QUOINEが取引所流動性ソリューションとして新たにQASHトークンを発行する

  こんにちは。今回は日本でも話題になりつつあるICO案件です。 取引所が直面するLiquidity (流動性)の問題に対する取引所ソリューションです。 QUOINE とは? QUOINEは日本、米国、インドおよび東南アジアにおける投資、事業経営、ITならびにベンチャーキャピタルにおいて22年を超える経験を有しているMike Kayamori(共同設立者兼CEO)と同じく共同設立者であるマリオ氏により2014年に設立されました。 CEOは、QUOINE設立前は、ソフトバンクグループのシニアバイスプレジデントとして、シンガポールテレコムおよびバーティグループと共にソフトバンクグループのアジア営業および投資のマネジメントに従事し、また、パズル&ドラゴンズの制作会社であるガンホーのアジアCIOも務めました。 https://youtu.be/y2t5bfzpM7M   同社の代表的なものとしてQUOINEXという暗号通貨取引所があります。 QUOINEX 世界最大級の仮想通貨取引所 年間売買代金120億ドル(約1兆3550億円)以上 仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号 QUOINEは、アンチ・マネーロンダリングやお客様の本人確認、セキュリティに関する世界基準の取り組みを実施しています。当社のチームメンバーは金融業界で延べ250年以上の経験を有するだけでなく、最先端のテクノロジーを駆使し、24時間365日お客様の資産を安心・安全に保全しています。 そして今回11月に新たに取引所の流動性ソリューションとしてQASHというトークンを発行することが発表されました。 問題点とソリューション 今回のプロジェクトのソリューションは流動性の欠如の問題に充てられています。 先進国市場:先進国では、一部通貨ペアで流動性はあるものの、その国の居住者のみしか利用できず、流動性がスタック 新興国市場:そもそも自国通貨が安定せず、仮想通貨との流動性は存在しない。より大きな流動性プールと依存しなければならない QUOINE LIQUID プラットフォームについて QUOINE LIQUIDプラットフォームは流動性の乏しいクリプト経済に流動性を提供することを目的に構築したプラットフォームです。このLIQUIDプラットフォームはシンガポール法に従って設立されたQUOINE Pte. Ltd.により管理・運営されます。 QUOINEは、世界中に点在する暗号通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約し、 更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。 これらを組み合わせることで、世界中で最高水準の流動性がもたらされ、新しい暗号通貨経済がもたらす機会と富に誰もがアクセスできるようになります。 https://youtu.be/Qu9sVXOn9RI World Bookの分類 内部オーダーブック: ユーザーがワールドブックにおいて発注したすべての注文の為 替調整済み注文のオーダーブック。 外部集約オーダーブック: 内部オーダーブックにおける注文以外の、世界中の(しか し為替調整済みの)注文のオーダーブック。このオーダーブックにある注文はすべて、 世界中の取引所における注文にリンクしています。 この2つに分けられます。 プラットフォームを支える技術 技術としてはQUOINEがすでに利用しているものに基づきます。 マッチング・エンジン...
error: Content is protected !!