ギャンブル業界の市場分析とProvidence のソリューション

  こんにちは。今回はギャンブル業界(特にカジノ)の現状の問題点とそれに対するブロックチェーンソリューションについてです。 ギャンブルとオンラインゲーム業界の市場分析 統計ポータルサイトによるとギャンブル市場予測は以下のようになっています。 2001年から2019年までの世界の賭博市場の総ゲーム収量(GGY)(億ドル単位) 統計によると、2001年から2015年までの世界の賭博市場からの総ゲーム収量が2016年から2019年の期間で予測されています。 2016年の世界の総ギャンブル総収入額は4,500億ドルに達すると予測され、 2019年には4,950億ドルとなりました。世界のカジノ市場 の総ゲーム収入量は 2016年には1,1500億ドルに達すると予測されています。 引用元:https://www.statista.com/statistics/253416/global-gambling-market-gross-win/ さらに別の統計では、オンラインゲームの収益シェア予測がされています。 2008年から2020年までの世界のゲーム総収入のシェアの中でのオンラインゲーム総収入 この統計は、オンライン賭博市場を2008年から2015年までの全賭博市場のシェアと2016年から2020年までの予測で示しています。 2015年には、オンラインゲーム総収入がゲーム総収入の10%を占めました。 2020年には14%に増加すると予測されています。 引用元:https://www.statista.com/statistics/524664/online-gaming-gross-win-as-share-of-total-worldwide/ このようにオンラインゲームでも特にギャンブル要素が強いものは総収入額は2020年をめどに急速に伸びていく見込みです。 ヨーロッパのギャンブル市場分析 特にヨーロッパはギャンブルが盛んな国であり、市場で占める割合は大きくなっています。 EGBA(European Gambling&Betting Association)によると ヨーロッパのオンラインギャンブルと賭けは、成功し、大規模なセクターとなっています。 ヨーロッパ市場は、世界市場のほぼ半分を占めており、オンライン市場においては賭博市場全体の17%を超え、地上事業者はEU市場の83%を占めています。 以下に市場分析が詳しくされてありますので簡単に要約します。 ヨーロッパ賭博市場の分析 どのくらいの期間、欧州は業界のグローバルリーダーシップとなっているのか? ヨーロッパ市場は、今日、世界中のオンラインギャンブル市場で最大の市場です。2015年に世界的に発生したオンラインゲームの総獲得額346億ユーロのうち、EU市場に起因するものは47.6%以上でした。 この市場の半分を占めるリーダーシップは、欧州事業者の革新的な性格、ヨーロッパにおける高いインターネット普及率、類似産業を築くための米国とアジアにおける規制機会の欠如からもたらされていると考えられる。 しかし、欧州のリーダーシップは、国家の「境界線」と経済保護主義に沿ったEU市場の断片化の高まりから、不確実であるということも事実です。 ヨーロッパの成長分野 同分野が比較的若くて新しい市場であることから、欧州のオンラインギャンブルセクターは、規制圧力が高まっているために成長は遅くなっています。 しかし、依然として発展しており、オンラインギャンブルのGross Gaming Revenue(GGR - ステークスマイナス賞金)は、2015年の165億ユーロから2020年には249億ユーロに増加する予定です。 賭けは市場の37%で最も人気のあるヨーロッパのオンラインギャンブル製品であり、オンラインポーカーとカジノはそれぞれ24%と12%を占めています。 わずかなシェアのゲームだけがオンラインで行われる 欧州のオンラインギャンブルセクターは、2015年に全ヨーロッパの賭ける市場の17.5%を占めました。 独立した予測は、オンラインギャンブルの市場シェアが2020年に22%まで着実に上昇すると予想しています。 しかし、オフライン市場の収益も2020年には8億3,000万ユーロとなり、オンライン市場の成長はオフライン市場とその伝統的なプロバイダーを犠牲にするものではないことを意味します。 異なる顧客および製品プロファイル 伝統的な地上ベースの事業者によって生み出される収入は、物理的な賭けの店、カジノおよびビンゴホール、スクラッチカードおよび宝くじのチケットのような提供物に見られるような古くからある製品に由来しています。 オンラインギャンブルでは、バスケットボールの試合の結果に賭けをしたり、ポーカーをすることができるように、1つの統合サイトでよく見られる多種多様な商品を提供しています。 個人事業者と独占事業者の双方にとって利益をもたらす成長分野 伝統的な宝くじ事業者はまた、消費者にオンライン宝くじに参加する機会を提供し、e-スポーツ賭博とe-ポーカーなども増えています。今日、これらの独占企業はヨーロッパのオンラインギャンブル市場の20%以上を占めており、南欧および東欧よりも北欧での割合がはるかに高いとされています。 引用元:http://www.egba.eu/facts-and-figures/market-reality/ 以上からわかることは、ヨーロッパ市場では特に近年オンラインギャンブルが伸びてきており、ますます規制当局との連携も重要になってくるということです。 オンラインギャンブルセクターは、デジタル経済の若く活気のある分野であり、ヨーロッパの企業が主導する数少ないデジタル分野の1つである 伝統的な土地ベースの事業者と独占企業は、オンラインでの提供を急速に拡大しながら、引き続きオフライン収益を費やし続けている   デジタル化との統合によるカジノの将来像 pwCの報告書によると、 今現在、カジノ業界は、テクノロジーの進化、オフラインとオンラインの融合を中心とした顧客とのコミュニケーション手段の多用化、オンラインゲーミング市場の成長などにより、大きく変わろうとしているという見解が述べられています。 事実、ブロックチェーンなどの技術進歩やオンラインカジノ普及、オフラインとオンラインの統合化によりカジノ市場は今後さらに拡大していくことが予測されています。 これらの外部環境の変化に適切に対応するため、規制当局は適切な制度のあり方を模索し、カジノ関連事業者は顧客により良いカスタマーエクスペリエンスの提供を目指し進化し続けているというのも事実です。 こう述べてあるように、環境の変化に対して規制当局の動きにも注視する必要があり、顧客に信頼される法的なカジノ運営がユーザーの確保とエクスペリエンス向上につながっていくと考えられます。 pwCではこのような発展の中でも解決しなければならない課題がいくつかあると述べています。それは以下です。 個人による不正行為 規制による制限 過度なマーケティング ゲームサイトの氾濫 ユーザーの利用違反 データの急増 しかし、実際に技術的なものが向上していることは確かですし、ユーザーは世界中からオンラインで手軽にプレイすることができるようになっています。オンラインとオフラインの融合はカジノ業界でもすでに起きています。 このような問題点を解決し、オフラインとオンラインを統合することがユーザーエクスペリエンスをさらに高める鍵であると述べられています。 ブロックチェーンソリューションの可能性 では、オフラインとオンラインのカジノを統合するということにおけるブロックチェーンのソリューションはどういう視点でしょうか? 1つのブロックチェーンプロジェクトを例に見てみます。 Providence カジノのブロックチェーンソリューション Providence は、100%キャッシュレスで、高度なブロックチェーン技術との統合によって可能にされた暗号化通信でのみ動作するカジノです。 自動化、マイクロペイメント、高速取引を可能にし、物理的なカジノでもチップ上で暗号通貨を交換することで、お気に入りの興奮的なカジノゲームを施設内で行うことができます。 本質的に、Providence は、プレーヤーが物理的な世界で消費機会を制限しているこれらの通貨の主要な問題に対処するために、物理的な領域で楽しみながら使用可能な資産に暗号通貨を変換するというコンセプトがあります。 そして、真のキャッシュレスエンタープライズを創造するために、当社の革新的なブロックチェーン技術と交換ネットワークは、ホテル、レストラン、高級品店を含むカジノのすべての小売店に統合されます。 具体的なソリューションは以下です。 ブロックチェーンによる賞金の透明性と監査による信頼の確保 運用コストとオーバーヘッドを最小限に抑えた持続可能なビジネスモデルを開発する カジノ内ではPVEトークンでプレイヤーにインセンティブを与えることでキャッシュレスを実現する 暗号通貨のポラリティ回避のため自社取引所でのロックダウンによりリスクを抑え、利益を最大化する 多種の暗号通貨に対応する(初動時は4通貨) カジノ、リゾートだけでなくオンラインゲームなどさまざまな事業展開を行う 最終的にはオフラインとオンラインを統合する(2019年) 技術的な面では、Raiden NetworkとLightning Network によりスケーラビリティの改善と即時取引を可能にします。 詳しい詳細はこちらの記事を参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/provedence-whitepaper   ブロックチェーンギャンブルプラットフォームの課題 こうしたソリューションはあくまで開発段階であり、資金不足や技術、人材不足などの理由により突如、開発の遅延や停滞が起こることは可能性としてあります。 潜在的なリスクは依然として大きいです。 また、今後はさらに規制当局との連携が重要であり、大量のデータ取引を可能にしたりする技術面ももちろんですが、法的に信頼されたプラットフォーム構築も大切です。 関連リンク 公式サイト: https://www.providence.casino/ 白書: https://www.providence.casino/Providence_Whitepaper_English_Version_1-4.pdf 白書(Japanease):https://www.dropbox.com/s/ix42zrep3wrfv1m/Provedence_Whitepaper__Japanease%20Version_1-4.pdf?dl=0 ANN: https://bitcointalk.org/index.php?topic=2185207.0 Twitter: https://twitter.com/cashlesscasino telegram:https://t.me/providencecasino https://youtu.be/54PGewoXoMI

暗号化カジノ&リゾートプロジェクトのProvidence が新たにNew Golden Wealth Casinoと提携したことを発表

  こんにちは。今回は、暗号化カジノとリゾートを目指すProvidence に関するニュース記事です。 暗号化カジノ&リゾートを構築するProvidenceがNew Golden Wealth Casinoと提携する Providence 暗号化カジノ&リゾートは、ニューゴールデンウィルスチェーンに組み込まれているカジノの1つにProvidence プラットフォームとブランドを導入したカンボジア🇰🇭のNew Golden Wealth Casinoと契約を締結しました。 Providence の暗号化 カジノ&リゾートプロジェクトは、高度に熟練したチームとサポートする先駆的投資家の支援を受けながら、暗号通貨とブロックチェーンの新興デジタル経済における優れた事業計画を持つ企業の1つとして浮上しています。 リゾート全体には、大きなカジノ、ホテル、レストラン、小売店が含まれ、プロジェクトの運営は、交換、革新的なブロックチェーンテクノロジ、変動性保護のためのヘッジメカニズム、および業界を完全に包囲するオンラインカジノを基盤として構築されています。 このProvidence は、他の市場や国への暗号カジノのコンセプトを広げるため、パートナーであるNew Golden Wealth Casinosと共に、カンボジアの2番目の場所に拡張する予定であることを発表しました。 金财娱乐城 (New Golden Wealth Casino) Company Profile ID 10019523 ...

Providence とDecent.bet、DAO.casinoなどのカジノプラットフォームを比較してみた

  こんにちは。今回は、カジノ分野の暗号通貨プロジェクトであるProvidence と競合プロジェクトについてまとめてみました。 比較的同時期のプロジェクトで性格が似ているものを集めました。 Providence とは? Providence は、カジノ、リゾートに特化した分散化のギャンブルプラットフォームです。 プラットフォーム内のトークンエコノミーを通じて、100%キャッシュレスのカジノプラットフォームを構築することを目指しています。 また、現実世界の小売店とも提携して、チップでの支払いを可能にします。 詳細はこちらをご覧ください。 https://bab-global.net/ico/provedence   伝統的なカジノ経済の問題点 ブロックチェーン技術を利用したカジノプラットフォーム開発は現在進行中のプロジェクトがいくつかありますが、依然としてさまざまな問題点が課題として残っています。 具体的には、 取引スピードの遅さ 高価な取引コスト 中央管理による透明性の欠如 セキュリティ 合法化 これらが考えられます。そこで、このソリューションとしてブロックチェーン技術により分散化の透明性の高いカジノ運営を目指すプロジェクトが数々誕生しています。 カジノに対するブロックチェーンソリューション ブロックチェーン技術により、もたらされるメリットとしては、 取引スピードの改善 透明性と安全性 コスト削減 ブロックチェーン特有の技術により、これらのメリットが考えられます。 ブロックチェーン技術を利用したカジノプラットフォーム開発は現在進行中のプロジェクトがいくつかありますが、依然としてさまざまな問題点が課題として残っています。 それは、イーサリアムプラットフォームへの依存によるものが多く、 取引スピードの限界 一回にできる取引量の限界 高価なコスト イーサリアムは近年上昇傾向にあり、高いコストの割には、トランザクションの遅延が起こったり開発にも影響が生じますので、大きな課題です。 今回の比較では、以上のようなことを踏まえて、Provedence 含むブロックチェーンカジノプラットフォームの競合をまとめてみたいと思います。 カジノプラットフォームの競合プロジェクトの比較 カジノプラットフォーム系の暗号通貨またはトークンは、30以上のものがありますが、今回は11月にICOが予定されているProvidence と同分野のプロジェクト4社を比較してまとめたいと思います。 DAO.casino  Decent.bet BitDice FunFair ジャンルも近いこの4つに絞りました。比較はいくつかの重要項目で行いたいと思います。 プロジェクト内容及びビジネスモデル Providence: カジノ、リゾート、オンラインカジノ、ゲーム(ブラックダイス、ダイス、ルーレット) DAO.casino:カジノ Decentbet:スポーツ賭博、オンラインカジノ BitDice:カジノ FunFair: オンラインカジノ ビジネスモデルとしては、Provedence は、カジノ、リゾートを主要分野としており、これだけでなく同じく市場が活性化しているオンラインカジノやゲームに参入してます。 トークンの特性 Providence:プラットフォーム内のインセンティブ権利、収益分配権利 DAO.casino:プラットフォームの賭け Decentbet:プラットフォームで賭けるためのDBETトークン、ハウスクレジットトークンとの互換性 BitDice:プラットフォームで賭けるためのBitDiceトークン、BTCとの互換性、イベント参加権利 FunFair: プラットフォーム内のインセンティブ獲得権利 Providence ではプラットフォームで、機能するPVEトークンが発行され、トークン保有者はさまざまなインセンティブをもたらされます。 取引手数料の削減分をカジノ敷地内のすべての支払いに対して1.5%の追加チップとして与える オンラインカジノのジャックポットシステムにより、収益の20%を毎年四半期毎に保有者に分配する 20枚のPVEトークン毎に大当たりチケットがもらえる 全体のPVEトークン取引量のうち1%がトークン保有者に保有割合に応じてキャッシュバックされ 新規ビジネスへの導入サポート 以上のようなメリットが白書に書かれてあります。 技術 Providence: イーサリアムとRaiden、ライトニングネットワーク DAO.casino:イーサリアム Decentbet:イーサリアムとオフチェーンで動作し、オンチェーンで検証可能なStateチャネル(RNG)、AugurとGnosis BitDice: IOTA との統合によるオンチェーンソリューション FunFair:イーサリアムと独自のFate Channelソリューション イーサリアムプラットフォームに基づくため、それを補うようなオンチェーン、オフチェーンソリューションがそれぞれのプロジェクトであります。 イーサリアム自体もキャスパーなどの今後の技術的アップデートにより取引スピードは、10000にまで上がることが予測されており、チェーン化されたソリューションの感性も見据えてます。 取引スピード Providence: 1秒あたり100万回の取引確認による複数回取引(Raidenでの拡張時)が可能 DAO.casino:TBA Decent:1秒あたり15 取引(イーサリアムに基づく) BitDice:1秒あたり最大20ベット Fanfair:TBA 取引スピードや取引処理能力の改善は、カジノプラットフォームでは必須であり、ユーザーエクスペリエンスにも繋がります。 大半のプロジェクトではイーサリアムのスケーラビリティを補うような改善が施されています。 取引手数料 Providence: TBA Decent.bet: 無料 FunFair:一般的なブロックチェーンカジノのプロジェクトの1/10 Providenceのプラットフォームの特徴としては、キャッシュレスのカジノ運営を目指すコンセプトのもとで構築されてますので、手数料は還元される仕組みがあります。 すべてのカジノでのアクションに関する手数料に対して1.5%のチップが獲得でき、トークンに交換できます。 これにより、トークンを保有するユーザーはカジノを楽しみながらチップを受け取れます。 対応暗号通貨 Providence: BTC LTC ETH PVE DAO.casino:BET Decentbet:ETH BitDice:複数通貨でインハウスバンクロール改善 FunFair: BTC,ETH,ZEC Providence...

Providence、100%キャッシュレスの暗号化カジノ、リゾートを構築する

  こんにちは。今回ご紹介するのは、Providence というICOプロジェクトについてです。 分野はカジノ、リゾートになります。 ブロックチェーン技術によるキャッシュレスの暗号化カジノとリゾート Providence プロジェクトは、ブロックチェーン技術により、デジタル資産と統合して暗号化通信のみで機能するカジノを運営するものです。 ブロックチェーン技術を通して、物理的なカジノの現実世界でプレイヤーは暗号通貨をチップとして交換することで、キャッシュレスなプレイを行えます。 さらに、ホテル、レストラン、高級品店を含むすべての小売店にも統合します。 現実世界でのさまざまな制限に対するProvidenceのソリューション Providence のソリューションはシンプルであり、カジノやリゾートなど現実世界でのキャッシュレスな暗号化取引を可能にすることです。 オンラインカジノは普及しつつありますが、現時点では暗号通貨などを物理的に費やす機会はほとんどありません。 現実世界で資産や取引を暗号化する ブロックチェーン技術により、現実世界でカジノやリゾート、ゲーム、小売部門で使いやすい資産に交換します。 マイクロペイメントと手数料の削減を可能にする Providence は独自のPVEトークン(後述)を発行して、カジノの効率性を高めます。 つまり、トークン早期購入者には、クレジットカード処理手数料、現金交換手数料、その他の費用に伴う手数料を受け取る機会を与え、キャッシュレス体験を提供しています。 カジノによるより高い収益機会の提供 Providence では、カジノでプレイし、キャッシュアウトしたチップをProvIdence ExchangeのPVEトークンに変換することで、効率よく資産を増やす機会を提供します。 詳しく説明すると、現在の暗号通貨レートに固定された賞金(チップ)を最大72時間ロックダウンすることで、暗号通貨特有のポラリティリスクを回避し、価格が高い時に交換できるということです。 これにより、キャッシュアウトの効率化を計れます。 Providence カジノの流れ カジノでプレイします カジノでチップを受け取ります。 最大72時間のロック Providence Exchange での出金 他の暗号通貨やトークンへの分散または、PVEトークンの再購入 このような流れで、ユーザーは、ポラリティ保護メカニズムにおいて、賞金とポジションが固定された新しいカジノ体験をすることができます。 初期プラットフォームの要素と開発中のサービス プラットフォーム初動時には、以下の要素が予定されています。 預金の確認必要 Provably Fairシステムを使用したゲームの実装 複数通貨(BTC、LTC、ETH、PVE)対応 開始時に3つのゲームが利用可能(ブラックジャック、ダイス、ルーレット) そして、プラットフォームのリリースに加え、同社が開発しているサービスです。前述した取引所も含まれています。 Providence Exchange  Providence はビジネスモデルに基づいて、カジノやリゾートのオペレーションのニーズに対応するような独自の取引所も開発しています。 さらに、PVEトークン取引ペアは、プラットフォーム初動時にはいくつかの主要な取引所にも導入される予定です。 オンラインカジノプラットフォーム 同社のコアビジネスは、あくまでカジノ、そしてリゾートを中心にしており、ゲーム、エンターテイメントのオンライン要素も含まれています。 オンラインカジノ市場は、2014年に359.7億市場規模で、2020年には665.9億で10%以上の成長が予測されています。特にモバイルインターフェース化が多くなると言われています。 さらに世界では80カ国が合法化しており、ヨーロッパでは世界最大のオンライン市場を誇ります。 しかし、依然としてアジア圏では合法化の動きは少なく、拡大はまだしてません。 政府の動きによっては、将来的にはさらなる成長の期待もあるため、Providence はこれに先駆けて、プレイヤーの増加のために、オンライン市場を通じて、オンラインカジノプラットフォームも構築することで、さらなるゲーム顧客を戦略的に誘致します。 そしてこのオンラインカジノと並行して開発が行われるのが、Lightning network Betaの統合です。 これにより、カジノでビットコインでの即時支払いとコストの削減を可能にします。 こちらはβ版に参加することができます。 β版に参加する Providence の競合上のメリット カジノをテーマとしたプロジェクトはいくつかあります。ギャンブル一括りで見ると30以上もの暗号通貨が存在します。 特にスポーツベッティングとカジノ市場は急成長しており、参入プロジェクトも多くなってます。 その中でもICOで、目立っていたものは少なく注目されていたものとしては、以下のプロジェクトが挙げられます。 DAO.casino(BET) : 11,200,000$調達 BitDice: 8,746,977$調達 Decent.bet:17,665,879$調達 Unikrn: 3100万$以上調達 こうした同分野のプロジェクトと比較した場合のメリットはどんなところでしょうか? 収益性、成長性の高い市場への参入 白書によると、カジノ市場は2020年までに10%以上の成長率が予測されています。 また暗号通貨市場も未だ成長段階であり、今後成長の見込みがあります。 収益性の高いカジノのビジネスモデルとリゾートにブロックチェーン技術を統合して、両分野で成功することを目指しており、市場自体の成長は今後、チームにとっても大きな後押しとなるでしょう。 Raidenとライトニングネットワークによるイーサリアムの弱点の改善 ギャンブルプラットフォームはイーサリアムに依存していることが多いため、イーサリアムプラットフォームの問題に直面します。 それは、取引スピードの遅延と、スケーラブルな問題です。 そこで、Providence では、カジノ指向の機能をブロックチェーンで拡張するために既存のベースをもとにRaidenとLightningネットワークを統合します。 これによりERC20準拠のPVEトークンとの互換性を維持して、イーサリアムのインフラストラクチャを拡張し、スケーラブルなカジノインフラストラクチャを構築することができます。 これには、大きなメリットとしては、以下の点が白書に述べられています。 1秒間に膨大な量の取引を可能にする 取引を瞬時に確認できる 現在のカジノプラットフォームはイーサリアムに依存するものが多く、その殆ども処理スピードや取引コストに悩まされます。 その点をProvidence はうまくカバーできるメリットがあります。 こうしたメリットがRaidenの技術により、可能になり、より効率的なカジノ運営ができるようになります。 ロードマップ 2017年1月: アイデア&コンセプトの提唱、コアチーム形成 2017年9月1日: ウェブサイト公開 2017年9月中旬: 白書、ビジネスモデル公開 2017年10月4日:...
error: Content is protected !!