【ICO】The Abyssプロジェクトの最近のアップデート情報のまとめ

  The Abyssとは Abyssプロジェクトは、イーサリアム創業者であるビタリック氏が提唱したICOの最新モデルDAICOを利用する世界初のプロジェクトです。 DAICOを利用して詐欺のない公正なトークン発行と資金調達を行い、ゲームプロジェクト開発を進めます。 https://bab-global.net/ico/theabyss 最近起こった更新情報のまとめ ここ数週間で様々な出来事が起こっています。一番大きなイベントは、トークンセールの日程改善です。 世界最大のブロックチェーンイニシアチブであるEEAに参加する フォーチュン500の企業、新興企業、学者、技術ベンダーをイーサリアムの専門家と結びつける世界最大のブロックチェーンイニシアチブの1つであるエンタープライズエテリアムアライアンス(EEA)に参加することを発表しました。 我々はEEAに参加して透明性を高め、より高いレベルの信頼を生み出しながら、企業内でのEthereumの採用をサポートしました。もう一つの目標は、暗号業界におけるDAICOのアイデアを先駆けて推進することです。それを実装するには、スマートコントラクトは完全にEthereumに依存するべきです(すでに完了しています)。この理由から、私たちはトークンセール中にBitcoinを受け入れることを拒否し、EthereumとEthereumベースのBinance(BNB)トークンのみを受け入れます。 EEAは、Ethereumベースのテクノロジのベストプラクティスを構築、促進、広くサポートする業界でサポートされている非営利団体です。 EEAは、Ethereumをエンタープライズクラスのテクノロジーに進化させ、プライバシー、機密性、スケーラビリティ、セキュリティなど、さまざまな分野の研究開発を提供しています。 また、許可されたEthereumネットワークと業界固有のアプリケーション層ワーキンググループの両方に及ぶハイブリッドアーキテクチャを調査しています。 以上のように、EEAは、業界標準をまとめて開発し、メンバーベースとの共同作業を促進し、参加したいイーサリアムコミュニティのメンバーに公開するため、 Abyssが参加したことで、このフレームワークによって、大規模な普及が可能になり、それ以外の場合、個々の企業サイロでは実現不可能な幅広さが広がり、 Ethereumネットワークのスケーラビリティ、プライバシー、機密性の将来についての洞察が得られるというメリットがあります。 サイバー・リスク防止のためのグループIBとのパートナーシップ 恒久的に変化する暗号の世界では、サイバーセキュリティは最優先事項です。 Ethereumプラットフォームのサイバー犯罪のレベルは、トークンセールの資金調達と合わせて、2017年末までに総サイバー犯罪収益が2億2500万ドルを超えています。 主要なサイバー犯罪インシデントの1つは2016年にThe DAOに発生し、財政的損失(74百万ドル、寄付された資金の約半分)が生まれました。 昨年、parityウォレットでも脆弱性が見つかり、から3000万ドルも盗まれました。 https://bab-global.net/ico/cappasity-parity 業界の見積もりによると、エクスプロイト、ハッキング、フィッシング、ポンジの被害者は約3万人で、平均7500ドルの損失を出しています。 そこで、The Abyssチームは、これらのサイバー攻撃の防止と情報セキュリティ製品の開発を専門とする国際企業であるG​​roup-IBとの間で、サイバーセキュリティを確保しながらサイバーリスクを最小限に抑えるための措置を講じ、パートナーシップ契約を締結しました。 サイバー攻撃は、企業やICOプロジェクトのウェブサイトが今日晒されている主要な脅威の1つであり、暗号業界のプロジェクトに対する攻撃の数と規模は毎月増加しています。 フィッシングサイトは毎日作成されており、これらの攻撃による損失は、数千万ドルに達する可能性があります。 Bittrexだかでなく、最近ではHitBTCやBinance取引所を狙うフィッシングサイトも現れている。 チームは今回のパートナーシップに関して、以下のように述べています。 私たちのプロジェクトは心の中にクラウドスケールの仕組みを持っているので、サイバー攻撃からの包括的で複雑な保護を確保することが私たちにとって最優先事項です。貢献者のお金は、私たちがリスクに晒すことができるものではありません。意思決定のスピードが他のビジネスより数倍高い暗号業界に取り組んでおり、ユニークなアーキテクチャ(DAICO)のプロジェクトを実施しており、可能性のあるリスクを最小限に抑えることを目標としています。したがって、当社のITインフラストラクチャのセキュリティは、初期段階で脅威を特定し中和することを可能にするGroup-IBソリューションによってサポートされています。 The Abyssの創始者であるKonstantin Boyko-Romanovsky   グループIB専門家は、DAICOを保護するために、フィッシングサイト、ドメイン名、オンラインショップ、アグリゲータおよび掲示板、ソーシャルネットワーク、モバイルアプリケーションストアなどのデータベースを含む3,000,000を超えるリソースを常に監視しています(24/7) また、暗号化業界の普及しているメッセンジャー、例えばテレグラムやスラックには特に注意が払われます。 「Destiny.Gamesが世界初のDAICOプロジェクトを保護するために私たちを選択したことは誇りに思っています」 とGroup-IBのプライベートバンキングディレクターのRuslan Yusufovはコメントしています。 チームは、寄付者である地域社会のメンバーや投資家との広報活動を保護するための多くの措置を講じ、フィッシング、ドメイン置き換え、犯罪目的のプロジェクトブランドの違法使用、プロジェクトの共同オーナーやコミュニティメンバーに攻撃を仕掛ける。 Abyssはトークンセールを実施する責任あるアプローチの一例であり、多くの暗号プロジェクトにはまだ欠けている安全性を維持します。 グループIBの専門家の関与は、The Abyssブランドのセキュリティの追加の尺度と言えるでしょう。 トークンセールには米国市民も参加できる Abyss Token Sale(DAICO)は米国で公式に開始され、市民と住民に参加する権利が与えられます。 新しいトークンの発行を管理する現在の規制に準拠しており、弁護士の助言を受けて、米国では、1933年証券法の規制Dおよび規制Sに基づく米国以外の人にのみ、認可された投資家に売却を進めることになっています。 規制Dで売却されたトークンは、規制に従い、The Abyss Token Sale(DAICO)に参加している米国の各寄稿者は、米国の法律で要求されているように、認定された投資家確認プロセス(KYC)に合格する必要があります。 これにより、米国でトークンセール(DAICO)を利用できるようになります。 DAICOイベントは、3月7日より開始する 世界初の試みでもあるICOのDAICOモデルのトークン生成イベントは、2018年3月7日より開始されます。 開発チームは、(DAICO)へ向かう途中、 寄稿者の改善 販売プロセス中のあらゆる種類の違反からプロジェクトの保護 現在の市場の不安定さの影響 これらを示唆して、最新のアップデートを行いました。 トークンセール日程 トークンセール(DAICO)は2018年3月7日(UTC 9:00)に開始し、2018年4月7日(UTC 9:00)に終了します。開始日時の変更には特に注意してください。 トークン価格 ABYSSトークンの価格は、現在USD:1 ABYSS =...

イーサリアム創業者Vitalik氏が提案した新たな資金調達モデルDAICOを利用した世界初のプロジェクトABYSSとは?

  The Abyssとは The Abyssは、ゲーマーや開発者がマルチレベルの紹介プログラムやその他の活動から利益を得ることができるAAAタイトルなど、あらゆるタイプのビデオゲーム(Free2play MMOと暗号ゲームを最優先事項とする)を提供する次世代のデジタル配信プラットフォームです。 業界の問題点とソリューション 非効率性と高いコスト さまざまな流通プラットフォームとコンテンツプラットフォーム、ゲームとゲーマー、ディストリビューターと広告主の間の接続が不足していることです。 実際、多くの場合、ビデオゲームビジネスは、物理的な経済の方法だけを使って相互作用しておりこのアプローチには問題はありませんが、間違いなく改善の余地があるとされています。 今後数年間、E-Sports、新興のAR / VRゲーム、ビデオゲームのコンテンツは、業界全体の収益の全体的な内訳においてはるかに目立つようになっていきます。  2017年、ビデオゲーム業界の年間収入は1000億ドルを超え、2020年には60-80%の増加が見込まれています。 しかし、激しい競争と通信路の非効率性のおかげで、あなたのゲームを促進するためのコストは非常に高くなります。 断片化していたり、結果を測定するのが難しいなどの問題もあります。 とくにストリーミングゲームプレイは、ゲーム開発者にとってツイッターやフェイスブック、YouTubeなど間接的な広告効果がありますが、測定することはほとんど不可能です。 法的な問題点 デジタル資産を使用することにおいて開発者が直面しているいくつかの問題点とは別に、オンライン電子商取引での主な障害としては、競争が激しい他に、政府/法的影響もあります。 前者を扱うのはあなた次第ですが、後者は我々にはコントロールできません。業界は、純粋に仮想的な性質が現実の生活、経済、法律のハードルに直面したとき、大きな問題に直面することになります。 しかし、多くの面で良いオンライン世界は現実よりも効果的であり、多くのことがオンラインで楽になることは明らかであり、 同プロジェクトは、単一のゲームだけでなく、デジタル通貨のアイデアを使用してビデオゲーム業界自体の大部分を改善するというソリューションを提供しています。 The Abyssプロジェクト The Abyss は ゲーム市場の次世代プラットホームを目指しています。 MMOゲームが集中しているゲームポータルで、プレーヤーと開発者のためのモチベーションプログラムに主眼を置いており、 ABYSSトークンは、プラットフォーム(EthereumブロックチェーンのプロトコルERC20)上での対話のための優先的な内部メカニズムです。 このゲームプラットフォームは、デスクトップ(Windows、MacOS、Linux)、モバイル(iOSとAndroid)、Web用に提供される予定です。 プロジェクトの主な特徴としては、次です。 マルチレベル紹介プログラムによる収益の増加 開発者が持ち込んだ強力なマルチレベル紹介プログラムは、プラットフォーム上の他のゲームのすべての支払いと成果から収入(ABYSSトークンで支払われる)を開発者に提供します。 招待したユーザーのプラットフォーム手数料を得る 類似の紹介システムは、プレイヤーが支払だけでなくプラットフォーム上での活動(成果、コンテンツの作成、友人を連れて来るための収入など)に対してABYSS トークンの形で支払われます。 このシステムは、アフィリエイトマーケティングの原則を利用しています。ユーザーにプラットフォームを初めて導入するプレイヤーや開発者によって最大の収入が得られます。このシステムは、ゲーム空間内のどのユーザよりも効果的にユーザを招待し、保持するよう指向されている。 最初のチェックのための低い入力閾値 すべてのオペレーションが金額とプラットフォームのABYSSトークンで実行できるデュアル通貨オプションです。 トークンによる利便性 トークンは、手動および自動の両方の暗号化アカウントに転送できます。  マーケティング費用の節約 広告提供の内部システム(ABYSSトークンに基づく)は、トラフィックを他の開発者と交換し、関連するユーザーのみを受け渡します。 Abyssはゲーミングサービスです。計画されたシンジケートシステム(Masternodes)により、プラットフォームのユーザーは、参加者のための収入源(ABYSSトークンで支払われる)になるコミュニティに編成できます。 これは、トークンのボラティリティを制御する方法の1つです。 技術特徴-DAICO 今月初め、Ethereumブロックチェーンの創設者であるVitalik Buterinは、地方自治団体(DAO)のメリットの一部を統合してICOコンセプトをアップグレードすることを提案しました。 DAICOと名づけられたこの新しいアイデアは、世論調査制度を導入し、プロジェクトの貢献者を投票プロセスに参加させることで、ICOをより安全にすることを目指した、革新的な資金調達モデルです。 Abyss Token Saleは、先進的で改良されたICOメカニズムを表し、寄付者が資金の撤回をコントロールできるようにするとともに、プロジェクトを停止し、チームがそれを実装できない場合に寄付された資金を払い戻すオプションも提供します。 このすべてで、The AbyssプロジェクトはDAICOのコンセプトを先駆けて推進している世界初のトークンセールになるというプロジェクトです。 DAICOは、初期のICOコンセプトをアップグレードしてより透明かつ安全にすることを目的とした地方自治体(DAO)の利点の一部を統合する、革新的な資金調達モデル(Ethereum、Vitalik Buterinの創始者によって提案された)です。 以下は、DAOの利点のいくつかを統合して、複雑さとリスクを最小限に抑える方法でICOモデルを改善するためのアイデアを簡単に説明したものです。 DAICOとは? アイデアは次のとおりです。 DAICO契約は、プロジェクトの資金調達を希望する単一の開発チームによって発行されます。 DAICO契約は、 "貢献モード"から開始され、誰でもETHを契約に寄付し、交換でトークンを得る仕組みを指定します。これは、キャップ付き販売、キャップなし販売、オランダオークション、インタラクティブコイン、KYCの動的1人当たりの販売、またはチームが選択する他のどのような仕組みであっても構いません。寄付期間が終了すると、ETH寄付の能力が停止し、最初のトークン残高が設定されます。そこからトークンがトレード可能になる可能性があります。 投稿期間の後、契約には1つの主要な状態変数tap(単位:wei...

SRGのICOレビュー

  こんにちは。今回はSRGのICOレビューです。 SRGとは? SRGはオンライン業界のロイヤリティプログラムです。 ブロックチェーン技術によりゲーム内で報酬を稼ぐ仕組みを構築します。 詳しくはこちらの記事で https://bab-global.net/ico/srg 今回も9つの項目と5段階評価でレビューします。 ①実績のある企業・チームであるか 創業者は大手ゲーミング会社のカプコンで5年以上の経験があります。その他モバイル・ゲーム・ソフトウェア開発などに経験豊富なチームで構成されています。 また、アドバイザーの存在も豊富です。 特別優れたチームであるわけではないので標準的な評価です。 (評価:+3) ②収益性や成長性のあるテーマであるか SRGのテーマは大きくゲーム市場です。 ゲーム市場は着実に成長している段階であり、2017年には世界収入は1090億ドルにまで到達するといわれています。 成長性はある分野ですが、ブロックチェーン技術の導入を行うプロジェクトも既にいくつか存在することは留意点としてあります。 MobileGoなどが有名で、最近のものではゲーム内でマイニングできるプロジェクトなどあり、SRGとは少し仕組みが異なります。プロジェクトの観点が異なるので明確な競合としてはなりえない場合もあります。 (評価:+4) ③問題点に対して明確なソリューションであるか SRGが指摘している問題点は、大きく二つであり ユーザー数を増やすこと ユーザーの貢献額をふやすこと ユーザー数が増えても、継続的にプレイされなければ、収益にはつながりません。 そこで、SRG は、ユーザーのモチベーションシステムを構築することでソリューションを提示しています。 SRGのメリットとしては、 ビジネス機会 : プラットフォームからの収益を安全に回収し、他のデジタルまたは金銭の通貨と交換できる スマートコントラクト : 報酬の正確な保証 統合 : 開発者は、SRGプラットフォームをゲームに統合するインセンティブも得られる 広告費用の削減: プレイヤー自身がゲームの購入にお金を使う現実の人々を誘致することでインセンティブを貰える 以上のように、比較的理にかなったソリューションです。 さらに、バイラルマーケティングに基づいて、SRGシステムはマーケティング予算は、紹介サービスのために充てられた資金から来ており、パートナープログラムにより、モチベーションも高まります.。 アプリがαテスト段階であり11月までにベータ版のリリースが予定されていることは非常に大きいです。12月には本格的なリリースが予定されています。 (評価:+4) ④プロジェクト管理チームの透明性 チームの透明性に関しては、オープンソースの情報から標準的です。 https://srg.io/ (評価:+3) ⑤法に沿ったICOの正当性 しかし、トークンの特性に関しては、配当権利が含まれるためSEC規制当局によるHowey testで証券に同党する可能性があります。 トークンセール自体は米国からの参加を制限していますが、潜在的なリスクは高いままです。 他社のプロジェクトよりは比較的リスクがある点から、ユーザーからのトークンに対する信頼性が下がり、流動性も下がるというシナリオも予想できます。 (評価:+3) ⑥サードパーティとエスクローの存在 第三者による監査としてはブロックチェーン企業である強力なAmbisafeの存在があります。 正式に提携しており、アドバイザーにも同社のスマートコントラクトやICOマネージャーがいます。 また。ICObenchでは専門家による監査が入っています。 短い法的審査 SRGコミュニティは、スマート契約を使用するロイヤルティプログラムと照会システムの原則に基づいた分散型のインゲームプラットフォームです。それはプレーヤーが友人を招待するためのお金を稼ぐことを可能にし、開発者は広告費を抑えてより多くの報酬を得ます。 プラットフォームには2つのトークンがあります。まず、GMPは、内部支払いを参照するためにSRGコミュニティで使用されるアプリトークンです。2番目のSRGはICOで販売されるセキュリティトークンで、6ヶ月ごとに投資家に機会を与える機会を与えます。 SRGトークンの性質上、投資家のリスクは中程度と見積もられます。会社が証券を発行する場合は、既存の法律を遵守する必要があります。 こちらでもやはり、トークンの特性である配当権利に関して述べられています。 (評価:+4) ⑦キャンペーン管理とサポートの品質 こちらはコミュニティ管理力です。 Bounty Program なお、キャンペーンはICOが開始される11月10日まで続き、管理体制は標準的です。ICOが終了するまで継続するプロジェクトもありますが、トークン配布まで集計が遅れたりしてますのでトークンセール開始前に打ち切ることはよい子と思いますし、傘下のメリットも大きいです。 (評価:+4) ⑧注目度や評価 ソーシャルメディア twitter:1890 facebook:5377 telegram:2106 ICOサイト ICObench 4.3/5.0の評価 ICOrating 注目度低め、リスク中等度の評価 ICOdrops 標準評価。 ICOreview 8.4/10の評価 調達経過 ICOはまだ開始していませんので計れません。 マーケティングに関しては注目度は比較的低いです。まだ開催されていませんので今後のマーケティングが重要になります。 (評価:+3) ⑨トークンから期待される収益 SRGトークンに対してユーザーが期待する主な要素は会社の純利益の50%の配当分配権利です。。半年ごとに所有者に対して分配されます。 白書の計算によると、プロジェクト3年目には1SRGあたり1.55ドル/年が期待できると書いてあります。 ICO価格は1SRG=2.00USDなので比較的理想的な利回りかなと考えます。 しかし、あくまで長期的な見通しであり、短期的なトークンの価値は市場の投機的な行動に依存するため、トークン発行数と需要のバランス次第かなと思います。 (評価:+3) 総評 総評としてはmedium評価です。 長期的に見るとトークン自体は価値が上がっていくと考えられますが、潜在的なリスクは比較的大きいかなと思いますし、ICO後の検討でもいいかなとおもいます。 関連リンク 公式サイト 白書 My profile  "I am not SRG representative or team member" 0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary   https://youtu.be/0LbvpfrpbTo

SRG オンラインゲーム世界のロイヤリティプログラムが始動

  こんにちは。今回ご紹介するのはSRGという暗号通貨です。 SRGとは? SRG はブロックチェーンテクノロジをベースに構築されたオンラインアプリケーション向けの分散型ロイヤルティプログラムです。 同社の目的は、ゲーム開発者に対する独自のゲーミングコミュニティの構築やプレイヤーのモチベーションの維持・向上の支援を行う機会の提供であり、効果的なビジネスモデルに基づいて構築された堅実なロイヤルティプログラムを用いてオンラインアプリケーションのターゲット層を拡大し、クライアントネットワークを維持します。 公式サイト 白書 問題点とソリューション オンラインゲーム市場は、拡大中の規模ですが、開発者の収益性の問題には 新規プレイヤーを探す場所の問題 プレイヤーの使用額の問題 新規プレイヤーの問題は、マーケティング活動や広告により、改善できますが、2つ目のモチベーションを保ちながらプレイヤーに持続的にプレイしてもらうことは非常に壁が厚い問題となってます。 そこで、SRGは、ゲーム開発者の問題に基づいたプロジェクトととしてモチベーションエコシステムを作ります。 ロイヤリティプログラムと、イーサリアムのスマートコントラクトによる分散型プラットフォームが含まれます。 内部エコシステムは、バイラルマーケティング原則に基づいており、プロモーションツールと、プロジェクトパートナー(紹介者)プログラムによる収益化の2つで、コミュニティを構築します。 これにより、開発者は広告費を節約し、その分をゲーム開発などに割り当てることができ、パートナープログラムによりモチベーションの高いプレイヤー層を獲得できます。 そして、報酬を受け取ることができる機会をプレイヤーに与えることで、ゲーム内での平均使用額も上げようといったような仕組みを作ります。 SRGプラットフォームについて SRGプラットフォームは、ほとんどのオンラインアプリケーションで使用されるクライアントサーバーの集中アーキテクチャと、ブロックチェーンテクノロジを使用するクライアントサーバーアーキテクチャの分散バージョンの2つのアーキテクチャから構成されています。 プレーヤー(パートナー)向けの国際ロイヤルティプログラムを開発することは、クライアントネットワークを犠牲にして独自のゲームビジネスを構築し、GMP(ゲーム内のポイントのこと)で利益を上げる機会をもたらします。 SRGシステムは、開発者向けのフリーソフトウェアAPIであり、法的な合意に基づいてインストールされます。 そして、SRGプラットフォームパートナーへの支払いは、支払いカードまたは銀行口座への支払いとして送ることができます。 SRGの強味 特別上げるべき点としては、パートナー契約です。 パートナー契約 すでに、多くの活動が展開されてます。 Mail.ru Group : 国際的テクノロジー企業であり、ゲームプロジェクトでSRGモジュールをテストします。 77Agency オンラインマーケットプレイスに専門的なサービスを提供する独立型新メディアマーケティングエージェンシーであり、2003年から、顧客やパートナーを厳選して、価値観を構築してきました。 T-Bull ゲームダウンロード数が1億8000万を超えるモバイル機器用のゲーム開発、流通専門企業です。日本にもオフィスがあります。 Quinto Capital ヨーロッパにある国内外のビジネス向け専門サービス機関です。SRGでは、法的支援を行います。 ブロックチェーンプロジェクトは Ambisafe 主要なブロックチェーン企業であり、新興企業向けのブロックチェーンソリューションです。 アプリケーションがリリース間近 現在、SRGアプリケーションの開発はアルファテスト段階です。 2017年11月までに、ベータ版をリリースし、30試合でデモモジュールのテストを開始する予定です。 12月までには、本格的なプログラムの立ち上げと100〜120台のプラットフォームの接続数の増加が計画されています。 SRGトークンについて SRG トークン(SRG)は  コミュニティにおける分配可能な利益の一部を獲得する権利を表します。累計の全トークンは半年ごとに利益の最大 50% を受け取る権利を有します。 トークンセール概要 ICO期間: 11.10.2017 - 22.11.2017 総供給:20,000 000 SRG、100%事前採掘。 SRG最低資金調達目標:300万ドル クラウドセールの目標上限:$ 30'000'00 最小購入制限:25トークン 最大購入制限:なし 価格:1SRG = $ 2 ボーナス:1日目〜7日目〜20%、週2〜10%、週3〜5%、週4〜0% 同意通貨: BTC、ETH、shapeshift トークン・資金分配 投資:60% チーム:30% アドバイザー:5 % 賞金:3% 宝くじ:2% トークンホルダーのメリット SRGコミュニティは開発者から手数料の分配収益を得ます。 イーサリアムスマートコントラクトを使用して、支払われるため、配当分配を受けるには保有者はERC20互換性のウォレットに保管する必要があります。  さらにコミュニティでの活動により以下2つの報酬が受けられます。 新規プレイヤーの呼び込み活動 紹介プレイヤーのゲーム購入額に対するインセンティブ ICO参加方法 ホワイトリスト登録できます。11月から開催されます。 公式サイトからこちらをクリック 以下の情報を入力して、送信します。 名前 メールアドレス 国 購入通貨 投資額を入力して送信 よくある質問 売れ残ったトークンはどうなります? 燃焼されます。 2つのトークンタイプについて教えてください。 GMPトークンは、ゲームプレイポイントとしてコミュニティの紹介者への内部支払いのためのトークンです。 SRGトークンは、ICO期間に販売される配当権利を有するトークンです。 まとめ SRGは、プレイヤーの観点から見ると、プラットフォームからの収益を安全に回収し、他のデジタルまたは金銭の通貨と交換できることが大きなメリットです。 ...

【必見】HashRush(ハッシュラッシュ)世界初!ゲーム内で暗号通貨がマイニングできる?!正式ICOは9月20日から

  こんにちは。今回ご紹介するのは、9月20日に正式セールが予定されてますHashRush(ハッシュラッシュ)という案件についてです。 ゲームに関する暗号通貨のICOで、世界初の面白い仕組みを作り上げてます。 HashRush(ハッシュラッシュ)とは? Hashrush ハッシュラッシュは世界初のゲーム中にプレイしながら暗号通貨を得る事が出来るストラテジーゲームです。 HASH RUSH (HR)プロジェクトは、暗号通貨のマイニング自体を戦略的なWeb ゲームへと変えることを目指しています。 ゲーム内で暗号通貨をマイニングすることができる ハッシュパワーをベースにした世界初の次世代型ブラウザゲ ームであり、 プレイヤーはゲーム内でイーサリアムのような暗号通貨を獲得することができます。 そして、今回ICOにてこのゲーム内で利用できるイーサリアムベースのトークンであるRush coin(RC)を発行します。 ゲームの流れ 前提としてラッシュコイン(RC)はイーサリアムトークンであり、デファクトスタンダードで あるERC-20に準拠しつつ、拡張も行われています。このRCはゲームを開始するために使われたり、ゲーム内での課金のために使われたりします。 まずは、ゲームのためにこのRCをICOで購入することから始まります。(市場でも購入可能) ​ ゲームの舞台としては架空の太陽系が設定されており、 そこでは暗号通貨が主な収入源となります。 ゲームの目的は、コロニーを運営し、隣接する領土へと進出し、小さなコロニーをゆくゆくは太陽系全体の羨望の的へと変えること。 ​ そして、ゲームの開始時には、プレイヤーはイーサリアム(ETH)をマイニングすることが可能であり、 その後、ミッションを達成したり、目標に到達したりすることによって、RCトークンを用いてユニット、設備、施設などのコロニーをアップグレードすることができ、それによりプレイヤーはETC、XMR、ZECなどの新しいマイニング可能な暗号通貨を発見することができるようになるようです。 ​ 予定されているマイニング対象通貨 イーサリアム/ETH イーサリアムクラシック/ETC モネロ/XMR ジーキャッシュ/ZEC ハッシュパワーとマイニングの関係 ゲーム内のすべてのマイニングコロニーは、リアルタイムなハッシュパワーによって支えられており、HRのプレイヤ ーは、ゲーム内のボーナスを求めてシングルモードやマルチプレイヤーモードのミッションを達成していきます。そのボーナスは、マイニングコロニーを維持したり、コロニーの収益性を高くしたりするための助けとなります。 マイニングコロニーを構築することで、プレイヤーのユニットと構造が実際のハッシュ・パワー全体に貢献することになり、このハッシングパワーがハッシュラッシュの鉱山農場の出力の一部と直接関係します。 そして、プレイヤーのユニットがマイニングしている暗号通貨の一部を獲得することができます。 以下の表は、1つのGPUに相当するハッシング・パワーを持つ3つの主要な暗号通貨をマイニングする際の潜在的な収益です。(公式サイト参照) :ハッシュ・ラッシュ・マイニング・ファームは、Ethashアルゴリズムを使用するコインに対して合計5GH / sの鉱力で起動します。 開発チームは、プレセールおよびICOの資金調達マイルストーンならびにライブゲームの収益目標に基づいてこの合計を継続的に増加させる意図があるようです。 ハッシュラッシュチームは誰もが接続して貢献できる独自の公開マイニングプールを立ち上げ、前述したように使用可能なハッシュパワーの合計も増加させます。 プールには1%のプール料金が掛かり、鉱山農場自体に再投資され、ハッシュラッシュマイニングプールを使用するマイナーは、3%の配分からラッシュコインのシェアを得るという追加収益が獲得できます。 Rushcoinトークンについて RCはERC-20準拠のトークンです。HUSH RUSHスマートコントラクトは以下のことが保証されています。 透明性/Transpe ユーザの保持しているトークン数は公開される 転送に関する全ての情報が公開され、時間が経てば追跡可能となります。 所有権/Ownership それぞれのトークンはユーザーに属する イーサリアムユーザーとコントラクトのみがトークンホルダーとなる トークン所有者の直接的なコマンド、または所有者によって直接承認された受取人のコマンドによってのみトークンは転送することが可能であり、他のユーザ ーによってトークンの転送が開始されることはない 発行/issuing 1人のユーザ、コントラクトオーナーのみがトークンを発行することができる コントラクトの管理/Contract Management コントラクトのオーナーは、他のイーサリアムユーザーやコントラクトに所有権を転送することができる コントラクトのオーナーはどんな時でもトークン転送を停止したり、再開することができる その他 エラーとなったコントラクトへのコールは、ユーザーのトークンやイーサの残高を変更することはない。ただし、トランザクションで使用された ガスは除く トークンの最大許容流通量は、70,000,000に設定 RCトークン用途 RCを使って、プレイヤーは以下のことを行うことができます。  新しい施設の建造やアップグレード  マイニングコロニーの拡張やアップグレード  ユニットの購入やアップグレード RCトークンの獲得方法 派閥のミッションやシングルプレイヤーミッションへの参加 マイニング可能な新しい暗号通貨の発見 ゲーム内のアクティビティのスピードアップやそれ以外 そして、プレイヤーはRCを以下の方法で獲得することができます。  派閥の目標への参加やシングルプレイヤーミッションの達成  HRマイニングプールの利用 他のプレイヤーとのアイテムやキャラクターの交換  一般的な取引所での通貨の交換 プレICOやICOへの参加  基本的にはICOや市場で購入して、ゲーム内で課金したり、マイニングプールの利用に使うことができますので、ユーザーが増えれば増えるほどその価値も上がっていく仕組みです HashRushロードマップ マイニングファームの構築 (2016年9月26日から -...
error: Content is protected !!