ホーム ICO Genesis Vision(ジュネシスビジョン)

Genesis Vision(ジュネシスビジョン)

    Genesis Visionの投資信託業界における規制上のメリット

      こんにちは。今回はgenesis visionについてです。 今回はICOでも重要視される法規制というキーワードをもとにGenesis VisionのICOプロジェクトについて迫ってみたいと思います。 Genesis visionとは? Genesis Visionは、従来のプライベートな投資信託管理市場と暗号資産管理市場の両方で機能するためのプラットフォームです。  投資信託という大きな業界を変えようてしています。 詳細はこちらの記事で確認ください。 https://bab-global.net/ico/genesis-vision   規制を考えた上でのGenesis VisionのICOの見解 近年、投資の世界には人間の欲求のままに利益を求めるだけの仕組みポンジスキームが多くはびこっています。 これにより、財務面で最も規制された国である英国は、FCA(英国金融行為監督機構)のグローバル規制機関としてさらに発展し、さらにポートフォリオ管理コンプライアンスの側面を定義しています。 FCAの金融監督体制の変更 参照:https://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/publications/issue/info-sensor/pdf/info-sensor-2013-07-03.pdf#search=%27fca+%E6%8A%95%E8%B3%87%27 Genesis Visionは、このFCAの新しい規制とともに、すべての資産管理市場に関わる投資家に新しい機会を与える役割を担います。 Genesis visionは法規制のリスクに対処する まず、GVは、暗号通貨に対して寛容的な国であるアイルランドに本拠を構えています。 ICOに対して依然として非常に寛容である数少ない国の一つであるアイルランドに本部を設置することにより、プロジェクトの進展に伴う法的リスクやその他のリスクを最小限に抑えることができます。 現実的に言えば、現行および将来の規制のすべては、プラットフォームの開発またはその成長率に影響を与えないと考えられます。 アイルランドの暗号通貨事情 「アイルランドのイギリス領マン島ではビットコインが日常生活に浸透している」 :アイルランド、イングランドそしてスコットランドに囲まれた、面積572平方キロメートル、人口8万人の島・マン島では、日常生活においてビットコイン決済はもはや当たり前のものとなっています。ビットコイン関連のスタートアップ企業はもちろんのこと、ビットコイン決済OKのパブやタクシー会社、そしてビットコイン製造会社が、この小さな島にひしめいているのです。 引用元:http://virtualmoney.jp/I0001449 さらにICOの財務委員会などの第三者からの監査も行われており、透明性の部分では高い評価を受けています。 新世代と旧世代の投資家を統合する 暗号通貨や資産は、新しい時代に突入しており、新しいフィンテックの発見や技術革新のおかげで、ユーザーは、長期的かつ日常的な取引を行うことができています。 若い人たちでさえも、参入障壁が低くなっていることで、暗号通貨市場へ挑戦しています。 しかし、新世代のデジタル世代は、一般に、暗号通貨とその周辺の知識にのみに精通しています。既存の伝統的な為替取引、株式、その他の金融サービスには精通しておらず敷居が高くなっています。 こうした新しい次世代のユーザーに対してGenesis Visionは暗号資産のトレーダーだけでなく、伝統的な外国為替、株式市場、その他の金融商品/資産管理者を集めて優れた計画を立てる予定です。 プラットフォーム開発の技術的調整により透明性を高める 同社は、数多くのパートナーシップやコラボレーションを通じて、400の他の顧客企業/連絡先へのアクセス権を持っています。その背後にあるチームはすべて、莫大な技術ノウハウと実践的知識を持っています。 これらの仲介グループおよび企業に関連するソフトウェアの維持および開発は、ここ数年の間、努力と事業の主要な焦点の1つとなっており、 Genesis Visionは、Asset Under Management(AUM、管理下資産)プラットフォーム内の特定のプロセスを自動化するために、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたスマートコントラクトを利用するシステムの構築を目指しています。 AUMについて AUMとは、管理下に置かれた資産のことであり、投資マネージャーなどに資産管理を委ねる投資信託のことを表します。 透明性の問題 現在、何十年も投資家のために資金を管理している金融機関は、不透明な形で運営されており、70兆規模のAUM市場に関与している当事者が、必ずしもすべての取引や収益源を公表する必要はないということを意味しています。 技術の向上と高リスクで高成長の投資へのアクセスの民主化が進む中で、マネーマネジメントの透明性は金融サービス産業においてはるかに重視されています。 同社のビジネスモデルの最も重要な部分は、何年も保管しなければならない非常に重要な財務データが、このブロックチェーン上に構築されているため、誰にも変更できないものになるという点にあります。 白書に詳しいプロジェクトのメリットが述べられています。 genesis vision 白書より 世界中で、特に米国では、各口座のドルの動きをすべて報告する必要はありません。この透明性の欠如は、投資家の資金が不正な資産運用会社、ブローカー、および交換所によって活用されることを可能にします。 今日では、これらの問題の解決策を作成する技術が存在することは間違いなく、起業家精神と金融を考慮することは、経済にとって不可欠な原動力です。世界経済は、人類が協力してこの権利を得ることに初めて依存しています。 Genesis Visionのリーダーシップチームがスマートコントラクトを特定のビジネスモデルプロセスにどのように組み込むかに関して、腐敗しやすい人間によって制御されるすべてのプロセスは、スマートコントラクトを利用することによって自動化することで改善できます。 スマートコントラクトは、これらの重要なプロセスが透明な利益配分を維持できるようにします。 マネージャーのコインの発行と管理はGenesis VisionがFCAと協力して、主要な世界的なソリューションをさらに発展させるためには必要なのです。 ジェネシス・ビジョンのブローカー向けのツールは、すでに提供されているものと同様の集中化された技術として販売されており、今後数カ月の開発期間に積極的に関与する予定です。 以前のソフトウェアはすでに世界中の80社以上の異なる企業によって購入されているため、これらのソリューションの背後には実際の実世界で使用されているという大きなメリットが存在します。 前述の400件の顧客のうち、大多数が直接的および間接的に証券会社に関連付けられており、少なくとも100人が2年未満で分散システムとプラットフォームに参加する予定です。これはより強い関係につながることでしょう。 現在の開発チームは、伝統的な信託マネジメントシステムに加えて、金融ソフトウェアの開発において豊富な経験を持っています。伝統的な市場が70兆ドルに膨らんでいることを考慮すると、為替、株式、暗号通貨市場への拡大の可能性は事実上無限です。 一般的な交換機能のほとんどは、実証済みの制度ブロックチェーンフレームワークの上に構築されており、幅広い専門家と典型的なユーザーが共存して繁栄することが可能です。 機関投資家、トレーダー、投資家が集まり、分散型でオープンかつ暫定的な公正なネットワークを形成しているため、地域や状況にかかわらず、誰もがグローバルなステージにおいて、新しい機会のすべてに参加することができます。 競合のプロジェクトとは異なり、対処すべき管轄上の問題ははるかに少ないです。ベテランのマーケットトレーダーや主要機関のユーザーたちはアットホームな環境でプラットフォームを利用できます。 同社のシステムは、非典型的なトレーダーにも開放されており、 Genesis Visionプラットフォームは、あらゆる方向へのスケーリングを可能にする基盤を作り、それによって、水平に統合された補完的なアイデアまたは戦略を構築し、従来の組織構造では通常は相互作用しないユーザーを垂直に結び付けます。 そして、もう1つの特筆すべきこととしては、 GVのリーダーシップチームは、ChangellyのCEO、Konstantin Gladych、ビットコイン財団、Jaxx.io事業開発責任者、ビットコインの先駆者であるCharlie Shremの共同設立者など、最新の戦略アドバイザーから構成されています。 詳しいGenesis Vision の投資信託業界へのソリューションはこちらの記事で確認してください。 https://bab-global.net/ico/gv-aum 投資家のメリットとGVTトークンの価値は? GVTの価値を高めるものに関して、疑問を持つ方もいると思いますが、 GVトークンは、 GVエコシステムの内部通貨であり、その供給を支えるものです。 GVTのトークンの価値の増加はプラットフォームの投資家の資金が増えて新しくなった時に主に発生します。主に以下の3つの要素が考えられますを 新しい資金が、投資家がマネージャーのファンドから利益を得ることができるマネージャートークンを購入するために使用される 第2に、投資家が投資家の資金で利益を上げている場合、GVTは投資家の資格として支払われる必要がある 第3に、GVTは投機的な手段にもなる もちろん、不動産のようなより安定した資産クラスとは異なり、市場での短期的な売買差益も生まれます。 最後に Genesis...

    Genesis Vision が新たな賞金トーナメントを開始することを発表

      国際的な金融サービス会社であるグランドキャピタルの支援を得て、有益な賞を受賞したブロックチェーンプロジェクトであるGenesis Vision が参加者全員を対象としたデモトレードコンテストを開催することを発表しました。 詳細はこちら https://bab-global.net/ico/genesis-vision 公式サイト 白書 GVレーストーナメント開催 現在、トークンセールが行われている真っ最中ですが、 統合取引プラットフォームでもある特別なMT4デモ口座のため、トーナメントが開催されます。 トーナメント期間: 10月30日午前10時から10月31日午前10時(UTC)まで 賞金 1位 - 300 GVT 2位 - 200 GVT 3位 - 100 GVT 4位から10位 - 50 GVT このようになってます。 ICO期間中は、1$=1GVTですので、最高で3万円以上になります。 参加方法 トーナメントに参加するには、Google Docフォームから登録を完了する必要があります。 登録フォームを完了すると、電子メールアドレス、ニックネーム、個人ETHウォレットアドレスなどの実際のデータを指定する必要があります。 次回の大会への参加申請は、午前10時30分(UTC)まで受け付けています。 すべての参加要請が受け入れられた後、各参加者はMT4コンテストアカウントを作成して、5,000...

    Genesis Vision(ジュネシスビジョン)の最近のアップデート情報まとめ

      こんにちは。今回は、Genesis Visionの更新情報をまとめたいと思います。 数週間で、様々な進展があり、着実に開発計画が進んでいます。 いくつかの項目で見ていきます。 Genesis Visionについては以下を参照ください。 公式サイト 白書 概要についての記事  レビュー評価記事 https://youtu.be/igpxx-lrpQc Genesis Visionのデモアプリが公開される 実際に見れるデモ版のアプリケーションが公開されました。 Google Play版のみとなってます。 ダウンロードはこちら インターフェースを使ったり、GVTトークンを移すことができます。 CEOがインタービュー形式で疑問を解消 Genesis Vision CEO、ルスラン・カメンスキーとの独占インタビュー内容です。 プライベート・インベストメント・マネジメント業界を革命化するブロックチェーン・スタートアップのGenesis Visionは、現在、イニシャル・コイン・オファリングを実施中です。 Chipin氏がCEOのRuslanに座って感謝し、Genesis Vision、競争、課題、そして今後の道について話しています。 以下、抜粋します。 こんにちはルスラン、あなた自身を紹介してください。 ルスラン・カメンスキー こんにちは、私はGenesis VisionのCEO、ブロックチェーン愛好家、起業家です。私は証券取引所、ブローカー、HFT取引などのためのソフトウェアのような金融ソフトウェア開発にさまざまな専門知識を持っています。今はGenesis Visionプロジェクトだけに全面的に関わっています。私の時間はすべてかかり、金融業界をより良くするプロジェクトを立ち上げることができれば幸いです。 Genesis Visionで何を解決しようとしていますか?あなたが解決しようとしているターゲットオーディエンスについて、あなたが発見した痛みポイントはなんですか? 私たちの主な目標は、現在の同様の集中ソリューションで直面する透明性と安定性の問題を解決することです。問題のほとんどは、多くの不公平なブローカーマネーマネージャーがその結果を偽っているという事実に基づいています。 私たちのプラットフォームでは、世界中のさまざまなブローカーと投資家を結集させ、トレーディング統計はブロックチェーンにロードされ、誰にでも分かりやすくなります。つまり、誰もプラットフォーム内の何かを偽造することはできず、潜在的な投資家が見ることができるすべての結果が本当であることを保証します。 また、当社のシステムでは、各マネーマネジャーが時々適格となり、より多くの投資家を引き付ける前に、各マネーマネジャーは彼のトレーディングスキルを証明しなければなりません。 したがって、ブロックチェーンとスマートコントラクトに基づく透明性とマネーマネージャーのトレーディング活動の自動チェックにより、彼らが本当に良いトレーダーであることを確認することになります。だからこそ私たちはプラットフォームマネジメント業界の未来を呼んでいます。 財務委員会が認定したICOになる過程は何でしたか?Genesis Visionがそれを通過すると確信していましたか?もしそうなら、なぜですか? このような認証の基準がないため、このような種類の監査を待つことは期待できません。監査では、プロジェクトのすべての部分について150以上の質問がありました。法律、技術、ブロックチェーン、および委員会は、プロジェクトとICOについて深く調査しました。しかし、とにかく私たちは、このような種類の認証が、ICO市場全体をより透明かつ安定させることができると考えています。 なぜあなたはGenesis Visionのアイデアを思いついたのか教えてください。過去に経験したGVで解決しようとしていた伝統的な信頼管理に問題がありましたか? 最初に少し話しましたが、マネージャーや投資家は、ブローカー/交換所に結びついていると同時に、信頼できる情報源や統計情報が統合されていません。これは投資家の選択肢の柔軟性を奪うものであり、マネージャーの新たな資金調達能力を制限しています。透明性の欠如は、状況をさらに悪化させる。 ブローカーは、貿易履歴とそのマネージャーの統計に関するデータに影響を与える技術的能力を持っています。潜在的な投資家は、実際の貿易履歴を偽造品と区別することはできず、マネージャーの利益のグラフは「描かれた」ものとは区別できません。投資メカニズム、利益配分および手数料は取引プラットフォームの実現の中に隠されており、市場参加者には開放されていない。 あなたのICOのための一般的な事前販売の代わりにオプションを使用する方法は面白いです。あなたはなぜ、事前販売の代わりにこれをすることを選んだのですか?(オプションプログラムについて) 古典的な事前販売では、ICOに投資したい資金の全額を入れる必要があり、これらの資金はすべてICOが終了するまで凍結されます。つまり、資金を2〜3ヵ月間凍結し、ICOの終わりを待って待たなければならないということです。 私たちは、投資家にとってより便利にすることを決め、オプションプログラムで事前予約トークンを許可することで、事前販売が制限なく実行されている間に資金を使うことができます。 Genesis Vision であなたを手伝ってくれたチームや同僚についてもっと知ることができますか?それぞれの最高の属性は何ですか? 私は2つを言及したいと思います。 まず、Genesis Vision、Dmitry Nazarovの共同設立者。様々な国際金融機関で6年以上の経験を持つ熟練したソフトウェア開発者です。その中には、証券会社、証券取引所、英国に本拠を置く大きな外国為替会社があります。最近、国際原子力機関(IAEA)のソフトウェア開発コンサルタントとして働いていました。 また、2017年の初めに、Tools For Brokers(http://t4b.com)のCEO...

    Genesis VisionのICOレビュー

      こんにちは。今回はGenesis VisionのICOレビューです。 ICOはすでに開始されていますが、個人的な評価をつけました。 Genesis Visionとは? Genesis Vision は金融系ソリューションであり、ブロックチェーン技術により投資信託の管理プラットフォームを構築するプロジェクトです。 詳しくはこちらの記事で確認ください。 https://bab-global.net/ico/genesis-vision   ICOレビュー レビューは9つの項目で行います。 (※このレビューの結果はトークン自体の価値の上昇を必ず保証するものでもなく、投資を強要するものでもありません。一つの基準としてプロジェクトの安全性・収益性・信頼性・道徳性・社会性などを総合的に判断して特定のプロジェクトへ参加する価値があるかを個人で判断したものです。高い結果が出たからと言って必ず価格が上昇するわけではなく、あくまで参考程度で、実際の投資は個人で判断ください。 High:参加の価値が非常に高い Medium+:参加の価値が高い Medium:標準 Low+:参加の価値は低い Low:参加の価値は非常に低い ①実績のある企業・チームであるか Genesis VisionのプロジェクトはFXやCFD市場でのユーザーをターゲットにしており、チームはこの分野において豊富な経験のあるチームから成り立っています。特に注目して置きたいのが以下の人物です。 CEO-Ruskin Kamensky CEOはブロックチェーンアーキテクトであり、7年以上の経験がある金融ソフトウェア開発者です。彼は、証券取引所の取引システム「サンクトペテルブルク」を開発する金融ブローカー会社のソフトウェア部門のヘッドでもありました。 LinkedIn COO-ドミトリーナザロフ ソリューションアーキテクトのCOOであり、様々な国際の金融機関での経験6年以上の経験があります。その中でも仲介会社、証券取引所、および大規模な英国ベースの外国為替会社が有名です。 そして、特筆すべき点としては、アドバイザーの優秀さです。 ChangellyのCEOと共同設立者 月額2億ドルの売り上げで500,000の顧客にサービスを提供する主要な暗号通貨交換所であるChangellyのCEO。   ビットコイン財団の創業者、Jaxx 創設者 Bitcoin PioneerとBitcoin Foundationの共同設立者。デジタル資産のマルチチェーン財布であるJaxxのビジネス&コミュニティ開発ディレクターである彼の存在は大きい。 LinkedIn | Twitter また、様々な金融部門の企業のCEOがアドバイザーとなっています。 しかし、金融商品のビジネスの基盤となる顧客の確保の点では、これからの要素が多いため、チームの総合力としては標準的評価です。 (評価:+3) ②プロジェクト管理チームの透明性 こちらはオープンソースの情報からもチームは全員顔出し、経歴情報も載せてますので透明性はあります。アドバイザーに各企業のCEOや暗号通貨市場ではビットコイン財団の創業者やChangellyのCEOの存在もありますので比較的信頼度は高いです。 (評価:+3) ③収益性や成長性のあるテーマであるか テーマに関しては金融系ソリューションであり、投資家、ブローカー、コインファンドマネージャーなどがターゲット層です。 これらの参加者が一つのインターフェースで様々な金融商品を管理できる投資信託プラットフォームを構築します。 投資信託市場は年々急速に拡大しており、グローバル・アセット・マネジメント2016によると資金総額は70兆ドルにも及びます。さらに、暗号通貨市場も現在拡大中であるため、そのような市場への参入は収益性の面でも強いメリットがあります。 さらに、Genesis Visionはあまり類似のない伝統的な信託管理という分野であり、独自の製品ということで新しい機会でもあります。暗号通貨世界での類似としてはBlack Moonが挙げられます。 両者とも、暗号通貨と現実資産の橋渡しを担うプラットフォームであるという意味で、”暗号通貨への資産を合法化する”ことに着目していますが、Genesis Visionは伝統的な投資家に暗号化されたインフラストラクチャ要素を提供しています。 その意味では競合というよりも、両者が分散の意味で共存できる可能性があります。 (評価:+4) ④問題点に対して明確なソリューションであるか ソリューションが明確であり、それに対する計画も的確であることは白書からわかります。 投資信託市場で問題点として挙げられているのが 投資マネージャーの信頼性と透明性 既存の信託管理の様々な制限 投資家の目線から考えられる問題点は大きくこの二つです。 既存の伝統的な資産管理システムでは、マネージャーの透明性がなく、ポンジスキームのものがあふれており、信頼性が少ない →ブロックチェーン技術により、すべてのプラットフォーム上のマネージャーの業務や情報が記録され、検証機会もあるため、これにより安全な投資と高い収益機会が生まれる 既存のプラットフォームでは特定のブローカーや取引所に制限されている →Genesis Visionのプラットフォームではすべての参加者を一つに統合して、投資家は幅広いマネージャーを選択でき、マネージャーはより潜在的な投資家にアクセスできる 以上から投資家や管理者にとってメリットのある新しいぷ機会を提供するプラットフォームであることは明瞭です。比較的理にかなっているので評価は高めです。 (評価:+3) ⑤サードパーティとエスクローの存在 サードパーティやエスクローの存在は信頼と安全性の面での評価に役立ちます。Genesis Visionは比較的好印象です。 スマート契約が確保されている ZerionとSmartDecなどの第三者監視委員会よる監査を受けています。 SmartDec Report ICC認定をクリア 財務委員会ICO委員会認定を受けています。 ICCによると十分なスマートコントラクトコードの品質とセキュリティが保たれていると述べられています。 ICO CERTIFICATION REPORT  DDoS攻撃からの保護 カスペルスキー・ラボのセキュリティ担当者が金融事件調査に参加しており、DDos保護されています。 Changellyのエクスローサービス CEOとChangelly.comの共同設立者が提供するエスクローサービスを利用します。この取引所にもトークンが上場します。 以上のような第三者による監査とエスクローの存在から比較的信頼性や安全性は高いと考えます。 (評価:+4) ⑥法に沿ったICOの正当性 法に沿った正当性の高いICOであるかは行われている国の法律と参加者自身の国に依存します。 Genesis Visionはロシアの会社でありますが、米国証券取引委員会のHoweyntestを受けています。こちらではGVTが有価証券に該当するかを調査しています。 簡単に言うと、テストは、スキームが他人の努力だけから来る利益と共通の企業における 資金の投資を必要とするかどうかに着目して行われています。 ブロックチェーントークンのSECの最近の見解はICO参加の上でも注目しておくべきです。 「特定の場合において、トークンまたは硬貨は、証券となり、合法的SEC又は 登録から免除によると、登録なしで販売することはできません」 特に、証券取引法の下での定義は、包括的であり、トークンが会社の経営で利益また ...

    Genesis Vision(ジュネシスビジョン)はブロックチェーン技術よる投資信託管理プラットフォーム

      こんにちは。今回はGenesis VisionというICOに関してです。 ジャンルとしてはblackmooncrypto、BrickBlockなどと同じですが、両社とも共存する可能性が高いため、今回取り上げました。 Genesis Visionとは? Genesis Visionは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを基盤としたプライベートトラスト管理市場のプラットフォームです。 取引所、ブローカー、トレーダー、投資家を分散したオープンで誠実なネットワークに統合し、金融市場をよりグローバル化することを目指しています。 これにより、成功したトレーダーは、世界中の投資を誘致することによって、トレーディング戦略を迅速に拡大することができます。プラットフォームの基盤となるスマート契約技術は、投資と利益配分のための自動化された全く透過的なシステムを提供します。 https://youtu.be/14jc97gaBZg https://genesis.vision/   問題点とソリューション 現在の投資プラットフォームとしてブローカーなどの仲介者からの支配による資金の透明性と信頼性の欠如を指摘しており、世界中の投資参加者を透明性の高い一つのプラットフォームに統合します。 さらにすべてのマネージャー、すべてのブローカー、すべての金融商品、すべての種類の資産を1つのインターフェースで管理します。 具体的には以下のようなソリューションを提供します。 投資家向け  : 投資家は市場で直接取引をせず、代わりに、投資家はその資金を管理する経験豊富なトレーダーに資金を移転します。投資家はマネージャーの利益からシェアを得ます。 すべてのマネージャーと金融商品 透明な投資と利益配分 信頼できる取引履歴と統計 マネジャーとファンドのため : マネージメントファンド/トレーダーは、実績のある取引履歴を持つ企業/個人であり、投資家のマネーを獲得する準備ができています。総資金の管理の結果として受け取った利益は、マネージャーと投資家の間で比例して共有されます。マネージャーはマネージメントのための手数料と利益(手数料)から手数料を受け取とります。 独自の暗号通貨 無制限のトレーディング戦略スケーリング ジュネシスビジョンファンドからの投資 ブローカーの場合 : ブローカーは、ブローカー活動を行う適切なライセンスを持っている会社です。ブローカーを通じて、トレーダーは取引所や店頭市場で取引する金融商品にアクセスできます。 取引量の増加 絶対無料の参加 オープンソースののソフトウェア Genesis Visionの優れている点 スマート契約が確保されている: ZerionとSmartDecなどの第三者監視委員会よる監査を受けています。 SmartDec Report ICO認定: 財務委員会ICO委員会認定を受けています。 このような内容が述べられています。 Finacom LimitedのICC(「ICO認証委員会」)は、Genesis Vision LP(「Genesis Vision」)からICO認証要求を受けました。 ICCは、ジェネシスが提供した情報を白書に、ICCのデューディリジェンスアンケート(150以上の質問)に対する回答、GenesisのVisionキー従業員の質問を検討しました。この情報に基づいて、ICCはGenesis Vision Token(GVT)プラットフォームがICCの認証要件をクリアしたことを自ら満たすことができました。 スマート契約のロジックをチェックし、ホワイトペーパーで説明したものと比較しました。矛盾については何も見つかりませんでした。この分析では、ICC標準を満たす十分なコード品質とプロジェクトのセキュリティが示されました。 最小のERC20トークン契約により、ERC20をこれらおよび他の機能のためにクローニングすることができます。上記のプロセスは、ICCの観点からは満足のいくものであると考えられている。 ICO CERTIFICATION REPORT  エスクロー: CEOとChangelly.comの共同設立者が提供するエスクローサービスを利用します。 12人の顧問: プロジェクトのすべての側面をカバーします。 コンテスト受賞者: 財務およびブロックチェーンのhttp://hackrussia.ru/コンテストの1位を獲得しています。 ハッカーとDDoS から保護: カスペルスキー・ラボのセキュリティ担当者が金融事件調査に参加しています。 活動が活発な金融業界への参入: 信託管理市場は年々急速に成長しています。ボストンコンサルティンググループの報告書グローバル・アセット・マネジメント2016によると、経営における資金の総額は以上$ 70兆です。 アクティブなクライアントベース: 400を超える既存企業がジュネシスビジョンネットワークに参加しています。 ロードマップに関して 予定されているロードマップで重視される点は以下です。 ①ブロックチェーンプラットフォーム - Ethereumプロトタイプ - Ethereumブロックチェーンのフルプラットフォーム ②取引プラットフォームとの統合 -...

    ソーシャルでつながる

    837フォロワーフォロー

    Latest article

    Xbrick取引所の登録方法、XBCトークン購入方法、エアードロップについて

      XBrick とは? 大きな特徴としてはダイナミックな流動性エンジンが搭載された取引所であることです。 詳しくはこちらの記事で メリットとしては、 バージョン1.0が稼働している 新規取引所バージョン2.0のトークンが獲得できる トークンは割引機能があるため取引所の活性化とともに需要が上がる 点が考えられます。 登録方法 プラットフォームの1.0版が機能しており、ウェブサイトは以下のような感じ。現在日本語、中国語、英語に対応しています。 登録はこちらからできます。 Xbrick登録 登録ページに移りますので、以下の情報を入力します。 メール認証コードを入力します。 登録はひとまず完了です。 登録後やること 個人認証 セキュリティ設定 セキュリティ実行 ログインパスワード変更 トレードパスワード変更 ログイン履歴 api設定 まずは個人認証をする必要があります。 以下の個人情報を提出します。 次に、パスポートなどの資料を提出します。 セキュリティ設定から以下三項目を設定できます。全て行いましょう。 トレードパスワードはログインパスワードとは異なる強いパスワード設定を推奨します。Google2段階認証も必ず設定しておきましょう。 セキュリティ設定をしましたら、実行確認します。 ログインパスワードは必要に応じて変更できます。そのつど変更することを推奨します。 トレードパスワードも変更できます     紹介プログラム 紹介プログラムでは、紹介者の取引から半年間50%の利益がもらえます。 是非、この機会に紹介してください。 取り扱い通貨 バージョン1.0では、以下の通貨が取引可能です。 ETHペア     AE BTO BTS CAN DBTC EOS HLC HOT SEER SMTH MBTCペア AE BTS CAN EOS ETH XAS BTCNYペア ETH MBTC USDT ETH MBTC 最近ICOから7倍近くまで高騰したHoloのようなマイナー通貨も取り扱ってるので、Wowooが上場したbit-zのように有名通貨がいち早く上場すると、取引所の活性化につながる可能性があります。   アンドロイド、iPhone版のアプリもある 入出金およびトークン購入方法 トークン購入の前に資産をデポジットする必要があります。 ダッシュボードからAssetをクリックします。 Real name verificationを行う必要があります。 デポジットタブをクリックすると、通貨一覧が出ますので、この場合はETHを入金します。 アドレスを生成したら、そちらに送金してください。 トークンセールページについて Xbrickでは複数のトークンセールをサポートしています。   activeをクリックすると、開催中のトークンセールに参加できます。 XbrickのXBCプレセールです.   Buy Nowをクリックします。 Confirm&Acceptをクリックします。 Buy Productから購入できます エアードロップも開催中 エアードロップポータルのiXBCから参加できます。 はじめに携帯認証が必要で、続いてパスワード設定します。   タスクは③項目 友人紹介 テレグラム参加:20XBC KYC完了:50XBC トレーダーのためのXBCトークンエアードロップも開始 上記のエアードロップに加えてXBrickでトレードすることで、無料のXBCトークンを手に入れることもできます。(期間限定) 以下の要素に依存します。 1.イベント中のすべての取引セクションにおける各ユーザーのトランザクションの累積量。USDTとして計算されます。 2.イベント後の99USDT毎にエアドロップ1XBC 3. 2018年5月17日19:00から2018年5月27日19:00まで(GMT + 8)、すべての取引セクションで累積取引量が上位20に達したKYCのユーザーXBrick.comに以下の賞が授与されます: 1位:100,000 XBC 2位:50,000 XBC 3位:25,000 XBC 4位-5位:10,000 XBC 6〜10位:6,000 XBC 11〜15位:2,000 XBC 16〜20位:888 XBC 取引活性化キャンペーンですね。 まとめ Xbrickプロジェクトはオーストラリアのチームですが、binanceやhuobi okexのような自社トークン割引を利用しています。 XBCトークンは現在、プレセールで購入でき、プラットフォームv1.0ではマイナー通貨も取引が可能です。 最近では、BTO HOTなどのICOトークンも早々に上場しており、有望銘柄のトークンの取り扱いが早期に行われるとユーザーも増えてくるかと思います。 早いタイミングですので、開設しておいても損はないかと思います。 関連リンク 公式サイト 白書 twitter facebook telegram Author BABbit43 For...

    Essentiaの開発計画について

      Essentiaの技術ロードマップと進捗状況(執筆時点) ロードマップでは、2018年第1四半期から2020年までのEssentiaの開発について概説しました。 簡素化のため、すべての変更と計画は、ソフトウェア(SW)開発、ハードウェア(HW)開発、およびパブリック(PUB)の3つの部分に分かれています。 詳しくは白書をご覧ください。 現在完了している開発は以下です。 フレームワークの基本要素(実装済み) Essentia製品のログインページのデモが公開されました。今すぐ簡単な登録プロセスを経て、ウェブサイト上であなた自身のためにフレームワークを試すことができます。 Essentiaデモの登録プロセスは、より迅速かつ便利になり、登録時にすぐにシードとキーストアファイルを保存する必要はなく、後で設定を行うことができます。 実装済みのツールは以下です。 シード ○  ストレージ ○  dApps △ eLogin ○  Etherdelta ○  サポートフォーム ○  ガイドライン ○ 自動ログアウト ○   ウォレット 財布は実装されており、通貨は以下の12の通貨に対応しています。 タイプ ERC20 サポート通貨 BTC ETH BCH LTC NEO Aragon FlypMe Misterium Status EOS Tron Golem Tether  コールド財布  ○  QRコード  ○  オフラインアクセス  ○  ハードウェアアクセス  ○   ユーザーのセキュリティへのコミットメントに合わせて、Essentiaのコールドウォレットも実装しました。これから、ユーザーはフレームワークの機能をオフラインモードで使用することができます。 オフラインで作成したトランザクションは、ファイルとして保存されます。後で、この取引は任意のデバイスからいつでも便利にいつでも開始することができます。また、ウォレットがサポートする通貨の一覧を引き続き拡大しています。 フレームワークへのアクセス方法としてはいかが追加済みです。 ハードウォレットによるアクセス(Digital、Bitbox、Trezor、レジャーnano) JAXX、Trezor、MetaMask、Exodus、imTokenなどの他のウォレット MyEtherWalletへのアクセス(ESSトークンを使用) 秘密鍵を紛失した場合(または盗まれた場合や盗難された場合)、ETHへのアクセスのみが失われ、残りのコインは安全のままになります。 Essentiaでは、ユーザーのセキュリティを向上させるという目的をさらに高めるために、ハードウェア財布を使用して当社のフレームワークにログインすることが可能になったことを報告しています。 ストレージ(セキュリティ層の追加) ストレージ実装済み Storj IPFS Siacoin アップロード/ダウンロード ○ 自動保存 ○ ドラッグ&ドロップ機能 ○ 追加の設定ファイルストレージとしてStorJ、IPFS、Siacoinを実装し、Essentiaに別のセキュリティ層を追加しました。 また、統合されたストレージに異なるファイルタイプをアップロード/ダウンロードすることも可能にしました。比較として、このアップデートの前にユーザーはテキスト文書のみをアップロードすることができました。 設定ファイルの保存構造を変更しました。現時点では、ユーザーが設定を変更したり、ランチパッドからdAppを追加または削除したりするたびに、これは自動的に設定ファイルに保存されます。サイズ制限が増えたため、ユーザーは大きなファイルをストレージにアップロードすることができます。 ユーザーの利便性を考慮して、ストレージのドラッグ&ドロップ機能を追加しました。効率性と利便性が向上し、以前よりも簡単にファイルをアップロードできます。   dApps 現在9つのツールに対応しています。 eLoginの基本バージョンが実装されました。これは、crypto-signを使用してすべての統合dAppに認可を付与する手段です。6種類のアクセスが可能です。   実装済みdApps  9つ eLogin 基本バージョン Aragon、IOTA、OmiseGo、Status、NEO、Ethereum     ウェブサイト 多言語 ✔ ホワイトリスト ✔ KYC ✔ トークン購入ポータル ✔   多言語に関しては英語と韓国語が利用可能でほかの言語も追加されます。 トークン購入およびホワイトリストに関してはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/essentia-register 開発中のモジュール構造について Essentiaは多数のモジュール構造を備えたフレームワークです。以下簡単に説明します。(かなりありますので暇な時間にでも読んでください) ESS-BASE ESS-COREに接続してRoot-IDを作成/管理/復元/使用する機能 ESS-CORE ESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュール ESS-HOME ESS-BASEとCORE機能を、他のすべてのモジュールとコンポーネントに接続するメインモジュール ESS-PAY 暗号化ウォレットへのアクセスを管理するためのモジュール ESS-Auth/Groups IDおよび制御された、または参加している(複数の)グループに関連付けられている認証の作成/編集/削除を管理するモジュール。 ESS-FUEL システム内のESSトークン・レイヤーを処理するモジュール ESS-Talk/Docs/Stamp 他のIDおよび第三者と交換されたデータ/ドキュメント/メッセージを署名/暗号化/復号化/検証するメッセージング(pgp-style)モジュール ESS-DNS 発見可能/到達可能なIDの公開鍵(ユーザーのアドレスまたはアカウント)をトップレベル/人間が読めるWebドメインまたはブロックチェーンリソースに変換して変換するモジュール ESS-DATA コアデータインフラストラクチャを管理するモジュール ESS-META IDまたはサブIDを追加のメタデータレイヤーに接続するモジュール。 ESS-PingPong 限られたデータ/帯域幅で簡単なデータ通信プロトコルを運ぶモジュール。 ESS-Bridge 分権化されたリソースと従来の集中リソースの両方をEssentiaと接続するオフライン、ハイブリッド、またはオンチェーンのモジュール ESS-CONFIG すべての構成データを処理するモジュール。 ESS-AUTOMATE スタンドアロンまたはコンステレーションのフレームワークのインスタンスの配置、自動化またはオーケストレーションを処理するモジュール。 ESS-ORACLEs Essentia Frameworkの中でオラクルとして機能するモジュール ESS-DEL all-configs、all-media、all-Sub-ID、delete-everything機能やplatform-resetなどのデータの削除/リセットを処理するモジュール ESS-CLOCK ブロックチェーン相対時間を考慮して処理するためのモジュール。 ESS-TOOls Essentia Frameworkとのスムーズな接続と相互作用を可能にするためのモジュール ESS-SYNC ESS-Home / OS、外部サービスなどとのモジュール/ OS /マルチデバイス間のデータの同期を特に管理するモジュール ESS-INIT 構成、データ、ファイルなどの再初期化を担当するモジュール。 ESS-PROC 他のモジュールの状態と健全性をチェックするモジュール ESS-KEYRING s / v / e / d /特定のデータ/ファイルに使用される追加のキーペア(Root-IDによって直接制御され、その拡張キーによって制御される)を格納/管理/アクセス/使用するためのモジュール ESS-dGPS ノードからのデータフローを、分散型リソース(on / cross-chain)に接続して利用できるようにするモジュール ESS-OS-DATA ESS-DATAモジュールで管理/含まれていないデータのモジュール ESS-Crypto ブロックチェーンベースの特定のコード/ソフトウェアをそのサブモジュールで実行できるようにするモジュール。 ESS-NET ESS-Home / OS用の特定のネットワーク層を可能にするモジュール ESS-OS-Config ESS-Configに接続し、ユーザーが希望する構成をESS-OSにデプロイするモジュール ESS-REPO ESS-OSのリポジトリおよびEssentiaプラットフォームの他のコンポーネントとモジュールの更新を管理し、リポジトリを管理するモジュール。 ESS-MAKE/SMITH ESS-OSまたはESS-Moduleのビルドスクリプト/イメージ/ ISO / etcを作成し、最終的にESS-ID、ESS-Config、ESS-DATAに接続することによってユーザー設定に合わせて構成するOS-Makerモジュールその他の関連モジュール   簡単に説明します。 ESS-BASE はいくつかの言語/ライブラリで書かれているので、既存のフレームワークやオペレーティングシステムに適応するために、ブラウザのメモリ内モジュール、専用のハードウェア、アプリケーション、Dappまたはプラグインに適合することができます。ユーザーデータやキーは保存されませんが、ユーザーはESS-COREにロードされて管理されているルートIDとサブIDキーを使用してトップレベルで操作できます。   ESS-COREはESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュールです。 ESS-IDはルート-ID(シード)であり、まったく同じ特性を有するサブIDを/署名/暗号化を検証/データを復号化し、生成/破壊/管理することができます。また、複数署名の作成/管理機能も備えています。 ESS-HOME は信頼できるサードパーティと接続/統合するモジュールをホストします。 ESS-Auth /...

    【ICOレビュー】Xbrickーゴールドマンサックスや上場企業を歴任したオーストラリアの企業は新たな暗号通貨取引所を立ち上げる

        XBrickプロジェクトの背景と概要 暗号通貨世界はユーザーの採用や政府の規制の進展に伴い、最先端の暗号の交換を実行するには、完全性、高度なテクノロジ、先見性、および競争性が不可欠です。 中でも重要なのが、ユーザーエクスペリエンスとサイバーセキュリティの向上です。 XBrick.ioは、暗号通貨とブロックチェーン技術に豊富な経験を持つ技術チームによって独自に開発されました。  XBrickは世界中のユーザーに多言語を提供し、自動KYC ID照合手順をサポートし、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、コールドストレージシステムを暗号化ウォレット管理に適用します。  プラットフォームを通じて、ユーザーはグローバルな暗号化市場にアクセスし、最高の買い買い価格で取引することができ、暗号価格を売ることができます。 プラットフォームと技術特徴 高性能秩序マッチングシステム 機能は次のとおりです。 1)マッチするエンジン順序信頼性の高いマルチキャストと全体的な順序付けを解決するためのアトミックマルチキャスト 2)ロックされていない注文シーケンス・キューに基づくフローライン・マッチング技術。 3)データベースとのやりとりを実現する非同期化技術 4)マッチングエンジングループの状態を監視し、システムのフォールトトレランス機能を保証するためのフェールオーバー技術 5)故障したエンジンを回収したり、新しいマッチングエンジンを追加するための進捗状況追跡技術 XBrickは、このメモリマッチングエンジン技術と200万回/秒の高性能秩序マッチングシステムに基づいて、取引注文が遅れなく処理されることを保証し、超高速かつスムーズな取引経験を提供します。 システム1.0は、2017年11月11日以降稼動しています。 システム2.0は、ダイナミック流動性供給エンジンによって提供された当社独自のR&Dedグローバル連結オーダーブックで市場に打ち切られる予定です。  完成様子は以下です。 ウェブサイト 取引プラットフォーム      安全なウォレット管理 XBrickは、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、暗号化ウォレット管理にコールドストレージシステムを適用しています。 取引所は、ユーザーにとって安全な取引環境を創造することを全面的に担い、他のすべてのビジネス要素よりもセキュリティの優先順位付けに全力を尽くしていると考えています。ユーザーの暗号化資産を保護することについては、トレードオフはありません ダイナミック流動性プロバイダ 同社の戦略的パートナーであるLiquidAlphaは流動性エンジンである流動性供給エンジン(DLPE)を独自に開発しており、このシステムは、流動性ゼロの状況で顧客注文と取引するように構成されており、数秒ごとに特定の条件で注文を実行する高度なアルゴリズムを備えています。  10年以上のマーケットメイキングと高頻度取引経験を持つ経験豊富なトレーダーと開発者のチームによって設計されたDynamic Liquidity Providing Engine(DLPE)を使用しています。 DLPEは、複数の暗号化交換の市場の深さから中間参照価格(MRP)を計算します。 ロジックは、ユーザーの買い注文または売り注文がこのMRPから一定のパーセンテージを超え、60秒を超えて他のXBrickユーザーと一致しない場合、注文は非流動状態であるとみなされます。 DLPEが非流動状態の注文を特定すると、その注文を実行してユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 ウォール・ストリート標準の進化した注文方法 Xbrickはウォールストリートの標準注文型を暗号化通貨市場に持ち込み、ユーザーには時間加重平均価格(TWAP)、量加重平均価格(VWAP)、氷山注文タイプを導入しています。 これらの高度なオーダー・タイプとオートメーションを統合することで、ユーザーの実行時間を節約し、市場への影響を最小限に抑え、最適なフィルを得ることができます。 高速取引 XBrickは毎秒200万件以上の注文を処理することができます。 また、KYCシステムは自動化され、グローバルな実名データベースに接続されており、ローカルID文書を使用してオンラインでリアルタイム検証を実行できます。 登録と検証プロセス全体には約5分しかかかりません。あなたが私達と一緒にいるときは、プロセスに関わるすべてのものを世話している間に、暗号取引に専念することができます。 価格保護機能 XBrickの取引システムは、独自のチームによって社内で開発されています。  取引システムには、制限注文、停止注文、バッチ注文という3種類の取引注文があります。  XBrickユーザーは、価格保護機能を有効にすることができます。これにより、異常な価格が提出されるたびに警告が表示されます。 この機能は、ほぼすべての暗号交換で共通していた価格の誤植による損失を保護します。  mBTC-BTC取引をさらに民主化する(世界初) XBrickは、Bitcoinを千パーツ単位でmBTCと称する世界で初めての取引所です。 mBTCはBTCを1000で除算したもので、新しい暗号通貨ではありません。 XBrickでは、mBTCの入出金により通常のBTCアドレスが使用され、ユーザーはBTCの新しいユニットを柔軟に体験できます。 信頼できるデューデリジェンスパートナー XBrickはトークン販売プロジェクトを事前にスクリーンし、配布のために申請されたプロジェクトの3%未満で動作します。 潜在的な指数成長要因だけでなく、チームの完全性、プロジェクトの持続可能性、法的要因も見ています。 オーストラリアのマネー・ローンダリング対策や対テロ資金規制によって規制されていないにもかかわらず、XBrickは潜在的な規制を準備するための先進的なマネーロンダリングID検証システムを開拓してきました。 利用されているID検証システムは、XBrickがソース国のローカル識別文書を考慮して適切なIDチェックを設計しているため、最先端のものです。 現在リストされている暗号通貨 XBrickは、ETH、mBTC、BITCNY、USDTの4つのマーケットプレイスを運営しています。 これらのマーケットプレイスで取引できる暗号通貨は、BTC、ETH、EOS、AE、CAN、XAS、HLC、BTS、BTO、SEERです。 XBrickは、リストアップ可能なトークンを選択し、より高品質のトークンのためのプラットフォームを作成しています。 XBrickは時折、BITCNYマーケットプレイスでトークン投票キャンペーンを実行しています。BITCNYマーケットプレイスでは、お気に入りのトークンをすべてのユーザーが指名できます。 多言語対応 XBrickは、システムのインフラストラクチャを表示言語から分離し、プロの言語チームを使用して各言語を校正します。 この構造により、さまざまな表示言語を効率的にサポートするXBrickの機能が保証されます。 交換は現在英語と中国語で行われており、XBrickは今後、ロシア語、韓国語などを提供する予定です。 XBrickは可能な限り母国語のコミュニケーションをサポートすることを目指しています。 複数のユーザインタフェース XBrickは、以下を含む複数のユーザーインターフェイスをサポートしています。 WEBエクスプローラ Androidインターフェイス IOSインターフェイス H5 Mobile Explorer PCインターフェイス 技術ロードマップです。 2017年7月:XBrickシステム1.0の完成、内部テスト 9月:ベンチャーラウンドの資本調達完了 11月:XBrick交換(Webベース)の正式発売 XBrickトレーディングアプリ(Android)の正式発売 2017年12月:XBrickのトレーディングアプリ(iOS)の正式発売 グローバル連結オーダーブックプログラム開始 2018年2月:XBrick交換チャートシステムのアップグレード(Webベース) 2018年5月11日:XBC事前販売ラウンドオープン Q3 2018ターゲット ダイナミック流動性提供エンジンによるExchange System2.0の開始 XBrickでXBC Public-Sale&Listingを開始 ウェルカムマーケットメーカー Q4 2018 新しい取引インタフェース 継続的なシステムと技術のアップグレードとなるR&D 第1層のCRYPTOCURRENCIES EXCHANGE 市場と競合分析 チームは、白書で市場分析を行なっています。現在の取引市場での問題点をあげます。 セキュリティ上のリスク:MTGOXの事件に始まり、 2016年に、Bitfinexから12万のBitcoinsがハッキングされ、盗まれた。他の多くのハッキング事件が取引を破産しています。監督不足のために、さまざまなプラットフォームが内部盗難事件の犠牲者となっています。 不十分な取引市場の深さ:ほとんどの場合、個々の暗号通貨は複数の取引所で取引されます。これは、各取引所の市場の深さを薄め、価格の不一致を引き起こし、トレーダーにすべての取引を最良の価格で監視させる。 貧弱な取引システム/低機能秩序整合エンジン:2017年を通じて、暗号通貨の取引量は10倍以上に増加しました。迅速にオンラインに移行するために、実行可能な最小限の製品と効率的ではない取引システムの枠組みで多くの取引所が開始されました。このような取引は、取引量と頻度の指数関数的な増加を満たすことができませんでした。その結果、トレーダーは視覚的な遅れやサーバーの渋滞に苦しんだり、機能していないフロントエンドのWebページに直面したりしていました。 サービスとユーザーエクスペリエンスの低下:多くの取引所では、ユーザーを確認するための複雑なプロセスと長い登録承認プロセスがあります。その多くは、顧客の問い合わせや重要な問題に迅速に対応することができません。たとえば、2017年の後半には、世界最大の取引所の一部が、圧倒的な受注残により新規ユーザーの登録を中止しました。  時代遅れで馴染みのないエクスチェンジ機能:現在、多くのエクスチェンジは、複雑なユーザ操作プロトコルと古くなった機能を提供する非常に単純なインフラストラクチャを持っています。 これらの取引所の多くは、アウトソーシングを通じて開発されたものであるか、旧式のプラットフォームコードを利用して開発されたものです。...
    error: Content is protected !!