ホーム ICO FortySevenBank

FortySevenBank

    FortySevenBankプロジェクトに関する重要なお知らせ

      FortySevenbankについて 、 Forty Seven Bankは、ブロックチェーンによる暗号化銀行プロジェクトです。 一言でいうと、これまでのプロジェクトとは異なり、ハイブリットなバンキングサービスを目指しています。 特徴としては、従来のバンキングサービスをすべてユーザーに提供し、暗号化と銀行口座の両方の制御を可能にするプラットフォームです。 1つのプラットフォーム上で法定通貨と暗号化を組み合わせた新しいタイプのハイブリッドバンクとなります。 このプロジェクトの主なアイデアは、利益分配モデルを使用してfintechアプリケーションを配置できる開発者のためのプラットフォームとして銀行を確立することです。 変化する金融界のパイオニアの一人として、顧客に次のものを提供することを目指している、ブロックチェーン技術に基づいた革新的な金融テクノロジーのスタートアップです。 透明性 セキュリティとプライバシー すべての利害関係者のための利益 こららに着目しています。 重要な告知 1. 市場の状況とそれがプロジェクトや寄稿者にどのように影響しているか 皆さんが見てきたように、暗号の全体的な市場は今や停滞しており、特にETHは強い落ち込み傾向にあります。Forty Sevenの寄稿者のほとんどは、ETHが約850-1200ドルだったときにこのプロジェクトを支援しましたが、現在は400ドル以上です。   2.トークンの取引交換の開始延期 チームはコミュニティ全体の幸福と福利厚生、特に後援者が最優先事項と考えており、支持者がどんなお金も失うことを望んでいません。そのため、現在の市場状況を考慮して、ETHが少なくとも750-800米ドル以上になるまで取引を開始することを延期することにしました。 チーム内で約1週間話をしたことは非常に難しい決定でしたが、長期的には、すべてのトークン所有者にとって有益だと考えています。 3. ICOの延期 交換日を延期したため、市場が回復して正常に戻ることを願って、1ヶ月間プロジェクトのICOを延長しています。 この追加のICOラウンドは、4月末まで続き、デフォルトではトークンボーナスはありません。 しかし、このプロジェクトを支援してくれた支援者は、4月末まで10%のトークンボーナスをいただき、感謝の念を示しています。つまり、すでにICOに参加していた財布からの追加寄付はすべて、10%のトークンボーナスを受け取ることになります。 4.ハードキャップの変更 現在の市場状況を考慮し、現行の9 957 446 FSBTへの到達はそれほど現実的ではないと評価しました。 いくつかの議論の末、ハードキャップを5 000 000 FSBTに下げることに決めました。 これにより、生成されるトークンの最大量が5 555 555 FSBTになります。この動きは、1 FSBTの市場価値を高め、すべてのFSBTトークン保有者に利益をもたらすはずです。 それに加えて、近い将来に新たなベンチャーキャピタルを誘致する予定です。 5.ロードマップ 実際には、ICOを延長し、取引所への入場を遅らせているとはいえ、それ以外のものはすべて同じままで、計画通りに進んでいます。4月からは、EMI(電子マネー機関)ライセンス申請に必要な準備をすべて開始し、積極的なソフトウェア開発段階に入っています。いつものように、成功の最新情報をお届けします。 6.バウンティキャンペーンの延長 バウンシーキャンペーンは、追加のICOラウンドが終了するまで延長され、2018年4月末まで延長されます。 まとめ 今回の変更点は非常に重要であり、暗号通貨市場の低迷が大きな要因です。 結果的にチームは既存のトークン保有者に対するポジティブ要素と市場が回復する頃を考えたリスティング戦略を提供する結果となっており、我々投資家のことを考えた変更と思います。 ハードキャップは下げられ、期間も伸びましたので、チームがロードマップに十分な資金を調達できる可能性があることは良いことであり、開発計画はさほど影響は受けないでしょう。 トークンはこちらから購入できます。 関連リンク 公式サイト 白書 Twitter facebook telegram

    Fortysevenbankは日本市場へ積極的に参入する意向を示す

      この記事の要点 FortySevenBankは日本市場が暗号通貨で重要な役割を担う存在であることを知っており、参入のため積極的な姿勢を見せています。 朝日新聞デジタルメディアに取り上げられる  2018年3月1日、フォーティセブン銀行は日本市場進出を発表し、朝日新聞デジタルをはじめとした国内メディアにご紹介いただきました。日本進出の記念すべき第一歩をこのような形で取り上げていただき大変光栄です。 引用元:オフィシャルブログ 日本を含むアジアは、特に暗号通貨市場が盛んな国の一つであり、今後大きな役割を担う存在であることは確かです。 BTCの取引量は、日本円(JPY)がほぼ半分を占めている。     下の図を見てわかるように、日本市場が活発になったのは2016年以降です。 https://www.cryptocompare.com/coins/btc/analysis/JPY?type=Currencies&period=ALL 最近では、規制の問題やサイバーセキュリティの問題が懸念されている中で、市場は低迷していますが、中国は国家規模で暗号通貨取引所を作成するべきだという声や日本でもハッキング被害があったコインチェック社が業務再開の兆しを見せるなど前向きな方向へ動いています。 世界全体で見ると、ブロックチェーンおよび暗号通貨は、無視できない存在まで来ており、今年以降に飛躍の年を迎える期待が高まっています。 その中で、Fortysevenbankは今回のような日本市場へ積極的な姿勢を見せており、この日本進出により、日本のフィンテック界の独立系プレーヤー達が、自らの商品を開発し市場へと届けることが可能となります。 朝日新聞デジタルの文面はこちらです。(朝日新聞社側の文面ではなく、FortySevenBank がリリースした文面の掲載となってます。) ヨーロッパ発スタートアップ企業、フォーティセブン銀行が日本市場進出を決定し、苦悩する日本のフィンテック界の革新に着手 日本のフィンテック界は現状として未だに勢いの波に乗り切れておらず、さらには国内最大規模の企業の数々が同分野において革新を独占しようとする動きにより、フィンテック界全体の成長に更なる歯止めがかかるというリスクを抱えています。そのような状況の中、新スタートアップ企業のフォーティセブン銀行が日本市場進出を決定しました。これにより、日本のフィンテック界の独立系プレーヤー達にこれまでにない競争の機会が提供されることになります。 先週ブルームバーグがLINE株式会社の金融サービスへの業務拡大を報じましたが、これは日本最大規模の企業の数々がフィンテック業界に進出しつつあるという一連の動きを象徴する最新例です。日本のフィンテック業界は急速に統合されつつあります。ソフトバンクグループは国内外のフィンテック業界において積極的な取り組みを続けており、一方で楽天株式会社は運用資産額1億米ドルのフィンテックファンドの運用を行なう等、活発な姿勢を見せています。 これらの大プレーヤー達がフィンテック界の統合をリードすることは、優れたアイデアを抱えたスタートアップ企業に大規模の投資が行われることを示唆し、業界にとって短期的には良い結果をもたらすと考えられます。しかし、歴史的観点から見ると、長期的には革新に歯止めをかけることになりかねません。この度日本に進出するフォーティセブン銀行は、ヨーロッパ発のスタートアップ企業であり、現在実施中のICOも好調です。当行は、独立系のフィンテック・デベロッパーおよびエンジニアが当行傘下で働けるようサポートし、さらにはフォーティセブン銀行のアプリケーション・プラットフォームの制作および使用を通じて、大企業および大規模の予算に依存することなく実施可能な革新的フィンテック・ソリューションを提供し、既存のコーポレート・ヘゲモニーの打破を目指します。 フォーティセブン銀行CEOのアレクサンドルス・マリンスは 「日本のフィンテック界における革新の状況を分析していると、その他のアジア市場とは確固とした違いがあることに気付いた」 とコメントしています。 「例えば、インドネシアのGo-Jekのようなスタートアップ企業は、外部ファンドを承諾するというスマートな決断をする以前に、自由な環境で自身を成長させ確立させる機会を与えられていた。しかし日本では、優れたアイデアほど早期の段階で大企業に吸い上げられている。」 マリンスは次の通りにも述べています。 「フォーティセブン銀行の開発プラットフォームは、現在日本のフィンテックシーンに極めて必要なプッシュを与えることができるだろう。ローカルの金融サービステクノロジー系スタートアップ企業が、自らの商品を開発し市場へと届ける機会を提供していく。息苦しい企業文化やシリーズAラウンドの資金調達にまつわるプレッシャーとは無縁だ。」 2018年3月1日、フォーティセブン銀行は日本市場進出を発表し、プレジデントオンラインを筆頭に様々な国内メディアに本件をご紹介いただきました。日本進出にあたり、多方面よりこのような形でサポートをいただき、厚く御礼申し上げます。 引用元:http://bit.ly/2F0T4js   プレジデントオンラインでも取り上げられる 日本のフィンテック界の現状は決して油断ならない状況であり、国内最大規模の企業が独占的に業界をリードしています。これは短期的には良い結果をもたらしたとしても、長期的にはフィンテック界全体の成長に更なる歯止めがかかるというリスクを抱えています。 そのような状況の中、当行が日本に進出することにより、大企業および大規模の予算に依存することなく実施可能な「革新的フィンテック・ソリューション」の提供を目指しています。 FortySevenbankについて フォーティセブン銀行はヨーロッパ発のスタートアップ企業であり、ハイブリットな暗号化銀行を立ち上げます。 同社のバンクプロジェクトのメリットは、 フィンテック(金融サービステクノロジー)デベロッパーのための革新的、柔軟的、そしてオープンなアプリケーション・プラットフォームの制作を目指しています。 開発者は、フォーティセブン銀行傘下で働くことが可能となり、当行のインフラストラクチャーおよび顧客ベースへのアクセスも可能です。 このような体制が、資本へのアクセスが限られていたデベロッパーに、伝統的な金融機関と競合するためのホワイトレーベルのアプリケーションの制作の機会を与えることを可能とします。 https://bab-global.net/ico/fortysevenbank 関連リンク その他の情報は公式サイト又はホワイトペーパーからご覧いただけます。 ツイートはこちら https://twitter.com/47foundation 質問等はテレグラムに参加して行ってください。

    Forty Seven Bankの強いパートナーを見てください

      FortySevenBankと銀行業務 銀行業界は大きく、遅く、変化するのは本当に困難です。 これは、銀行の商品化によって見ると明らかであり、顧客の3分の1は、すべての銀行が基本的に同じであると言っています。 FortySevenは銀行業界のプラットフォームを構築しています。 伝統的に、銀行を開くには数百万ドルのコストがかかり、アプリケーションを作成することは困難です。FortySevenは、インフラストラクチャレベルを作成することでこれを解決することを目指しています。彼らは現在、開発者がアプリケーションを構築できるように、英国のFCAと協力して基礎作業を行っています。 彼らが開発に携わった初期の製品は、EUですべての銀行口座、暗証番号、および投資を1つの便利な場所に集約する「マルチ資産口座」です。FSBTトークンは、アプリケーションとスマートコントラクトを起動する必要があります。これにより、プラットフォームの人気が高まるにつれて、その要求が生じます。 国際的な銀行支払い通貨として有名なのが、リップルです。 リップルブロックチェーンを使用すると、銀行は国際的に送金することができ、XRPトークンを使用してほぼ即時に残高を釣り合わせることができます。典型的には数日かかるプロセスが4秒で完了できるようになりました。 リップルはこれまでに100以上の銀行とのパートナーシップを締結しており、パイプラインで75以上を持っています。 Rippleはプロトコルを公開することで、開発者がプラットフォームの上に構築し、ブロックチェーンを活用するよう促しています。さらに、CrossCoinなどのRippleプロトコルを使用する製品に特化したアクセラレータが登場し、このプロセスがさらに加速されています リップルは現在、供給市場の上限を循環させることにより、第3位の最も貴重なコインです。 Fortysevenbankのパートナー先を少し覗いてみましょう。 パートナー先一覧 FortySevenBankの競合状のメリットとも言えるパートナーは以下です。 :電子商取引のためのデジタル交換プラットフォーム 私たちは、デジタルと暗号の交換PayBisとのパートナーシップについて発表してくれることをうれしく思います。 これで、VISA / Mastercardを使用してプロジェクトに簡単に貢献することができます。 お気軽に当社のWebページwww.fortyseven.ioを訪問してこのオプションを試してみるか、www.paybis.comに直接アクセスしてください。 PayBisは、実際の電子商取引の問題の1つを解決するために努力した様々な業界の経験豊富な専門家の急成長企業です。PayBisは2014年の創業以来、世界中で20,000以上の顧客にサービスを提供し、50000件以上の取引を完了しました。   : N2Growthの完全統合サービスは、エグゼクティブサーチ、リーダーシップ開発、戦略、組織デザイン、文化変革、エグゼクティブコーチングなど、専任のリーダーとそのチームに対応するよう設計されています。すべての練習エリアは、N2ベンチャーズと当社のソーシャルエンタープライズデザイン子会社であるN2Labsを介して、当社のPE&VCクライアントをサポートしています。 :アプリ開発のためのツールとオープンソーsツールとオープンソースツールとオープンソーステクノロジーを提供する アプリを迅速に市場投入できます。モバイル DevOps からサーバーレスコンピューティングまでを含む Azure の統合ツールを使って、開発者の生産性を高めることができます。使い慣れたツールとオープンソーステクノロジを使用して、目的の機能を構築できます。 Azure は、多様なオペレーティングシステム、プログラミング言語、フレームワーク、データベース、およびデバイスに対応しています。     :カスタムソフトウェア会社 XB Softwareは、ベラルーシのMinsk(東ヨーロッパ)にあるフルサイクルのカスタムソフトウェア開発会社です。2008年に設立された私たちは、お客様のビジネスニーズを満たすのに役立つWeb開発関連のすべてのタスクを実行できる、献身的で信頼できるITプロフェッショナルの強力なチームに進化しました。 :ブロックチェーンによるフィードバックプラットフォーム 40セブン銀行は、Revainと提携していることを誇りに思ってい ます。Revainは報酬を与えながらレビューを変更または削除できないブロックチェーンテクノロジに基づいた新しい世代のフィードバックプラットフォームです。フォーティセブン銀行と同様に、正直さ、信頼性、透明性を信じ、その価値を日々のビジネスの不可欠な部分にしています。 Revainのチームは今年初めにICO市場に参入し、既にプロジェクトを完全に運用するために必要な資金を集めています。彼らは、今後のICOについてForty Seven Bankに助言する経験と能力の両方を持っています。 RevainのCEO -  Rinat Arslanovは、このプロジェクトを顧問として支援します。CEOのRinatはベンチャーキャピタリストであり、ブロックチェーンの愛好家であり、ビジネスで10年以上の経験を持つ起業家です。彼は、銀行業務におけるブロックチェーンの使用など、さまざまなテーマについて私たちのチームに相談します。   :最も簡単なドッカーコンテナ構築プラットフォーム GitHub&Bitbucketからアプリ構築と実行、オープンソースプロジェクトの探検、フォーク、使用、オーケストレーションコンテナでのインフラストラクチャの管理 :デジタル通貨投資会社 使命は世界的な会社になること・信用と実績と透明性による顧客信頼確保・資本資産価値を最大限に高めることである   :ブロックチェーン、ビットコイン、フィンテック情報サイト CoinbazzはFintech、Blockchain、Bitcoinをカバーし、お金の将来について最新のニュースと分析を提供します。 CitWise 40セブンは、 Ethereumベースの支払いのための世界で最も便利なAndroidアプリケーションであるCitowiseと提携しました。 これで、48時間以内にFSBTトークンがCitowiseウォレットに到着するようになりました。追加手数料はなく、参加者のパネルから購入した場合と同じ価格です。 さらに、Citowiseはすぐに自分のアプリのiOS版を公開しているので、iPhoneとiPadsを持っている人は、自分のデバイスでも摩擦のないICOの貢献を経験することができます。 Citowiseは、最先端の暗号化方式のウォレットを作成し、特にユーザーエクスペリエンスとセキュリティを重視する企業です。あなたのアプリを使用すると、お金を送ったり、統合取引所で最高のレートで通貨を変換したり、ICOなどに参加したりすることができます。それ以外にも、あなたは常にあなたの資金の唯一の所有者であり、Citowiseは彼らを支配しておらず、透明でシームレスな体験を無料で提供します。 Citowiseアプリケーションはこちらからダウンロードできます        3月から新しいボーナスが発生 トークンセールは開催中ですが新ボーナスが適用されました。 トークンボーナスは以下の通りです: 基本ボーナス -  10% 10 ETH以上の拠出 -  15% 25 ETH以上の拠出 -  20% ぜひご利用ください。   トークン購入   その他の情報は公式サイト又はホワイトペーパーからご覧いただけます。 ツイートはこちら https://twitter.com/47foundation   質問等はテレグラムに参加して行ってください。  

    FortySevenBank-我々の方法で銀行を設立する

      私たちの方法で銀行を設立する 将来は、高度なブロックチェーン技術によってもたらされた銀行システムの運用経験と機会の組み合わせに属します。そういう意味で、私たちは、これらの2つの領域の交差点において、英国で先進的な銀行を開くことに決めました。 この記事では、現代の銀行の設立過程に関する私たちのビジョンと経験を共有します。 電子マネー機関のライセンス 第一の優先事項は、私たちが商品やサービスの顧客の支払いに使用する独自の電子通貨を発行することを可能にするEMIライセンスを取得することです。私たちは、支払いカードを発行し、貸出を提供し、オンラインバンキングを開始することができます。 ライセンスを取得するための書類と構造の準備には8ヶ月かかります。公証された個人文書とともに、以下の方法とプロセスの説明を提供します: 資金を保護し、支払いサービスを実施する方法。 管理と制御システムの実施。 技術サポートの方法。 自己資本比率の算定方法。 財務および事業計画は、今後3年間にわたって規定されています。銀行は、プロジェクト開始のための資金の入手可能性を確認し、勘定書と納税申告書を提出します。認証には、通常3(最短で)〜12か月がかかります。 銀行を設立する権利 銀行として機能するためには、FCA(英国金融行政機関)とPRA(イングランド銀行のプルダウン規制機関)の権限が必要です。 会費を払った後、私たちは規制当局に組織構造を含む会社の詳細を知らせます。銀行の事業計画は厳格なFCA評価を受け、マネーロンダリングとモニタリングプログラムの遵守に関する法律の遵守を確認する必要があります。 FCA規則によると、英国には物理的な事務所が存在し、会社の責任者はその国の居住者でなければなりません。卒業証書、資格、職務経験など、彼/彼女の性格をチェックします。得られたデータに基づいて、監督当局は信頼度を決定しまう。深刻な検査が行われています。英国の金融業界は、世界で最も公正で透明性の高いものとみなされています。 ライセンスを取得するには8ヶ月から1年かかりますが、作業はそこで終わりません。同社は厳格な監督下に置かれます:定期的な点検と監査が私たちを待っています - 毎月の報告書を送り、完了した取引の詳細を提供する義務があります。 適切な人々は会社の主要な価値に値します FCA免許を取得するには、スタッフの最低限の要件を満たす必要があります。規制当局とのやりとりを担当する取締役およびコンプライアンス担当者がいなければなりません。 最小リストは小さいが、実際にはそれははるかに大きなものです。このような財務体質の効果的な運営を保証するためには、技術および財務ディレクター、ブロックチェーン開発者、バックエンドおよびフロントエンド開発者、デザイナー、弁護士、プロジェクトマネージャー、PRマネージャー、オンラインマーケッター、コンサルタントなどを雇う必要があります。 よく知られているN2Growth社とのパートナーシップにより、FCA / PRAおよびイングランド銀行の要件を満たす候補者を選ぶだけでなく、当社の努力と能力が成功につながる本当の専門家を獲得することができます。 認定と監査 支払いを行うために、私たちは、支払いカード業界データセキュリティ基準の要件に準拠した身体的証明書を受け取ります。PCI DSSレベル1は、支払いを処理する際のネットワークインフラストラクチャとカードデータの最高レベルのセキュリティを保証します。 標準準拠を確認するために、PCI SSC Boardの認定を受けたQSA社による外部監査を行います。私たちは総合的な検証を待っています:専門家は、ネットワークセキュリティと将来のカード所有者のデータ保護、アクセス制御、認証スキーム、物理的およびウイルス対策、情報インフラストラクチャ機能、イベントログとアクションログなどを研究します。すでに安全なインフラストラクチャの開発経験があり、PCI DSSレベル1およびQSA監査に合格した技術者で構成されています。 確認された状態のQSA審査員は認証の最終段階に必要であり、Deiteriy社はこの役割に非常に適しています。この会社の従業員は、監査証拠を収集し、その所見を記録し、コンプライアンス報告書を作成します。その結果、適合証明書が発行され、VisaおよびMasterCard IPSに送られます。 財務書類の登録は、デロイトの従業員が行います。このような重要な任務は、世界中の評判と150年の歴史を持つ企業、つまり日常的な作業ですでにブロックチェーンやその他の最先端技術を実装している企業に委ねられます。 次のマイルストーンは、QMS ISO 9001-2000適合証明書の取得です。私たちの目標に到達するためには、オフィス・オートメーションと文書管理システムを使用してビジネス・プロセスを記述し、品質測定を行う必要があります。このデータを入手した後、我々は国際認証機関にそれに言及します。 ソフトウェア開発:時間と歩調を合わせる 認定当局から何の質問も出さないソフトウェアを開発するには、ビジネス関連の質問とソフトウェア開発の両方の専門家である、そのような仕事に取り組んでいる経験豊かな開発者のチームが必要です。 そのため、米国、ヨーロッパ、カナダから15年以上にわたり優秀なソフトウェアを開発してきたScand - companyと協力することに決めました。 彼らはすでに、PSI DSSとISOの要件を満たしている様々な複雑なプロジェクトをリリースしています。したがって、この役割のより良い候補を見つけることはできません。 欧州のPSD2指令に従い、サードパーティサービスの開発者がRBSシステムに接続できるように、公開APIインターフェイスを提供する必要があります。これは私たちにとって利点です。ソリューションは、便利で高速なクライアント指向のアプリケーションの登場の前提条件です。 IPSライセンス アプリケーションの処理を加速し、最適化するため、IPS-Visa / Mastercardプリンシパルメンバーシップの主要メンバーのステータスを受け取ります。このカテゴリーの参加は最高のものです。それは私たち自身のデザインのカードとBINの下にあるすべてのタイプのカードを直接出すことができます。このようにして、私たちは仲介なしで取得したカードを処理センターで処理することができます。 会費を払った後、私たちは支払いシステムの決済銀行に保険金を発行します。そのサイズは事業計画の分析によって決定されます。ユニークなデザインを開発し、カードブランクを準備した後、私たちの銀行はカードの発行と認定の取得に合格します。当社では、カード受け入れ機器を接続し、処理センターとブリッジします。プロジェクトの開始から少なくとも1年後にカード発行を開始することができます。   SWIFTへの接続 国際銀行間通信協会略称: SWIFTとは、金融機関同士のあらゆる通信にクラウドサービスを提供する非上場の株式会社である。本部はベルギーのラ・ユルプに設置されている。株主となる金融機関は各国に存在するため、同協会の事務所は各国に置かれている。 あらゆる国際決済が、スイフトを通じて行われている。 ウィキペディア   EMIライセンスを取得している最中に、IBANの発行を開始するためにSWIFTシステムに同時に接続します(EU諸国への通貨転送に必要です)。スキームは2つの段階を含む: SWIFTコミュニティへの参加手続き ハードウェアとソフトウェアの複合体を社内で作成し、SWIFTシステムに接続します。 最初の段階では、申請書、銀行口座、ライセンス、銀行の報告書スケジュールの見直し、費用回収義務などのこれらの書類の承認後、私たちは候補者の地位を受け取るでしょう。翌年には、必要な標準活動の開始日と終了日をスケジュールすることで、SWIFTコミュニティの正式メンバーになる準備をしています。 SWIFTに接続するには、メッセージの送信を実現するために、財政的貢献、論理端末(固有の銀行コード)、ネットワークポート、ICCカード、SWIFTユーザーハンドブック、セキュアカードリーダー装置、特別なアドレッシングスキームの導入が必要です。 特権口座の開設 特権付きの口座開設申請の瞬間には、当行のチャーター、税務登録の確認、銀行免許証、年金基金への銀行の登録に関する書類等を持たなければなりません。 私たちは何を提供していますか? 私たちの英国のfintechスタートアップは、現代的な技術の魅力的なソースで味付けされた伝統的な銀行と暗号化銀行のユニークな組み合わせとしてそれを見ます。私たちは、オンラインバンキング、ブロックチェーン、独自の電子通貨とその他の高度なテクノロジーを開発するために、時間を守り最新の欧州指令に従うように2要素バイオメトリック識別を使用します。 https://bab-global.net/ico/fortysevenbank-biometrics その他の情報は公式サイト又はホワイトペーパーからご覧いただけます。 ツイートはこちら https://twitter.com/47foundation   質問等はテレグラムに参加して行ってください。  

    FortysevenBank-PSD2によるフィンテックの時代

        2016年1月3日、欧州連合(EU)の第2次決済指令 - 決済サービスに関する改訂指令(PSD2)が発効されました。これはEUでの実施に必須です。 なぜPSD2なのか? 第1回目の決済サービス指令は2007年に採択されました。欧州連合(EU)地域で利用可能な電子決済の代替方法を合法化しました。モバイル事業者と電子決済システムは、別々の銀行機能を実装する機会を得ました。新たなデータ公開ルールが制定され、銀行間支払期間が限定され、直接的な国際デビット取引がEU内で合法化されました。イノベーションの実施により、銀行は60億ユーロを費やす必要がありました。 2013年からの1番目のPayment Service Directive 2では、インターバンク手数料、簡素化された安全なインターネット決済の規模が決定され、法的規範に沿ったものとなっています。 2番目のPSD2版は、金融圏の近代化と汎欧州決済サービス市場の形成に向けた法的・技術的障害との闘いを目的としています。その任務は、支払いシステムの作業条件を変更し、消費者の権利を実現し、プロセス参加者の相互作用を制御することである。 この指令の規定は、2018年1月までに欧州諸国の法律に導入されるべきです。 PSD2は何を規制しているのか? 更新された欧州の支払い命令は、新しい制度上の階層を導入することによって、消費者にとって支払いシステムをより魅力的にする機会を提供します。 PSD2によれば、支払いサービスプロバイダは、現在の体系に加えられ、仲介者として働き、公式の仲介業者とその代理人のリストは、全ヨーロッパ登録簿に記載されます。 銀行や類似の金融機関の機会は、以前の行動モデルを保持している場合、限られていましたが、他の機能は、新しいライセンスによって規制されているIT企業が代表するプロバイダを通じて実行されます。 支払い開始サービスは、支払いを行うことができるインターフェースを提供するために作成され、これらの事例は、消費者と財源の所有者との間の仲介者である。彼らは、それに同意せずに、どの金融機関(例えば、銀行)内のどの口座からも資金を引き出すことができます。実際、それはすべての支払い手段の大きな集約者です。 クライアントの要求に応じて、金融機関から財務情報要求を収集し、その顧客の口座データ(例えば、貸借対照表)を1つの場所に蓄積するサービス。 ユーザーは、すべての料金を含むトランザクションに関する完全な情報を取得できるようになりました。金融機関は、別途契約を締結することなく、仲介業者にデータを提供する義務があります。契約上の関係は、電子機器の能力を通じて実施された法律に記載されている対話の条件に置き換えられました。 サービスプロバイダの要件 この指令は、オンラインでアカウントにアクセスしようとするとき、送金を要求するとき、または不正行為のリスクがあるときに、ユーザー識別条件を変更しました。強化された認証には、個人データの知識(ログインとパスワード)、特定のデバイスからの入力(IPアドレスの照合)、アイデンティティのバイオメトリック検証(指紋、セルフなど)の3つの要素の2つに準拠する必要があります。支払システムの規則に従わないことに対するクライアントの責任も規定されています。 厳密な識別の導入のほかに、サービスプロバイダーは、クライアントの個人情報を受け取るチャネルの高いセキュリティを確保する必要があります。 これらの措置は、エンドユーザーを守ることによって詐欺のリスクを最小限に抑えるように設計されています。 PSD2のメリット 欧州連合全体の決済サービス市場の統合と最適化の促進。 資金移動の責任を負う市場参加者の競争条件を保証する。 顧客の保護を確保する。 フィンテックの新興企業のイノベーションの促進 業界のインフラストラクチャの保護レベルを向上させます。 支払サービスの提供に関する手数料および手数料の削減を促進する。 銀行の見通し この指令は、銀行にAPIを開かせることを要求しています。これにより、非銀行組織のための業界へのアクセスを簡素化することにより、セクターにおける競争が激化する(特に、オンラインまたはモバイル機器を通じて行われる支払い)ことが予想されます。 同時に、大手銀行は、新しい「銀行プラットフォーム」モデルを使用する際に、改正された経済制度で安定したポジションをとることができます。質的転換には大きな財政コストが必要ですが、銀行団体は建設に携わり、拠点を獲得したり、他のプレイヤーと協力してFintechコミュニティに加わることができます。 専門家は、市場の漸進的な変化を予測して、2018年末までに、そして2020年まで(支払い行動の相違による国によって異なる)、顕著な活動はないと考えています。しかし、大手企業はすでにディレクティブ実装の準備を開始しています。 FinTechスタートアップのためのグリーンライト(青信号) PSD2は、最新の金融技術を使用している企業の開発のスピードを加速します。彼らは銀行よりも多くの利点を持っています: 高いトランザクション速度。 最低手数料。 使いやすいプラットフォーム。 信用履歴のない人にサービスを提供する能力。 未整備の銀行インフラストラクチャーを持つ地域にサービスを提供する。 Fintechの企業は個人だけでなく魅力的な金融サービスを利用しています。口座を開設する銀行の拒否は、ビジネスの終了を意味するものではありません。代わりの選択肢が救助に来るでしょう。 この指令は、現代的なソリューションを実装することを恐れていないビジネスマンに新しい機会を提供します その他の情報は公式サイト又はホワイトペーパーからご覧いただけます。 ツイートはこちら https://twitter.com/47foundation   質問等はテレグラムに参加して行ってください。  

    FortySevenBank-スマートコントラクトがもたらす新しい技術革命

        スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術に基づいた契約です。誰かのコントロールと参加の必要性はありません。 ブロックチェーンの本質 スマートな契約について話す前に、ブロックチェーンの概念を理解する必要があります。これは、ハッキングから完全に保護された分散型(コンピュータネットワーク上に分散された)データベースです。情報は共有サーバーに格納されず、処理速度は非常に速いです。 簡単に言えば、ブロックチェーンは、過去に完了したすべてのトランザクションが指定された順序で記録される、連続的にロギングするデジタルジャーナルに似ています。タイムスタンプと前のブロックへの参照を含むブロックを形成します。デジタル通貨の例では、ブロックチェーンが各転送中に各ユーザーの財布にどれくらいの金額をトラッキングしているかによって、新しいコインの作成を制御し、インフレを防ぎます。 プロセスの本質はこの技術に名前を与えました。 "ブロック"はそれぞれの新しい "記録"を表し、”チェーン"は、それらの全体の操作のリストを表します。 暗号化の使用は高度のセキュリティを保証します。誰も古いブロックを変更することはできません。更新機能のみが利用可能で、これは各トランザクションで実行されます。ユーザは、特別な秘密鍵を介してアクセス可能な「記録」のみを変更することができます。 この技術は、プロセスのすべての参加者にブロックチェーンコピーの同期を提供します。 通常のシステムと比較して、ブロックチェーンは、より速く、より便利で、より安全で、信頼性が高く、デジタル自己実行スマートコントラクトがそれに基づいて開発されました。 スマートな契約はどのように機能しますか? 分散型ブロックチェーン技術を使用するスマート契約では、トランザクションの保証人として働く第三者は関与しません。スマートな契約の助けを借りて、当事者は、財産、株式、財政的手段の交換など、仲介者なしで財務取引を行い、仲介者はそのサービスの支払いを要求する。書類を忘れて、手動で複数の書類を記入する際に間違いのリスクを排除することができます。 デジタルスマート契約は、自動販売機の原則に基づいて動作します。「コイン」(電子通貨または資産)を「自動機械」(特別プログラム)に「スロー」し、要求された製品をすぐに受け取ります。 このシステムには、違反があった場合の当事者の義務および罰則に関するデータが含まれています。情報は暗号化された形で保存され、分散レジストリに繰り返し複製されます。これは信頼性の保証であり、変更を行う機会を与えません。 プログラムは、合意された条件の完全な実装を追跡し、その資産が将来の所有者に渡されるか、元の所有者に戻るか(条件の1つが満たされない場合)自動的に決定します。 スマートコントラクトの種類 スマート契約は、実装の条件に応じて、条件付きと無条件の2種類に分類されます。 条件付きのスマート契約 ブロックのチェーンからデータを読み込みます。これは、特定の取引、ブロックの高さ、別の契約の実施などとすることができます。複数署名と公平な宝くじの支払い取引は、条件付きスマート契約を参照します。 無条件のスマート契約 このタイプのスマートコントラクトは、ブロックチェーン外にある情報を使用します。競馬結果(一般的にスポーツ賭博)、選挙結果、天気予報などいくつか、多くのオプションがあります。そのような契約を完成させるためには、ブロックチェーンと現実世界との中間的なリンクである信頼できるオラクルが必要です。オラクルは、無条件のスマート・コントラクトを引き起こす検証済み情報のプロバイダです。 1人の特定の人物だけがオラクルとして働くことができるだけでなく、トークン所有者のチームでもあり、その中でイベントの結果に投票が行われます。 この分散型システムは、Ethereumによって開発されたAugur予測市場と、ゲームを勝ち取るための報酬をゲーマーが得ることができるFirstBloodプラットフォームで使用されます。 スマートな契約はどのように人生を変えることができますか スマートな契約は大きな未来をもたらします。テンプレートの作成は、プロの弁護士が行うことができます。 物流と供給 多くの機関で複数の書式承認が必要ない場合、供給システムは大幅に簡素化されます。その結果、企業は損失を被り、詐欺から保護されます。 スマート契約は、配達に参加している市場の各プレーヤーがタスクの実績をチェックし、支払いの受領を追跡することを可能にする。したがって、宅配便での商品の配送の支払いを確認すると、商品の生産者は即座に新しいユニットの生産を開始することができる。 選挙 スマートコントラクトは、投票プロセスにおける干渉の可能性をゼロにすることができます。有権者の声はデコードできない分散リストに追加されます。そのような計算機能を持つ技法はありません。 輸送 このシステムを使用して、自家用車または自家用車を作ることができます。スマートコントラクトは、センサーやドライバーが事故の原因であるかどうかを知ることもできます。そのおかげで、保険会社は運送の利用状況に基づいて寄付金額を簡単に決定します。 管理 共同契約と独立契約の両方の準備において、ブロックチェーン技術は、多変量の解釈を排除し、レジストリの透明性を確保する。 その他の領域 融資および会計では、スマート契約はリスクを評価し、リアルタイムで監査を実施するのに役立ちます。彼らは、リース(1ヶ月間の支払いがない場合は玄関ドアがロックされている場合)と貸し出し(支払いが遅れた場合、車は始動しません)の契約数を規制することができます。 結論:スマートコントラクトの使用は、私たちの想像力と技術力によってのみ制限されます。 その他の情報は公式サイト又はホワイトペーパーからご覧いただけます。 ツイートはこちら https://twitter.com/47foundation 質問等は公式テレグラムに参加して行ってください。  

    FortySevenBank-バイオメトリクス技術がもたらす銀行の未来

      この記事は、FortySeven Bankプロジェクトの公式Mediumブログの和訳バージョンです。 本文は、こちらからご覧いただけます。 将来の銀行のバイオメトリクス技術 銀行カードのPINコードは、顧客の貯蓄を保護するための最善の方法でした。しかし、それは不正なスキームを絶えず改良することによって危険にさらされてきました。元のATMキーボードに付いている偽造キーボードを使用することは、詐欺師に貴重な数字を明らかにします。 解決策の探索は、主要外国銀行が徐々に通過しているバイオメトリック識別を導入するという考えにつながっています。 このシステムは、指紋、目の虹彩、声と写真の組み合わせ、または手のひらの血管パターンによって、銀行サービスのユーザを識別することを可能にする。 顧客のための技術の利点 バイオメトリック技術により、ユーザーは銀行業務をより簡単に行うことができます。 パスワードを覚える必要はありません。 たとえユーザーが家の中のカードを忘れてしまったとしても、多人数のバイオメトリック識別のために、ATMから引き出したり、店で購入したりすることができます。 ピンコードカードが盗まれた場合、スキャナは差額を検出し、詐欺師が現金を引き出せないようにします。 スマートフォンは個人用のバイオメトリックデバイスであり(モバイル決済と転送を選択した場合)、それはいつも我々と共にいます。 顧客は保管庫にアクセスでき、人的要因はプロセスから除外されます。 銀行のメリット 金融機関はまた、情報セキュリティのレベルを上げることによって利益を得ます。ほとんどの場合、バイオメトリック識別は既存のシステムに取って代わるものではありませんが、ピンコードとSMSの確認とともに、別の保護方法としての機能を補完しています。特に緊急事態、大量の資金を一度に撤回して融資を受けることに関係している。 そのような検証が導入された後は、どの都市にもパスポートの写しのみで融資を行うことはできません。地域のオフィスで入手したユーザーの生体データは、検証のために中央オフィスに送られます。 銀行によるバイオメトリック認証の導入は、自動的に評判を向上させ、技術的リーダーに変えます。この措置は新規顧客を引きつけ、重要な競争優位となります。 モバイルシステム バイオメトリック検証は、すでにいくつかのモバイルバンキングアプリケーションで機能しています。タッチIDパネルが付いた最初のiPadとiPhoneモデルが出てくると、このシステムが導入されました。 今や、このソリューションは外国人だけでなくロシアの金融機関によっても積極的に利用されています。Alfa-Bank、Sberbank、Tinkoff Bank、およびMTS Bankは、バイオメトリックセンサーを搭載したスマートフォンが既に指紋を使ってアプリケーションにアクセスすることを可能にしました。ロシアの銀行はそこで止まることはなく:Binbankは今後2年間で音声認識と写真の識別を導入する予定です。 ATM、POS端末および支店 未来はすでにあります。指紋認証読み込みは、Diebold ATM(ATMサプライ品分野の世界的リーダーの1つ)にインストールされています。 ポーランドの会社 - Planet Cashのオーナー - 日本の開発者の支援を受けて、全国の指紋をスキャンすることができる約2,000台のATMを計画しており、ロシアでは、この革新は2〜3年後に導入される予定です。 ペンシルバニア銀行は、このシステムを創造的に使用しています。バイオメトリックスキャナが操作画面にあります。この銀行に最初にアクセスした人は、指紋をスキャンし、適切な文書でその身元を確認します。次の訪問の間に、彼は読み取り機に指を置くだけでよく、彼の口座は特定されます。 写真の識別は海外でますます人気が高まっています。2021年の早い時期に、マスターカードはセルフマネーを使用してユーザー確認機能を追加し、指紋をスキャンして支払いや転送を行いました。Tsinghua...

    FortySevenBank(FSBT)高い技術に基づく法定通貨と暗号通貨のためのハイブリッドクリプトバンクプロジェクト

      FortySevenBankとは 、 Forty Seven Bankは、ブロックチェーンによる暗号化銀行プロジェクトです。 一言でいうと、これまでのプロジェクトとは異なり、ハイブリットなバンキングサービスを目指しています。 特徴としては、従来のバンキングサービスをすべてユーザーに提供し、暗号化と銀行口座の両方の制御を可能にするプラットフォームです。 1つのプラットフォーム上で法定通貨と暗号化を組み合わせた新しいタイプのハイブリッドバンクとなります。 このプロジェクトの主なアイデアは、利益分配モデルを使用してfintechアプリケーションを配置できる開発者のためのプラットフォームとして銀行を確立することです。 変化する金融界のパイオニアの一人として、顧客に次のものを提供することを目指している、ブロックチェーン技術に基づいた革新的な金融テクノロジーのスタートアップです。 透明性 セキュリティとプライバシー すべての利害関係者のための利益 こららに着目しています。 FORTY SEVENプラットフォームの概要 プラットフォームは、メンバーに次の機能を提供します。 個人の場合: ビジネスの場合: スマートサポート 請求書発行 複数銀行口座管理 バイオメトリックPOS端末 Fiat / Crypto通貨換算 引き出し 支払歴 送金と支払い 保険 財産および暗号の融資および預金 暗号化ウォレット管理 クレジットカード/デビットカードの管理 マルチアセットアカウント スマートATM 投資と仲介 ICOサービス 白いラベル カード発行 ファイナンスとファクタリング 大金と暗号での大規模な支払い 法定と暗号通貨の支払い処理 API管理   (ICObenchレポートより抜粋) 上記のリストから、多くの機能が詳細に記述されている必要があります。個人と企業に共通するサービスは以下です。 共通サービス マルチバンクアカウント管理 - PSD2指令に従って、EU内の異なる銀行で口座を管理することができます。また、単一のAPIを使用して、暗号化ウォレットとクレジット/デビットカードを管理することもできます。 マルチ資産口座 - 個人通貨を暗号化通貨に変換することができます。逆も同様です。 スマートサポート:統合された機械学習技術を備えたスマートサポートは、銀行と顧客の間の問題や問題の解決を支援することを目的としています。 バイオメトリックPOS端末 - 指紋で支払いを可能にする端末(ソフトウェアは銀行口座/カードを安全なインフラストラクチャのトークンとして記憶された指紋にリンクすることができる)。 スマートATMとパートナー銀行のATM: 現金引き出し 支払いと転送 保険 支払い履歴と分析など 顧客と企業に共通する主なサービスとしては、以上のような一般的なバンキングサービスであり、デビットカードやクレカと紐付けできるアカウントおよび口座開設が可能です。 異なる点としては、機械学習によるスマートサポートが付いている点でしょうか。 企業向けのサービス 企業向けのサービスです。 企業向けのサービスにはICOやホワイトラベルソリューションが特徴的です。 ICOを行う企業向けのICOサービス: 法的支援 エスクローアレンジ デジタル通貨を法定通貨に移転する ファイナンシングとファクタリング - 買掛金のための現金を得るためのソリューション ホワイトラベルソリューション - APIとの接続により、パートナー銀行は、Forty Seven Bankから自社ブランドで提供されるあらゆる種類の金融サービスを提供し、提供される製品のリストを顧客に拡大することができます。 商人の支払サービス:商人は支払いを受け入れる伝統的な方法(カード、SWIFT)、暗号化支払いシステムを使用することができ、オンラインで商品を購入する際にBitcoinと法定通貨の両方の通貨で商品を支払うことができます。 ICOプロジェクトを行いたい企業向けに支援サービスがあります。イメージとしては、日本のCOMSAの簡易版的な役割でしょうか。 ホワイトラベルソリューションとして、APIがあり、技術の項でも説明しますが、Omisego のようなものに類似すると思います。   銀行商品の開発者向けサービス 銀行商品提供者向けのサービスです。 機械学習を使用したスコアリング、KYCおよびコンプライアンスサービス App プラットフォーム - モバイルアプリケーションなどの銀行サービスに関連するさまざまなアプリケーションを開発するためのAPI 機械学習を用いたデータ解析と予測モデル カードの問題 API支払い アプリマーケットプレイス Devyは、Forty Seven BankがAPIを介してForty...
    error: Content is protected !!