Elysianはトークン生成イベントに向けてQUOINE社と戦略的に提携する

  トークン生成イベントに向けていくつかの発表がありました。 今回はいくつかの重要情報をご紹介します。 プレトークン生成イベントは90%販売完了 Elysianプロジェクトは、プレトークン生成イベントの完了に近づいています。すでに販売されているトークンの90%以上が割り当てられており、プレTGEにはわずか24時間以上が残っており、参加する時間はわずかです。  プレTGEの総ハードキャップは2,400,000 USDです。 40,000,000のトークン割り当てのうち、現在利用可能なトークンは約2,500,000のみです。 トークン購入 Elysian とは Elysianは、以前の顧客がShopifyプラットフォームで10,000,000米ドルを調達するのを手助けしたCEO&創業者Leo Ameriが率いるeコマースの専門家チームです。このプロジェクトは、電子商取引のセキュリティ、ユーザーエクスペリエンス、および直帰率を改善するために、ブロックチェーン、AI、VRの統合を通じて、電子商取引業界の巨人の間で定着することが期待されています。 CEO兼創業者のLeo Ameri氏の新しい入門ビデオを以下でご覧いただけます。 エリシアンのCEO兼創業者のLeo Ameriの入門ビデオ   プレTGEのためのETH価格設定 エリシアンは、プレTGEの完成が近づいているため、いくつかの発表をしています。これらの発表は、現在の市況によるものです。 Ethereumが500ドルを下回ると、ElysianチームはEthereumの価格を600 ETH / USDに固定してプレTGEの残りの部分が市場環境が悪いために参加することを躊躇する投資家にとって、公正になるように決定しました。 600ドルに固定されたEthereum価格でのトークンを購入する人々は、トークンが購入された時点の価格でのトークン相当量を受け取り、その後、600ドルの固定価格どの差額分の残りのトークンは、プレTGEの後に送付されます。 たとえば、ETHの価格が500ドルの時点で、ELYトークンを購入した場合は、すぐに500 (USD / ETH)のレートでトークンを受け取り、残りはプレTGE完了時に転送されます。偶然にも、ETHの価格が次の4日間で600ドル以上になった場合は、ETH / USDの価格は650ドルの上限が設けられます。 ETHの価格が低すぎるときに投資する参加者にとって不安なくトークンを購入する公平な機会を与える必要があると感じました。 トークン生成イベントに向けたQRYPTOSとの提携 最近、トークン生成イベントのためにICOプラットフォームおよび取引所サービスのQUOINEを運営するQRYPTOSと提携しました。 革新的なブロックチェーンベースの電子商取引プラットフォームElysianは、世界のフィンテック会社QUOINEと提携し、6月20日にElysianトークン生成イベントを開始する予定です。 加えて、エリシアンとトークン生成イベントに関するQUOINEのコラボレーションの最新ニュースに続いて、QUOINEのプラットフォームでTGEを立ち上げることに決めたので、紹介プログラムを終了する必要があることをコミュニティに知らせました。 ユーザーは引き続きElysianダッシュボードにログインし、ELYトークン残高を表示してボタンをクリックしてトークンを購入することができますが、QUOINEプラットフォームにELYトークンを購入するためにリダイレクトされます。 紹介リンクを使用してこの時点までトークン販売に参加した者は引き続き紹介トークンを受け取ることになりますが、この時点からQUOINEとの統合により紹介プログラムを終了いたします。 Elysian は何を目指しているか Elysianは、加盟店がプラットフォーム上でカスタマイズされたWebサイトを構築できるようにし、セキュリティとユーザーエクスペリエンスを強化します。 Elysianは、個人のネットワークを介してデータを配布し、単一のアクセスポイントがハッカーから保護するのを防ぐために、Ethereumのプライベートサイドチェーンを使用して、権限証明のコンセンサスメカニズムを使用します。 さらに、プラットフォームは人工知能と仮想現実のコンポーネントを利用して革新的なレベルのユーザーエンゲージメントを作成し、Eコマースの直帰率を低下させ、Elysianプラットフォームに店舗を立ち上げる商人向けのより大きな顧客基盤を実現します。 これは収益の増加につながります。 ICOはQRYPTOSのKYCが必要 QRYPTOSはQUOINEの完全デジタル暗号暗号交換および取引プラットフォームです。 QRYPTOSにはQUOINEのICOプラットフォーム、トークン発行者およびICO参加者がトークンの販売を行い、参加するための安全な避難所があります。 QUOINEのICOプラットフォームは、KYCとAMLのベストプラクティスを遵守しながら、プロジェクトチームが柔軟かつ安全で、透過的でスケーラブルな方法でICOを行うことを支援するために設計されたエンドツーエンドのソリューションです。 ElysianのTGEに参加するには、QRYPTOSのKYCが必要です。制限付き国のリストも引き続き適用されます。制限された国のリストは次のとおりです。 アメリカ 中国 カナダ イラン 北朝鮮 ElysianとQRYPTOSは、適切なKYCおよびAMLポリシーを実施することによって、トークンの販売中に最大の透明性と責任ある行動を維持することに努めています。 ELYトークンはQUOINEおよびQRYPTOS そしてLIQUIDプラットフォームにも上場予定 ELYトークンは、TGEの完了時にQUOINEとQRYPTOSにも上場されます。 QUOINEとQRYPTOSは同じ会社が所有しており、7月には今後のLIQUIDプラットフォームに変更されます。 Elysianトークンは、販売後すぐにQRYPTOS取引所で交換可能となり、QUOINEの今後のLIQUIDプラットフォームでも利用可能になります。これは、QUOINEのQRYPTOS交換とQUOINEX交換を最終的に置き換えます。 QASHトークン所有者は、Elysianプラットフォームの追加のメリットを期待することができます。 この共同作業は、双方が一緒に成長するのに役立ちます。 今後について エリシアンは最近、公衆が見ることができるように、モバイルウォレットとダッシュボードを含め、いくつかのMVPを最近リリースしました。 Elysianは、2024年までに電子商取引全体の市場シェアの最低1%を達成することを目指しています。このパートナーシップは、これらの企業だけでなくブロックチェーン業界にとっても急速な成長と大量採用を経験する未来の基盤として機能します。 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

Elysian の最近の魅力的なパートナーシップについて

  Elysian は最近の魅力的なパートナーシップを発表する ブロックチェーンと、AI、VR技術を統合した電子商取引プラットフォームであるElysian は最近、多くの魅力的なパートナーシップを形成して来ました。 iFashion Groupとの重要なパートナーシップ Elysianは、主に東南アジア地域に拠点を置くeコマースベンチャーとの提携に焦点を当てたベンチャープラットフォームグループであるiFashionグループとの間で、合意書(覚書)を締結しました。  IFashionの傘下の10以上の新ブランドがElysianプラットフォームに参加する iFashionには、MVPの発売1日目からElysianプラットフォームで活躍するSMEとブランドの重要なグループがあります。これはElysianの即時収益源として機能し、さまざまなiFashionの既存の顧客基盤のプラットフォームを開放します。  現在、iFashionの傘下にある10-20の中小企業およびブランドは、この合意によりプラットフォーム上に持ち込まれます。 iFashionはまた、パートナーシップのニュースを既存の200,000人以上の顧客基盤に広告します。 Elysianに顧客を提供する最初の取引に加えて、iFashionグループとの提携では、ElysianプロジェクトとElysianトークン保有者にとって有益ないくつかの追加項目も提供される予定です。 iFahionとの提携による追加項目 iFashionはソーシャルメディアを通してパートナーシップのニュースを推進し、パートナーシップに関するPRキャンペーンを開始する予定です。 Elysianトークンはmegaxstore.comで受理され、Elysianトークンで購入されたアイテムはすべて5%割引となります。 iFashionは、プロフェッショナルネットワークを活用して、数人の純資産高を通じたさらなる投資につながる可能性があります。 iFashionは、10,000個のMGXトークンをElysianトークン所有者にエアドロップします。 iFashionはElysian諮問委員会のプライマリーアドバイザーとして行動し、eコマース分野での重要な経験を積みます。 他にもいくつかの技術パートナーの存在が それぞれのパートナーシップに関する文書についてはこちらをご覧ください。 Cappasity の文書 AirSwapの文書 QUOINE(QRYPTOS)の文書 などの他のいくつかの技術パートナーがすでに存在することにより、この機会は顧客の即時取得を可能にし、既存のeコマースコミュニティと東南アジア市場への扉を開いてくれます。 価格の面で考えると、直接的な顧客はTGE後のElysianに大きな利益をもたらし、様々な企業にプラットフォームを暴露することは理想的なキックオフポイントとなり、Elysianプラットフォームの長期的な成長と収益の支えとなります。 この提携を通じて、Eコマースプラットフォーム向けに10以上の新ブランドを提供することを発表しました。 Elysian は一歩進んだICOをめざす ICOは、過去1年半の間に急速に進化して来ましたが、ICO(または資金調達の代替方法)の概念が最初に生まれたとき、比較的無教育の投資家の大規模なグループに幅広い投資オプションを開きました。 これは暗号空間で資本を調達しようとしている若いスタートアップにとって巨大な可能性を提示しましたが、多額の資本が調達されたとしても、一般的な投資家は、シンプルなビジネスプランと派手な作り込まれたウェブサイトだけでは不十分であることを認識し始めています。 多くのプロジェクトでは、シードキャピタルを確保してICOスペースを正当化することで、追加を目指す前にMVPを構築することを目指しています。 その意味では、Elysianは一歩進んでいます。 今日の時点で、MVPを開発したばかりでなく、Elysian eコマースプラットフォームで最初に確認された顧客基盤をすでに、確保しています。 さらにコミュニティは拡大し続けています。 テレグラム: 5万人以上 このプロジェクトは、QRYPTOSプラットフォーム上でTGEに向かっていく動きを見せています。テレグラムコミュニティは現在5万人を超え、すべてのソーシャルメディアプラットフォームで肯定的なフィードバックを得ています。 ブロックチェーンの空間では、この業界ではまれなことである電子商取引業界との関係によって、エリシアンの可能性を実現し始めています。ほとんどのプロジェクトは厳密にブロックチェーンに基づいています。Elysianの戦略的パートナーはこの有利な機会を認識しており、次の企業と協力してプラットフォームを改善することに興奮しています。                    Elysianは、財務、eコマース、コミュニケーション、ビジネス戦略、開発などのいくつかの分野を網羅した、非常に経験豊富なアドバイザーチームを持つ強力なチームが率いる、2018年の最強のプロジェクトの1つになると信じる理由があります。 プレTGE配分では5%以上しか残っていませんが、それが満たされてプレTGEが公式に終了するのに24時間もかかりません。 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

Elysianのトークン生成イベント(TGE)に参加する上で知っておくべきこと

  Elysianとは? Elysianはブロックチェーン技術を統合して、プラットフォームで起動するeコマースビジネスのセキュリティを強化するためのプロジェクトです。 まもなくプレ販売が開始されます。 プロジェクトの詳細はこちらの記事にて。   https://bab-global.net/ico/elysian Elysianのトークン生成イベント(TGE)について知っておくべきこと TGEイベントが差し迫ってきたので、今回の記事ではイベントの詳細と注意点を書きたいと思います。   Elysian(エリシアン)のプライベート販売は88%100%調達完了済み プロジェクトが公開販売に近づいており、Elysianのプライベート販売は今現在、終了からわずか2日間となりました。Elysianは、これまでのプライベート販売では、ハードキャップ配分の88%を販売しており(100%調達しました)、エコシステム全体の発展と成長を助ける非常に重要なパートナーシップを固めています。 このプロジェクトはブロックチェーンのコミュニティからこれまでのところ素晴らしいサポートを受けており、2018年6月4日にElysianが公開販売開始に近づくにつれて、この成長は続きます。   Elysianは、急速な需要拡大に伴い、ホワイトリスト登録数を10000人に制限する https://medium.com/@Elysian_Ely/elysian-whitelist-capped-at-10-000-sign-ups-74f5bdd5f709?source=linkShare-8fc3431391d5-1527741423 Elysian (エリシアン)のプライベート販売が進んでいるため、 ホワイトリストの数も増えています。プライベート販売は2018年6月3日に終了します。終了時期が近づくにつれて、リンク先ページのホワイトリストフォームが完成しました。 ホワイトリストの数が増えたため、Elysianは上限を設定することに決めました。固定された上限数に達する前に、ホワイトリストフォームとKYC確認を完了したユーザーは、トークンを購入することができます。これがElysian コミュニティにとって最も公正な解決策であると確信しています。 プレ販売のコンセプトは、TGE(トークン・生成・イベント)の資金調達のために、少数の投資家から予備資金を調達することです。 通常プレICOの段階から、期待度は高くなりますが、ほとんどの場合、マーケットプレイスはまったくなく、MVPを持っておらず、小さなコミュニティであり、暗号通貨空間において評判はまったくありません。 成功したプレ販売の目的は、TGEを運営するためにこれらのすべてを確立することです。 Elysian プレ販売のコミュニティ対応は、前例のないもので、メイン販売前にほぼ1週間で74%の資金容量に達しました。Elysianは、このプレ販売の圧倒的な成果として対応によって、主要な販売がすべての期待を上回る(簡単にハードキャップに達する)と確信するだけでなく、主要な販売資金を受け取る前にMVPを開始することを可能にしました。 Elysian プレ販売の驚異的な成功により、ホワイトリストに登録された登録数を10,000登録に制限することが強制されます。この数に到達すると閉鎖されます。現在、2500あまり残っています。 トークンの販売に参加する資格を得るには、ダッシュボード内にアカウントを作成し、すべてのKYC検証要件を完了する必要があります。 KYCの確認は必須です。以下の国の居住者は参加が禁止されており、KYCの要請は拒否されます。 アメリカ 中国 カナダ イラン 北朝鮮 コミュニティは5万人近くに達する このプロジェクトでは、48000人以上のテレグラムメンバーと、TwitterやFacebookなどの他のソーシャルメディアプラットフォーム上での関心度が高まり、強力な貢献を構築しています。 Elysianはプロジェクトのこの側面を強調しています。なぜなら、潜在的にプロジェクトを改善する方法を見つけるために、お互いに、そしてチームと積極的にコミュニケーションする強力なコミュニティを持つことがいかに重要であるかを理解しているからです。 コミュニティの人口統計を無視するようなプロジェクトは、生態系が最適に機能する可能性または機能に害を及ぼします。   TGE開始前にElysianは何を行ってきたのか? このプロジェクトは、公共販売の開始に向けていくつかの重大な勢いを増しています。 Elysianは、さまざまな部門の業界で最も大きな名前のいくつかと接触しており、キャンペーンの次の側面で不断の努力を続けてきました。 大きく以下4つです。  業界最大のICOプロモーションサイトと話す  サポートベースのYouTubeシリーズを作成する  パートナーシップの発表  MVPの完成とリリース   ICOプロモーションサイトと接触する 8つのICO格付けサイト、9つのメディアに掲載されました。その他にも一般ユーザーからのレビュー記事もたくさん出版されています。 評価は参考程度に。。   パートナーシップ提携 同社は戦略的にパートナー提携をはかっており、既に8つのプロジェクトが興味を示しています。 それには同じようにICOで成功を収めている以下のようなプロジェクトが含まれます。 Cappasity Airswap このような提携は同社の開発計画を遂行するためには必須のものであり、計画通りに開発を行う上で重要です。 複数のMVPの完成と公開  ICOが氾濫している業界では、去年の冬の強気の相場以来、人々はより賢くなっていることを理解しています。プロジェクトと透明性の証拠がなければ、投資家は投資したいと思わないため、資金調達はもはや十分ではありません。 Elysianはこれを完全に認識しており、100%透明であるために必要な措置をすべて講じており、トークン販売の終了前に公開されるMVPは4つあります。 財布の様子は詳しく確認できます。6月4日には公開される予定です。 MVP mobile wallet ダッシュボードのデモの様子もご覧できます。 Elysianは、MVPとロードマップのマイルストーンを提供する際に、パフォーマンスを優先します。ブロックチェーン業界では、仕事の遂行の証拠なしに単に資金を調達するプロジェクトがいくつか存在するため、業界の評判が損なわれます。より信用できる空間への転換は、多くの外部者がブロックチェーンコミュニティへの参加に関して、より快適に感じることを可能にし、最終的にコミュニティが大きく成長するのを助けます。 私たちは、コミュニティメンバーや支持者に透明な情報とサービスを提供することに貢献するために尽力します。また、私たちは他のプロジェクトもこれに従うべきだと考えています。 TGE参加の詳細手順 公開イベントは2018年6月4日から開始され、さまざまなICOマーケティングウェブサイトやYouTubeチャンネルで注目を集め始めています。 プレTGE 公式プレセールは6月4日00:00PSTから ハードキャップは240万USD 目的は以下。 ❑Elysianのサポートとエンゲージメントのレベルについて、早期のコミュニティフィードバックが提供される。 ❑TGE以前の支援は、マーケティングキャンペーンの強化、MVP技術草案の作成、法的手続きと助言の支援、事務経費や給与計算などの初期運用コストの資金調達に役立ちます。 TGE 期間:6月18日〜7月8日 ハードキャップ:15,000,000 USD ❑ Elysianチーム全体が、ロードマップの可用性を含めて、プラットフォームの最初のMVPの作成に集中するようになります。 ❑ プラットフォームの利点を紹介するために商人に手を差し伸べることで、積極的なマーケティング活動を実施する。 ❑ 潜在的な将来のパートナーにプラットフォームを紹介するためのスポンサーイベントの開催 トークン販売のどの段階に限らず、参加するには、個人はダッシュボードにアクセスしてアカウントを作成してから、KYC検証プロセスを完了する必要があります。 KYCの確認は必須です。 なお、ダッシュボードへの登録はできますので下から行ってください。 Elysianユーザー登録 KYC登録を完了させる必要があります。   完了すると、認証されたメッセージが出ます。     今後の予定ーElysianの考えに迫る Elysianは、消費者の注目を集める技術的進歩の実現に焦点を当てる時代に向けて、電子商取引業界を改善する革新的なソリューションを提供しています。 インターネット上のさまざまなウェブサイトには、ユーザーの関心と関心を維持する面で効率性が欠けています。 ElysianはAI技術を使用して、ユーザがナビゲートする手助けをし、ユーザの過去の傾向を追跡することによって取得した情報に基づいて適切な領域に誘導するための仮想アシスタントを提示します。さらに、CappasityとのElysianの最近の提携により、VR技術をプラットフォームに統合して、消費者が商店街の製品の3D仮想ビューをプラットフォーム上で体験できるようになります。 eコマースプロバイダに効率性とコスト削減をもたらしただけでなく、強化されたAI、マルチファクタブロックチェーンベースの情報保護プロトコル、仮想現実のショッピング、および一般的なUI /...

Elysian(エリシアン)AI、VR、アトミックスワップによる分散型の未来の電子商取引プロジェクトが始動する

  はじめに 暗号通貨市場に参入している人は感じると思いますが、市場は未だに投機的な要素が強く、ボラリティにより資産が短期間に半減するリスクもあります。 このボラリティがプラスに働くこともありますが、投機から投資対象になるには通貨独自の価値が必要です。その一つに決済または交換手段があります。しかしながら、現時点では主要な巨人の電子商取引プラットフォームでは暗号通貨は広く受け入れていません。 ナカモトサトシはビットコインの現在を予測していた訳ではありませんが、現状ビットコインは投機に近いです。高い手数料、不便性、セキュリティが大きな導入のが問題となっています。 プロジェクトの全体概要ーElysianとは? プロジェクト名 Elysian トークン ELY プロダクト MVP 技術 AI/VR リンク website whitepaper telegram twitter ICOdrops ICObench   暗号通貨市場は現在、ブロックチェーン技術とeコマースを組み合わせた革新的なハイブリッドプラットフォームが欠けています。 Elysianはブロックチェーン技術を統合して、プラットフォームで起動するeコマースビジネスのセキュリティを強化するためのプロジェクトです。 プロジェクトの特徴 分散型の電子商取引プラットフォーム ブロックチェーンによるセキュリティの強化 AIとVRによる新しいモデル 消費者はプラットフォームの初期ベータテストとなるElysian Eコマースストアを訪れることができる セキュリティで保護されたトランザクションへのアクセス方法として暗号化を使用することができる アトミックスワップをプラットフォームに統合することで、ユーザーは好きなトークンでElysianエコシステムを操作することができる スノーボール効果が生じ、ウェブサイトのトラフィックと収益が増加する   プラットフォームは、人工知能および仮想現実などの技術的進歩を実装することにより、大幅に改善されたユーザーエクスペリエンスを提供します。現在のEコマース業界では、革新的なユーザーエクスペリエンスの欠如があり、AIとVRの実装は、主に、サイトのナビゲーションや利便性など、ウェブサイトの全体的な効率を改善することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的としています。 消費者は店舗内に自分自身が物理的に存在するような経験を繰り返すことを従事するようなことに魅了されます。これにより消費者の満足度が高まり、eコマース業界の成長を支援することになります。 まとめると、このプロジェクトは解決策が確立されていない市場において、最初の行動者および導入者としての優位性を発揮することができます。これにより、電子商取引を改善するブロックチェーン技術を統合したスケーラブルなプラットフォームの業界標準を設定することができます。 その結果、プラットフォームが開発され、より洗練されるにつれて、今後数年間に市場シェアのかなりの部分が利用可能になります。 ビジョンー何を実現したいのか Elysianは、セキュリティを向上させ、データ侵害を防止するためのプラットフォームを提供します。セキュリティの欠陥の重要性は特にEquifaxとTargetによって実証されています。 Elysianは未来の技術を統合して前例のないユーザーエクスペリエンスを作り、効率性と消費者満足度を向上させます。   ビジョンに関してですが、eコマース業界の現在の問題点は以下です。 最優先課題:セキュリティの欠如 より大きな懸念事項の1つは、信頼できるセキュリティの欠如です。ハッカーは、主にサイバー攻撃と戦う可能性が最も低い企業を対象にするため、毎年何千件ものデータ侵害が発生しています。 その代表的な例は、1億4300万人のアメリカ人の個人情報がハッカーによって晒され、セキュリティ違反の犠牲となった2017年中頃のEquifax事件です。 電子商取引市場でもセキュリティの用件は必須です。 Elysianの解決策 Elysianは、これらの問題を解決するために特別に作成された画期的な新しいeコマースプラットフォームを構築することを目指しています。 Elysianは、暗号化されたプラットフォームをプラットフォームに統合した最初のeコマース企業の1社になる予定です。 Elysianは、企業と消費者の双方に訴求し、両者間の信頼水準を高めることで、eコマース業界と暗号通貨市場の両方で繁栄し、プラットフォームは、eコマースのビジネスと、特定の対象とする消費者の人口統計を仲介する役割を果たします。 同社は長期的な成長を達成することに重点を置いており、2018年にかけて人気が大幅に伸びると予測しています。   技術ービジョン達成のためのコア技術 elysianが主に用いる技術です。 ブロックチェーン ブロックチェーンの主な機能の1つは、データ操作を防止しトランザクションを検証するための不変の元帳として機能することです。 様々なメリットが生まれます。 プラットフォームで起動するeコマースビジネスのセキュリティを強化する 顧客データは、ブロックチェーンに直接格納される ビジネスと消費者の間の信頼レベルがすぐに向上する このような結果、スノーボール効果が生じ、ウェブサイトのトラフィックと収益が増加します。 人工知能AIと仮想現実VR Elysianの中核的な技術です。ElysianAIの機能は以下です。 ウェブサイトへの効率的なナビゲーション 販売の簡素化 Alexa/Siri/Cortanaなどの巨人同等の機能に近い VR野役割です。 鮮やかなグラフィックスでユーザーを引きつける 独自のVRを作成できる これらの機能をeコマースに実装することで、業界の発展と発展が高まります。この技術は、究極の利便性を提供します。 消費者は親密な環境で自宅で買い物をすることができ、店内体験に似たレベルの関わりを持つことになります。その結果、満足度と効率性の両方が向上します。 さらに、Elysianプラットフォームは、昔ながらのユーザーエクスペリエンスと顧客関与の方法を使用している企業に対して競争力を発揮します。 POAアルゴリズムによるセキュリティ強化 Elysianは、Proof-of-Authorityアルゴリズムを使用して大幅に改善されたレベルのデータストレージセキュリティを実現し、eコマースに対する信頼を確立します。 Proof-of-Authorityのコンセンサスは、暗号化されたクレジットカード情報やその他のユーザーデータを分散ネットワーク上に安全に保存するために、Elysianエコシステムにプライベートブロックチェーンを提供します。 PoWに比べて、51%攻撃や電力量の観点からPoAを採用しており、PoSでもありません。poSでは、チェーン上の誰もがバリデータ(なるには多数のイーサリアムが必要)になれる機会があるため、セキュリティの観点から多数の事前承認された権限ノードのあるpoAを採用しています。 最終的にはプライベートブロックチェーンを提供する予定です。   Atomic swaps/アトミックスワップ これは第三者を仲介せずにあるとコイン交換を行うための技術であり、 Elysianはアトミックスワップ技術を利用して2019年あたりにその他のあるとコインの統合も予定しています。 これによってユーザーのエクスペリエンスが向上するでしょうが、課題は残っています。 取引手数料が高くなる 時間がかかる 限られた通貨のみに対応 Elysianでもこのような課題は残るでしょうし、長期的な開発が必要です。 開発計画ープロダクトの進捗はどうか MVPが完成しています。 現在利用可能なのは以下です。プレTGEが開始する6月4日に3つが完了する予定です。 ダッシュボードインターフェース Voting/投票 MobileWallet/モバイル財布 Platform Website/プラットフォームウェブサイト(6月28日) ダッシュボードは動画で紹介されており、モバイル財布はクリックして様子を確認できます。 以下のように開発計画が進んでいきます。 Q2 / 2018 - Elysian Private Eventが始まり、その後はElysian TGE Q3 / 2018 - チームの拡大 - 公式デスクトップウォレットの起動(Windows、Linux&Mac) Q4 / 2018 - 公式モバイルウォレット(iOSとAndroid)の起動 Q1 / 2019 - データストレージ用のプライベートブロックチェイン実装 Q2 / 2019 -...

BitRewardsが投資対象になるいくつかの理由

  今回は現在トークンセール開催中であるBitRewardsが投資対象になるであろういくつかの理由についてまとめました。 BitRewardsについて 小売業界のブロックチェーンソリューションであり、AIによる新たな報酬とロイヤリティプラットフォームであるBITrewardsは、トークン販売を開催中です。 詳細はBitrewardsカテゴリー記事をご覧ください BitRewardsが投資対象になるいくつかの理由 今回はオープンソースの情報や個人的な観点から投資対象になるいくつかの要因を見て見たいと思います。   ①プロジェクトや視点が簡潔で明確である プロジェクトの塩店は小売業者と顧客の相互リワードにあります。BITトークンが主軸通貨として機能しますので、顧客は商品を購入し、業者はBITで報酬を与えることでトークン経済が循環します。 ユーザーのための: 事業者の成功に依存しない暗号化リワード 消失するというより感謝するリワード 他の流動資産に簡単に償還または交換できます 高度にパーソナライズされた、カスタマイズされたレコメンデーション、リワード& 割引(BitRecommendationsを参照) 事業者向け: 手数料が無料のプレミアムソフトウェア。ユーザーと販売のロイヤリティが向上します 卓越したロイヤルティプログラムとストア固有のトークン生成プラットフォームのトークン化 独自のロイヤリティプログラムを BitRewardsトークンまたはその他のロイヤルティおよび報酬プログラムに無関係に接続するための APIの使用 IPFS上のDAOによって管理されるブロックチェーン上で 動作する無料のBitRecommendations API ビジネス開発とセキュリティのための: BitRewardsネットワーク開発の効率を保証するDAO 事業者が自身の生データからの利益と事業者自身を保証する事業者データ管理 BitRewardsネットワークの 採用を奨励する、成功したソリューションと事業者や顧客を作り出す開発者のリワード 注目すべき点は、このプロジェクトはすでに技術的な準備が整っており、上記のエコシステムのサービスに加えてモジュール、プラグイン、ロイヤリティ管理のインフラストラクチャ、ウォレットを提供します。 B2B2Cプラットフォームであり、トークン経済とブロックチェーンの採用は、このプロジェクトには完全に一致しており、理にかなっていると考えることができます。 ②堅牢なビジネスモデルが存在する 第二に、プロジェクトの背景には2012年に創立されたGIFTDに基づいています。数字で見てみましょう。 1 000 000+ オンラインストアは私たちのパートナーとしてBitRewardsに接続できます  500+  GIFTD またBitRewardsプラットフォーム利用する事業者数 100+ オンラインストアは独立的に 接続する BitRewardsに払わなければなりません。 17%   平均的な事業者の収益の毎月の増加 24    常勤の従業員   ③専門的なチーム構成 ビジネスモデルの項で先に述べた通り、チームは報酬とロイヤリティソフトウェア市場で5年間働いており、500以上の顧客基盤を持つ実績があります。 何よりチームメンバーは豪華なメンバーばかりです。それぞれ業界で豊富な経験を持つメンバーで構成されています。 アレックス エゴロフーCEO モスクワ国家準備銀行バイスプレジデントなど銀行、財務、債券発行15年間従事する。その後連続起業家、投資家として6年間、複雑なプロセスを組織しアイデアを共有して有用で美しいIT製品に実装するシャープで聡明な人々のチームを管理する優れた才能を有しています。 アレクサンダー ネビディモフーCTO ACM-ICPC / のオリンピックプログラミング(5年)IOI選手権の優勝者。最大のビットコインマイニングプールの一つのリード開発者。GIFTD CTOを4年間務める。 バックエンド開発(3年フルスタック)で12年以上の経験を持ち、多様な開発チームを6年以上リードしてきました。   Co-founder,CMOのSally氏は技術革新、デジタル交換、緊急技術、特にブロックチェーン、人工知能、機械学習、ロボット工学などの分野で賞を受賞しており、Forbes Technology Councilの一員でもあります。 また、採用技術であるAIやビッグデータの専門チームも存在します。 アドバイザーには以下が含まれます。 グローバルスケーリング顧問;アイルランドブロックチェーン協会(Blockchain Association of Ireland)、GDPR認識連合(GDPR Awareness CoalitionNSAIナショナルミラー委員会(National Mirror Committee)ISO TC 307に所属しています 技術顧問;Treascovery、Chidopi、TimeBox、Giza、Micro BTC、EZPOS、Suchappの共同設立者、そしてアドバイザーです。  ICO顧問;ICOBoxのマーケティングマネージャ。 ICOマーケティングエキスパート、グローバル企業で5年間、デジタルマーケティングで3年以上の経験 総額120万ドル以上の11のICOに参加しました(Cybertrust、Genie、Ponder、GMT、Shping、Darenta、Bubbletone、Silica...

BitRewards-DAppsがもたらすメリットと業界のビジネス採用例

  発展途上国における地方分権の役割 地方分権化は暗号通貨とブロックチェーンの両方と同義になっているかもしれないが、同じものではなく、常に重複するとは限りません。 ブロックチェーンは暗号化と分散型アプリケーション(DApps)の基盤技術ですが、必ずしも分散化されているわけではありません。プライベートブロックチェーンは暗号で安全ですが、誰と誰とやり取りできるかに限られています。そのアプリケーションの一部です。 DAppの4つの特徴は次のとおりです。 オープンソース  その自発的なユーザーまたは集団がそのアプリケーションを担当することはありませんが、ユーザーのコンセンサスに支配されます。その根底にあるコードも利用できます(提案、弱点の特定、適応)。 分散型  すべてのトランザクションは、すべてのユーザーがアクセスできるパブリックブロックチェーンに記録されます。 報酬化   ブロックチェーンの更新を検証する作業を行っているユーザーは、暗号トークンで報酬を受け取る必要があります。 プロトコル  チェーン内の新しいブロックを暗号で保護するためのプロトコルがあります。通常、Proof of WorkまたはStake of Stakeです。 暗号通貨はおそらくDAppの最もよく知られた使用のままですが、その固有性のために人気が高まっています。記録をハッキングすることはできません。 それでは、DAppsはどのように商取引で新しい役割を創り出しているのでしょうか? 1つのDAppでもビジネス全体を構築できる開発者にもっと焦点を当てる予定です。 スタートアップ スタートアップは分散アプリケーションで繁栄しています。  Accretiaは、銀行をユーザーの自宅に持ち込むことで、建物や職員の伝統的な銀行業務を廃止しました。顧客ではなく所有者であることを強調し、ユーザーは、財務を保持し、共有する自律的企業の不信を排除する平等なプラットフォームの一部です。 La'Zoozは独自のバージョンのUberを発表しました。これはマイルあたりのトークンで支払われるドライバーを見ています。必要なのは車内のスペアシートで、La'Zoozドライバーはトークンの交換の一部です。 デジタル製品 私たちは、インターネットがユーザーとビジネスのやりとりを支配しているのを見てきましたが、まもなく純粋にデジタルになる業界の割合が増えています。購入に使用されたトークンから製品自体、保管から配送まで、物理的な倉庫、ディスプレイ・ストア、およびオフィスは、まもなく消えるかもしれません。 CDを音楽ファイルやブックから電子ブックにアップデートすることに限らず、企業は私たちの生活をさらにデジタル化するよう働きかけます。私たちのデジタルデータはすでに電話機やコンピュータに保存されており、会社は物理的な合理化とブロックチェーン上のセキュリティ確保を急いでいます。 為替取引 貿易がますます国際化されるにつれて、海外にお金を払うことは時間がかかり、大きな手数料を引き付けることになります。  暗号通貨は、自国通貨のみであれば、国際的に資金移動にかかる手間と時間を排除し、世界中の銀行は、面倒な手間をかけずに国境を越えて金を動かすためにブロックチェーン技術を実験しています。 DAppsはさらに柔軟性を提供します。たとえば、世界中で使用できる1枚の物理カードに複数の通貨(平らなものと暗いものの両方)を使用するTenXを利用します。換算手数料はありません。カードを使用するか、現地の通貨をATMから直接引き出して支払いを行うことができます。 ニュースの客観性 最近の混乱の原因となっている「偽のニュース」という実際の、そして疑惑をもって、事実チェックはますます重要になってきています。 地方分権化されたニュースネットワークは、作品のセンセーショナリズムではなく品質に関するライターに報酬を与え、事実チェッカーに作品のレビューを促すことで、偏見のあるコンテンツや不十分なソースコンテンツが節度を逃れることを極めて困難にします。クリックやシェアを集める「クリックベイト」や怒りを煽るヘッドラインではなく、事実上の記事をユーザーの拠点に広めます。 パーソナライゼーション 関連性の高い結果をもたらした場合、消費者はデータを共有するのがより快適になり、パーソナライゼーションは次の大きなプッシュコマースです。 ShopinのようなマルチプラットフォームのDAppsは、消費者やマーケティング担当者のパーソナライゼーションを向上させるために、複数のサイトにまたがる買い物客のデータとビジネスを結びつけます。ターゲットを絞ったプロンプトは、消費者にとって有益であり、 ヘルスケア提供 ヘルスケア部門のDAppsの開発は、データ保護とプライバシーの問題を患者の利益のためにデータ交換に統合し、さらなる研究を行うでしょう。管理、公衆衛生の保護、患者情報、病気の予防、人口統計データ、および追加の研究を含むさまざまな用途にわたって、1つのネットワークを介してデータを交換することができます。プロバイダーは、1つの分散型の使用の下で広範囲のサービスを統合する方法を検討する予定です。 主な役割 Webデベロッパー、コーダー、プログラマーは、スタートアップ企業であろうと、分散型ブロックチェーンの利点をビジネスにもたらす既存の企業であろうと、次の大きなDAppを業界にもたらすために努力しています。  

BitRewards-人工知能がどのようにセクターに革命を起こすのか

    AIと電子商取引:人工知能がどのように部門を革命化するか ガートナーは、2020年までに顧客と小売業者の間のインタラクションの85%が「人間と交流することなく」起こると予測しています。オンライン小売業者は、より多くの自動化のための消費者主導型の需要にどのように適応できますか? かつてはSciFi映画や小説の主流だったAIは、技術分野に躍進し、2018年には拡大を続けています。 昨年、AIは間違った理由で波乱を起こしていました。サウジアラビアは、人工知能の存在に市民権を付与する最初の国になりました。ソフィアというロボットは、彼女の市民としての見出しと、すべての人間を破壊するだろうという脅威があり、Googleの顔タグ付け技術は、ゴリラとして黒人を捉えました。Facebookは、賢くなったので、うそをついたチャットボットを引っ張ってきたという噂が流行しました。 しかし、AIの実際の成功は目に見えないほど賢明ではなく、私たちは消費者の経験を高め、ユーザーがあなたのプラットフォームにアクセスしてコンバージョン率を上げるために、電子商取引にAIを組み込む方法を見出し始めています。  パーソナライズされた推奨事項  Amazonの「アイテム間コラボレーティブフィルタリング」アルゴリズムが、ユーザーが到着するとすぐにホームページに直接カスタマイズされたコンテンツを提供する方法を見てきました。ターゲット推奨を開始した時点でAmazonの売上が29%増加しました。 パーソナライズされた推奨事項も電子メールで送信されますが、AIは、消費者が特定の製品を対象としたターゲット設定方法をさらに強化することができます。 たとえば、ウェイブレイザーは、場所や顧客のニーズに基づいて旅行や宿泊に関する個人的な推奨を行います。 パーソナライゼーションは、すでに購入したものに似た製品に限定されません。 AIは、バイヤーのニーズを予測するのに十分に洗練されています。 彼らの年齢が高まるにつれて、その年齢はどのように購入に影響を与えるのでしょうか?彼らのスタイルはより控えめなものになっていますか?企業が購入ニーズを予測し、2020年までに適切な提案を提供することを期待している消費者の推定消費者の推定は48%です。  画像検索  特定のまたは一般的な顧客の検索はオンラインであってもよいが、フィルタリング結果は通常、ドロップダウンメニューまたはキーワードを入力することによって行われています。 しかし、AIは画像認識を使用して同様の製品を見つけることができます。写真をアップロードすることができ、そこから、AIは類似のブランド、色、パターン、カット、長さ、パターン、および機会の形式を識別することができます。 PinterestはChromeブラウザーに拡張機能を追加し、ブラウザーでPinterest上の製品を強調表示して製品を検索することができます。ユーザーはYouTubeでビデオを見たり、好きなアクセサリーを作ったり、AIソースをオンラインで最も類似したものにすることができました。 デパートのNeiman Marcusは、ユーザーが自分のアプリのカメラから画像を収集して、カタログ内の類似したオブジェクトを入手できるようにします。画像検索は、ゲッティの画像認識ソフトウェアを使用して、見込み客が競合他社の画像を使用していた時期を特定するなど、B2B競合でも使用できます。 AIバーチャルアシスタント  オンラインではなく店内での購入の選択肢はまだありますが、米国の消費者の85%がオンラインショッピングより店頭でのショッピングを好むという調査結果があります。 ブリック・アンド・モルタルの小売経験をオンライン市場にもたらすための1つの方法は、仮想アシスタントの実装です。これらは、小売業のアシスタントと同様の方法で接近することができ、機会、着用者の年齢、および好みのスタイルなどの情報を共有することによって、AIアシスタントは適切な衣装を選ぶことができる。  音声コマンド  音声起動アシスタントは、AmazonのEcho、Google Home、Apple HomePodなどのポッド、またはCortanaとSiriを搭載したモバイルデバイスのいずれかで家庭内に普及しています。  2020年までに、インターネット検索の少なくとも半分が音声コマンドによって行われると予測されています。 アウトドアウェア小売業ノースフェイスでは、IBMのAI Watsonを使用して、顧客がコートを着ようとしていた場所やどのような活動をしているのかなど、ユーザーが答えた質問を完全なコートで見つけることができます。彼らの声はその後、追加の情報(気象条件など)とともに分析され、一致するものが見つかりました。また、1-800-Flowersは、完璧な贈り物を見つける際に同様にお客様のニーズに対応するGWYN(Gifts When You Need)AIを開発しました。 消費者は、コマンドを使ってStarbucksのコーヒーをAIチャットインターフェイスに注文することもできます。  クエリへの応答  有料の従業員は多くの場合、チャットボットで処理できる質問の回答に結びついています。チャットボックスは、従来の電子メールや通話よりも迅速な対応を提供します。レストランでさえ、迅速かつ簡単な予約をするためにオンラインチャットボットを提供しています。  偽造品の販売を防止する  シカゴに本拠を置くスタートアップの3PM Marketplace Solutionsは、模倣品を見つけるためにAIをトレーニングしています。疑わしいアカウントとその製品がどれほど信頼できるものであるかを分析し、企業はeBayなどの第三者のサイトからそれらを削除するようにロビー活動を行うことができます。偽物を厳しく見れば、真正性の価値は依然として高いままです。 製品説明の作成 すべての製品に正確なSEOの記述を書くことは、ライターを雇って個々の作品を盗む必要がある場合、時間がかかり、あるいは高価になります。 AIは、主要な機能を分析して、最適化された商品説明を作成し、それを書き込むことができます。 キャンペーン管理  AI Albertは、オーディエンスターゲティングと分析のためのアルゴリズムを使用して、マーケティング目標のためのカスタムプランを作成する「初の完全自律型デジタルマーケティング担当者」です。 Cortexはまた、最高の結果を得るために最適な時間にコンテンツを投稿すると同時に、競合他社を追跡して自分の行動に適応できるようにする、「インテリジェントスケジューリング」を開発しました。 Rocco AIは、コンテンツを分析し、改善の提案を行うことにより、ユーザーのソーシャルメディア関与を強化します。 アナリティクス AIはその分析をより深く理解することができます.Googleは既に、音声コマンドを通じて特定の情報(特定の四半期について)を要求し、AIを通じて配信することができる音声ベースの機能を開始しました。 あなたのビジネスにAIを統合するのは難しいかもしれませんが、あなたが望むほどの、あるいは多くのプログラムを提供することができます。さらに、おそらくあなたが気づいている以上にそれを使用することができるでしょう。 ソフトキャップに到達 プロジェクトはすでに、事前プレセールで3275ETH 78.7BTCを調達しており、14000人以上がホワイトリストに参加しています。 こちらから参加できます。 テレグラムに参加してください:t.me/BitRewards ...

BitRewards−DAO(ユーザー多数決投票)によるDAppsがもたらす小売部門の未来

    DAppsが流通部門をいかに効率化し、小売部門に利益をもたらすか ブロックチェーンが2017年の流行語だとすれば、2018年はDAppsの登場です。暗号通貨とファイナンス以外に、eコマースにとってDAppsの意味は何があるのでしょうか? DAppとは? DAppはBトラックまたは電子メールと同様に「dee-app」と発音され、「分散アプリケーション」の略称です。DAppsは、相互作用を監督し、容易にする会社の下で活動するのではなく、ピアツーピアのサービスであり、他のユーザーアプリケーションがDAppとみなされるためには、アプリケーションが示す必要がある4つの基準があります。 1)オープンソース  - アプリケーションの基礎となるソースコードはすべての人が利用できます。一部のアプリケーションは、既存のDAppブロックチェーン(Bitcoinのブロックチェーンは他のDAppによってよく使用される)上に構築される場合もあれば、独自のブロックチェーンを作成する場合もあります。 2)分散型 公開された分散型ブロックチェーンでは、データは暗号で保護されます。そのセキュリティは外部検証に依存しません。これは自律的なアプリケーションであり、誰も大部分のトークンを保持するものはありません。しかし、DAppは、ソースコードに基づいてネット上に繁栄したり失敗したりするだけではなく、変更が行われる可能性がありますが、自律的な開発者ではなく、ユーザーのコンセンサスに基づいて行われなければなりません。 3)トークンの生成 トークンは暗号アルゴリズムから配布されます。Bitcoinネットワークでは、「鉱夫」は、Bitcoinsで払い戻され、回覧されることで、困難ではあるが証明が容易な暗号パズルを解くことによって、新しいブロックを証明する報酬が与えられます。 4)インセンティブ ネットワークへの貢献には何らかの報酬があります。鉱夫は他の人と競争してパズルに最初の "仕事実績"の答えを提供するので、速くなることができます。逆に、エテリアムが計画している「立証証拠」検証では、新しいブロックの「偽造者」は、選択された価値、特に富に加えて年齢やその他の要因によって決定されます。 地方分権自治組織(DAO) 最も野心的で悪名高いDAppsの1つは、2016年に5000万ドル相当のEtherの中から悪用された不道徳な地方自治組織(DAO)でした。 DAOは、企業や非営利のベンチャー企業のための究極の分散プラットフォームとして意図されていましたが、コードの脆弱性により投資資金の3分の1が払われ、Ethereumは大部分の損失を取り戻すためにハードフォークを取るよう促しました。これはおそらく最も巧妙な暗号通貨のハッキングであり、投資家には注意が払われたかもしれません。しかし、「ハッカー」はブロックチェーンに侵入しませんでしたが、代わりに既知の弱点を利用して、ブロックチェーン自体は本質的に安全です。 暗号化を超えたDApps 過去数年間、暗号化通信、特にBitcoinはブロックチェーンを検討する際のほとんどの人が考えている開発ですが、ロジスティクス、医療、政府サービスなど、Webのより多くの領域にどのようにフィルタリングしたかを見てきました。主にブロックチェーンに格納されている取引を監督する会社の管理下にある。 DAppは法人ではなくユーザーの管理下にいなければなりません。 企業がピアツーピアプラットフォームを提供する場合、暗号検証、マルチユーザー検証、ネットワーク全体にわたるブロックの拡散により、攻撃に対する脆弱性が低く、データの安全性が確保され、ハッキングには影響されません。責任を持って行動するために企業に信頼を置かない消費者にとって魅力的です。 小売業におけるDApps 現在、主にiTunesなどの中央集中型アプリケーションで交換されている曲などの知的創造的な財産は、関係するアーティストから直接購入することができます。また、曲が他のベンダーを通過しても、参加アーティスト全員の情報そのブロックチェーンに内接する。コダックでさえ、独自の暗号化の開発とともに、アーティストの権利を保護し、新たな収入源を可能にするDAppを構築しました。 ブロックチェーンは、農家からパッカー、ディストリビューター、スーパーマーケット、納品まで、テーブルの前に食べ物の移動を監視するためにすでに使用されています。生産のあらゆる面をブロックチェーン元帳に書き込むことができます。同様のDAppsは、小売業で有機材料や非収穫工場労働などの側面を検証するために採用される可能性が高い。 今年の初めにブロックチェーンとAIを使用して小売顧客をターゲットにしているDAppのShopinは、分散型のEthereumベースのCloudプラットフォームであるiExecとの提携を発表し、顧客の推奨とコンバージョン率を向上させました。Shopinは、自社製品を販売するのではなく、顧客と小売業者の双方との取引を行うためのプラットフォームです。 DAOとしてのBitRewards BitRewardsでは、以前買収した製品に向けて顧客を押し上げるのではなく、さまざまな店舗やプラットフォームで支出を促しています。それは、デジタルBITを受け取ることによってユーザーがお金を使うことから利益を得ていることを見る透明な報酬制度であり、これは「自由な」通貨でより多くの支出を促します。 DAppとして、BitRewardsネットワークは個々のベンダーの利益や金銭的影響とは無関係に運営され、その代わりにユーザー(私たちと取引を行った個人または団体)が多数決の投票を行い、BitRewardsの成功はお客様のコンバージョン数が増加し、各BITの価値が高まります。 BitRewardsとToken Launchの詳細については、BitRewards.Networkのサイトを参照してください。 テレグラムに参加してください:t.me/BitRewards 最新のニュースや開発については、FacebookやTwitterでフォローしてください。

【ICOレビュー】Ubcoin−ブロックチェーンとAIによる暗号通貨で現実商品を売買するためのモバイルマーケットプレイス

  Ubcoin-暗号通貨で現実商品を売買するためのモバイルマーケットプレイス Ubcoin マーケットプレイスは、暗号化のための現実世界の商品を売買する世界的なモバイルマーケットです。 暗号通貨所有者の数は、2020年までに現在の2200万人から2億人におよそ10倍に増加すると予測されています。暗号化の所有者になる最も簡単な方法は、暗号のための商品を販売することです。このアプローチは、今後数年間で大量採用を推進します。 暗号通貨市場の資本金は約4,000億ドルです。暗号のために現実世界の財を買うことによって富を費やすという大きな需要があります。 2020年までに世界のスマートフォンの普及率が世界の人口の37%に達すると、モバイルコマースはすぐにウェブ商取引を上回るだろうが、オンラインでの売買活動のほぼ半分はマーケットプレイスで行われている。 Ubcoin マーケットプレイスはグリーンフィールドプロジェクトではなく、Ubankモバイルアプリの拡張版です。 成熟した会社であり、2009年以来存在する 当社の現在の製品であるUbankは、世界中で1,600万以上の設備を有している 同社は、50人以上の開発者、トップマネジメントとアドバイザーの才能 Ubcoinは既存の製品価値命題を強化し、再構築する サムスンとフライなどの企業は、フラッグシップ・ギャラクシー9を含むCISで販売されているすべてのスマートフォンに当社の現在の製品をプリインストールしている トークンの販売は、Ethereumブロックチェーンベースのスマート契約の開発、AIベースのスクリーニングおよびKYC技術の開発を促進し、グローバルな拡大に資金を提供するための資金調達を目指している Ubankアプリのユニークな流通モデルは、製造業者によるプレインストールにより、新しい地理に拡大される なぜUbcoinのソリューションが必要なのか 現在、何千万もの人々が正当に暗号通貨を所有しています。世界中の何百万もの人々が暗号通貨を知っており、それらを入手したいと考えています。 また、多くの企業では、暗号を驚異的な収益を生み出す投資手段と見なしており、他の企業は、シームレスなデジタル取引やブロックチェーン技術による新しいビジネス機会の恩恵を求めています。 このように暗号通貨の大量採用は避けられず、差し迫っており、大量採用の瞬間は間違いなく後になるよりも早くきます。そのためにも、消費者は、デジタル通貨を得るためのシンプルで迅速かつ安全な手段が必要です。 暗号通貨の資本金は約4,000億ドル変動します。しかし、世界各国の政府、銀行、国際決済システムは、法律を守って市民がデジタル資産を使用して物品を売買することを可能にするために、暗号取引を規制する明確なルールを確立する上で、 4000億ドルの大部分は、消費のために費やされています - 物理的資産への変換など。 同プロジェクトの目標は、世界中の消費者が暗号化に投資し、暗号化のための商品を自由に安全に購入し販売できるUbcoinデジタルマーケットプレイスを作成することにより、暗号投資の購買力を享受することです。 ビジョン 同社はビジョンについて以下のように考えを述べています。 1.多くの人は、暗号化のシークレットを得るためのシンプルで安全な方法を望んでいますが、方法はわかりません。 彼らは投機家ではなく鉱夫ではなく、暗号通貨に投資することで付加価値を見いだす人です。...

BitRewards-オンライン小売業者が知っておくべきGDPRについて

  ブロックチェーンとGDPR:オンライン小売業者が知る必要があるもの あなたはGDPRについて聞いたことがありますか?または、あなたは持っていますか? 2017年以来、GDPR関連のウェブセミナー、記事、講演などのサービスを促進することに関心を持つ欧州の政府、政府機関、企業は、データ保護に関する法律の変更がほとんどなくなると主張しています。 一般データ保護規制(GDPR)は2018年5月25日に発効し、EUおよび欧州経済地域内で消費者データを収集、処理、転送するすべての組織に影響を与えます。 「Brexit」プロセス(イギリスのEU離脱問題)を経て、今後2年間でEUを離れるべきであるイギリスも、GDPRを遵守するでしょう。 GDPRとは何ですか? この話を取り巻くいくつかの見出しは、(現在の全国的なデータ保護法よりも)猛烈で新しい、はるかに大きな罰金について話しています。 データ侵害に苦しむ組織は、売上高の4%、つまり合計額の2倍の2,000万ユーロを支払う必要があります。欧州を拠点としていない場合でも、顧客を抱える企業やEUを通じたデータを処理する企業は、GDPRの遵守を維持する必要があります。 残念ながら、罰金は唯一の問題ではなく、電子商取引の小売業者が焦点を当てるべきものではありません。新しい法律の下で「データ主体」と呼ばれる消費者は、より大きな保護を持ち、より簡単にデータにアクセスすることができます。そのデータを収集し、処理し、保護する組織は、データ盗難を防止するためにデータを保護するためにより多くのことを行う必要があります。 罰金が全員の注目を集めていますが、実際の優先事項はデータをより効率的に保護することです。すでにデータを使用する許可をWeb訪問者や顧客に求めて、暗号化して安全に保管するよう積極的に取り組んでいる場合は、新しい法律への準拠を維持することはそれほど多くの労力を必要としません。 Eコマース企業は、パートナーとサプライヤーを慎重に選ぶ必要があります。電子メールキャンペーンを扱うサプライヤが違反を犯し、顧客のデータがオンラインで盗まれ、使用され、または販売された場合、あなたの会社は責任のすべてではないにしても、ほとんどを負うでしょう。 GDPRの下では、譲渡することはできず、責任とリスクを軽減することはできません。 これはブロックチェーン企業に影響を及ぼしますか? はい、影響を及ぼします。 消費者データを収集し、保管し、処理し、転送するブロックチェーンの製品とサービスは、消費者の個人情報を引き渡す日の終わりにはまだまだです。 オックスフォード大学Keble CollegeのEU法上級研究員であるミシェル・フィンク氏は、 「暗号化されたデータやハッシュされたデータは、EUの法律で個人データとして適格であることはよく知られている不可逆的に匿名化されているわけではありません」 と述べています。 その結果、公開台帳に加えて、分散元帳に保存された暗号的に変更されたデータは、GDPRの影響を受けます。 データサブジェクトは、従来のデータベースに情報が格納されている他の人とまったく同じ権利を持っています。 「忘れられる権利」を含め、現時点では実装が難しいかもしれないブロックチェーンからデータを削除します。まもなく、この分野の企業が調査し、解決しなければならないものがあります。 ブロックチェーン企業が苦労する他のGDPRの問題には、「データコントローラ」の特定が含まれます。 GDPRへの準拠を維持するということは、データを法的に管理しているあなたの国の政府機関(例えば、英国のICO)、消費者のアクセス方法、データの削除方法を説明できることを意味します。 少なくとも、企業はこれらの質問に答える方法を知っておく必要があります。これらのプロジェクトの多くは比較的新しいものであり、注目を集めているため、遅かれ早かれ早く質問される可能性があります。 法律がGDPRの場合のように技術革新に追いつくとき、企業や技術企業は、将来的に最も革新的な技術革新を将来的に保証し、消費者と企業が完全に保護されることを保証する義務があります。 Facebookなどの信頼性の高いサードパーティ製のプラットフォームによる安全な認証と、小売パートナーによる消費者向けのオプトイン機能により、BitRewardsはヨーロッパでのコンプライアンスを維持しながら、顧客や電子商取引企業に高いレベルのセキュリティを提供すると確信しています。 間も無くホワイトリストセールが開始される ホワイトリスト登録したユーザーのみが参加できるプレセールは、4月9日からスタートします。 プロジェクトはすでに、事前プレセールで3275ETH 78.7BTCを調達しており、14000人以上がホワイトリストに参加しています。 こちらから参加できます。   テレグラムに参加してください:t.me/BitRewards 最新のニュースや開発については、FacebookやTwitterでフォローしてください。
error: Content is protected !!