ホーム ICO ETHLend(ETHレンド)

ETHLend(ETHレンド)

    ETHLendはStarbaseのCEOであるサトートモアキ氏を新たにアドバイザーとして歓迎する

      こんにちは。今回は、トークンセールが開催中であるETHLendに関する記事です。 日本とも関連のあるニュースがありましたので、シェアします。 ETHLendとは? ETHLendは分散型のレンディングプラットフォームです。 イーサリアムネットワーク上で動作し、ピアツーピアのグローバルな貸付市場を目指しています。 ETHLendにStarbaseのCEOがアドバイザーとして加わる 日本初のブロックチェーンプロジェクトであるStarbaseのCEOのサトー・トモアキ氏がETHLendのアドバイザリーボードに追加されたことが発表されました。 彼は、ブロックチェーンエンジニア、投資家、創業者として、暗号通貨空間に豊富な経験を持っています。 彼はイスラム金融のためのビットコインの機会を探している間にビットコインをさらに研究した後、ムスリム少数民族のイスラム教徒のための申請書を作成した過去があります。 また、スマートコントラクトジャパン(https://smartcontract.jp/)の創設者として、日本のスマート契約について執筆し、研究する日本の大手企業として行動しています。彼は世界中の一流の企業に技術コンサルティングサービスを提供しました。 ブロックチェーンのトークンベースのクラウドファンディングおよびソーシングプラットフォームであるStarbase(http://www.starbase.co/)の創設者でもあり、 Starbaseを使用することで、革新的な新興企業はブロックチェーントークンを発行することで資金調達やクラウドソーシングを行うことができます。 トークンベースのクラウドファンディングは、高速で低コストであり、グローバル規模で機能するため、誰にとってもインターネットの価値をもたらすメリットがあります。 彼は原則として地方分権化とブロックチェーン技術の積極的な支持者であるため、ETHLendとの取締役会で、プラットフォームの将来的な開発の技術的構造について助言し、日本市場へのサービスを紹介することに貢献することができます。 ETHLendチームは、トモアキ氏と協力し、分散型貸出市場と技術遂行に関する専門家の助言と見解を得ることに興奮しています。 ETHLendのその他のパートナーシップ 同社は他にも複数のブロックチェーン企業と提携しており、自身の分散型の貸付プラットフォームの手助けとして有効に活用するつもりです。 Digix:この提携により資産のトークン化によりボラリティリスクを回避した貸付を可能にします。 Digixとの提携はこちらの記事で確認ください。 https://bab-global.net/ico/digix-partnership   Bloom:イーサリアムとIPFSによる分散化の信用リスク評価プロジェクトであり、アイデンティティアテステーション、リスクアセスメント、クレジットスコアリングを完全にブロックチェーン上で行うためのエンドツーエンドのプロトコルです。 Bloomは、従来の銀行とデジタル通貨貸し手の両方が、現在銀行口座やクレジットスコアを取得できない何十億もの人々にサービスを提供しています。   Eidoo:Eidooはブロックチェーンと人間とのインターフェースで、ブロックチェーンとそのユーザーとのやりとりを高速かつ簡単にします。 Eidooの目的は、他人がしていないことを達成するだけでなく、より安全で簡単な方法で、ユーザーエクスペリエンスを特に重視し、暗号の世界の複雑さをさらに高めることです。   その他、多数のメディアでも取り上げられており、注目度は高いICO案件となってます。   なお、ETHLendのトークンセールは11月25日から開催されています。 わずか30分以内で10,000,000$(70%)を調達済みです。 今後に期待です。 なお、以下から分散化アプリDappを試すこともできます。 Try live Dapp 関連リンク ETHLendクラウドセールサイト :https://ethlend.io/en/ ETHLend白書:https://github.com/ETHLend/Documentation/blob/master/ETHLendWhitePaper.md Starbase:https://starbase.co/

    なぜETHLENDのP2P融資プラットフォームが必要なのか?

      今回は、ETHLEND に関するニュース記事です。 伝統的な銀行の限界 今日の金融危機に直面している世界では、銀行の流動性が枯渇し、要件がますます厳しくなっています。 そこで、金融資産を獲得するために、消費者はピアツーピア(P2P)融資プラットフォームに急速に傾倒し始めています。 P2Pローンは、個人的な財務目標を達成するために意味があり、人々は、クレジットカードの支払い、家の修理、または休暇のために資金調達をする方法を模索してきましたが、投資家はどこにいても収益を追いかけています。 実際、P2P融資プラットフォームはこれまで以上に普及しています。 これらのプラットフォームの現在の問題は、信頼の必要性です。 P2P融資プラットフォームを使用する場合は、P2P融資サービスプロバイダの口座に資金を入金する必要があります。 さらに、重要な個人データを挿入する必要がある場合もあります。 P2P貸与プロバイダの大きな疑問点は、 プラットフォームがハッキングされるとどうなるか? プロバイダー側から横領がある場合はどうなるか? 貸し付けに設定されている担保を第三者に信用できるか? などです。 ETHLEND のP2P融資 ETHLendは、ブロックチェーン技術を使用して、より安全で高速なグローバルな貸出市場を構築し、デジタルトークンと呼ばれるセキュリティ保護された融資のための新しい資産クラスへのアクセスを提供します。したがって、英国の地方借り手は、英国の銀行と地元のP2P貸出プラットフォームにのみ依存する必要はありません。 世界中どこからでも融資可能 単一の融資要​​求で、借り手は世界のすべての地域からの資金調達を要求することができます。ヨーロッパ、アジア、中南米の投資家は、世界的に最も競争力のある金利を提供するためにローンを競います。ETHLendでローンが発行されると、融資はスマートな契約になります。 ローンの契約は改ざん不可 スマート契約は、一度ブロックチェーンネットワークに展開されると変更できないコードの一部です。したがって、スマート契約を使用してローン取引を行うと、ローンの詳細は変更できません。集中型のP2P貸出プラットフォームと比較して、ハッキングや横領に対する耐性を高めることができます。セキュリティはETHLendが提供する唯一のソリューションではありません。 担保付きの融資 ETHLendは、デジタルトークンを使用した担保付融資を利用しています。これらのトークンは、ブロックチェーン上の価値をデジタルで表現したものであり、家庭会社の株式、コモディティ、車、または単純に暗号通貨の形式などの資産または財産になります。 ほぼすべての資産をデジタルトークンとして提示できるため、ETHLendではローンの担保としてその資産を使用することができます。例えば、自分の家の煉瓦、車の一部、そして資金を受けることができる腕時計を身につけているというような未来を想像してください。すべての財産は流動性があるものになります。 この試みはDigixなどのプロジェクトと提携することで始まっています。 https://bab-global.net/ico/digix-partnership これらのデジタルトークンは、融資スマート契約に保管することができ、第三者の担保権者の必要性を排除したり、P2P融資プラットフォームの必要性を完全に排除します。スマート契約はコードが機能するように機能するだけなので、当事者は真のP2Pローン取引を行うためにETHLendや他のサービスプロバイダーに頼る必要はありません。 まとめ ETHLEND の概念は、ローンを信頼の存在しないものと呼びます。スマート契約がブロックチェーン上に設定されており、契約の合意によって確実に機能するため、両当事者が心配する必要はありません。この情報に基づいて、将来の技術はブロックチェーンであることは明らかです。 ほとんどすべての業界は、ブロックチェーンがもたらす急進的な変化によって現在混乱しています。これらの変化に伴い、産業はより効率的になってきており、ますます成長し続けるでしょう。 同様に、ETHLendは人々がP2Pローンを取得する方法を変えようとしています。 ETHLendについて ETHLendはエストニアに設立され、現在はCryptoValleyとして知られているスイスのツークに支店を開設しています。 ETHLendチームは、マーケティング、マネジメント、ブロックチェーンコンサルティング、法律など、幅広い背景を持つ専門家で構成されています。 ETHLendのチームは、P2P融資の空間を自律的に変え、ブロックチェーンの技術的進歩によって推進することに専念しています。 トークンセールは、11月25日から開催されます。 詳細はこちら https://bab-global.net/ico/ethlend 関連リンク ETHLend 公式サイト: https://ethlend.io Telegram : www.t.me/ethlend

    分散型貸出プラットフォームのETHLendはトレーダーにとってどのようなメリットがあるのか?

      こんにちは。今回はETHLEND に関してです。 今回は、ETHLEND の特徴でもある分散型貸出がトレーダーにとってどのようなメリットがあるのか、詳しく説明したいと思います。 ETHLEND に関してはこちらを参考にしてください。 公式サイト 白書 概要記事 トレードの問題点 現在の暗号通貨市場におけるトレーディングの世界では、トレーダーが資本を使い果たすという重要な問題に直面することがよくあります。 これは、トレーダーが長期的なポジションを取ったときに特に発生し、清算できる機会はその前に訪れている場合がしばしば多いにも関わらず、非流動性の問題により清算できない事があります。 また、特にICOのトークンの場合は、満足にトレードできない現状もあります。 ETHLEND 分散型貸出を利用するメリット  ETHLendは、ユーザーがデジタルトークン(ERC-20標準)やEthereum Name Service(ENS)ドメインなどの暗号資産を担保として使用できる、Ethereumブロックチェーン上のPeer-2-Peer(P2P)貸出プラットフォームです。 例えば、暗号通貨市場では、トレーダーが長期的なポジションをとる場合、長期的に資産の価格が上昇すると予測されており、3〜6ヶ月以上と定義されています。 暗号通貨市場をリードしているのは、ビットコイン、イーサリアム、そしてリップルの3と言われていますが、中でもイーサリアムは顕著であり、 イーサリアムの「スマートコントラクト」は、 ICOされてから、驚異的な需要と信頼を確保し、企業は、このETHを利用して、引き換えに発行された企業独自のトークンと取引する権利を獲得しています。 最近でも、スタートアップのICOも珍しくなく、 VCに比べてはるかに多くのブロックチェーン関連企業がICOで成功しており、日本でも日本でもテックビューロ社によるCOMSAの存在が1つの例です。 その一方で、トレーダー側は本質的に特定の資産に投資しており、長期的には価値の上昇を推測しています。短期的なポジションの場合は、数時間、数日、または1週間かもしれません。 そこで、ETHLEND のブロックチェーン上のP2P融資に関する新しいプラットフォームでは、トレーダーがトークンの保有を維持しながら、ポジションを解除することなく、新しいトークンの流動性を得ることができるというメリットがあります。 つまり、ETHLendは、ユーザーがデジタルトークンを融資の担保として提供することを可能にし、新しい機会への投資を継続しながら所有権を保持することができます。 貸出ユースケース たとえば、EOSトークンで長期的なポジションをとり、EOSクラウドセールが終了してから6ヶ月後に収益を売却しようとしているトレーダーがいるとします。 このポジションを見て数週間経過後、トレーダーは、別の暗号通貨またはトークンを取引する機会を迎えます。 通常、彼は、長期的なポジションを取っているので、この機会を逃すことになりますが、 彼は、ETHLEND では、EOSトークンを先に売買せずに、他の暗号通貨を収集して使用するための担保として使用する事ができることを知ります。 ETHLendのおかげで、トレーダーはEOSトークンを取ってETHLendプラットフォームで融資を受けることを約束することができます。 この新しい融資ファンドにより、トレーダーは新しいトークンへの短期的な投資にも利用することができます。 従って、彼は結果的に同時にEOSトークンと新しいトークンの2つのポジションを保持することで、効率的な利益を得ることができました。 そして、ローンが確保されると、トレーダーは担保に供された長期的なポジションから資金を受け取り、短期取引に投資することができます。 短期ポジションが終わると、取引からの利益を使ってローンを返済することができます。 ローンがETHLendマーケットプレイスで返済された後、担保として使用されるEOSトークンはトレーダーに返却されるため、トレーダーは自分のトークンのポジションを維持し続け、適切なタイミングで売却して、収益を上げることができます。 このようなメリットがETHLEND プラットフォームにはあります。 また、その第一歩として、デジタルトークンの基盤となるのがDigixトークンとの提携です。 現実資産をトークン化するDigixトークンを担保として利用する事で、投資家は価格の安定性や新しい機能にアクセスする事ができます。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://bab-global.net/ico/digix-partnership   最後に ETHLEND に関しては、現在のトレード市場にとっては非常に有利となるようなソリューションを提供しています。 また、信頼性のあるレンディングプラットフォームでもあり、この分野においては、面白くなるプロジェクトではないかと考えています。 トークンセールは、11月25日からです。 詳しい開発部分は、こちらを参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/development-summary 最新情報は、公式サイト、ツイッター、ブログで受け取る事ができます。

    ETHLendがDigixとパートナーシップを発表

      こんにちは。今回は、ETHLendに関する最新ニュースです。  DigixとETHLendが分散型貸出に関する幅広いパートナーシップを発表 ETHLendは、Digixもパートナーシップを結ぶことを発表しました。両者の特徴を維持しつつ、お互いにメリットのある戦略的な提携を行います。その前に両者について詳しくみてみましょう。 Digixは資産をトークン化する Digixは 貴重な現実世界の資産をトークン化する最初の概念実証の1つです。トークン化とは、価格がトレード可能かつ容易に転送可能なデジタル形式のトークンに変換されることを意味します。デジタルトークンは、商品、株式、財産などの現実世界の価値を表します。 すべてのDGXトークンには、監査された金庫に格納されている金1グラムまでの権利が含まれています。したがって、物理的なゴールド・リポジトリを移動することなく、トークン化された金の価値を融資に対して容易に取引または約束することができます。このデジタルゴールドスタンダードは、物理的な金で取引している投資家に、さらなる柔軟性を提供します。 さらに、ブロックチェーンの新興企業の将来の推測に基づく価値を持つ多くのデジタルトークンとは異なり、DGXトークンは実質金の価格の対象となります。したがって、これらのトークンは、デジタル製品を所有するというメリットがある一方で、投資家がボラティリティを回避することを目指す場合に、役に立ちます。 ETHLendとは? ETHLendは、イーサリアムネットワーク上で実行されている分散型ピアツーピアアプリケーションです。 ETHLendは世界中の貸し手と借り手を結びつける世界的な貸出市場です。 ETHLendはERC-20互換のデジタルトークンを担保とした担保付ローンを提供しており、このアプリケーションは、流動性を必要とするトークン所有者や、無料の貸出市場に参加したいすべての人にとって理想的です。トークンを売買してポジションを解除する代わりに、借り手は容易にデジタルトークンにEtherを受け取ることを約束することができます。 また、ETHLendは、Etherchanを全ての人がボラティリティを回避し、融資契約のようなものを可能にするためにEtherローンと法定通貨を結びつける機能を追加し、その一方でブロックチェーン技術と従来の銀行とを区別する全てのメリットを維持します。(境界を越えた高速の取引、全当事者の透明性、スマート契約と呼ばれる自己実行契約を通じた安全な設計などです。) 相互パートナーシップの概要 DigixとETHLendは、”DGXトークン所有者のための新しいユースケースや投資戦略”と、個人または企業にかかわらず”ETHLendプラットフォーム使用者のための価格安定性や新しい機能を作成する”という相互パートナーシップを発表します。 このパートナーシップは、R&Dコラボレーションや製品と機能の共有、そしてブロックチェーン上のビジネスの可能性についてより多くの人々に伝え教育することを徹底するという取り組みで構成されており、ETHLendプラットフォームでのDGXトークンの適合性は、テスト融資が金のトークンによって担保されていることで、すでに正常にテストされています。 テストの流れ ①まず最初に、DGXトークンがアプリケーションの最初の固定トークンとして追加されます。これはつまり、ETHLend上でDGXトークンを誓約したい借り手は、トークンのスマート契約アドレスを提供する必要がないことを意味します。代わりに、そのような情報はアプリケーションですぐに利用できます。 ②そして次に、ボラティリティフィードを導入します。デジタルトークンは、考慮に入れなければならないボラティリティを有するため、 ETHLendとDigixは、異なるトークンのボラティリティを分類し、使用者がボラティリティの固有のリスクを理解するための結果をマッピングします。 このような分類は、融資参加者の安全性に対して有益であり、DGXなどの資産裏付トークンの力を強調します。また、ETHLendは、担保価値が融資の途中で一定の閾値を下回った場合、DGXなどの低揮発性のトークンへプラットフォーム上で資産をスワップ(交換)するを可能にするために、担保スワップオプションを組み込む予定です。 ③そして第三に、トークンとしてのDGXの役割です。ETHLendは、トークン貸付のトピックを研究するためには、Kovan testnet上でスマートな契約を開発するべきであると述べています。 ETHLendは、短期売却や分散などのさまざまな戦略のためのトークン貸出要求をこれまでたくさん受け取ってきており、DGXは安定した貸出基盤のための選択の土台となるでしょう。 ETHLendは、コミュニティが引き続きその必要性を表明している場合は、地方分権化されたアプリケーション上にトークン貸出を採用する予定です。 関連リンク Digix 公式サイト : https://digix.global/ ETHLend 公式サイト: https://ethlend.io Telegram : www.t.me/ethlend ETHLendに関してさらに理解を深めるにはこちらの記事で。 https://bab-global.net/ico/ethlend

    ETHLendが現在開発しているものについて(パート2 )

      その他の開発要素 信用リスクを予測する予測市場 ETHLendは、特定の基準に達している貸出金について予測市場を導入するものとする。信用リスクを評価するための予測市場は、大規模なローン取引に関する実用的なツールです。Gnosis、Augurを使用するか、独自の予測市場プロトコルを作成するという。 人工知能と元帳の信用リスクを予測するための大きなデータ ETHLendは、Ethereum分配元帳データを評価して信用リスクを予測するための人工知能(AI)ボット作成者のためのプロトコルを提供します。AIボットは、取引の質を評価し、与信決定に融資者を援助するために、Ethereumのアドレスに関するデータを収穫し、検査するものとする。 簡素化されたユーザーエクスペリエンス ETHLendは、分散化されたアプリケーションがメインストリームにアクセスするための、よりユーザーフレンドリーなインターフェースを開発しています。融資プロセスは5ステップから2ステッププロセスに簡略化されています。さらに、ETHLendは、借り手に特定のトークンを要求したり、貸し手が融資のためのEtherを送信することを要求する代わりに、「承認」機能を使用して、ユーザーの財布からこれらの資産を回収し、不要なステップを排除します。 貸し手間の金利に対する競争入札 ETHLendは、借り手のための金利に関する最良の市場金利を提供するために、分散アプリケーションのオークションのような入札機能を開発します。逆オークションの形です。 分散保険政策 信用リスクに対する保険を提供することです。ETHLendは、分散型信用政策の市場を提供したいと考え、目的としては、保険者が保険契約のリスクと費用を計算するのに必要なデータを評価できる方法を提供することであり、そのようなオファーを貸し手に提供することです。 為替リスク管理(法定ペッグ通貨) ポラリティリスクの問題は、取引がETHで行われていたとしても、融資の量が法定通貨で表される法定通貨ベースの融資を提供することによって解決することができます。 法定ペッグ通貨はまた、投資目的のためにETHを融資するための幅広い機会を創出します(取引所からのICOまたはトークンへの投資など) 洗練された担保管理(ボラティリティリスク軽減) ETHLendは、担保価値(トークンの価値)が特定の基準を下回った場合、この洗練された担保管理を適用することで、最も一般的なトークンの価格に対してフィードを使用します。その場合、借り手は担保を貸し手に履行しなければならず、貸し手は担保を市場で売却することができます。また、売却する代わりに、売り手が手数料により担保(トークン)を揮発性の低いトークンにスワップ(交換)することができる場合には、担保交換が導入されます。さらに、価格フィードは、借り手に請求する接費を計算します。 レンタルボットを作成するためのAPI ETHLendはボット作成者が貸し借りを自動化するためのAPIを提供します。 ビットコインやアルトコイン、およびトークンの貸付 分散アプリケーションの普及拡大のために、ビットコイン(アルトコイン)の貸し出しを導入します。さらに、短期売却や分散などの追加融資戦略をカバーするために、ERC-20互換用トークンの貸し出しも導入します。 LENDトークン ユーティリティー機能1:ETHLendの料金に関する割引チケットとしてのLENDトークン ETHでの支払いと比較して、プラットフォーム料金(ローン申請手数料、融資手数料など)において、25%の価格割引を受けることができる。 ユーティリティー機能2:エアードロップでアクティブな貸し手および借り手に報酬を与える ETHLendは市場からLENDを購入するために分権化された申請手数料の20%(ローン申請手数料および資金調達手数料)を使用し、ETHLend上のすべての貸し手および借り手に対してLENDを前年度の量に基づいてエアドロップする。 ユーティリティ機能3:LENDトークンでのみアクセス可能な特集機能 ETHLendは、LENDを使用してのみアクセス可能な機能を提供します(LENDで支払うことができます)。これらの特集された機能には、新規ローン申請のための特集ローン一覧と電子メールマーケティングキャンペーンが含まれます。 ユーティリティ機能4:紹介者にLENDで報酬を与える ETHLendは、新規参加者を分散型貸出プラットフォームに招待する貸し手、借り手、および第三者機関に対して報酬を与えるために、追加のLEND(2018年第1四半期に決定される予定)を購入する予定です。 ICOは11月25日からを予定しております。 関連リンク 公式サイト ホワイトペーパー https://youtu.be/B3HgBe5rmsU

    ETHLendが現在開発しているものについて(パート1 )

      白書によるとETHLendの開発概要は、2つのパートに分けることができるため、この記事では1つ目のパートについて説明します。 ETHLendのレンディング開発 分権型貸出のユースケース 暗号通貨市場でEtherを借りて、異なるICOに参加したり、トークンを売る必要なしに投資戦略のため取引所でトークンを購入することができる。短期売却または分散のために、アルトコインやトークンを貸与することができます。 取引の流動性やブロックチェーンスタートアップがICOで資金調達するためのマーケティング手段、そして任意の財務目標のためにENSドメインにロックされたEtherを解き放つこともできるという。 法定通貨市場では、ペッグ型通貨を使用することにより、ボラティリティを伴わずにあらゆる現実世界の財務目標を達成できる。 将来のユースケースは、現物資産ののトークン化です。不動産、株式、知的財産、物的財産(自動車、ボート、発電所、太陽光発電所、芸術など) デジタル資産とENSドメインによる担保付貸出 ETHLendは、担保としてERC-20互換のトークンを使用した担保付貸付を提供しています。たとえば、トークン・ポートフォリオを持つユーザーは、流動性を受け取るためにトークンを販売する必要はなく、代わりに、より多くの流動性を得るためにトークンを誓約することができる。 また、ドメインが支払われた場合は、これらのドメインがEtherをロックすることになるため、ローンを保護する用途として、Ethereum Name Service(ENS)ドメインを使用することができます。 レピュテーションベースの貸出 ETHLendは、分散クレジット・トークン(CRE)からのデータ、uPortなどの分散型アイデンティティー、信用機関やソーシャルメディアなどの集中型サービスプロバイダからのデータフィードで構成される分散型信用格付けの助けを借りることで、第三者による評判ベースの貸付を作成します。さらに、Bloomなどのサービスは、集中型の信用スコアにデフォルトを追加するために使用されます。 地方分権型格付け(DCR) 一度、支払済ローン、金利、担保の可能性、貸し手の詳細(およびその取引データ)およびアドレスの取引データで利用可能なデータが得られると、信用履歴が生まれます。このデータを評価することで信用情報を構築します。さらに、データを他のアプリケーションやチェーンにエクスポートすることもできます。 DCRへの分散化アイデンティティのためのゲートウェイ ETHLendはuPortのような自己主権的アイデンティティプロバイダーとBloomのような信用格付けプロバイダーのためのゲートウェイを追加します。これらの機能は、借り手が地方分権化信用格付(DCR)において、より完全な信用情報を作成するのを支援します。 信託:集中型プロバイダーからDCRへのフィード これは、中央集権型の信用機関からのフィードバックのことです。ETHLendは、ユーザーの地方分権型格付け情報に信用情報と中央データを載せるためのゲートウェイを提供します。 さらに、この信託は、より完全な信用情報を作成するためにソーシャルメディアからのフィードバックを提供することに使用することもできます。 Status.imとのモバイルインタフェース ETHLendは、Status.imモバイルブラウザを使用して、分散アプリケーションをモバイルから使用できるようにインタフェースを開発します。 イーサリアムネットワークを超えた分権型貸出および分散型信用格付けの拡大 ETHLendは、イーサリアムネットワークを超えて分散型貸出アプリケーションと分散型信用格付けを他の分散型元帳ネットワークに拡張します。 貸し手側のオファー(オンデマンド貸出) 貸し手が分散型アプリケーションに提供できるローンオファーを開発します。ローンのオファーは、流動性の大きさと、貸し手が流動性を提供するためにどの程度の価格で提供されているかによって示されます。貸し手は、貸し手が担保として受け入れるトークンの種類や、どのような信用格付けが満たされなければならないかを借り手に提示します。 パート2へ続く  

    ETHLend(ETHレンド)は融資を民主化することで金融格差を解消する

      こんにちは。今回ご紹介するのはETHlendというICOです。 その名の通り、イーサリアムベースで融資ができるプラットフォームです。 どのようなメリットがあるのか、みてみます。 ETHLendとは?   ETHLendはイーサリアムブロックチェーン・ ネットワーク上の貸出プラットフォームです。 スマート・ローン・コントラクトと呼ばれる デジタル・トークンで抵当担保するためスマート・コントラクトを設立することで、イーサリアムトークンを借りることができます。またその他のERC20トークンでも借りれるようです。 https://youtu.be/B3HgBe5rmsU https://about.ethlend.io/ 問題点とソリューション ETHLendは、貸し出しのプロセスを民主化にさせたいとの理念を持ってサービスを提供します。 今日では、世界中に銀行業務にアクセスできない人、つまり融資や資金へのアクセスが少ない人が多い状況が続いてます。 そこで、銀行なしに貸付を可能にし、誰もがどこでも貸出したり借りることができるという理念のもと、ソリューションとして今回のETHLendが始まりました。 他国間の金利のパラツキを解消し、国民へ真の融資市場を開放したいと考えているようです。 ETHLendの特徴は以下です。 スマート・コントラクト 各ローンは、イーサリアムブロックチェーン・ネットワークにスマート・コントラクトを作成することとなっており、すべての機能が分散型です。これにより、ローン・トランザクションのセキュリティが強化されます。 抵当担保用トークン どんなERC-20トークンでもローン返済することができ、借用者がローンを返済しない場合、トークンは貸し手に移転されます。 ENSドメイン イーサリアム・ネーム・サービス・ドメイン(.eth)で抵当担保のツールとして使用することができます。ローンの抵当は、ENSドメインに置かれた預金の100%でバックすることもできます。 クレジット・トークン ETHLendのプラットフォームでローンを返済すると、1 ETHにつき、借り手と貸し手両方も0.1ETHLendのローカル・クレジット・トークン(CRE)が受け取ることができます。 CREは抵当担保、またトランザクションとして使用することができます。 無担保ローン ETHLendは、自己主権・アイデンティティ的なuPort貸出という方法を第3の選択肢として提供します。貸し主たちは、無担保ローンに資金を提供することで、より高い金利を獲得することができます。 さらに、ETHLendは顧客のKYCポリシーを採用し、KYCプロセスにより、貸し借りはより安心となります。 ETHLendのレンディングプラットフォームについて 完全な分散型アプリ 貸し出したり借りることが誰でもでき、すべてのトランザクションは、イーサリアムスマート・コントラクトにて管理されるため、ETHLendが資産を保有することはありません。 透明性のあるトランザクション すべてのトランザクションが公開されており、すべてのトランザクションはブロック・エクスプローラズに開放されてます。また、ローン・スマート・コントラクトのトランザクションの状態もフォローすることができます。 仲介なしのアドレス・トゥ・アドレス(P2P) 貸したり借りるために銀行の口座が必要ありません。 ローンの申し込みはイーサリアムネットワークで数秒間または数分間以内に処理できます。トランザクションのなかに仲介エージェントがいなく、借り手と貸し手のみです。 レンディングの流れ 具体的な貸し借りの流れは以下です。 借り手は貸出要求を出します。 →この要求により、イーサリアムブロックチェーンにスマート契約が作成されます。 →次に、借り手は、ローン金額、プレミアム(金利)、借用時間などのスマート契約にデータを挿入します。 →借り手は、デジタルトークンアドレスと、担保として使用されるトークンの金額を挿入します。すべてのデータが設定された後、借り手はデジタルトークンをスマート契約に転送し、貸し手はローンに資金を提供することができます。 →借り手が時間内に返済しない場合、スマート契約はデジタルトークンを貸し手のEthereumアドレスに転送します。この時点から、貸し手は、損失をカバーするために暗号化取引でデジタルトークンを保持または販売することができます。   ロードマップ 公式サイトに詳しく書かれてありましたので、要点をまとめます。 2017年5月: ETHLend アルファバーションがイーサリアムメインネットで使用可能 (ETHLendは、イーサリアムブロックチェーン・ネットワークに展開された分散型アプリケーションであり、完全な機能を備えたプロトタイプの提供は完了してます。以下です。) DAPP(分散型アプリ) https://app.ethlend.io この分散型アプリは、融資依頼、ERC-20互換性あるトークンを担保としてスマート・コントラクトへ送付、融資依頼の資金調達、融資の返済、借り手が債務不履行の場合のトークン請求などの抵当担保つき分散型貸出との基本機能を備えております。MetaMaskを使用すると、全体的なユーザー・エクスペリエンスが提供されます。 2017年6月: 担保としてのENSドメイン ENSドメインはオークションに支払われるとETHの量が多くロック・インされます。ENSドメインはETHがロックされている期間に抵当担保品として使用することにより、同様な金額の資金をふさわしく使用することができます。ETHLendは、このようなERC-20互換のトークンの代わりにENSドメインを抵当担保品として使用する代替手段を提供いたします。このような代替方法は、ドメイン所有者がENSドメインにロックされた同額の資金がアクセスできるので役立ちます。借り手が債務不履行に陥った場合、貸し手はスマート・コントラクトからドメインを取得して競売にして、または保留することができます。 2017-06-15 :分散型の貸出に関するホワイトペーパー(ETHLendチームは、分散型融資とETHLend DAPPに関するホワイトペーパーはすべて公開しています。ETHLend DAPP原型プロトタイプをもとに技術的なおよび実験的な知見として公開されており、ホワイトペーパーには、トークンの販売前に公開される技術的なピアレビュー、トークン販売概要、ロードマップ計画が詳しく書かれてあります。) ホワイトペーパーはこちら 2017年7月: LENDトークンと信用評判に基づく貸出 (ETHLendは、信用に基づく貸付を追加し、これにより抵当担保なしに借りることができます。レピュテーション・ベース(信用に基づく貸付)の融資は、以前ETHLendのプラットフォームで融資した履歴に基づいているの基準となり、借り手が1...
    error: Content is protected !!