【ICOレビュー】Essentiaー集中化リソースと分散化リソースをつなげて、相互運用性を生み出す次世代のブロックチェーンデータプロトコル

  Essentiaプロジェクトの概要 Essentia(エッセンシア)は、集中化リソースと分散化リソースをつなげて、相互運用性を生み出す次世代のデータプロトコルです。 このプロジェクトは一つのシードで、分散化されたさまざまなアクションを可能にする最初のプロジェクトであり、データ管理、ID認証、DAppsなどさまざまな分散化に役立ちます。 プロジェクト名 Essentia トークンシンボル ESS プラットフォーム イーサリアム 分野 データ、情報、ID、資産管理、DApps、OS 技術  ブロックチェーン 創業者・国 Essentia One SA  rue du Rhône 114  1204 Genève  Switzerland 主なパートナー Akasha ORCA Uunio 公式リンク Official site Whitepaper  Twitter facebook telegram bitcointalk medium   背景  近年、サービスやアイデアは、迅速かつ継続的に開発されています。 ユーザーは以前より多くの選択肢が提示されると同時に、プライバシー、セキュリティ、および個人データの使用を犠牲にする必要があります。 そのため多くの場合は、ユーザーとそのデータは恩恵を受けるべき製品とみなされるべきです。 しかしながら現状は、ユーザーは、データやソフトウェア環境のセキュリティを第三者や仲介業者に信頼することに依存しており、個人データのインセンティブ化もありません。 ブロックチェーンがこれを改善します。 Essentiaのような分散したソリューションや仲介なしのサービスやツールは、ユーザーが自由やプライバシー、そしてIDやデータを含むデジタルの「生命体」を構成するものを制御できるようにするために非常に重要です。 ビジョン Essentiaは、ユーザー、分散型サービスプロバイダー、およびそのテクノロジーに対する完全なソリューションを提供します。  その主な目的は、オンチェーンまたはオフチェーンのシステム、サービス、またはリソースとシームレスに統合された分散ソリューションのツールセットをユーザーに提供することです。 Essentiaは、最先端でユーザーフレンドリーなフレームワークを開発することで、ユーザーのプライバシー、ニーズ、セキュリティを保護します。  Point Essentiaは、集中化されたリソースと分散化されたリソースを結びつける、強力な相互作用と経験を生み出すプロジェクト ウェブ2.0から3.0へのパラダイムシフトを起こす次世代の相互運用性を兼ね備える 今後、さまざまなプロジェクトがEssentiaプラットフォームと統合される予定   プラットフォームと技術特徴 まずは、プラットフォームの特徴を簡単に説明します。 モジュール式である Essentiaはインフラストラクチャの展開、拡張、構成が可能なモジュラーアーキテクチャで構築されています。   Essentiaのフレームワークは、あなたの分散化人生に適応するように拡張されており、dApp、プラットフォーム、およびウォレットをボタン一つを押すだけで追加できます。 このフレームワークは、ユーザーに対して完全かつ細かいコントロールを提供し、匿名で、偽の匿名で、または公的に行動することを可能にします。 ユーザーは、データの一部または全部をいつ、どこで、どのように共有するかを決めることができます。   IDシステムとその接続されたデータとメタデータのツールやサービス以外にも、Essentiaはすべての主要なOSとハードウェア上で実行可能な安全で信頼できる分散型ソフトウェア環境ソリューションを提供しています。   Essentiaフレームワークは、任意のデスクトップ、サーバー、専用マシン上のブラウザ、モバイルプラットフォーム、オペレーティングシステムにブートストラップまたはデプロイできます。 最終的に分散コンピューティングを活用しながら仮想化することができます。   スケーラブルである スループットが高いため、Essentiaは何百万人ものユーザーを同時にサポートできます。 とありますが、どの程度のスケーラビリティを実現できるのかは現段階では不明です。   信頼性を必要としない Essentiaは、そのコードが監査され、コミュニティでレビューされ、堅固な暗号基盤だけでなく、トップ層のブロックチェーン技術、ソリューション、およびリソースで構築されているため、Secureです。 EIP、BIP、その他の業界標準、推奨事項、ベストプラクティスおよびプロトコルを実装および適用します。   完全なデータ所有権 データは財産であり、デジタルアイデンティティを自由にコントロールできる必要があります。 ESS-ID(シード)で有効な署名、検証、暗号化、および復号化操作を暗号的に実行できる唯一のエンティティであることにより、ユーザーは自分の好みの方法で自分のデジタル所有物を自由に処分できます。ユーザーは、特定の第三者のリソースやサービスと具体的にやりとりする方法を自由に決めることができます。   マルチチェーンマルチデバイス Essentiaは、ビットコイン、イーサリアムなど、さまざまなブロックチェーンをサポートしています。 それは、任意のデバイス、IOTまたはCLIで動作することができます。 また、ハイブリッドソリューションも予定しているようです。   Essentiaは、完全に分散されたフレームワークに向かって進化する一方で、スマートコントラクトと他のオンチェーンコンポーネントを統合するハイブリッドソリューションも実装しています。彼らはブリッジやモジュールとして動作し、オン/オフチェーンのイベントや操作を実行します。   ユーザーエクスペリエンス 信頼性が高く、安全で、ユーザー/開発者に優しい操作およびデータ環境であり、ユーザーが高度にカスタマイズすることができます。 ユーザーは、ウォレット、支払い、資金の取引、開発、管理、ネットワークへの寄付、プライバシーの維持、サブID、ユーザーデータ、権限またはアカウントの管理、ログインなどの目的でESS-Home / OSを使用することができます。 ESS-Home / OSのデータは、分散ストレージとリポジトリで利用でき、どこからでもダウンロードして展開できます。ユーザーは、USBデバイス上のライブバージョンで独自のパーソナルオペレーティングデータ環境設定を使用することもできます。これらは、ほとんどのマシンで実行することができ、専用のシステムやデバイスにインストールすることもできます。     サードパーティとの統合 ESS-HomeとESS-OSは、モジュールを通じて、特定の信頼できるサードパーティのサービスとDappsを統合することができます。これらは、既に統合されたEssentia Dapp-Store、DEX(Essentia Distributed Exchange)、ID、Authorizations(Auths)、ウォレットまたはユーザー空間システムを管理するモジュールに加えてあります。 ユーザーは、Dappsをブラウズして対話したり、ウォレットを使用および管理したり、ブロックチェーン上のすべての利用可能なサービスと相互接続することができます。   ユーザーフレンドリー シンプルなクリックでEssentiaフレームワーク内で起動されます。ユーザは、どこからでも、あらゆる種類のホストマシンやシステム、仮想化された環境からでも、独自のカスタム分散フレームワークを常にロードして使用できるように、シードを必要としています。 Essentia Platformとそのリソースは、ブロックチェーン技術をベースにしています。データとコードは分散ストレージを通じて利用可能であり、ユーザーはどこからでもアクセスでき、同時に好みの場所に物理的に格納してバックアップすることができます。 ユーザーは、自分自身のESS-ID(シード)を所有して管理することにより、デジタル所有物にアクセスまたは処分する際に、仲介者および第三者に関心を持たせたり、対話する必要はありません。   安全なシード管理 シードは、専用のサムサイズのハードウェアデバイスであるEssentia Keywareにも格納して使用することができ、ソフトウェアリスク、外部環境リスク、悪いアクターから分離します。 したがって、より安全な設定を得るために、オプションで、ハードウェア層上のフレームワークのカーネル(種)を分離することができます。 同時に、Essentia Senseペリフェラルを介して拡張され、実世界の入力/出力と相互作用し、それらをオンチェーンとクロスチェインに接続できる専用ハードウェアデバイスであるEssentia...
error: Content is protected !!