QuardrantProtocol(eQuad)まもなくトークン販売が開始!データプロトコルプロジェクト

  QuardrantProtocolの全体概要 Quardrantは、真正性と起源を核としたデータ製品とサービスのアクセス、作成、配布を可能にするブロックチェーンベースのデータプロトコルです。 プロジェクト名 QuardrantProtocol ジャンル データプロトコル チーム背景 DataStreamX 国   トークン販売 あり リンク website whitepaper medium MVP(テストネット) telegram Twitter Facebook bitcointalk LinkedIn YouTube   このプロジェクトではデータ経済を宇宙に見立て、データのマッピングを行います、 Quardrantは、分権化されたデータを活用するための体系化されたシステムを提供する青写真として機能します。 クアドラントには、データ経済の問題を解決するための以下の機能があります。 データの真正性と出資の証拠 異種データソースの星座(マッピング) 公正な報酬とインセンティブ共有 ビジョンー何を解決したいのか このプロジェクトが解決する問題点は以下です。 AIデータギャップ アルゴリズムが必要とする大量のデータにアクセスすることができないため、中小企業はAIの革新を生み出すのに苦労しています 不正なデータ 中小企業のデータにアクセスするには、疑わしい真正性のためアルゴリズムの結果が悪い 持続不可能な生態系 データプロデューサは、本物のデータの量を提供するためのインセンティブが欠けているのは、初期販売のためにのみ補償されるためです Quardrantの解決策 クアドラントは、GoogleやFacebookなどの大規模なデータ保有企業が作成したサイロを中心にデータ経済を構築し、企業が情報源を隠している多くの詐欺につながる、データ業界における非透明性の問題に取り組むことを目指しています。 クアドラント内で促進された透明性により、企業はコンプライアンス目的でデータソースを追跡し、支払ったデータを確実に取得し、アプリケーションに必要なデータを確実に取得できるようになります。 同様に、クアドラントは、バリューチェーン内のすべてのデータプロバイダが、育児施設と呼ばれる元のクリエイターが、アグリゲーターや企業に提供するデータによって生み出される利益に関しては、しばしば放棄されるため、適正かつ公正な報酬を受け取るようにします。   データスタンプ:データの購入者がデータを作成したかどうかを確認し、そのデータを作成することができます。 星座(データマップ)の創造:最初のデータスマート契約を作成し、新しいデータ製品を作成するために展開します 豊富なデータとサービス:賢明な人たちに、プロトコルの上に新製品やサービスを提供するメガコンステレーションを作成する権限を与えます。   アーキテクチャと技術 Quadrant Protocolはブロックチェーンベースのネットワークプロトコルで、信憑性と信頼性を備えたデータ製品やサービスへのアクセス、作成、配布を可能にします。 分散データを活用するための組織化されたシステムを提供する青写真として行動することが想定されています。 アーキテクチャは、以下の要素です。 コアQuadrantブロックチェーン クライアント(データプロデューサ、データコンシューマとアンカー) Guardianノード PoA アルゴリズム クアドラントは、より多くのトランザクションを処理し、より低いガス価格で動作し、より高速なトランザクションを実現し、悪意のあるノードがデータをネットワークに入力するのを制限するために、Proof of Authorityコンセンサスメカニズムで動作します。  外部の作業証明連鎖も、セキュリティの目的でアンカーとして使用されます。 当面は、Ethereumブロックチェーンをアンカーリングに使用しますが、必要に応じて将来の任意のパブリックチェーンで置き換えることができます。 象限には、以下の初期の機能とサービスがあります。 データスタンププロトコル スタンプ検証 オープン星座 ネットワークノードとクライアント Elonsによるデータ拡張 パブリックチェーンアンカー ElonsはQUADに実験と試験のためのデータセットへのアクセスを依頼します。 パイオニアは、異なるステーキングレベルで複数の層を可能にします。 データスタンププロトコル パイオニアとナーサリーは、それをQuardrantに打ち込むことによって、生産されたデータに クレームを付けることができます。 オープン星座 コンステレーションは、データの供給者と消費者の両方によって作成され、収益分配のネストが可能。 ガーディアンノード 保護者はQUADチェーンにブロックを組み込み、それらを公開チェーンに固定することでクアドラントを維持する。 技術ロードマップ 現行ステータス: 現行のステータスはMVP(テストネット)です。 クアドラントのテストネットとプロジェクトの最初の機能であるデータスタンプは、ここ数週間で正常に動作し、クライアントのライブデータフィードをスタンプしています。 データスタンピングは、データソースからデータコンシューマにデータの信頼性を提供するように設計されています。 データコンシューマは、ネットワークの基本的な信頼層として機能します。  ブロックにデータ署名を付けることで、プロトコルはデータの動きを追跡し、操作がどこにあるかを理解することができます。 これは、データの信頼性を保証し、コンプライアンスアプリケーションの出所を追跡するために設定されています。 拡張テスト中に、チームはクライアントの1つの実際のプロトタイプを使用して作業していました。 テストネットシナリオ: テストネットのシナリオでは、以下のような流れで進みます。   技術的な次の段階: スループットとリアルクライアントのユースケースが検証されたら、次の手順は、生産顧客の強さとセキュリティを他のデータフィードシナリオと比較してテストし、メインネットを起動することです。 チームは以下のプロジェクトロードマップを提供します: 2018Q1 トークン契約の概念 テストネット公開 データスタンピング契約のテスト 最初の顧客テスト 2018Q2 ホワイトリスト セキュリティ編集 トークン生成イベント トークン配布 データスタンピングプロトコル公開 DataStreamXの選択されたユーザーへのプロトコル適用 2018Q3 コンステレーションプロトコル公開 コンステレーションエクスプローラ公開 2019Q3 マイクロペイメント実装 2020Q1 分散型ガーディアンノードの実装   市場と競合性 この分野は競合がかなり激しいと思いますのでやはり何か特出しているものがないと難しいと思います。 AMAで発表されたように、ブロックチェーン領域には競合他社は常に存在しますが、競合のどの部分がパートナーになるかによって異なります。 データ供給またはデータ市場は、プロトコル上ではなくデータを直接販売することができますが、プロトコルを介して提供することもできます。 「データマーケットプレイス」と言われるプロジェクトは、プロトコルのサプライヤとユーザーでもあります。 従って、以下のようなプロジェクトが競合的存在になると考えられます。 競合プロジェクト 説明 パートナー OceanProtocol Aiによる分散型のデータ交換プロトコル     CarryProtocol 個人データを消費者、マーケティング担当者、マーチャントにとって公正なものにする   Airbloc 個人データを主に広告のターゲティング等に使用するために売買するプラットフォーム   FYSICAL     ...

CarryProtocol-韓国最大のブリック・アンド・モルタル報酬プラットフォームであるSpoqaがしかける個人データ収益化プロジェクト

  6月に入ってコミュニティをのばし続けているICOプロジェクトを今回取り上げました。 ICOdropsさんのソーシャルステータスではグングンのばしてきています。 個人的にはデータ系では注目しているプロジェクトです。   プロジェクトの全体概要ーCarryProtocolとは このプロジェクトは消費者、マーケッター、商人のために個人データを公平に扱えるようするにためのプロジェクトです。 韓国最大のブリック・アンド・モルタル報酬のプラットフォームSpoqaの共同設立者が立ち上げたCarryProtocolは、新しいプロトコルで、オフラインで小売向けに次世代のアプリケーションに利用されています。 新しいCREブロックチェーントークンは、消費者をキャリー商店に誘導するインセンティブとして機能するように設計されています。 システム全体は、消費者、商人、および広告主の両方を可能にするためのものです。プロトコルは以下を提供します: プロトコルが提供するもの オフライン企業向けの暗号化対応の決済端末。( Spoqaにより実際のオフライン支出で20億ドルを追跡している10,000以上の端末) オフラインブランドやショップのブランドトークン - 将来の「ロイヤリティポイント」 消費者が独自のプライバシーを管理し、オプションで取引データで収益を得ることを可能にする支払い用ウォレットAPI。 オプトイン取引データブロックチェーンに基づくターゲット広告システム。 消費者、商人、広告主の両方に共通のインセンティブ   ビジョンー何を解決したいのか 伝統的な小売店は25兆ドル規模の業界で、小売費全体の少なくとも90%を占めています。 これにより、多くのデータが生成されます。 キャリープロトコルは、 1)商人が顧客を理解してコミュニケーションをとるプラットフォームを提供する 2)消費者が独自の取引データを管理し情報を収益化できるようにする 3)新しい広告チャネルを提供する という3つの目的でこれらの問題を解決することを目指します。   CarryProtocolの下では、取引データはあなたが管理する商品になり、Carryは、消費者、商人、広告主の両方に共通のインセンティブを提供します。 商人の利点 ブリック・アンド・モルタル・ショップで暗号通貨を受け入れる 迅速な支払い処理 デジタルクーポンとカスタムブランドトークンを使用して再帰顧客をインセンティブ化する 消費者の利点 自分の取引データを所有する 匿名で収益を得る デジタルクーポンとロイヤリティポイントを収集する これらのすべては安全に保護されており、決済、クレジット決済または暗号化決済とシームレスに連携します。 広告主の利点 統合オフライン支払いデータの活用 広告料金なしで視聴者にアプローチする このようなメリッとが生まれます。 プラットフォームの仕組みと技術特徴 プラットフォームの4つの要素を説明します。 Carryトランザクションデータベース Carryスマートコントラクト CarryウォレットAPI CarryデバイスAPI キャリートランザクションデータベースとは、トランザクションデータがコンシューマによって生成されてアップロードされるブロックチェーン上の仮想データベースを指します。 キャリー・スマート・コントラクトは、キャリー・プロトコル上のトークン(CREおよびBT)の発行および使用をサポートする。 キャリーウォレットAPIは、ウォレットアプリケーションがキャリープロトコルをサポートできるようにし、消費者が暗号の管理を行い、トランザクションデータとプライバシー設定を制御できるようにします。 キャリーデバイスAPIは、ストアのデバイスがキャリープロトコルをサポートできるようにするAPIであり、暗号化を使用して支払いを行う機能を提供し、消費者のウォレットに支払いデータを送信します.   スマートコントラクトによるBT(ブランドトークン)の発行 キャリープロトコルの多くの機能には、スマート契約を通じてアクセスできます。 BTは、Carry Protocolの最も基本的で重要な機能であり、加盟店はスマートコントラクトを通じてさまざまな種類のBTを発行することができます。持ち運びはスマート契約を通じて店舗レビューを含む多くの機能を引き続き追加します。 スマート契約を使用する主体(主に加盟店)は、スマート契約を使用するたびに、 1)キャリー・プロトコルに関する一定のクレジット(CRE)をクレジットする 2)クレジット・ベースのペイ・アズ・ユー・ゴーをクレジットする 必要があります。 固定量のCREを課すことで、スマート契約(すなわち、1日あたりのBTトランザクションの数)のための特定の使用レベルが可能になります。毎日の使用量が設定レベルを超えた場合、ユーザーはCREの使用ごとに料金を支払う必要があります。 これは、Smart Contractを実行するには、キャリープロトコルのリソースが必要となり、コストがかかるからです。これはまた、ブロックチェーンに対する攻撃(悪用、DoS攻撃など)からシステムを保護します。 スマート契約の1回の使用料は、CREステークの機会費用よりも高い価格帯に設定することができ、商人や広告主にCREをより多くステークするよう促します。加盟店がCREステークよりも多くの取引を行うことを希望する場合、顧客などの他の参加者に特典や特典を提供し、CREを代理して預け入れることもできます。   ビジネスモデル キャリープロトコルは、クレジットカードやキャッシュなどの決済代金をサポートしています。 商人には、キャリープロトコルを使用するためのタブレットのようなインタラクティブデバイスが装備されている必要があります。ほとんどの加盟店にはすでにPOS(POS)デバイスがあり、それ自体がキャリープロトコルデバイスとして機能したり、タブレットのような別個のデバイスを必要とする可能性があります。デバイスは、POSから顧客に取引データを送信し、顧客がブロックチェーン上でこのデータをアップロードするのを助けます。 主な収益タイプです。 1.BT(ブランドトークン)ーロイヤルティシステムからの収益 キャリープロトコルは、各加盟店にブランド化されたトークンを提供することにより、インセンティブを与えます。 BTは、顧客がブロックチェーン上で支払いデータをアップロードするかどうかにかかわらず、商人によって発行され、顧客に提供されます。 ブランドトークンは、加盟店によって消費者に発行される債権として機能し、それによって、加盟店に商品、サービス、またはその他の利益を適切に提供する義務を課す。 BTには​​、他の多くのプロパティと用途があります。 2.CREートランザクションデータの収益化 店舗での取引が完了すると、消費者はウォレットアプリで取引データを受信します。トランザクションデータを受け取るには複数の方法があります。 1つはデバイスに電話番号を入力する方法、もう1つはウォレットアプリを使用してデバイスからQRコードをスキャンする方法です。 消費者は、トランザクションデータをブロックチェーンにアップロードするかどうかを決定できます。 「消費者データ所有権」の使命を実現するために消費者にデータの完全な権限を与えます。消費者が取引データの一部または全部をアップロードすることを選択した場合でも、プライバシーは匿名性シールドによって保護されます。 キャリープロトコルは消費者にブロックデータのトランザクションデータをアップロードする報酬としてCREを与え、アップロードをさらに促進します。消費者に与えられたCREは、ブロックチェーン自体の膨張から構築されたキャリートークンプールから取得されます。(後述) 3.BT(ブランドトークン) - 広告収益 BTをロイヤルティシステムとして使用することに加えて、BTは広告としても使用できます。  ブロックチェーンに格納されたトランザクションデータは、主にターゲット広告に使用されます。広告主は利用可能なデータを処理し、マーケティングニーズに適した消費者を絞り込み、キャリープロトコルで広告をターゲティングすることができます。広告主が取引データ自体を処理することが困難であると判断した場合、「広告サービスプロバイダ」は広告の適切なターゲットを特定する手助けをすることができます。 広告は、キャリープロトコル上のBTの形式で送信されます。そのプロパティに基づいて、BTは、次回訪問時に使用されるクーポンまたは単純な広告表示とすることができます。 広告を受け取ることを選択した消費者は、広告露出の報酬としてBTの上にCREを受け取ることになります。消費者は、CRE報酬のレベルの最小閾値を設定できます。   市場と競合性 Carryが参入する市場は主にデータの収益化です。 伝統的な小売店は25兆ドル規模の業界で、全小売業の少なくとも90%を占めていますが、それにもかかわらず、電子商取引にはいくつかの欠点があります。 無駄なマーケティング費用 需要が増加しているにもかかわらず、暗号化の支払いはまだ不便である 膨大なデータ使用量 Amazonのようなオンライン巨人が買収しているほど価値がある データが使用される場合、プロセスは通常消費者に不透明であり、返品に価値がほとんどない データ市場の問題点は浮き彫りです。 ブロックチェーンによる分散型データ交換プラットフォームの競争率は激化 有力なデータサービスプロジェクトは多数出てきています。 Streamr Datablockchain Datareum Dataeum DatablockerDAO OpiriaPDATA QuardrantProtocol OceanProtocol 今年あったICOでもかなりあります。 同分野としては同時期のAirBlockやQuardrantProtocolと似通っています。 AirBlocAIRBLOCは、分散された個人データプロトコルです 個人が自分のデータで収益を上げることができる場所、 広告主はこれらのデータを購入して実施することができます 。 AirBlocとかなり類似しており同社の親会社であるab180は、Ebay Korea、GS Shop、Woowa Brothersを含む300以上の企業にサービスを提供する韓国のトップデジタル広告会社の1つです。 出資先もICON FoundationXなど優秀です。Carryにも出資しているSIGNUM CAPITALとも提携しています。 開発計画 2018H2:スマートコントラクトAPI 2020年に広告管理プラットフォームが完成する予定です。 開発計画の詳細はわかりませんが比較的遅めです。 チームとアドバイザーおよびパートナー チームは比較的しっかりした背景を持っていると思います。 チームはSpoqaの成長を7年間経験しており、報酬は年間20億ドルの取引で有効になっています。当社のテクノロジーパートナーであるLine @とカカオは、アジアで最大のメッセージングアプリケーションの1つで、CarryのAPIテクノロジを開発するのに役立っています。  チームの背景はSpoqa キャリープロトコルは、韓国最大のブリック・アンド・モルタル報酬プラットフォームであるSpoqaの共同設立者によって運営されています。  Spoqaの実績は以下: 国内の10,000店舗に顧客向けのタブレットをインストール SMB加盟店向けの顧客向けタブレットベースのロイヤリティプラットフォームであるDodo Pointを運用 過去7年間、Spoqaはオフライン市場の商人と緊密に交流し、ニーズに合ったサービスを構築し、目覚しい成果を収めた Dodo Pointは現在、1,500万人の消費者と1万の商人を抱えており、図13に示すようにさまざまな分野で広く使用されている   ForbesのCTOなどの拡張チーム 一部紹介します。 JC Kim-開発者 フォーブスの元CTO、30秒未満のアジア、韓国初のTwitter SMSクライアントの開発者、10年以上の開発チーム管理経験 Google、Facebook、DigixGlobalからなるアドバイザー サイモン・キム Simon Seojoon Kimは、韓国を拠点とする主要な暗号基金であるHashedのCEO兼パートナーです。 Blockchainのエバンジェリストであり、最高のBlockchainソウル・ミートアップコミュニティであるHashed Loungeの主催者です。...

【ICOレビュー】Datablockchainービッグデータ、AIおよびブロックチェーンによるデータ交換プラットフォーム

      DataBlockchainービッグデータ、AIおよびブロックチェーンによるデータプラットフォーム DataBlockChain.ioは、企業や個人がプレミアムデータを収集する方法を混乱させる画期的なデータプラットフォームです。 政府データ、業界固有のデータ、投票記録、ビジネスデータ、財産データ、与信ビューローデータなど、世界最大のデータベースの多くと独自のデータを統合し、貴重なデータセットを作成して、これらのデータを民主化し、現在のデータ収集および査定の方法よりも容易に入手可能で安価にすることが大きな目的です。 その結果、クライアントは費用対効果に優れた透明な方法で特定のデータセットにアクセスし、無関係なデータを支払うことなく、必要なものを正確に収集することができます。 プロジェクト名 Datablockchain  分野  データ  技術  ブロックチェーン プロダクト MVP トークノミー DBCCトークン   プラットフォームの特徴 プラットフォームでは、すべての参加者は、求めている正確で微妙なデータを得ることができます。またDataBlockChain.ioは価格を上昇させ、非効率性を引き起こす傾向のあるデータ業界の仲介者を排除するので、潜在的な顧客の未開拓の市場がグローバルな段階で開放されます。 主な目的は次のとおりです。 データソースプロバイダーにデータへのアクセスを提供し、収益化させる データプロバイダに完全な透過性、トレーサビリティ、および監査機能を提供する エンドユーザーとデータソース間の信頼関係を構築する 企業や消費者に質の高い検証データを提供する クイックペイメントシステムを使用してエンドユーザーに簡略化された使いやすいインターフェイスを提供する エンパワー;データソースプロバイダーがデータを収益化し、市場の需要を利用できるようにする 透明性;データプロバイダに完全な透明性、トレーサビリティ、監査性を提供し、既存のマーケットプレイスで現在直面している多くのハードウェアデータプロバイダを克服する 信頼;データの査定および格付けシステムにより、エンドユーザーとデータソース間の信頼が高まる 検証済み;ビジネスと消費者に質の高い検証データを提供する 簡略化;迅速で安全な支払いシステムを使用して、エンドユーザーに簡略化された使いやすいインターフェイスを提供   開発中の技術 UI(2018Q1&Q4) DataBlockChain.ioは、エンティティが検索クエリパラメータに一致するレコードに対して多様で多様なデータソースを検索できるように、統合されたユーザーインターフェイスを構築します。 パラメータは、地理的属性、人口統計的属性、心理的属性、行動的属性の範囲で設定できます。 1回のクエリで数百のソースと何十億ものレコードにまたがることができます。   スマートインデックス作成エンジン(2018Q2) は、信頼性スコアリングのための予測分析(データ分析と機械学習を使用する人工知能の一種)を利用して、最も正確で最新のデータを提供します。 ソースを組み合わせて、必要なすべての属性を提供することもできます。 エンティティは、ダウンロードして利用できるレコードセットを受け取る。 レコードセットは、パラメータに一致するすべてのパラメータまたは数百万のレコードに一致する単一の個人にすることができます。  SIEはスコアを更新する情報源を常にチェックし、再評価します。スコアリングアルゴリズムは、データソースの速度、データの年齢、利用可能なデータの量、ソースメトリックに基づくデータの品質、利用可能な属性、他のデータソースとの一貫性、およびサンプルの母集団の検証を考慮に入れます。スコアが高いデータソースでは、クエリパラメータが観測される限り優先処理が行われます。 SIEのAIは、離散値のそれぞれを定量化して、進化する定量分析を構築し、サンプル集団の検証を通じて、定量分析に付随する定性的コンポーネントが構築されます。 SIEは定期的にパフォーマンス評価を実行し、過去のパフォーマンス・モディファイアを使用してスコアを学習および調整します。 SIEは、(Chainlink / Oraclizeに基づく)DBCOraclesと呼ばれるスマートブロックチェーンを使用してデータソースに接続します。 DataBlockChain.ioによって生成されたスマートコントラクトには、完全なトレーサビリティのためのDBCOracleの署名が含まれています。 DBC財布(2018 Q3) ユーティリティトークンを使用する現在のプロセスは非常に複雑であり、ユーザーには 潜在的な使用を制限します。ユーザーは、複数の財布と技術的な理解が必要です。 DBC財布は以下の特徴があります。 DBCWalletは、ユーザーがDBCCoinsを保有および交換できる 数回クリックするだけでDataBlockChain.ioのサービスを購入することができる DBCWalletは、安全なローカルEtherウォレットを作成でき、ユーザーがEtherを購入するための簡単なプロセスを作成する 信頼できる取引所を通じてその後、Etherは簡単に交換することができる DBCWalletを使用して支払いを行うことができます(クレジットカードのようなウェブサイト上の取引) バックエンドエージェント(Ethereum / スマートコントラクト) は、エンティティにデータを提供するために使用されるすべてのソースを追跡します。当該エージェントとのライセンス契約に基づいて、関係するすべてのソースへの支払いを計算し、分散します。支払いは即時であり、承認、手形、または銀行/電信送金を必要としません。 完全な透明性のために、Ethereumベースのブロックチェーンは、すべてのレコードソース管理、請求および支払いに使用されます。スマート契約は、レコードの使用状況とライセンスとデータソースの多重化を追跡するために利用されます  DataBlockChain.ioは、IPFSを使用して完了したトランザクションレコードを格納します。このレコードにより、データプロバイダはトランザクションを精査して、データの使用状況と支払いを確認することができます。全トランザクションに対する暗号ハッシュポインタは、公開されているEthereumブロックチェーンに格納され、完全な監査機能を実現します。 DBCCoinー独自暗号化による報酬(2019Q3) すべての支払いは、DataBlockChain.io暗号化DBCCoinによって行われます。データソースパートナは、異なるライセンスモデルを使用してデータセットをシステムに追加することができます。データセットに追加するデータを提供したり、API(Oracle)を使用してシステムにデータにアクセスすることができます。このAPIは、スマートインデックスエンジンによって使用され、データパートナーのデータをクエリし、高速検索のためのヒューリスティックインデックスを構築します。各データソースの分析、スコア付け、ソートが行われます。データの有効期間と使用可能な属性に基づいて、各ソースに信頼スコアが適用されます。信頼スコアは有機的であり、より多くのデータが分析され、データがシステムで利用されるにつれて変化します。信頼スコアが高いほど、データソースパートナの支払い金額が高くなります。 ビジネスモデル BigDataは大企業にしか利用できませんでしたが、DataBlockChain.ioは入場の障壁を低くし、世界中の中小企業や大企業を含む潜在的な顧客基盤を拡大し、新興企業のデータを求めているブロックチェーン企業を拡大します。 DataBlockChain.ioは、数千のソースから数十億のデータポイントを提供する多様なデータパートナーのネットワークと協力します.DataBlockChain.ioはデータを収益化し、収益化することで、データパートナーがより幅広い潜在顧客を獲得できるよう支援します。 顧客がデータパートナーデータを使用するDataBlockChain.ioを注文すると、DataBlockChain.ioとデータパートナーの両方が、購入されたデータのパーセンテージを取得します。 DataBlockChain.ioアプローチは、関連するすべての関係者の利益を合理化し最大化します。 デジタル/オンラインマーケティングのデータ 分析モデリングのためのデータ メディア購入のためのデータ ダイレクトマーケティングのためのデータ CRM /顧客保持のデータ 顧客獲得のためのデータ 既存のデータを強化するためのデータ リスク管理のためのデータ 健康保険会社のデータ バックグラウンドチェックのデータ 人々のためのデータファインダー リアルタイムリードのデータ 一次収入モデル;APIを使用したBig Data Partnersのアクセス 二次収入モデル;DataBockChain.ioのデータ 三次収入モデル;データパートナーオンボードデータ   市場分析ーデータ市場に関する問題と傾向 同社は以下のような問題を挙げています。 顧客獲得と保持の問題 新しい顧客を獲得し、現在の顧客を維持するための鍵は、製品やサービスを使用する傾向が最も高い見込み客に向けて市場に役立つ重要なデータを所持し、現在の顧客のニーズを特定し、長期的なロイヤルティを確実にすることです。 今日のデータ業界は、複雑で高度に断片化されているため、この重要な情報を必然的に必要とする企業には混乱を招く数多くの選択肢があります。データ/リスト所有者、マネージャーおよびブローカーの既存のデータ・マーケティング・エコシステムは効率が悪く、効果がないことが多く、ビジネスに不必要な時間とコストがかかります。 DataBlockChain.ioは、ユーザーとデータソース間の堅牢なインターフェイスを提供します。DataBlockChain.ioは、市場で非効率的なリスト・マネージャーとブローカーの複数のデータ・ベンダーと層の必要性を排除するシングルポイント・ソリューションを作成します。バックエンドシステムは、エンドユーザーにとってのデータ品質の完全な信頼と、データプロバイダにとってのトランザクション上の最終性を保証します。 デジタル広告における重要性 2017年の世界的な広告収入は5,910億ドルで、デジタル広告に専念しています。 データはデジタル広告/マーケティングのバックボーンです。 しかし、データの必要性がより重要になるにつれて、有効なデータソースはさらに希薄化しています。 今日のデジタル時代に、高品質で完全なデータを提供する大きなデータソースの需要が急増しています   主要な課題最初の主な課題は、データ所有者が収益化するためのデータカードと担保を作成するのにかかる時間と資金です。同時に、彼らは、最も広いリーチを持つ適切な組織や市場、そしてそのデータに対する最大の需要を表す市場を特定する必要があります。 第二の大きな課題は、完全性と説明責任です。データ所有者は、外部の組織がデータを適切に保存、管理、収益化することを信用しません。最後に、ストレージ環境のセキュリティが重要視されています。データ濫用と収益分配ビジネスモデルの透明性の欠如は、リスト所有者が独自のデータセットを購入可能にすることを最終的に妨げる根底にある懸念である。 競合分析ー直接的な競合は? 2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。 Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。 チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。 Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。  Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています    Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。...

【ICOレビュー】Datareumー個人データを収益化し、研究者、企業、その他の関係者に直接販売することを可能にする分散型マーケットプレイス

  Datareumプロジェクトの概要 Datareumは個人が個人データを収益化し、研究者、企業、その他の関係者に直接販売することを可能にする分散型の市場です。 Ethereumパブリックブロックチェーン上に構築されたDatareumのプラットフォームは、ハッキングのリスクを伴わずに機密情報の安全なピアツーピアトランザクションを容易にします。プラットフォーム内のインセンティブメカニズムを活用することにより、Datareumは優れた品質のカスタムデータを確実に利用できるようになり、研究者にとって不可欠なツールとなります。 プロジェクト名 Datareum  分野  データ  技術  ブロックチェーン プロダクト あり トークノミー DTNトークン   問題点と解決策 データブローカーに関する問題は様々です。 データセキリュティ 2017年9月にEquifaxがハッキングされた際には、ハッカーは1億4300万人の重要な個人情報を盗むことに成功しており、集中的なデータベースで消費者情報を1つの企業に保管しておくことは安全でないことを示しています。 データブローカーの不透明性 このような「データ提供・調査」の多くは目立たないところで行われており、データブローカーは消費者に関する個人情報を集めて保管し、マーケティング戦略の策定に必要としている組織に売ります。 2014年の米連邦取引委員会の報告によると、データブローカーは「消費者の知識を持たずして、莫大な量の消費者情報を取得し共有している会社である」と評価されています。 データ価格の差別化 自分のデータをコントロールできないということは、ハッキングリスクをはるかに超えており、データ保管者が私たちにとって利益にならない方向性でデータを使う可能性にも直面しています。 一例として、保険会社は集まった既存顧客データを利用して、似通った新規顧客に対する価格設定モデルを創ります。同様に、オンライン上の売り手は、例えば「顧客が郊外または市内中心部に住んでいるか」に基づいて顧客をプロファイリングして表示価格を調整します。 データ品質の低さ botによって生成されたデータおよび報酬にのみ関心のある人による低品質/不正なデータは、市場を機能させるために排除しなければならない。 「いかにしてリクエスターが信頼し進んで支払いをしたいと思うような高品質なデータを提供/生成するか」という課題は、いくつかの潜在的な解決策を有している。 これらの問題を解決できるのがブロックチェーンであり、分散型のp2P取引市場を構築することです。 「信頼不要」と改変不可能な情報 大幅に改善されたセキリュティ。 従来と比較して摩擦のない金銭的価値の交換   したがって、ブロックチェーン技術の基本的な機能は、以前まであまりにもリスキーだった取引や完全に不可能だった取引を可能にします。 Datareumプラットフォームの特徴 Datareumが想定しているデータの市場は、Webブラウジング・ソーシャルメディアの使用・オンラインショッッピングで生成されるあらゆるデータから、IoT対応デバイスによって生成されたデータまで全てを網羅することを理想としています。 これは、プラットフォームの長期的な目標です。 Datareumは巨大なデータ市場において「オンライン調査」が適切な出発点であることと確信しています。これは以下のような流れで行われます。 リクエスターは年齢・性別・地域・給与などといったターゲットのデモグラフィックを示す調査を発行します 調査の条件は、データ市場のスマートコントラクト条件となります。リクエスターはプロバイダーの回答に対する十分なDTNトークンを預けます。DTNトークンはスマートコントラクトでエスクローに保存されます。 データ市場に入力されたデータは分析され、調査に対して役割を持つスマートコントラクトのルールに従い、データはリクエスターに渡されるか許否されます。条件が満たされた場合、結果は引き継がれ、支払いはエスクロー内からデータプロバイダーに転送されます。DTNがエスクローから放出されると、少額の手数料がDatarerumに支払われます。この手数料はDatareumの主な収入源です。 データ提供者: あなたのデータを管理する あなたの情報を貨幣化する あなただけが望むものをリリースする アンケートに記入してお金を稼ぐ あなたのデータに残余収入を得る データリクエスタ: カスタム調査を行う 仲介者を排除してコストを削減する atareum Marketplaceで結果を再販する お客様の製品を顧客に直接販売して顧客の研究に資金を提供する 企業、研究者、学者などのデータリクエスタ 技術特徴 データ検証に関する技術採用 FacebookかGoogle キックスタート時の最初に、多数のユーザーが使い始めるようになるためには「使い勝手」が重要です。したがって、基本的な検証はFacebookaや広く利用されているGoogleなどのソーシャルネットワークと統合してシンプルに行います。 Datareumはユーザーがプラットフォームを使う前に、現在広く利用されている基本ステップを実行することを要求します。 顔認証 ユーザーの基本情報を認証し、データの価値を高めるために使うことのできるもう一つのツールが、デバイスカメラからのライブイメージとユーザーのアップロードしたID写真を照合するツールです。 このようなツールは、基本情報となる肌や目の色、かなり高い確率で性別も判断することができる。 データプロバイダーの認証情報を保護するために、上記の方法で認証された情報はブロックチェーン上で永久的に署名された後、アプリのMy DataVaultコンポーネントに含まれている実装されたスマートコントラクトロジックに基づいて自動的に削除されます。 現在のブロックチェーンソリューションの技術的な制限により、プロフィール情報はBigchainDBなどのデータベースインフラストラクチャに最初に格納されます。 このアーキテクチャは、進化しつつある分散型ストレージソリューションに基づいて容易更新できます。 進化するオンライン個人識別認証のエコシステムとの統合 身分証明は着実にデジタル化されていっています。 違う種類のグローバルレジストリを統合する方法の問題は残っていますが、部分的には分散型エコシステム開発者助けを借りつつ解決できる見込みがあります。 Uportはスイスの都市Zugでパイロットプログラムを運営しています。 こちらは、市民が行政機関で身分認証をした後は、Ethreumのパブリックブロックチェーン上で認証できるというものです。市民はサービスにログインし、必要な分だけの身分認証をし、残りの個人情報は匿名のままにしておくことができます。 レベル1:Facebook/Googleのみ レベル2:UportやCivicなどの第三者機関を通じて確認が取れている政府による公的な認証 レベル3:UportやCivicなどの第三者機関を通じて確認が取れている住所の証明 レベル4:UportやCivicなどの第三者機関を通じて確認が取れている収入の証明 レベル5:Indorseなどの第三者機関を通じて確認が取れている職業の証明 レベル6:Attoresなどの第三者機関を通じて確認が取れている卒業証書の証明   マイ・データボールト これは、データプロバイダーがプラットフォーム上で利用可能にしたい情報を格納し、管理する場所です。 まず、データプロバイダーはデータを手動で入力します。 プラットフォームに認証レイヤーが追加されると、プロバイダーはデータに相対的な価値を持たせるために認証フープを通過することが出来ます。 Datareumは、最終的には、Amazon、Facebook、Twitter、Airbnbなどのレガシーなプラットフォームと統合することを理想としています。 データプロバイダーは、利用できるものを正確に指定するオプションとして、彼らのマイ・データボールトからアカウント情報をリンクする選択肢を持つことを想定しています。 データプロバイダーは、データが再販されないという条件で、公認されている非営利調査機関にデータを無償提供したい場合もあります。 トークン・ウォレット このアプリには、トークンを保管するためのウォレットが内蔵されています。 このウォレットはプラットフォームの機能と統合され、以下を可能にします。 データプロバイダー側 DTNを仮想通貨取引所か自分のERC20規格対応のウォレットに送ること バウチャー(引換券)市場にDTNを送りリクエスターが利用可能にしている商品やサービスを受け取ること データリクエスター側 自分のERC20規格対応ウォレットまたは仮想通貨取引所から、DTNトークンを受取または送信すること データを購入するために、データ市場のスマートコントラクトにDTNトークンを送ること 使用されていなDTNトークンをデータ市場のスマートコントラクトから回収すること バウチャーをバウチャー市場に送り、バウチャー購入者からDTNトークンを受け取ること   ロードマップ       2017年11月:開発研究と思案(完了)       2018年3月:調査システムのα版の完成(完了)       2018年4月:DTNのプレセール(完了)       2018年5月:ホワイトリスト向けパブリックセール       2018年6月:DTNトークンのパブリックセール       2018年7月:KYC後にトークン発行       2018年8月:取引所にトークン上場 2018年Q4:スマートコントラクト支払いとデータ取引サービスの完成 2018年Q4:ウォレットシステム 2019年Q1:プロバイダーとリクエスターのWebポータルがローンチ 2019年Q2:プロバイダーとリクエスター双方向けのiOS/Androidアプリがローンチ 2019年Q3:世界的にビットコイン・ブロックチェーン・フィンテックテクノロジーを採用あるいは成長のサポートに対して戦略的買収と投資を継続 2019年Q4:データ市場のローンチ 2020年Q1:DTNで支払うことが出来る、リクエスターの製品リストのE-コマースプラットフォーム 2020年Q2:ヨーロッパ、アメリカにマーケティングキャンペーンを開始   市場と競合分析 データ市場の簡単な市場傾向です。 個人データは21世紀の新たな原油である 多くの人は個人データが21世紀の新しい原油であると考えています。個人情報の収集と分析は、今日の新しい経済の推進に役立つ燃料です。生データは収集、処理、輸送する必要があります。 100年前の石油ブームの時代と同様の原則に従っています。 1人は、彼らから利益を得るために、できるだけ多くの情報源からデータを集めようとします。典型的なアプローチは、多数のタッチポイントを分析し、得られたデータを使用して実行可能な予測を生成し、結果として新しい製品およびサービスを導出することです。 個人データによる予測 個人データの収集と分析により、企業は消費者の行動や傾向をよりよく予測し、より良い製品を継続的に反復することができます。購買力、旅行習慣、モビリティの好みやフィットネス/ウェルネス、ヘルス、環境などのトピックに対する態度の予測可能な変化は、車、新しい旅行タイプ、根本的に異なるホテルコンセプトなどの新しいコンセプトを思い付くことを可能にします。 これにより、企業は、予測が最も厳しい5年から10年という新しい目標を早期に実行するなど、R&D予算をより適切に配分することができます。 GDPR(一般データ保護規制)への準拠の重要性 OpiriaとPDATAは、個人データに関する消費者への支配を主にし、国際ビジネスの規制環境を簡素化することを目指して、今年EU全体で展開する新しい一般データ保護規制(GDPR)法改正に完全に適合します。 これらには、以下が含まれています。 消費者は個人データの処理に同意する必要があります 個人データは偽名化され、暗号化された方法で保存されなければならない 消費者は個人データにアクセスする権利を有する 消費者は、誰が自分の個人データを処理するかを知る権利があります 消費者は個人データを訂正し、消去する権利があります 個人データ処理活動を記録しなければならない データは設計によって、またデフォルトで保護されていなければなりません   データブローカーの市場規模 データブローカーは、消費者の最も敏感な個人データを収集し、分析し、相互参照し、梱包し、保管し、相互に、広告主に、政府に直接商品として販売する。 2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。 Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。 チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。 データブローカー市場は、包括的なデータの価値を評価するための指標とみなすことができるのですが、およそ200億ドル規模の市場と推定されています。 市場は、Axciom、Equifax、Experianといった大規模なグローバル企業によって寡占されており、それらの企業が最も洗練されたデータを提供しています。 Equifaxは、世界中の8億人の個人情報を有しており、2016年には31億ドルの収益を上げているといわれています。 Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。  Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています    Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。 2012年9月、FacebookはDatalogixとの提携を発表し、Facebookの10億人のユーザーがソーシャルサイトに広告を出した後、レンガや迫撃砲の小売店で購入を完了する頻度を測定しました。 データの収益化と売買プラットフォームですが私は以下を競合として挙げます。 Datum    Datumはブロックチェーン上の分散型高性能NOSQLデータベースです。この技術により、ソーシャルネットワークデータ、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIOTデバイスのデータなどを安全かつ匿名でバックアップすることができます。Datumは、ユーザーが自分でデータを共有または販売できるマーケットプレイスを提供します。 Datumネットワークは、データ所有者が設定した条件を遵守しながら、データの安全な取引を提供するためにDATトークンスマートコントラクトに依存しています。 データ所有者は少量のDATトークンを払ってデータを保存します ストレージノードのマイナーは、データの保存と送信のためにDATトークンを獲得します データは、DATトークンを所有者の条件で使用し、購入することができます Hurify  Ex-Intelのベテランによって創設されたHurify Inc.は、IoT開発者がスマート契約を通じてIoTハードウェアリソースとサービスを収益化することを容易にする、Ethereumベースの分散型プラットフォームです。 HurifyはEthereum ERC20標準HURトークンによって強化されています。 DatabrokerDAO DataBroker DAOは、IoTセンサーデータの最初の市場です。センサー所有者をデータの購入者と直接接続し、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサー接続ネットワークを操作する通信プロバイダーの既存のインフラストラクチャーを利用するか、センサー所有者の専用ゲートウェイを介します。 ある意味では、DataBroker DAOはIoTセンサデータの「セカンダリ市場」に相当し、IoTセンサデータの「eBayやAmazonに相当します。 OpiriaPDATA 現在、Opiriaの消費者調査プラットフォームは、世界中のトップ企業が消費者のニーズと要件を理解するのを支援しています。 Opiriaは現在、顧客のデータニーズに合わせて世界中の何十もの企業が使用しています。これらには、アウディ、BMW、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ、日産、インテル、プロクター&ギャンブル、Freightlinerなど世界的に認められている多くのブランドも含まれています。 チームについて チーム化と戦略的提携により、そのプラットフォームとサービスが大衆によって採用されることを理解しています。このため、最近、英国に本拠を置く市場調査機関Worldlinkと提携し、世界中の顧客の関連データを収集しています。パートナーシップは、900万ドルの取引で構成されています。 Datareumのアプリを通じて、Worldlinkは顧客向けのマーケティング調査と研究プロジェクトを開催することができます。 パートナーシップにより、DTNトークンの自動要求が作成されます。すでにデータバイヤーを搭載していることで、データ売り手がプラットフォームに追い込まれます。 DatareumのICOからの販売の20%はマーケティングの目的で設定されており、プラットフォーム上でマーケットリサーチサービスが開始されると、少なくとも1億米ドルの売り上げがWorldlinkの顧客に値引きされます。これは、プラットフォーム広告の大きなコストが節約されるだけでなく、プラットフォームの成功に集中するために開発者に多くの時間を与えるので、健全なマーケティング戦略です。 コミュニティ テレグラム参加者数 28670 ツイッターフォロワー数 7454 Bitcointalkの閲覧数 4315 Alexaのランク 1755833   テレグラム参加者数は非常に多いですが、サイト訪問数は少なくなっています。単純にエアードロップ目的のユーザーが多いように感じ、トークン購入に対してどれだけのユーザーが意欲があるのかはわかりません。 トークンとホルダーのメリット トークン名 DTN ICO価格 4000 DTX = 0.03USD プラットフォーム EThereum 受け入れ通貨 ETH ハードキャップ 1800万ドル     トークンの用途は以下です。 プロバイダーがDTNトークンを稼ぐ方法 フォームに記入する データの再販による残余収入を通じて得る プロバイダーにとってのDTNの使い道 オープンな仮想通貨取引所で他通貨と取引 リクエスターのプロダクトから引換券を購入する リクエスターがDTNトークンを得る方法 暗号通貨取引所の市場価格でDTNトークンを購入する プラットフォーム外で引き換えられる製品の引換券を売る 既にプラットフォームに支払い済みのデータを再販する リクエスターにとってのDTNの使い道 データ提供の報酬として直接支払い 再販データを購入 トークンの将来価格について DTNトークンはプラットとフォームのユーティリティですのでプラットフォームの需要に依存します。 Datareumはデータ市場が市場を開拓するためにプロバイダーとリクエスターの基盤が必要であることを認識しており、報酬キャンペーンや広告など標準的なコミュニティ構築手法に加えて、以下の戦略も採用します。 プロバイダーは初期のネットワーク時ではDTNを簡単に稼げる Datareumはコミュニティ成長と初期のパートナーに対してトークン配布量の15%を用意しています。 これらのトークンの1部はプラットフォームの初期採用者に与えられます。この目的のために容易されたDTNトークンは、以下の初期データプロバイダーに配布されます。 ソーシャルメディアと他のアカウントを当プラットフォームに接続した人 他の人を招待した人 データプロバイダーが招待したユーザーが、少なくとも1回の調査を完了するとボーナストークンを獲得することができます リクエスターを奨励するマーケティング戦略 リクエスターの大きなキャンペーントークン 一定の額に達した際にセットアップ料金の割引 具体的な価格は予測しづらいですが、データ市場の全てのスマートコントラクトには、DTNを用いたデータ取引が成功したあらゆる場面において取引手数料が徴収されます。 したがってトークン価格に影響する要因としては プラットフォームがローンチしてDTNトークンが十分に循環する DTNトークンを購入できる取引所と多く接続する 必要があります。 トークン購入方法 開催中です。メールアドレスとパスワードでポータルに登録します。 メールを確認します。 ログインしましたらKYCを実行します。 KYCプロセス画面 メールアドレス 誕生日 居住地 寄付額¥ 次にイーサリアムアドレスを入力します。 まとめ プロジェクトのメリット チームの経験 市場の成長 簡潔なユーザーインターフェイス IOS、Androidのアプリ Facebookログインプロフィール デメリット 長期的な開発計画(データ市場ローンチまでが長い) 競合の存在 関連リンク    Author BABbit43 For every campaign,...

【ICOレビュー】DatabrokerDAOーブロックチェーン技術を使用したIoTセンサデータの分散型市場

    IoTセンサの世界市場は、センサの購入、設置、メンテナンス、データの解釈と豊富化を目的としたソフトウェアパッケージの購入など、年間6000億ドルを超えています。 DatabrokerDAOプロジェクトの概要 DataBroker DAOは、IoTセンサーデータの最初の市場です。センサー所有者をデータの購入者と直接接続し、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサー接続ネットワークを操作する通信プロバイダーの既存のインフラストラクチャーを利用するか、センサー所有者の専用ゲートウェイを介します。  ある意味では、DataBroker DAOはIoTセンサデータの「セカンダリ市場」に相当し、IoTセンサデータのeBayやAmazonに相当する可能性があります。 プロジェクト名 DatabrokerDAO  分野  データ  技術  ブロックチェーン プロダクト  β版 トークノミー DATトークン プラットフォームの特徴-ブロックチェーン技術を使用したIoTセンサデータの分散型市場 DataBroker DAOは、センサデータを売買する最初の市場です。 Blockchain技術を使用したIoTセンサデータの分散型市場として、Databroker DAOはセンサの所有者が生成されたデータを収益の流れに変えることを可能にします。これは、様々な産業のための豊富な機会を開くでしょう。データが使用され、より効果的になります。 Ethereumネットワーク上でスマートな契約ベースのマーケットプレイスを使用することで、この価値を解くことが可能になります。センサの所有者は、ゲートウェイオペレータを経由して、センサによって生成されたデータを販売し(DTXトークンの一部を賭けて)、買い手は同じDTXトークンを使用してデータへのアクセスを発見して購入することができます。 ゲートウェイオペレータは、独自のEthereumメインネットブロックチェーンノードを実行し、オープンソースのDataBrokerDAO dAPI(分散API)を一番上に実行します。クライアントのセンサによって生成されたデータは、(同じデータセンター内で)dAPIに送信され、誰がアクセスを購入したかを確認し、購入時に購入者が指定した場所に直接データを送信します。 ゲートウェイオペレータは、クライアントが生成したデータを処理するように既に設定されているため、購入したデータストリームをインターネット上のある場所にルーティングすることは簡単な拡張です。 そのために、ゲートウェイオペレーターにはDTXトークンの各取引の10%が与えられます。プラットホームも10%の利益を得ており、最も重要なことに、シェアは、収益の80%を受け取るセンサーの所有者に行きます。 ローカル市場からグローバル市場に移行するために、DataBroker DAO実装は世界中の多数のゲートウェイ事業者に複製されています。 これにより、データの世界市場へのアクセスが許可されます。世界中の誰でもどこでも利用可能なデータを購入することができ、真に「ローカルデータのグローバル市場」となります。 広範囲の当事者が当社プラットフォームから大きく利益を得ることができます。 センサーの所有者 データを収益化し、沈没費用を潜在的なマネーメーカーに変え、少なくともIoTセンサーへの投資の一部を回収する機会を得ることができます。 ネットワーク事業者 接続された通信事業者がエンタープライズアカウントに勝利を返すことができるように、ネットワークの導入における規模とスピードを向上させることは、明確なUSPです。 センサーメーカー 生産のための「最下位への競争」を止め、リソースと資本を製造から引き出し、これらを有益なSaaS製品に割り当てることができます。 スマートシティの取り組み 十分なセンサーで町を人口化するための先行コストを制限し、その後2  -  3年の投資回収期間とその後の継続的な収入の流れで費用を投資に変えることができます。 農業部門 今日のベルギーの農業部門では、農民の10%が「技術者」であり、彼らは、風、温度​​、気圧、湿度、土壌中のPHレベルのセンサーを配備しています。プラットフォームは、このコストの一部を回収する可能性を提供します。 学問 何千ものセンサーにアクセスすることができ、市場で直接かつより安価にデータを購入することができ、確立されたデータプロバイダを切り離すことができます。 以上のように、DataBroker DAOは、センサの所有者とデータの購入者を結合するIoTセンサデータの市場です。これは、GSM、LoRa、SigFoxに基づくセンサネットワークを維持している通信サービスプロバイダのインフラストラクチャまたは独自のゲートウェイを介して行われます。 プラットフォームは次の点に焦点を当てています。 プラットフォームの主なコンポーネントは、センサーとパスワード/ファイルのレジストリです。センサーからのIoTデータのすべてのストリームは、DataStreamRegistryに保存されます。 センサーの識別を制御するためにuPortが使用されます(プラットフォームは「管理されたプロキシID」契約で動作します)。  技術特徴ープロジェクトのエンジニアリング機能 このプラットフォームは、dAPIとスマートコントラクトを使用したブロックチェーンテクノロジに基づいて構築されています。 dAPIは、各共有ノードにデプロイされたAPIアプリケーションです。 dAPIの主な用途は、購入者側のゲートウェイオペレータ、データプロセッサ、および大規模なデータセットとの連携に焦点を当てていますが、センサーの所有者側または小規模のバイヤー側ではありません。後者は、ゲートウェイ・オペレーターまたはDataBroker DAO dAPPによって提供される(既存の)インターフェースを使用します。 将来的にはSwarm.cityが提示したGasStationコンセプトを導入して、ユーザーベースを増やす際の取引コストを削減する予定です。 プラットフォームは次のサービスを提供します: IoTセンサーの所有者:IoTデータの収益化。所有者はサービスの販売から80%を受け取り、センサーをプラットフォームに追加するための小規模な定期支払いを行います。 データの購入者:データの購入と使用、または付加価値のあるデータの再販(つまり、変更の導入)。 データプロセッサー:入力と分析によるデータの改善。プロセッサは次のように分類できます。 データサービス - さまざまなソースから情報を収集し、それらをまとめて組織します。 データマイニングを提供するサービス - 分析ルールと計算を使用して見積データを処理します。 適応型サービス - 特定の顧客データをリポジトリ内のデータとともに分析します。 ゲートウェイのオペレータ:センサの所有者がプラットフォーム上でIoTデータを販売できるようにゲートウェイを開きます。事業者は、プラットフォーム上でのデータの販売から10%を受け取る。 このプラットフォームはまた、データ市場参​​加者のコミュニティであるDataBroker DAO Allianceを創設しました。コミュニティの主な目的は、相互に有益な協力とビジネスの統合です。現在、Allianceには以下の企業が含まれています。 市場と競合分析-IoTセンサー市場は成長中 市場および市場によると、IoTセンサーの市場は、2022年に384億1000万ドルに達し、2016年から2022年にかけて年間成長率42.08%に達すると予測されています。この成長はStatista分析機関によっても確認されています。 プロジェクトチームの調査結果によると、IoTセンサーの市場規模は、2015年の6,000億ドルから2017年には9,000億ドルに増加した。市場は2020年に1,300億ドル、2024年に1,600億ドルに達すると予想される。 搭載されているIoTセンサの数は、2014年の97億台から2019台には256億台、2020年には300億台に増加する予定です。 IoTセンサーデータの販売市場については、2017年末に270億ドルと評価され、2024年には5000億ドルに増加すると予測されています。 DataBroker DAOマーケットプレイスは、IoTセンサーからのデータの販売のために形成されます。DataBroker DAO Allianceは、データを扱う企業のコミュニティも作成します。 これらの見積もりは、IoTセンサーの売上データに基づいているためこの見積りで、プロジェクトはその経済モデルを構築します。 WPでは以下の競合他社が見つかります。 Streamr  -  P2Pトラフィック用のプラットフォーム。 Streamrは、リアルタイムのデータをトークン化し、分散したP2Pネットワーク上でマシンと人がそれを交換する新しい方法を可能にします。Streamrは従来のデータ転送プラットフォームを採用しており、これを「ブロック化」しようとします。これらのプロジェクトの深い技術的分析には取り掛かりませんが、上から下へのIoTスタック全体をStreamrソリューションで置き換えることを目標とする IOTA  - 企業はデータとサービスを共有できます。 IOTA独自のパブリック型分散台帳アーキテクチャはタングル(Tangle)と呼ばれ、有向非巡回グラフ(Directed Acyclic Graph)の一種です。タングルではすべてのトランザクションやデータの移転は2つの以前のものを検証します。それらはそれ以前の2つを参照しており、それが連鎖的に続いています。これは、ネットワークの検証がネットワークを使用する本質的な性質であることを意味し、通常のブロックチェーンアーキテクチャの場合のようにネットワークの使用から切り離されることがなくなりました IOTA財団はこの今後2ヶ月間に亘って運営されるデータマーケットプレイスに数十の世界有数の企業が参加することを発表することができることを誇りに思います OceanProtocol  - データおよび関連サービスの交換のためのエコシステム。 Hurify ...

【ICOレビュー】OpiriaPDATAーGDPRに準拠し、メルセデス、アウディ、BMW、日産などの顧客を持つOpiriaがブロックチェーン統合のためにPDATAトークンを発行する

  インターネットで企業が新しい製品やサービスをより簡単に開始できるようになった今日、あらゆることが急速に進んでいる中で、企業はトレンドを迅速に分析し、製品やサービスに関する市場調査をフォローアップする必要があります。 フィードバックがなければ、ほとんどの製品は失敗し、顧客を知ることができない企業は大きな損失を被ります。 そこで大切なのが顧客の個人データ管理です。   OpiriaPDATAプロジェクトの概要 Opiriaは、リアルタイムの市場調査と顧客エクスペリエンスフィードバックのためのオンライン分散型プラットフォームであり、消費者がどのように考え、経験し、見て感じるかを理解するために、より迅速で正確なアプローチを提供します。 プロジェクト自体はOpiriaの既存のビジネスモデルに基づいており、製品とプラットフォームはフォーチュン企業からすでに受け入れられています。   隠れた仲介者を排除し、企業が消費者から直接個人データを購入できるようにすることで、顧客の要件とニーズをリアルタイムかつコスト効率よく理解する手助けをしています。 Opiriaはブロックチェーンに基づく個人データの安全で透明な取引のためのグローバルな分散型市場を開発するプロジェクトでもあります。 同社は、個人データの安全で透明な売買のための最初のEthereumブロックチェーンベースの市場を構築しています。  プロジェクト名 opiriaPDATA  分野  データ  技術  ブロックチェーン プロダクト あり トークノミー PDATAトークン プラットフォームの特徴-個人データに具体的な価値を与える  世界中の企業は、消費者からの個人データを必要とします。これにより、消費者の嗜好に合った新しい製品やサービスを設計することで、市場シェアを拡大 することができます。 このプロセスの最大の問題は、ターゲットオーディエンスが個人データのセキュリティを心配し、それを保護するための措置を講じることです。 これにより、個人から必要とされる定性的データを取得することがますます困難になり、データブローカーによって虚偽または偽のデータが販売されることさえあります。従来のシステムでは、企業と消費者の両方が失われます。 個人データ管理の問題 データブローカーによる不透明性 収益性の欠如 PDATAはどのように問題を解決するのか? 企業とその顧客、つまり消費者の間の結びつきを強めるために、Opiriaプラットフォームと呼ばれる両者が直接コラボレーションできるエコシステムを構築しました。 企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者から直接個人データを購入することができます。  Opiriaプラットフォームは、個人データに具体的な価値をもたらし、供給と需要の経済(PDATAトークン)によってこの価値を正確に表現する通貨を作成します。 PDATAトークンは、企業が仲介者なしで直接消費者から個人データを直接購入できる市場を作ります。これまでのところ、データブローカーによってデータが不本意ながら利用されていたことを考えると、当社の新しいシステムは、これまでデータ保護のために複数の障壁の背後にあるデータを保護してきたものから、消費者は、関心のある話題についての意見や、製品やサービスをどのように利用し、どのように利用しているかに関するフィードバック、ウェアラブルやスマートデバイスのデータ、スマートフォンの利用状況、オンラインで購入するものなどの個人データを企業に販売することができます。 彼らはPDATAトークンを受け取り、現金で現金化することができます。したがって、消費者は、個人データを収益化することによって受動的な収入流を創出することができます。   以下が要点です。 Opiriaプラットフォームを使用すると、個人データを企業に直接販売することができます。それと引き換えに、PDATAトークンを手に入れて、現金で現金化することができます。   Opiriaプラットフォームは、一般データ保護規則の原則に完全に準拠した、お客様の個人データの安全で公正で透明な取引を可能にします   消費者のための  消費者は企業に個人データを提供するためのPDATAトークンを受け取る。 消費者は、開示する個人データとそのアクセス権を誰が決定することができます。 ブロックチェーンメカニズムにより、消費者の匿名性とデータのプライバシーは完全に保護されます。 Opiriaプラットフォームは、仲介者のいない個人データの安全な取引のための完全に透明な公開市場です。 PDATAトークンは、個人データに値を置き、その値を正確に表す通貨を作成します。 企業のための 企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者からの個人データにすばやく簡単にアクセスできます。 企業は、より高い品質のより具体的なデータを受け取り、新製品やサービスを設計したり、マーケティングや販売活動をより適切にターゲットとすることができます。  PDATAトークンエコシステムは、消費者と企業で構成され、両面トークン経済を促進します。企業は、個人データをPDATAトークンで補うことによって、消費者から直接購入することができます。 市場と競合の簡単な分析ー急成長と大きな問題点 市場と競合のプロジェクトを簡単に分析します。 個人データの問題点 今日のますます競争の激しい世界では、企業は顧客の意見の重要性とこれが現在の市場に与える影響をますます認識しています 中でも個人情報データは企業戦略の一部となってます。 企業がターゲット市場を代表する個人を評価する必要があるという事実を考慮すると、正確な個人データに基づいて関連する高品質の情報を持つデータベースをすべての人が抱くことは難しい課題です。 主な問題は、実際、平均して、全消費者の55%は、あらゆる種類の個人データを共有することに満足していません。個人の個人情報に関しては、この割合は97%に増加します。 ますます技術的に類似した消費者プロファイルと組み合わせることにより、平均的な消費者は、広告ブロックソフトウェアの使用、個人的すぎると思われるデータの改ざんなど、個人データを保護するための措置を取るようになりました。 個人データの市場規模を数字で見てみましょう。 250米ドル/年;個人データの取引量 57百万;あなたの個人情報を必要とするB2C企業 12億米ドル/年;製品革新の失敗による投資の失敗 80米ドル;あなたのメールアドレスの価値 100米ドル;製品に関するフィードバックを提供する    個人データは21世紀の新たな原油である 多くの人は個人データが21世紀の新しい原油であると考えています。個人情報の収集と分析は、今日の新しい経済の推進に役立つ燃料です。生データは収集、処理、輸送する必要があります。 100年前の石油ブームの時代と同様の原則に従っています。 1人は、彼らから利益を得るために、できるだけ多くの情報源からデータを集めようとします。典型的なアプローチは、多数のタッチポイントを分析し、得られたデータを使用して実行可能な予測を生成し、結果として新しい製品およびサービスを導出することです。 個人データによる予測 個人データの収集と分析により、企業は消費者の行動や傾向をよりよく予測し、より良い製品を継続的に反復することができます。購買力、旅行習慣、モビリティの好みやフィットネス/ウェルネス、ヘルス、環境などのトピックに対する態度の予測可能な変化は、車、新しい旅行タイプ、根本的に異なるホテルコンセプトなどの新しいコンセプトを思い付くことを可能にします。 これにより、企業は、予測が最も厳しい5年から10年という新しい目標を早期に実行するなど、R&D予算をより適切に配分することができます。   GDPR(一般データ保護規制)への準拠の重要性  OpiriaとPDATAは、個人データに関する消費者への支配を主にし、国際ビジネスの規制環境を簡素化することを目指して、今年EU全体で展開する新しい一般データ保護規制(GDPR)法改正に完全に適合します。 これらには、以下が含まれています。 消費者は個人データの処理に同意する必要があります 個人データは偽名化され、暗号化された方法で保存されなければならない 消費者は個人データにアクセスする権利を有する 消費者は、誰が自分の個人データを処理するかを知る権利があります 消費者は個人データを訂正し、消去する権利があります 個人データ処理活動を記録しなければならない データは設計によって、またデフォルトで保護されていなければなりません   プラットフォームでは、一般データ保護規制の以下のガイドラインが確実に実行されます。 消費者は個人データを所有しており、個人データを完全に管理しています。 個人データは、消費者を暗号化されていない形式で放置することはなく、消費者だけが復号化するための鍵を保持します。 個人データは、消費者の同意を得た会社にのみ転送することができます。 それに加えて、消費者は誰がデータを入手するのか、どのような目的で使用するのかを正確に知っています。 個人データの取引は完全に透明であり、取引当事者の匿名性が完全に保護されるブロックチェーン上で追跡可能です。 プラットフォームがどのようにGDPRに適合するように設計されているかについての詳細な説明は、PDATA Whitepaperにあります。   データブローカーの存在 データブローカーは、消費者の最も敏感な個人データを収集し、分析し、相互参照し、梱包し、保管し、相互に、広告主に、政府に直接商品として販売する。 2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。  Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。 チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。 Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。  Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています    Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。 2012年9月、FacebookはDatalogixとの提携を発表し、Facebookの10億人のユーザーがソーシャルサイトに広告を出した後、レンガや迫撃砲の小売店で購入を完了する頻度を測定しました。 OpiriaPDATAの直接的な競合プロジェクトは? 今回記事にしているOpiriaは、データブローカーを民主化および自動化するプロジェクトです。ブロックチェーンを採用しているデータプロジェクトの中でも似通った性質のものがいくつかあります。 Datum    Datumはブロックチェーン上の分散型高性能NOSQLデータベースです。この技術により、ソーシャルネットワークデータ、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIOTデバイスのデータなどを安全かつ匿名でバックアップすることができます。Datumは、ユーザーが自分でデータを共有または販売できるマーケットプレイスを提供します。 Datumネットワークは、データ所有者が設定した条件を遵守しながら、データの安全な取引を提供するためにDATトークンスマートコントラクトに依存しています。 データ所有者は少量のDATトークンを払ってデータを保存します ストレージノードのマイナーは、データの保存と送信のためにDATトークンを獲得します データは、DATトークンを所有者の条件で使用し、購入することができます Datumプロジェクトは数値で見る高いパフォーマンスを示しています。 $7.2MUSD 調達済み 85K +アプリ 登録者数 8.8K +テレグラムユーザー数 33k +ツイッターフォロワー数 1M +月間訪問者数 34k +フェイスブックのいいね数   Valid VALIDは個人データ管理を次のレベルに引き上げています。 中核となるのは、ユーザーが制御するデセントライズされたデジタルアイデンティティソリューションで、人々は機密データを安全かつスムーズにオンラインで取引し、機密データを保護します。 さらに、VALIDは、ユーザーを製品やサービス会社、ブランド、研究者、広告主などのデータ消費者と直接接続することができます。 VALIDウォレットを使用すると、ユーザーは、VALIDマーケットで完全に安全かつ制御された方法で、自分の個人データを直接的かつ簡単に収益化することができます。 それに反して、データコンシューマは、信頼性の高い匿名化されたデータに直接アクセスすることができます。 InsightsNetwork Insightsはブロックチェーン技術とスマートコントラクトを通じてデータ仲介業界を自動化します。 ユーザーはInsightsウォレットを使用してデータを安全に所有、管理、収益化します。 データ・ブローカー企業は年間2000億ドルの収益を上げています。 Insights Networkは今後10年間で富を企業から消費者に渡します。   DataBlockchain DataBlockChain.ioは、企業や個人がプレミアムデータを収集する方法を混乱させる画期的なデータプラットフォームです。当社の製品はデータを民主化し、現在のデータ収集および査定の方法よりも容易に入手可能で安価にする。その結果、クライアントは費用対効果に優れた透明な方法で特定のデータセットにアクセスし、無関係のデータを支払うことなく、必要なものを正確に収集することができます。 政府データ、業種別データ、投票記録、ビジネスデータ、財産データ、与信ビューローデータなど、世界最大のデータベースの多くと独自のデータを統合し、貴重なデータセットを作成します。クライアントを引きつけ、保持することを目指す個人や企業。私たちのプラットフォームの結果、すべての参加者は、求めている正確で微妙なデータを得ることができます。...
error: Content is protected !!