ホーム ICO Blockv(ブロックV)

Blockv(ブロックV)

    Blockvはデジタルオブジェクトとブロックチェーンを統合して新しい資産クラスvAtomを構築する

      こんにちは。今回は、BlockvというICOについてです。 テーマはVRということで、Cappasity と似ている部分もあり、取り上げました。 詳しく見ていきます。 Blockvとは? BlockvはのVR(バーチャルリアリティ)と、ブロックチェーン技術の2つの分野を組み合わせることで、当社の既存のプラットフォームを増強させることを目指しています。   https://youtu.be/3b-DHqFI2z8 Blockvのビジョンとソリューション 暗号資産の市場は2017年に限って10億ドル以上成長しています。また、2017年八月に発表されたIDCによるとAR/VRの収益は114億ドルに到達すると予測されたいます。さらに、AR / VRの市場規模は2021年には215億ドルに達するとも考えられており、ますます成長しています。 このような成長率が続くと仮定すると、既にセグメント内のサービスを提供しているBlockv社は、自社の製品を仮想化された拡張現実の市場セグメントに統合することでさらなる成長を図ることができます。 Blockvのソリューションとしては、このような成長率野中で、AR / VR空間で相互作用できるデジタルオブジェクトが今後必要となることに着目しており、問題点としてバーチャル製品はハイテク企業に制限され、詐欺の保護や標準化が低水準であることを指摘しています。 そこでブロックチェーン技術との統合により、Blockvのプラットフォーム上で開発者が、将来の経済を設計したり、エコシステム内で新しいデジタル製品を生み出すビジネスの収益機会を生み出すために役に立つインターフェースを提供します。 BLOCKvプラットフォームは、ブロック・チェーン上のスマート・デジタル・オブジェクトの作成を可能にし、エンド・ユーザーと迅速にやり取りし、デジタル環境や現実世界の環境を横断できる可能性を秘めています。 Blockvのビジョンとして、特筆すべきものとしてvAtoms(バーチャルアトム)というスマートオブジェクトの開発があります。これは、コードをマルチメディア要素と結合し、開発者、ブランド、エンドユーザーの資産として暗号化を可能にする魅力的なデジタル商品です。 デジタル・オブジェクトが、 直面してきた所有権の信頼性、相互運用性の問題に対して、ブロックチェーン技術の力と組み合わせることで、vAtoms(仮想原子)と呼ばれる新しい資産クラスを構築します。このvAtomsは、新興仮想商品の経済的な基盤となります。 デジタルオブジェクトは、ゲーム内の商品、私たちが収集するデジタルカードやアート、デジタルブックや音楽、ソーシャルネットワーク上で交換するアイテムなど、人間の経験のますます重要な部分です。さらに、ユーザにはより現実に近い体感を与えます。 同社のプロジェクトはeスポーツ市場への拡大も計画しています。2016年には市場規模は約450ドルを超えており、ますます拡大が見込める市場です。 Blockvのプロジェクトとソリューションはこうした拡大しつつある市場への拡大に焦点を当てており、一つの戦略的な計画がうかがえます。 Blockvの技術部分 技術の核となるのがvATOMです。 Blockvとブロックチェーンの統合   人工知能 償還可能 組み合わせ可能 プログラム可能 有限性 相互作用 転送可能 追跡可能 所有可能 このような特徴を持つvAtomの構築により、次のようなエコステムを構築することを目指しています。技術要素は以下です。 中心核:通知とリアルタイムのイベントライセンスを含むvAtomの主要構成要素 プラットフォーム:ビットコイン、イーサリアム、EOS 登録:vAtomにコミュニティ構築 ブロックチェーン側面:ブロックチェーンとの接続 SDKとAPI:vAtomと相互作用するすべてのプラットフォームを公開します マーケットプレイス:暗号通貨取引所 エコシステムの仕組み vAtomのエコシステムは四人の参加者とVEEトークンにより循環します。 開発者:スマートオブジェクトのテンプレートを作成し、行動し、ユーザインタフェース機能のためのコードを書くことができ、コミュニティだけでなく、活動を促進する役割を担います。 vAtom出版者:vAtomsを公開するエンティティ的存在です。vAtomsを作成するプロセスは、データとvAtomの特性、グラフィック表現(ルック・アンド・フィール)ならびに挙動との相互作用を含み、vAtom作成のための開発者から提供されるツールを使用するか、直接プログラムインターフェイス(APIとのSDK)を使用することができます。 サイクラー:サイクラーはBLOCKv分散コンピューティング・コンセンサス・モデルに基づいてBLOCKvプラットフォーム機能(反応器、脳、API)を実行するためのインフラストラクチャと処理能力を提供する分散型自律エンティティです。例えば、Vの具体的な金額を受け取るのに必要なvAtomの取引を実行するために、大規模なインフラ・プロバイダを提供することで非常に低コストで汎用的なvAtom機能を追加でき、高度にスケーラブルなクラウド環境を提供することができます。 ユーザー(投資家):ユーザーはvAtomsを含むスマートウォレットを保持している個人投資家です。vAtom対応のスマートウォレットにより、vAtom内の3DバーチャルリアリティビューアにiPhoneやAndroidモバイルアプリケーションやブラウザベースのWebからアクセスすることができます。  ロードマップ ロードマップで特筆すべき点としては、 2017/Q3年に予定されているイーサリアムブロックチェーンとの統合とETHスマートコントラクトを利用した最初のvAtomのプロトタイプ 2018Q1:Blockvプラットフォームv.1の一般公開とvAtomパブリッシャーの公開 この2つです。プロトタイプは今年中、プラットフォームは来年の初めにも公開される予定です。 Blockvの強み blockvに関して考えられる競合上の強みは以下です。 開発チームとアドバイサー まずら開発チームに関しては、特筆すべき点がいくつかあります。 Tetherの共同設立者兼CEO 彼は、ビットコインやブロックチェーン技術の長年の先駆者的存在であり、Tetherの開発はビットコインのブロックチェーン上で世界初の決済通貨としてのプラットフォームを構築することで、通貨取引に革命を起こしました。彼の存在はとても大きいです。 COO 最も革新的なモバイル、テレビ、クラウド製品を開発してきた組織を率いて、20年近くの経験を積んだテクノロジー起業家とエグゼクティブです。 CTO 通信事業者、クラウド、エンタープライズ向けに斬新で思考力のあるソリューションの設計、アーキテクチャー、ビルド、および宣伝に深い経験を持つベテランのCTOです。ギュンターはベテラン技術起業家とblockchainビジネスモデルコンサルタントです。彼は大手学際的および国際的なチームで多様な経験を持っています。 ブロックチェーンアーキテクト OmniとTetherを含む多くの企業のチーフ・テクノロジー・ディレクターとして、共同設立し、助言し経験があります。テザー、vAtomic、Bitfinex、アンサング、Fuzo、Factom、Synereo、MaidSafeなどの財団です。 また、アドバイザーとして挙げておくべきなのがブロック・ピアス 氏です。 彼は ビットコイン財団の会長、Blockchainキャピタル、共同ファウンダー兼Block.oneで戦略部長、マスターコインの創設ボードメンバーの共同設立者です。 こららのブロックチェーン分野やクラウド製品分野での強力なチーム力が、プロジェクト開発の強みとなることは間違いありません。 既に製品がある Blockv社はすでにデジタルオブジェクトという製品があり、それを今回ブロックチェーンと統合することを目指しています。 機能している製品とプラットフォームの存在は大きな強みです。 また、プロジェクトの見通しは、暗号通貨コミュニティにも高く評価されており、それゆえいくつかの興味深いパートナーも存在してます。 明確な競合の存在がいない 創業者は同社がブロックチェーン技術上でセグメントを開発しており、直接的な競合の存在はいないと述べています。 さらに、Blockvは、VR、ブロックチェーン、そしてeスポーツなどの複合的な異なる分野への拡大を図っており、着目すべき点はこれらいづれもが急速に拡大していっていることです。 独占的な市場確保をする可能性もあります。 しかし、AR/VR分野に関しては、挙げておくべき企業が1つ存在します。Cappasityです。同社も既存のプラットフォームや製品にブロックチェーンを統合したエコシステムを構築することを目指しており、業界では実績のある企業です。この存在は、無視できません。   VEEトークンについて Blockvが発行するVEEトークンはERC20トークン標準に準拠したスマートコントラクトトークンです。VEEトークンは専らプラットフォームで機能するインフラストラクチャ要素であり、しばしばユーティリティトークンと分類されます。既存の製品とプラットフォームを結びつける役割を担います。さらに報酬機会も投資家に与えます。 トークンセール概要 シンボル:VEE プレセール:終了 メインセール:10月19日~10月24日 キャップ:2億ドル ERC20イーサリアム 受け入れ通貨:ETH メインセールの目標は6日間で約22億円程度であり、目標としては高めに設定してあるため十分に満たされない場合が考えられます。 トークン・資金分配割合  トークン分配 35% TGEで販売 15% 将来的なエコシステムの燃料として技術革新のために6年、スマート契約にロックされる 25% 開発者コミュニティとエコシステムパートナーへのインセンティブ 25% 早期貢献者のため 資金用途 30% 製品開発 25% マーケティング&コミュニティ建物 20% インフラ&システム 25% 一般事業目的 特筆すべき点としては、トークンの15%が長期的にロックされます。これは開発陣がプロジェクトのな成功を確保するためであり、準備金として6年間ロックアップされます。 また、トークンの25%がBLOCKvとvAtomsの使用を促進するためのインセンティブのために予約されます。これらのトークンはvAtomsの革新的な利用方法の模索や開発者に報酬を与えるために使用されたり、特定のアクションを実行するvAtom内のエンドユーザーへのインセンティブとして割り当てられます。 トークンホルダーのメリット トークンを持つメリットは以下です。 BLOCKvプラットフォーム上に参加する エコシステム上の開発者はVによるインセンティブが得られる コンテンツ制作者は開発するたびにだれでもVのインセンティブが得られる このようにプラットフォームを利用したいユーザーが得をするような仕組みが構築されます。 トークンセール参加方法 公式サイトからホワイトリスト登録しておきましょう。 よくある質問 クラウドセールはいつ始まりますか? EDTで、10月19日の午前9時からです。 受け入れ通貨はどれですか? ETHのみです。 注目度や評価は? 注目度や一般的な評価はオープンソースのソーシャルリンクやICOの比較サイトで確認することができる。 ICOサイト icorating 注目度は高め、リスクは低めとなっており、総評は投資を勧めるPOSITIVEとなってます。 Full report マスメディア 特に注目すべきものはありません。 ソーシャルメディア Twitter: 1095 Facebook: 737いいね、フォロー Telegraph:1900 注目度は高いとは苦くしくも、言い難いです。今後のマーケティングに期待しています。 https://twitter.com/blockv_io   Blockvの総評 総評としては、プロジェクトのアイデアや実現性、強力なプロジェクトの管理チームとアドバイザーの存在や急成長しているテーマでの参入ということで、非常に有望なプロジェクトであることがわかります。 しかし、トークン自体の価値は、エコシステムの構築に依存し、ソーシャルでの反応も積極的ではないため短期的な価値上昇の期待は少なく、長期的な投資の目線が望ましいと思います。 今後は、マーケティング戦略や大企業の誘致やパートナーシップに期待したいところです。 関連リンク 公式サイト:  https://blockv.io/ 白書: https://blockv.io/documents/whitepaper.pdf
    error: Content is protected !!