ホーム ICO HyundaiDAC(ヒュンダイダック)

HyundaiDAC(ヒュンダイダック)

    HdacのIoT産業へのブロックチェーンソリューション

       HyundaiPayとHdac Technology AGは、スイスに本社を置く多国籍企業であり、IoT支払いプラットフォームにブロックチェーン技術を導入し、接続されたデバイス間の取引を安全にすることを目指して、TGE(トークン生成イベント)を開催することを発表しています。 同社のプロジェクトがIoT産業にもたらすメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか。今回はその点を中心に見ていきます。   IoT産業の市場分析と可能性 IoT(Internet-of-Things)は、今日、ハイテク産業に目に見える即時の影響を与えており、2020年には2,700億ドルの価値があるといわれています。 PwCによると以下のような市場分析が行われています。 上の図によると、今後、IoTの需要はあらゆる産業部門において急速に伸びていくことが予想されてます。 2020年までをめどにIoTの接続デバイスの需要は伸び続け、半導体の次の成長ステップは、IoT技術です。 またICOの観点で見れば、インフラストラクチャプロジェクトのICOは特に時価総額が高く、本来の価値を維持でき、市場価値を示してきています。 NEO:商取引に焦点を当てたオープンソースのブロックチェーンアプローチ IOTA:IoTインフラストラクチャの基礎的なサポートを提供するためのブロックチェーンアプローチ OmiseGo:暗号化ウォレット開発を可能にするコインウォレットインフラストラクチャ Lisk:ブロックチェーン上の分散化アプリ開発に使用されるAPI 以上のようなプロジェクトは7億75000万$からから22億$相当の時価総額であり、様々な用途のために目に見えるインフラ関連プロジェクトは評価が高くなっています。 しかし、先進国では、接続されたデバイス、家庭、業界での経験は、安全な金融取引を確保するという複雑さにおいては不可能に近づいています。公共の場所で安全に電話でオンライン決済を行う際のセキュリティ上の課題を考えてみると、接続されたデバイス間でセキュリティ違反の脆弱性が非常に高いです。一日を通して絶えず大規模なデータを転送している接続者にとっては、非常に高いセキュリティリスクがあります。 有名な暗号通貨情報サイトであるcointelegraphでもIoTの可能性と問題点について述べられています。 IoTにブロックチェーンをもたらす デジタル革命の最新のことは、物事のインターネット(IoT)の普及です。IoTは、互いに通信し、ウェアラブルデバイス、スマートカー、スマートホーム機能などのデータを生成する、接続されたデバイスのWebです。これらの製品はインターネットに接続されており、消費者にとってより快適でシンプルな生活を送るために使用されているデータを生成しています。 しかし、最近、ユーザーからストリーミングされたすべてのデータ(各ユーザーが 1日あたり0.77GBのデータを作成するという推定があります)では、システムはそのデータを制御してその目的に使用することが難しいと認識しています。問題は、データ量が膨大であり、すべてのノイズをフィルタリングして、実際に意味のあるデータに到達できることです。IoTが拡大するにつれて(1人の専門家は2025年までに80億以上の接続デバイスが存在すると言う)、ソリューションの必要性も拡大し続けるだろう。 引用元:https://cointelegraph.com/news/bringing-blockchain-to-iot IoTの経済と決済プラットフォームのネットワークは、ユーザーに完全性と機密性を提供し、セキュリティの失敗に対するこの未来的な解決策における問題点の謎に取り組むために、システムにブロックチェーンを統合する必要があります。ブロックチェーン技術の統合は、IoTのセキュリティの点でさまざまな問題を解決します。 相互接続されたセキュリティリスク:IoTデバイスはすべて接続されているため、このネットワーク上の1つのノードが侵害されると、ファブリック全体が危険にさらされる 異なるセキュリティプロトコルと各デバイスの要件:これらの違いによって、統合は遅くて困難になる 多くの障害点が存在するため、IoTデバイスの幅広いネットワークを最高に困難に、最悪では監視することが不可能になる ブロックチェーンテクノロジーの進歩により、特に支払いに関する透明性と信頼性が向上し、自家用車、スマートな家庭用機器、さらには近年業界を襲ったFitBitまで安全に確保できます。 HdacのIoTへのブロックチェーンソリューション HyundaiPayとHdac TechnologyのTGEの目標は、ブロックチェーン技術がIoTのセキュリティを大幅に強化する能力を持つため、Hdacブロックチェーンの継続的な開発をサポートすることです。 EthereumとBitcoinのプロトコルとは別に実行されるHdacは、信頼性の高い接続とデバイス間の確実な処理を保証する幅広い機能を提供するハイブリッドブロックチェーン技術に基づいています。Hyundaiはこの先駆的なプラットフォームをハードウェア決済アプリケーションに適用し、セキュリティと信頼性の両方を向上させるために努力する予定です。   ブロックチェーン技術は、HdacテクノロジーとHyundaiPayが目指すセキュリティレベルを達成する唯一の方法です。Hdacブロックチェーンは、スマートな契約の上に不変の情報を提供することによってセキュリティの問題に対処します。以前は保証できなかった可能性のある方法で、プラットフォーム上で自動化されたセキュリティと透過性の原則を適用します。 Hdac Technology AGの創設者であるDae-Sun Chung氏は、次のように述べています。 「IoTデバイスの市場が日々増えれば、私たちの生活はますます結びついていきます」 HyundaiPAY CEO  Hdacは信頼に基づくトランザクション生成を可能にする次世代のプラットフォームです。 最近我々は様々な発展方法を見てきましたが、特にIoTが日常生活にもたらす進展は大きいです。 Hdacがこれらの信頼ベースのトランザクションを処理することで、我々はよりセキュリティの高いIoT環境で新しい技術体験をすることが可能になります。 Authentagの財団兼COO 私はHdacプロジェクトが技術スタックにおいて見栄えを良くすることに人々が関心があると思います。 HdacはIoTデバイスからかマイクロペイメントを管理して制御することを可能にするシステムを構築します。 これは、技術の大きな革新です。   実際のところ、これには多くのメリットがありますが、大きなセキュリティ上のリスクにさらされているため、ブロックチェーン技術とHdacブロックチェーン特有の技術は、IoTの信頼性、透過性、セキュリティを活用する最良の方法となっています。 IoTのためのブロックチェーン Hdac(現代デジタルアセットカンパニー)と呼ばれる新しい会社が、  現在IoTに直面している問題のブロックチェーンソリューションを作成しています。同社は自動車メーカーの甥によって所有されているHyundaiの支援を受けており、Blockchain技術を適用して迅速かつ効果的に通信し、身元、認証、データストレージを処理しています。 このシステムは、両方のシステムにブリッジを構築することで、BitcoinおよびEthereumブロックチェーン に対する支払い処理を容易にするように設計されています。さらに、Hdacシステムは、取引速度および取引量を増加させるために、パブリックチェーン1つと2つのプライベートチェーンシステムを組み込んでいる。これは、プラットフォームがIoTデバイスと産業ネットワークの両方に適用可能であることを意味します。 Hdacが提供する柔軟性のため、ユーザーは独自の取引手数料を選択することができます。また、システムは、ほとんどのデータシステムとは異なり、スマート契約を作成する機能を備えています。最後に、システムは、IoT上のデータを処理するための機密性、不変性および完全性を提供する。 引用元:https://cointelegraph.com/news/bringing-blockchain-to-iot Hdacのソリューションは明確であり、プラットフォームを私有化するのではなく、地方分権化を通じてIoTデータ管理システムを世界中に開放する目的があります。そのために、Hdacはユーザーにトークン生成イベント(TGE)に参加する機会を提供しています。さらに、Hdacはコミュニティの力を取り入れることで、新しい大規模な製品を流通させ、新しい開発に力を入れるために他のブロックチェーンの専門家とつなげることができます。 このTGEイベントは11月27日9時~12月22日23時55分(GMT)まで開催される予定です。この販売により、トランザクション、スマート契約作成、データの収益化および処理のためにプラットフォーム上で使用されるDACトークンが生成されます。 現時点でのTGEイベントでの調達具合は確認できておりませんが、プレセールではすでに13,000BTC(当時のBTCレートが10万円としても約13億円以上)を調達していますのでTGEでの調達は既に成功しており十分な資金が集まっているといってもよいでしょう。 IoT業界においては一歩先を行くプロジェクトですので期待しています。 Hdacについて HyundaiPayが追求した「人間の忍耐を超えて」という概念は、複雑なIoTがつながっている将来の社会におけるブロックチェーンを通じて信頼ベースのネットワークシステムを導入し、直接支払いによる遅延を排除することです。ブロックチェーンの信頼に基づくネットワークに接続されたさまざまなIoTデバイスが、人間のために支払いを行うことができるのは私たちのビジョンです。 Double Chainは、ブロックチェーンを使用してIoTの信用と透明性を、特に支払いに関して可能にする会社です。Double ChainはHdacブロックチェーンと緊密に連携しており、現代のブロックチェーンと協力してブロックチェーンをIoTと統合し、機密性と完全性を実現し、信頼性の高い接続を保証し、デバイス間のトランザクションを確保しています。 Hyundai Technology AGは創造的な課題に取り組み、革新に努めて成長を達成しています。蓄積された経験とさまざまな業界の先進技術により、同社は事業ポートフォリオを建設とコンバージェンスに拡大することで市場の変化をリードしています。現代の技術は、従業員、顧客、地域社会のパートナーシップによって、倫理的経営を通じて顧客価値を向上させ、社会との共有や貢献を継続することを約束します。 https://www.youtube.com/watch?v=0TOdGViks-s&feature=youtu.be 関連リンク 公式サイト:https://hdac.io/ 白書:https://github.com/Hdactech/Hdac/wiki/Hdac-Technical-Whitepaper Twitter :https://twitter.com/hdactech Facebook:https://www.facebook.com/hdactech Telegram:https://t.me/Hdac_TGE My profile 0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

    Hdacがビットコインやイーサリアムを超えた3.0型暗号通貨と言われている理由

        ビットコインの投資価値の向上 ビットコインの価格は11月27日現在で、およそ1142.37%の成長率を見せています。   日本でも国内取引所にて2017年11月27日深夜未明についに100万円に到達し、歴史的な瞬間となりました。   また、世界最大のデリバティブ取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は10月31日、ビットコインの先物取引を開始する予定であるとも発表しています。 JPモルガン、CME Bitcoin先物を顧客に提供する JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは、状況を知っている人によると、CMEグループの提案する先物契約を通じて、顧客がビットコインの価格に賭けるのを助けるかどうかを判断している。 最大の米国の銀行は、顧客の需要と、取引を促進する潜在的なリスクを測定していると、内部審議について話し合わないように求めているという。シカゴに本拠を置くCME Groupは、年末までにビットコインの先物を提供することを希望していると語った。 今年のビットコインの8倍の急騰は、ウォールストリートの銀行に、顧客の将来への懐疑意識と暗号通貨の憶測への関心のバランスをとらせている。 JPモルガンの最高経営責任者(CEO)ジェイミー・ディモンは、詐欺と言い、買い手を「愚かである」と批判しているが、財務長のマリアンヌ・レイク(Marianne Lake)は、より評価の高い声明を打ちました。先月、同氏は、適切に規制されている限りのデジタル通貨の潜在的用途に対して「オープンマインドである」と言っています。 JPモルガンは既に、取引注文を取引所にルーティングすることを含む取引所取引ノートを通じて顧客にビットコインへのアクセスを許可しています。先物契約の顧客取引を処理することは、概念的には類似しているが、依然として人によると、いくらかのリスクをもたらす可能性がある。 ニューヨークに本拠を置く銀行の審議は、ウォールストリート・ジャーナルによって以前に報告された。交換オペレーターのCboe Global Markets Inc.はCME Groupと競争し、ビットコイン先物を導入しています。 引用元:https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-11-21/jpmorgan-said-to-weigh-offering-cme-bitcoin-futures-to-clients 米国商品先物取引委員会(CFTC)の承認は不明のままではありますが、CFTCの傾向を考慮して、ビットコインの先物取引が開始される可能性が高いとされています。さらに、ビットコインの発売に伴い、ETF(Exchange Traded Fund ETF)への期待も高まっています。 ETFへの投資も2020年までを目処にますます増えていく見込みであり、世界中のビットコイン投資家の数が増え、一般的な金融市場に参入しようとするにつれて、新しい投資資産にビットコインが含まれていると解釈することができます。 ビットコインのような暗号化は正式な通貨(平方フィート)として認識されませんが、CMEでの取引は金のような投資商品として認識されます。 今年の初めからビットコインの価値は600%、それに対し金と銀の先物はそれぞれ11%と7%の上昇で止まりましたが、ニューヨーク市場ウォッチは金の価格に影響を与えていると指摘し、金とビットコインの直接の相関関係を示唆しています。 現在、価格は短期間で変動していますが、ビットコインが安定した支払い方法になるかどうかは保証されていません。 さらに今年の後半では、ビットコインは数々のフォークを起こし、BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)に引き続き、最近では10月25日にビットコインゴールド、11月25日にブロックサイズ495,866でビットコインダイヤモンドというものが誕生しています。 ビットコインゴールドは誕生していきなり時価総額ランキング5位に達しました。 さらに、今後予定されているものだけでもこれだけのフォークがあります。 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド):10月25日完了 Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド):11月25日完了;495,866 Bitcoin Silver(ビットコインシルバー):12月予定 Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナム):12月1日 Super Bitcoin(スーパービットコイン):12月17日前後;498,888 Bitcoin Uranium(ビットコインウラン):12月31日 Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス):2018年1月ごろ;501,407 ブロックサイズが一定値に達するとビットコイン保有者にはエアードロップでフォーク通貨が配布されるわけですが、難易度調整アルゴリズムの採用やスケーラビリティの改善、ブロックサイズの拡大などのメリットも含まれます。 しかし、これだけ増えると取引所で対応するところも限られ、良いことばかりではありませんし、対処する必要があります。 一方で、ビットコインには未だ不安要素が多いものの、短期投資家は、金や銀よりも良い使用を期待しており、日々の生活の中で有用な資産です。 ビットコインがバブル現象として終わるかどうか、あるいは暗号世界で安定した通貨としての金のような地位を確保するかどうかを決定するには、継続的な関心と配慮が必要です。 時価総額で2番目に大きいイーサリアムの現実 イーサリアム統計ウェブサイトのEtherScanによると、現在までのイーサリアム(11月3日)の総発行額は約9570万ETHとなってます。 初期資金調達および基礎運用費は約7200万ETHであり、新たな開発量は約2360万ETHとなってます。 2017年の上半期に、技術的優位性を持つイーサリアムはビットコインに勝つか、少なくとも市場で第2位の通貨として安定すると予想されました。 しかし、実際にはETH / BTC比は6月に0.15に達しましたが、現在は0.05付近にとどまっています。つまり、イーサリアムもはやビットコインとそのステータスに大きな脅威ではないと解釈できます。 イーサリアムは、スマート契約技術を使用したガス媒介の取引確認方法がボトルネック現象を引き起こしたために急落しました。 このため、イーサリアムのスマート契約技術を使用している事業者にとって、管理上の危機と深刻な問題が発生しています。 加えて、Ethereum Enterprise...

    Hdacの技術白書の日本語版公開と内容要約

      こんにちは。今回は間も無くトークンセールが開始するHdacの技術白書についてまとめました。 参考にしてください。 Hdacについて BitcoinやEthereumのような多数の暗号化された通貨があるにもかかわらず、Hdacは日々の生活にリンクされているだけでなく、単なる投資方法をはるかに超えた暗号通貨となる可能性を秘めています。 近い将来、第4次産業革命は、デジタル革新が繁栄する高度に結びついた社会を創造すると予測されており、高度な技術は、検証された暗号通貨、ブロックチェーン、およびIoT(Internet of Things)を統合することで可能になります。 HdacはIoT契約に基づき、目標は、契約、決済、ローンと投資、税金と請求書の支払いなどにおける支払いの利便性を劇的に向上させることです。 詳細はこちら https://bab-global.net/ico/hyundai-dac   技術白書の構成要素 ※技術文書はHdacTech AG によるものであり、著者の事前の許可なしに変更することはできません。ご質問やご意見は、support@hdac.ioまでご連絡ください。 構成要素は以下のようになってます。 概要 はじめに ブロックチェーンとIoT IoTアプリケーションをサポートするためのブロックチェーンの使用 ブロックチェーンネットワーク間の統合 パブリックブロックチェーン間の統合-図2.公開ブロックチェーン間の統合 パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの統合-図3.階層的に統合されたブロックチェーン IoTとセキュリティ トランザクションの革新と機械通貨 ブロックチェーン内のIoTデバイス間の信頼の確保-図4. IoT接続とブロックチェーン間のネットワーク構造の比較 Hdacの特徴 Hdacプラットフォームの主な特長-表1.暗号化のプロパティの比較 コンセンサスアルゴリズム-図5. ePoWコンセンサスアルゴリズム-図6. ePoWのフローチャート-図7.ブロックウィンドウシミュレーション(100年) 量子乱数セキュリティの強化-図8.量子乱数を使用したデバイスセキュリティの強化 トークン生成、マイニング、報酬システム Hdac技術ロードマップ IoTブロックチェーンネットワークの構成-図9. IoTブロックチェーンネットワークの構造 IoTブロックチェーンでのユーザーデバイスマッピング-図10.プライベートブロックチェーン上のユーザーとデバイス間のマッピングの例 IoT契約-図11. IoT契約サービスの構造-表2. IoT契約の構造 IoTブロックチェーンのセキュリティ-図12.ブロックチェーン内の強化されたネットワークセキュリティ-図13. IoTプライベートブロックチェーンの脅威検出 Hdacエコシステム Hdacエコシステム開発の戦略-図14. Hdacエコシステム開発の戦略 エコシステムプレイヤー&パートナー-表3.エコプレーヤー Hdacエコシステムの発展のタイムライン-表4. Hdacエコシステムの作成のタイムライン 付録A - 例 スマート契約の例 IoT契約プログラムの例 付録B - 法的免責事項 付録C - 参考文献 このような構成となってます。 技術白書の要約 各項目について簡単に要約説明します。 Hdacの概要 IoT業界は指数関数的な成長を迎えており、 Hdacプラットフォームは、IoT環境が繁栄するために必要な欠落したビルディングブロックを提供します。 認証 - デバイスを他の1つで正しく識別することができます マッピング...

    HdacのICOレビュー

      こんにちは。今回はHdac のレビューです。トークンセールは11月27日〜12月22日までです。 Hdac とは? Hdacは韓国のヒュンダイ(HyundaiBS&C)が仕掛ける暗号通貨プロジェクトであり、IoTで行われている新しいマイクロ決済を支配することを目指して、新しいプラットフォーム上で使用される通貨となります。 詳しくはこちらの記事で https://bab-global.net/ico/hyundai-dac ICOレビュー 今回もICOに参加する上で重要となる9つの重要項目と五段階評価でレビューしてみます。 ①プロジェクトチーム力 Hdacプロジェクトは、Hyundai BS&CとDoublechainが2016年12月にブロックチェーンベースのフィンテックビジネスを開始するためのMOUに調印することから開始しました。 ブロックチェーンベースのプラットフォーム開発および運用の効率を最大限に高め、IoTとブロックチェーンコンバージェンスソリューションを開発する共同プロジェクトを推進しています。 そして2017年6月、ブロックチェーン技術の進歩と様々なサービスの早期立ち上げのために、ブロックチェーンを基盤とするフィンテックの専門会社HyundaiPayが立ち上げられました。 HyundaiPayとDoublechainは、2017年7月20日、Hdacベースのフィンテックおよびブロックチェーン事業の共同開発のための大規模なデータおよび機械学習会社であるElasticsearch Koreaと戦略的提携を結んでいます。 リードチームです。 Dae-Sun 創立者 Dae-Sunは2017年にHdac技術を確立しました。創業者である忠清(チョン・ジュソン)氏は、現代グループの創業者である鄭永忠(チョン・ヨンジュン)の孫で、232社で構成され、毎年276兆ドルの収益を上げている。彼はまた鄭蒙家(チョン・モンウ)の三男でもある。2008年にIT、建設などの事業を展開するHyundai BS&Cを設立。Hyundai BS&Cには、現代BS&I、現代精密化学、現代BS&E、現代ペイ(Hyundai Pay)という関連会社があります。 William Chun ブロックチェーンエバンジェリスト ウィリアムは、IoTの信用と透明性、特に支払いに関する信用と透明性を可能にするブロックチェーンを開発する企業であるDouble ChainのCEOです。彼はブロックチェーンのIoT技術に基づいたプロジェクトを監督しています。 Hdacの技術白書の著者であり、ブロックチェーンを使用したIoT認証(2016年11月)とブロックチェーンePoWアルゴリズム(2017年8月)の特許を取得しています。また、IT革新(2016年)と競争(2016年)の未来大臣賞を受賞しました。現在、韓国Fintech Platform Forumの会長を務めています。 Hdacの CEOは、HyundaiBS&C、HyundaiPayの創立者であり、 dac Technology AGの創設者であるDae-Sun Chung氏は、公式ブログにて次のように述べています。 IoTデバイスの市場が日々増えれば、私たちの生活はますます結びついていきます。これには多くのメリットがありますが、大きなセキュリティリスクにさらされています。 ブロックチェーン技術とHdacブロックチェーン特有の技術は、IoTの信頼性、透過性、セキュリティを活用する最良の方法です。 HyundaiPayが追求した「人間の忍耐を超えて」というコンセプトは、複雑なIoTがつながっている将来の社会において、ブロックチェーンを通じて信頼ベースのネットワークシステムを導入し、直接支払いによる遅延を排除することです。 ブロックチェーンの信頼に基づくネットワークに接続されたさまざまなIoTデバイスが、人間のために支払いを行うことができるのは私たちのビジョンです。 一方で、Double...

    HDAC(Hyundai Digital Asset Currency/DAC)について。韓国ヒュンダイが仕掛ける新機軸3.0型暗号通貨プロジェクト。

    こんにちは。 今回は、以前も記事にしました2017年4月あたりから発表されましたICO暗号通貨、ヒュンダイDACに関してです。 いよいよ配布準備も整ってきてましたところで今回はその可能性について追っていきます。(※前回の記事からリニューアルしました) HyundaiDACとは? ちょうど、DACコインの発表があった頃には、イーサリアムやリップルの価格反動が激しく、特にリップルは、三菱東京UFJ銀行と提携したことにより、ここ最近で急激に高騰しました。 DACコインは、ビットコイン、イーサリアム、リップルに次ぐであろう新機軸型暗号通貨のICOです。 韓国ヒュンダイが手がけるブロックチェーンと量子乱数技術(Quantum Random Number Technology)を応用して作られており、セキュリティにより特化した暗号通貨となってます。 HyundaiDACの発端 今回世界で初めて、韓国財閥系企業のヒュンダイがフィンテックへ参入しました。 革新的ブロックチェーン技術、ダブルチェーンによる可能性でイーサリアムに匹敵する新たな通貨として韓国ヒュンダイDAC(ヒュンダイペイ 常務取締役が責任者)IT国家と財閥企業が威信をかけ、フィンテックの新たなる革命を起こすことが目的です。 発端としては、Hyundai BS&CとDoublechainが、2016年12月にブロックチェーンベースのフィンテックビジネスを開始するためのMOUに調印したことから始まり、 2017年6月、ブロックチェーン技術の進歩と様々なサービスの早期立ち上げのために、ブロックチェーンを基盤とするフィンテックの専門会社HyundaiPayが立ち上げられました。 また、このHyundaiPayとDoublechainは、2017年7月20日、Hdacベースのフィンテックおよびブロックチェーン事業の共同開発のための大規模なデータおよび機械学習会社であるElasticsearch Koreaと戦略的提携を結んでいます。 現在の暗号通貨のステージに関して 暗号通貨のステージは現在、「量子レベル」にステージアップしております。 量子とは数の単位ですが暗号通貨はあくまでも暗号化された数列となり、ハッカーやマイナーはこの暗号化された数列を解読することで報酬をえる仕組みです。 今後、量子コンピュータの出現により、現在のブロックチェーンは完全に解読される量子コンピュータ問題というのもあります。 そこで、この問題の糸口として期待されているのがヒュンダイDACです。 HyundaiDAC の可能性 ブロックチェーン技術の進化と時代の流れとともに、 第1世代⇨ビットコイン 第2世代⇨イーサリアム そして、第2世代以降はビットコイン2.0型(ビットコインで使用されているブロックチェーン技術などを応用して、通貨以外の役割・機能を持たすことを主目的とした技術・プロジェクト)や、その他独自の技術を採用した暗号通貨が数々誕生できています。 そして、今回第3世代新機軸通貨として可能性が大いに期待されているのが、このDACコインです。 HyundaiDACのプロジェクトについて 基本的なプロジェクトの内容としては、 【ダブルチェーン】=現在のブロックチェーン技術 よりも、さらに高いセキュリティのブロックチェーンを用いたIOTの実現のためのプロジェクトです。 スマートホーム【イジス】に関するライフラインのプラットフォームを構築します。 このイジスのプラットフォームに使われる暗号通貨が【DAC】です。 イジスには、イーサリアムのスマートコントラクトを用いています。 そして、冒頭に少し触れた革新的技術の「ダブルチェーン」ですが、 量子力学に基づいて、量子乱数を生成する特許取得済みの技術によって、今まで以上にセキュリティの高い暗号化を可能にしました。 全ての出口が整っている、ハイセキュリティのブロックチェーンの開発が出来ている新たな暗号通貨3.0型のプロジェクトです。 HyundaiDACの発行元について 開発自体Hyundai BS&C(hd-bsnc.com)」と「Double Chain(doublechain.co.kr)」が協力して担当、「Korea Degital Exchange(kdex.kr)」が主催しています。 Hyundai BS&Cは、ITサービスと建設の二本柱で事業をしている企業で、CEOは「Hyu Won Lee」という人物。 HyundaiDACの技術特徴 ヒュンダイDACコインの最大の技術革新は 「量子力学にもとづいた乱数の生成によるブロックチェーンセキュリティの強化」 この量子力学に基づいた解読されにくい数列により、世界にどこまで通用するかが投機として、大きなチャンスを得ています。 最近のセキュリティケースでは、ウォレットアドレスとプライベートキーと公開キーを作成する際に生成される疑似乱数の脆弱性が確認されています。 例えば、2つの特定のコインが互いに同じ文字を使用する場合、送信エラーおよび重複が発生する可能性がある。 そこで、Hdacは、ハッキングの可能性を排除するために、識別可能な文字 "Hdac"で始まるQuantum Random Numberを適用することによって特定の認証方式を実装します。 さらに、Hdacは、ユーザーのセキュリティ強化と支払いの利便性を向上させるハードウェアウォレットを提供することで、暗号化に基づくFintech特化型プラットフォームへと進化します。 他にも以下の技術特徴があります。 EVA送金システム このEVAシステムにより、ブロックチェーン技術を応用して国際送金をより早く、効率的に行うことを目的としているようです。 AEGIS(イジス) これは、IoT機器と機器間、機器とユーザー間の相互認証の過程でブロックチェーン2.0の技術を使用した認証アーキテクチャモデルのことです。 過去の公共料金の支払いからライフパターン分析をして、自動的にIoTデバイスを制御します。 この技術も、韓国で特許取得済みです。   HyundaiDACプロジェクトのメリット Hdacプロジェクトの考えられるメリットとしては、プロジェクトチーム力とエコシステムメンバーにあります。 プロジェクト管理チームは、HyundaiBS&Cとダブルチェーンがリードチームとして率いており、ダブルチェーンはブロックチェーンを用いたIoT認証とコンセンサスアルゴリズムePoWの特許取得しています。 そしてエコシステムメンバーまたはパートナーが豊富です。 そして、チェーンの技術的なものとしては、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンを統合することでIoTブロックチェーンを用います。 これに基づく、IoTコントラクトを使用します。技術詳細はこちらの記事で https://bab-global.net/ico/hdac-whitepaper この量子乱数技術はパートナーであるEYLと協力します。 これによりプライベートブロックチェーンのセキュリティを強化します。 こうした技術的なメリットに加えて、ビットコインの時価総額は、最近1,000億ドルを超えましたが、 'IoT'業界は、今後20年間で世界のGDPを10〜15兆ドル増加させると推定されています。 こうした市場の後押しもメリットになるでしょう。 ロードマップ これまでの経歴は以下です。 5/初旬ダブルチェーン技術を日本公式公開 ...
    error: Content is protected !!