ホーム ICO Domraider(ドムレーダー)

Domraider(ドムレーダー)

    Domraider(ドムレーダー)のオークションの流れとDRTトークンの用途について

      こんにちは。今回は、ドムレーダー社が提供するブロックチェーン技術を用いたオークションの流れやトークンの用途について、見ていきたいと思います。 ドムレーダーに関してはこちらの記事を参考にしてください。 ドムレーダーの概要について ドムレーダーの優位点について ドムレーダーのソリューションについて また、公式の概要は以下です。 公式サイト https://youtu.be/Ztn3-qhSpxo 前提として まず、オークションの流れの前提として、ドムレーダーのプラットフォームにはBigChainDBという技術が用いられてます。これは、スケーラビリティと復元力を高めるために用いられます。 そして、オークションには買い手と売り手、オークション主催者としてのオーガナイザーが存在します。 DRTトークンはオークションへのアクセス権利として利用されます。 オークションの流れ 一般的なオークションの過程は以下です。 オークション開始前 オークションに参加する際は以下の手順でアクションを行います。 ①オークションオーガナイザーは、販売を開くためのBigchainDBアセットを作成します。 ②ユーザーはDRTデポジットを配置して、デポジットの数にリンクされたクレジット検索を開きます。このデポジットは、次の2つの方法で作成できます。 DRTトークンジェル Bitcoin支払い、EthereumからDomRaiderボットへ、寄託アドレスを生成し、ユーザーアカウントのDRTトークンジェルを実行します。 また、SHAYPSHIFTサービスによりDRTトークンだけでなくほかの暗号通貨での参加も可能です。 Shapeshiftサービスを使用することによって、この操作は他の暗号通貨を使用して可能になることが重要であり、オークションボットはデポジットを登録し、BigchainDBデータ内に情報を記録します オークション開催中 オークション中はユーザーは入札を行い、その単価はBigChainDBにより管理され、ボットにより更新されます。手順は以下です。 ③ユーザーは、BigchainDBトランザクションを使用して、「対象」資産に入札単価と入札単価を上げます。オークションルールは資産の構成データに従って検証されます。 ④より高い入札価格の有効性は依然として十分な入金に結びついています(情報はボットによって更新されます) オークション終了後 オークションが無事終了すると、落札者が決定し、支払が行われます。また、ほかのユーザーの支払い撤回も同様に行われ、終了します。 ⑤勝者が宣告され、操作を終了するには支払いを行わなければなりません。 DRT以外で支払いが行われた場合、オークション主催者はこれをシステムでメモする必要があります(暗号化の支払いはDomraiderのボットによって自動的に登録されます) ⑥他のユーザーは、DRTトークンを撤回するか、他のオークションの保証として残すかを選択できます。 ⑦ボットはトークンを解放し、各参加者の「クレジット検索」を更新します。ユーザーのDRT預金保証の取り消しは、オークションが進行中でない場合にのみ許可されます。 ノードの管理 最初は、少数のBigchainDBノードを使用してシステムを起動します。これらのノードはすべてDomRaiderによって管理されます。それにもかかわらず、サービスの分権化の程度を広げるために、ネットワークを運営する当事者の数を多様化するためのプログラムを立ち上げます。さまざまなインセンティブによって、オペレータは新しいノードを設定することができます。 オークション内のインセンティブにより、ノードを新しく設定でき、以下のようなプログラムを実行できます。 オークションネットワークユーザーのネットワーク遅延の最適化と制御 オークションセクター運営者とのパートナーシップ サービスの品質と可用性の長さに応じて、TOP 100 DRTノードの月額スポンサーシッププログラム(サーバーによって運ばれる参加費):このプログラムはわずか12ヶ月間にリリースされ、DomRaiderが終了すると、複製する価値があるかどうかが決定されます。 最良の長期的解決策を決定する概念の証明 プラットフォームのバージョン1を開発するのと並行して、R&Dチームはさまざまな技術の進化に対応するためにいくつかの個別のProof of Concept(POC)に取り組んでいます。 この段階では、ドムレーダー社は、次のPOCが最も関連性が高いと想定しています。 ブロック時間の制約なしにタイムスタンプをテストするためのByteball セグメンテーションをテストするためのサイドチェーン  ERC20トークンを使用したマイクロペイメントチャネル:スケーラビリティを評価し、この原則を使用して取引コストを管理しているかどうかを確認します。 しかし、事態の進展の仕方によっては、評価される解決策が本書で想定しているものとは異なる場合があり、技術的な解決策が開発や生産での関連性よりも高い場合は、ユーザーインターフェイスを変更しないという条件で、ドムレーダーのプラットフォームから移行する計画を作成(および伝達)するようです。 このオンチェーンまたはオフチェーンソリューションに関してはこちらの記事を参考にしてください。 ソリューションについて   DRTトークンの用途 DRTは、DomRaiderテクノロジーを使用して設定されたオークションに参加してアクセスするためにのみ使用できます。このオークションネットワークが作成されると、DRTは以下のようにネットワーク上で使用されます。 ※DomRaiderがオークション販売のブロックチェーンテクノロジを開発する前に、DomRaiderトークンを使用することはできませんが、利用可能になったらプラットフォーム内で自由に交換することができます。 要約すると、DomRaiderによって設定された入札システムは、以下を可能にします: (オーガナイザー)オークションで商品や商品を販売することによってオークションオーガナイザーは、通貨で決済するのではなく、売り手にDRTの売り上げを直接提供することを選択することができる (プロの売り手)熟練した売り手は、売り手と主催者の両方として行動することもできる このようにして、彼らはオークションを完全にコントロールすることができます。 また、各ユーザーはプラットフォーム内でトークンを獲得することもできます。 トークンを獲得する オークション内でトークンを以下の方法で獲得できます。 ①販売手数料を受け取る: 主催者は、発注したオークションの落札額から差し引く手数料のレベルを自由に設定することができます。 DRTで支払われるこの手数料は、初期設定に沿って、販売価格から加算または控除されます。 主催者が最初の設定でこれを許可した場合、ビジネスプロバイダ、プラットフォーム、さらにはモバイルアプリケーションプロバイダは、落札者がこの仲介者を経由した販売に関するDRTに手数料を受け取ることがあります。 ②関連ネットワークサービスの販売:補完オークションサービスを提供したいサービスプロバイダは、計画された取引に参加し、DRTの顧客から支払いを受けることができます。例えば、オークション中のボラティリティに対する保証金を保証している金融サービス提供者は、DRTのサービスに対して請求することができます。 ③オークションの編成:ネットワーク上に新しいオークションを発行するには、主催者の直接取引費用は含まれませんが、最初にDRTに預金保証を提供する必要があります。これは、すべての販売取引費用が販売価格に加算されるため、完了した販売終了時に完全に払い戻されます。売却が完了しなかった場合、または主催者が取り消した場合、または当選者が直接支払い(主催者の顧客または販売パラメータ)から免除されている場合、取引金額を補填するために、いつでも、セキュリティデポジットを部分的に保持することができます。 トークンを使用する DRTトークンの使用用途は以下2つです。主に主催者が保証金を必要とするオークションの場合です。 ①認定オークションの保証金として:オーガナイザーが保証金を必要とするオークションでは、入札者はDRTの関連する保証金で入札を体系的に「カバー」しなければなりません。この入金は、オークションが有効な期間中のみエスクローで行われ、すぐに解除されます。銀行カードの口座振替による事前承認と同じ仕組みです。 ②入札を落札するための保証金として:主催者が保証金を必要とするオークションでは、入札を獲得すると入札者が保有する対応する金額が保証金に振り替えられます。その合計は、バイヤー、主催者、および仲介業者の間で分配されます。売却期間中に発生する可能性のあるオークションの通貨とDRTの間の為替レートリスクをカバーするために、保証金が少し高い場合を想定するとき、これに該当する場合、買い手は販売終了時に残りの金額を払い戻します。 取引量の増加効果のため DomRaiderネットワークは立ち上げから、DomRaiderが直接組織したオークションからのすべての取引を非常に迅速に処理する必要がありますが、すでに高い成長率が達成されているため、ネットワークが即座に有効に使用され、大規模かつ迅速な摂取の可能性が高まります。 さらに、DomRaiderは、できるだけ早く、主要なオークション主催者と最初の統合契約を成立させるためにすべての機能を配置します。 取引量の増加は以下のようなメリットをもたらすことが述べられてます。 グローバルトランザクションの量の増加は、3つの本質的にリンクされた要因の相関関係に直接依存します。 新しいオークションを発行している主催者の数の増加 主催者によるオークション数の増加 利用可能なオークションに続いて参加する潜在的なバイヤーの数の増加 オークションを促進しアクセスツールを提供する仲介業者の数の増加 主催者とバイヤーのためにネットワークの機能を拡張する補完的なサービスプロバイダーの数の増加 発行されたDRTトークンには上記のようなDomRaiderからの「行動要求」があり、公開オークションのブロックチェーンを開発することです。 トークン販売期間とプロセス トークンは、2017年8月16日から2017年10月11日までの2段階で販売されます。 プレセール:16/08/2017から0800 UTC / GMTから2011/11/09まで(08:00 UTC / GMT) セール:2011年9月12日の08:00 UTC / GMTから2011年10月11日までの8時00 UTC...

    Domraider(ドムレーダー)のソリューションについて

      こんにちは。前回概要部分をご紹介したDomraider(ドムライダー)についてです。 今回は、Domraiderの具体的なソリューションにについて見ていきたいと思います。 全体概要に関してはこちらの記事を参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/domraider はじめに ホワイトペーパーの前半部分では、主にドムレーダー社が手がけている今日のDropCatch市場やブロックチェーン技術とドメインの関連性に関して述べられています。 ドメイン名の市場は加熱しており、分散型のエコシステムへと移行するような傾向があります。 ドメインとブロックチェーンの例を挙げると、 Namecoin(ネームコイン) Namecoinは、派生したオープンソースビットコインテクノロジであり、ドメイン名にリンクされた情報を記録して読み取ることを可能にします。 DNS管理の分散化し、セキュリティ、検閲、プライバシーを向上させることを約束します。ですが、まだ実装されていません。 Blockstack(ブロックスタック) Blockstackは、Bitcoinネットワークの上にある分散型DNSシステムの最初の実装で、DNS機能と主要な公共インフラストラクチャが組み合わされており、主に新しいアプリケーションでの使用が意図されています。2015年9月から運用されており、現在70,000を超えるドメイン名を管理しています。 ENS(イーサリアムネームサービス) ENSはETHを公開鍵に送るのではなく、jon.sno.ethに送信します。2017年5月の打ち上げから、既に300万以上のETHを回収した預金システムを使用したオークションで15万人の名前が付けられたことで成功を収めており、現時点では一番有望ではないでしょうか。 https://ens.codetract.io/ またENSは、Mist、ChromeのMetamaskプラグイン、オンラインウォレットMyEtherWalletなどのナビゲータ内ですでに使用されている可能性があり、ENSには保有されている名称のメンテナンス費用はまだ含まれていませんが、この開発はパイプラインにあります。第2の市場はすでにhttps://www.enslisting.com/で始まっているようです。 すでにあるものの中でも、開発が進んであり実用化まで実現しているものは少ないです。 エコシステムの可能性とメリット 近年のブロックチェーン技術のオープンで標準化されたシステム性質のおかげで誰でもインターフェースやサービスに関連した販売をしたり、これらの報酬を受け取ることができます。 たとえば、モバイル開発者は、すべてのブロックチェーンオークションのためのユニバーサルインターフェイスとして機能するアプリケーションを設計し、それによる売上に対する手数料の自動控除を通じて報酬を受け取ることができます。 オークションの場合は、オークション主催者は、最初のオークションパラメータを設定し、仲介者が手数料を控除する権限を持っているかどうかを決定できます。(はいの場合、最小設定ができます) すると、以下のメリットが生まれます。 →オークション主催者は、支払うコミッションの範囲を管理できる →クライアントアプリケーションの貢献者や出版社は、進行中のオークションを評価するための最大コミッションを決定することができる このように、オークション内でコミッションの決定と獲得の権利が発生します。 現在、ほとんどのブロックチェーンテクノロジは、実現性の課題に直面している中で、 DomRaiderは、既に確立され、資金調達されている構造を、公に公開されすべてにアクセス可能なソリューションと統合することで、ブロックチェーン技術の採用を容易にする実績のあるビジネスモデルから収益を得る仕組みを作り出します。 このインターフェイスは変更されることなく、次の開発段階へと進んでいます。 オークションの問題点と対策課題 さて、今回一番大事な項目ですが、ホワイトペーパーでは現在のオークションは集中化しすぎていることで制限が生じていることをドムレーダーは、指摘しています。 オークションの問題点 透明性がない(主催者の存在) オープンでない(主催側のプラットフォームに参加する必要がある) エコシステムの品質制限(品質は主催者側の開発に依存するため、サービスマッチングなどの機能面、支払いなどのコスト面などで品質が落ちる) そこで、ドムレーダーのネットワークが広く採用されるためには、上記の問題点を解決するための基準を満たすために十分な柔軟性を備えたソリューションとして、以下のような技術基準を設けてます。 迅速な承認:ライブオークションとの互換性を維持するためには、ネットワーク上で競合するユーザーおよびトランザクションの数に関係なく、短い承認時間が必要であり、承認時間は1秒未満を目指す スケーラビリティ : 数百万人のユーザとトランザクションをサポートするため。各オークションでは多数の署名が生成されるため、使用されるテクノロジはネットワークのパフォーマンスを低下させたり、トランザクションの遅延を引き起こすことなく、この情報の負担を負う必要がある。インターフェイスを配置する能力は、シンクライアントの可用性と、ネットワークのさまざまなノードでコンセンサスに達したデータ(リサーチ、ナビゲーション)を操作する能力によって異なる 非常に低い取引コストの維持:ネットワークの普及のためには、必然的にユーザーの取引コストを厳密に管理する必要がある 最新状態の維持:ネットワークの高い財務負担を考慮すると、使用される技術は、メンテナンス、修正、開発を円滑にスムーズに行うことができる必要があり、特に、あらゆるセキュリティ脅威に完全に対応できるようにする必要がある 相互運用性:エスクロー預金保証を可能にするために、あらゆるタイプの通貨($、¥、€)または暗号通貨を受け入れる必要がある ホワイトペーパーより さらに、インタフェースの問題にも焦点を当て、ユーザーからのアクセシビリティを高めるためにターゲットユーザーのコンピテンシーレベル(成果に基づく行動特性)に応じて、多くのインターフェイスカテゴリ(人間と機械の仲介を担う手順や規則要素)を配置する必要があります。 インターフェイスカテゴリ 主なカテゴリーは以下です。 自動オークション用API パートナー向けのJavascriptまたはターンキーモバイルモジュール スマートフォンまたは電話機からサービスにアクセスする一般市民のためのLightwallet 上級ユーザーとラップトップまたはデスクトップのサービスを使用している場合のためのヘビーウォレット(フルクライアント) オークションの自動化はもちろん、一般ユーザーからプロユーザーのためのウォレットを提供します。 より多くのオークションオプション、ならびに公開オークションにおける研究およびナビゲーションインターフェースを提供します。 トークン管理システムもここで役割を果たしており、プロのユーザーにとっては、DRT(ドムレーダートークン)、オンライン(ホットウォレット)などを可能にする財布など、ホット/コールドウォレットを管理するオプションを有効にする必要があります。ラインストレージ(コールドウォレット)での「コールドストレージ」ソリューションはより安全であり、ハッキングするのが困難です。 このように述べられています。 ユーザー認証システム ユーザーの暗号化IDはネットワーク認証でもあり、トランザクション(入札の作成または入札)を実行できます。潜在的なオークション登録方法は2つあります。 ①プライベートオークション:オークション主催者は、オークションのユーザ名をユーザのリストと共有します。招待された(ホワイトリストに掲載されている)招待者のみが入札可能です。 ②プライベートオークション:誰でも参加して参加することができます。 そして、ドムレーダーはこのような既存のオークションに欠如している課題の為の次項のようなソリューションを提供します。 Domraiderのソリューション ドムレーダー社は、リアルタイムの新しいオープンで分散化されたプラットフォームを立ち上げます。オンラインまたはライブでも、世界中の任意のオークションの管理ができることを目指しています。 無限の機能性と可能性を持って、すべての人が利用できるエコシステムの基本を確立したいと考えています。つまり、誰もがオークションの販売、入札、整理、またはエコシステムへのサービスを行うために接続することができます。 したがって、我々のプラットフォーム上で利用可能な機能は、コミュニティおよびオークションの専門家によって広く採用されているので、徐々にかつ迅速に拡大するだろう。 DomRaider ドムレーダーが重視している具体的なソリューションは以下です。 •インターオペラビリティ(相互運用性):クライアントは、世界中の多くのオークション主催者が実行するオークションに参加することができ、各入札者は、習慣を変更することなく世界の任意のオークションに従うか、または参加するために、多数のアプリケーションまたはインターフェースから選択することができます。この相互運用性により、アイデンティティやバックグラウンドデータの処理など、他の分散リポジトリにリンクすることも可能になります。 •高速化:ライブオークション(競売人が物理的に実行するもの)のリアルタイム制約内で互換性を保つために、ブロックチェーンは以下に詳述される技術コンセンサスメカニズムを使用して、より高い入札単価が1秒未満で行われます。 •非常に低い取引コスト:選択された技術合意メカニズムにより、新しいトークンに基づいて大幅に削減された取引コストを確保することが可能になります。これにより、ブロックチェーンへの参加が非常に簡単になります 分散保管庫のプロトコルのおかげで、各オペレーションは、透明性の上で公開され、偽造することは事実上不可能な方法でネットワーク内に登録されます。 しかし、それ自体では、分散プラットフォームは低レベルのレイヤーになるため、入札者の増加が売り上げを創出する際に取引を登録するために必要な技術的基礎を提供します。 そのレイヤーの質の改善のために、オープンスタンダードのおかげで、機能性と可能性を広げるために、追加のレイヤーとモジュールを数多く重ね合わせることが可能です。 以下具体例です。 追加レイヤーとモジュール 時間制限 アンチsnipping インクリメント 支払い保証 法的な制限 預託 即時購入 準備金 競売人の支払い ロットのプレゼンテーション リアルタイムのオーディオおよびビデオストリーミング などの追加サービスも予定されてあるようです。 専門家による20のクイックアップ 競売の世界で活躍するプレイヤーによって設計されたドムレーダーのソリューションは、業界のニーズに即座に対応します。 これにより、プロのオークションオーガナイザーは、オークションの可視性を損なうことなく、システムをネットワークに接続することに熱心で、新しいバイヤーを招き、バイヤーの数が増えるにつれて、価格は上昇し、即座に利益をもたらされる仕組みです。 さらに、DomRaiderソリューションは、すでに使用しているシステムと統合して、機能的な段階を分離することによって、それを徐々に、完全に独立して採用することを目指しています。 具体例は以下です。 1.顧客が参加することができない主催者によるDomRaiderに対するオークションの直接的な公表 2.主催者に既に登録されているクライアントに対して許可された出版および参加 3.参加および支払い(紙幣または暗号で) 4.参加者全員に開放され、支払い保証によって保証される 5.参加者は、支払いサービス、信頼できる第三者機関、配達員全員に開かれる さらには、既存のオンチェーンソリューションに加え、オフチェーンソリューションを組み合わせることも書かれてあります。 こちらに関してはこちらの記事を参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/domraider/superiority 開発ロードマップの鍵となる重要点 ロードマップで鍵となる部分は以下の点です。 1,BigChain技術の採用 ドムレーダープラットフォームの最初のバージョンは、ERC20 DRTトークンを使用するセキュリティ保証と、BigChainDB技術に基づいたオークション管理システムに基づいて開発されています。 2018年にDomRaiderサービスに統合する目的で、2017年12月にプラットフォームを構築するための現実的なアプローチと考えているようです。 トランザクションコストを管理するために、当初はパブリックIPDBインフラストラクチャを使用するのではなく、独自のサーバーでBigchainDBを使用することをお勧めします。パートナーシップは、ネットワークノードを運用する当事者を多様化させるために作成されます。 2,DRTトークンの使用: DRTトークン 技術的な観点から、DRTトークンから特定の機能が要求されたときに入金が行われます。この機能には、凍結する金額、凍結期間の長さ、資金を解凍することができるボットのアドレス、または取引のペナルティとして奪取することができます(ペナルティは各オークション主催者が設定できます) 保証金 保証金(SD)は、デフォルトで預金額の10倍に相当する金額のクレジット・サーチをカバーするという原則を提案します。このデフォルト金額は、各オークション主催者がケースバイケースで調整することができます。 BigChain取引 各取引はBigchainDB資産であり、その構成設定は入札に関連する情報を表します。 各入札、より高い入札および落札は、資産に関連するBigchainDBトランザクションです。 BigchainDBの負荷容量(設定後)は、多数の入札をリアルタイムで処理することができます。 とあるように、DRTトークンは、オークションプラットフォーム内でクレジットを開くために使用されます。 このアプローチは、参加者が真剣であることを保証しながら、プラットフォームの使用を容易にし、ユーザーが一定の時間内に支払いを怠った場合(入札に当たった場合)、セキュリティデポジットを失い、それらを特定の販売から除外することがあります。   そして、私が思うにロードマップの鍵となる部分は以下です。 (2017年) 11月 : プライベートインフラストラクチャで管理される入札単価、入札単価、帰属プロセス (2018年) 2月 :...

    Domraider(ドムレーダー)の他社との競合上の優位点について

      こんにちは。今回も、オークションプラットフォームのドムレーダーについてです。 客観的な主観も含まれますが、その優位性についていくつかの項目で説明したいと思います。 ICO期間も残り少なくなってますので、是非、参考にしてご検討ください。 Domraider社は既に市場を独占する立場である ドムレーダー社は、2013年にTristan Colombetによって設立され、ドメイン名を削除するための最良のサービスです。 ドムレーダー社は、市場で最高の回収率を得るために、ドメイン名の拡張子の大部分について、4年間の社内の研究開発に頼っており、ユニバーサルに設計されたアーキテクチャーのおかげで、革新的でユニークな技術ソリューションを調整しています。 これにより、新しいドメイン名の拡張を統合し、キャプチャアルゴリズムをより迅速に更新することができています。 勝者がすべての市場を奪うと言われているドメイン市場では、ドムレーダー社はDropCatch(ドロップキャッチ)という確固な地位を得ています。 ドロップキャッチャーが競合他社と比較して得た回収率は2つの重要な要素に依存しています。 アルゴリズムの有効性 レジストリサーバへの接続数 それぞれの登録には、送信可能な作成要求の数が限られているため、この上限を超える唯一の方法は、接続と認定を増やすことです。ただし、これには、コストを大幅に増加させ、オペレーターは追加コストをカバーするために十分に高いビジネス量を必要するため、新規参入はなかなか難しいところがあるようです。 ドロップキャッチャーの予算が大きくなればなるほど、重要な数の新しい接続や認定を受けることができます。したがって、それはより成功した予約率を有し、より満足した顧客を有するであろう。顧客数の増加に伴い、オークション価格がプラスの影響を受け、利用可能な予算が改善されます。 この好循環は、成熟した市場に参入しようとする新規参入者にとっては、参入障壁である。 このように述べてます。 ソリューションの支えとなる技術面 ドムレーダー社は、独自の技術を開発する前に、競合ソリューションの基盤となるすべての技術変数のベンチマーク(比較検討)を行なっており、ホワイトペーパーに詳しく書かれてあります。 オークションでの評価基準は以下です。 ベンチマーク評価基準: スピードとスケーラビリティ オークション管理と豊富な機能を導入する柔軟性 取引コスト プライバシーを管理する能力(個人を偵察することを可能にするデータマイニングを避ける) 使用可能なインターフェース(ウォレット、ライトウォレット、API) 信頼できるシステムを設置する能力 そして、プラットフォーム上でソリューションを設定したり、フォークを導入したり、特別にオークションに調査された選択肢は、2つのカテゴリに分類できると述べられており、以下です。 ①完全なオンチェーン・ソリューション: オークションは、ネットワーク・インフラストラクチャのもとで完全に管理される ②混在ハイブリッドオンチェーンソリューションとオフチェーンソリューション:オークションは、オンチェーン保証の預託によるセキュリティと、ネットワーク外で署名された取引によって、ネットワークインフラストラクチャ外で部分的に管理される オンチェーンソリューションとはブロックチェーンのオークションシステムを使用または適用するためにこれまで検討された解決策のリストのことであり、ホワイトペーパーを参考に以下要約します。 オンチェーン・ソリューション ドムレーダー社が挙げているオンチェーン・ソリューションのリストは以下です。簡単に説明します。 MultiCain(Coin Sciences Ltd発行のソリューション) :これはビットコインから登場したフォーク(技術)であり、権利管理(許可)などの機能が追加された理由、インストールプロセス、複数の資産を管理する機能、および「データストリーム」と呼ばれる機能を備えています。 データストリーム機能には、ブロックチェーンインフラストラクチャにキーバリューデータベースを追加することが含まれ、このインフラストラクチャは、時系列の管理にも使用できます。この機能は、正確なタイムスタンプを付けたオークションデータの(チェーン上の)管理のための良い基礎を証明することができます。 MultiChain 1.0は、2017年8月2日に発表されました。これは、特にスケーラビリティが1,000トランザクション/秒(当社の状況においてベンチマークされる)として引用されているため、さらに魅力的です。 (柔軟性が懸念ですが、スケーラビリティやその他の項目に関しては優れていると思いまし、正確なタイムスタンプ機能は欠かせないものです) SideChain(サイドチェーン) サイドチェーンのコンセプトは、Bitcoin Coreに貢献している有名な会社Blockstreamによって発明され、特許取得済み。Blockstreamは最近(2017年5月22日)、その製品「Liquid」が約12社の大企業のβプログラムに参加しています オークション管理のためのサイドチェーンの利点についてのドムレーダー社の見解 •サイドチェーンを分割する機能:地理情報、オークションの専門カテゴリなど •スケーラビリティ(ユーザー数とトランザクション数の両方) •サイドチェーンをBitcoinネットワークに接続する際のデータの信頼性とセキュリティ向上 (こちらは、ベンチマーク評価基準全てにおいて、抜け目なく優れてます) Ethereum (許可済み) この段階では、公開されているEthereumネットワークの使用は、オンチェーン・オークションの管理には適していないが、許可されたEthereumインフラストラクチャ(パブリック再生ネットワークを含む)とParityを使用し、証拠証書のような特定の合意アルゴリズムにより、顕著なキャパシティが可能になります。 この構成は現在、Energy Web Foundationでテストされており、容量が1秒あたり100万トランザクションに達する可能性があると発表しました。 Parityソリューションのもう1つの利点は、多数のブロックチェーンインフラストラクチャが通信(クレジット交換、スマート契約の実行)を可能にする非常に有望なPolkadotインフラストラクチャです。 Ethereumエコシステム内では、スマート契約を使用してオークションを実施することができます。スマート契約は、インフラストラクチャーが参加者の入札にタイムスタンプを付けるのに対し、規範の検証を担当します。 (コストとインターフェースの部分では、懸念点がありますが既に開発されているイーサリアムネットワークと、私も注目しているPolkadotにも期待できます。) BigChainDB BigChainDBは、トランザクションのアイデアを組み込み、コンセンサスアルゴリズム(Federation Consensus Modelとして知られているモデル)を採用することで、従来のNoSQLソリューションの利点を利用してスケーラビリティと復元力を実現するテクノロジです。 BigChainDBテクノロジは、プライベートネットワークまたはパブリックネットワーク(IPDBネットワーク)に展開できます。 このテクノロジの明確な利点は、負荷容量(1秒あたり1m書き込み)、豊富なアクセス許可モデル(ホワイトリストに限定された公開オークションまたはオークションの可用性)、動的な変更、リニア容量などのオークションのコンテキストで非常に魅力的なものになります。 (コスト面が懸念ですが、この技術は、ドムレーダーでも開発の最初の段階で採用されています。) Hyperledger...

    Domraider(ドムレーダー)はリアルタイムのオークションのための分散型プラットフォーム

      こんにちは。今回ご紹介するのは、DomraiderというICOです。 注目度はやや高めで、リアルタイムの分散型オークションプラットフォームを目指します。   Domraider(ドムレーダー)とは? ドムレーダー社は、ブロックチェーンの技術と知識により、未来の分散型オークションプラットフォームを目指しています。 ドムレーダー社は、2013年に設立されたベンチャー企業であり、有効期限の切れたドメイン名を競売にかける最先端技術であるDropCatch(ドロップキャッチ)を専門にしています。 DropCacthというのは、いわゆる中古のドメインを購入して再取得することであり、SEO対策効果や転売目的で利用されることが多いです。 仮に以前使用していたサイト運営者のドメインパワーが強力であれば、その中古ドメインは誰もが欲しがりますよね。 そのようなメリットから、ドロップキャッチは激化してあら、市場も急成長してます。 そのような中、ドムレーダー社は、これまでに2万件以上の実績があり、現在3か国(近いうちに5か国)展開しています。こリサイクル技術によりSEO(検索エンジン最適化)、ウェブマーケティング、ブランド保護などの分野で顧客の信頼と最良のドメイン提供を心がけています。 公式サイトによる実績は以下です。 27 のドメイン管理機関に登録 100万件のドメイン名を毎月売り出している 10 000 件のオークションをこれまでに運営 33 名の社員 7 ヶ国語のサポート 4百万ドル の資金力 これまでに豊富な経験と実績のある会社です。 そして、今回このドムレーダー社がさらなる企業規模拡大の資金調達のため、ICOにてユーザーに、DRTトークンを発行します。 https://youtu.be/Ztn3-qhSpxo https://www.domraider.io/ja/ 既存の問題点とソリューション ドムレーダー社が挙げている既存の問題点は以下です。 これまでのオークションのプラットフォームには、閉鎖的で主催者 のみに情報が集中してしまうという大きな欠点がありました。 • 透明性の問題 • オークション主催者の素性がわからない、または疑わしい • 情報がオープンでない • 互換性に乏しく、それぞれの主催者がアクセス管理をしている • 提供しているサービスが乏しい • 融資や配送、検査などのソリューションに欠ける 引用元:ホワイトペーパーより そこで、このソリューションとして、世界中のオンラインオークションや販売場所での取引をリアルタイムで管理できるような、新しい分散型ブロックチェーンプラットフォームを構築します。 このドムレーダーの分散型プラットフォームを通じて、オンライン上のユーザー誰もが自分のサービスをオークションを通じて購入、販売、宣伝することができようになります。 システムについては、具体的には次項で説明します。 オークション向けの最新エコシステム ドムレーダー社は今回のICOにより新しい形のオークションプラットフォーム開発を手掛けます。 透明性、信用性、 スピード、柔軟性や互換性に富んだネットワーク ドムレーダー社のネットワークは、往来のオークションの入札や取引を単純に登録することだけが目的ではなく、 オンライン上の世界中の参加者すべてに革新的なソリューションを提供する最新型オークションのエコシステムを目指します。   上の画像でもある通り、システムネットワークの核心部分は、ブロックチェーン上に刻まれたオークション履歴の記録と取引の登録であり、コミュニティ機能に加え、様々な販売形体に適応した運営者向けの先端的で特殊な規則の追加からなります。 具体的なソリューション機能は以下です。 透明性と信頼性: ドムレーダーのネットワークは、ブロックチェーン技術に基づくため、透明性があり、ネットワーク上での取引は全て検証可能かつ偽装不可能な仕組みです。これにより、オークションの透明性と信頼性が高まります。 互換性: 購入者は、たったひとつのインターフェイスからあらゆる競売に参加したり、どんな形の通貨でも支払いをできるようになります。 安価な手数料: ネットワーク上でのオークション取引への参加がほぼ無料に近い形で可能になります。 スピード: オークションの落札の認証は、常に1秒以内で行われ、素早い取引が可能になります。   これらのソリューション機能により、オークション競売人、第三者、査定専門家、配送サービス業者、オンラインオークションプロバイダー、携帯アプリ開発者などの幅広い企業がネットワークシステムに参加することになり、 ブロックチェーン技術のさらなる認知と付加価値が高まるとともに、 ドムレーダーの新しいネットワークでは、各人が競売をしたり、新たな機能を提供したりでき、誰もが競売に関連したインターフェイスや新しいサービスを提案したりでき、それにより競売の手数料としてトークンの形で報酬を得ることができる という点が大きなメリットとなってます。 Domraiderの競合上の優位性は? ドムレーダー社の競合上での優位性は主に以下が挙げられます。 ライバルが少ない オークション分野においては、システムをブロックチェーンネットワークに移行させるという点では、最初の試みであり、競合が少ない上で価値も上がります。 過去の実績とともに、今回行われているICOによって他企業の取り込みや発展の促進に向けた戦略的な買収の実現に向けて、すでに動き出しています。 経験豊かなスタッフと優秀なアドバイザーの存在 公式サイトを見てわかる通り、ドムレーダー社は特に人材が豊富です。 33名のスタッフ ドムレーダー社は33名のスタッフにより世界3ヶ国 (近々5ヶ国)に展開しています。 また。中国語🇨🇳,日本語 🇯🇵,ロシア語 🇷🇺,英語 🇺🇸,スペイン語 🇪🇸,イタリア語 🇮🇹,仏語 🇫🇷で対応しています。 また、スタッフやチームに関して以下のように述べています。 エキスパートとして、また情熱をかける者として、私たちは最高のチームワークを目指しています。1年で社員が3倍に増えても、助け合いの精神とスッタッフ個人の才能を存分に開花させることを常に大事にする。それがドムレーダー社の社風の根本です。 22人のアドバイザー アドバイザーも豊富であり、ブロックチェーン投資先駆者、起業家、財団、専門家などブロックチェーン技術におけるエキスパートが集まっています。 特に私が注目したいのが以下の人物です。 Eddy・Travia (エディ・トラビア) ブロックチェーン技術の先駆者であり、ロンドンのNEX Exchange (NEX:Coin)の上場企業であるCoinsiliumのCEOです。2014年にはBlockchain Awardのもっとも影響力のある三大投資家の一人にも選ばれています。Factom,LISK,CoinDashなどにも投資しています。 ドミニク・ジニス WINGS財団の共同設立者であり、マスターコイン財団OMINIの広報担当もしていました。分散型システム・ファイナンスに優れた人材です。 アンソニーディ・オーリオ Ethereumの共同創立者、Decentral,JaxxのCEOであり、ベンチャーキャピタル、コミュニティ運営、ブロックチェーン、デジタル通貨など数々の分野で成功を収めている人材です。ビットコイン財団にも参加しています。   31のパートナー パートナーもかなり豊富で、WINGSだけでなく、ArkやBancorとも提携しています。 実現可能なロードマップと事業計画 具体的なロードマップは以下です。 2013年7月 ドムレーダー社設立 2016年10月 2百万ドルの資金調達 2017年5月 さらに2百万ドルの追加資金投入 2017年6月 ドムレーダー・ブロックチェーンの立案 現在(2017年9月)販売および暗号通貨での保証金の受け付け開始 2017年10月 COによるDRTトークンの発行 2017年12月 弊社の内部インターフェイスでのオークションの競売や落札などのプロセス管理 2018年2月 ブロックチェンネットワークでのドムレーダー・オークションの開始 2018年4月 オークション業者に向けたドムレーダー提携プログラムの開始 2018年6月 外部に対するパートナーシップの開始 2018年9月 ドムレーダー社アフィリエート以外のパートナーによる最初のノードの始動   実際のオークション開始は来年初めあたりからで、来年中にノードも始動するようです。  正式に企業として合法化されている ドムレーダー社はすでにフランス国内で正式に登記されており、フランスから正式に会計監査を受けています。   以上のような強みに関して、CEOもこのように語っています。 「ドムレーダー社のICOには二つの成功の鍵があります。ブロックチェーンのエキスパートによる卓越した技術革新と、経験豊かなチームが揃った安定した企業としての成熟度です」 トリスタン・コロンべ、...
    error: Content is protected !!