ホーム ICO BlockchainService(ブロックチェーンサービス)

BlockchainService(ブロックチェーンサービス)

【ICOレビュー】Essentiaー集中化リソースと分散化リソースをつなげて、相互運用性を生み出す次世代のブロックチェーンデータプロトコル

  Essentiaプロジェクトの概要 Essentia(エッセンシア)は、集中化リソースと分散化リソースをつなげて、相互運用性を生み出す次世代のデータプロトコルです。 このプロジェクトは一つのシードで、分散化されたさまざまなアクションを可能にする最初のプロジェクトであり、データ管理、ID認証、DAppsなどさまざまな分散化に役立ちます。 プロジェクト名 Essentia トークンシンボル ESS プラットフォーム イーサリアム 分野 データ、情報、ID、資産管理、DApps、OS 技術  ブロックチェーン 創業者・国 Essentia One SA  rue du Rhône 114  1204 Genève  Switzerland 主なパートナー Akasha ORCA Uunio 公式リンク Official site Whitepaper  Twitter facebook telegram bitcointalk medium   背景  近年、サービスやアイデアは、迅速かつ継続的に開発されています。 ユーザーは以前より多くの選択肢が提示されると同時に、プライバシー、セキュリティ、および個人データの使用を犠牲にする必要があります。 そのため多くの場合は、ユーザーとそのデータは恩恵を受けるべき製品とみなされるべきです。 しかしながら現状は、ユーザーは、データやソフトウェア環境のセキュリティを第三者や仲介業者に信頼することに依存しており、個人データのインセンティブ化もありません。 ブロックチェーンがこれを改善します。 Essentiaのような分散したソリューションや仲介なしのサービスやツールは、ユーザーが自由やプライバシー、そしてIDやデータを含むデジタルの「生命体」を構成するものを制御できるようにするために非常に重要です。 ビジョン Essentiaは、ユーザー、分散型サービスプロバイダー、およびそのテクノロジーに対する完全なソリューションを提供します。  その主な目的は、オンチェーンまたはオフチェーンのシステム、サービス、またはリソースとシームレスに統合された分散ソリューションのツールセットをユーザーに提供することです。 Essentiaは、最先端でユーザーフレンドリーなフレームワークを開発することで、ユーザーのプライバシー、ニーズ、セキュリティを保護します。  Point Essentiaは、集中化されたリソースと分散化されたリソースを結びつける、強力な相互作用と経験を生み出すプロジェクト ウェブ2.0から3.0へのパラダイムシフトを起こす次世代の相互運用性を兼ね備える 今後、さまざまなプロジェクトがEssentiaプラットフォームと統合される予定   プラットフォームと技術特徴 まずは、プラットフォームの特徴を簡単に説明します。 モジュール式である Essentiaはインフラストラクチャの展開、拡張、構成が可能なモジュラーアーキテクチャで構築されています。   Essentiaのフレームワークは、あなたの分散化人生に適応するように拡張されており、dApp、プラットフォーム、およびウォレットをボタン一つを押すだけで追加できます。 このフレームワークは、ユーザーに対して完全かつ細かいコントロールを提供し、匿名で、偽の匿名で、または公的に行動することを可能にします。 ユーザーは、データの一部または全部をいつ、どこで、どのように共有するかを決めることができます。   IDシステムとその接続されたデータとメタデータのツールやサービス以外にも、Essentiaはすべての主要なOSとハードウェア上で実行可能な安全で信頼できる分散型ソフトウェア環境ソリューションを提供しています。   Essentiaフレームワークは、任意のデスクトップ、サーバー、専用マシン上のブラウザ、モバイルプラットフォーム、オペレーティングシステムにブートストラップまたはデプロイできます。 最終的に分散コンピューティングを活用しながら仮想化することができます。   スケーラブルである スループットが高いため、Essentiaは何百万人ものユーザーを同時にサポートできます。 とありますが、どの程度のスケーラビリティを実現できるのかは現段階では不明です。   信頼性を必要としない Essentiaは、そのコードが監査され、コミュニティでレビューされ、堅固な暗号基盤だけでなく、トップ層のブロックチェーン技術、ソリューション、およびリソースで構築されているため、Secureです。 EIP、BIP、その他の業界標準、推奨事項、ベストプラクティスおよびプロトコルを実装および適用します。   完全なデータ所有権 データは財産であり、デジタルアイデンティティを自由にコントロールできる必要があります。 ESS-ID(シード)で有効な署名、検証、暗号化、および復号化操作を暗号的に実行できる唯一のエンティティであることにより、ユーザーは自分の好みの方法で自分のデジタル所有物を自由に処分できます。ユーザーは、特定の第三者のリソースやサービスと具体的にやりとりする方法を自由に決めることができます。   マルチチェーンマルチデバイス Essentiaは、ビットコイン、イーサリアムなど、さまざまなブロックチェーンをサポートしています。 それは、任意のデバイス、IOTまたはCLIで動作することができます。 また、ハイブリッドソリューションも予定しているようです。   Essentiaは、完全に分散されたフレームワークに向かって進化する一方で、スマートコントラクトと他のオンチェーンコンポーネントを統合するハイブリッドソリューションも実装しています。彼らはブリッジやモジュールとして動作し、オン/オフチェーンのイベントや操作を実行します。   ユーザーエクスペリエンス 信頼性が高く、安全で、ユーザー/開発者に優しい操作およびデータ環境であり、ユーザーが高度にカスタマイズすることができます。 ユーザーは、ウォレット、支払い、資金の取引、開発、管理、ネットワークへの寄付、プライバシーの維持、サブID、ユーザーデータ、権限またはアカウントの管理、ログインなどの目的でESS-Home / OSを使用することができます。 ESS-Home / OSのデータは、分散ストレージとリポジトリで利用でき、どこからでもダウンロードして展開できます。ユーザーは、USBデバイス上のライブバージョンで独自のパーソナルオペレーティングデータ環境設定を使用することもできます。これらは、ほとんどのマシンで実行することができ、専用のシステムやデバイスにインストールすることもできます。     サードパーティとの統合 ESS-HomeとESS-OSは、モジュールを通じて、特定の信頼できるサードパーティのサービスとDappsを統合することができます。これらは、既に統合されたEssentia Dapp-Store、DEX(Essentia Distributed Exchange)、ID、Authorizations(Auths)、ウォレットまたはユーザー空間システムを管理するモジュールに加えてあります。 ユーザーは、Dappsをブラウズして対話したり、ウォレットを使用および管理したり、ブロックチェーン上のすべての利用可能なサービスと相互接続することができます。   ユーザーフレンドリー シンプルなクリックでEssentiaフレームワーク内で起動されます。ユーザは、どこからでも、あらゆる種類のホストマシンやシステム、仮想化された環境からでも、独自のカスタム分散フレームワークを常にロードして使用できるように、シードを必要としています。 Essentia Platformとそのリソースは、ブロックチェーン技術をベースにしています。データとコードは分散ストレージを通じて利用可能であり、ユーザーはどこからでもアクセスでき、同時に好みの場所に物理的に格納してバックアップすることができます。 ユーザーは、自分自身のESS-ID(シード)を所有して管理することにより、デジタル所有物にアクセスまたは処分する際に、仲介者および第三者に関心を持たせたり、対話する必要はありません。   安全なシード管理 シードは、専用のサムサイズのハードウェアデバイスであるEssentia Keywareにも格納して使用することができ、ソフトウェアリスク、外部環境リスク、悪いアクターから分離します。 したがって、より安全な設定を得るために、オプションで、ハードウェア層上のフレームワークのカーネル(種)を分離することができます。 同時に、Essentia Senseペリフェラルを介して拡張され、実世界の入力/出力と相互作用し、それらをオンチェーンとクロスチェインに接続できる専用ハードウェアデバイスであるEssentia...

QuarkChain vs Ziliqa-シャーディングによるブロックチェーンサービスの比較

  シャーディング技術によるスケーラビリティ改善のためのブロックチェーンサービス まず、シャーティング技術について簡単に説明しておきたいと思います。 スケーラビリティは既存のパブリックブロックチェーンが直面している最大の課題の一つです。スケーラビリティがないと、現実的なdApp(分散型アプリケーション)を想像するのが特に難しく、スケーラビリティを解決するには様々な対策があるのですが、シャーディングは強力な解決法と言われています。 シャーディングは、ネットワークシャーディング(network sharding)、トランザクションシャーディング(transaction sharding)、コンピュテーショナルシャーディング(computational sharding)など様々な形があり、そのなかで最も重要とされているのが、ネットワークシャーディングです。 ネットワークシャーディングはスケーラビリティ改善の秘策です。 ネットワークをシャードと呼ばれる小さなグループのノードに分割するメカニズムです。簡単に言えば、1000ノードのネットワークを想像してから、ネットワークを100ノードで構成された10個のシャードに分けることができます。 例えば、Zilliqの場合は、自動的に100個のノードを持つ10個のシャードにネットワークを分割します。現在では、これらの断片はトランザクションを並行して処理できます。 各シャードが毎秒10トランザクションを処理できる場合、すべてのシャードは一緒に100トランザクション/秒を処理できます。 断片化されたアーキテクチャのためにトランザクションを並行して処理できるため、スループットはネットワークのサイズとともに直線的に増加することになります。 このシャーディングの考え方は新しいものではなく、パフォーマンス、スケーラビリティ、I / O帯域幅を向上させるためにデータベースの分野では採用されています。 Zilliqa について Zilliqaは、無許可のオープンでオープンなネットワークを安全に拡張するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームです。 Zilliqaをスケーラブルにする中心的な機能は、ネットワークを複数の小さなコンポーネントネットワーク(シャードと呼ばれる)に分割して、並列にトランザクションを処理できることです。 Zilliqaチームは2015年に論文のシャーディング理論を提案し、以来このプロトコルは研究、洗練され、積極的に開発されてきました。 シャーディングに関するチームの作業のおかげで、鉱業ネットワークが拡大するにつれ、トークンの取引レートは増加します。 Zilliqaは、VISAやMasterCardなどの従来の集中決済方式に匹敵することを目指しています。 実際、10,000ノードのネットワーク・サイズで、Zilliqaは、VISAとMasterCardのスループットと同等のスループットを商人にとってはるかに低い料金で実現します。 QuarkChain について   Quarkchainはスケーラビリティ改善のための新たなブロックチェーンソリューションです。イーサリアムでも取り組まれているシャーディング技術を基本にして、二層レイヤー、クロスシャード、共同マイニングなどによって1秒間に数百万回の取引を目指しています。 同社は中国チームであり、既存のシャーディングプロジェクトのZiliqaに匹敵する結果をテストネットで証明しました。トークン販売は6月から開催される予定です。 Point QuarkChainとZilliqaはテストネットでシャーディングを実装している数少ないのプロジェクトです。   私はいくつかの重要項目で比較してみました。 ICOステータス プロジェクト内容 技術ロードマップ ICOステータスの比較   Zilliqa QuarkChain サービス ブロックチェーンサービス (シャーディング) ブロックチェーンサービス (クロスシャード) ICO価格 0.0038USD 0.0214USD 総供給量 126億枚 100億枚 キャップ制限 個人キャップ2-5ETH 不明 ホワイトリスト登録 ホワイトリストあり あり エアードロップ バウンティあり あり 取引先 Binance Huobi OKEx Kucoin  未定 時価総額 23位  不明 コミュニティ twitter:36897 telegram:28521    twitter:14031 telegram:83237 ICOdrops VeryHighInterest VeryHighInterest   Ziliqaは発行枚数に対してトークン単価が非常に安いのが印象的でした。個人キャップ制限は、中国、日本人、アメリカ人は参加できませんでしたので、稀少性は高かったです。 バウンティサポートでトークンを入手できました。 このような希少性から、Zilトークンの価格は、公開後初期に一気に跳ね上がり初日で15倍をマークしました。その後、Huobiに上場後は下げましたがBinance OKExにも上場し、確実に取引量を増やしてランキング23位まできています。     循環量は72.86億枚程度で時価総額1400億円です。 QuarkChainは、ホワイトリスト登録の難易度が高く、誰でも参加できるわけではありませんので、同様にトークンの稀少性が高いです。 トークン単価は、比較的安く、バウンティやサポートでエアードロもあります。 2千万ドルのハードキャップは、最も類似したプロジェクトであり、現時点ではまだ過小評価されているZilliqaの時価総額のわずか2.8%に相当します。 プロジェクト内容の比較   Ziliqa QuarkChain  チーム シンガポール 中国 パートナー BitcoinSuisse DHVC FBGcapital Metachain NODEcapital ONe Block PolychainCapital TALENTA KeneticCapital mopheusLabs SegmentFault アルゴリズム PoW&PBFT Asic耐性PoW ノード作成方法 DSCノード  マイナーとルートブロックチェーン シャードサイズ 最小600  不明 マイニング あり あり スーパーノード   あり クロスチェーン取引 なし あり   技術的なソリューションに関しては、どちらもシャーディングを取り入れてますのでらその問題点を克服する必要があります。 シビル攻撃の対策 問題:パブリックブロックチェーンの場合、インターネット上なら誰でもアクセスできるため、悪意のユーザーは、複数のノードを利用して、ノードの同意を求めるコンセンサスの環境下で、投票の多数を得ること(シビル攻撃)を図ることができ、問題となります。 通常PoWではセキュリティを維持しながらシャード作成は困難です。そのためあらかじめ有効なバリデータが把握できるPoSが採用されます。 Ziliqaの解決策:PoWとPBFT Zilliqaはプルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work)を利用しており、Zilliqaのネットワークに参加するにはPoWを行う必要があります。それから、ネットワークの既存ノードがそれを確認してから初めて、ネットワークに新しいノードの参加が認められる仕組みです。 さらにPBFTを用いることで、多大な計算量を使う作業ではないため、マイナーにとってエネルギーの負担は比較的に低くなります。 PBFTについて PBFT(プラクティカルビザンチンフォールストレランス)アルゴリズムは分散システムの解決策であり、ノードの一部が停止しても問題なく合祀形成できる仕組みのこと   NEOノードの記事も参考になります。 Zilliqaでは、PoWでノードの正体が一旦判明できたら、複数のブロックを連続でPBFTを起動してコンセンサスを求めることができます。 PBFTを利用することで、マイナー全員にインセンティブを与えることができるメリットがあり、PBFTのコンセンサスでは、マイナー全員が一つの記録に対して賛否をメッセージ認証で示さなければならなくて、共同の決断が必要とする。 一方、ビットコインの場合は非常に難解な問題を一番早く解決することを全員のマイナーが競い合い、問題を解決した者のみ報酬を手にすることができる(勝者総取りの原則)。 PBFTを利用する場合、コンセンサスでたどり着いた結果は「ファイナリティ」(finality)と呼ばれます。 ブロックチェーン上で、次のブロックが生成される瞬間、すでに完了状態が明確です。 これに対し、ビットコインで使われているナカモトコンセンサスは、ブロックが記録された時点では、完了状態が「確率的」に証明されているだけで、さらに1時間をかけて6段階の承認が必要となり、トランザクションに時間がかかります。   QuarkChain の解決策:Powと二層レイヤー 通常PoWではセキュリティを維持しながらシャード作成は困難です。 QuarkChain の場合は、シャードに報酬の仕組みがあり、市場主導の共同鉱業による保証されたセキュリティがあります。 すべてのトランザクションのセキュリティを保証するため、ゲーム理論上のフレームワークはインセンティブのために設計されており、ハッシュ・パワー全体の少なくとも50%がルート・チェーンに割り当てられます。 QuarkChainは、ASIC耐性PoWを使用するハイブリッドのProof-of-Work(PoW)ブロックチェーンです。ルートチェーンは、フォークに対処するための「ルートチェーンの最初の」コンセンサスに従って、各シャードされたブロックチェーンがPoW経由でコンセンサスに達します。 2層システムのため、アドバイザーは、シャードされたブロックチェーンレベルで行われたトランザクションを元に戻す前に、第2層のルート+チェーン上のトランザクションを最初に元に戻す必要があります。 マイニング難易度アルゴリズムは、ハッシュパワーがシャードされたマイナーブロックチェーンとルートブロックチェーンに均等に分散されるように設計されています。 QuarkChainのマイニング難易度アルゴリズムは、常にルートブロックチェーンに割り振られた合計ハッシュパワーの50%以上が存在するように設計され、残りの50%は、シャードされたブロックチェーン間で均等に分散されます。 QuarkChainを攻撃しようとする悪意のあるユーザーは、ネットワークの総ハッシュパワーの少なくとも25%を必要とします。これはBitcoinに必要な51%未満です。 2. シャードの作成 問題:例えば、1,000ノードのネットワークがあるとして、それを10シャードに分割するなら、どのノードをどのシャードに割り振るかも問題となります。これは、悪意のノードがすべて一つのシャードに集めたら、ネットワーク全体の安全性が損なわれるためです。 解決策:Zilliqaではまず、DS コミッティー (Directory Service Committee)という専用ノード群を選出し、これはPoWを通して行われる。コミッティーは一定の間隔で、一つのメンバーを除去し、新しいメンバーを組み入れ、この入れ替えの順番は、一番最初にコミッティーに入ったメンバーから、先入れ先出しの順番で行われます。 DSコミッティーが新しいメンバーとして組み入れるのは、多大な計算量を要する問題(プルーフ・オブ・ワーク)を最初に解いたノードで、メンバーが選定されたら、シャーディングのプロセスを起動します。 ここで、ネットワークに参加しているすべてのノードがもう一回プルーフ・オブ・ワーク作業をしなければならない。コミッティーは、提出されたプルーフ・オブ・ワークのデータを承認することによって、各ノードをどのシャードに割り振るかを決めます。 3. シャードのサイズ 問題:シャードのサイズ(中に入っているノードの数)が小さすぎたら、悪意のノードがシャードをコントロールしやすくなる。 解決策:各シャードの中に、いくつのノードを入れるべきかも重要な問題である。仮に100ノードが入っているシャードがあるとしたら、そのなかの3分の1が悪意のノードである確率はおおよそ0.04である。この確率はシャードのサイズが増えれば増えるほど、小さくなる。一つのシャードに600ノードが入った場合は、悪意のノードが全体の3分の1以上を占める確率は百万に一つまで下がる。そのため、Zilliqaはシャードのサイズの最小限を600ノードにしている。 3分の1が悪意のノードである確率。600ノードが一つのシャードに入った場合は、悪意のノードが全体の3分の1以上を占める確率は百万に一つまで下がる。 一方でQuarkChain では以下のような分析がしてあります。 CPUについて 1)CPU:CPUを消費する部分はトランザクションの検証です。私たちの実験によれば、シングルコアでは数秒間に数千回のトランザクション(たとえばAWS EC2 c5インスタンス)を検証でき、シャーディングによってコア数が増加するとQuarkChainの容量はほぼ直線的に拡大する可能性があります(AWS EC2 c5インスタンスは最大72xコア)。さらに、既存の研究によると、GPU最適化では、GPUによる暗号操作はCPUの暗号操作より5倍以上速くなる可能性があります。...

Quarkchainが投資対象になるいくつかの理由

    今回の記事では、QuarkChainが投資対象になりうるいくつかの理由についてまとめました。 ※短期的な投機的な意味合いも含みます。 業界には不可欠でわかりやすいソリューション プロジェクトの視点は、スケーラビリティの問題です。 分散化、セキュリティ、スケーラビリティを維持しながら新しいブロックチェーンの形を実現するというビジョンがあります。 特にブロックチェーンサービス系のICOは、比較的ROIも高い印象です。 ICOdropsのHigh評価のプロジェクトのうち、がブロックチェーンサービスでした。 そして、ブロックチェーンサービスプロジェクトの平均的なROIは、3.956倍でした。(79のプロジェクトで総計312.52ポイント) さらにそのうち、二つのプロジェクトは、数十倍になっています。シャーディング技術やオフチェーンソリューションのプロジェクトです。 Ziliqa Ontology QuarkChain も新たなブロックチェーンサービスプロジェクトですので、こうしたから期待値は高いと言えます。   現状は、スケーラビリティに関して突出した競合プロジェクトが少ない 既存のスケーラビリティ改善プロジェクトに加えてこの手のタイプのプロジェクトも増えてきており、競合も激しくなってきてますが、まだ一つも確立されたものがないこともメリットです。 取引所や予測市場のような他の金融プラットフォームでは、毎秒100,000件以上の取引を処理できる必要があります。複数の大規模アプリケーションを処理するには、適切なプラットフォームが、1秒あたり少なくとも100万件のトランザクションを処理できる必要があります 現状は以下です。 ビットコイン   4-7tps イーサリアム   10-15tps Hyperledger 1000tps VISA             45000tps Alipay           256000tps スケーラビリティ改善のためにビットコインはライトニングネットワーク、イーサリアムはシャーディング技術に現在取り組んでいます。 シャーディングを簡単に説明すると、ブロックチェーン・ネットワークを「シャード(Shard)」と呼ばれる複数のグループに分割することで、取引やスマートコントラクトの処理能力の向上を図るソリューションです。 イーサリアムのシャーディングは現在第一段階が公開されており、2019年中頃に向けて第二、第3段階へと続きます。これは、数年はかかります。 さらにPoWからPoSへの移行や、プラズマ、キャスパーなどのソリューションも並行して行われます。 ビットコインのスケーラビリティ改善のためのソリューションとしてのライトニングネットワークは、ライトニング・ネットワークをビットコインのメインネットで実装した「lnd 0.4beta」をリリースしたことでさらに期待が高まっています。しかしこれもあと数年は必要でしょう。 QuarkChainは高いスケーラビリティをサポートしていますが、オフチェーントランザクションに対応することもできます。アプリケーションによっては、オンチェーン処理とオフチェーン処理の両方を必要とするものがあります。たとえば、一部のトランザクションは外部データにアクセスする必要があります(ブロックチェーン上ではありません)。 QuarkChainの2層シャーディング構造により、このチェーンとオフチェーンの取り扱いが非常に柔軟になります。これにより、より多くの機会とアプリケーションが開かれます。 さらにEthereum仮想マシン(EVM)を介してスマート契約をサポートします。 EVMはスマートな契約の最も広く使用される実行エンジンです。 EVMの上に構築された既存のdAppのほとんどは、QuarkChainプラットフォームに直接配備できます。また、QuarkChainの高スケーラビリティ機能を利用するために、連絡先の実行中に他のシャードを介してスマート契約固有のデータを送信するなど、スケーラビリティに対応したインターフェイスを追加します QuarkChain に関しては、どのプロジェクトにもスケーラビリティに関して王座となれるチャンスがあります。 トークンの稀少性が高い ご存知の通り、このプロジェクトのトークン購入難易度は比較的高めです。 まず、KYC審査を通ること 第2に得点性でホワイトリスト参加が決められること 第三に通過してもさらに抽選されること これによって、トークンの稀少性が高まり、コミュニティも大きいため誰しもが手に入れふことができるトークンではありません。 この形式のICOでは、需要が上回る可能性が高いため、トークン上場時に暴騰する確率も上がります。(もちろんその時の相場にもよりますが) 有名な格付けサイトICOdropsでの評価がVeryHigh Interestである 調べましたが、過去にHIGHのプロジェクトのROIは平均的に高くなっており、ほとんどがICO価格より上値で推移しています。 過去には、 EOS  Status Civic 0x Monetha Everex Tron Filecoin Enigma Kyber Icon AirSwap  などのプロジェクトも含まれています。 Very High Interestのプロジェクトの平均的なROIは、ETH換算で×11.03となってます。 執筆時点のROI EOS       ...

【ICOレビュー】QuarkChain-クロスシャード技術により1秒間に数百万回のトランザクションを可能にする高スループットブロックチェーン

  Quarkchainプロジェクトの背景と概要   背景 ブロックチェインの3つの主な課題としては、セキュリティ、分散化、スケールアウトの問題があります。 トランザクションプラットフォームとして、最優先事項は常にセキュリティです。 ブロックチェーンは、名前が示すように、デジタル接続されたブロックのチェーンであり、セキュリティの手段を提供する固有の特性を持っています。 まず、ブロックがリンクされているため、ハッカーは、そのレコードを含むブロックとそれにリンクされているブロックを検出しないように変更する 第2に、ブロックチェーン上のトランザクション/レコードは暗号化によって保護されますネットワーククライアントは、トランザクションに割り当てられた独自の秘密鍵を持ち、署名が無効になり、ピアネットワークは何かが起きたことを知っています。早期通知は、さらなる被害を防ぐために不可欠です。 第3に、ブロックチェーンは分散され、P2Pネットワーク全体に分散され、特定のコンセンサス(例えば、POWまたはPOS)と同期して維持されます。 Powベースのブロックチェーンは、ネットの少なくとも51%のハッシュ・パワーを必要とする任意のトランザクションを元に戻すことができる二重支出攻撃を実行するように働きます。 このような攻撃は、ネットワークの分散化の程度、つまり分散しているブロックチェーンが多くなればなるほど攻撃がより困難になることに大きく依存します。 ブロックチェーンが十分に分散化されていれば、単一のエンティティ(鉱山者または鉱山プールの所有者)には51%以上のハッシュ・パワーに達すると非常にコストがかかりますし、ブロック・チェーンにはセキュリティを提供する固有の特性がありますが、意図、悪意のある攻撃を考慮する必要があります。 ブロックチェーンの最終目標は、セキュリティと分散を適切なレベルで維持しながら、スケーラビリティを可能な限り高くすることです。 ビジョン QuarkChainは、グローバルな商業標準を満たすことを目指す革新的な許可ブロックブロックアーキテクチャです。 QuarkChainの主なアイデアは、数十億のTPSを処理する集中化された世界で強力な大規模分散システムを開発する豊富な経験からインスピレーションを受けています。 ブロックチェーンの技術を適用して、ブロックチェーンのスケーラビリティに関する独自のソリューションを作成しています。このソリューションは、安全性と分散化機能を損なうことなくブロックチェーンのユーザビリティの境界を大幅に拡大することを目指しています。 結果的にはQuarkChainは、分散ソーシャルメディア、高頻度取引、IoT(Internet of Things)、ゲーム、および財政支払いをサポートするシームレスなプラットフォームを構築することを目指しています プラットフォームと技術特徴-シャーディングとルートブロックチェーンによるクロスシャード取引 以下のような機能に基づき、セキュリティと分散を保証しながらスケーラビリティを向上させるQoE(ユーザーのQoE)に対するシームレスなクロスシャードトランザクションを実現します。 二層ブロックチェーン QuarkChainはブロックチェーンの2つのレイヤーで構成されています。最初のレイヤーとして弾性シャーディングブロック(シャード)を適用し、2番目のレイヤーとしてシャードからのブロックを確認するルートブロックチェーンを適用します。 マイナーブロックチェーンとしてのシャードにはリストが含まれています。各シャードは、すべてのトランザクションのサブセットを独立して処理します。 したがって、シャードの数が増えると、シャードはより多くのトランザクションを同時に処理できます。その結果、シャードの数が増えるにつれてシステム容量が増加します。 そして、シャードされたブロックチェーンからすべてのブロックを確認するルートブロックチェーン(ルートチェーン)があります。 ルートブロックチェーンは、(経済的に効率的ではないため)トランザクションを処理しないが、そのブロックは十分に困難であるため、トランザクション、すなわちルートブロックチェーン内のトランザクションを元に戻すことは経済的に効率的ではない。 QuarkChainネットワークは、アクティブなネットワークで追加のシャードをサポートするように設計されています。より多くの断片を追加することは迅速です。 クロスシャード取引 クロスシャード取引はいつでも発行することができ、数分で確認できます。クロスシャードトランザクションのスループットは、シャードの数が増えるにつれて直線的に増加します。 市場主導型の共同マイニング ハッシュ・パワーがシャード間で均等に分配されるようにインセンティブを与える、インセンティブのためのゲーム理論フレームワークを設計しています。 二重支出攻撃を防ぐために、ルートチェーンに割り当てられたハッシュ・パワーの少なくとも50%があります。 シンプルなアカウント管理 すべてのシャードに必要なアカウントは1つだけです。異なるシャードからのすべての暗号化通貨は、1つのスマートウォレットに格納されます。 アカウント管理ユーザーはすべての秘密鍵を介して分割する場合、ユーザは本質的に分割数と同じ数のアドレスを有することになりますが、シャードの数が多い場合(例えば、数千または数万)、ユーザは複数のシャード内に複数のバランスを有することができます。 したがって、すべてのシャード内のすべてのバランスを管理することは不便になる場合があります。 プライマリアカウントは、デフォルトシャード内のユーザーのアドレスで、セカンダリアカウントは、残りのシャード内のユーザーの残りのアドレスを管理します。 管理を簡素化するために、ほとんどのトランザクション(例えば、異なるシャード内のスマート契約)に一時的に二次口座のアドレスに移動し、取引後に二次口座に残高がある場合には、残高を元に戻すプライマリアカウントに転送します。 これにより、ユーザーの残高がほとんどの場合プライマリアカウントに収まるようになり、セカンダリアカウントの住所の残高を管理する必要がなくなります。 この機能は、QuarkChainチームがオープンソースプロジェクトとして提供するスマートウォレットによって有効になります。   スーパーフルノードによる水平スケーラビリティ 高いTPSを持つブロックチェーンネットワークでは、スーパーフルノードは非常に高価になり、集中化が促進されます。 対照的に、QuarkChainは、クラスタを形成する複数の安価なノードがスーパーフルノードを置き換えることを可能にします。 技術ロードマップです 2018年第2四半期:Testnet 1.0スマート契約0.1 2018年第4四半期:QuarkChainコア1.0メインネット1.0 SmartWallet 1.0 2019年第2四半期:QuarkChain Core 2.0 smartcontract 開発の進捗状況 1)テストネット 最初のテストネットTestnet 0.1は、2018年第1四半期に2000+ TPS(トランザクション/秒)でリリースされました。多くの評価機関と投資家は、このテストネットを既に肯定的なフィードバックで試してテストしています。 6月に公開テストネットワークTestnet 1.0をリリースする予定です。 同時に、GitHubでソースファイルを開きます。現在、世界中から100人のボランティアを選んでテストしています。この活動に興味のある方は、testnet @ quarkchain.io宛に電子メールを送ってください(詳しい情報はウェブサイトから入手できます)。 2)クラスタ1.0 2.1)Testnet 1.0の各クラスタは、Google File Systemと同様のアーキテクチャを採用しています。 1つのマスターノードと複数のスレーブノードを持ちます。マスターノードは、他のクラスタとの通信、ルートチェーンからのデータの管理、すべてのスレーブノードの調整を行います。各スレーブノードは、1つまたは複数のシャードのトランザクションを処理します。 2.2)スレーブノードのデータ構造と状態遷移のコードの大部分が実装されている。具体的には、本システムでは、ルートチェインの最初のPOWのコンセンサスアルゴリズムとクロスシャードトランザクションの送受信メカニズムが実現されている。 2.3)クラスタ1.0用の非同期リモートプロシージャコール(RPC)フレームワークが構築されました。このフレームワークでは、いくつかの技術的機能をサポートすることができます。 a)各シャードは、別のクラスタ内の対応するシャードと通信できます。 b)各スレーブノードは、同じクラスタ内の他のスレーブとやりとりすることができ、クロスシャードトランザクションの基礎となります。 c)スレーブノードは、クラスタ内の状態の一貫性が保証されるように、それ自身のクラスタのマスタノードと通信することができる。 ...

ソーシャルでつながる

837フォロワーフォロー

Latest article

Xbrick取引所の登録方法、XBCトークン購入方法、エアードロップについて

  XBrick とは? 大きな特徴としてはダイナミックな流動性エンジンが搭載された取引所であることです。 詳しくはこちらの記事で メリットとしては、 バージョン1.0が稼働している 新規取引所バージョン2.0のトークンが獲得できる トークンは割引機能があるため取引所の活性化とともに需要が上がる 点が考えられます。 登録方法 プラットフォームの1.0版が機能しており、ウェブサイトは以下のような感じ。現在日本語、中国語、英語に対応しています。 登録はこちらからできます。 Xbrick登録 登録ページに移りますので、以下の情報を入力します。 メール認証コードを入力します。 登録はひとまず完了です。 登録後やること 個人認証 セキュリティ設定 セキュリティ実行 ログインパスワード変更 トレードパスワード変更 ログイン履歴 api設定 まずは個人認証をする必要があります。 以下の個人情報を提出します。 次に、パスポートなどの資料を提出します。 セキュリティ設定から以下三項目を設定できます。全て行いましょう。 トレードパスワードはログインパスワードとは異なる強いパスワード設定を推奨します。Google2段階認証も必ず設定しておきましょう。 セキュリティ設定をしましたら、実行確認します。 ログインパスワードは必要に応じて変更できます。そのつど変更することを推奨します。 トレードパスワードも変更できます     紹介プログラム 紹介プログラムでは、紹介者の取引から半年間50%の利益がもらえます。 是非、この機会に紹介してください。 取り扱い通貨 バージョン1.0では、以下の通貨が取引可能です。 ETHペア     AE BTO BTS CAN DBTC EOS HLC HOT SEER SMTH MBTCペア AE BTS CAN EOS ETH XAS BTCNYペア ETH MBTC USDT ETH MBTC 最近ICOから7倍近くまで高騰したHoloのようなマイナー通貨も取り扱ってるので、Wowooが上場したbit-zのように有名通貨がいち早く上場すると、取引所の活性化につながる可能性があります。   アンドロイド、iPhone版のアプリもある 入出金およびトークン購入方法 トークン購入の前に資産をデポジットする必要があります。 ダッシュボードからAssetをクリックします。 Real name verificationを行う必要があります。 デポジットタブをクリックすると、通貨一覧が出ますので、この場合はETHを入金します。 アドレスを生成したら、そちらに送金してください。 トークンセールページについて Xbrickでは複数のトークンセールをサポートしています。   activeをクリックすると、開催中のトークンセールに参加できます。 XbrickのXBCプレセールです.   Buy Nowをクリックします。 Confirm&Acceptをクリックします。 Buy Productから購入できます エアードロップも開催中 エアードロップポータルのiXBCから参加できます。 はじめに携帯認証が必要で、続いてパスワード設定します。   タスクは③項目 友人紹介 テレグラム参加:20XBC KYC完了:50XBC トレーダーのためのXBCトークンエアードロップも開始 上記のエアードロップに加えてXBrickでトレードすることで、無料のXBCトークンを手に入れることもできます。(期間限定) 以下の要素に依存します。 1.イベント中のすべての取引セクションにおける各ユーザーのトランザクションの累積量。USDTとして計算されます。 2.イベント後の99USDT毎にエアドロップ1XBC 3. 2018年5月17日19:00から2018年5月27日19:00まで(GMT + 8)、すべての取引セクションで累積取引量が上位20に達したKYCのユーザーXBrick.comに以下の賞が授与されます: 1位:100,000 XBC 2位:50,000 XBC 3位:25,000 XBC 4位-5位:10,000 XBC 6〜10位:6,000 XBC 11〜15位:2,000 XBC 16〜20位:888 XBC 取引活性化キャンペーンですね。 まとめ Xbrickプロジェクトはオーストラリアのチームですが、binanceやhuobi okexのような自社トークン割引を利用しています。 XBCトークンは現在、プレセールで購入でき、プラットフォームv1.0ではマイナー通貨も取引が可能です。 最近では、BTO HOTなどのICOトークンも早々に上場しており、有望銘柄のトークンの取り扱いが早期に行われるとユーザーも増えてくるかと思います。 早いタイミングですので、開設しておいても損はないかと思います。 関連リンク 公式サイト 白書 twitter facebook telegram Author BABbit43 For...

Essentiaの開発計画について

  Essentiaの技術ロードマップと進捗状況(執筆時点) ロードマップでは、2018年第1四半期から2020年までのEssentiaの開発について概説しました。 簡素化のため、すべての変更と計画は、ソフトウェア(SW)開発、ハードウェア(HW)開発、およびパブリック(PUB)の3つの部分に分かれています。 詳しくは白書をご覧ください。 現在完了している開発は以下です。 フレームワークの基本要素(実装済み) Essentia製品のログインページのデモが公開されました。今すぐ簡単な登録プロセスを経て、ウェブサイト上であなた自身のためにフレームワークを試すことができます。 Essentiaデモの登録プロセスは、より迅速かつ便利になり、登録時にすぐにシードとキーストアファイルを保存する必要はなく、後で設定を行うことができます。 実装済みのツールは以下です。 シード ○  ストレージ ○  dApps △ eLogin ○  Etherdelta ○  サポートフォーム ○  ガイドライン ○ 自動ログアウト ○   ウォレット 財布は実装されており、通貨は以下の12の通貨に対応しています。 タイプ ERC20 サポート通貨 BTC ETH BCH LTC NEO Aragon FlypMe Misterium Status EOS Tron Golem Tether  コールド財布  ○  QRコード  ○  オフラインアクセス  ○  ハードウェアアクセス  ○   ユーザーのセキュリティへのコミットメントに合わせて、Essentiaのコールドウォレットも実装しました。これから、ユーザーはフレームワークの機能をオフラインモードで使用することができます。 オフラインで作成したトランザクションは、ファイルとして保存されます。後で、この取引は任意のデバイスからいつでも便利にいつでも開始することができます。また、ウォレットがサポートする通貨の一覧を引き続き拡大しています。 フレームワークへのアクセス方法としてはいかが追加済みです。 ハードウォレットによるアクセス(Digital、Bitbox、Trezor、レジャーnano) JAXX、Trezor、MetaMask、Exodus、imTokenなどの他のウォレット MyEtherWalletへのアクセス(ESSトークンを使用) 秘密鍵を紛失した場合(または盗まれた場合や盗難された場合)、ETHへのアクセスのみが失われ、残りのコインは安全のままになります。 Essentiaでは、ユーザーのセキュリティを向上させるという目的をさらに高めるために、ハードウェア財布を使用して当社のフレームワークにログインすることが可能になったことを報告しています。 ストレージ(セキュリティ層の追加) ストレージ実装済み Storj IPFS Siacoin アップロード/ダウンロード ○ 自動保存 ○ ドラッグ&ドロップ機能 ○ 追加の設定ファイルストレージとしてStorJ、IPFS、Siacoinを実装し、Essentiaに別のセキュリティ層を追加しました。 また、統合されたストレージに異なるファイルタイプをアップロード/ダウンロードすることも可能にしました。比較として、このアップデートの前にユーザーはテキスト文書のみをアップロードすることができました。 設定ファイルの保存構造を変更しました。現時点では、ユーザーが設定を変更したり、ランチパッドからdAppを追加または削除したりするたびに、これは自動的に設定ファイルに保存されます。サイズ制限が増えたため、ユーザーは大きなファイルをストレージにアップロードすることができます。 ユーザーの利便性を考慮して、ストレージのドラッグ&ドロップ機能を追加しました。効率性と利便性が向上し、以前よりも簡単にファイルをアップロードできます。   dApps 現在9つのツールに対応しています。 eLoginの基本バージョンが実装されました。これは、crypto-signを使用してすべての統合dAppに認可を付与する手段です。6種類のアクセスが可能です。   実装済みdApps  9つ eLogin 基本バージョン Aragon、IOTA、OmiseGo、Status、NEO、Ethereum     ウェブサイト 多言語 ✔ ホワイトリスト ✔ KYC ✔ トークン購入ポータル ✔   多言語に関しては英語と韓国語が利用可能でほかの言語も追加されます。 トークン購入およびホワイトリストに関してはこちらの記事をご覧ください。 https://bab-global.net/ico/essentia-register 開発中のモジュール構造について Essentiaは多数のモジュール構造を備えたフレームワークです。以下簡単に説明します。(かなりありますので暇な時間にでも読んでください) ESS-BASE ESS-COREに接続してRoot-IDを作成/管理/復元/使用する機能 ESS-CORE ESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュール ESS-HOME ESS-BASEとCORE機能を、他のすべてのモジュールとコンポーネントに接続するメインモジュール ESS-PAY 暗号化ウォレットへのアクセスを管理するためのモジュール ESS-Auth/Groups IDおよび制御された、または参加している(複数の)グループに関連付けられている認証の作成/編集/削除を管理するモジュール。 ESS-FUEL システム内のESSトークン・レイヤーを処理するモジュール ESS-Talk/Docs/Stamp 他のIDおよび第三者と交換されたデータ/ドキュメント/メッセージを署名/暗号化/復号化/検証するメッセージング(pgp-style)モジュール ESS-DNS 発見可能/到達可能なIDの公開鍵(ユーザーのアドレスまたはアカウント)をトップレベル/人間が読めるWebドメインまたはブロックチェーンリソースに変換して変換するモジュール ESS-DATA コアデータインフラストラクチャを管理するモジュール ESS-META IDまたはサブIDを追加のメタデータレイヤーに接続するモジュール。 ESS-PingPong 限られたデータ/帯域幅で簡単なデータ通信プロトコルを運ぶモジュール。 ESS-Bridge 分権化されたリソースと従来の集中リソースの両方をEssentiaと接続するオフライン、ハイブリッド、またはオンチェーンのモジュール ESS-CONFIG すべての構成データを処理するモジュール。 ESS-AUTOMATE スタンドアロンまたはコンステレーションのフレームワークのインスタンスの配置、自動化またはオーケストレーションを処理するモジュール。 ESS-ORACLEs Essentia Frameworkの中でオラクルとして機能するモジュール ESS-DEL all-configs、all-media、all-Sub-ID、delete-everything機能やplatform-resetなどのデータの削除/リセットを処理するモジュール ESS-CLOCK ブロックチェーン相対時間を考慮して処理するためのモジュール。 ESS-TOOls Essentia Frameworkとのスムーズな接続と相互作用を可能にするためのモジュール ESS-SYNC ESS-Home / OS、外部サービスなどとのモジュール/ OS /マルチデバイス間のデータの同期を特に管理するモジュール ESS-INIT 構成、データ、ファイルなどの再初期化を担当するモジュール。 ESS-PROC 他のモジュールの状態と健全性をチェックするモジュール ESS-KEYRING s / v / e / d /特定のデータ/ファイルに使用される追加のキーペア(Root-IDによって直接制御され、その拡張キーによって制御される)を格納/管理/アクセス/使用するためのモジュール ESS-dGPS ノードからのデータフローを、分散型リソース(on / cross-chain)に接続して利用できるようにするモジュール ESS-OS-DATA ESS-DATAモジュールで管理/含まれていないデータのモジュール ESS-Crypto ブロックチェーンベースの特定のコード/ソフトウェアをそのサブモジュールで実行できるようにするモジュール。 ESS-NET ESS-Home / OS用の特定のネットワーク層を可能にするモジュール ESS-OS-Config ESS-Configに接続し、ユーザーが希望する構成をESS-OSにデプロイするモジュール ESS-REPO ESS-OSのリポジトリおよびEssentiaプラットフォームの他のコンポーネントとモジュールの更新を管理し、リポジトリを管理するモジュール。 ESS-MAKE/SMITH ESS-OSまたはESS-Moduleのビルドスクリプト/イメージ/ ISO / etcを作成し、最終的にESS-ID、ESS-Config、ESS-DATAに接続することによってユーザー設定に合わせて構成するOS-Makerモジュールその他の関連モジュール   簡単に説明します。 ESS-BASE はいくつかの言語/ライブラリで書かれているので、既存のフレームワークやオペレーティングシステムに適応するために、ブラウザのメモリ内モジュール、専用のハードウェア、アプリケーション、Dappまたはプラグインに適合することができます。ユーザーデータやキーは保存されませんが、ユーザーはESS-COREにロードされて管理されているルートIDとサブIDキーを使用してトップレベルで操作できます。   ESS-COREはESS-IDが基本的な操作を実行できるようにするソフトウェアまたはハードウェア実装のコアモジュールです。 ESS-IDはルート-ID(シード)であり、まったく同じ特性を有するサブIDを/署名/暗号化を検証/データを復号化し、生成/破壊/管理することができます。また、複数署名の作成/管理機能も備えています。 ESS-HOME は信頼できるサードパーティと接続/統合するモジュールをホストします。 ESS-Auth /...

【ICOレビュー】Xbrickーゴールドマンサックスや上場企業を歴任したオーストラリアの企業は新たな暗号通貨取引所を立ち上げる

    XBrickプロジェクトの背景と概要 暗号通貨世界はユーザーの採用や政府の規制の進展に伴い、最先端の暗号の交換を実行するには、完全性、高度なテクノロジ、先見性、および競争性が不可欠です。 中でも重要なのが、ユーザーエクスペリエンスとサイバーセキュリティの向上です。 XBrick.ioは、暗号通貨とブロックチェーン技術に豊富な経験を持つ技術チームによって独自に開発されました。  XBrickは世界中のユーザーに多言語を提供し、自動KYC ID照合手順をサポートし、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、コールドストレージシステムを暗号化ウォレット管理に適用します。  プラットフォームを通じて、ユーザーはグローバルな暗号化市場にアクセスし、最高の買い買い価格で取引することができ、暗号価格を売ることができます。 プラットフォームと技術特徴 高性能秩序マッチングシステム 機能は次のとおりです。 1)マッチするエンジン順序信頼性の高いマルチキャストと全体的な順序付けを解決するためのアトミックマルチキャスト 2)ロックされていない注文シーケンス・キューに基づくフローライン・マッチング技術。 3)データベースとのやりとりを実現する非同期化技術 4)マッチングエンジングループの状態を監視し、システムのフォールトトレランス機能を保証するためのフェールオーバー技術 5)故障したエンジンを回収したり、新しいマッチングエンジンを追加するための進捗状況追跡技術 XBrickは、このメモリマッチングエンジン技術と200万回/秒の高性能秩序マッチングシステムに基づいて、取引注文が遅れなく処理されることを保証し、超高速かつスムーズな取引経験を提供します。 システム1.0は、2017年11月11日以降稼動しています。 システム2.0は、ダイナミック流動性供給エンジンによって提供された当社独自のR&Dedグローバル連結オーダーブックで市場に打ち切られる予定です。  完成様子は以下です。 ウェブサイト 取引プラットフォーム      安全なウォレット管理 XBrickは、銀行標準のSSL暗号化データ転送とマルチクラスタシステムアーキテクチャを採用し、暗号化ウォレット管理にコールドストレージシステムを適用しています。 取引所は、ユーザーにとって安全な取引環境を創造することを全面的に担い、他のすべてのビジネス要素よりもセキュリティの優先順位付けに全力を尽くしていると考えています。ユーザーの暗号化資産を保護することについては、トレードオフはありません ダイナミック流動性プロバイダ 同社の戦略的パートナーであるLiquidAlphaは流動性エンジンである流動性供給エンジン(DLPE)を独自に開発しており、このシステムは、流動性ゼロの状況で顧客注文と取引するように構成されており、数秒ごとに特定の条件で注文を実行する高度なアルゴリズムを備えています。  10年以上のマーケットメイキングと高頻度取引経験を持つ経験豊富なトレーダーと開発者のチームによって設計されたDynamic Liquidity Providing Engine(DLPE)を使用しています。 DLPEは、複数の暗号化交換の市場の深さから中間参照価格(MRP)を計算します。 ロジックは、ユーザーの買い注文または売り注文がこのMRPから一定のパーセンテージを超え、60秒を超えて他のXBrickユーザーと一致しない場合、注文は非流動状態であるとみなされます。 DLPEが非流動状態の注文を特定すると、その注文を実行してユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 ウォール・ストリート標準の進化した注文方法 Xbrickはウォールストリートの標準注文型を暗号化通貨市場に持ち込み、ユーザーには時間加重平均価格(TWAP)、量加重平均価格(VWAP)、氷山注文タイプを導入しています。 これらの高度なオーダー・タイプとオートメーションを統合することで、ユーザーの実行時間を節約し、市場への影響を最小限に抑え、最適なフィルを得ることができます。 高速取引 XBrickは毎秒200万件以上の注文を処理することができます。 また、KYCシステムは自動化され、グローバルな実名データベースに接続されており、ローカルID文書を使用してオンラインでリアルタイム検証を実行できます。 登録と検証プロセス全体には約5分しかかかりません。あなたが私達と一緒にいるときは、プロセスに関わるすべてのものを世話している間に、暗号取引に専念することができます。 価格保護機能 XBrickの取引システムは、独自のチームによって社内で開発されています。  取引システムには、制限注文、停止注文、バッチ注文という3種類の取引注文があります。  XBrickユーザーは、価格保護機能を有効にすることができます。これにより、異常な価格が提出されるたびに警告が表示されます。 この機能は、ほぼすべての暗号交換で共通していた価格の誤植による損失を保護します。  mBTC-BTC取引をさらに民主化する(世界初) XBrickは、Bitcoinを千パーツ単位でmBTCと称する世界で初めての取引所です。 mBTCはBTCを1000で除算したもので、新しい暗号通貨ではありません。 XBrickでは、mBTCの入出金により通常のBTCアドレスが使用され、ユーザーはBTCの新しいユニットを柔軟に体験できます。 信頼できるデューデリジェンスパートナー XBrickはトークン販売プロジェクトを事前にスクリーンし、配布のために申請されたプロジェクトの3%未満で動作します。 潜在的な指数成長要因だけでなく、チームの完全性、プロジェクトの持続可能性、法的要因も見ています。 オーストラリアのマネー・ローンダリング対策や対テロ資金規制によって規制されていないにもかかわらず、XBrickは潜在的な規制を準備するための先進的なマネーロンダリングID検証システムを開拓してきました。 利用されているID検証システムは、XBrickがソース国のローカル識別文書を考慮して適切なIDチェックを設計しているため、最先端のものです。 現在リストされている暗号通貨 XBrickは、ETH、mBTC、BITCNY、USDTの4つのマーケットプレイスを運営しています。 これらのマーケットプレイスで取引できる暗号通貨は、BTC、ETH、EOS、AE、CAN、XAS、HLC、BTS、BTO、SEERです。 XBrickは、リストアップ可能なトークンを選択し、より高品質のトークンのためのプラットフォームを作成しています。 XBrickは時折、BITCNYマーケットプレイスでトークン投票キャンペーンを実行しています。BITCNYマーケットプレイスでは、お気に入りのトークンをすべてのユーザーが指名できます。 多言語対応 XBrickは、システムのインフラストラクチャを表示言語から分離し、プロの言語チームを使用して各言語を校正します。 この構造により、さまざまな表示言語を効率的にサポートするXBrickの機能が保証されます。 交換は現在英語と中国語で行われており、XBrickは今後、ロシア語、韓国語などを提供する予定です。 XBrickは可能な限り母国語のコミュニケーションをサポートすることを目指しています。 複数のユーザインタフェース XBrickは、以下を含む複数のユーザーインターフェイスをサポートしています。 WEBエクスプローラ Androidインターフェイス IOSインターフェイス H5 Mobile Explorer PCインターフェイス 技術ロードマップです。 2017年7月:XBrickシステム1.0の完成、内部テスト 9月:ベンチャーラウンドの資本調達完了 11月:XBrick交換(Webベース)の正式発売 XBrickトレーディングアプリ(Android)の正式発売 2017年12月:XBrickのトレーディングアプリ(iOS)の正式発売 グローバル連結オーダーブックプログラム開始 2018年2月:XBrick交換チャートシステムのアップグレード(Webベース) 2018年5月11日:XBC事前販売ラウンドオープン Q3 2018ターゲット ダイナミック流動性提供エンジンによるExchange System2.0の開始 XBrickでXBC Public-Sale&Listingを開始 ウェルカムマーケットメーカー Q4 2018 新しい取引インタフェース 継続的なシステムと技術のアップグレードとなるR&D 第1層のCRYPTOCURRENCIES EXCHANGE 市場と競合分析 チームは、白書で市場分析を行なっています。現在の取引市場での問題点をあげます。 セキュリティ上のリスク:MTGOXの事件に始まり、 2016年に、Bitfinexから12万のBitcoinsがハッキングされ、盗まれた。他の多くのハッキング事件が取引を破産しています。監督不足のために、さまざまなプラットフォームが内部盗難事件の犠牲者となっています。 不十分な取引市場の深さ:ほとんどの場合、個々の暗号通貨は複数の取引所で取引されます。これは、各取引所の市場の深さを薄め、価格の不一致を引き起こし、トレーダーにすべての取引を最良の価格で監視させる。 貧弱な取引システム/低機能秩序整合エンジン:2017年を通じて、暗号通貨の取引量は10倍以上に増加しました。迅速にオンラインに移行するために、実行可能な最小限の製品と効率的ではない取引システムの枠組みで多くの取引所が開始されました。このような取引は、取引量と頻度の指数関数的な増加を満たすことができませんでした。その結果、トレーダーは視覚的な遅れやサーバーの渋滞に苦しんだり、機能していないフロントエンドのWebページに直面したりしていました。 サービスとユーザーエクスペリエンスの低下:多くの取引所では、ユーザーを確認するための複雑なプロセスと長い登録承認プロセスがあります。その多くは、顧客の問い合わせや重要な問題に迅速に対応することができません。たとえば、2017年の後半には、世界最大の取引所の一部が、圧倒的な受注残により新規ユーザーの登録を中止しました。  時代遅れで馴染みのないエクスチェンジ機能:現在、多くのエクスチェンジは、複雑なユーザ操作プロトコルと古くなった機能を提供する非常に単純なインフラストラクチャを持っています。 これらの取引所の多くは、アウトソーシングを通じて開発されたものであるか、旧式のプラットフォームコードを利用して開発されたものです。...
error: Content is protected !!