イーサリアム創業者Vitalik氏が提案した新たな資金調達モデルDAICOを利用した世界初のプロジェクトABYSSとは?

  The Abyssとは The Abyssは、ゲーマーや開発者がマルチレベルの紹介プログラムやその他の活動から利益を得ることができるAAAタイトルなど、あらゆるタイプのビデオゲーム(Free2play MMOと暗号ゲームを最優先事項とする)を提供する次世代のデジタル配信プラットフォームです。 業界の問題点とソリューション 非効率性と高いコスト さまざまな流通プラットフォームとコンテンツプラットフォーム、ゲームとゲーマー、ディストリビューターと広告主の間の接続が不足していることです。 実際、多くの場合、ビデオゲームビジネスは、物理的な経済の方法だけを使って相互作用しておりこのアプローチには問題はありませんが、間違いなく改善の余地があるとされています。 今後数年間、E-Sports、新興のAR / VRゲーム、ビデオゲームのコンテンツは、業界全体の収益の全体的な内訳においてはるかに目立つようになっていきます。  2017年、ビデオゲーム業界の年間収入は1000億ドルを超え、2020年には60-80%の増加が見込まれています。 しかし、激しい競争と通信路の非効率性のおかげで、あなたのゲームを促進するためのコストは非常に高くなります。 断片化していたり、結果を測定するのが難しいなどの問題もあります。 とくにストリーミングゲームプレイは、ゲーム開発者にとってツイッターやフェイスブック、YouTubeなど間接的な広告効果がありますが、測定することはほとんど不可能です。 法的な問題点 デジタル資産を使用することにおいて開発者が直面しているいくつかの問題点とは別に、オンライン電子商取引での主な障害としては、競争が激しい他に、政府/法的影響もあります。 前者を扱うのはあなた次第ですが、後者は我々にはコントロールできません。業界は、純粋に仮想的な性質が現実の生活、経済、法律のハードルに直面したとき、大きな問題に直面することになります。 しかし、多くの面で良いオンライン世界は現実よりも効果的であり、多くのことがオンラインで楽になることは明らかであり、 同プロジェクトは、単一のゲームだけでなく、デジタル通貨のアイデアを使用してビデオゲーム業界自体の大部分を改善するというソリューションを提供しています。 The Abyssプロジェクト The Abyss は ゲーム市場の次世代プラットホームを目指しています。 MMOゲームが集中しているゲームポータルで、プレーヤーと開発者のためのモチベーションプログラムに主眼を置いており、 ABYSSトークンは、プラットフォーム(EthereumブロックチェーンのプロトコルERC20)上での対話のための優先的な内部メカニズムです。 このゲームプラットフォームは、デスクトップ(Windows、MacOS、Linux)、モバイル(iOSとAndroid)、Web用に提供される予定です。 プロジェクトの主な特徴としては、次です。 マルチレベル紹介プログラムによる収益の増加 開発者が持ち込んだ強力なマルチレベル紹介プログラムは、プラットフォーム上の他のゲームのすべての支払いと成果から収入(ABYSSトークンで支払われる)を開発者に提供します。 招待したユーザーのプラットフォーム手数料を得る 類似の紹介システムは、プレイヤーが支払だけでなくプラットフォーム上での活動(成果、コンテンツの作成、友人を連れて来るための収入など)に対してABYSS トークンの形で支払われます。 このシステムは、アフィリエイトマーケティングの原則を利用しています。ユーザーにプラットフォームを初めて導入するプレイヤーや開発者によって最大の収入が得られます。このシステムは、ゲーム空間内のどのユーザよりも効果的にユーザを招待し、保持するよう指向されている。 最初のチェックのための低い入力閾値 すべてのオペレーションが金額とプラットフォームのABYSSトークンで実行できるデュアル通貨オプションです。 トークンによる利便性 トークンは、手動および自動の両方の暗号化アカウントに転送できます。  マーケティング費用の節約 広告提供の内部システム(ABYSSトークンに基づく)は、トラフィックを他の開発者と交換し、関連するユーザーのみを受け渡します。 Abyssはゲーミングサービスです。計画されたシンジケートシステム(Masternodes)により、プラットフォームのユーザーは、参加者のための収入源(ABYSSトークンで支払われる)になるコミュニティに編成できます。 これは、トークンのボラティリティを制御する方法の1つです。 技術特徴-DAICO 今月初め、Ethereumブロックチェーンの創設者であるVitalik Buterinは、地方自治団体(DAO)のメリットの一部を統合してICOコンセプトをアップグレードすることを提案しました。 DAICOと名づけられたこの新しいアイデアは、世論調査制度を導入し、プロジェクトの貢献者を投票プロセスに参加させることで、ICOをより安全にすることを目指した、革新的な資金調達モデルです。 Abyss Token Saleは、先進的で改良されたICOメカニズムを表し、寄付者が資金の撤回をコントロールできるようにするとともに、プロジェクトを停止し、チームがそれを実装できない場合に寄付された資金を払い戻すオプションも提供します。 このすべてで、The AbyssプロジェクトはDAICOのコンセプトを先駆けて推進している世界初のトークンセールになるというプロジェクトです。 DAICOは、初期のICOコンセプトをアップグレードしてより透明かつ安全にすることを目的とした地方自治体(DAO)の利点の一部を統合する、革新的な資金調達モデル(Ethereum、Vitalik Buterinの創始者によって提案された)です。 以下は、DAOの利点のいくつかを統合して、複雑さとリスクを最小限に抑える方法でICOモデルを改善するためのアイデアを簡単に説明したものです。 DAICOとは? アイデアは次のとおりです。 DAICO契約は、プロジェクトの資金調達を希望する単一の開発チームによって発行されます。 DAICO契約は、 "貢献モード"から開始され、誰でもETHを契約に寄付し、交換でトークンを得る仕組みを指定します。これは、キャップ付き販売、キャップなし販売、オランダオークション、インタラクティブコイン、KYCの動的1人当たりの販売、またはチームが選択する他のどのような仕組みであっても構いません。寄付期間が終了すると、ETH寄付の能力が停止し、最初のトークン残高が設定されます。そこからトークンがトレード可能になる可能性があります。 投稿期間の後、契約には1つの主要な状態変数tap(単位:wei...
error: Content is protected !!