CrypteriumのICO経過報告

  大晦日まで残りわずかとなり、今年も終わりが近づいてきました。 今月はビットコインが高騰してから乱高下を繰り返していますが、徐々に過熱気味の市場に調整が入っています。その中でCrypteriumのICOは依然として継続中です。 Crypteriumについて Crypteriumは暗号化銀行を目指すプロジェクトであり、10年以上のフィンテック業界の経験があり、フィンテック銀行部門でトップ50にノミネートしているプロジェクトです。 詳細はこちらの記事で。 https://bab-global.net/ico/crypterium 同分野は競合プロジェクトも多く、その中でも特に私が注目しているのが、以下のプロジェクトです。 Monetha(MTH) Change(CAG) BANKEX(BKX) 特に、MonethaはBinanceに上場しており、トレンド的にも銀行系プロジェクトの中では注目され始めています。 又、同時期スタートのICOとしては、Change、そしてイーサリアムのプラズマ様プロトコルを最近開発し、話題となったBANKEXチームも優秀です。 比較に関してはこちらの記事で。 https://bab-global.net/ico/crypterium-superiority Crypteriumに関しても、優秀なチームで構成されており、非接触型(仮想カードやQR決済)に重きを置いている点が他との違いです。 ICO最新情報 マイルストーン目標3400万ドルに到達する 同プロジェクトは、最後から2番目の目標(3,400万ドル)に達しました。     1月の最初の週に最終的な調達ポイントに達することを目指しており、ハードキャップが迫っています。 CRPTトークンの購入方法はこちらのステップバイステップガイドをご覧ください。 テレグラムのコミュニティが18000人以上に   先週に、テレグラムのコミュニティは15,000人以上のメンバーに達し、そこでは、コミュニティの中で最も活発で熱狂的な部を見つけることができます。また、サポートチームについて問い合わせることができます。 このTGコミュニティは急速に成長しており、毎日400人以上の新しいメンバーが公式チャットに参加しています。チャットにはすでに18,000人以上の参加者がいます。 「初期の結果を特に顕著にするのは、CRPTトークンの販売が世界中のトークンバイヤーの注目を集めたという事実です。ロシア、米国、ブラジル、イギリス、インドネシア、日本、マレーシア、南アフリカ、インド、ナイジェリア、オーストラリア、南アフリカなど多くの国からのユーザーは、トークン所有者になることでプロジェクトの支援を示しました。」 強い背景を持つコミュニティの存在は何よりもプロジェクトの後押しとなることでしょう。バンク系プロジェクトでは期待できると思いますし私は2018年をめどに保有しておきたいと思います。 取引所との連携 取引所に関しては、トークンセールが終わる1月以降に発表があるかと思います。 やはり最近注目されており、資金が集まりやすいBinanceに上場することが一つ鍵となりそうです。 https://bab-global.net/exchange/binance   同分野でも、Monethaが上場して、価値を上げてきています。 こちらも長期的に注目しておくと良いでしょう。 同社の今後の計画は? 第1部 :暗号化銀行のアプリ開発 ICOの終了後の主な目標は、私たちのcryptobankの最初のバージョンをリリースすることです。 ICOの実際の結果は本当に重要ではなく、良い成果は確かに大いに役立ちますが、何もCrypteriumアプリの開発を止めるものではありません。 最初の数回は、アプリはテストモードで実行されます。初めに、ユーザーは暗号化アカウントを持っています(法定アカウントに紐付けする機会があります)、支払いシステムへのアクセスに加え、収益性の高い為替レートが提供されます。 第2部:取得システム 第2部では、アルゴリズムをテストし、小さなショッピング・スポットや電子商取引に適用することから始め、次に、事業主向けのNFCソリューションに移行する予定です。 第3部:クレジットシステム 第3部では、シンプルで効率的で分かりやすいクレジットシステムを構築することです。すでに解決策を進めており、限られた期間だけ融資して通貨を交換できるクレジットトークンを発行する予定です。 一定の金利がありますが、伝統的な銀行ほど高くはなく、おそらく、為替レートも上昇するでしょうが、それをコントロールするためにチームは全力を尽くします。 第4部:長期計画 これまでのすべての部分では、トランザクションバンキングの典型的な機能についてでしたが、Crypteriumの目標はこれ以上のものになることです。伝統的な銀行という概念をすべての可能な方法で、より速く、スマートにしたいと考えています。 これは暗号化を使用して行うことを可能にすることで、このチャンスを十分に活用します。   なお、トークンセールは1月13日までです。 なお、トークンセールはこちらから参加できます。 関連リンク 公式サイト: https://crypterium.io/ トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/ 白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72 my profile 0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary  

暗号化銀行プロジェクトのCrypteriumのCOOがインタビューで未来について語る

  暗号化銀行を目指すブロックチェーンプロジェクトのCrypteriumのCOOが最近インタビューでいくつかの視点について述べました。 Crypterium は世界初のグローバルな暗号化銀行を目指す 非接触型の決済プラットフォームを目指す、暗号化銀行プロジェクトのCrypterium はICOを開催しており、 既に35億円程度を調達達成しています。 トークンセールは1月14日まで継続される予定です。 同プロジェクトは、金融ITによるデジタル銀行部門でトップ50のうち37にランクインしており、最も堅実なフィンテック企業の1つにノミネートしました。 Gleb Markov、COO、Crypteriumの共同設立者とのインタビュー 同社のCOOとのインタビュー記事をご紹介します。 Crypterium の概念について Q:クリプテリウムのアイデアがどのように現れたか教えてください。 A:私たちのチームは実験的なフィンテックと呼ばれるものに関わっており、私たちは常に革新者でした。これまでのプロジェクトで授与された賞は、自分自身のためです。 トレンドを分析し、市場ニーズを決定し、そのニーズを満たすための技術を開発します。これは、クリプテリウムを開始した種です。 Bitcoinは8年ほど前から存在していましたが、暗号通貨は過去2年間で大きな勢いを得ました。 同社は、独自のビジョンを構築し、ブロックチェーン関連のソリューションを作成することを決めました。 常に非接触決済(NFC、QR)を意識しており、現在、実用化に向けて暗号化を使って実験しています。また、市場の役割としても聴衆の特別なニーズを満たすことを目的とした製品を開発し始めました。 クリプテリウムが生まれ変わりました。これは、新しいデジタル資産の時代における市場の要求に対する私たちの答えです。 まず、これらのスキームの法的および組織的側面に焦点を当てており、徐々に、製品はより大きなものに変わり始めています。 フォーカスグループテストは、私たちのアイデアに大きな関心を示し、さらに発展させるよう促しました。それはすべて暗号の獲得から始まり、ブロックチェインと暗号通貨の時代に銀行業界の見解を完全に反映した暗号化銀行というアイデアに変わりました。   なぜブロックチェーンか Q:なぜ、ブロックチェーンを使用することにしたのですか?他の技術ではできないものは何ですか? A:このように見ていきましょう。私たちは革新者です。そして、私たちは今、法定世界への自分の態度を持っています。ブロックチェーン技術により、私たちは最高レベルに分散させることができます。私たちのcryptobankがどの国に登録されているのか、私たちがどこにライセンスを持っているのか聞かれると、私たちはショックを受けます。 新しい時代がここにあります!ブロックチェーンをベースにした製品は特定の国にリンクすることができない、ということを意識して理解しなければなりません。収益、賃金などがすべて暗号化され、すべての契約がデジタル形式(スマート契約など)で行われている場合、法人を設立する際のポイントは何ですか? クリプテリウムは法的実体を全く伴わないことがあります。世界のすべての企業が閉鎖したとしても、クリプテリウムは残るでしょう。法廷関連の機能の実行を停止するだけですが、すべての暗号化関連の側面を保持します。私たちが望むなら、私たちは月や火星に登録される最初のcryptobankかもしれません。それが私たちが望む普遍的な管轄の一種です。しかしもちろん、現時点では法的実体を設定する必要があります。これらは、「暗号 - 暗号化」な通信で重要です。 暗号通貨は、現状各国で法整備が整い始めており、政府の政策と協力して取り組まなければなりません。 一部の国では、暗号通貨の法的地位は未定義ですが、シンガポールのように一部の国ではすべて問題ありません。他の国では、中国のように、禁止されるわけでもなく、むしろ後押ししている国もあります。 Crypteriumは実際にその法的課題が同社にとって問題だとは思っていません。 暗号通貨を匿名化することは技術的に不可能であり、それらを完全に禁止することは長期的には非常に貧しい決定になるでしょう。 ブロックチェーン内では、誰でもトランザクションをロールバックしたり、ユーザーを特定したり、ウォレットをブロックすることはできません。 すべてが分権化されており、匿名で永続的な世界です。 プロジェクトのリスク Q:金融サービス業界で問題に直面しましたか、またはCrypteriumの市場のギャップが埋まっていましたか? Crypteriumが今後直面する主な障害は何と思いますか?また、可能な解決策は何ですか? A:当社のプロジェクトのリスクは、革新的な新興企業の典型的なリスクの範囲内である。いくつかの難しさにつまずいて、同じ種類の他の誰かのプロジェクトのために道を舗装する危険性が常にあります。 いくつかのリスクは、一般的に新しいコンセプトであるということです。同時に、私たちがこれまでにやってきたことはすべて革新的で以前は聞いたことがありません。 今、私たちは新しい市場でパイオニアになる機会を得ました。似たようなプロジェクトもたくさんありますが、すべて同じレベルにあります。 暗号化市場では、JP Morganのような人はまだいません。クリプテリウムは市場のリーダーになるチャンスがあります。私たちは他の暗号化銀行と比較されるべきですが、そのセグメントは現在かなり空です。 もちろん、ブロックチェーンによる暗号化銀行プロジェクトは長期的なものであり、今後直面するべき課題はたくさんあります。 しかし、どのプロジェクトに比べてもCrypterium は同等かまたはそれ以上である可能性があります。 https://bab-global.net/ico/crypterium-superiority Q:クリプテリウムを他の部分から目立たせるには? A:似たようなプロジェクトが多く、明確な指導者がいないので、誰もがお互いをよく見ていて、他の人の経験から学びたいと思っています。同時に、他人が複製できなかった技術はありません。したがって、どのプロジェクトも相違ありません。 現在、100〜200件の同様のプロジェクトがあります。今月の数字は500を超えているかもしれません。彼らの大半は私たちのような1〜2の競争上の利点を持っているかもしれませんが、Crypteriumが誇ることができる機能は持ってません。 成功への鍵は、できるだけ早く市場セグメントを引き継ぐことです。特定のプロジェクトの名前を「cryptobank」という用語に関連付けるとすぐに、それ以上は重要なことはありません。私たちはそのようなプロジェクトになる可能性を秘めていると述べてます。 チームは、10年以上にわたりfintechで働いてきた経験豊富な側面を持っており、完成したプロジェクトの広範かつ容易に利用可能なポートフォリオを持っています。 これはプロジェクトの基本的な利点の1つであり、技術に関係なく、成功のチャンスが大きく向上します。 技術的な優位性 Q:あなたの技術的優位性はどうですか? A:私たちは、あらゆる種類の暗号化通信で動作し、他のプロジェクトのICOトークンを受け入れることさえできます。彼らがトークン市場で取引されている限り、十分です。 まず第一に、決済サービスのエコシステムだけを持つ他の多くのプロジェクトとは異なり、支払いサービスと私たちのコンセントの2つのエコシステムがあります。前者は誰にでも簡単にアクセスできます。後者はユニークで、自分自身とパートナーだけがアクセスできます。さらに、そのエコシステムをさらに発展させ、拡大することができます。 第一の利点としては、エコシステムが複数あることです。 これはわかりやすい領域です。たとえば、PayQR(Crypteriumのチームによる別のプロジェクト)は、独自のエコシステムに基づいていました。そして今後、世界規模に展開する予定です。 第2の利点は、銀行の決済サービスからの独立性です。同社は、銀行サービスによらない非接触型の支払いを目指しています。 第3の利点は、商業的な柔軟性が高く、マージンが向上し、顧客にとってより便利で、アウトレットの取り扱いが安価な最適化されたユーザーシナリオです。 さらに、当社のエコシステムの独占的な特徴は、コンセントが暗号通貨を受け入れる意思がある場合の暗号化ユーザーと顧客が決済を受け取り、コンセントが暗号通貨を受け取る場合の独特の支払いスキームを許可することです。 支払いサービスのインフラストラクチャについて言えば、ほとんどの同様のプロジェクトはプラスティックカードで動作します。私たちはそれを離れ、仮想カードだけで作業したいと思っています。 当社の仮想カードは、Apple Pay、Samsung Pay、Android Payなどのさまざまな支払いサービスにリンクすることができます。カードが決済サービスにリンクされると、すぐにオフラインで使用することができます。支払う必要があるのはスマートフォンだけです。または、現金を機械から引き出すことができます。支払いカードは特定の支払いサービスの規定に従って発行されるため、問題はありません。このシナリオにも素晴らしいボーナスがあります。物理カードを使用して待っている間は、すぐにオフラインアウトレットで支払いするために仮想カードを使用することができます。 多くのサービスでは、独自の識別されたカードを使用しています。おそらく主な懸念点としてあるのが、かなり厳しい制限がユーザーに課せられていることです。   Crypteriumは解決策を提供します。上限に達すると直ちに新しいカードを発行するので、すぐにリンクしてサービスを継続することができます。人為的な制限を取り除くことができ、それは完全に合法です。 Crypterium...

暗号化バンキングサービスのCrypteriumの競合上の優位性について

  こんにちは。今回はCrypteriumについてです。 現在トークンセール開催中ですが、同分野の銀行プロジェクトはいくつかありますので比較しながら優位性について説明していきたいと思います。 Crypteriumとは? Crypteriumはクレジットサブトークンとオープンプラットフォームを備えたデジタル暗号化バンキングサービスです。 具体的には、非接触型の決済システムを焦点をあてており、モバイルバンクサービス、法定通貨との橋渡し、オープンAPIプラットフォーム、ブロックチェーンベースの融資などのサービスが利用できます。 トークンセール参加はこちらから 詳細はこちらの記事で https://bab-global.net/ico/crypterium 伝統的な銀行の欠点と暗号化銀行系プロジェクトの未来 伝統的な銀行の存在は2017年の今現在でも、非常に大きく、様々なフィンテック業界での革命が起こっているにもかかわらず、依然として我々は銀行の存在に依存することを強制されています。   伝統的な銀行システムの課題として指摘されているのが、 インフレがマネーの価値に悪影響を与える可能性がある  透明性の欠如  銀行業務のコストが高い  異なる国の銀行間での情報交換は非常に遅い 実際、デジタルウォレットやデビットカードなどがある一方で様々な制限により決済手段の革命はまだ起きていないといえます。その一方で2016年~2017年にかけていくつかのブロックチェーンプロジェクトが銀行の分野でも誕生しています。 そこでブロックチェーンによる銀行業務の暗号化のメリットはどのような点があるのでしょうか。簡単にまとめてみます。 ブロックチェーンによる暗号化銀行のメリット 地方分権化:従来の銀行とは異なり、ブロックチェーンには中央制御はありません。為替レートは、州の規制ではなく市場経済の影響を受けますが、取引自体は標準的な銀行振込よりもはるかに単純で透明です。 取引の高速化:異なる銀行間の取引は数日かかることがあり、通常は営業日にのみ開催されます。ブロックチェーンを使用すると、トランザクション時間を2〜3分に短縮でき、処理は24時間365日で完了できます。 高いレベルの透明性とセキュリティ:ブロックチェーンに加えられた変更は、すべての当事者に公開されています。これにより、ユーザーはトランザクションが意図したとおりに実行されることが保証されるため、プロセスの透過性と完全性が向上します。さらに、すべてのトランザクションを変更または削除することはできません。 不要な仲介者を取り除く:ブロックチェーンの技術により、従業員は複雑な階層を必要とせずに共同作業を行うことができます。技術は、決済、保険、預金および手続きを複雑にするその他の手続きを検証するための手続きの必要性を一度に解消することで、何十もの無駄な仲介手数料から解放されます。 営業費用の減少:サードパーティの仲介業者および追加の操作のコストを除いて、ブロックチェーンは支払いコストを大幅に削減することができます。 こうしたメリットを生かしたプロジェクトはいくつかあるわけで、競合が多い市場であることは間違いないです。 暗号化銀行の競合プロジェクト Crypteriumと競合的になる存在としてはいくつか挙げられます。 Everex:銀行口座は必要なくどこの通貨であれ、世界中どこでも、移転、借入、取引が可能。30秒以下のセッティングタイム、取引コストは数セントで済む Change:グローバルな暗号化銀行を目指すプロジェクト、多種の投資機会と金融サービスが利用できる BANKEX:非代替資産流動性の問題を解決するプロトコル。このプロトコルでリリースされたすべてのトークンは、アセットによって1対1に保証され、PoAプロトコルは、本質的にBaaS(Bank-as-a-Service)とブロックチェーン技術に基づく Monetha:消費者と販売者の間の第三者のない強制的な契約に基づく分散型の信頼と評判システムであり、暗号通貨の支払いを重視する Dether:地方の誰もが現金でETHを購入し、近くの物資店でそれを使うことを可能にする分散型ピアツーピア・イーサネット・ネットワーク。銀行口座は必要なく、インターネットにアクセスできるスマートフォンのみ Electroneum:モバイル上で暗号通貨への簡単なアクセスとマイニングを可能にする などが競合として挙げられます。ほかにもありますが同時期のプロジェクトで比較的内容が近いものをピックアップしました。では、これらのプロジェクトと比較した場合のメリットはどうでしょうか。実際に比較してみます。 重要な項目による比較 暗号化バンキングサービスという大きなくくりで比較したい場合に重要な課題をいくつかあげます。 ビジネスモデル トークンの存在と特性 カードの発行 暗号通貨のサポートとウォレット 法定通貨のサポート 融資(レンディング)サービス セキュリティとリスク管理 取引手数料 取引所交換サービス API統合による支払いシステム(ピアツーピア) ビジネスモデル Crypterium:取引、レンディング Everex:取引、レンディング Change:取引、投資、銀行サービス BANKEX:金融・銀行サービス(Baas) Monetha:取引、支払いサービス Dether:暗号通貨取引 Electroneum:暗号通貨取引、マイニング Crypteriumのビジネスモデルとしては暗号通貨の取引サービスとレンディングであり、Everexと非常によく似ています。 トークンの特性 Crypterium(CRPT):取引手数料のガス、ローンのためのクレジットトークン(CRED) Everex:取引手数料、レンディング Change:銀行サービス、取引手数料、収益分配 BANKEX(BKX):内部のサービスや商品の支払い手段 Monetha(MTH):ネットワーク内のインセンティブ Dethe(DRT):アプリ購入と買い戻し Electroneum:モバイルマイニングエクスペリエンスによる簡潔な暗号通貨へのアクセス機会、マイニング権利 Crypteriumのトークンの特性としては、プラットフォーム上の取引手数料とレンディング仕様権利です。 カード発行(スピード) Crypterium:アプリでデビットカード即発行 Chnage:プラスチック・デビットカード Changeやbankeraもできますが他のプロジェクトはこのようなサービスはありません。今回はプロジェクトの相違性から比較対象にはしていませんが以下のプロジェクトでカード発行ができます。 tenX:2週間(プラスチックカード) Tokencard:2週間(プラスチックカード) Crypteriumはカード発行もありますが他社とは異なり、非接触型のシステムに重きを置いているため、プラスティックではなくバーチャルカードです。そのため即時発行が可能です。 キャッシュバック crypterium:トークン保有数に応じて0.15%のキャッシュバック change:0.05% monetha:毎月収益の三分の一が分配され、ロイヤリティプールでは0.2%の追加ボーナス 通貨管理ウォレット Crypterium:あり Change:あり ウォレットではモバイルバンクアプリを開いてQRコードスキャンを介した簡単な決済が可能になります。 通貨サポート Crypterium:BTC、ETH、XRP、LTC、DASH、NEM、NEO、IOTA、XMR、その他 monetha:ETH dether:ETH 他社に比べて多種類の主要な暗号通貨をサポートしている点がメリットです。 法定通貨のサポート Crypterium:あり Everex:あり Change:あり BANKEX:暗号通貨から法定通貨への受け渡し Monetha:イーサリアムとの互換性あり Dether:イーサリアムとの互換性あり Electroneum:なし 暗号通貨と法定通貨の橋渡しは課題でもあり、その面ではCrypteriumは伝統的な銀行サービスをライセンスを取得しることで開始することも目指しており、これにより暗号通貨と法定通貨のピアツーピア取引を実現します。長期的なものですが、法定通貨のサポートも視野に入れてあることはメリットです。 レンディングサービス Crypterium:CREDトークン Everex:あり Change:あり BANKEX:BKXトークンでのP2P融資 Monetha:なし Dethe:なし Electroneum:なし 融資の特徴としては以下の点があります。 即時融資 スコアリングシステムによるリスク低減 融資において課題となっているのがリスク管理と透明性ですこれをブロックチェーン技術により改善します。 資金のセキュリティ Crypterium:ウォレットとスマートコントラクト Everex:あり Change:ウォレットとスマートコントラクト BANKEX:エスクローとスマートコントラクト Monetha:スマートコントラクト Dethe:ライトウォレットとスマートコントラクト Electroneum:秘密鍵   取引手数料 Crypterium:0,50% Monetha:0% この手数料は自動的に市場でのトークン購入に割り当てられ、燃焼されます。つまり、取引量が増えていくほど相関してトークンの価値が上昇していくことも予想できます。 通貨・取引所交換サービス Crypterium:あり(CrypteriumSX) BANKEX:あり(formula 4 bankex) Crypteriumの場合は、ピアツーピアのマッチングシステムとサードパーティ製のアルゴリズムに基づき、リスク管理とデータ分析による予測行動が行われます。 オープンAPI Crypterium:オープンプラットフォーム Everex:あり Change:3つが統合済み(smartly、bitofproperty、danabijak) BANKEX:スマートコントラクト開発 Monetha:なし Dethe:未定 Electroneum:サードパーティAPI支払い CrypteriumのオープンAPIプラットフォームは、クラウドストレージ・外部取引所・ゲートウェイ・認証プロトコルに接続されます。 特徴としては 3年以上のテストに基づく高度な支払い モジュール構造 サンドボックス サードパーティの支払いサービス などです。 また、詳細の比較はCrypterium のmediumブログで確認できます。表はこちら   結論 Crypteriumと最も近いのはEverexであり、ユーザーには非常に似た価値をもたらします。取引コストの低さ、暗号通貨と法定通貨のオペレーションの世界的な利用可能性:国際移転、P2P融資、交換可能性などが両社では見られます。 Everexは、ブロックチェーン経済の力によって銀行サービスを利用するための銀行口座をまだ持っていない人々に関するものです。Crypteriumは、法定通貨と暗号通貨の操作に深く関わっている大都市の住人に焦点を当てています。ターゲット層は大きく異なります。 Crypterium の競合上の優位点としては、プラスチックカードに依存するのではなく、あえて非接触型の幅広い金融サービスを提供し、それに加えてクレジットトークンにより、レンディングサービスも使用できます。また、技術的な要素も整っています。 なお、トークンセールは、開催中です。 $9,696,201(約11億円)調達済みです。20-33%のボーナストークンで購入できます。 トークン購入はこちらから 関連リンク 公式サイト: https://crypterium.io/ トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/ 白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72 my profile 0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary  

CrypteriumのICOレビュー

  こんにちは。今回は、暗号化銀行を目指すプロジェクトであるCrypterium のレビュー記事です。 Crypterium についてはこちらを参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/crypterium Crypteriumのレビュー 今回も、9つの項目と五段階評価で、総合的なICOの参加価値を決めたいと思います。 ①実績のあるチーム・企業であるか チームは14人から構成されています。 共同創業者のそれぞれは、金融業界、特に銀行や暗号通貨で豊富な経験を持ち、評判を重視しています。 戦略ディレクターは、 Giga Watt、Paragon、Tokenstars、その他多くの成功したICOを開始しています。 また、特に法務アドバイザーが重要であり、 Crypterium のこの役割は、自身の法律事務所の創設者であるカトリーナ・アーデンが行います。 カトリーナアーデン Blockchain Law Groupの創設者 カトリーナ・アーデンは、米国カリフォルニア州でライセンスされた弁護士弁護士です。彼女は2016年以来ブロックチェーンのコミュニティに参加し、Blockchain Technology、製品とセキュリティトークンの発行、暗号の問題に関するコンサルティングを行っています。 彼女は、複数のトークンセールプロジェクト(Cryptonomos、Giga Wattプロジェクト、ICOBoxなど)にも助言しています。 彼女がそのような役割に同意したことは、厳格な契約と尊重に値するプロジェクトを締結することが求められるため、必然的に信頼も置けます。 キースティアレ Accelerated Digital Venturesのエグゼクティブチェア Archimedes Labs、Minds and Machines Inc、MedCo、EasyNet、RealNamesなど数多くの重要な企業の過去および現在の主要人物で、KeithはTechCrunchの共同設立者の一人です。 エリー・ガレム イーストモア・グループの最高投資責任者 数学者および量的ヘッジファンドCIO、ElieはBancor、Legolas...

Crypterium(クリプタリウム)新たな暗号化バンク系ICOソリューションが始動

  こんにちは。今回はCrypteriumというICOに関してです。 金融系であり、Change ,Bankera同様に暗号化の銀行を目指すプロジェクトであり、デジタル通貨、暗号通貨に積極的な姿勢がみられるエストニア発の暗号通貨です。 Crypteriumとは? Crypteriumは、支払いインフラストラクチャと可能性の拡大、新たな暗号通貨の支払いシナリオの作成、金利の引き下げにより、分散型の未来の銀行を目指す金融系プロジェクトです。 目標は世界最高のブロックチェーン愛好者のコミュニティ全体からの最高のアイデアを含む、完全に垂直統合されたサービスを提供することです。 https://youtu.be/GfLNTEcBTfI Crypteriumプロジェクトの背景 暗号化のバンク市場規模は、10兆ドル以上の拡大予測がされている一方で、 伝統的な銀行の存在が非常に強く、潜在的なフィンテックまたは暗号化の可能性があるにもかかわらず、未だ革命が起きていません。 そこで、今回のCrypteriumだけでなく、Rippleから始まり、同時期のChange bank、Bankeraなどの暗号化銀行プロジェクトが先駆けて誕生しています。 Crypteriumプロジェクトの内容 プロジェクトの内容としては、一般的な我々暗号通貨コミュニティと、企業向けのソリューションに分けられます。 ①モバイルCryptobank2.0 4200万ストアの制限なしで即時暗号化の支払い ロイヤルティプログラムとキャッシュバック NFC、QR、ApplePay、AndroidPayによる非接触決済 こちらのサービス内容は後述します。 ②暗号化ソリューション 小売業とサービスのあらゆる分野のソリューション POSソフトウェアとのネイティブな統合 クリプト・トゥ・ファット決済 こちらは、主に企業への暗号化ソリューションです。 ③オープンAPIプラットフォーム 異なるソフトウェアの実装を容易にするモジュール構造 3年以上の開発テストから 細かく調整された高度な支払い処理技術 小売暗号化ソフトウェアとソリューションのためのAppStore 初期段階の開発とソフトウェアのデバッグ 用の 「サンドボックス」 分散型Crypteriumサーバーインフラストラクチャ  サードパーティの支払い財布またはサービス(PayPal、Gyft、WeChat、Alipay、PayTM)との統合 ④ブロックチェーンベースのクレジットローン(CRED) 世界中の即時融資 現在のスコアリングシステムとスマートコントラクトの組み合わせ 流動性の交換とリスクの低減を統合 クレジットサブトークン(CRPT:CRED)は、ブロックチェーンに基づいて、本格的な銀行業務構造と利息の相互作用を作る機会を提供します。 具体的なCryptoBank2.0の機能 機能は主に以下に基づきます。 Cryptowallet   CrypteriumSX(スマート交換機) Crypteriumの技術プラットフォームは、最も効率的な自然のピア・ツー・ピア・フロー全体の売買マッチングだけでなく、サードパーティ製の暗号交換を保証するアルゴリズムに基づいています。すべての取引は、継続的にリスク管理を強化し、予測行動を識別するためのデータを分析し、専用のデータ・ウェアハウスに格納され、それを順番に暗号通貨交換プロセスを最適化するために、Crypteriumを可能にします。 サービス内容 一般的なサービスは以下です。 売買:BTC、ETH、XRP、LTC、DASH、XEM、NEO、IOTA、XMRおよび他の多くの暗号通貨とトークン 制限なしの銀行カードを含む任意のblockchain財布のアカウントへの国際移転、 反マネーロンダリング目的のために適用されるもの以外の制限 暗号資産間の変換と交流 電話、ユーティリティ、罰則、ローン、税金、インターネット、などのサービスのための直接支払い 自動口座引き落としの支払い 取引履歴データ フィアットの通貨取引 以下は予定されている追加サービスです。 多通貨取引(ライトオフ、複数の通貨を同時に) 写真支払い - 単に請求書の写真を撮ってCrypteriumに送信することで支払います。(追加料金が発生する場合があります) CrypteriumインフラユーザーのためのQR支払い 伝統的な銀行サービス(銀行ライセンス取得)の開始 暗号通貨サービスと共存するために、古典的な銀行サービス  暗号とフィアット通貨転送をピアツーピア取引 暗号預金を獲得インタレスト 銀行ステートメント 給与アカウント ロードマップ 開発ロードマップはこのようになってます。 2017年12月〜 〜2018年2月: Crypterium モバイル銀行の開発 〜2018年4月: オープンAPIプラットフォーム開発 〜2018年9月: クレジットトークン・プロトコルの開発、スコアプラットフォームとの統合、自主規制のトークン交換アルゴリズムの設定 2018年3月〜6月 CryptoAqueringソリューションの実行。 CrypteriumSX テクノロジー開発 2018年4月〜6月 OpenAPIに基づくソフトウェアAppStore ロードマップ詳細はこちら Crypteriumの強み チームの背景 Crypteriumの管理チームの多くのメンバーは、ヨーロッパで最も革新的なFintechセクターの一部であり、デジタル支払いと銀行業務ソリューションを開発するのに10年を費やしてきた経験豊かなデジタルペイメントの専門家です。このチームは、経験豊富な金融専門家と、いくつかの異なる市場や国で働いている経験豊富なCレベルのエグゼクティブによってサポートされています。  Workle(デジタル販売プラットフォーム )PayQR(ロシア有数の独立した非接触型決済プラットフォーム)を含め、開発を担当してきたフィンテックプロジェクトへの$ 50m以上の投資額を調達しています。   これまでの経歴: 2013 非接触型決済技術:QRコードのスキャンに基づいてモバイル決済ソリューションを開発する。投資ラウンドAで$ 1mを調達 2015 日常の支払いのためのユニバーサルツール:最も一般的な日常のニーズのための普遍的な決済アプリケーションを提供する最も人気のあるEコマース小売サービスに300以上の統合。ラウンドB中に$ 7mを調達 2017 インターバンキング直接支払プロトコル :支払いプロセスを確保するための鍵であるダイレクトデビットプロトコルの作成は、その支払の経験と報酬に集中するユーザーを有効にする、実質的にゼロ手数料を適用することができます。 プロトタイプが存在する MVPはほぼ準備ができています。アプリケーションへの公開アクセスはすぐに表示されます。今のところ、内部テストとデバッグの過程にあり、決済アプリケーションの開発において豊富な経験を持っています。そのうちPayQR、Bonus Club、SaharCardなど。 MVPはこちら Crypteriumは2017年のデジタル専用銀行のトップ50にランクイン Crypterium は、Financial ITが集めたトップ50 Digital Only...
error: Content is protected !!