Everex(エベレックス)のICOに参加。ブロックチェーン技術による金融格差解消は実現できるか?

  こんにちは。 今回は、ICOのご紹介です。ここ数日、いろんなICOを吟味して来ましたが、中でも有望そうなものをシェアします。これまでたくさん出て来てますが、Omisego、InsureX、TenX PAY、Civicなど最近ではICOの中でも価値をつけてきているものもあります。今回はこのようなICOの仲間入りできる可能性を秘めた通貨です。   Everex(エベレックス) Everexは、ブロックチェーン技術を応用して、非銀行的な金融サービスを提供することで財政的な困難状況を解決することを目的に始まったICOプロジェクトです。 具体的には、クロスボーダー送金、オンライン決済、両替、マイクロレンディング(小口の金利融資)などのEverex社の金融エコシステムにより銀行を持たない貧困層をターゲットに始まりました。 Everex社について 今回ICOを手がけるEverex社はシンガポールのフィンテックスタートアップ企業であり、直近のシード資金調達ラウンドでは、中国の工業コングロマリットである Holley Group(華立集団)から50万$を調達するなど、すでに実績を出してます。 また、イーサリアムのブロックチェーンを利用したオンライン決済サービスを主に開発してます。 代表的なプロダクト ご存知のものもあるかと思いますが、代表的なサービスを紹介しておきます。 ●chainy URL Shortenerは、イーサリアムの取引履歴である、TxのURLを短くするサービスであり、いわゆる短縮URLのようにスペースを節約するだけでなく、リンク切れ無しを保証するものです。 リンクアドレス先は短いコードでブロックチェーンに保存され、誰でも変更することはできません。 ●Etheplorer   ICOに参加したことがある方はご存知かと思いますが、イーサリアムプラットフォームのICOに参加するには、イーサリアムをERC20対応(秘密鍵を作成するタイプ)のウォレットから送る必要があります。そして、このウォレットに証明としてトークンが配布されます。 ウォレットは、MyEtherWalletが代表的ですが、Ethplorerとは、送られてきたトークン履歴を確認することができるサイトのことです。 Ethlorerは、MyEtherWallet、Chronobank.io、Everex Wallet、Coinbooks、CHAINY、vDICE、CoinTracking、COINIGYのようなブロックチェーンプロジェクトで既に使用されています。 EverexのICO参加もMyEthetWalletを使用して参加することになります。 ※参加方法は後述 このように、Everexにはすでに様々なブロックチェーン製品を開発、生産して来てます。 Everex社はフィンテック分野ではすでに実績のある企業 Everexは【RSK】・【Coinbooks】・【CoinTracking】・【chronobank.io】・【COINIGY】などのイーサリアムのアプリケーションサービスを提供しています。 COINIGYというのは、暗号通貨に特化した高性能のチャートやArbmatrix(取引所間の売買値の差額をマトリックス表示したアービトラージツール)というものを提供してくれるサービスのことで無料版・有料版があります。 タイ最大のバンコク銀行提携 Everexはタイ最大の銀行であるバンコク銀行のBangkok Bank(バンコクバンク)というプロジェクトにも参加しています。「Bangkok Bank InnoHub」のオフィシャルサイトにてEverexの紹介があります。 Bangkok Bank公式サイト すでに暗号通貨業界では有名な企業ですが、今回新たに次の項で説明する明確な目的のためにICOプロジェクトを立ち上げました。 世界中の銀行を持たない貧困層を助けるICOプロジェクト 現在世界中には、発展途上国の20億人ものが金融インフラの未発達などにより、世界経済から孤立しており、アクセスできない状況があります。 そこでEverexは、世界の金融システムから除外されている20億人が、経済発展とビジネスの両方に大きな未開拓の可能性を秘めている点に着目して、この貧困削減と経済成長のために新しい金融ソリューションを提供することで金融格差を解消しようとしています。 具体的には以下のサービスでこの金融格差解消を支えるようです。 Everex社が提供する法廷通貨CryptoCash ブロックチェーン技術を利用することで法定通貨をCrypto CashというEverexが提供すること仮想通貨に変換します。 特徴は公式サイトから抜粋。 CryptoCashの特徴 マイクロクレジット:どこでも、どの通貨でもお金を借りれる 即時国際送金:国境を越えて貨幣を瞬時に送金する 外国為替:世界中の外貨取引売買 モバイル支払い:ベンダーやサービスプロバイダーにボタンでワンクリック支払い可能 簡単な引き出し:世界中のATM、現地の取引所、小売店で現金引き出し ボーダレス&包括的:誰でもCryptocash通貨にアクセスでき、完全に裏付けされ、閲覧可能なエスクローに保持されます このように、ブロックチェーン技術のおかげで、取引手数料は最小限に抑えられ、Crypto CashをATMで引き出す際には、自国の法定通貨に変換できるので、より安く、国際送金やCrypto Cashが対応しているモバイルサービスの支払いにも利用できます。Everexは貧困層のため、小口金融のプラットフォーム上に、安価に国際送金ができるシステムに着目しているため、従来のマイクロファイナンスと異なり、利便性は高いです。 マイクロファイナンス(小口金利融資) モバイル端末を利用したマイクロファイナンス(小口の低金利融資)により、途上国に暮らす貧困層の人々に安定的な生活基盤を提供します。 内容としては、ユーザーがこのプラットフォームを通して、どんな法定通貨でも自由に選び、借りることができるようになります。その際、モバイル端末上のEverex Wallet(Everex社の提供するウォレットサービス)と連携し、ユーザーの行動・ソーシャルデータ・消費パターンを元に、自動的にそのユーザーの信用スコアや適切な利率・貸付期間およびリスクを算出できるとのことです。 EverexWallet Everex Walletを使用することで、世界中の人々が数分でスマートフォンでお金を送受信できます。ブロックチェーン上で取引が透明なEverex Walletは、現在、タイとミャンマーでも利用可能であり、間もなくより多くの国が訪れるようになるようです。 このデジタルウォレットで、世界中どこでも自由に銀行がなくとも送金が可能になります。 ※EverexWalletはすでにアプリでダウンロードできます。 EverexのICOロードマップ 以下公式サイトから抜粋。 【2016年:パイロット検証】 100人の移住労働者を対象にタイとミャンマーの間で総計850,000タイバーツ2017年6月2日現在のレートで、約270万円相当国際送金の成功(約24,000$) これにより、従来の国際送金コストよりも7%節約することができたとのこと。 【2017年Q2:戦略と計画】 法的整備 フレームワークストラテジックパートナーシップマーケティング PREstablish EVXコミュニティアドバイザリーボードの選択 トークンセールプラットフォーム開発とEVXトークンのテスト開発 【2017年Q3:オープン】 規制フレームワークコンプライアンス実施計画 ライセンス貸出および通貨交換のためのアプリケーション 銀行と流動性プロバイダーとのパートナーシップの確立 トークンセールイベント、EVXを取引所に掲載 キーポジションのための人材募集 製品ポートフォリオロードマップ実行計画ミャンマー、ロシア、タイ市場の公式発足 EVXコミュニティ開発 【2018年第1四半期】 製品/市場グリッド アジア3つの市場における送金・送金開始 新製品の機能検証と統合 中東およびヨーロッパにおけるビジネス成長の機会セールス&マーケティングキャンペーン戦略 規制フレームワークの遵守 安全な技術パートナーシップ 第1四半期のEVXトークンの買戻し(20%付与) 【2018年第2四半期】 製品/市場の拡大GRID 中東の新市場開拓 マーケット特有のセールスおよびマーケティングキャンペーン 成熟市場におけるビジネス成長の機会:ヨーロッパ/米国 新興市場におけるビジネス成長の機会:中国、インド、SA 規制枠組みのコンプライアンス強化 ハードウェアパートナーシップを確立する 選択された市場で簡単に現金を入出金する B2B拡張戦略 四半期ごとの買戻し 【2018年第4四半期】 ビジネスの成長 成熟した新興市場の発足 強化されたEVXコミュニティ 製品ポートフォリオの拡大 ...
error: Content is protected !!