ホーム ICO BlockchainService(ブロックチェーンサービス)

BlockchainService(ブロックチェーンサービス)

ICOratingによるZiliqaプロジェクトのポストICO評価レポート

  今回はICOratingによるICO終了後の評価と報告書を和訳して共有したいと思います。保有者にとっては今後の方針において、非常に参考になるかと思います。 原文はこちら Ziliqaとは? ziliqaはオープンネットワークを安全に拡張するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームであり、シャーディング(ネットワークを複数の小さなコンポーネントに分割する技術)によって並列処理することでトランザクションを早くする目的があります。 スケーラビリティ改善ソリューションです。   ICOratingによるポストICO評価レポート ポジティブ ポストICO評価、有効期限:2018-09-05 実行された分析に基づいて、Zilliqaプロジェクトに「正の」評価を割り当てます。 ICOratingはICOの前にZilliqaプロジェクトを評価していません。 Zilliqaプロジェクトの一般的な強みは次のとおりです。 野心的な視点のアイデア 健康な権利確定条件 強いチーム 良い競争力のある立場 上記とは別に、2018年の最初の5ヶ月間のプロジェクトの業績のハイライトは次のとおりです。 チーム強化(6名の新チームメンバー) walletおよびpublic testnet v 1.0のリリース チームのGitHubに関する作業の証拠 市場および競合他社と比較して優れたトークン性能 この段階での主なプロジェクトリスクは次のとおりです。 競争 - プロジェクトの進捗状況と市場の位置に基づいて競合他社が強力ですが、Zilliqaには競合他社と比較してパフォーマンスとセキュリティ面でいくつかの競争優位性があります。 競合他社は実際のロードマップを公開していないため、今後追加機能を追加する予定は不明です。 開発リスク - 2018年の最初の5ヶ月間におけるプロジェクトのロードマップと実際のチームのパフォーマンスは、計画された開発パイプラインが正当化され、達成可能であることを示しています。 しかし、主要なリリース日はまだ未来であり、セキュリティ/パフォーマンスの予期しない問題が発生するリスクが残っています。 ロードマップは包括的ではありません -現在のプロジェクトのロードマップにはビジネス開発マイルストーンはなく、2014年第4四半期にdAppがリリースされた後の期間はカバーされませんが、チームの権利確定は2年(2019年と2020年) 今後のチームの目標は何か不明です。 実行された分析と特定されたリスクに基づいて、Zilliqaプロジェクトに「正の」評価を割り当てます。 Zilliqaチームは、高性能(数千TPS)、ゼロに近い手数料、dAppおよびスマート契約のサポートを含む高性能インフラストラクチャソリューションを提案しました。 Zilliqa ICOのハードキャップは48,889 ETH、またはUSD 22,000,000で、ロックされた金額は450USD / ETHでした。 チームの当初の計画では20万米ドルの上限が要求されていたが、2017年11月下旬のETH / USD為替相場の大幅な上昇により、ETHあたり450米ドルの為替レートを固定し、2,000万米ドル(4,445 ETH)スラック、テレグラム、早期投稿待ちリスト上の既存のコミュニティがICOに参加できるようにしました。 Zilliqa ICOはハードキャップの100%を集めました。 ICOに参加するVCインベスターとしては、1KX、8Decimal Capital、Bitcoin Suisse、DHVC、FBG Capital、Global Brain Corporation、Hyperchain Capital、Kenetic Capital、Metachain Capital、Node...

Sparksterが開発している技術スタックと開発計画について

  前回ご紹介したSparkster プロジェクトですが、今回は技術的な部分について詳しく触れてみたいと思います。 主に白書が情報ソースです。 テクノロジースタックの構成要素 上記に示すSparksterテクノロジスタックは、分散型クラウドコンピューティングを促進するために特別に設計された一連の技術を表しています。 特にコア技術となるスマートソフトウェアは、スマートコントラクトの進化であり、ソフトウェア開発に関する事前知識がなく、根本的な分散アーキテクチャを構築できます。 技術要素は大きく4つに分けられるかと思います。 シャーディング 連合コンセンサスアルゴリズム 分散型取引所 Sparksterプラットフォーム   詳しく見ていきます。 シャーディング/Sharding シャーディングは、簡単にいうと、複数のノードにデータを分散化させることです。 複数のノードに渡って異なるデータを保存することで、読み取りや書き込みのパフォーマンスのための水平方向のスケーラビリティが実現します。 この技術によって、スケーラビリティを改善するためのブロックチェーンプロジェクトも増えてきました。 Ethereum  Ziliqa QuarkChain  Usechain  などなど。シャーディング技術を利用するプロジェクトもかなり増えてきましたね。しかし、この手のアイデアはユーザーに興味を持たれやすく、注目度は比較的高くなっています。 Sparkster のシャーディングの特徴 では、Sparkster のシャーディングの特徴はいくつか見てみましょう。 一貫したハッシング ハッシュ関数 あるいは要約関数とは、あるデータが与えられた場合にそのデータを代表する数値を得る操作、または、その様な数値を得るための関数のこと。ハッシュ関数から得られた数値のことを要約値やハッシュ値または単にハッシュという。  集中型コーディネーターがなく、グローバルな状態がない場合、ノードの計算は、クライアントのデータがどのセルに格納されているかを認識するのは困難です。 その解決策が一貫したハッシングというスマートなアルゴリズムです。 流れは以下です。 このアルゴリズムは、クライアントのIDをハッシュし、境界のある番号を抽出する 円上の点を表す境界を想像し、すべてのセル(ノードのクラスタ)がこの円を等距離で分割する これで、一貫したハッシングリズムを使用して、クライアントにセルを割り当て、そのセルを簡単に識別できるようになります。 最も重要なことは、どのコンピューティングノードでも、中央の機関とのやりとりや中央データベースの必要なしに、クライアントのデータがどこにあるかを個別に判断できます。 したがって、完全に分散されたネットワークを構築できます。 クラスタの分離 スパークスターのシャーディングはクラスタ分離によるハッシュの分割に基づいています。 クライアントグループごとに分散ハッシュテーブルを分割できるため、重要です。 そのうち最も重要なことは、Sparkster分散クラウドが特化したブロックチェーンであるため、1つのシャードが他のシャードを意識する必要がないことです。 実際にどのように機能するのか白書の例を参照します。 具体例-顧客が2人の場合 例えば、GE(エンジニア)とGM(マネージャー)がSparkster 分散型クラウドでソフトウェアを構築して実行したかったとします。  GEは従業員だけでなく、自身の顧客でも、GEのデータにアクセスすることは決して望まないため、GEのソフトウェアアプリケーションは自分のデータと対話する必要があります。 しかし、セルを分離することで、GEのデータに関係する分散ハッシュテーブルには、GMのデータが必要なくなり、 GE(赤いノード)の分散ハッシュテーブル(DHT)のデータを複製するピアを、GM®(黄色のノード)のデータを複製するピアから完全に分離することができるため、 結果的にGEとGMのデータを平行で処理できます。   これが、基本的にブロックチェーンのパフォーマンスが大幅に向上する方法です。 結果的に以下のようなメリットが生まれます。 並行して2つの異なるセル(この場合は2倍のスループット -  1秒あたりのトランザクション)でトランザクションを受信して​​処理できる 各セルが他のすべてのセルから隔離されているため、通信のオーバーヘッドがなくなり、セル間で一貫した分散型ハッシュテーブルを維持できる 1つのセルのパフォーマンスに影響を与えることなく、必要な数のセルを追加できる 各セルが追加されるたびにシステム全体のスループットが向上する この例は2人の顧客しかいませんが、実際には1台のセルは数千の顧客で構成されます。UberやAirbnbなどの数百万の顧客ケースがそうですね。 そのような企業は、顧客をセルに分散させることを選択し、毎秒数百万回のトランザクションでスループットの恩恵を受ける必要性が出てきます。 Sparksterの白書では、理論的には、作成できるセルの数に制限はなく、実現可能なTPSには制限がないものとしています。 ただし、制限要因として、Sparkster分散クラウドに参加できる鉱業参加者の数があります。これは、マイニングの項目で説明します。 これが、高スループットを可能にするための必須技術であり、テストネットでは高いパフォーマンスを見せました。 コンセンサスの連合/Federated Consensus コンセンサスに関しては、ビザンチン将軍問題があります。 ビザンチン将軍問題(ビザンチンしょうぐんもんだい、英語: Byzantine Generals Problem)とは、相互に通信しあう何らかのオブジェクト群において、通信および個々のオブジェクトが故障または故意によって偽の情報を伝達する可能性がある場合に、全体として正しい合意を形成できるかを問う問題である。フォールトトレラントシステムでの多数決の妥当性や分散コンピューティングの処理の妥当性に関わる問題と言え、二人の将軍問題を一般化したものと言える。 引用元 このビザンチン将軍問題を解決し、最終的に信頼できない当事者間のコンセンサスに到達するための多くの異なるアプローチが存在します。 BitcoinやEthereumの異なるコンセンサスアプローチの解決例 Bitcoinは最大のハッシング能力を持つ者を信頼しますが、EthereumはStake Proof Proofプロトコル(PoS)に依存して最もお金を持っている人を信頼します。 しかし、両者は現時点ではオフチェーン取引を使用せずに、商用アプリケーションでは実用的でないことになる大きな確認時間に苦しんでいます。 Stellar Networkが提案したFederated Byzantine Agreement System(FBAS)連合ビザンチン合意システムは、1,000回/秒のトランザクションを容易に実行できることが証明されています。 バークレイズ・アフリカのケースでは、毎秒10,000トランザクションを達成し、1時間に3,600万トランザクションを処理できると主張しています。 これは、ネットワーク全体ではなく、クォーラムスライスとして知られているネットワーク内の全参加者の一部の間でコンセンサスを形成することによって達成されます。 SparksterはStellarプロトコルのSCPを実装する コンセンサスは連合することで、パーティAはパーティBを信頼し、パーティBがトランザクションを承認すると、パーティAは必ずトランザクションを承認するため、コンセンサスに非常に早く到着します。 したがって、分散型ソフトウェア実行ネットワークのスループットとレイテンシのニーズを満たすコンセンサスアルゴリズムの作成に力を注ぐのではなく、FBASの商用実装であるステラコンセンサスプロトコル(SCP)を実装することを選択しています。 しかし注意点として、ステラールコンセンサス議定書(SCP)には、欠点があります。 良好な行動のためのインセンティブの欠如 コンセンサススライスを形成する際に信頼する人を決定するための正式な方法論の欠如 そこで、SCPのこれらの2つの制限を解決し、すべてのユーザーを正直に保つインセンティブを持つ自治ネットワークを作り、ソフトウェアの実行のための分散クラウドを生み出すことが大きな視点です。 我々は、ネットワーク上の当事者間のコンセンサスに達するためのStellar Consensus Protocol(SCP)を使用することを提案し、タスクがどのように割り当てられるかを決定するための追加のレイヤーを提案する。このレイヤーは、各参加者の収益を管理します。そうすることで、すべての関係者を誠実に保ち、ネットワーク上の攻撃のリスクを最小限に抑え、ネットワーク上の参加者が行う無駄な作業を最小限に抑えるインセンティブシステムを構築することを目指しています。 このように述べられています。 プライバシーとセキュリティ 法人顧客に代わって取引を処理するには、プライバシーとセキュリティが絶対に必要です。 プライバシーや顧客データで重要な視点としてヨーロッパが定めたデータ保護規制のGDPRがあります スパークスターはもう1つの視点を指摘しています。 企業は、EUの一般データ保護規制(GDPR)などの管轄および法的規制に拘束されることがあります。しかし、公的なブロックチェーンを採用する場合、企業がデータのプライバシーを要求する唯一の理由は法的な制限ではありません。 もう1つの理由が顧客またはサプライヤーのデータが競合他社から盗まれるのを防ぐことにあります。 そこでスパークスターは次のソリューションを採用します。 ゼロ知識証明(ZKP) 本質的に、パブリックなブロックチェーンインフラストラクチャを企業が採用するのを見るとすれば、パブリッククラウドを採用しているので、データのプライバシーが重要視されます。 プライバシーを提供するために、ゼロ知識証明(ZKP)を使用し、Sparkster分散クラウド上に保存されたすべてのデータを暗号化することを提案しています。 ゼロ知識証明(ZPK)とは ゼロ・ナレッジ・プルーフは、機密情報または特権データと相互作用している当事者の数を、検証者に特権または機密データを明らかにする必要がないトランザクションを実行することによって可能にすることによって制限するものです。 ZPKを使用すると、公開されているすべてのデータを常に暗号化した状態に保つことができます。 現在使用されているZKPのいくつかの例があります。その例の1つは、ゼロ知識暗号の一形態であるzk-SNARKを実装したZCashです。   ZCashが開発した「zk-SNARK」と呼ばれるゼロ知識証明技術によって支えられています。ZCashは、このzk-SNARKsを用いて、トランザクションのアドレスや送金額といったプライバシーにかかわる重要な情報を隠したまま、トランザクションの正当性を証明することができます。 引用元 具体例-パスフレーズの証明と確認 ペギー(紫色)がビクター(緑色)に洞窟内のドアへのパスフレーズを知っていることを証明する場合、ペギーはパスフレーズを知っていることを証明したいが、パスフレーズを明らかにしたくはありません。 ペギーはAかBのどちらかを選択する場合、この実験を20回繰り返し、ペギーが成功裏に出現するたびに、 ペギーがパスフレーズを知らなくてもこれをうまく引き出すことができる確率は、100万分の1です。 上記の例では、ペギーとビクターは、ペギーが実際にパスフレーズを知っているという十分な確信を得るために、何度も前後にやり取りする必要がありました。 しかし、ZK-SNARKは、それらが簡潔で非対話的であるという点で進化しており、証明者が証明者から検証者に送信されたただ1つのメッセージで構成されていることを意味します。さらに、これらのメッセージは非常に軽量で、通常は数百バイトにすぎず、ミリ秒単位で確認できます。   顧客の機密データがSparkster分散クラウド上で実行されたときに安全であることを保証するために、Sparksterモバイルアプリの改ざんから保護するための対策を講じなければなりません。 以下のような不正行為防止と改ざん検出のアプローチを採用しています。 アプリに署名するために使用された公開鍵を比較:実際にSparksterの開発秘密鍵で署名されたことを確認します。この比較が失敗すると、アプリが改ざんされたことがわかり、Sparkster分散クラウドに参加できなくなります。 デジタル署名と確認:ファイルの改ざんを検出できます。改ざんが検出されると、メモリ内のすべてのものが保護の問題としてアプリケーションによって直ちに削除されます。 アプリケーションファイル、ライブラリなどの暗号化:これは改ざんのリスクを大幅に制限するためです。 攻撃のリスクを制限する入力検証。 サードパーティツールによる検出:サードパーティツールを使用して、メモリ、スレッド内で実行されている悪意のあるインジェクションペイロードを検出する トークンの使用:XSRFトークンを使用した安全なPOSTを使用して、すべてのデータがデバイスに送信されるようにします。 キャッシュしない:アプリケーションデータはキャッシュされません。すべてのトランザクションは完全にメモリ内で実行されます。 データ削除:安全にデータを削除し、各トランザクションの完了後にメモリを無効にします。さらに、各トランザクション後に強制的にゴミ収集を実行します。 データの暗号化:デバイスとの間でやりとりされるすべてのデータは暗号化されます SSL/TLS保護:デバイス間のすべての通信がSSL / TLSで保護されるようにします。 インセンティブ:取引がどの顧客に属しているかの知識をなくし、アプリケーションをハッキングしてデータを掘り起こすインセンティブ マイニングインセンティブ インセンティブ制度は重要な要素であり、従来のクラウドコンピューティングよりも大幅に安価な分散型クラウドを提供するには、参加者に支払う必要があります。 SCPコンセンサスには適切なインセンティブ制度がない スパークスターが採用しているステラーコンセンサス議定書(SCP)には、広い範囲で使用するためには取り組まなければならない限界があります。 SCPは参加者を正直に保つインセンティブ制度がなく、合意形成の際に誰を信頼するかを決定する解決策を提示していない ためです。 したがって、十分なネットワーク参加を確保するためには、インセンティブのシステムが必要です。Sparksterのインセンティブシステムは独特です。 スパークスターでは、参加者が自らのリソースの使用料金をどれくらい支払うべきかを独立して決定する自由市場を設計している(Sparksterマーケットプレイス) 参加者にネットワーク上の参加者を適切に行動させる仕組みを提供する(付加的な正の副作用) 具体的には以下の機能があります。 Compute(計算)ノードとStorage(ストレージ)ノードによる貢献度評価 ComputeノードとStorageノードは、SPARKトークンでネットワークへの貢献度を評価します。 ノードを計算することで、有料クライアントの代わりにソフトウェアコンポーネントをリモートで実行する目的で、モバイル、タブレット、ノートブックのCPUとメモリが提供される ストレージノードは、有料クライアントに代わって暗号化されたデータを格納および検索する目的で、ストレージスペースとネットワーク帯域幅を提供する このような形で、クライアントは、ソフトウェアの実行とデータの格納のためにネットワーク参加者にインセンティブを支払います。 Sparkster分散クラウドのComputeノードでは、動作あたりの限界コストはごくわずかですが、AmazonやMicrosoftなどの従来のクラウドコンピューティングよりも大幅に安価なクライアントのコストをすばやく収束させます。 これにより、クライアントはSparkster分散クラウドを採用する大きなインセンティブとなり、ネットワーク負荷の増大に伴いネットワーク参加者に利益をもたらします。 その他の機能です。  デバイス使用のための機能ごとの価格操作設定 デバイス所有者は、デバイスの使用のために、「機能ごとの価格操作」を設定することができます。 各ステートメントまたはアクションには、デバイス所有者によって設定されたこの「機能ごとの価格操作」が請求されます。 したがって、多くの操作で定義された関数は、ほんの少数の操作しかないものよりも実行にコストがかかります。 このシステムが必要な理由は、クライアントによって定義された機能の中で、永遠に実行される操作、つまり無限ループとも呼ばれる操作を作成するための阻害要因を提供することです。 ガス制限と関数 最大「ガス制限」が設定されており、これは、機能が合法的に実行できる操作の最大数です。 関数がこの制限に達すると、関数の実行は自動的に終了します。 これは、関数が正しく設計されていること、すなわち小さな実行単位を保証し、無限ループがネットワークの可用性に影響を与えないことを保証するために必要です。 この価格は、クライアントまたは顧客に代わって機能を実行するためにノードが選択されるたびに、機能ごとにデバイスがどれだけ報酬を受け取るかを管理します。 鉱山者は自由に自らの価格を設定することができ、顧客はどれくらいの支払いを自由に選ぶことができます。 インセンティブの配分方法 執行への作業の配分は、ステークの確率分布によって支配されます。   Stakeの証明は、ComputeノードとStorageノードがネットワーク上で正直に動作するようにインセンティブを与えるために使用されます。 不正行為は、そのような誤動作を検出する検証ノードによってこのステークが押収される結果になります。 具体例ー検証ノード 例えば、ノードがタスクを実行したと主張し、実際にはそうではないと主張する場合、それらのステークは検証ノードによって取得される。したがって、コンピューティングノードとストレージノードの両方が正直に動作するように強いインセンティブがあります。 ここでは、検証ノードに対する自然なインセンティブが存在する。彼らは、悪意のある行動をする人々からステークを奪い取ろうと、ネットワークを監査する。 コンピューティングノードとストレージノードはステークに比例した収入を得ていますが、検証ノードは実行している作業、つまりトランザクションの検証に比例した収入を得ます。 ここでは、Bitcoinの場合のように無駄な努力の代わりに、Sparkster分散クラウドの検証ノードが有用な作業証明を実行します。 検出ノードがその報酬を受け取るためには、検証ノードの定足数が必要であり、これらの参加者は、共謀のリスクを避けるためにランダムに選択されます。トークンを持たない人にとっては、CPUとメモリの使用から利益を得て、検証ノードとしてSparkster分散クラウドに参加することができます。   保存期間の選択 クライアントは、データをSparkster分散クラウドに保存する期間を選択することができます。この時間枠が経過すると、検証ノードはデータの永続性を検証しなくなり、ストレージノードは自由にステークを失うことなくこのデータを削除することができます。価格設定は、ストレージノードの所有者がレコードを月単位で個別に設定します。 ストレージノード参加者の信頼性をさらに高めるために、これらの参加者はストレージ契約のために一括して支払われません。むしろ、彼らはパフォーマンスベースで支払われます。 すなわち、彼らは1週間前のデータの保管のために毎週報酬を受けることができます。 分散型の取引/Decentralized...

SparkSter(スパークスター),100倍高速な分散型クラウドを構築するICOプロジェクト

  はじめに 今回ご紹介するのは、新たなブロックチェーンサービスのICOプロジェクトです。 最近特に多い分野で増えてきたのが、スケーラビリティ改善のプロジェクトですが、 技術も進歩しており、様々な解決策(ライトニングネットワーク、シャーディング、DAGなど)が出てきているため、こうした技術を採用または応用するものも増えてきました。 Ethereumが現在シャーディングに積極的に取り組んでいる中で、ZiliqaやQuarkChain などの有望なプロジェクトも誕生しています。 今回ご紹介するのはこれらよりもはるかに高いスループットを実現して主にクラウドにおいて無限のスケーラビリティ提供することを提唱したプロジェクトになります。 今回は、白書の内容から噛み砕いて、簡単にレビューしたいと思います。 全体概要-Sparksterとは? スパークスタープロジェクトは、スマート・ソフトウェア用の世界最速の分散クラウドを構築するプロジェクトです。 往来のクラウドコンピューティングに代わるものとして特別に設計された分散型のブロックチェーンで、1秒間に何千万ものトランザクションを実行します。 大きな特徴として、コードを書かずにソフトウェアを構築できるようにすることで、ユーザーのアイデアを現実のものにすることを可能にします。その後、1000万台以上のTPSをサポートできる(予定)特別なブロックチェーンであるSparkster 分散型クラウドでそのソフトウェアを実行できます。 プラットフォームの大きな特徴 同社は、従来のソフトウェア開発よりも100倍高速で安価なプラットフォームを開発しています。 クラウド界に混乱を起こす まず、Sparksterの革新的なクラウドソリューションは、AWS(登録商標)、Microsoft(登録商標)、Google(登録商標)およびIBM(登録商標)のような集中型クラウドプロバイダによって設定された2億ドル市場規模のクラウドコンピューティング産業に混乱を起こすことに起因します。 ソフトウェア開発に関して問題点としてあるのが以下の点です。 参入障壁(開発の複雑さによる) 高い費用 スパークスターでは、これらを改善することに視点を当てています。  IoTと分散型クラウド 市場参加者によると、IOT業界は2025年までに20兆ドルの機会を抱えています。 https://hackernoon.com/how-iot-is-fueling-industrial-digitalization-a128ca8a5c7d 上の記事はハッカソンのレポートですが、この記事によれば 2020年までに、専門家は世界に500億以上の接続デバイスがあると予測しています。 最近のある研究では、米国の製造業者の約35%が、工場、物流および/または最終製品のスマートセンサーからの何らかの収集データをすでに使用していると推定しています。 この報告書では、北米の工業企業の200人を対象に行った調査では、 企業のビジネスインテリジェンスのためにIoTデータを使用する可能性が高く、サービスレベルの合意に対してパフォーマンスを監視する可能性が3倍もありました。また、企業資産管理ソフトウェアのIoTデータにアクセスする方法の可能性が4倍以上あり、資産価値管理ソフトウェアでIoTデータにアクセスする可能性は2倍でした。 IoTはデジタル産業には欠かせないものであり、以下の要件があります。 人材確保の需要性 特定のプロジェクトに視点を当てる セキュリティリスクとコントロール 人材確保の次に、第2の優先順位としてあるのが、特定のプロジェクトに焦点を当てることです。IoTの主な欠点は、それがほとんどすべてに適用できる点であり、一度に多くの問題に取り組もうとするのではなく、すぐに運用上または安全上の問題に取り組むためのソリューションを選択するか、投資収益率が最大になるソリューションを選択する必要があります。 さらに適切なセキュリティプロトコルがないと、ハッキングや悪用のリスクが非常に高くなる可能性があります。企業がIoTの技術に投資した結果、繁栄したい場合、工場の枠を越えてデータを共有できることは絶対に不可欠です。 この変革技術は、既存のビジネスプロセスとテクノロジーが物理的な世界のデバイスから情報を取り込むように設計されておらず、これらのビジネスプロセスを実行したりすることができます。 したがってIoTが未来の分散型クラウドであるとの声もあります。 大幅なコスト削減 コスト削減は、構築に要した時間を大幅に短縮し、ソフトウェアを改良し、ソフトウェアを実行するコストを削減することによって達成されます。 1ノードあたりではなく、1トランザクションごとのコストに移行する これは、コスト削減のためのソリューションです。 AmazonやMicrosoftなどの従来の集中型クラウドプロバイダは、クラウドサーバを、クラウドサーバごとに予測可能なコストで追加しますが、1ノードあたりのコストです。 一方でスパークスターでは、1トランザクションあたりのコストに移行することで、企業はバックミラーを見ながら需要の急増を予測したり、将来の需要に対応したりせずにソフトウェアを実行できます。 これによって、分散型ネットワーク上のSparksterプラットフォームで定義されたソフトウェアを実行することにより、アプリケーションを大規模に実行するコストを大幅に削減できます。 革新的なツールを使用して、従来のアプリケーション開発と比べて100分の1の時間でアプリケーションを構築できることを実証しました。さらに、特殊なプログラミング言語の知識が不要なので、熟練ソフトウェア開発者を使用するコストを大幅に削減することができます シンプルで直感的なユーザーインターフェース ユーザーインターフェースはアプリ開発にとっては重要な要素であり、多くのブロックチェーンがその向上に専念します。 スパークスターでは、我々ユーザーは自身のアイデアを、簡潔に実現できます。 No-learning : 学ぶ必要なし No-code : コードを書く必要なし Fast : わずかなクリックで数分で実行できる Drag&Drop : 項目をドラッグして、ドロップするだけ 何も学ぶことなく、わずかなクリックで、さらに短時間で完全なソフトウェアにドラッグアンドドロップできます。 ドラッグ&ドロップの様子 さらにSparkster プラットフォームを使用すると、簡単な英語のブロックをドラッグアンドドロップするだけで、コードを書くことなくソフトウェアを構築できます。 ソフトウェア開発の大きな障壁を取り除くことで、可能性が広がり、さらなる野心に繋がります。 アイデアを販売するためのマーケットプレイス   アイデアを持つユーザーは、Sparkster Marketplaceで販売できます。 例えば、革新的な作家は、他の人が使用するために高レベルの作品を公開することができるだけでなく、マーケットプレイスにおいて作品を販売することによってインセンティブを得ることができます。 ユーザーのエンゲージメントを向上させる プラットフォームにユーザーが提供する価値が指数関数的に増加するモデルを提示する より高いレベルのコンストラクトの消費者は、新しいビジネスを生み出す 公表する意思のある人に収益創出の機会を提供するアプリケーションにそれらを組み込む このアイデアを売ることに加えて、将来的には、無コードのプラットフォームで構築されたソフトウェアの分散実行を促進することを目指しているようです。 これらの機能を実行するために必要なのが、今回トークン販売で購入できるSPARKトークンでもあります。 このマーケットプレイスのおかげで、我々は顧客やファンを探して、解決策提示して、持続的にインセンティブを貰ったり、与えることができます。 分散型のクラウドである ブロックチェーンを利用する利点の1つが分散型であることです。 Amazon、Microsoft®、Google®などの従来の集中型のクラウドプロバイダは、物理的なサーバーコスト、バックアップ電源、管理スタッフ、物理的なセキュリティ、冷却などの避けられないオーバーヘッドが存在しますので その分費用も高くなります。 クラウドコンピューティングを分散化させることで、これらのオーバーヘッドを削減できます。 スパークスターの分散型プラットフォームはさらなる利点もあり、 モバイルデバイス上で小さなソフトウェアコンポーネントを実行することはコストが比較的ゼロであるため、Sparkster分散クラウドプラットフォームに参加する鉱夫が増えるほど安くなります。 分散型のクラウドコンピューティングの未来の形と言えるでしょう。   ウイルス性の成長とネットワーク効果 Sparksterプラットフォームは個人向けに自由に使用できますが、取引数量の制限が設けられています。 個人的な使用制限の増加は、友人を私たちのプラットフォームに紹介することによって達成することができるようになっているため、ウイルス的なマーケティング効果が期待できます。 これはUberのフリーライドやDropboxのストレージスペースの増加と同様です。 さらに、ネットワーク効果に関しては、基本的な要素ではなく、高いレベルの構成要素(すなわち販売税計算機)を作成する重要な機会を提供しています。 これによって、コミュニティが、他のメンバーによって利用されることで、高レベルのアプリケーションを構築できます。  規模と収益拡大戦略 スケーリングと収益性の拡大なために戦略を提示しています。 Sparksterは自らのプラットフォームを個人的な容量で自由に使用できるようにします。 これは月に一定のトランザクション数に制限されますが、個人的な容量では、他のユーザーをプラットフォームに紹介することによってこの制限を解除することができます。 したがって、 プラットフォームの商用利用は、ユーザーライセンス、取引手数料、デバイス料金、ストレージ費用などの形で進行中の手数料の対象となります。 ユーザーを関与させ、フィードバックを聞くことでコミュニティ構築にも役立つと考えています。 技術要素-ビジョン達成のためのコア技術 プラットフォームの特徴で少し触れましたが、コスト削減と、高スループットのために様々な技術を採用します。   簡単に説明してますが、詳しくはこちらの記事を参照ください。 https://bab-global.net/ico/sparkster-dev   ゼロ知識証明に基づくプライバシーセキュリティ技術 Sparkster分散クラウドに格納されアクセスされたデータは、トランザクション・フラグメントに分解され、暗号化され、ノード・ネットワーク全体に分散されます。 Sparksterパブリックブロックチェーンから観測されたデータが意味のある値になることを防ぎます。 Sparksterの分散化クラウド、もともとZcashによって委託されたzk-SNARKを実装しており、他のネットワーク参加者からのクライアントデータも難読化されていないことを保証しています。 Zcashの強力なプライバシー保証は、Zcashのシールドされたトランザクションがブロックチェーン上で完全に暗号化され、zk-SNARKプルーフを使用してネットワークのコンセンサスルールの下で有効であると検証されるという事実に由来します。 エンタープライズ向けの自律的水平スケーリングによるハイスループットシステム スループットを高める技術として水平スケーリングがありますが、Horizontal scalabilityといいます。 水平スケーラビリティとは 水平スケーラビリティは複数のハードウェアまたはソフトウェアエンティティを接続して単一の論理単位として機能させることによって、容量を増やす能力であり、サーバーがクラスタ化されると、元のサーバーは水平方向にスケールアウトされます。 容量を即時に拡大できる いくつのエンティティが正常に接続できるかによってのみ制限される     Sparkster分散クラウドは、スマートソフトウェアの実行にのみ使用できる特殊なブロックチェーンとして設計されているため、他のブロックチェーンに課せられた制約のいくつかを排除できます。 Quarkchainも水平スケーラビリティに基づいてクロスシャード技術を用いていますが、   クライアントが自社のデータを非公開にしたいと考えると、グローバルステートを維持する必要性を排除することができます。 スパークスターの場合は、クライアントグループごとに分散ハッシュテーブルを分割できることが、重要です。 前述した通り、Sparkster分散クラウドが特化したブロックチェーンであるため、1つのシャードが他のシャードを意識する必要がないことです。 具体的には、ハイスループットシステムを構築する上で重要な要素であるクライアントの分離が行われている点です。 白書では、ひとの細胞分裂のような仕組みが例として取り上げられており、細胞は成熟巣につれて分裂しますが、これと同様に、ノードのブロックチェーンクラスタをセル/細胞と考えます。 特定の細胞(クラスタ)内に十分な数のノードが存在する場合に、細胞分裂を誘導することができます。 例えば、クラスのノード間で毎秒1,000トランザクションの場合、細胞分裂が誘導されると、取引レートは2倍になって1秒あたり2,000回の取引になります。同様に、十分なノードがあれば細胞分裂を続けることができ、制限速度なしに直線的に増加させることができます。 さらに1つ1つのセルは、他のセルと完全に隔離されているため、継続的な細胞分裂に伴うパフォーマンス上のペナルティまたはオーバーヘッドは無くなります。 このノードクラスタの分離は、高スループットシステムを構築するための基本原則の1つです。 この分離にの特性より、並列性と並行性がもたらされますが、オーバーヘッドを抑制するパフォーマンスはありません。 クラウドの原則に基づいて設計され、管理され監視されたDockerコンテナを使用することで、プラットフォームは自律的に水平にスケーリングされ、ユーザーやデバイスからの無制限のスループットをサポートします。 エンタープライズグレードのセキュリティ プラットフォームのコアセキュリティは、すべての相互作用とOAUTH 2.0の認証の間にAES 256ビットの暗号化を実装して、ソフトウェア設計やアーキテクチャー意識の必要性に関わらずエンタープライズグレードのソフトウェアを生成します。 そのほかにも以下の侵入を検出するセキュリティ層があります。 コードインジェクション、スレッドハイジャック、メモリ改ざんなどの不正操作を検出するSparkster 分散型マイニングアプリ 一度検出されると、Sparksterネットワークへのアクセスキーとともに、すべてのクライアントデータがメモリから即座に削除されます。 マルチチェーン相互運用性 マルチチェーンもサポートします。 Sparksterプラットフォームで設計されたソフトウェアは、今日のEthereumおよびIOTAとネイティブに相互作用できます。将来的には、NEO、Cardano、Stellerなどの新興通貨をサポートします。 透明的なアーキテクチャ Sparkster分散クラウドは、すべての配管を抽象化して、達成したいことだけに集中し、最も理にかなった環境を選択する柔軟性を提供します。 Sparkster Platformによって生成されるソフトウェアは、アーキテクチャ上独立しているため、Sparksterプラットフォームで生成されたソフトウェアは、Sparkster分散クラウドのアーキテクチャと互換性があります。クライアントはソフトウェアをどこで実行するかを選択します。しかし、長期的には、Sparkster分散クラウドはSparkster Platformよりも実行環境としてはるかに安いことが証明されます。 視覚的な設計、簡単な英語定義と配置 既存の手作業または紙ベースのプロセスや厄介なスプレッドシートを、数カ月ではなく数分で社内で構築できるカスタムソフトウェアアプリケーションに置き換えることができます。 アプリケーションを視覚的に設計でき、すべてのビジネスロジックを簡単な英語で定義できます。 また、単一のボタンをクリックするだけで配置を行うことができます。 ビジネスプロセスを改善する力とツールを提供し、組織に有意義なプラスのインパクトをもたらします。 自動化 ペーパーレスでGoogleのプラットフォームを使用して、最も平凡なタスク用のアプリケーションを数分で構築できます。コードを作成する必要はありません。ただドラッグアンドドロップするだけで、あなたの予定リストが完全に変換されます。 これは2018年ないに行われ、Sparksterは、日々のプロセスを合理化し、自動化し、より大きな画像の開発を可能にします。不必要な書類は30分以内に永久に排除できます。購入注文は簡単に行えます。   トークン経済 トークン 様々なメリットをもたらします。 企業はSPARKトークンを使用して取引を行い、鉱夫はSPARKトークンと引き換えに自社のデバイスをSparkster分散クラウドのリソースとして利用できるようにします。 Sparkster Platformで生成されるソフトウェアは、大量の分散アプリケーション向けに特別に設計されています。水平方向にスケーラブルで、ストリーミングパイプラインを実装するプラットフォームは、IOTおよびAI環境の激しい要求をサポートするように設計されています。 ビジネスモデル-2つの大きな視点 当社は、成長の可能性の評価とそのような垂直市場がコミュニティに貢献する可能性のある価値に基づいて、特定の垂直市場向けのターゲットを絞ったソリューションを開発しています。 以下の2つの垂直市場です: IOT(Internet of...

Essentiaの開発計画について

  Essentiaの技術ロードマップと進捗状況(執筆時点) ロードマップでは、2018年第1四半期から2020年までのEssentiaの開発について概説しました。 簡素化のため、すべての変更と計画は、ソフトウェア(SW)開発、ハードウェア(HW)開発、およびパブリック(PUB)の3つの部分に分かれています。 詳しくは白書をご覧ください。 現在完了している開発は以下です。 フレームワークの基本要素(実装済み) Essentia製品のログインページのデモが公開されました。今すぐ簡単な登録プロセスを経て、ウェブサイト上であなた自身のためにフレームワークを試すことができます。 Essentiaデモの登録プロセスは、より迅速かつ便利になり、登録時にすぐにシードとキーストアファイルを保存する必要はなく、後で設定を行うことができます。 実装済みのツールは以下です。 シード ○  ストレージ ○  dApps △ eLogin ○  Etherdelta ○  サポートフォーム ○  ガイドライン ○ 自動ログアウト ○   ウォレット 財布は実装されており、通貨は以下の12の通貨に対応しています。 タイプ ERC20 サポート通貨 BTC ETH BCH LTC NEO Aragon FlypMe Misterium Status EOS Tron Golem Tether  コールド財布  ○  QRコード  ○  オフラインアクセス  ○  ハードウェアアクセス  ○   ユーザーのセキュリティへのコミットメントに合わせて、Essentiaのコールドウォレットも実装しました。これから、ユーザーはフレームワークの機能をオフラインモードで使用することができます。 オフラインで作成したトランザクションは、ファイルとして保存されます。後で、この取引は任意のデバイスからいつでも便利にいつでも開始することができます。また、ウォレットがサポートする通貨の一覧を引き続き拡大しています。 フレームワークへのアクセス方法としてはいかが追加済みです。 ハードウォレットによるアクセス(Digital、Bitbox、Trezor、レジャーnano) JAXX、Trezor、MetaMask、Exodus、imTokenなどの他のウォレット MyEtherWalletへのアクセス(ESSトークンを使用) 秘密鍵を紛失した場合(または盗まれた場合や盗難された場合)、ETHへのアクセスのみが失われ、残りのコインは安全のままになります。 Essentiaでは、ユーザーのセキュリティを向上させるという目的をさらに高めるために、ハードウェア財布を使用して当社のフレームワークにログインすることが可能になったことを報告しています。 ストレージ(セキュリティ層の追加) ストレージ実装済み Storj IPFS Siacoin アップロード/ダウンロード ○ 自動保存 ○ ドラッグ&ドロップ機能 ○ 追加の設定ファイルストレージとしてStorJ、IPFS、Siacoinを実装し、Essentiaに別のセキュリティ層を追加しました。 また、統合されたストレージに異なるファイルタイプをアップロード/ダウンロードすることも可能にしました。比較として、このアップデートの前にユーザーはテキスト文書のみをアップロードすることができました。 設定ファイルの保存構造を変更しました。現時点では、ユーザーが設定を変更したり、ランチパッドからdAppを追加または削除したりするたびに、これは自動的に設定ファイルに保存されます。サイズ制限が増えたため、ユーザーは大きなファイルをストレージにアップロードすることができます。 ユーザーの利便性を考慮して、ストレージのドラッグ&ドロップ機能を追加しました。効率性と利便性が向上し、以前よりも簡単にファイルをアップロードできます。   dApps 現在9つのツールに対応しています。 eLoginの基本バージョンが実装されました。これは、crypto-signを使用してすべての統合dAppに認可を付与する手段です。6種類のアクセスが可能です。   実装済みdApps  9つ eLogin 基本バージョン Aragon、IOTA、OmiseGo、Status、NEO、Ethereum     ウェブサイト 多言語 ✔ ホワイトリスト ✔ KYC ✔ トークン購入ポータル ✔   多言語に関しては英語と韓国語が利用可能でほかの言語も追加されます。 トークン購入およびホワイトリストに関してはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/essentia-register 開発中のモジュール構造について Essentiaは多数のモジュール構造を備えたフレームワークです。以下簡単に説明します。(かなりありますので暇な時間にでも読んでください) ESS-BASE ESS-COREに接続してRoot-IDを作成/管理/復元/使用する機能 ESS-CORE ESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュール ESS-HOME ESS-BASEとCORE機能を、他のすべてのモジュールとコンポーネントに接続するメインモジュール ESS-PAY 暗号化ウォレットへのアクセスを管理するためのモジュール ESS-Auth/Groups IDおよび制御された、または参加している(複数の)グループに関連付けられている認証の作成/編集/削除を管理するモジュール。 ESS-FUEL システム内のESSトークン・レイヤーを処理するモジュール ESS-Talk/Docs/Stamp 他のIDおよび第三者と交換されたデータ/ドキュメント/メッセージを署名/暗号化/復号化/検証するメッセージング(pgp-style)モジュール ESS-DNS 発見可能/到達可能なIDの公開鍵(ユーザーのアドレスまたはアカウント)をトップレベル/人間が読めるWebドメインまたはブロックチェーンリソースに変換して変換するモジュール ESS-DATA コアデータインフラストラクチャを管理するモジュール ESS-META IDまたはサブIDを追加のメタデータレイヤーに接続するモジュール。 ESS-PingPong 限られたデータ/帯域幅で簡単なデータ通信プロトコルを運ぶモジュール。 ESS-Bridge 分権化されたリソースと従来の集中リソースの両方をEssentiaと接続するオフライン、ハイブリッド、またはオンチェーンのモジュール ESS-CONFIG すべての構成データを処理するモジュール。 ESS-AUTOMATE スタンドアロンまたはコンステレーションのフレームワークのインスタンスの配置、自動化またはオーケストレーションを処理するモジュール。 ESS-ORACLEs Essentia Frameworkの中でオラクルとして機能するモジュール ESS-DEL all-configs、all-media、all-Sub-ID、delete-everything機能やplatform-resetなどのデータの削除/リセットを処理するモジュール ESS-CLOCK ブロックチェーン相対時間を考慮して処理するためのモジュール。 ESS-TOOls Essentia Frameworkとのスムーズな接続と相互作用を可能にするためのモジュール ESS-SYNC ESS-Home / OS、外部サービスなどとのモジュール/ OS /マルチデバイス間のデータの同期を特に管理するモジュール ESS-INIT 構成、データ、ファイルなどの再初期化を担当するモジュール。 ESS-PROC 他のモジュールの状態と健全性をチェックするモジュール ESS-KEYRING s / v / e / d /特定のデータ/ファイルに使用される追加のキーペア(Root-IDによって直接制御され、その拡張キーによって制御される)を格納/管理/アクセス/使用するためのモジュール ESS-dGPS ノードからのデータフローを、分散型リソース(on / cross-chain)に接続して利用できるようにするモジュール ESS-OS-DATA ESS-DATAモジュールで管理/含まれていないデータのモジュール ESS-Crypto ブロックチェーンベースの特定のコード/ソフトウェアをそのサブモジュールで実行できるようにするモジュール。 ESS-NET ESS-Home / OS用の特定のネットワーク層を可能にするモジュール ESS-OS-Config ESS-Configに接続し、ユーザーが希望する構成をESS-OSにデプロイするモジュール ESS-REPO ESS-OSのリポジトリおよびEssentiaプラットフォームの他のコンポーネントとモジュールの更新を管理し、リポジトリを管理するモジュール。 ESS-MAKE/SMITH ESS-OSまたはESS-Moduleのビルドスクリプト/イメージ/ ISO / etcを作成し、最終的にESS-ID、ESS-Config、ESS-DATAに接続することによってユーザー設定に合わせて構成するOS-Makerモジュールその他の関連モジュール   簡単に説明します。 ESS-BASE はいくつかの言語/ライブラリで書かれているので、既存のフレームワークやオペレーティングシステムに適応するために、ブラウザのメモリ内モジュール、専用のハードウェア、アプリケーション、Dappまたはプラグインに適合することができます。ユーザーデータやキーは保存されませんが、ユーザーはESS-COREにロードされて管理されているルートIDとサブIDキーを使用してトップレベルで操作できます。   ESS-COREはESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュールです。 ESS-IDはルート-ID(シード)であり、まったく同じ特性を有するサブIDを/署名/暗号化を検証/データを復号化し、生成/破壊/管理することができます。また、複数署名の作成/管理機能も備えています。 ESS-HOME は信頼できるサードパーティと接続/統合するモジュールをホストします。 ESS-Auth /...

Essentiaのホワイトリスト登録、エアードロップ、KYC/AML手順について

  Essentiaとは? Essentiaは一つのシードによって、集中化リソースを分散化リソースとつなげて、様々な分散型のアクションを可能にする最初のプロトコルです。 詳しくはこちらの記事を参照ください。 https://bab-global.net/ico/essentia Essentiaは、開発、アプリケーションの統合、政府の会議に加えて、新しいメンバーエリアとホワイトリストプロセスを準備しています。 この記事では以下の項目を説明しています。 ホワイトリスと参加方法 エアードロップ参加方法 KYC手順 よくある質問 ホワイトリスト登録方法 Essentiaホワイトリストが正式にEssentia.oneに公開されました。 Essentiaホワイトリストに参加した人だけが、ICO前、および今後のAirdropsに参加することができます。 こちらから公式サイトにアクセスします。 ウェブサイトのボタンをクリックすると、メールを挿入するよう求められます。 既に登録済みの方は、loginをクリックしてメンバーエリアに進んでください。 メールにログインし、確認リンクをクリックしてください。 電子メールには、パスワードが送られます。メンバーエリアにログインするときに使用します。   メンバーエリアとエアードロップについて 続いてメンバーエリアについてです。 このエリアは以下の項目を含みます。 ICOのカウントダウン あなたのEthereumアドレス 行うべき課題(エアードロップのため) 紹介リンク エアードロップには3つの簡単なタスクを完了する必要があります(これにより、Airdropに参加し、無料のESSトークンを取得することもできます)。 1まずはホワイトリストに参加します。 これを行うには、あなたのEthereumアドレスを追加する必要があります。 あなたのEthereumアドレスとあなたが投資するETHの金額を入力してください。最小値は0.1ETHです。 注:このアドレスは、ICOが始まる1週間前に変更することができます。その後、スマート契約で修正されます。 2.次のステップは、Essentiaのテレグラムチャンネルに参加することです。 テレグラムに参加します。 ことタスクを完了するには、プロジェクトについてのいくつかの言葉を書くことが必要です。 参加した後、サイトに戻って「続ける」をクリックしてください。その後、タスクを完了することができます。 最後に行うことは、ESSトークンを取得することです。 ICOが終了した直後にあなたに送付されます。 3.これは完全に検証されたときのあなたのメンバーエリアの様子です。これで、すべてのタスクがアクティブになっていることがわかります。 4.タスクの中で、 "Join Newsletter"を見つけることもできます。最新ニュースはこちらから受け取れます。 紹介プログラムについて また、メンバーエリアでも参照できる紹介プログラムがあります。 Read Moreをクリックすると、一連のルールが表示されます。誤解を避けるために全て読むことを推奨します。  ホワイトリスト作成プロセスが終了したら、次のステップはKYC / AMLプロセスです。 次に説明します。 KYC/AML手順   Essentiaチームは、KYC / AML手順を開始したことを発表しています。このステップは、今後のクラウドセールに貢献したい場合には非常に重要です。手続きは簡単で時間がかからず、これはWeb 3.0革命のチケットになります! すべてがスムーズに進むように、KYC / AML検証の完了方法に関する簡潔なガイドを用意しました。 注:自身の書式を提出するチャンスがありますが、身分証明書が失効した場合は、手続きを経て行くことができません。提出する前に、情報を確認してください。 1.最初のステップは、当社ウェブサイトのメンバーエリアにログインすることです。一度これを行うと、右上に小さな通知が表示されます。開始しましょう。 (メンバーエリアの仕組みがわからない場合は、ホワイトリストとメンバーエリアのガイドをご覧ください) 2.開始をクリックします。 このポップアップが表示されます。あなたのEthereumアドレスを入力し、あなたが貢献したいETHの量を選択し、免責事項を読んだことを確認するボックスにチェックを入れるのを忘れないでください。 3.貢献するために10未満のETHを選択したならば、マネーロンダリングのフォームを記入してください- 何も複雑ではなく、メール、名前、生年月日だけです。 注:名と姓を入力してください。ミドルネームをお持ちの場合は、姓と一緒にスペースで区切って入力してください。 4.あなたの貢献として10-100 ETHを選択した場合、最初に米国市民に関するいくつかの質問に答える必要があります(アメリカと中国の市民は残念ながら法的制限のために集団に参加できません)。   次に、個人情報を入力します。 注:メンバーエリアでMALEを選択した場合は、あなたの性別があなたのKYCフォームで同じ性別を選択していることを確認してください。入力した情報が正しい場合は、常に2回点検してください。 今すぐ行う必要があるのは、あなたの文書をアップロードしてあなたの身元を確認することだけです。   使用する文書を選択します。 この時点から、どのようなオプションを選択しても手順は同じ方法になります。まず、文書のスキャンをアップロードするか、すぐに文書を撮る必要があります。受け入れられる可能性がより高いので、ラテン文字で情報を含む文書を使用することをお勧めします。アップロードした文書がサポートされていることを確認してください。 注:文書の情報がはっきりと表示されることを確認してください。写真よりもスキャンを使うほうが常に良いです。フォームが正しく処理されていることを確認するには、文書をアップロードするか、写真を撮って、一度にあなたの個人情報を記入してください。 それから、素早くセルフ写真をアップロードしてください。 注:不必要な詳細がなく、グループの写真をアップロードしないでください。できるだけ明確にし、あなたの顔に集中してください。 これで、あなたのKYCの手順は完了です! 5. 100以上のETHを投資する場合、身元確認手続きはもう少し広範囲になります。まず、このガイドの前の段階からすべての手順を完了する必要があります。次に、個人またはビジネスとして検証を継続するかどうかを選択します。 これを実行すると、次のフォームが表示されます。あなたが以前に選択したオプションに応じて、それらは異なります。私的なものとして、またはビジネスとして(すぐには表示されない場合は、少し待ってから、情報が処理されています)。 将来の不便や誤解を避けるため、すべてのルールと免責事項をお読みください。 6.このポップアップが表示されたら、手順は完了したとみなされます。 申請書を提出したら、メンバーエリアに戻り、KYC手続きのステータスを確認することができます。また、提供した情報を変更することもできますが、時間の制限に注意してください。 よくある質問 よくある質問をのせておきます。 Essentiaとは何ですか? Essentiaは、世界中のすべてのデバイスからアクセス可能なオン・チェーン機能を備えたオペレーティング・システムを作成することにより、ユーザーがデジタル分散IDとデータを操作できる信頼できないモジュール式フレームワークです。 データ、ID、情報、プライバシー、および資産の完全な管理と所有権をユーザーに与え、世界中のあらゆるデバイス、dApp、ブロックチェーン、およびユーザーが分散して管理したい第三者サービスに適用できます。 EssentiaはCivic、The Key、SelfKey、Remme、uPortとどう違うのですか? Essentia Identitiesには、一元化されたアプリ、電子メール、または電話番号は必要ありません。言及された例はする。 Essentiaでは、認証に対応するメッセージに署名して確認するだけで、どのデバイス、UI、コマンドラインからでも使用できます。言及された例でそれをすることはできません。 なぜEssentiaが作成されたのですか? Essentiaはどのような問題を解決しますか? 今日、ユーザーのデータ、習慣、個人情報、場所、社会的関係、財務の詳細などは、サービスプロバイダーにとっても悪い俳優にとっても最高の価値を提供します。機械は人間についてもっと学んでおり、すぐに人間は機械の道具になります。 ユーザーが視覚障害を持たず、コンパスを持たないような泥沼では、利用可能なテクノロジーやITソリューションとの相互作用に直接的/間接的に関係する無数のリスクにさらされています。 Essentiaを使用すると、ユーザーは自分のポケットにこのツールを使用して、分散リソースとのやりとりを行い、伝統的なリソースとのやりとりを行い、アイデンティティー、デジタルライフ、個人データを完全かつ排他的に管理できます。 トークンの用途について教えてください。 トークンの用途はリソース割り当てを伴うマスターネットノード 迷惑メール対策/不正行為/セキュリティ 内部および外部のサービスまたはリソースに対する報酬 汎用交換 分散ガバナンス 評判 インセンティブ化 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 モジュール構造について教えてください。 白書をご覧ください。 取引所のリストや上場日時はいつですか? 現時点ではお答えできません。 ご不明な点がございましたら、テレグラムや他のソーシャルメディアチャンネルを介していつでもご連絡いただけます。 関連リンク Official site Whitepaper  Twitter facebook telegram bitcointalk medium

【ICOレビュー】Essentiaー集中化リソースと分散化リソースをつなげて、相互運用性を生み出す次世代のブロックチェーンデータプロトコル

  Essentiaプロジェクトの概要 Essentia(エッセンシア)は、集中化リソースと分散化リソースをつなげて、相互運用性を生み出す次世代のデータプロトコルです。 このプロジェクトは一つのシードで、分散化されたさまざまなアクションを可能にする最初のプロジェクトであり、データ管理、ID認証、DAppsなどさまざまな分散化に役立ちます。 プロジェクト名 Essentia トークンシンボル ESS プラットフォーム イーサリアム 分野 データ、情報、ID、資産管理、DApps、OS 技術  ブロックチェーン 創業者・国 Essentia One SA  rue du Rhône 114  1204 Genève  Switzerland 主なパートナー Akasha ORCA Uunio 公式リンク Official site Whitepaper  Twitter facebook telegram bitcointalk medium   背景  近年、サービスやアイデアは、迅速かつ継続的に開発されています。 ユーザーは以前より多くの選択肢が提示されると同時に、プライバシー、セキュリティ、および個人データの使用を犠牲にする必要があります。 そのため多くの場合は、ユーザーとそのデータは恩恵を受けるべき製品とみなされるべきです。 しかしながら現状は、ユーザーは、データやソフトウェア環境のセキュリティを第三者や仲介業者に信頼することに依存しており、個人データのインセンティブ化もありません。 ブロックチェーンがこれを改善します。 Essentiaのような分散したソリューションや仲介なしのサービスやツールは、ユーザーが自由やプライバシー、そしてIDやデータを含むデジタルの「生命体」を構成するものを制御できるようにするために非常に重要です。 ビジョン Essentiaは、ユーザー、分散型サービスプロバイダー、およびそのテクノロジーに対する完全なソリューションを提供します。  その主な目的は、オンチェーンまたはオフチェーンのシステム、サービス、またはリソースとシームレスに統合された分散ソリューションのツールセットをユーザーに提供することです。 Essentiaは、最先端でユーザーフレンドリーなフレームワークを開発することで、ユーザーのプライバシー、ニーズ、セキュリティを保護します。  Point Essentiaは、集中化されたリソースと分散化されたリソースを結びつける、強力な相互作用と経験を生み出すプロジェクト ウェブ2.0から3.0へのパラダイムシフトを起こす次世代の相互運用性を兼ね備える 今後、さまざまなプロジェクトがEssentiaプラットフォームと統合される予定   プラットフォームと技術特徴 まずは、プラットフォームの特徴を簡単に説明します。 モジュール式である Essentiaはインフラストラクチャの展開、拡張、構成が可能なモジュラーアーキテクチャで構築されています。   Essentiaのフレームワークは、あなたの分散化人生に適応するように拡張されており、dApp、プラットフォーム、およびウォレットをボタン一つを押すだけで追加できます。 このフレームワークは、ユーザーに対して完全かつ細かいコントロールを提供し、匿名で、偽の匿名で、または公的に行動することを可能にします。 ユーザーは、データの一部または全部をいつ、どこで、どのように共有するかを決めることができます。   IDシステムとその接続されたデータとメタデータのツールやサービス以外にも、Essentiaはすべての主要なOSとハードウェア上で実行可能な安全で信頼できる分散型ソフトウェア環境ソリューションを提供しています。   Essentiaフレームワークは、任意のデスクトップ、サーバー、専用マシン上のブラウザ、モバイルプラットフォーム、オペレーティングシステムにブートストラップまたはデプロイできます。 最終的に分散コンピューティングを活用しながら仮想化することができます。   スケーラブルである スループットが高いため、Essentiaは何百万人ものユーザーを同時にサポートできます。 とありますが、どの程度のスケーラビリティを実現できるのかは現段階では不明です。   信頼性を必要としない Essentiaは、そのコードが監査され、コミュニティでレビューされ、堅固な暗号基盤だけでなく、トップ層のブロックチェーン技術、ソリューション、およびリソースで構築されているため、Secureです。 EIP、BIP、その他の業界標準、推奨事項、ベストプラクティスおよびプロトコルを実装および適用します。   完全なデータ所有権 データは財産であり、デジタルアイデンティティを自由にコントロールできる必要があります。 ESS-ID(シード)で有効な署名、検証、暗号化、および復号化操作を暗号的に実行できる唯一のエンティティであることにより、ユーザーは自分の好みの方法で自分のデジタル所有物を自由に処分できます。ユーザーは、特定の第三者のリソースやサービスと具体的にやりとりする方法を自由に決めることができます。   マルチチェーンマルチデバイス Essentiaは、ビットコイン、イーサリアムなど、さまざまなブロックチェーンをサポートしています。 それは、任意のデバイス、IOTまたはCLIで動作することができます。 また、ハイブリッドソリューションも予定しているようです。   Essentiaは、完全に分散されたフレームワークに向かって進化する一方で、スマートコントラクトと他のオンチェーンコンポーネントを統合するハイブリッドソリューションも実装しています。彼らはブリッジやモジュールとして動作し、オン/オフチェーンのイベントや操作を実行します。   ユーザーエクスペリエンス 信頼性が高く、安全で、ユーザー/開発者に優しい操作およびデータ環境であり、ユーザーが高度にカスタマイズすることができます。 ユーザーは、ウォレット、支払い、資金の取引、開発、管理、ネットワークへの寄付、プライバシーの維持、サブID、ユーザーデータ、権限またはアカウントの管理、ログインなどの目的でESS-Home / OSを使用することができます。 ESS-Home / OSのデータは、分散ストレージとリポジトリで利用でき、どこからでもダウンロードして展開できます。ユーザーは、USBデバイス上のライブバージョンで独自のパーソナルオペレーティングデータ環境設定を使用することもできます。これらは、ほとんどのマシンで実行することができ、専用のシステムやデバイスにインストールすることもできます。     サードパーティとの統合 ESS-HomeとESS-OSは、モジュールを通じて、特定の信頼できるサードパーティのサービスとDappsを統合することができます。これらは、既に統合されたEssentia Dapp-Store、DEX(Essentia Distributed Exchange)、ID、Authorizations(Auths)、ウォレットまたはユーザー空間システムを管理するモジュールに加えてあります。 ユーザーは、Dappsをブラウズして対話したり、ウォレットを使用および管理したり、ブロックチェーン上のすべての利用可能なサービスと相互接続することができます。   ユーザーフレンドリー シンプルなクリックでEssentiaフレームワーク内で起動されます。ユーザは、どこからでも、あらゆる種類のホストマシンやシステム、仮想化された環境からでも、独自のカスタム分散フレームワークを常にロードして使用できるように、シードを必要としています。 Essentia Platformとそのリソースは、ブロックチェーン技術をベースにしています。データとコードは分散ストレージを通じて利用可能であり、ユーザーはどこからでもアクセスでき、同時に好みの場所に物理的に格納してバックアップすることができます。 ユーザーは、自分自身のESS-ID(シード)を所有して管理することにより、デジタル所有物にアクセスまたは処分する際に、仲介者および第三者に関心を持たせたり、対話する必要はありません。   安全なシード管理 シードは、専用のサムサイズのハードウェアデバイスであるEssentia Keywareにも格納して使用することができ、ソフトウェアリスク、外部環境リスク、悪いアクターから分離します。 したがって、より安全な設定を得るために、オプションで、ハードウェア層上のフレームワークのカーネル(種)を分離することができます。 同時に、Essentia Senseペリフェラルを介して拡張され、実世界の入力/出力と相互作用し、それらをオンチェーンとクロスチェインに接続できる専用ハードウェアデバイスであるEssentia...

QuarkChain vs Ziliqa-シャーディングによるブロックチェーンサービスの比較

  シャーディング技術によるスケーラビリティ改善のためのブロックチェーンサービス まず、シャーティング技術について簡単に説明しておきたいと思います。 スケーラビリティは既存のパブリックブロックチェーンが直面している最大の課題の一つです。スケーラビリティがないと、現実的なdApp(分散型アプリケーション)を想像するのが特に難しく、スケーラビリティを解決するには様々な対策があるのですが、シャーディングは強力な解決法と言われています。 シャーディングは、ネットワークシャーディング(network sharding)、トランザクションシャーディング(transaction sharding)、コンピュテーショナルシャーディング(computational sharding)など様々な形があり、そのなかで最も重要とされているのが、ネットワークシャーディングです。 ネットワークシャーディングはスケーラビリティ改善の秘策です。 ネットワークをシャードと呼ばれる小さなグループのノードに分割するメカニズムです。簡単に言えば、1000ノードのネットワークを想像してから、ネットワークを100ノードで構成された10個のシャードに分けることができます。 例えば、Zilliqの場合は、自動的に100個のノードを持つ10個のシャードにネットワークを分割します。現在では、これらの断片はトランザクションを並行して処理できます。 各シャードが毎秒10トランザクションを処理できる場合、すべてのシャードは一緒に100トランザクション/秒を処理できます。 断片化されたアーキテクチャのためにトランザクションを並行して処理できるため、スループットはネットワークのサイズとともに直線的に増加することになります。 このシャーディングの考え方は新しいものではなく、パフォーマンス、スケーラビリティ、I / O帯域幅を向上させるためにデータベースの分野では採用されています。 Zilliqa について Zilliqaは、無許可のオープンでオープンなネットワークを安全に拡張するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームです。 Zilliqaをスケーラブルにする中心的な機能は、ネットワークを複数の小さなコンポーネントネットワーク(シャードと呼ばれる)に分割して、並列にトランザクションを処理できることです。 Zilliqaチームは2015年に論文のシャーディング理論を提案し、以来このプロトコルは研究、洗練され、積極的に開発されてきました。 シャーディングに関するチームの作業のおかげで、鉱業ネットワークが拡大するにつれ、トークンの取引レートは増加します。 Zilliqaは、VISAやMasterCardなどの従来の集中決済方式に匹敵することを目指しています。 実際、10,000ノードのネットワーク・サイズで、Zilliqaは、VISAとMasterCardのスループットと同等のスループットを商人にとってはるかに低い料金で実現します。 QuarkChain について   Quarkchainはスケーラビリティ改善のための新たなブロックチェーンソリューションです。イーサリアムでも取り組まれているシャーディング技術を基本にして、二層レイヤー、クロスシャード、共同マイニングなどによって1秒間に数百万回の取引を目指しています。 同社は中国チームであり、既存のシャーディングプロジェクトのZiliqaに匹敵する結果をテストネットで証明しました。トークン販売は6月から開催される予定です。 Point QuarkChainとZilliqaはテストネットでシャーディングを実装している数少ないのプロジェクトです。   私はいくつかの重要項目で比較してみました。 ICOステータス プロジェクト内容 技術ロードマップ ICOステータスの比較   Zilliqa QuarkChain サービス ブロックチェーンサービス (シャーディング) ブロックチェーンサービス (クロスシャード) ICO価格 0.0038USD 0.0214USD 総供給量 126億枚 100億枚 キャップ制限 個人キャップ2-5ETH 不明 ホワイトリスト登録 ホワイトリストあり あり エアードロップ バウンティあり あり 取引先 Binance Huobi OKEx Kucoin  未定 時価総額 23位  不明 コミュニティ twitter:36897 telegram:28521    twitter:14031 telegram:83237 ICOdrops VeryHighInterest VeryHighInterest   Ziliqaは発行枚数に対してトークン単価が非常に安いのが印象的でした。個人キャップ制限は、中国、日本人、アメリカ人は参加できませんでしたので、稀少性は高かったです。 バウンティサポートでトークンを入手できました。 このような希少性から、Zilトークンの価格は、公開後初期に一気に跳ね上がり初日で15倍をマークしました。その後、Huobiに上場後は下げましたがBinance OKExにも上場し、確実に取引量を増やしてランキング23位まできています。     循環量は72.86億枚程度で時価総額1400億円です。 QuarkChainは、ホワイトリスト登録の難易度が高く、誰でも参加できるわけではありませんので、同様にトークンの稀少性が高いです。 トークン単価は、比較的安く、バウンティやサポートでエアードロもあります。 2千万ドルのハードキャップは、最も類似したプロジェクトであり、現時点ではまだ過小評価されているZilliqaの時価総額のわずか2.8%に相当します。 プロジェクト内容の比較   Ziliqa QuarkChain  チーム シンガポール 中国 パートナー BitcoinSuisse DHVC FBGcapital Metachain NODEcapital ONe Block PolychainCapital TALENTA KeneticCapital mopheusLabs SegmentFault アルゴリズム PoW&PBFT Asic耐性PoW ノード作成方法 DSCノード  マイナーとルートブロックチェーン シャードサイズ 最小600  不明 マイニング あり あり スーパーノード   あり クロスチェーン取引 なし あり   技術的なソリューションに関しては、どちらもシャーディングを取り入れてますのでらその問題点を克服する必要があります。 シビル攻撃の対策 問題:パブリックブロックチェーンの場合、インターネット上なら誰でもアクセスできるため、悪意のユーザーは、複数のノードを利用して、ノードの同意を求めるコンセンサスの環境下で、投票の多数を得ること(シビル攻撃)を図ることができ、問題となります。 通常PoWではセキュリティを維持しながらシャード作成は困難です。そのためあらかじめ有効なバリデータが把握できるPoSが採用されます。 Ziliqaの解決策:PoWとPBFT Zilliqaはプルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work)を利用しており、Zilliqaのネットワークに参加するにはPoWを行う必要があります。それから、ネットワークの既存ノードがそれを確認してから初めて、ネットワークに新しいノードの参加が認められる仕組みです。 さらにPBFTを用いることで、多大な計算量を使う作業ではないため、マイナーにとってエネルギーの負担は比較的に低くなります。 PBFTについて PBFT(プラクティカルビザンチンフォールストレランス)アルゴリズムは分散システムの解決策であり、ノードの一部が停止しても問題なく合祀形成できる仕組みのこと   NEOノードの記事も参考になります。 Zilliqaでは、PoWでノードの正体が一旦判明できたら、複数のブロックを連続でPBFTを起動してコンセンサスを求めることができます。 PBFTを利用することで、マイナー全員にインセンティブを与えることができるメリットがあり、PBFTのコンセンサスでは、マイナー全員が一つの記録に対して賛否をメッセージ認証で示さなければならなくて、共同の決断が必要とする。 一方、ビットコインの場合は非常に難解な問題を一番早く解決することを全員のマイナーが競い合い、問題を解決した者のみ報酬を手にすることができる(勝者総取りの原則)。 PBFTを利用する場合、コンセンサスでたどり着いた結果は「ファイナリティ」(finality)と呼ばれます。 ブロックチェーン上で、次のブロックが生成される瞬間、すでに完了状態が明確です。 これに対し、ビットコインで使われているナカモトコンセンサスは、ブロックが記録された時点では、完了状態が「確率的」に証明されているだけで、さらに1時間をかけて6段階の承認が必要となり、トランザクションに時間がかかります。   QuarkChain の解決策:Powと二層レイヤー 通常PoWではセキュリティを維持しながらシャード作成は困難です。 QuarkChain の場合は、シャードに報酬の仕組みがあり、市場主導の共同鉱業による保証されたセキュリティがあります。 すべてのトランザクションのセキュリティを保証するため、ゲーム理論上のフレームワークはインセンティブのために設計されており、ハッシュ・パワー全体の少なくとも50%がルート・チェーンに割り当てられます。 QuarkChainは、ASIC耐性PoWを使用するハイブリッドのProof-of-Work(PoW)ブロックチェーンです。ルートチェーンは、フォークに対処するための「ルートチェーンの最初の」コンセンサスに従って、各シャードされたブロックチェーンがPoW経由でコンセンサスに達します。 2層システムのため、アドバイザーは、シャードされたブロックチェーンレベルで行われたトランザクションを元に戻す前に、第2層のルート+チェーン上のトランザクションを最初に元に戻す必要があります。 マイニング難易度アルゴリズムは、ハッシュパワーがシャードされたマイナーブロックチェーンとルートブロックチェーンに均等に分散されるように設計されています。 QuarkChainのマイニング難易度アルゴリズムは、常にルートブロックチェーンに割り振られた合計ハッシュパワーの50%以上が存在するように設計され、残りの50%は、シャードされたブロックチェーン間で均等に分散されます。 QuarkChainを攻撃しようとする悪意のあるユーザーは、ネットワークの総ハッシュパワーの少なくとも25%を必要とします。これはBitcoinに必要な51%未満です。 2. シャードの作成 問題:例えば、1,000ノードのネットワークがあるとして、それを10シャードに分割するなら、どのノードをどのシャードに割り振るかも問題となります。これは、悪意のノードがすべて一つのシャードに集めたら、ネットワーク全体の安全性が損なわれるためです。 解決策:Zilliqaではまず、DS コミッティー (Directory Service Committee)という専用ノード群を選出し、これはPoWを通して行われる。コミッティーは一定の間隔で、一つのメンバーを除去し、新しいメンバーを組み入れ、この入れ替えの順番は、一番最初にコミッティーに入ったメンバーから、先入れ先出しの順番で行われます。 DSコミッティーが新しいメンバーとして組み入れるのは、多大な計算量を要する問題(プルーフ・オブ・ワーク)を最初に解いたノードで、メンバーが選定されたら、シャーディングのプロセスを起動します。 ここで、ネットワークに参加しているすべてのノードがもう一回プルーフ・オブ・ワーク作業をしなければならない。コミッティーは、提出されたプルーフ・オブ・ワークのデータを承認することによって、各ノードをどのシャードに割り振るかを決めます。 3. シャードのサイズ 問題:シャードのサイズ(中に入っているノードの数)が小さすぎたら、悪意のノードがシャードをコントロールしやすくなる。 解決策:各シャードの中に、いくつのノードを入れるべきかも重要な問題である。仮に100ノードが入っているシャードがあるとしたら、そのなかの3分の1が悪意のノードである確率はおおよそ0.04である。この確率はシャードのサイズが増えれば増えるほど、小さくなる。一つのシャードに600ノードが入った場合は、悪意のノードが全体の3分の1以上を占める確率は百万に一つまで下がる。そのため、Zilliqaはシャードのサイズの最小限を600ノードにしている。 3分の1が悪意のノードである確率。600ノードが一つのシャードに入った場合は、悪意のノードが全体の3分の1以上を占める確率は百万に一つまで下がる。 一方でQuarkChain では以下のような分析がしてあります。 CPUについて 1)CPU:CPUを消費する部分はトランザクションの検証です。私たちの実験によれば、シングルコアでは数秒間に数千回のトランザクション(たとえばAWS EC2 c5インスタンス)を検証でき、シャーディングによってコア数が増加するとQuarkChainの容量はほぼ直線的に拡大する可能性があります(AWS EC2 c5インスタンスは最大72xコア)。さらに、既存の研究によると、GPU最適化では、GPUによる暗号操作はCPUの暗号操作より5倍以上速くなる可能性があります。...

Quarkchainが投資対象になるいくつかの理由

    今回の記事では、QuarkChainが投資対象になりうるいくつかの理由についてまとめました。 ※短期的な投機的な意味合いも含みます。 業界には不可欠でわかりやすいソリューション プロジェクトの視点は、スケーラビリティの問題です。 分散化、セキュリティ、スケーラビリティを維持しながら新しいブロックチェーンの形を実現するというビジョンがあります。 特にブロックチェーンサービス系のICOは、比較的ROIも高い印象です。 ICOdropsのHigh評価のプロジェクトのうち、がブロックチェーンサービスでした。 そして、ブロックチェーンサービスプロジェクトの平均的なROIは、3.956倍でした。(79のプロジェクトで総計312.52ポイント) さらにそのうち、二つのプロジェクトは、数十倍になっています。シャーディング技術やオフチェーンソリューションのプロジェクトです。 Ziliqa Ontology QuarkChain も新たなブロックチェーンサービスプロジェクトですので、こうしたから期待値は高いと言えます。   現状は、スケーラビリティに関して突出した競合プロジェクトが少ない 既存のスケーラビリティ改善プロジェクトに加えてこの手のタイプのプロジェクトも増えてきており、競合も激しくなってきてますが、まだ一つも確立されたものがないこともメリットです。 取引所や予測市場のような他の金融プラットフォームでは、毎秒100,000件以上の取引を処理できる必要があります。複数の大規模アプリケーションを処理するには、適切なプラットフォームが、1秒あたり少なくとも100万件のトランザクションを処理できる必要があります 現状は以下です。 ビットコイン   4-7tps イーサリアム   10-15tps Hyperledger 1000tps VISA             45000tps Alipay           256000tps スケーラビリティ改善のためにビットコインはライトニングネットワーク、イーサリアムはシャーディング技術に現在取り組んでいます。 シャーディングを簡単に説明すると、ブロックチェーン・ネットワークを「シャード(Shard)」と呼ばれる複数のグループに分割することで、取引やスマートコントラクトの処理能力の向上を図るソリューションです。 イーサリアムのシャーディングは現在第一段階が公開されており、2019年中頃に向けて第二、第3段階へと続きます。これは、数年はかかります。 さらにPoWからPoSへの移行や、プラズマ、キャスパーなどのソリューションも並行して行われます。 ビットコインのスケーラビリティ改善のためのソリューションとしてのライトニングネットワークは、ライトニング・ネットワークをビットコインのメインネットで実装した「lnd 0.4beta」をリリースしたことでさらに期待が高まっています。しかしこれもあと数年は必要でしょう。 QuarkChainは高いスケーラビリティをサポートしていますが、オフチェーントランザクションに対応することもできます。アプリケーションによっては、オンチェーン処理とオフチェーン処理の両方を必要とするものがあります。たとえば、一部のトランザクションは外部データにアクセスする必要があります(ブロックチェーン上ではありません)。 QuarkChainの2層シャーディング構造により、このチェーンとオフチェーンの取り扱いが非常に柔軟になります。これにより、より多くの機会とアプリケーションが開かれます。 さらにEthereum仮想マシン(EVM)を介してスマート契約をサポートします。 EVMはスマートな契約の最も広く使用される実行エンジンです。 EVMの上に構築された既存のdAppのほとんどは、QuarkChainプラットフォームに直接配備できます。また、QuarkChainの高スケーラビリティ機能を利用するために、連絡先の実行中に他のシャードを介してスマート契約固有のデータを送信するなど、スケーラビリティに対応したインターフェイスを追加します QuarkChain に関しては、どのプロジェクトにもスケーラビリティに関して王座となれるチャンスがあります。 トークンの稀少性が高い ご存知の通り、このプロジェクトのトークン購入難易度は比較的高めです。 まず、KYC審査を通ること 第2に得点性でホワイトリスト参加が決められること 第三に通過してもさらに抽選されること これによって、トークンの稀少性が高まり、コミュニティも大きいため誰しもが手に入れふことができるトークンではありません。 この形式のICOでは、需要が上回る可能性が高いため、トークン上場時に暴騰する確率も上がります。(もちろんその時の相場にもよりますが) 有名な格付けサイトICOdropsでの評価がVeryHigh Interestである 調べましたが、過去にHIGHのプロジェクトのROIは平均的に高くなっており、ほとんどがICO価格より上値で推移しています。 過去には、 EOS  Status Civic 0x Monetha Everex Tron Filecoin Enigma Kyber Icon AirSwap  などのプロジェクトも含まれています。 Very High Interestのプロジェクトの平均的なROIは、ETH換算で×11.03となってます。 執筆時点のROI EOS       ...

【ICOレビュー】QuarkChain-クロスシャード技術により1秒間に数百万回のトランザクションを可能にする高スループットブロックチェーン

  Quarkchainプロジェクトの背景と概要   背景 ブロックチェインの3つの主な課題としては、セキュリティ、分散化、スケールアウトの問題があります。 トランザクションプラットフォームとして、最優先事項は常にセキュリティです。 ブロックチェーンは、名前が示すように、デジタル接続されたブロックのチェーンであり、セキュリティの手段を提供する固有の特性を持っています。 まず、ブロックがリンクされているため、ハッカーは、そのレコードを含むブロックとそれにリンクされているブロックを検出しないように変更する 第2に、ブロックチェーン上のトランザクション/レコードは暗号化によって保護されますネットワーククライアントは、トランザクションに割り当てられた独自の秘密鍵を持ち、署名が無効になり、ピアネットワークは何かが起きたことを知っています。早期通知は、さらなる被害を防ぐために不可欠です。 第3に、ブロックチェーンは分散され、P2Pネットワーク全体に分散され、特定のコンセンサス(例えば、POWまたはPOS)と同期して維持されます。 Powベースのブロックチェーンは、ネットの少なくとも51%のハッシュ・パワーを必要とする任意のトランザクションを元に戻すことができる二重支出攻撃を実行するように働きます。 このような攻撃は、ネットワークの分散化の程度、つまり分散しているブロックチェーンが多くなればなるほど攻撃がより困難になることに大きく依存します。 ブロックチェーンが十分に分散化されていれば、単一のエンティティ(鉱山者または鉱山プールの所有者)には51%以上のハッシュ・パワーに達すると非常にコストがかかりますし、ブロック・チェーンにはセキュリティを提供する固有の特性がありますが、意図、悪意のある攻撃を考慮する必要があります。 ブロックチェーンの最終目標は、セキュリティと分散を適切なレベルで維持しながら、スケーラビリティを可能な限り高くすることです。 ビジョン QuarkChainは、グローバルな商業標準を満たすことを目指す革新的な許可ブロックブロックアーキテクチャです。 QuarkChainの主なアイデアは、数十億のTPSを処理する集中化された世界で強力な大規模分散システムを開発する豊富な経験からインスピレーションを受けています。 ブロックチェーンの技術を適用して、ブロックチェーンのスケーラビリティに関する独自のソリューションを作成しています。このソリューションは、安全性と分散化機能を損なうことなくブロックチェーンのユーザビリティの境界を大幅に拡大することを目指しています。 結果的にはQuarkChainは、分散ソーシャルメディア、高頻度取引、IoT(Internet of Things)、ゲーム、および財政支払いをサポートするシームレスなプラットフォームを構築することを目指しています プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引 以下のような機能に基づき、セキュリティと分散を保証しながらスケーラビリティを向上させるQoE(ユーザーのQoE)に対するシームレスなクロスシャードトランザクションを実現します。 二層ブロックチェーン QuarkChainはブロックチェーンの2つのレイヤーで構成されています。最初のレイヤーとして弾性シャーディングブロック(シャード)を適用し、2番目のレイヤーとしてシャードからのブロックを確認するルートブロックチェーンを適用します。 マイナーブロックチェーンとしてのシャードにはリストが含まれています。各シャードは、すべてのトランザクションのサブセットを独立して処理します。 したがって、シャードの数が増えると、シャードはより多くのトランザクションを同時に処理できます。その結果、シャードの数が増えるにつれてシステム容量が増加します。 そして、シャードされたブロックチェーンからすべてのブロックを確認するルートブロックチェーン(ルートチェーン)があります。 ルートブロックチェーンは、(経済的に効率的ではないため)トランザクションを処理しないが、そのブロックは十分に困難であるため、トランザクション、すなわちルートブロックチェーン内のトランザクションを元に戻すことは経済的に効率的ではない。 QuarkChainネットワークは、アクティブなネットワークで追加のシャードをサポートするように設計されています。より多くの断片を追加することは迅速です。 クロスシャード取引 クロスシャード取引はいつでも発行することができ、数分で確認できます。クロスシャードトランザクションのスループットは、シャードの数が増えるにつれて直線的に増加します。 市場主導型の共同マイニング ハッシュ・パワーがシャード間で均等に分配されるようにインセンティブを与える、インセンティブのためのゲーム理論フレームワークを設計しています。 二重支出攻撃を防ぐために、ルートチェーンに割り当てられたハッシュ・パワーの少なくとも50%があります。 シンプルなアカウント管理 すべてのシャードに必要なアカウントは1つだけです。異なるシャードからのすべての暗号化通貨は、1つのスマートウォレットに格納されます。 アカウント管理ユーザーはすべての秘密鍵を介して分割する場合、ユーザは本質的に分割数と同じ数のアドレスを有することになりますが、シャードの数が多い場合(例えば、数千または数万)、ユーザは複数のシャード内に複数のバランスを有することができます。 したがって、すべてのシャード内のすべてのバランスを管理することは不便になる場合があります。 プライマリアカウントは、デフォルトシャード内のユーザーのアドレスで、セカンダリアカウントは、残りのシャード内のユーザーの残りのアドレスを管理します。 管理を簡素化するために、ほとんどのトランザクション(例えば、異なるシャード内のスマート契約)に一時的に二次口座のアドレスに移動し、取引後に二次口座に残高がある場合には、残高を元に戻すプライマリアカウントに転送します。 これにより、ユーザーの残高がほとんどの場合プライマリアカウントに収まるようになり、セカンダリアカウントの住所の残高を管理する必要がなくなります。 この機能は、QuarkChainチームがオープンソースプロジェクトとして提供するスマートウォレットによって有効になります。   スーパーフルノードによる水平スケーラビリティ 高いTPSを持つブロックチェーンネットワークでは、スーパーフルノードは非常に高価になり、集中化が促進されます。 対照的に、QuarkChainは、クラスタを形成する複数の安価なノードがスーパーフルノードを置き換えることを可能にします。 技術ロードマップです 2018年第2四半期:Testnet 1.0スマート契約0.1 2018年第4四半期:QuarkChainコア1.0メインネット1.0 SmartWallet 1.0 2019年第2四半期:QuarkChain Core 2.0 smartcontract 開発の進捗状況 1)テストネット 最初のテストネットTestnet 0.1は、2018年第1四半期に2000+ TPS(トランザクション/秒)でリリースされました。多くの評価機関と投資家は、このテストネットを既に肯定的なフィードバックで試してテストしています。 6月に公開テストネットワークTestnet 1.0をリリースする予定です。 同時に、GitHubでソースファイルを開きます。現在、世界中から100人のボランティアを選んでテストしています。この活動に興味のある方は、testnet @ quarkchain.io宛に電子メールを送ってください(詳しい情報はウェブサイトから入手できます)。 2)クラスタ1.0 2.1)Testnet 1.0の各クラスタは、Google File Systemと同様のアーキテクチャを採用しています。 1つのマスターノードと複数のスレーブノードを持ちます。マスターノードは、他のクラスタとの通信、ルートチェーンからのデータの管理、すべてのスレーブノードの調整を行います。各スレーブノードは、1つまたは複数のシャードのトランザクションを処理します。 2.2)スレーブノードのデータ構造と状態遷移のコードの大部分が実装されている。具体的には、本システムでは、ルートチェインの最初のPOWのコンセンサスアルゴリズムとクロスシャードトランザクションの送受信メカニズムが実現されている。 2.3)クラスタ1.0用の非同期リモートプロシージャコール(RPC)フレームワークが構築されました。このフレームワークでは、いくつかの技術的機能をサポートすることができます。 a)各シャードは、別のクラスタ内の対応するシャードと通信できます。 b)各スレーブノードは、同じクラスタ内の他のスレーブとやりとりすることができ、クロスシャードトランザクションの基礎となります。 c)スレーブノードは、クラスタ内の状態の一貫性が保証されるように、それ自身のクラスタのマスタノードと通信することができる。 ...
error: Content is protected !!