Elysianはトークン生成イベントに向けてQUOINE社と戦略的に提携する

  トークン生成イベントに向けていくつかの発表がありました。 今回はいくつかの重要情報をご紹介します。 プレトークン生成イベントは90%販売完了 Elysianプロジェクトは、プレトークン生成イベントの完了に近づいています。すでに販売されているトークンの90%以上が割り当てられており、プレTGEにはわずか24時間以上が残っており、参加する時間はわずかです。  プレTGEの総ハードキャップは2,400,000 USDです。 40,000,000のトークン割り当てのうち、現在利用可能なトークンは約2,500,000のみです。 トークン購入 Elysian とは Elysianは、以前の顧客がShopifyプラットフォームで10,000,000米ドルを調達するのを手助けしたCEO&創業者Leo Ameriが率いるeコマースの専門家チームです。このプロジェクトは、電子商取引のセキュリティ、ユーザーエクスペリエンス、および直帰率を改善するために、ブロックチェーン、AI、VRの統合を通じて、電子商取引業界の巨人の間で定着することが期待されています。 CEO兼創業者のLeo Ameri氏の新しい入門ビデオを以下でご覧いただけます。 エリシアンのCEO兼創業者のLeo Ameriの入門ビデオ   プレTGEのためのETH価格設定 エリシアンは、プレTGEの完成が近づいているため、いくつかの発表をしています。これらの発表は、現在の市況によるものです。 Ethereumが500ドルを下回ると、ElysianチームはEthereumの価格を600 ETH / USDに固定してプレTGEの残りの部分が市場環境が悪いために参加することを躊躇する投資家にとって、公正になるように決定しました。 600ドルに固定されたEthereum価格でのトークンを購入する人々は、トークンが購入された時点の価格でのトークン相当量を受け取り、その後、600ドルの固定価格どの差額分の残りのトークンは、プレTGEの後に送付されます。 たとえば、ETHの価格が500ドルの時点で、ELYトークンを購入した場合は、すぐに500 (USD / ETH)のレートでトークンを受け取り、残りはプレTGE完了時に転送されます。偶然にも、ETHの価格が次の4日間で600ドル以上になった場合は、ETH / USDの価格は650ドルの上限が設けられます。 ETHの価格が低すぎるときに投資する参加者にとって不安なくトークンを購入する公平な機会を与える必要があると感じました。 トークン生成イベントに向けたQRYPTOSとの提携 最近、トークン生成イベントのためにICOプラットフォームおよび取引所サービスのQUOINEを運営するQRYPTOSと提携しました。 革新的なブロックチェーンベースの電子商取引プラットフォームElysianは、世界のフィンテック会社QUOINEと提携し、6月20日にElysianトークン生成イベントを開始する予定です。 加えて、エリシアンとトークン生成イベントに関するQUOINEのコラボレーションの最新ニュースに続いて、QUOINEのプラットフォームでTGEを立ち上げることに決めたので、紹介プログラムを終了する必要があることをコミュニティに知らせました。 ユーザーは引き続きElysianダッシュボードにログインし、ELYトークン残高を表示してボタンをクリックしてトークンを購入することができますが、QUOINEプラットフォームにELYトークンを購入するためにリダイレクトされます。 紹介リンクを使用してこの時点までトークン販売に参加した者は引き続き紹介トークンを受け取ることになりますが、この時点からQUOINEとの統合により紹介プログラムを終了いたします。 Elysian は何を目指しているか Elysianは、加盟店がプラットフォーム上でカスタマイズされたWebサイトを構築できるようにし、セキュリティとユーザーエクスペリエンスを強化します。 Elysianは、個人のネットワークを介してデータを配布し、単一のアクセスポイントがハッカーから保護するのを防ぐために、Ethereumのプライベートサイドチェーンを使用して、権限証明のコンセンサスメカニズムを使用します。 さらに、プラットフォームは人工知能と仮想現実のコンポーネントを利用して革新的なレベルのユーザーエンゲージメントを作成し、Eコマースの直帰率を低下させ、Elysianプラットフォームに店舗を立ち上げる商人向けのより大きな顧客基盤を実現します。 これは収益の増加につながります。 ICOはQRYPTOSのKYCが必要 QRYPTOSはQUOINEの完全デジタル暗号暗号交換および取引プラットフォームです。 QRYPTOSにはQUOINEのICOプラットフォーム、トークン発行者およびICO参加者がトークンの販売を行い、参加するための安全な避難所があります。 QUOINEのICOプラットフォームは、KYCとAMLのベストプラクティスを遵守しながら、プロジェクトチームが柔軟かつ安全で、透過的でスケーラブルな方法でICOを行うことを支援するために設計されたエンドツーエンドのソリューションです。 ElysianのTGEに参加するには、QRYPTOSのKYCが必要です。制限付き国のリストも引き続き適用されます。制限された国のリストは次のとおりです。 アメリカ 中国 カナダ イラン 北朝鮮 ElysianとQRYPTOSは、適切なKYCおよびAMLポリシーを実施することによって、トークンの販売中に最大の透明性と責任ある行動を維持することに努めています。 ELYトークンはQUOINEおよびQRYPTOS そしてLIQUIDプラットフォームにも上場予定 ELYトークンは、TGEの完了時にQUOINEとQRYPTOSにも上場されます。 QUOINEとQRYPTOSは同じ会社が所有しており、7月には今後のLIQUIDプラットフォームに変更されます。 Elysianトークンは、販売後すぐにQRYPTOS取引所で交換可能となり、QUOINEの今後のLIQUIDプラットフォームでも利用可能になります。これは、QUOINEのQRYPTOS交換とQUOINEX交換を最終的に置き換えます。 QASHトークン所有者は、Elysianプラットフォームの追加のメリットを期待することができます。 この共同作業は、双方が一緒に成長するのに役立ちます。 今後について エリシアンは最近、公衆が見ることができるように、モバイルウォレットとダッシュボードを含め、いくつかのMVPを最近リリースしました。 Elysianは、2024年までに電子商取引全体の市場シェアの最低1%を達成することを目指しています。このパートナーシップは、これらの企業だけでなくブロックチェーン業界にとっても急速な成長と大量採用を経験する未来の基盤として機能します。 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

Elysian の最近の魅力的なパートナーシップについて

  Elysian は最近の魅力的なパートナーシップを発表する ブロックチェーンと、AI、VR技術を統合した電子商取引プラットフォームであるElysian は最近、多くの魅力的なパートナーシップを形成して来ました。 iFashion Groupとの重要なパートナーシップ Elysianは、主に東南アジア地域に拠点を置くeコマースベンチャーとの提携に焦点を当てたベンチャープラットフォームグループであるiFashionグループとの間で、合意書(覚書)を締結しました。  IFashionの傘下の10以上の新ブランドがElysianプラットフォームに参加する iFashionには、MVPの発売1日目からElysianプラットフォームで活躍するSMEとブランドの重要なグループがあります。これはElysianの即時収益源として機能し、さまざまなiFashionの既存の顧客基盤のプラットフォームを開放します。  現在、iFashionの傘下にある10-20の中小企業およびブランドは、この合意によりプラットフォーム上に持ち込まれます。 iFashionはまた、パートナーシップのニュースを既存の200,000人以上の顧客基盤に広告します。 Elysianに顧客を提供する最初の取引に加えて、iFashionグループとの提携では、ElysianプロジェクトとElysianトークン保有者にとって有益ないくつかの追加項目も提供される予定です。 iFahionとの提携による追加項目 iFashionはソーシャルメディアを通してパートナーシップのニュースを推進し、パートナーシップに関するPRキャンペーンを開始する予定です。 Elysianトークンはmegaxstore.comで受理され、Elysianトークンで購入されたアイテムはすべて5%割引となります。 iFashionは、プロフェッショナルネットワークを活用して、数人の純資産高を通じたさらなる投資につながる可能性があります。 iFashionは、10,000個のMGXトークンをElysianトークン所有者にエアドロップします。 iFashionはElysian諮問委員会のプライマリーアドバイザーとして行動し、eコマース分野での重要な経験を積みます。 他にもいくつかの技術パートナーの存在が それぞれのパートナーシップに関する文書についてはこちらをご覧ください。 Cappasity の文書 AirSwapの文書 QUOINE(QRYPTOS)の文書 などの他のいくつかの技術パートナーがすでに存在することにより、この機会は顧客の即時取得を可能にし、既存のeコマースコミュニティと東南アジア市場への扉を開いてくれます。 価格の面で考えると、直接的な顧客はTGE後のElysianに大きな利益をもたらし、様々な企業にプラットフォームを暴露することは理想的なキックオフポイントとなり、Elysianプラットフォームの長期的な成長と収益の支えとなります。 この提携を通じて、Eコマースプラットフォーム向けに10以上の新ブランドを提供することを発表しました。 Elysian は一歩進んだICOをめざす ICOは、過去1年半の間に急速に進化して来ましたが、ICO(または資金調達の代替方法)の概念が最初に生まれたとき、比較的無教育の投資家の大規模なグループに幅広い投資オプションを開きました。 これは暗号空間で資本を調達しようとしている若いスタートアップにとって巨大な可能性を提示しましたが、多額の資本が調達されたとしても、一般的な投資家は、シンプルなビジネスプランと派手な作り込まれたウェブサイトだけでは不十分であることを認識し始めています。 多くのプロジェクトでは、シードキャピタルを確保してICOスペースを正当化することで、追加を目指す前にMVPを構築することを目指しています。 その意味では、Elysianは一歩進んでいます。 今日の時点で、MVPを開発したばかりでなく、Elysian eコマースプラットフォームで最初に確認された顧客基盤をすでに、確保しています。 さらにコミュニティは拡大し続けています。 テレグラム: 5万人以上 このプロジェクトは、QRYPTOSプラットフォーム上でTGEに向かっていく動きを見せています。テレグラムコミュニティは現在5万人を超え、すべてのソーシャルメディアプラットフォームで肯定的なフィードバックを得ています。 ブロックチェーンの空間では、この業界ではまれなことである電子商取引業界との関係によって、エリシアンの可能性を実現し始めています。ほとんどのプロジェクトは厳密にブロックチェーンに基づいています。Elysianの戦略的パートナーはこの有利な機会を認識しており、次の企業と協力してプラットフォームを改善することに興奮しています。                    Elysianは、財務、eコマース、コミュニケーション、ビジネス戦略、開発などのいくつかの分野を網羅した、非常に経験豊富なアドバイザーチームを持つ強力なチームが率いる、2018年の最強のプロジェクトの1つになると信じる理由があります。 プレTGE配分では5%以上しか残っていませんが、それが満たされてプレTGEが公式に終了するのに24時間もかかりません。 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

Elysianのトークン生成イベント(TGE)に参加する上で知っておくべきこと

  Elysianとは? Elysianはブロックチェーン技術を統合して、プラットフォームで起動するeコマースビジネスのセキュリティを強化するためのプロジェクトです。 まもなくプレ販売が開始されます。 プロジェクトの詳細はこちらの記事にて。   https://bab-global.net/ico/elysian Elysianのトークン生成イベント(TGE)について知っておくべきこと TGEイベントが差し迫ってきたので、今回の記事ではイベントの詳細と注意点を書きたいと思います。   Elysian(エリシアン)のプライベート販売は88%100%調達完了済み プロジェクトが公開販売に近づいており、Elysianのプライベート販売は今現在、終了からわずか2日間となりました。Elysianは、これまでのプライベート販売では、ハードキャップ配分の88%を販売しており(100%調達しました)、エコシステム全体の発展と成長を助ける非常に重要なパートナーシップを固めています。 このプロジェクトはブロックチェーンのコミュニティからこれまでのところ素晴らしいサポートを受けており、2018年6月4日にElysianが公開販売開始に近づくにつれて、この成長は続きます。   Elysianは、急速な需要拡大に伴い、ホワイトリスト登録数を10000人に制限する https://medium.com/@Elysian_Ely/elysian-whitelist-capped-at-10-000-sign-ups-74f5bdd5f709?source=linkShare-8fc3431391d5-1527741423 Elysian (エリシアン)のプライベート販売が進んでいるため、 ホワイトリストの数も増えています。プライベート販売は2018年6月3日に終了します。終了時期が近づくにつれて、リンク先ページのホワイトリストフォームが完成しました。 ホワイトリストの数が増えたため、Elysianは上限を設定することに決めました。固定された上限数に達する前に、ホワイトリストフォームとKYC確認を完了したユーザーは、トークンを購入することができます。これがElysian コミュニティにとって最も公正な解決策であると確信しています。 プレ販売のコンセプトは、TGE(トークン・生成・イベント)の資金調達のために、少数の投資家から予備資金を調達することです。 通常プレICOの段階から、期待度は高くなりますが、ほとんどの場合、マーケットプレイスはまったくなく、MVPを持っておらず、小さなコミュニティであり、暗号通貨空間において評判はまったくありません。 成功したプレ販売の目的は、TGEを運営するためにこれらのすべてを確立することです。 Elysian プレ販売のコミュニティ対応は、前例のないもので、メイン販売前にほぼ1週間で74%の資金容量に達しました。Elysianは、このプレ販売の圧倒的な成果として対応によって、主要な販売がすべての期待を上回る(簡単にハードキャップに達する)と確信するだけでなく、主要な販売資金を受け取る前にMVPを開始することを可能にしました。 Elysian プレ販売の驚異的な成功により、ホワイトリストに登録された登録数を10,000登録に制限することが強制されます。この数に到達すると閉鎖されます。現在、2500あまり残っています。 トークンの販売に参加する資格を得るには、ダッシュボード内にアカウントを作成し、すべてのKYC検証要件を完了する必要があります。 KYCの確認は必須です。以下の国の居住者は参加が禁止されており、KYCの要請は拒否されます。 アメリカ 中国 カナダ イラン 北朝鮮 コミュニティは5万人近くに達する このプロジェクトでは、48000人以上のテレグラムメンバーと、TwitterやFacebookなどの他のソーシャルメディアプラットフォーム上での関心度が高まり、強力な貢献を構築しています。 Elysianはプロジェクトのこの側面を強調しています。なぜなら、潜在的にプロジェクトを改善する方法を見つけるために、お互いに、そしてチームと積極的にコミュニケーションする強力なコミュニティを持つことがいかに重要であるかを理解しているからです。 コミュニティの人口統計を無視するようなプロジェクトは、生態系が最適に機能する可能性または機能に害を及ぼします。   TGE開始前にElysianは何を行ってきたのか? このプロジェクトは、公共販売の開始に向けていくつかの重大な勢いを増しています。 Elysianは、さまざまな部門の業界で最も大きな名前のいくつかと接触しており、キャンペーンの次の側面で不断の努力を続けてきました。 大きく以下4つです。  業界最大のICOプロモーションサイトと話す  サポートベースのYouTubeシリーズを作成する  パートナーシップの発表  MVPの完成とリリース   ICOプロモーションサイトと接触する 8つのICO格付けサイト、9つのメディアに掲載されました。その他にも一般ユーザーからのレビュー記事もたくさん出版されています。 評価は参考程度に。。   パートナーシップ提携 同社は戦略的にパートナー提携をはかっており、既に8つのプロジェクトが興味を示しています。 それには同じようにICOで成功を収めている以下のようなプロジェクトが含まれます。 Cappasity Airswap このような提携は同社の開発計画を遂行するためには必須のものであり、計画通りに開発を行う上で重要です。 複数のMVPの完成と公開  ICOが氾濫している業界では、去年の冬の強気の相場以来、人々はより賢くなっていることを理解しています。プロジェクトと透明性の証拠がなければ、投資家は投資したいと思わないため、資金調達はもはや十分ではありません。 Elysianはこれを完全に認識しており、100%透明であるために必要な措置をすべて講じており、トークン販売の終了前に公開されるMVPは4つあります。 財布の様子は詳しく確認できます。6月4日には公開される予定です。 MVP mobile wallet ダッシュボードのデモの様子もご覧できます。 Elysianは、MVPとロードマップのマイルストーンを提供する際に、パフォーマンスを優先します。ブロックチェーン業界では、仕事の遂行の証拠なしに単に資金を調達するプロジェクトがいくつか存在するため、業界の評判が損なわれます。より信用できる空間への転換は、多くの外部者がブロックチェーンコミュニティへの参加に関して、より快適に感じることを可能にし、最終的にコミュニティが大きく成長するのを助けます。 私たちは、コミュニティメンバーや支持者に透明な情報とサービスを提供することに貢献するために尽力します。また、私たちは他のプロジェクトもこれに従うべきだと考えています。 TGE参加の詳細手順 公開イベントは2018年6月4日から開始され、さまざまなICOマーケティングウェブサイトやYouTubeチャンネルで注目を集め始めています。 プレTGE 公式プレセールは6月4日00:00PSTから ハードキャップは240万USD 目的は以下。 ❑Elysianのサポートとエンゲージメントのレベルについて、早期のコミュニティフィードバックが提供される。 ❑TGE以前の支援は、マーケティングキャンペーンの強化、MVP技術草案の作成、法的手続きと助言の支援、事務経費や給与計算などの初期運用コストの資金調達に役立ちます。 TGE 期間:6月18日〜7月8日 ハードキャップ:15,000,000 USD ❑ Elysianチーム全体が、ロードマップの可用性を含めて、プラットフォームの最初のMVPの作成に集中するようになります。 ❑ プラットフォームの利点を紹介するために商人に手を差し伸べることで、積極的なマーケティング活動を実施する。 ❑ 潜在的な将来のパートナーにプラットフォームを紹介するためのスポンサーイベントの開催 トークン販売のどの段階に限らず、参加するには、個人はダッシュボードにアクセスしてアカウントを作成してから、KYC検証プロセスを完了する必要があります。 KYCの確認は必須です。 なお、ダッシュボードへの登録はできますので下から行ってください。 Elysianユーザー登録 KYC登録を完了させる必要があります。   完了すると、認証されたメッセージが出ます。     今後の予定ーElysianの考えに迫る Elysianは、消費者の注目を集める技術的進歩の実現に焦点を当てる時代に向けて、電子商取引業界を改善する革新的なソリューションを提供しています。 インターネット上のさまざまなウェブサイトには、ユーザーの関心と関心を維持する面で効率性が欠けています。 ElysianはAI技術を使用して、ユーザがナビゲートする手助けをし、ユーザの過去の傾向を追跡することによって取得した情報に基づいて適切な領域に誘導するための仮想アシスタントを提示します。さらに、CappasityとのElysianの最近の提携により、VR技術をプラットフォームに統合して、消費者が商店街の製品の3D仮想ビューをプラットフォーム上で体験できるようになります。 eコマースプロバイダに効率性とコスト削減をもたらしただけでなく、強化されたAI、マルチファクタブロックチェーンベースの情報保護プロトコル、仮想現実のショッピング、および一般的なUI /...

Elysian(エリシアン)AI、VR、アトミックスワップによる分散型の未来の電子商取引プロジェクトが始動する

  はじめに 暗号通貨市場に参入している人は感じると思いますが、市場は未だに投機的な要素が強く、ボラリティにより資産が短期間に半減するリスクもあります。 このボラリティがプラスに働くこともありますが、投機から投資対象になるには通貨独自の価値が必要です。その一つに決済または交換手段があります。しかしながら、現時点では主要な巨人の電子商取引プラットフォームでは暗号通貨は広く受け入れていません。 ナカモトサトシはビットコインの現在を予測していた訳ではありませんが、現状ビットコインは投機に近いです。高い手数料、不便性、セキュリティが大きな導入のが問題となっています。 プロジェクトの全体概要ーElysianとは? プロジェクト名 Elysian トークン ELY プロダクト MVP 技術 AI/VR リンク website whitepaper telegram twitter ICOdrops ICObench   暗号通貨市場は現在、ブロックチェーン技術とeコマースを組み合わせた革新的なハイブリッドプラットフォームが欠けています。 Elysianはブロックチェーン技術を統合して、プラットフォームで起動するeコマースビジネスのセキュリティを強化するためのプロジェクトです。 プロジェクトの特徴 分散型の電子商取引プラットフォーム ブロックチェーンによるセキュリティの強化 AIとVRによる新しいモデル 消費者はプラットフォームの初期ベータテストとなるElysian Eコマースストアを訪れることができる セキュリティで保護されたトランザクションへのアクセス方法として暗号化を使用することができる アトミックスワップをプラットフォームに統合することで、ユーザーは好きなトークンでElysianエコシステムを操作することができる スノーボール効果が生じ、ウェブサイトのトラフィックと収益が増加する   プラットフォームは、人工知能および仮想現実などの技術的進歩を実装することにより、大幅に改善されたユーザーエクスペリエンスを提供します。現在のEコマース業界では、革新的なユーザーエクスペリエンスの欠如があり、AIとVRの実装は、主に、サイトのナビゲーションや利便性など、ウェブサイトの全体的な効率を改善することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的としています。 消費者は店舗内に自分自身が物理的に存在するような経験を繰り返すことを従事するようなことに魅了されます。これにより消費者の満足度が高まり、eコマース業界の成長を支援することになります。 まとめると、このプロジェクトは解決策が確立されていない市場において、最初の行動者および導入者としての優位性を発揮することができます。これにより、電子商取引を改善するブロックチェーン技術を統合したスケーラブルなプラットフォームの業界標準を設定することができます。 その結果、プラットフォームが開発され、より洗練されるにつれて、今後数年間に市場シェアのかなりの部分が利用可能になります。 ビジョンー何を実現したいのか Elysianは、セキュリティを向上させ、データ侵害を防止するためのプラットフォームを提供します。セキュリティの欠陥の重要性は特にEquifaxとTargetによって実証されています。 Elysianは未来の技術を統合して前例のないユーザーエクスペリエンスを作り、効率性と消費者満足度を向上させます。   ビジョンに関してですが、eコマース業界の現在の問題点は以下です。 最優先課題:セキュリティの欠如 より大きな懸念事項の1つは、信頼できるセキュリティの欠如です。ハッカーは、主にサイバー攻撃と戦う可能性が最も低い企業を対象にするため、毎年何千件ものデータ侵害が発生しています。 その代表的な例は、1億4300万人のアメリカ人の個人情報がハッカーによって晒され、セキュリティ違反の犠牲となった2017年中頃のEquifax事件です。 電子商取引市場でもセキュリティの用件は必須です。 Elysianの解決策 Elysianは、これらの問題を解決するために特別に作成された画期的な新しいeコマースプラットフォームを構築することを目指しています。 Elysianは、暗号化されたプラットフォームをプラットフォームに統合した最初のeコマース企業の1社になる予定です。 Elysianは、企業と消費者の双方に訴求し、両者間の信頼水準を高めることで、eコマース業界と暗号通貨市場の両方で繁栄し、プラットフォームは、eコマースのビジネスと、特定の対象とする消費者の人口統計を仲介する役割を果たします。 同社は長期的な成長を達成することに重点を置いており、2018年にかけて人気が大幅に伸びると予測しています。   技術ービジョン達成のためのコア技術 elysianが主に用いる技術です。 ブロックチェーン ブロックチェーンの主な機能の1つは、データ操作を防止しトランザクションを検証するための不変の元帳として機能することです。 様々なメリットが生まれます。 プラットフォームで起動するeコマースビジネスのセキュリティを強化する 顧客データは、ブロックチェーンに直接格納される ビジネスと消費者の間の信頼レベルがすぐに向上する このような結果、スノーボール効果が生じ、ウェブサイトのトラフィックと収益が増加します。 人工知能AIと仮想現実VR Elysianの中核的な技術です。ElysianAIの機能は以下です。 ウェブサイトへの効率的なナビゲーション 販売の簡素化 Alexa/Siri/Cortanaなどの巨人同等の機能に近い VR野役割です。 鮮やかなグラフィックスでユーザーを引きつける 独自のVRを作成できる これらの機能をeコマースに実装することで、業界の発展と発展が高まります。この技術は、究極の利便性を提供します。 消費者は親密な環境で自宅で買い物をすることができ、店内体験に似たレベルの関わりを持つことになります。その結果、満足度と効率性の両方が向上します。 さらに、Elysianプラットフォームは、昔ながらのユーザーエクスペリエンスと顧客関与の方法を使用している企業に対して競争力を発揮します。 POAアルゴリズムによるセキュリティ強化 Elysianは、Proof-of-Authorityアルゴリズムを使用して大幅に改善されたレベルのデータストレージセキュリティを実現し、eコマースに対する信頼を確立します。 Proof-of-Authorityのコンセンサスは、暗号化されたクレジットカード情報やその他のユーザーデータを分散ネットワーク上に安全に保存するために、Elysianエコシステムにプライベートブロックチェーンを提供します。 PoWに比べて、51%攻撃や電力量の観点からPoAを採用しており、PoSでもありません。poSでは、チェーン上の誰もがバリデータ(なるには多数のイーサリアムが必要)になれる機会があるため、セキュリティの観点から多数の事前承認された権限ノードのあるpoAを採用しています。 最終的にはプライベートブロックチェーンを提供する予定です。   Atomic swaps/アトミックスワップ これは第三者を仲介せずにあるとコイン交換を行うための技術であり、 Elysianはアトミックスワップ技術を利用して2019年あたりにその他のあるとコインの統合も予定しています。 これによってユーザーのエクスペリエンスが向上するでしょうが、課題は残っています。 取引手数料が高くなる 時間がかかる 限られた通貨のみに対応 Elysianでもこのような課題は残るでしょうし、長期的な開発が必要です。 開発計画ープロダクトの進捗はどうか MVPが完成しています。 現在利用可能なのは以下です。プレTGEが開始する6月4日に3つが完了する予定です。 ダッシュボードインターフェース Voting/投票 MobileWallet/モバイル財布 Platform Website/プラットフォームウェブサイト(6月28日) ダッシュボードは動画で紹介されており、モバイル財布はクリックして様子を確認できます。 以下のように開発計画が進んでいきます。 Q2 / 2018 - Elysian Private Eventが始まり、その後はElysian TGE Q3 / 2018 - チームの拡大 - 公式デスクトップウォレットの起動(Windows、Linux&Mac) Q4 / 2018 - 公式モバイルウォレット(iOSとAndroid)の起動 Q1 / 2019 - データストレージ用のプライベートブロックチェイン実装 Q2 / 2019 -...
error: Content is protected !!