【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

  暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。 現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。 今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。 CryptalDashのプロジェクト概要 CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。 交換取引サービスに革命を起こす ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。 このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。 今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。 したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。 CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。 人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。 CryptalDashプラットフォームの特徴 プラットフォームの主な特徴です。 第三者機関へのアクセス   CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。 特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。 これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。 そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。  簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。 ブルームバーグデータとの統合   機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。 CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。 その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。 TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成 CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。 CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。 クロスマーケットの実行とビュー すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。 クロスマーケット裁定執行 今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。 CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。 機関間取引ツール統合(MetaTrader) MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。 低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする 高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。 CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。 2018年に統合される100の新しいアルトコイン CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。 その他にも以下のようなメリットがあります。 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン 小売および制度流動性プールを効果的に集約する アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション 低い手数料 CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール サードパーティの交換注文ルーティング機能 ユニークなダッシュボード 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合 堅牢な収益モデル 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり) 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる 市場と競合分析 取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。 Binance COSS Kucoin Huobi Bibox 2017年7月 -...

【ICOレビュー】Omegaone-流動性コストを抑える新たな分散型取引所系プロジェクト

  OmegaOne-新たな分散型取引所系ICOプロジェクトが始動する   Omega Oneは、安価で安全な暗号資産の取引方法を提供する取引プラットフォームです。 アルゴリズムを使用してブロックチェーン上に構築された取引プラットフォーム、加重平均価格のTWAP取引アルゴリズム。このアルゴリズムは、長期にわたって取引操作を分配します。これは、著者によれば、資産の流動性のコストを削減します。流動性とは、現金損失を最小限に抑えて迅速に売却する資産の能力です。 会社:ConsenSys Mesh Company チーム(人数):8 アドバイザーとパートナー(人数):2 GitHub:該当なし 機関投資家や大規模投資家のための流動性の高い分散型取引所を目指す Omega Oneは、機関投資家や大規模投資家がデジタル資産を取得するためのプラットフォームです。これは普遍的なプラットフォームであり、1か所からさまざまな暗号交換を使用して取引を行うことができます。 このプラットフォームの主な利点は、参加者をリスクから保護し、貿易コストを抑えることです。プロジェクトチームは、サイトが顧客の資産の流動性をブローカーとして維持し、大量注文を小規模(分散型)に分割し、流動性のコストを最小限に抑えるために時間をかけて複数の取引所に置くことを認めていることを確認します。取引メカニズムは、Ethereumおよび他の暗号通貨と統合されます。 流動性は、市場価格に近い価格で資産を迅速に売却する能力を示す経済的な用語である[Kadirbai Ryatov、 "Functional Management"(M。Alpina Pablisher、2014)。高度に液体、低液体および非流動資産が区別される。資産を完全な価値を考慮して交換することが、より簡単かつ迅速になればなるほど、それはより流動的です。この場合、どのような暗号通貨であれ、流動性は、追加割引なしで、公称価格で売却されるレートに対応します。 OMTトークンによる暗号化経済モデルを採用 オメガワンは、これらのサービスへのアクセスを提供するために、Ethereumトークン(「OMT」)の周りに構築された暗号経済モデルを使用し、OMTのより高い残高が優先流動性処理および割引取引へのアクセスを可能にする。 特徴: - 地方分権化されたメンバーの資金は、ブロックチェーン上の分散型スマート契約では引き続き管理されます。 - 流動性システムは、複数の取引所間で流動性を集約し、取引実行ロジックによって流動性をさらに向上させます。 - 低コストスマートな実行と注文ルーティングにより、流動性コストを削減できます。 - セキュアで非保管のスマートな契約ウォレットシステムは、取引相手が取引相手のリスクに晒されていないことを意味します。 技術的な詳細: オメガワンは、会員の注文と一致するプライベート交換を含む自動貿易執行サービスであり、トレーディングエンジンを介して公共の取引所に比類のない流動性を提供し、複数のブロックチェーンに直接接する。 - UI / API:Web、モバイル、APIの取引UIやAPIを問わず、メンバーは分散されたOmegaウォレットに資金を追加したり回収したり、注文を開始し監視したり、マルチポートフォリオ分析、報告、税金およびその他の会計機能。 - Omega ウォレット:ポートフォリオ管理Omegaウォレットは、ERC20トークンの全範囲を含むトークンと暗号資産を保持します。 - Omegaプライベート交換:ダークプールマッチング交換は、注文をOmega...

【ICOレビュー】Fidelium(FID)-アービトラージにも適した世界初のクロスエクスチェンジ取引プラットフォーム

  この記事の要約 世界初のクロスエクスチェンジ取引プラットフォームが立ち上がります。 Fideliumは、暗号化のための最初のクロスエクスチェンジ取引プラットフォームを提供しており、開発ロードマップも早いため、トークンは中期的にも価格上昇が見込めます。 プロジェクトとICOの概要  Fideliumのオンライン取引システム(OTS)は、単一のプラットフォーム内で世界中のさまざまな取引所にアクセスできるようにすることで、価格差を緩和する手段を提供します。   特定のコインが異なる取引所で取引されている異なる価格を確認し、どの取引所が最良の価格を提供しているかを判断し、必要な取引所で適切な取引を行うことができます。   世界中のさまざまな取引所にアクセスすることは、今までに暗号化市場でそれほど重要ではありませんでしたが、この「Fortress」を使用すると、サポートされている任意の取引所で任意の暗号化をトレードすることができます。 また、時間の遅れもなく、暗号化トランザクションを最大限に活用できます。 問題点とソリューション 現状、暗号通貨ユーザーは、市場参入する際にとても複雑で厳格な検証プロセスを経る必要があります。 海外取引所の場合、追加の認証手続きが必要なため、さらに大変であり、セキュリティ上、必要ではありますが、それでも複雑で厳格なプロセスであるのは確かです。 このような不便を解消するために、Fideliumは仮想通貨取引プラットフォーム“フォートレス(Fortress)”を開発しました。 フォートレスは、すべての暗号通貨と金融関連取引を一つの直感的プログラムで統合します。 主に解決できる問題点は以下です。 流動性の少なさ 複雑な認証プロセス 言語サポートの少なさ Fortressプラットフォームの特徴   フォートレスとは、利用者が地域や通貨に問わず、複数の暗号通貨取引所を同時にクロス取引をすることができるプラットフォームです。独自の技術を内在しているフォートレスは、迅速かつ直感的なインターフェイスを提供し、誰でもどこからでもとても効率的で賢明な取引意思決定を下すことができるようサポートするプラットフォームです。 典型的な現在の金融取引システムが持ち合わせているすべての利点と利便性をすべて兼ね備えています。   多種通貨対応:BTC、ETH、LTC、DASH、FID 法定通貨対応予定:USD引き出し可能、JPY,EUR,CNY,KRWは残高確認のみ Hot&Cold財布管理 取引に特化した詳細チャート 直接設定できる通知システム 全ての設定を利用者の利便性に合わせてカスタマイズ 多様なテクニカル指標提供 指標分析を通じた自動売買取引も企画中 技術特徴 韓国の金融プラットフォーム技術 最高レベルの開発者と実際の貨幣と暗号通貨の専門企画陣によって誕生 Windows OSメイン API連動   サービス内容 フィデリウムのシステムが正常に作動するためには、いくつかの必須条件があり、 デビットカードのネットワークと連動されたマルチ暗号通貨ウォレットのアプリ 取引保証のためのリクイディティ・プロバイダー(LP) Fortress- ウェブサイト/アプリとシームレスに連動したフィデリウムの暗号通貨取引システム です。 マルチ財布 主要通貨とFIDトークンのサポート 決済通貨設定 直感的で使いやすりUX・UI設計 複数のセキュリティデバイス 生体認証 デビットカード: 誰でも発行可能 マスターカード提携ATM引き出し可能 多種のアルトコイン対応 限度額2万ドル/月、8万ドル/月 OTS取引システム 独自のオンライン取引システム 取引中、価格や数量を入力する必要なく、価格をダブルクリックするだけ 金融取引オンライン取引システム:暗号通貨オンライン取引システムをベースに、株式や先物または外国為替取引ができる取引システム チャート支援:暗号通貨に関する全てのグラフと様々な金融商品を提供する予定であり、一般の投資証券会社で現在使用しているものと同じインデックスやテクニカル指標、またその他のツールを提供します。 アプリ支払い フィデリウムのアプリ内でバウチャーやクーポンを直接購入(コーヒーやケーキなど、様々な商品の購入) ギフティコン:スマートフォンにフィデリウムのアプリがインストールされている利用者は、フィデリウムのアプリを使用している他の利用者にギフティコンを送ることができます 取引保証のためのリクイディティプロバイダ(LP) LPが銀行の役割を引き受ける 5段階で取引を承認し、 承認メッセージを送信する役割をLPが担当する LPがいなければカード決済がされない ICO で集められた資金とフォートレスOTSを用いて弊社の暗号通貨を管理する LPの役割をする独立した銀行口座を、デビットカード決済サービスのプロバイダーとの協議の下に設定、保持、維持しておく  先物とオプション取引 CMEとCBOEから提供されるデリバティブ  全ての開発が完了され、プログラムがリリースされると、ビットコイン先物も提供できるようになります。 FXマージン取引 上位ブローカーのCharter Primeと外国為替ブローカーであるGlobalFosがパートナーシップを締結し、 FXマージン取引を仮想通貨で利用することができます。   ロードマップ 2018年 1月12日 フィデリウムパブリックフリーセール開始 2月27日/28日 フィデリウムパブリックフリーセール終了/ ICO開始 3月11日 フィデリウム公式ICO終了 3月 フィデリウム、トークン取引所に上場 4月 フィデリウムモバイルアプリリリース 5月 フィデリウム「フォートレス(Fortress)」バージョン1.0リリース 暗号通貨取引バージョンサービス開始 韓国、日本、中国、米国を含む世界5大メイン取引所支援 実戦貨幣(USD)支援開始 7月 韓国法人を設立及びKRWの支援開始 11月 中国&香港法人を設立及びCNYの支援開始 12月 Fortress Pro. Version Release 2019年 3月:日本法人を設立及びJPNの支援開始 4月:フォートレスにアジア地域取引所が追加支援 8月:欧州法人を設立及びEURの支援開始 9月:フォートレスに欧州地域取引所が追加支援 2020年 1月:フィデリウムモバイルアプリバージョン2.0リリース 3月:3月シンガポール法人を設立及びSGDの支援開始 12月:シンガポール法人を設立及びSGDの支援開始 2021年 6月:フォートレスに南アジア地域取引所が追加支援 ロードマップ的には2018年の早い段階から進んでいきます。  チーム チームはアメリカと韓国のチームです。 Terry Na-CEO: 北米銀行の副支店長出身。銀行業務、米国部隊経験。 JustinYang-COO:Samsung職務経験 Jay Kim-CSO:韓国のICOコミュニティ開発(ICO schedule) Steve Kwon-OTSマネージャー:5年以上のアプリケーション開発、取引プログラム経験。フォートレスのマネージャー Dave Song-OTSシステム専門家-FX取引トレーダー専門家、韓国および香港のポートフォリオマネージャー。フォートレスのUI/UX企画担当 Darren 、Choe、Matthew-マーケティング専門家 アドバイザー Luciano:EmperitasのCEO Foxtail CEO:Enjin...

QASHトークンを無料でもらう方法

  こんにちは。今回はQASHトークンを無料でもらう方法についてです。 トークンセールは11月6日か~11月8日まで開催されます。 QASHとは? QASHは暗号通貨取引所QUOINEXを運営するQUOINEが取引所の流動性を解決するために発行するトークンです。 QASH ICOは、fintechの急速な進化と、次世代の金融サービスを強化するためのより安全な暗号トークンの必要性に伴い、金融サービスのBitcoinまたはEthereumになると予測しており、2〜3年で時価総額で上位3〜5の暗号トークンの1つになることを目指しています。 トークンセールでは、250Mをまずは目指します。 詳細はこちら https://bab-global.net/ico/qash バウンティプログラムへの参加 QASHトークンを無料で手に入れる方法です。バウンティプログラムに参加します。 このプログラムに参加するには、トークンの購入ができるQUOINEX 取引所を開設する必要があります。 まだの方はこちらから開設を済ませてください。 開設方法はこちら https://bab-global.net/exchange/quoinex ※バウンティは、QASHトークンセールが終了した後に会計処理され、配布されます。バウンティ申請書(Googleフォーム)と確認済みのQUOINEXアカウントは、各バウンティ申請に必須です(アフィリエイトバウンティを除く)。このアカウントに配布されます。 すべてのステータスの提出は、トラッカーシートを介して追跡することができます。QASH Bounty Application Googleフォームを介して提出された提出された応募書類のみがQASH Bountyプログラムのために審査されます.Bountyプログラムは2017年12月1日まで継続されます。 アフィリエイトバウンティを除いて、残りのバウンティはパフォーマンスに基づいて個人に与えられます。 QASHバウンティキャンペーンは 7つのカテゴリーで構成されています。 アフィリエイトプログラムに参加する テレグラムチャンネルに参加して友達を招待する QUOINEX アカウントを開設する YouTube動画を作成する @QUOINE_SGからTwitter をリツイートする ブログコンテンツ QASH Memes さらに、Telegramやその他のアウトリーチチャンネルでコミュニティを成長させるために卓越した貢献をしたQUOINE Telegram Communityメンバーに報酬を与える特別な人に報酬を与えるボーナスバウンティキャンペーンを実施しています。 1.アフィリエイトプログラムに参加する 報酬:QASHトークンセールでの紹介報酬 あなたのリンクから参加している各友達のトークン購入額のうち、5%の紹介報酬がQUOINEX アカウント送られます。 ホームタブ(左上隅)をクリックしてあなたのアフィリエイトリンクを見つけ、紹介してください。 バウンスの申込書:https : //bit.do/qashbounty 2.テレグラムチャンネルに参加し、友達を招待する 報酬:10QASH あなたがテレグラムグループに初めて参加したとき10 QASH  アフィリエイトリンクからチャンネルに招待したときにあなたとあなたの友人の両方に10QASH QUOINEXアカウントの電子メールアドレスを使用してテレグラムに加入してください。 テレグラム参加はこちら テレグラムは、QASHトークンセールの主要コミュニティチャネルです。また、テレグラムスーパーグループに参加してQUOINEコミュニティに参加し、新しい更新情報を受け取ることもできます。(https://t.me/joinchat/FPU5vRGhiBjfLcQogatv3g)  あなたのアフィリエイトリンクを共有するテレグラムチャンネルに友達を招待するだけで、トークンがもらえます。 あなたのアフィリエイトコードを見つける方法: https://accounts.quoinex.com/ログインします。 ページの左上にあるサイドバーをクリックする 「アフィリエイトプログラム」を探してクリックする あなたのアフィリエイトリンクを画面の左側にコピーする あなたの友人と共有して10のQASHを得る 詳しくはチュートリアルをごらんください。 申込書:https://bit.do/qashbounty メールアドレスを入力します。 Telegramを入力します。   Telegramのアカウント名とリファラルコードを入力します。 リファラルコードは、私の場合は、以下です。 https://accounts.quoinex.com/sign-up?affiliate=oQDD3C2666055 3. QUOINEXアカウントの登録 報酬:10 QASH  QUOINEXアカウントを開き、それを確認し、Googleフォームアプリケーションを送信し、賞金を受け取ります。 申込書:https://bit.do/qashbounty メールアドレスを入力します。 一番上のVerify accountをクリックします。 アカウントを作成したメールアドレスを入力します。 4. YouTubeビデオを作成する 報酬:5,000 QASH QASHの報酬を得るためにビデオで共有する素晴らしい機会です。ビデオコンテンツはQASH ICOをベースにしている必要があります。 申込書:https://bit.do/qashbounty メールアドレスを入力します。 Yourubeをクリックします。 Youtubeのリンクを提出します。 5. @QUOINE_SGからTwitterをリツイートする 報酬: 500〜1000 TWフォロワー:10...

QUOINEとBinanceが戦略的パートナーシップを結ぶ

  こんにちは。今回は前回ご紹介したQUOINEに関するニュースです。 中国大手取引所のBinanceと提携したことが発表されました。 この提携が何を意味しているのか、見ていきます。 QUOINEとBinanceの提携 最近日本の金融庁に認可された暗号通貨取引所であるQUOINEXを運営する大手フィンテック企業のQUOINEと中国の最新暗号通貨取引所であるBinaceが提携したことが発表されました。 両者について簡単に説明します。 Binance とは? 中国の大手取引所の1つであり、FintechとCrypto Gurusのチームによって設立されました。 1秒間に140万件以上の注文を処理できる強力なマッチエンジンシステムで世界市場で最も速い取引所の1つであり、プラットフォームは、セキュリティ、堅牢性、実行速度に重点を置いており、熱狂者やプロのトレーダーを魅了します。 また、英語、日本語、中国語、韓国語、ロシア語、スペイン語を含む複数言語の管理体制も魅力的であり、このような特徴により、2017年7月に発売されてからわずか3ヶ月で24時間の取引量で世界トップ10にランクされました。 現在は、世界中の180以上の国にまたがるユーザ基盤を備え、80以上の異なる暗号通貨ペアがあり、最近では、ICOのトークンを上場させることも多くなってきた取引所です。 Binanceに関する記事はこちら https://bab-global.net/exchange/binance QUOINEとは? QUOINEは、日本円、米ドル、ユーロ、香港ドル、インドネシアルピア、シンガポールドル、フィリピンペソ、インドルピーおよび豪ドルのトレーディングサービスを提供する世界的なフィンテック企業です。 2017年9月、QUOINE Corporationは、日本FSAによって正式にライセンスされる最初の世界的な暗号通貨取引所になりました。 また、11月6日からは同社の取引所のさらなる発展のため、ICOでQASHトークンを発行します。 QUOINEのQASHトークンICOについて https://bab-global.net/ico/qash BinanceのCEO、Changpeng Zhaoは次のようにコメントしています。 「当社はQUOINEと常にコミュニケーションをとり、銀行や財務に豊富な経験を持つ専門チームを持っていると考えています。戦略的パートナーシップを結ぶことを決定するのに長い時間はかかりませんでしたが、私たちは一緒に、グローバルトレーダーにより包括的なサービスを提供できると信じています。将来的にBinanceは他の取引所と同様の暗号化協調作業のためのさらなるコラボレーションを開始できることを願っています」 一方で、QUOINEのCEOで共同創業者のMike Kayamoriは、 「BinanceとQUOINEは、グローバルな暗号化取引プラットフォームのマーケットリーダーであり、BinanceとQUOINEの両方が、世界中で最大の暗号化交換の中にあります。我々は、暗号化経済のためのグローバル化した流動的な市場を構築するために、戦略的ビジョンをBinanceと共有することを誇りに思っています。 QUOINE LIQUIDプラットフォームを強化するため、Binanceがグローバルな流動性アライアンスに歓迎されたことを大変うれしく思います。 」 両者とも、この提携に関して世界の中心的な役割を担う暗号通貨取引所としての未来に向けて喜ばしく語っています。 両者の提携に見るQASHトークンの価値 QUOINEがICOで発行するQASHトークンの特性としては、配当権利などはなくLIQUIDプラットフォームと既存の取引所であるQRYPTOS,QUOINEXでの取引手数料の一部としてトークンが使用できることが大きな特徴です。 さらに、法定通貨交換やクレジット、その他金融商品・サービス、ICOへの参加権利などが含まれます。 つまり、トークン自体の特性はBinance取引所が発行したBINACE(BNB)トークンに非常に似ており、取引所自体が活性化するとトークンの価値の上昇期待も高まることになります。 事実、BNBトークンは一時、手数料やICO参加割引などの需要とともに高騰した過去があります。 同じようなケースがQASHトークンに考えられ、ICO機関も非常に短いため、トークンの希少性も多少はあると考えられます。 以上が現状のQASHトークンの価値かなと思います。 まとめ QUOINEはすでに大きな取引所を運営していますがまだまだ認知度は低いです。 その中で、BitfinexやBinanceと戦略的なパートナーシップを結んだことやICOでの自社トークンであるQASHの存在は今後大きくなっていくことが予想されます。 QASHトークンセールは11月6日~11月8日と非常に短期間でしか購入できないので、ぜひご検討ください。 購入方法はこちらを参照 https://bab-global.net/exchange/quoinex 関連リンク QASH ICO購入ページ QASH公式サイト 白書

QUOINEが取引所流動性ソリューションとして新たにQASHトークンを発行する

  こんにちは。今回は日本でも話題になりつつあるICO案件です。 取引所が直面するLiquidity (流動性)の問題に対する取引所ソリューションです。 QUOINE とは? QUOINEは日本、米国、インドおよび東南アジアにおける投資、事業経営、ITならびにベンチャーキャピタルにおいて22年を超える経験を有しているMike Kayamori(共同設立者兼CEO)と同じく共同設立者であるマリオ氏により2014年に設立されました。 CEOは、QUOINE設立前は、ソフトバンクグループのシニアバイスプレジデントとして、シンガポールテレコムおよびバーティグループと共にソフトバンクグループのアジア営業および投資のマネジメントに従事し、また、パズル&ドラゴンズの制作会社であるガンホーのアジアCIOも務めました。 https://youtu.be/y2t5bfzpM7M   同社の代表的なものとしてQUOINEXという暗号通貨取引所があります。 QUOINEX 世界最大級の仮想通貨取引所 年間売買代金120億ドル(約1兆3550億円)以上 仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号 QUOINEは、アンチ・マネーロンダリングやお客様の本人確認、セキュリティに関する世界基準の取り組みを実施しています。当社のチームメンバーは金融業界で延べ250年以上の経験を有するだけでなく、最先端のテクノロジーを駆使し、24時間365日お客様の資産を安心・安全に保全しています。 そして今回11月に新たに取引所の流動性ソリューションとしてQASHというトークンを発行することが発表されました。 問題点とソリューション 今回のプロジェクトのソリューションは流動性の欠如の問題に充てられています。 先進国市場:先進国では、一部通貨ペアで流動性はあるものの、その国の居住者のみしか利用できず、流動性がスタック 新興国市場:そもそも自国通貨が安定せず、仮想通貨との流動性は存在しない。より大きな流動性プールと依存しなければならない QUOINE LIQUID プラットフォームについて QUOINE LIQUIDプラットフォームは流動性の乏しいクリプト経済に流動性を提供することを目的に構築したプラットフォームです。このLIQUIDプラットフォームはシンガポール法に従って設立されたQUOINE Pte. Ltd.により管理・運営されます。 QUOINEは、世界中に点在する暗号通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約し、 更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。 これらを組み合わせることで、世界中で最高水準の流動性がもたらされ、新しい暗号通貨経済がもたらす機会と富に誰もがアクセスできるようになります。 https://youtu.be/Qu9sVXOn9RI World Bookの分類 内部オーダーブック: ユーザーがワールドブックにおいて発注したすべての注文の為 替調整済み注文のオーダーブック。 外部集約オーダーブック: 内部オーダーブックにおける注文以外の、世界中の(しか し為替調整済みの)注文のオーダーブック。このオーダーブックにある注文はすべて、 世界中の取引所における注文にリンクしています。 この2つに分けられます。 プラットフォームを支える技術 技術としてはQUOINEがすでに利用しているものに基づきます。 マッチング・エンジン...

CobinHood(コビンフッド)のICOレビュー

  こんにちは。今回は、ICO開催中のCobinHoodについてのレビュー記事についてです。 CobinHoodとは? CobinHoodは取引所系プロジェクトであり、取引手数料ゼロの暗号通貨取引所をソリューションとして提供します。そのほかにも、ICOソリューションも提供する予定です。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/cobinhood   ICOレビュー レビューの仕方はこちらをご覧ください。 https://bab-global.net/ico/due-diligence ①実績のある企業・チームであるか まずはCEOに関してです。 CEO Chen Tai -Yuan- (連続起業家、COBINHOOD Financial Groupの創設者、17 Live Streamingの共同設立者) Chen Tai Yuanは、 24歳で、毎5百万以上のアクティブユーザーを抱えるアジア主要のライブストリーミングプラットフォームである17 Live Streamingをローンチしました。3ヶ月で17 Live Streamingは10Mドルを調達し、エンジェル投資家は1 以内に20倍の投資益を得ました。台湾で最初のスタートアップインキュベーターである AppWorks創設者のJamie Linは、Chenを「起業家の中の天才」と名付けています。 かなり、若いですが起業家としては成功しています。しかし、暗号通貨の分野に関しては経験豊富であるとは苦しくも言い難いです。 Tony Scott - 戦略アドバイザー -Tony Scottは、2015年から2017年にかけて、3番目の連邦最情報責任者(CIO)であり、在任中には、さまざまなデジタル化やブロックチェーンをテーマにしたプロジェクトの指導、政府のサイバーセキュ リティの向上に携わる。彼の情報技術分野における40...

CobinHood(コビンフッド)は手数料ゼロを実現する取引所ソリューション

  こんにちは。今回はCobinHoodについです。 トレンド系の取引所ソリューションでもありICOに関しても独自のソリューションを提供するということで、取り上げてみました。 一体どのようなソリューションなのか、詳しくみていきます。 CobinHoodとは? CobinHoodは、ブロックチェーン時代において、金融センターになることを目指しており、世界中のトレーダーにとって最高の取引環境をつくることが当社の目的です。 最初のサービスとして取引手数料ゼロの取引所を提供し、これにより世界中のトレーダーが利益率を最大化することがソリューションとなってます。 会社名: COBINHOOD Ltd. 設立: 2017年5月 資本金: 1000万米ドル 本社所在地: 台湾台北市信義区信義路五段108号6F お問合せ: support@cobinhood.com https://youtu.be/1NWCPab5_pY   https://cobinhood.com/ 既存の問題点とソリューション Cobinhood が指摘している既存の暗号通貨取引所の問題点は以下です。 手数料が高い : BittrexやHitBTCなどの主要な海外の取引所は0.2〜0.25%と比較的日本と比べても安い手数料で知られていますが、これらの率はトレーダーの取引率が非常に高い敷居値に達した後にのみ適されると指摘しており、問題点として取り上げています。 Exchange War によると、トップ30の暗号通貨取引所では、平均してトレーダーの収益率に 大きな影響を与えているという。 リアルタイムの取引ができない レート制限された取引API、非リアルタイム取引確認、および遅延された注文書更新のため に、トレーダーはリアルタイムで取引することができません。 セキュリティ問題 : 暗号通貨市場は参入者が年々増えており、市場も加熱しているがゆえ、常にハッカー の標的になっています。2014年2月のBitcoin取引所Mt.Gox事件を知らない方は殆どいないでしょう。26億米ドル相当の被害を生み出しました。さらに、 2016年8月には世界で トップ10の仮想通貨取引所の1つであるBitfinexがハッキングされ、120,000 ビットコインが失われました。 資金の流失も問題ですが、投資家が常にセキュリティ問題を懸念することは、取引市場全体の成長の妨げともなります。また、保証制度を取るところも少ないのも問題点です。 ICOトークンの流動性の少なさ  : ICOにとって最も深刻な問題は、流動性の極端な少なさであり、ICO後すぐにICOトークンを取引所で取引できないことで...

SteX.Exchange(ステックスエクスチェンジ)のよくある質問についてまとめてみた

  こんにちは。今回は、SteX.Exchange というICOのよくある質問についてです。 既に、プレセールが始まっており、間も無く終了します。 SteX.Exchangeとは? SteX.Exchangeは取引所の流動性を高めることにソリューションを提供するプラットフォームです。 詳細はこちらの記事で確認ください。 https://bab-global.net/ico/stex-exchange よくある質問集 SteX.Exchangeに限らず、ICOに参加する上での基本的な質問もありますので、参考にしてください。 STEトークンを格納するために使用するウォレットはどれですか? STEはEthereumブロックチェーンで発行されたERC20トークンです。トークン所有者は、MyEtherWallet、Metamask、Parity、MistまたはLedger(ハードウェア財布)などの公式のEthereumウォレットを含む既存のEthereumクライアントを使用して、STEトークンを簡単に保存および管理できます。 Ethereumのアドレスを作成しなくても、ICOに参加できますか?  いいえ、STEはEthereumブロックチェーンで発行されたトークンなので、STEトークンを受け取って保存するにはEthereumアドレスが必要です。任意のEthereumウォレット(MyEtherWallet、Metamask、Parity、MistまたはLedger)を使用できます。 取引所のウォレットからICOに参加できますか? 取引所から通貨を送ってはいけません。そうすると、トークンを取得できない場合があります。 ETHの代わりにBTCまたは他の暗号通貨によってSTEトークンを購入することはできますか? いいえ、ETHの支払いのみ受け付けています。 Coinbase、Poloniexのような取引所から資金を送金しないでください。あなたの個人的な財布からのみ受け付けます。STEトークンは、スマート契約からETHが到着したウォレットにすぐに送信されます。 米国または香港市民がトークン販売イベントに参加できますか?国の住人はどうですか? 米国の法律のために、米国の住民がSTEトークン配布に参加できないことはわかっています。あなたが香港または米国の市民でも米国内の永住者でもなく、プエルトリコ、米領バージン諸島およびその他の海外を含む米国内に主たる住居または住所がない場合は、STeX ICOに参加することができます。 また、Ethereumネットワークで使用されているブロックチェーン技術や国の規制により参加者の居住地を確認する能力がないため、STEトークン所有者としてこのプロジェクトに参加する法的能力についての最終決定は参加者自身が行う必要があります。 ICOが終了した後、取引所でトークンを利用できますか? はい、複数の取引所に追加するために必要な書類をすべて準備しています。 すべてのトークンを販売しない場合はどうなりますか? ICOの後で未配布の余分なトークンは、30%以上が配布された場合に焼き付けられます。詳細は、トークンの説明ページまたはホワイトペーパーを参照してください。 MyEtherWalletにSTEトークンを追加するには? ボタンを押す フォームに記入し、「保存」ボタンを押します。 アドレス:0xaE5652Ea226BFaE00B8d542e58231362aF836Fda シンボル:STE 小数点以下:8 これで、MyEtherWalletでSTEバランスを確認できます。 最後にいくつかニュース 最新ニュースです。 9月28日のニュースですが、IOTA(アイオータ)のCo-founderであるPopov氏がアドバイザーに就任しました。 さらに、SteXのDEEPは、WINGS DAOとパートナーを結んでいることも明らかになりました。 詳細スライドはこちら WINGS DAO :予測市場を伴う分散型自動化組織(DAO)プラットフォームであり、DAOプロジェクトの提案からDAOの成功するか否かを予測し、賭けることができその予測の評価の高さが報酬に反映される仕組みです。 ...

【取引所】SteX.Exchange(ステックスエクスチェンジ)は取引所の流動性を高めるための未来のプラットフォーム

こんにちは。今回ご紹介するのは、SteX exchangeというICOです。 暗号通貨取引所関連ということで、海外でも比較的人気のICOの1つとなっており、そのソリューションが面白かったので、今回私も取り上げました。 SteX. Exchangeとは? STeX.Exchangeは、完全に公的に所有されている最初の暗号通貨交換所であり、他の取引所にはない、流動性の問題を解決するための複雑なソリューションです。 大きな特徴として、手数料からの営業利益の100%がSTEトークンホルダー全員に比例して分配されます。 SteX.Exchange 開発チーム コアチームは3人ですが、新たにアドバイザーとして、IOTAのco-founderであるPopov氏が加わりました。 Andrew Makarskiy/CEO, HRand public relations SteXのCEOは、20年のマーケティング経験があり、2014年にProValue Trading Academyを創設しました。主要証券取引所における15年の実務デリバティブ取引経験もあり、Provalue Analytics Investor Toolsの開発者でもあります。 専門分野:上場企業の分析、株式に関するオプション、ETF、ETN、レバレッジド・インスツルメンツ、先物オプション、バックテスティング、統計分析、オプションコースの有名トレーナーなどの二次派生商品のオプション。 Nicholas Prays/CTO computer genius SteXの創業者&CTOであるNickは Googleの買収候補者であった有名なKeyCAPTCHAの創設者で、Nickはテクニカルディレクター、アーキテクト、チームリーダーとして働いていました。 2010年10月の創業以来、KeyCAPTCHAプロジェクトは現在まで99.99%の稼働時間を誇っており、月に4000万人以上のユーザーを抱え、世界中のスパマーから2万以上のサイトを保護しているようです。 また、KeyCAPTCHAは、TeamViewer、ESET、BinDB、Bethesda(Fallout、Doom、Elderゲームの出版社)、SamMobile(スマートフォンに関する世界最大のポータルの1つ)などの有名な企業によっても使用されています。 Ivan Mityaev/CFO Compliance and Legal Department SteXのコンプライアンス、法務部のCFOであるIvanは、コンプライアンスと法務部、危機管理の経験、成功したスタートアップとマーケティングの構築をし、過去10年間で、ウェブサイトネットワークから、バックテスター、統計分析ツールなどを含む民間企業向けの広範囲の株式取引機材まで、多くのプロジェクトを開発しました。 専門分野:市場形成活動、HFTアルゴリズムの開発、トレーディングシステムのストレステスト、バイアスのないバックテスティング、統計の実践的知識、定量的取引手法、深い技術分析、市場サイクル、価値と成長投資家の深い理解、 php、c ++プログラマ SteXのプロジェクト 多くのコインとトークンは、最大の問題である流動性の欠如に苦しんでおり、活発なトレーダー/投資家には大きな影響をもたらしています。例えば、あなたはコインAを持っていて、それを売って利益を得る良い機会があると同時に、新しい有望なトークンやコインBに投資したいと考えています。 唯一の問題点はそれらが異なる取引所で取引されている(または高いレートである)ことで、この状況でトレードしようとすると、あなたの資産をある取引所から別の取引所に移す必要もあります。 そこで、SteXは伝統的な証券取引所で作用するために開発された独自のHFTアルゴリズムを使用して、この問題を解決し、1つのトレーディング・プラットフォームからすべての取引可能性へのアクセスを可能にします。 より高い流動性・クロスレート・ストップロスやテクニカルインジケータに基づく条件付き注文など、あらゆる種類の注文を可能にします。 さらに、暗号化取引を最大限に活用したいすべての人に、世界をブロックするために、レバレッジ、ポートフォリオマージン、先物、オプションなどの高度な金融商品を提供します。 SteXの特徴 100%の手数料無料: 毎月あなたのSTEトークンの現在価値よりも100倍多い手数料で100%手数料無料の取引を受けることができます。 ...

ソーシャルでつながる

837フォロワーフォロー

Latest article

Xbrick取引所の登録方法、XBCトークン購入方法、エアードロップについて

  XBrick とは? 大きな特徴としてはダイナミックな流動性エンジンが搭載された取引所であることです。 詳しくはこちらの記事で メリットとしては、 バージョン1.0が稼働している 新規取引所バージョン2.0のトークンが獲得できる トークンは割引機能があるため取引所の活性化とともに需要が上がる 点が考えられます。 登録方法 プラットフォームの1.0版が機能しており、ウェブサイトは以下のような感じ。現在日本語、中国語、英語に対応しています。 登録はこちらからできます。 Xbrick登録 登録ページに移りますので、以下の情報を入力します。 メール認証コードを入力します。 登録はひとまず完了です。 登録後やること 個人認証 セキュリティ設定 セキュリティ実行 ログインパスワード変更 トレードパスワード変更 ログイン履歴 api設定 まずは個人認証をする必要があります。 以下の個人情報を提出します。 次に、パスポートなどの資料を提出します。 セキュリティ設定から以下三項目を設定できます。全て行いましょう。 トレードパスワードはログインパスワードとは異なる強いパスワード設定を推奨します。Google2段階認証も必ず設定しておきましょう。 セキュリティ設定をしましたら、実行確認します。 ログインパスワードは必要に応じて変更できます。そのつど変更することを推奨します。 トレードパスワードも変更できます     紹介プログラム 紹介プログラムでは、紹介者の取引から半年間50%の利益がもらえます。 是非、この機会に紹介してください。 取り扱い通貨 バージョン1.0では、以下の通貨が取引可能です。 ETHペア     AE BTO BTS CAN DBTC EOS HLC HOT SEER SMTH MBTCペア AE BTS CAN EOS ETH XAS BTCNYペア ETH MBTC USDT ETH MBTC 最近ICOから7倍近くまで高騰したHoloのようなマイナー通貨も取り扱ってるので、Wowooが上場したbit-zのように有名通貨がいち早く上場すると、取引所の活性化につながる可能性があります。   アンドロイド、iPhone版のアプリもある 入出金およびトークン購入方法 トークン購入の前に資産をデポジットする必要があります。 ダッシュボードからAssetをクリックします。 Real name verificationを行う必要があります。 デポジットタブをクリックすると、通貨一覧が出ますので、この場合はETHを入金します。 アドレスを生成したら、そちらに送金してください。 トークンセールページについて Xbrickでは複数のトークンセールをサポートしています。   activeをクリックすると、開催中のトークンセールに参加できます。 XbrickのXBCプレセールです.   Buy Nowをクリックします。 Confirm&Acceptをクリックします。 Buy Productから購入できます エアードロップも開催中 エアードロップポータルのiXBCから参加できます。 はじめに携帯認証が必要で、続いてパスワード設定します。   タスクは③項目 友人紹介 テレグラム参加:20XBC KYC完了:50XBC トレーダーのためのXBCトークンエアードロップも開始 上記のエアードロップに加えてXBrickでトレードすることで、無料のXBCトークンを手に入れることもできます。(期間限定) 以下の要素に依存します。 1.イベント中のすべての取引セクションにおける各ユーザーのトランザクションの累積量。USDTとして計算されます。 2.イベント後の99USDT毎にエアドロップ1XBC 3. 2018年5月17日19:00から2018年5月27日19:00まで(GMT + 8)、すべての取引セクションで累積取引量が上位20に達したKYCのユーザーXBrick.comに以下の賞が授与されます: 1位:100,000 XBC 2位:50,000 XBC 3位:25,000 XBC 4位-5位:10,000 XBC 6〜10位:6,000 XBC 11〜15位:2,000 XBC 16〜20位:888 XBC 取引活性化キャンペーンですね。 まとめ Xbrickプロジェクトはオーストラリアのチームですが、binanceやhuobi okexのような自社トークン割引を利用しています。 XBCトークンは現在、プレセールで購入でき、プラットフォームv1.0ではマイナー通貨も取引が可能です。 最近では、BTO HOTなどのICOトークンも早々に上場しており、有望銘柄のトークンの取り扱いが早期に行われるとユーザーも増えてくるかと思います。 早いタイミングですので、開設しておいても損はないかと思います。 関連リンク 公式サイト 白書 twitter facebook telegram Author BABbit43 For...

Essentiaの開発計画について

  Essentiaの技術ロードマップと進捗状況(執筆時点) ロードマップでは、2018年第1四半期から2020年までのEssentiaの開発について概説しました。 簡素化のため、すべての変更と計画は、ソフトウェア(SW)開発、ハードウェア(HW)開発、およびパブリック(PUB)の3つの部分に分かれています。 詳しくは白書をご覧ください。 現在完了している開発は以下です。 フレームワークの基本要素(実装済み) Essentia製品のログインページのデモが公開されました。今すぐ簡単な登録プロセスを経て、ウェブサイト上であなた自身のためにフレームワークを試すことができます。 Essentiaデモの登録プロセスは、より迅速かつ便利になり、登録時にすぐにシードとキーストアファイルを保存する必要はなく、後で設定を行うことができます。 実装済みのツールは以下です。 シード ○  ストレージ ○  dApps △ eLogin ○  Etherdelta ○  サポートフォーム ○  ガイドライン ○ 自動ログアウト ○   ウォレット 財布は実装されており、通貨は以下の12の通貨に対応しています。 タイプ ERC20 サポート通貨 BTC ETH BCH LTC NEO Aragon FlypMe Misterium Status EOS Tron Golem Tether  コールド財布  ○  QRコード  ○  オフラインアクセス  ○  ハードウェアアクセス  ○   ユーザーのセキュリティへのコミットメントに合わせて、Essentiaのコールドウォレットも実装しました。これから、ユーザーはフレームワークの機能をオフラインモードで使用することができます。 オフラインで作成したトランザクションは、ファイルとして保存されます。後で、この取引は任意のデバイスからいつでも便利にいつでも開始することができます。また、ウォレットがサポートする通貨の一覧を引き続き拡大しています。 フレームワークへのアクセス方法としてはいかが追加済みです。 ハードウォレットによるアクセス(Digital、Bitbox、Trezor、レジャーnano) JAXX、Trezor、MetaMask、Exodus、imTokenなどの他のウォレット MyEtherWalletへのアクセス(ESSトークンを使用) 秘密鍵を紛失した場合(または盗まれた場合や盗難された場合)、ETHへのアクセスのみが失われ、残りのコインは安全のままになります。 Essentiaでは、ユーザーのセキュリティを向上させるという目的をさらに高めるために、ハードウェア財布を使用して当社のフレームワークにログインすることが可能になったことを報告しています。 ストレージ(セキュリティ層の追加) ストレージ実装済み Storj IPFS Siacoin アップロード/ダウンロード ○ 自動保存 ○ ドラッグ&ドロップ機能 ○ 追加の設定ファイルストレージとしてStorJ、IPFS、Siacoinを実装し、Essentiaに別のセキュリティ層を追加しました。 また、統合されたストレージに異なるファイルタイプをアップロード/ダウンロードすることも可能にしました。比較として、このアップデートの前にユーザーはテキスト文書のみをアップロードすることができました。 設定ファイルの保存構造を変更しました。現時点では、ユーザーが設定を変更したり、ランチパッドからdAppを追加または削除したりするたびに、これは自動的に設定ファイルに保存されます。サイズ制限が増えたため、ユーザーは大きなファイルをストレージにアップロードすることができます。 ユーザーの利便性を考慮して、ストレージのドラッグ&ドロップ機能を追加しました。効率性と利便性が向上し、以前よりも簡単にファイルをアップロードできます。   dApps 現在9つのツールに対応しています。 eLoginの基本バージョンが実装されました。これは、crypto-signを使用してすべての統合dAppに認可を付与する手段です。6種類のアクセスが可能です。   実装済みdApps  9つ eLogin 基本バージョン Aragon、IOTA、OmiseGo、Status、NEO、Ethereum     ウェブサイト 多言語 ✔ ホワイトリスト ✔ KYC ✔ トークン購入ポータル ✔   多言語に関しては英語と韓国語が利用可能でほかの言語も追加されます。 トークン購入およびホワイトリストに関してはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/essentia-register 開発中のモジュール構造について Essentiaは多数のモジュール構造を備えたフレームワークです。以下簡単に説明します。(かなりありますので暇な時間にでも読んでください) ESS-BASE ESS-COREに接続してRoot-IDを作成/管理/復元/使用する機能 ESS-CORE ESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュール ESS-HOME ESS-BASEとCORE機能を、他のすべてのモジュールとコンポーネントに接続するメインモジュール ESS-PAY 暗号化ウォレットへのアクセスを管理するためのモジュール ESS-Auth/Groups IDおよび制御された、または参加している(複数の)グループに関連付けられている認証の作成/編集/削除を管理するモジュール。 ESS-FUEL システム内のESSトークン・レイヤーを処理するモジュール ESS-Talk/Docs/Stamp 他のIDおよび第三者と交換されたデータ/ドキュメント/メッセージを署名/暗号化/復号化/検証するメッセージング(pgp-style)モジュール ESS-DNS 発見可能/到達可能なIDの公開鍵(ユーザーのアドレスまたはアカウント)をトップレベル/人間が読めるWebドメインまたはブロックチェーンリソースに変換して変換するモジュール ESS-DATA コアデータインフラストラクチャを管理するモジュール ESS-META IDまたはサブIDを追加のメタデータレイヤーに接続するモジュール。 ESS-PingPong 限られたデータ/帯域幅で簡単なデータ通信プロトコルを運ぶモジュール。 ESS-Bridge 分権化されたリソースと従来の集中リソースの両方をEssentiaと接続するオフライン、ハイブリッド、またはオンチェーンのモジュール ESS-CONFIG すべての構成データを処理するモジュール。 ESS-AUTOMATE スタンドアロンまたはコンステレーションのフレームワークのインスタンスの配置、自動化またはオーケストレーションを処理するモジュール。 ESS-ORACLEs Essentia Frameworkの中でオラクルとして機能するモジュール ESS-DEL all-configs、all-media、all-Sub-ID、delete-everything機能やplatform-resetなどのデータの削除/リセットを処理するモジュール ESS-CLOCK ブロックチェーン相対時間を考慮して処理するためのモジュール。 ESS-TOOls Essentia Frameworkとのスムーズな接続と相互作用を可能にするためのモジュール ESS-SYNC ESS-Home / OS、外部サービスなどとのモジュール/ OS /マルチデバイス間のデータの同期を特に管理するモジュール ESS-INIT 構成、データ、ファイルなどの再初期化を担当するモジュール。 ESS-PROC 他のモジュールの状態と健全性をチェックするモジュール ESS-KEYRING s / v / e / d /特定のデータ/ファイルに使用される追加のキーペア(Root-IDによって直接制御され、その拡張キーによって制御される)を格納/管理/アクセス/使用するためのモジュール ESS-dGPS ノードからのデータフローを、分散型リソース(on / cross-chain)に接続して利用できるようにするモジュール ESS-OS-DATA ESS-DATAモジュールで管理/含まれていないデータのモジュール ESS-Crypto ブロックチェーンベースの特定のコード/ソフトウェアをそのサブモジュールで実行できるようにするモジュール。 ESS-NET ESS-Home / OS用の特定のネットワーク層を可能にするモジュール ESS-OS-Config ESS-Configに接続し、ユーザーが希望する構成をESS-OSにデプロイするモジュール ESS-REPO ESS-OSのリポジトリおよびEssentiaプラットフォームの他のコンポーネントとモジュールの更新を管理し、リポジトリを管理するモジュール。 ESS-MAKE/SMITH ESS-OSまたはESS-Moduleのビルドスクリプト/イメージ/ ISO / etcを作成し、最終的にESS-ID、ESS-Config、ESS-DATAに接続することによってユーザー設定に合わせて構成するOS-Makerモジュールその他の関連モジュール   簡単に説明します。 ESS-BASE はいくつかの言語/ライブラリで書かれているので、既存のフレームワークやオペレーティングシステムに適応するために、ブラウザのメモリ内モジュール、専用のハードウェア、アプリケーション、Dappまたはプラグインに適合することができます。ユーザーデータやキーは保存されませんが、ユーザーはESS-COREにロードされて管理されているルートIDとサブIDキーを使用してトップレベルで操作できます。   ESS-COREはESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュールです。 ESS-IDはルート-ID(シード)であり、まったく同じ特性を有するサブIDを/署名/暗号化を検証/データを復号化し、生成/破壊/管理することができます。また、複数署名の作成/管理機能も備えています。 ESS-HOME は信頼できるサードパーティと接続/統合するモジュールをホストします。 ESS-Auth /...

【ICOレビュー】Xbrickーゴールドマンサックスや上場企業を歴任したオーストラリアの企業は新たな暗号通貨取引所を立ち上げる

    XBrickプロジェクトの背景と概要 暗号通貨世界はユーザーの採用や政府の規制の進展に伴い、最先端の暗号の交換を実行するには、完全性、高度なテクノロジ、先見性、および競争性が不可欠です。 中でも重要なのが、ユーザーエクスペリエンスとサイバーセキュリティの向上です。 XBrick.ioは、暗号通貨とブロックチェーン技術に豊富な経験を持つ技術チームによって独自に開発されました。  XBrickは世界中のユーザーに多言語を提供し、自動KYC ID照合手順をサポートし、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、コールドストレージシステムを暗号化ウォレット管理に適用します。  プラットフォームを通じて、ユーザーはグローバルな暗号化市場にアクセスし、最高の買い買い価格で取引することができ、暗号価格を売ることができます。 プラットフォームと技術特徴 高性能秩序マッチングシステム 機能は次のとおりです。 1)マッチするエンジン順序信頼性の高いマルチキャストと全体的な順序付けを解決するためのアトミックマルチキャスト 2)ロックされていない注文シーケンス・キューに基づくフローライン・マッチング技術。 3)データベースとのやりとりを実現する非同期化技術 4)マッチングエンジングループの状態を監視し、システムのフォールトトレランス機能を保証するためのフェールオーバー技術 5)故障したエンジンを回収したり、新しいマッチングエンジンを追加するための進捗状況追跡技術 XBrickは、このメモリマッチングエンジン技術と200万回/秒の高性能秩序マッチングシステムに基づいて、取引注文が遅れなく処理されることを保証し、超高速かつスムーズな取引経験を提供します。 システム1.0は、2017年11月11日以降稼動しています。 システム2.0は、ダイナミック流動性供給エンジンによって提供された当社独自のR&Dedグローバル連結オーダーブックで市場に打ち切られる予定です。  完成様子は以下です。 ウェブサイト 取引プラットフォーム      安全なウォレット管理 XBrickは、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、暗号化ウォレット管理にコールドストレージシステムを適用しています。 取引所は、ユーザーにとって安全な取引環境を創造することを全面的に担い、他のすべてのビジネス要素よりもセキュリティの優先順位付けに全力を尽くしていると考えています。ユーザーの暗号化資産を保護することについては、トレードオフはありません ダイナミック流動性プロバイダ 同社の戦略的パートナーであるLiquidAlphaは流動性エンジンである流動性供給エンジン(DLPE)を独自に開発しており、このシステムは、流動性ゼロの状況で顧客注文と取引するように構成されており、数秒ごとに特定の条件で注文を実行する高度なアルゴリズムを備えています。  10年以上のマーケットメイキングと高頻度取引経験を持つ経験豊富なトレーダーと開発者のチームによって設計されたDynamic Liquidity Providing Engine(DLPE)を使用しています。 DLPEは、複数の暗号化交換の市場の深さから中間参照価格(MRP)を計算します。 ロジックは、ユーザーの買い注文または売り注文がこのMRPから一定のパーセンテージを超え、60秒を超えて他のXBrickユーザーと一致しない場合、注文は非流動状態であるとみなされます。 DLPEが非流動状態の注文を特定すると、その注文を実行してユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 ウォール・ストリート標準の進化した注文方法 Xbrickはウォールストリートの標準注文型を暗号化通貨市場に持ち込み、ユーザーには時間加重平均価格(TWAP)、量加重平均価格(VWAP)、氷山注文タイプを導入しています。 これらの高度なオーダー・タイプとオートメーションを統合することで、ユーザーの実行時間を節約し、市場への影響を最小限に抑え、最適なフィルを得ることができます。 高速取引 XBrickは毎秒200万件以上の注文を処理することができます。 また、KYCシステムは自動化され、グローバルな実名データベースに接続されており、ローカルID文書を使用してオンラインでリアルタイム検証を実行できます。 登録と検証プロセス全体には約5分しかかかりません。あなたが私達と一緒にいるときは、プロセスに関わるすべてのものを世話している間に、暗号取引に専念することができます。 価格保護機能 XBrickの取引システムは、独自のチームによって社内で開発されています。  取引システムには、制限注文、停止注文、バッチ注文という3種類の取引注文があります。  XBrickユーザーは、価格保護機能を有効にすることができます。これにより、異常な価格が提出されるたびに警告が表示されます。 この機能は、ほぼすべての暗号交換で共通していた価格の誤植による損失を保護します。  mBTC-BTC取引をさらに民主化する(世界初) XBrickは、Bitcoinを千パーツ単位でmBTCと称する世界で初めての取引所です。 mBTCはBTCを1000で除算したもので、新しい暗号通貨ではありません。 XBrickでは、mBTCの入出金により通常のBTCアドレスが使用され、ユーザーはBTCの新しいユニットを柔軟に体験できます。 信頼できるデューデリジェンスパートナー XBrickはトークン販売プロジェクトを事前にスクリーンし、配布のために申請されたプロジェクトの3%未満で動作します。 潜在的な指数成長要因だけでなく、チームの完全性、プロジェクトの持続可能性、法的要因も見ています。 オーストラリアのマネー・ローンダリング対策や対テロ資金規制によって規制されていないにもかかわらず、XBrickは潜在的な規制を準備するための先進的なマネーロンダリングID検証システムを開拓してきました。 利用されているID検証システムは、XBrickがソース国のローカル識別文書を考慮して適切なIDチェックを設計しているため、最先端のものです。 現在リストされている暗号通貨 XBrickは、ETH、mBTC、BITCNY、USDTの4つのマーケットプレイスを運営しています。 これらのマーケットプレイスで取引できる暗号通貨は、BTC、ETH、EOS、AE、CAN、XAS、HLC、BTS、BTO、SEERです。 XBrickは、リストアップ可能なトークンを選択し、より高品質のトークンのためのプラットフォームを作成しています。 XBrickは時折、BITCNYマーケットプレイスでトークン投票キャンペーンを実行しています。BITCNYマーケットプレイスでは、お気に入りのトークンをすべてのユーザーが指名できます。 多言語対応 XBrickは、システムのインフラストラクチャを表示言語から分離し、プロの言語チームを使用して各言語を校正します。 この構造により、さまざまな表示言語を効率的にサポートするXBrickの機能が保証されます。 交換は現在英語と中国語で行われており、XBrickは今後、ロシア語、韓国語などを提供する予定です。 XBrickは可能な限り母国語のコミュニケーションをサポートすることを目指しています。 複数のユーザインタフェース XBrickは、以下を含む複数のユーザーインターフェイスをサポートしています。 WEBエクスプローラ Androidインターフェイス IOSインターフェイス H5 Mobile Explorer PCインターフェイス 技術ロードマップです。 2017年7月:XBrickシステム1.0の完成、内部テスト 9月:ベンチャーラウンドの資本調達完了 11月:XBrick交換(Webベース)の正式発売 XBrickトレーディングアプリ(Android)の正式発売 2017年12月:XBrickのトレーディングアプリ(iOS)の正式発売 グローバル連結オーダーブックプログラム開始 2018年2月:XBrick交換チャートシステムのアップグレード(Webベース) 2018年5月11日:XBC事前販売ラウンドオープン Q3 2018ターゲット ダイナミック流動性提供エンジンによるExchange System2.0の開始 XBrickでXBC Public-Sale&Listingを開始 ウェルカムマーケットメーカー Q4 2018 新しい取引インタフェース 継続的なシステムと技術のアップグレードとなるR&D 第1層のCRYPTOCURRENCIES EXCHANGE 市場と競合分析 チームは、白書で市場分析を行なっています。現在の取引市場での問題点をあげます。 セキュリティ上のリスク:MTGOXの事件に始まり、 2016年に、Bitfinexから12万のBitcoinsがハッキングされ、盗まれた。他の多くのハッキング事件が取引を破産しています。監督不足のために、さまざまなプラットフォームが内部盗難事件の犠牲者となっています。 不十分な取引市場の深さ:ほとんどの場合、個々の暗号通貨は複数の取引所で取引されます。これは、各取引所の市場の深さを薄め、価格の不一致を引き起こし、トレーダーにすべての取引を最良の価格で監視させる。 貧弱な取引システム/低機能秩序整合エンジン:2017年を通じて、暗号通貨の取引量は10倍以上に増加しました。迅速にオンラインに移行するために、実行可能な最小限の製品と効率的ではない取引システムの枠組みで多くの取引所が開始されました。このような取引は、取引量と頻度の指数関数的な増加を満たすことができませんでした。その結果、トレーダーは視覚的な遅れやサーバーの渋滞に苦しんだり、機能していないフロントエンドのWebページに直面したりしていました。 サービスとユーザーエクスペリエンスの低下:多くの取引所では、ユーザーを確認するための複雑なプロセスと長い登録承認プロセスがあります。その多くは、顧客の問い合わせや重要な問題に迅速に対応することができません。たとえば、2017年の後半には、世界最大の取引所の一部が、圧倒的な受注残により新規ユーザーの登録を中止しました。  時代遅れで馴染みのないエクスチェンジ機能:現在、多くのエクスチェンジは、複雑なユーザ操作プロトコルと古くなった機能を提供する非常に単純なインフラストラクチャを持っています。 これらの取引所の多くは、アウトソーシングを通じて開発されたものであるか、旧式のプラットフォームコードを利用して開発されたものです。...
error: Content is protected !!