクトを通じて統合されたネットワーク環境でのデータトランザクションを管理し、政府、医療機関などの組織が機密情報を共有できる透明で安全な組織間ネットワークを構築することです。 これにより、ユーザーは個人データ資産を利用するのに役立ちます。個人の認可を通じて、個人は医療機関、製薬会社、保険会社と個人データを共有することで利益を得ることができますが、これらの機関は個人データに基づいてより質の高い正確な医療サービスを提供できます。 THEKEYプロジェクトは、ブロックチェーンベースのDynamic Multi-Dimension Identification(BDMI)をコアとして、独自のデジタルIDとそれに対応する公開鍵と秘密鍵をユーザに提供します。その後、ブロックチェーン上のローカル・ノードは、データの非感作およびデータ階層ルールに従ってPIIを抽出します。 機密データは暗号化され、減感したデータはサーバーに送信され、ブロックチェーンに記録されます。 製薬会社と保険会社がTHEKEYシステムを通じて要求を送信した後、ユーザーは自分の個人データに関する長期または一時的な許可を実行し、システムはスマート契約をトリガーして実装し、スマート契約します。 THEKEYチームは、長年にわたる人材や社会保障、医療業界での経験を活かして、ブロックチェーンのエコシステム系に全く新しいイメージをもたらすオンラインアイデンティティ検証ソリューションを開発してます。 (これは、THEKEYプロジェクトのスマート契約に人事・社会保障(HRSS)データが適用されるシナリオです) TheKEYのメリット アイデンティティ検証に関連する20以上のブロックチェーンベースのプロジェクトがあります。  競合プロジェクトを意識する上で欠かせない要素はどこでしょうか? どのように製品が競合他社と比較して機能するか 独自の利点を生かした独自のテクノロジーを使用しているか 最終製品なのか、それとも単なるプロトタイプなのか  ざっとこれだけの重要要素があります。 注目すべき製品の存在-第一世代IDVソリューション THEKEYは23の著作権と15の特許を持ち、2都市でテストされており、明確な勝者として、ラインナップの最前線に立っています。 THEKEYは、既存の2億1,100万人の政府データを利用できる唯一の製品です。データ収集とデータ処理にかなりの時間と労力を要しません。手元に膨大な量のデータがあるため、THEKEYは他のソリューションと比較してより信頼性の高い結果を生成することができます。 さらに、ユーザーは便利なユーザーエクスペリエンスを確保するために、アプリケーションをインストールしたり、そのテクノロジーを使用するためにデータをアップロードする必要はありません。 プロジェクトチームの背景 IDVシステムから生成された結果は変更不可能であり、チームは、個々のビッグデータの処理および開発に関する20年以上の経験を取り入れています。 現在、THEKEYは、関係当局によって認証された66都市の2億1,000万人の個人識別データをリアルタイムで接続しています。 チームは既に23件の関連する著作権を取得しており、15件の特許はSIPO(P.R.Cの知的財産局)によって承認され、アテステーションのプロセスを開始しています。 また、2017年に中国全国女性連盟(All-China Women's Federation)が中国で最も優秀な女性起業家として、Catherine Li(THEKEYの創設者兼CEO)を、「The Year of Infinential China Women of the Year」に選出しました。 この選択は、社会や国家に大きな貢献をした中国女性キャラクターの間で行われ、それぞれの業界で優れた業績を上げているか、中国外の影響力のあるメディアに注目され、大きな社会的影響をもたらしました。 ...

ソーシャルでつながる

837フォロワーフォロー

Latest article

Xbrick取引所の登録方法、XBCトークン購入方法、エアードロップについて

  XBrick とは? 大きな特徴としてはダイナミックな流動性エンジンが搭載された取引所であることです。 詳しくはこちらの記事で メリットとしては、 バージョン1.0が稼働している 新規取引所バージョン2.0のトークンが獲得できる トークンは割引機能があるため取引所の活性化とともに需要が上がる 点が考えられます。 登録方法 プラットフォームの1.0版が機能しており、ウェブサイトは以下のような感じ。現在日本語、中国語、英語に対応しています。 登録はこちらからできます。 Xbrick登録 登録ページに移りますので、以下の情報を入力します。 メール認証コードを入力します。 登録はひとまず完了です。 登録後やること 個人認証 セキュリティ設定 セキュリティ実行 ログインパスワード変更 トレードパスワード変更 ログイン履歴 api設定 まずは個人認証をする必要があります。 以下の個人情報を提出します。 次に、パスポートなどの資料を提出します。 セキュリティ設定から以下三項目を設定できます。全て行いましょう。 トレードパスワードはログインパスワードとは異なる強いパスワード設定を推奨します。Google2段階認証も必ず設定しておきましょう。 セキュリティ設定をしましたら、実行確認します。 ログインパスワードは必要に応じて変更できます。そのつど変更することを推奨します。 トレードパスワードも変更できます     紹介プログラム 紹介プログラムでは、紹介者の取引から半年間50%の利益がもらえます。 是非、この機会に紹介してください。 取り扱い通貨 バージョン1.0では、以下の通貨が取引可能です。 ETHペア     AE BTO BTS CAN DBTC EOS HLC HOT SEER SMTH MBTCペア AE BTS CAN EOS ETH XAS BTCNYペア ETH MBTC USDT ETH MBTC 最近ICOから7倍近くまで高騰したHoloのようなマイナー通貨も取り扱ってるので、Wowooが上場したbit-zのように有名通貨がいち早く上場すると、取引所の活性化につながる可能性があります。   アンドロイド、iPhone版のアプリもある 入出金およびトークン購入方法 トークン購入の前に資産をデポジットする必要があります。 ダッシュボードからAssetをクリックします。 Real name verificationを行う必要があります。 デポジットタブをクリックすると、通貨一覧が出ますので、この場合はETHを入金します。 アドレスを生成したら、そちらに送金してください。 トークンセールページについて Xbrickでは複数のトークンセールをサポートしています。   activeをクリックすると、開催中のトークンセールに参加できます。 XbrickのXBCプレセールです.   Buy Nowをクリックします。 Confirm&Acceptをクリックします。 Buy Productから購入できます エアードロップも開催中 エアードロップポータルのiXBCから参加できます。 はじめに携帯認証が必要で、続いてパスワード設定します。   タスクは③項目 友人紹介 テレグラム参加:20XBC KYC完了:50XBC トレーダーのためのXBCトークンエアードロップも開始 上記のエアードロップに加えてXBrickでトレードすることで、無料のXBCトークンを手に入れることもできます。(期間限定) 以下の要素に依存します。 1.イベント中のすべての取引セクションにおける各ユーザーのトランザクションの累積量。USDTとして計算されます。 2.イベント後の99USDT毎にエアドロップ1XBC 3. 2018年5月17日19:00から2018年5月27日19:00まで(GMT + 8)、すべての取引セクションで累積取引量が上位20に達したKYCのユーザーXBrick.comに以下の賞が授与されます: 1位:100,000 XBC 2位:50,000 XBC 3位:25,000 XBC 4位-5位:10,000 XBC 6〜10位:6,000 XBC 11〜15位:2,000 XBC 16〜20位:888 XBC 取引活性化キャンペーンですね。 まとめ Xbrickプロジェクトはオーストラリアのチームですが、binanceやhuobi okexのような自社トークン割引を利用しています。 XBCトークンは現在、プレセールで購入でき、プラットフォームv1.0ではマイナー通貨も取引が可能です。 最近では、BTO HOTなどのICOトークンも早々に上場しており、有望銘柄のトークンの取り扱いが早期に行われるとユーザーも増えてくるかと思います。 早いタイミングですので、開設しておいても損はないかと思います。 関連リンク 公式サイト 白書 twitter facebook telegram Author BABbit43 For...

Essentiaの開発計画について

  Essentiaの技術ロードマップと進捗状況(執筆時点) ロードマップでは、2018年第1四半期から2020年までのEssentiaの開発について概説しました。 簡素化のため、すべての変更と計画は、ソフトウェア(SW)開発、ハードウェア(HW)開発、およびパブリック(PUB)の3つの部分に分かれています。 詳しくは白書をご覧ください。 現在完了している開発は以下です。 フレームワークの基本要素(実装済み) Essentia製品のログインページのデモが公開されました。今すぐ簡単な登録プロセスを経て、ウェブサイト上であなた自身のためにフレームワークを試すことができます。 Essentiaデモの登録プロセスは、より迅速かつ便利になり、登録時にすぐにシードとキーストアファイルを保存する必要はなく、後で設定を行うことができます。 実装済みのツールは以下です。 シード ○  ストレージ ○  dApps △ eLogin ○  Etherdelta ○  サポートフォーム ○  ガイドライン ○ 自動ログアウト ○   ウォレット 財布は実装されており、通貨は以下の12の通貨に対応しています。 タイプ ERC20 サポート通貨 BTC ETH BCH LTC NEO Aragon FlypMe Misterium Status EOS Tron Golem Tether  コールド財布  ○  QRコード  ○  オフラインアクセス  ○  ハードウェアアクセス  ○   ユーザーのセキュリティへのコミットメントに合わせて、Essentiaのコールドウォレットも実装しました。これから、ユーザーはフレームワークの機能をオフラインモードで使用することができます。 オフラインで作成したトランザクションは、ファイルとして保存されます。後で、この取引は任意のデバイスからいつでも便利にいつでも開始することができます。また、ウォレットがサポートする通貨の一覧を引き続き拡大しています。 フレームワークへのアクセス方法としてはいかが追加済みです。 ハードウォレットによるアクセス(Digital、Bitbox、Trezor、レジャーnano) JAXX、Trezor、MetaMask、Exodus、imTokenなどの他のウォレット MyEtherWalletへのアクセス(ESSトークンを使用) 秘密鍵を紛失した場合(または盗まれた場合や盗難された場合)、ETHへのアクセスのみが失われ、残りのコインは安全のままになります。 Essentiaでは、ユーザーのセキュリティを向上させるという目的をさらに高めるために、ハードウェア財布を使用して当社のフレームワークにログインすることが可能になったことを報告しています。 ストレージ(セキュリティ層の追加) ストレージ実装済み Storj IPFS Siacoin アップロード/ダウンロード ○ 自動保存 ○ ドラッグ&ドロップ機能 ○ 追加の設定ファイルストレージとしてStorJ、IPFS、Siacoinを実装し、Essentiaに別のセキュリティ層を追加しました。 また、統合されたストレージに異なるファイルタイプをアップロード/ダウンロードすることも可能にしました。比較として、このアップデートの前にユーザーはテキスト文書のみをアップロードすることができました。 設定ファイルの保存構造を変更しました。現時点では、ユーザーが設定を変更したり、ランチパッドからdAppを追加または削除したりするたびに、これは自動的に設定ファイルに保存されます。サイズ制限が増えたため、ユーザーは大きなファイルをストレージにアップロードすることができます。 ユーザーの利便性を考慮して、ストレージのドラッグ&ドロップ機能を追加しました。効率性と利便性が向上し、以前よりも簡単にファイルをアップロードできます。   dApps 現在9つのツールに対応しています。 eLoginの基本バージョンが実装されました。これは、crypto-signを使用してすべての統合dAppに認可を付与する手段です。6種類のアクセスが可能です。   実装済みdApps  9つ eLogin 基本バージョン Aragon、IOTA、OmiseGo、Status、NEO、Ethereum     ウェブサイト 多言語 ✔ ホワイトリスト ✔ KYC ✔ トークン購入ポータル ✔   多言語に関しては英語と韓国語が利用可能でほかの言語も追加されます。 トークン購入およびホワイトリストに関してはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/essentia-register 開発中のモジュール構造について Essentiaは多数のモジュール構造を備えたフレームワークです。以下簡単に説明します。(かなりありますので暇な時間にでも読んでください) ESS-BASE ESS-COREに接続してRoot-IDを作成/管理/復元/使用する機能 ESS-CORE ESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュール ESS-HOME ESS-BASEとCORE機能を、他のすべてのモジュールとコンポーネントに接続するメインモジュール ESS-PAY 暗号化ウォレットへのアクセスを管理するためのモジュール ESS-Auth/Groups IDおよび制御された、または参加している(複数の)グループに関連付けられている認証の作成/編集/削除を管理するモジュール。 ESS-FUEL システム内のESSトークン・レイヤーを処理するモジュール ESS-Talk/Docs/Stamp 他のIDおよび第三者と交換されたデータ/ドキュメント/メッセージを署名/暗号化/復号化/検証するメッセージング(pgp-style)モジュール ESS-DNS 発見可能/到達可能なIDの公開鍵(ユーザーのアドレスまたはアカウント)をトップレベル/人間が読めるWebドメインまたはブロックチェーンリソースに変換して変換するモジュール ESS-DATA コアデータインフラストラクチャを管理するモジュール ESS-META IDまたはサブIDを追加のメタデータレイヤーに接続するモジュール。 ESS-PingPong 限られたデータ/帯域幅で簡単なデータ通信プロトコルを運ぶモジュール。 ESS-Bridge 分権化されたリソースと従来の集中リソースの両方をEssentiaと接続するオフライン、ハイブリッド、またはオンチェーンのモジュール ESS-CONFIG すべての構成データを処理するモジュール。 ESS-AUTOMATE スタンドアロンまたはコンステレーションのフレームワークのインスタンスの配置、自動化またはオーケストレーションを処理するモジュール。 ESS-ORACLEs Essentia Frameworkの中でオラクルとして機能するモジュール ESS-DEL all-configs、all-media、all-Sub-ID、delete-everything機能やplatform-resetなどのデータの削除/リセットを処理するモジュール ESS-CLOCK ブロックチェーン相対時間を考慮して処理するためのモジュール。 ESS-TOOls Essentia Frameworkとのスムーズな接続と相互作用を可能にするためのモジュール ESS-SYNC ESS-Home / OS、外部サービスなどとのモジュール/ OS /マルチデバイス間のデータの同期を特に管理するモジュール ESS-INIT 構成、データ、ファイルなどの再初期化を担当するモジュール。 ESS-PROC 他のモジュールの状態と健全性をチェックするモジュール ESS-KEYRING s / v / e / d /特定のデータ/ファイルに使用される追加のキーペア(Root-IDによって直接制御され、その拡張キーによって制御される)を格納/管理/アクセス/使用するためのモジュール ESS-dGPS ノードからのデータフローを、分散型リソース(on / cross-chain)に接続して利用できるようにするモジュール ESS-OS-DATA ESS-DATAモジュールで管理/含まれていないデータのモジュール ESS-Crypto ブロックチェーンベースの特定のコード/ソフトウェアをそのサブモジュールで実行できるようにするモジュール。 ESS-NET ESS-Home / OS用の特定のネットワーク層を可能にするモジュール ESS-OS-Config ESS-Configに接続し、ユーザーが希望する構成をESS-OSにデプロイするモジュール ESS-REPO ESS-OSのリポジトリおよびEssentiaプラットフォームの他のコンポーネントとモジュールの更新を管理し、リポジトリを管理するモジュール。 ESS-MAKE/SMITH ESS-OSまたはESS-Moduleのビルドスクリプト/イメージ/ ISO / etcを作成し、最終的にESS-ID、ESS-Config、ESS-DATAに接続することによってユーザー設定に合わせて構成するOS-Makerモジュールその他の関連モジュール   簡単に説明します。 ESS-BASE はいくつかの言語/ライブラリで書かれているので、既存のフレームワークやオペレーティングシステムに適応するために、ブラウザのメモリ内モジュール、専用のハードウェア、アプリケーション、Dappまたはプラグインに適合することができます。ユーザーデータやキーは保存されませんが、ユーザーはESS-COREにロードされて管理されているルートIDとサブIDキーを使用してトップレベルで操作できます。   ESS-COREはESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュールです。 ESS-IDはルート-ID(シード)であり、まったく同じ特性を有するサブIDを/署名/暗号化を検証/データを復号化し、生成/破壊/管理することができます。また、複数署名の作成/管理機能も備えています。 ESS-HOME は信頼できるサードパーティと接続/統合するモジュールをホストします。 ESS-Auth /...

【ICOレビュー】Xbrickーゴールドマンサックスや上場企業を歴任したオーストラリアの企業は新たな暗号通貨取引所を立ち上げる

    XBrickプロジェクトの背景と概要 暗号通貨世界はユーザーの採用や政府の規制の進展に伴い、最先端の暗号の交換を実行するには、完全性、高度なテクノロジ、先見性、および競争性が不可欠です。 中でも重要なのが、ユーザーエクスペリエンスとサイバーセキュリティの向上です。 XBrick.ioは、暗号通貨とブロックチェーン技術に豊富な経験を持つ技術チームによって独自に開発されました。  XBrickは世界中のユーザーに多言語を提供し、自動KYC ID照合手順をサポートし、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、コールドストレージシステムを暗号化ウォレット管理に適用します。  プラットフォームを通じて、ユーザーはグローバルな暗号化市場にアクセスし、最高の買い買い価格で取引することができ、暗号価格を売ることができます。 プラットフォームと技術特徴 高性能秩序マッチングシステム 機能は次のとおりです。 1)マッチするエンジン順序信頼性の高いマルチキャストと全体的な順序付けを解決するためのアトミックマルチキャスト 2)ロックされていない注文シーケンス・キューに基づくフローライン・マッチング技術。 3)データベースとのやりとりを実現する非同期化技術 4)マッチングエンジングループの状態を監視し、システムのフォールトトレランス機能を保証するためのフェールオーバー技術 5)故障したエンジンを回収したり、新しいマッチングエンジンを追加するための進捗状況追跡技術 XBrickは、このメモリマッチングエンジン技術と200万回/秒の高性能秩序マッチングシステムに基づいて、取引注文が遅れなく処理されることを保証し、超高速かつスムーズな取引経験を提供します。 システム1.0は、2017年11月11日以降稼動しています。 システム2.0は、ダイナミック流動性供給エンジンによって提供された当社独自のR&Dedグローバル連結オーダーブックで市場に打ち切られる予定です。  完成様子は以下です。 ウェブサイト 取引プラットフォーム      安全なウォレット管理 XBrickは、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、暗号化ウォレット管理にコールドストレージシステムを適用しています。 取引所は、ユーザーにとって安全な取引環境を創造することを全面的に担い、他のすべてのビジネス要素よりもセキュリティの優先順位付けに全力を尽くしていると考えています。ユーザーの暗号化資産を保護することについては、トレードオフはありません ダイナミック流動性プロバイダ 同社の戦略的パートナーであるLiquidAlphaは流動性エンジンである流動性供給エンジン(DLPE)を独自に開発しており、このシステムは、流動性ゼロの状況で顧客注文と取引するように構成されており、数秒ごとに特定の条件で注文を実行する高度なアルゴリズムを備えています。  10年以上のマーケットメイキングと高頻度取引経験を持つ経験豊富なトレーダーと開発者のチームによって設計されたDynamic Liquidity Providing Engine(DLPE)を使用しています。 DLPEは、複数の暗号化交換の市場の深さから中間参照価格(MRP)を計算します。 ロジックは、ユーザーの買い注文または売り注文がこのMRPから一定のパーセンテージを超え、60秒を超えて他のXBrickユーザーと一致しない場合、注文は非流動状態であるとみなされます。 DLPEが非流動状態の注文を特定すると、その注文を実行してユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 ウォール・ストリート標準の進化した注文方法 Xbrickはウォールストリートの標準注文型を暗号化通貨市場に持ち込み、ユーザーには時間加重平均価格(TWAP)、量加重平均価格(VWAP)、氷山注文タイプを導入しています。 これらの高度なオーダー・タイプとオートメーションを統合することで、ユーザーの実行時間を節約し、市場への影響を最小限に抑え、最適なフィルを得ることができます。 高速取引 XBrickは毎秒200万件以上の注文を処理することができます。 また、KYCシステムは自動化され、グローバルな実名データベースに接続されており、ローカルID文書を使用してオンラインでリアルタイム検証を実行できます。 登録と検証プロセス全体には約5分しかかかりません。あなたが私達と一緒にいるときは、プロセスに関わるすべてのものを世話している間に、暗号取引に専念することができます。 価格保護機能 XBrickの取引システムは、独自のチームによって社内で開発されています。  取引システムには、制限注文、停止注文、バッチ注文という3種類の取引注文があります。  XBrickユーザーは、価格保護機能を有効にすることができます。これにより、異常な価格が提出されるたびに警告が表示されます。 この機能は、ほぼすべての暗号交換で共通していた価格の誤植による損失を保護します。  mBTC-BTC取引をさらに民主化する(世界初) XBrickは、Bitcoinを千パーツ単位でmBTCと称する世界で初めての取引所です。 mBTCはBTCを1000で除算したもので、新しい暗号通貨ではありません。 XBrickでは、mBTCの入出金により通常のBTCアドレスが使用され、ユーザーはBTCの新しいユニットを柔軟に体験できます。 信頼できるデューデリジェンスパートナー XBrickはトークン販売プロジェクトを事前にスクリーンし、配布のために申請されたプロジェクトの3%未満で動作します。 潜在的な指数成長要因だけでなく、チームの完全性、プロジェクトの持続可能性、法的要因も見ています。 オーストラリアのマネー・ローンダリング対策や対テロ資金規制によって規制されていないにもかかわらず、XBrickは潜在的な規制を準備するための先進的なマネーロンダリングID検証システムを開拓してきました。 利用されているID検証システムは、XBrickがソース国のローカル識別文書を考慮して適切なIDチェックを設計しているため、最先端のものです。 現在リストされている暗号通貨 XBrickは、ETH、mBTC、BITCNY、USDTの4つのマーケットプレイスを運営しています。 これらのマーケットプレイスで取引できる暗号通貨は、BTC、ETH、EOS、AE、CAN、XAS、HLC、BTS、BTO、SEERです。 XBrickは、リストアップ可能なトークンを選択し、より高品質のトークンのためのプラットフォームを作成しています。 XBrickは時折、BITCNYマーケットプレイスでトークン投票キャンペーンを実行しています。BITCNYマーケットプレイスでは、お気に入りのトークンをすべてのユーザーが指名できます。 多言語対応 XBrickは、システムのインフラストラクチャを表示言語から分離し、プロの言語チームを使用して各言語を校正します。 この構造により、さまざまな表示言語を効率的にサポートするXBrickの機能が保証されます。 交換は現在英語と中国語で行われており、XBrickは今後、ロシア語、韓国語などを提供する予定です。 XBrickは可能な限り母国語のコミュニケーションをサポートすることを目指しています。 複数のユーザインタフェース XBrickは、以下を含む複数のユーザーインターフェイスをサポートしています。 WEBエクスプローラ Androidインターフェイス IOSインターフェイス H5 Mobile Explorer PCインターフェイス 技術ロードマップです。 2017年7月:XBrickシステム1.0の完成、内部テスト 9月:ベンチャーラウンドの資本調達完了 11月:XBrick交換(Webベース)の正式発売 XBrickトレーディングアプリ(Android)の正式発売 2017年12月:XBrickのトレーディングアプリ(iOS)の正式発売 グローバル連結オーダーブックプログラム開始 2018年2月:XBrick交換チャートシステムのアップグレード(Webベース) 2018年5月11日:XBC事前販売ラウンドオープン Q3 2018ターゲット ダイナミック流動性提供エンジンによるExchange System2.0の開始 XBrickでXBC Public-Sale&Listingを開始 ウェルカムマーケットメーカー Q4 2018 新しい取引インタフェース 継続的なシステムと技術のアップグレードとなるR&D 第1層のCRYPTOCURRENCIES EXCHANGE 市場と競合分析 チームは、白書で市場分析を行なっています。現在の取引市場での問題点をあげます。 セキュリティ上のリスク:MTGOXの事件に始まり、 2016年に、Bitfinexから12万のBitcoinsがハッキングされ、盗まれた。他の多くのハッキング事件が取引を破産しています。監督不足のために、さまざまなプラットフォームが内部盗難事件の犠牲者となっています。 不十分な取引市場の深さ:ほとんどの場合、個々の暗号通貨は複数の取引所で取引されます。これは、各取引所の市場の深さを薄め、価格の不一致を引き起こし、トレーダーにすべての取引を最良の価格で監視させる。 貧弱な取引システム/低機能秩序整合エンジン:2017年を通じて、暗号通貨の取引量は10倍以上に増加しました。迅速にオンラインに移行するために、実行可能な最小限の製品と効率的ではない取引システムの枠組みで多くの取引所が開始されました。このような取引は、取引量と頻度の指数関数的な増加を満たすことができませんでした。その結果、トレーダーは視覚的な遅れやサーバーの渋滞に苦しんだり、機能していないフロントエンドのWebページに直面したりしていました。 サービスとユーザーエクスペリエンスの低下:多くの取引所では、ユーザーを確認するための複雑なプロセスと長い登録承認プロセスがあります。その多くは、顧客の問い合わせや重要な問題に迅速に対応することができません。たとえば、2017年の後半には、世界最大の取引所の一部が、圧倒的な受注残により新規ユーザーの登録を中止しました。  時代遅れで馴染みのないエクスチェンジ機能:現在、多くのエクスチェンジは、複雑なユーザ操作プロトコルと古くなった機能を提供する非常に単純なインフラストラクチャを持っています。 これらの取引所の多くは、アウトソーシングを通じて開発されたものであるか、旧式のプラットフォームコードを利用して開発されたものです。...
error: Content is protected !!