【再読】ホワイトペーパー中心に改めてChange(チェンジ)のトークンホルダーのメリットについて考えてみる

  こんにちは。順調にクラウドセールで調達してきているChangeですが、終わりが近づいてきてますので、改めてトークンを持つメリットがどこにあるのか、ホワイトペーパーを中心に読み取ってみたいとおもいます。 Changeとは? Changeについては、こちらの記事を参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/change Changeの目指すところ Changeはグローバルな暗号化された銀行を目指しています。 ブロックチェーンや仮想通貨などデジタル革命が様々起こり、デジタル資産やデジタルウォレットの可能性が広がりつつある中で、銀行業界は、大きな革新がこれといってなく、我々の資産や貯蓄は、未だに伝統的な方法での管理下に置かれています。 そこで、Changeは、フィンテック革命に伴い、 フィンテックの完全な統合市場を担うグローバルな未来の銀行を創造する ことを目指しており、そのプロジェクト達成のために今回ICOを行なっています。 ビジョンの支えとなる要素 ビジョン達成のためにchangeが提供するものは以下の要素です。 モバイルアプリによるグローバルな習慣化プロセス(on bording) Changeは、世界中の人々がどこからでも自由にアクセスできるモバイルアプリケーションプラットフォームでを提供します。 これにより、ユーザーは、トークン化されたKYC情報を介して、第三者のサービスプロバイダとの取引を可能にします。 デジタルウォレット 暗号化されたウォレットで、自身の暗号通貨やポートフォリオ管理、資産の簡単な移転、およびその他複数の機能が使えます。 また、最先端のブロックチェーン技術を駆使して最大限のセキュリティとプライバシーを提供します。 Change Card(チェンジカード)による決済 参照:https://change-bank.com/ 様々な規制で不便な暗号通貨の現金化状況の中、changeは、簡単にオフライン、オンライン関係なく決済できるカードを提供します。 発行元は、ヨーロッパのビザ、マスターカードなど主要な決裁ゲートウェイであり、電子証明と詐欺に関するリアルタイム更新を含む強力なセキュリティプロコトルを備えている ChangeCoin(チェンジコイン) Change Bankの共通通貨でもあるChange Coin(CAG)を発行することで、ユーザーに様々なメリットをもたらします。 メリットについては次項でも説明。 トークンホルダーのメリット ホワイトペーパーにも挙げられているホルダーのメリットは以下です。 ICOでの提供と取引所での売買利益 ICOでチェンジコインを購入でき、もちろん市場でも様々な暗号通貨との取引が可能になり、ユーザーはその売買利益の恩恵が受けられます。 チェンジカードによるキャッシュバック チェンジカードを持つユーザーは、決済するたびにチェンジコインの形で、0.05%のインセンティブを受け取ることができます。 Change Bank会社による収益分配 メリットとして、ユーザーは会社側から2つの収益分配を得られます。 1つ目の分配 ChangeBankの収益のうち20%は、市場投資家とチェンジコインホルダーに1:5の比率で分配されます。 つまり、トークンホルダーは、83.33%の分配利益を受け取ります。 分配の例 例えば、私がICOでChangeCoinを5ETH分購入したします。 TPSPsのうち83.33%×私がホールドしているChangecoinの数量(5ETH)/Changecoinの総発行枚数(250000ETH) この計算に基づいて、毎月収益分配が得られます。 みてわかる通り、この収益は、自身が保有する枚数にもよりますが、チェンジバンク会社側の利益にもよります。会社側の利益は市場利益やカード収益なので、成長すればするほどカードなどのサービスを利用するユーザーが増え、我々の分配も増えていきます。 2つ目の分配 もう1つは、上記のような全てのユーザーへの支払額のうち0.5%がさらに、Changecoin保有者に分配されます。 例えば、チェンジバンクのユーザーの中で平均で月間1000ドルの収益を得るユーザーが1万人いる場合、トークンホルダーには合計で年間60万ドル相当の分配があります。 ユースケース 実際に例を挙げて流れを見てみましょう。 支払いの流れ チェンジカード保有者は、チェンジウォレットで保有している暗号通貨を通じて、マスターカード加盟店で決済することができます。 ユーザーが支払い手段の暗号通貨を選択し、チェンジカードで支払うと同時に、カードプロセッサーに要求が出されます →発行元がチェンジに承認を求める →チェンジがユーザーに支払い要求を送信 →承認後に、ウォレットから相当量をチェンジに送金 →チェンジが発行元へ支払いを承認 →取引が許可されると、我々は0.05%のキャッシュバックをチェンジコインで受け取ります。 市場の流れ ICOまたは取引所でChangeコインを購入する →投資のためのTPSPサービスを利用するためにチェンジコインで支払う →投資額を決定したら、同等の価値を提示する →TPSPからポートフォリオが提供され、ユーザーに通知が来ます →承認後にTPSPは、チェンジコインをユーザーから受け取り、コインを法定通貨に変換します。 →TPSPはその法定通貨を投資し、カスタマイズされたポートフォリオを発行します Changeの技術内容 オープンAPIによる多種の可能性を広げる ChangeのAPIは、オープンソースでありTPSPが相互作用できる重要なテクノロジーの1つであるRESTAPIを用いてます このAPIを使用することで、TPSPは標準化された方法で市場に関与し、サービスを開始、表示できます。 また、様々なビジネス要求に応じて、異なるクラスのサービスを提供します。 すべてのデータ、機能、サービスをチェンジの金融エコシステムに参加したい第三者(開発者)に公開することで、システムを統合して革新的なサービスを拡大することができます。 API統合によるKYC金融エコシステム 前述したオープンなAPI統合により、様々なKYC情報がチェンジのエコシステム内で流通することを可能にします。 統合された1つのTPSPに1つのデジタルIDが適用され、チェンジプラットフォームは業界標準としてより多くのファンテックをエコシステムへ導入します。 これらの技術により、チェンジは、多様な金融エコシステムを作ることを目指しています。 開発陣とアドバイザー 開発チームは、CEOのクリスチャンを筆頭に、10人程度と多くはありませんが、アドバイザーが多彩です。 メインアドバイザーには、金融サービス業界の牽引者でもあるマイクロソフトのリーダーや、戦略アドバイザーとしてDHLの元CEOなどが関ってます その他、提携先でもあるエストニア政府のプロジェクトe-Residencyのリーダーなども関わっており、チーム構成としては、申し分ないかなという印象を受けました。 また、CEOは積極的にメディアにも出演しており、マーケティング戦略も積極的な姿勢が伺えます。 ビジネスインサイダーやCNBCにも取り上げられてますね。 懸念点と今後の課題 まずは、一番私も気になるチェンジバンクが発行するカード自体が使えるかどうかですが、以下の点も気になります。 会社がどこまで成長するか Changecoinを保有するメリットとして大きくあるのは収益分配です。 ユーザーが増えなければ、会社の利益も増えませんし、トークンをすでに、保有するユーザーも減るかもしれません。 すでに、デジタルウォレット産業も進んでますので、その支えとして、カードやデジタルウォレットなどのコンテンツ開発が重要なカギとなりそうです。 また、その他サービスも重要になって来ます。 他者との競合性     暗号通貨とフィアット通貨の架け橋となるカード系は、他にもたくさんあります。 代表的なのがTenX(PAY)ではないでしょうか。こちらもICOでは成功例であり、分配などの様々なトークンホルダーのメリットがあります。また、同時期にICOが行われたBankeraも比較対象として出ています。 こことの競合性もみていく必要がありますし、強い存在でもあります。 こちらの記事ではチェンジとの他者との比較がされており、優位性について述べられています。以下引用して要約します。 暗号化バンクの比較 - TenX、Monaco、Change、Polybius、TokenCard、Bankera(要点まとめ) 最近では、アジアやヨーロッパからの高プロファイルなICOがあり2017年、これらの「暗号化銀行」は総額1億5000万ドルの資金調達を行ってます。TenXは8,000万USD(245,832 ETH)、Polybiusは3200万USD(12 379 BTC)、Monacoは2500万USD(71,392 ETH)、TokenCardは1,300万USDを調達しました。 2017年にまだICOを行なっている2つの高プロファイルICO、Change&Bankeraがそれぞれ7500万ドルと210百万ドルを調達しています。 我々は、この業界の成功要因となると考えられる分野でこれらの企業を比較して、6つの主要な「暗号銀行」について広範な分析を行いました。 分析結果 - 2017年8月 私たちは、暗号バンクが運用上、製品固有の、信用度の変数で最も効果的に比較できることを発見しました。運用面からは、製品ステータスと規制環境が最も重要な役割を果たすことがわかりました。重要な規制上の承認またはライセンス取得が困難なプラットフォームは、リスクのプロファイルと不確実性の増加により格下げされています。 プロダクトごとに、提供されるサービス、料金、および受け入れられた暗号化された通貨の量に関するものです。 3つ目の最も重要な要因は、評判の良い機関からの支持とチームによって行われた以前の作業を見たときの信頼性です。 暗号化バンク系ICO分析 私たちの分析によると、ICO後のカテゴリの優勝者はTenXです。 Polybiusは異なるサービス提供の点ではっきりと洗練されたコンセプトを持っていますが、後退のリスクも高い。TenXはすでに実用的な製品と重要なフォローを持っており、Vitalik...

【進捗】Change(チェンジ)のICO進捗報告とアフィリエイトプログラムについて

  こんにちは。今回は、注目しているICOであるChange(チェンジして)の進捗を追ってみたいとおもいます。 クラウドセールは、開始されてます。 ICO調達状況 ハードキャップである250000ETH(約75億)のうち事前販売で100000ETH調達し、 その後、残りはメインセールにていくつかのボーナスステージで販売されてます。 最初の24時間の20%ボーナスステージでは、1000万ドル調達 その後の15%ステージも終了し、60000ETHの枠がある10%ステージも間も無く終了します。 https://change-bank.com/ メディアでの成功例 いくつかのメディアチャンネルで私たちのビジョンを共有する機会を得ています。 BBCワールドニュース: Kristjan Kangro、changeのCEO Change BankのCEO Kristjan Kangroは、シンガポールのBBC World Newsにて24時間で1,000万米ドルを調達した後、中国における暗号通貨の現在の規制環境と変化の未来について議論しました。 ニュースチャンネル その後、CEOのクリスチャンはChannelNewsAsiaにも在住し、そこで暗号通貨の将来についてのビジョンを共有し、Changeがその未来にいかに相応しいかを共有しました。 マーケットインサイダー Changeチームは、14,000人以上の支持者からなる情熱的なコミュニティを集めました。世界中の2,000人以上のメンバーが参加している公式テレグラムチャットグループのチームメンバーとそのコミュニティの間で、タイムラインを中心に活発な議論が行われました。 コインテレグラフ 暗号分野で最も評判の高いニュースソースの1つであるCoin Telegraphは、ChangeのパートナーであるArturLuhaäärの言葉を引用しています。 伝統的な銀行は時間、消費者の経験、透明性が不十分で、優れた商品やサービスで何千年ものライフスタイルに対応することができず、今日の銀行にとっては間違っています。 公式サイトでは、その他多くのニュースチャンネルを見ることができます。 https://change-bank.com また、Youtubeでも広告を見かけますし、宣伝においては、かなり積極的なイメージです。 現時点での一般ユーザーからの注目度は? ICOが開始してからの経過として、一般ユーザーからの注目度は、比較的高めとおもいます。(9月25日時点) 公式サイトのアクセス解析では、 日本とアメリカで非常に人気なのがわかります。そして、他はシンガポールを中心にアジア圏ないです。 ともあれ、日本はICOに限らず、暗号通貨への関心がやはり大きな国ですね。 ソーシャルメディアのフォロワー数は以下。 Twitter:3000超 Telegraph:2000人超 Slack:トータルで2000人弱程度 注目度は標準的かなとおもいます。  アフィリエイトプログラムを始動 公式にアフィリエイトプログラムが始動しています。 5つのIPHONE X贈呈 Changeは、5つの新しいiPhone Xモデルをコミュニティに提供します。3つのiPhoneがTOP 3のアフィリエイターに配布され、2つがTOP 50のうちランダムに2人のアフィリエイターに割り当てられます。 報酬制度 1ETHの寄付ごとに50CAGを授与されます。下の表には、上位50のアフィリエイターがどれだけ多くの資金を調達しているかが示されています。 50未満であれば、結果をもたらしたアフィリエイター関で抽選が行われます。あなたが共有するほど、多くの報酬が得られます。 ライブボードは15分ごとに更新されます。 参加方法 公式サイトにサインアップ アフィリエイトプログラムのページにメールアドレスを入力するだけです。 ※有効なメールアドレスを登録して、タイプミスを再確認してください。確認メールは送信されません。あなたのメールアドレスに固有のリンクが紐付けされます。 すると、リンクが表示されます。   誰でも参加できます 最後に Changeはアメリカと日本で、特に注目されているようですが、大規模な広告も行なっており、積極的なマーケティングがうかがえます。 間も無くクラウドセールも終了しますので、参加者は、あらためてトークンの受け取り方法など確認しておいてください。 上場予定は特にアナウンスはありませんので、公式からの情報があり次第、共有します。 ICOの参加方法はこちらを参考 https://bab-global.net/ico/change-presale Change関連リンク 公式サイト:https://change-bank.com/ ホワイトペーパー: https://drive.google.com/file/d/0B4RKXcemFwwbNW5wVGtBMWM0c2s/view  

Change(チェンジ)の本セールは9月16日から!参加方法について。

  こんにちは。今回はいよいよ正式セールが始まりますChange(チェンジ)のICOについてです。 日本時間で、明日9月16日23時に行われます。プレセール同様に参加方法や内容について見ていきましょう。 プレセールで36000ETH以上を調達 プレセールは、9月9日から行なわれ、約1週間で イーサリアムで36000ETH(調達時のレートで約10.8億)を記録的に調達 Change そして、シンガポール時間の9月16日午後10時にメインセールが行われます。 Changeメインセール内容 ※開始時間: シンガポール:10PM ニューヨーク:10AM ブエノスアイレス:11AM ロンドン:3PM ケープタウン:4PM 日本:23PM(午後23時) ※最小参加ETH額:0.5ETH Changeはまた、プレセール中のセキュリティ対策、直面した課題、取られた措置を強調して、セキュリティの要点を発表しました。 また、プレセールとは異なり、参加に必要な最小ETH額は0.5TEHですので、比較的しやすくなってますね。 さらに、初期の参加者に報酬を与えるために3つのボーナスティアが用意されてます。(Early Bird Bonusというやつです) ボーナス詳細 最初の24時間:20%のボーナス 最初の1週間:15%のボーナス 2週間目:10%のボーナス 早い方がお得です。参加方法はプレセール時の記事を確認ください。プレセール時同様に、公式サイトで指定されたアドレスは送金することになります。 https://bab-global.net/ico/change-presale チェンジメーカーカードの贈呈 そしてさらに、ICO期間中最高額を投じた上位100名の投資家には特別に、Changeのプレミアム付きのカードが贈呈されます。 カードには1〜100の番号が付けられ、イニシャルが刻印された金属メッキが施されます。   BBCワールドニュースにChangeのCEOが出演 CEOのKristjan KangroはシンガポールのBBC World Newsに出演し、24時間で1000万ドルを調達した後、中国における暗号化の規制環境とChangeの未来について議論しました。 Kristjan Kangro、Change BankのCEO は中国における最新の規制変更がChange Bankにどのような影響を与えるかを説明していました。内容は以下です。 Q.ChangeのICOに直接的に影響することはありますか? A,他のICOと比較すると、ChangeのICOは24時間で1,000万米ドルを上回る成功を収めました。今週の土曜日、私たちは主な販売を行い、中国に拠点を置くわけではないので、これが直接的に影響を与えるとは考えていません。 Q.暗号通貨市場はこれからも規制される必要があると思いますか? A,私は、消費者保護は非常に重要であり、中国はICOを禁止したことで、正しいことをしたと思う。そこにも多くの否定的側面があるからです。すべての詐欺事件に対して、今回のChangeのような非常に成功したICOもあり、これは群衆養成の歴史の中で最も速い資金調達の一つです。 と、大まかですが、このような内容を述べていたようです。 最後に Changeは、プレセール中に1,000万米ドル以上の調達に成功しました。メインセールは、シンガポール時間の9月16日に午後10時に開始されます。 私は上限の関係でプレセールには参加できませんでしたが、メインセールには参加予定です。楽しみに待ちましょう。 関連リンク 公式サイト 2,000人以上のメンバーを持つテレグラム:https://t.me/ChangeBank

Change(チェンジ)のプレセールは9月9日から。参加方法や注意点は?

  こんにちは。先日ご紹介しました、グローバルな暗号化銀行を目指すICO、Change(チェンジ)のプレセール概要が発表されました。詳しく見ていきます。 Changeに関する記事はこちら Changeの公式サイトはこちら プレセール前のアナウンスが来ました メールの内容を簡単に訳します。 初期投資家は、9月9日(土)、シンガポール時間午後10時(日本時間午後10時)にプリセールスを開始することができ Change Bankの事前販売に参加する投資家は、30%までの割引やChange MakerカードやChange Investorカードの排他的所有権など、幅広い利益を得ることができます。 9月9日に販売が開始されると、販売前アドレスのメールが届きます。 ニューヨーク:午前10時 ブエノスアイレス:11時 ロンドン:午後3時 ケープタウン:午後4時 コミュニティの利益のためにハードキャップを下げる Changeは急速に変化していますが、それに伴い暗号通貨市場も全体的に変化しています。 最初にICOの目標を設定したとき、ETHはかなり低かったため、不必要に大きすぎる資金調達によって影響を受ける投資家のリターンを回避するために、ICOのハードキャップを20万ETHに引き下げることに決めたとのこと。 さらに、コミュニティの過半数を参加させるために、事前販売上限を50,000 ETHに引き上げ、これにより、コミュニティにChange Coinが公平に配布されることが保証されることになりました。 ICO参加方法 ここでは、プレセールの参加方法を説明します。 不明な点は、https://change-bank.com/contact/にお問い合わせください。 まず、ICOに参加するには、イーサリアムが必要です。この例では、イーサリアムの購入とMyEtherWalletを使用して投資を行います。 取引所でイーサリアムを購入する 各取引所でイーサリアムを購入しておきます 取引所からMyEtherWalletにイーサリアムをデポジットする アカウントのイーサリアムを外部の財布に引き出す必要があります。交換用ウォレットからICOに参加できないためです。 財布はMyEtherWalletの使用をお勧めします。 MyEtherWalletを作成する MyEtherWalletにアクセスをクリックします。  ここでは、自身で強固なパスワードを決めて入力します。(2桁以上、特殊文字、記号含める) ウォレットを作成したら、受け取り用アドレスとプライベートキー(ウォレットを開封するための秘密鍵)を確認します。 自身のイーサリアムとプライベートキーを確認して、保存しておきます。 デポジットする際は、このアドレスにETHを送金する形となります。  プライベートキーでログインします。 送金する際ですが、バーから「Send Ether&Tokens」をクリックします。 送金の際は、ICOのChangeWebページに表示されるをクリックし、次のフィールドに以下を入力します。  送金あてアドレス: トークンシンボル:CAG Decimals:9 これが完了したら、をクリックし、リストからCAGティッカーを見ることができます。 プレセールは9月9日からですので、既に終了し、本セールが始まっています。 関連リンク 公式サイト https://change-bank.com/ メール問い合わせ先 https://change-bank.com/contact/

Change(チェンジ)ICOのBounty(バウンティー)賞金プログラムの概要と参加方法について

  こんにちは。今回は、前回ご紹介したICOのChange(チェンジ)に関してです。みなさんは、ICOにはBounty(バウンティー)という賞金プログラムがあることはご存知でしょうか? 簡単に言うとこのプログラムに参加して条件を満たすと、無料でトークンが割合に応じて配布されるという素敵なプログラムです。万が一、ICOで買えなくても保険として参加しておくとあとあと生きてくると思います。 早速詳しく説明していきます。 Change(チェンジ)のBounty概要 詳しい内容はこちらで確認できますが、英語なので和訳して解説します。 As a way to reward our community, we are distributing 2% of all Change Coins in our Bounty Program. The bounty pot will be...

Change(チェンジ)のICOとは?エストニア政府提携のグローバルバンクを目指す暗号通貨

  こんにちは。今回は九月から新しく始まるICOのご紹介です。エストニア政府が関与するバンク系のものということで巷で話題になりつつある暗号通貨です。バンク系はすでにRipple(リップル)が有名ですがなぜこのChange(チェンジ)がいいのか詳しく見ていきましょう。 Change(チェンジ)とは? Change(チェンジ)は暗号通貨を中心としたグローバルな銀行を目指したICOプロジェクトです。 世界各地の人々に革新的なサービスを提供する最初のグローバル・バンクを構築するために始まり、使命として、金融セクターの国境をなくし、すべての市民が代替金融サービスにアクセスできるようにすることを可能にします。 これにより、地方規制当局と伝統的な銀行が作り出した人工的な独占管理体制から解放させるという意図があります。 エストニア政府が手掛けるE-residencyプロジェクト提携 Changeはシンガポールで2016年第1四半期に設立されましたが、CEOはFinTechに焦点を当てたシンガポールのベンチャーファンドのCFOであり、在任期間中に金融サービスの新興企業が増えたことに気付き、ブロックチェーン技術の登場とともに投資のための分散型市場を創出する独特の機会を見出しました。 また、Changeは世界でも先進的なデジタル社会であるエストニア政府のe-Residencyプロジェクトと提携しています。 E-residencyとはエストニア共和国によって運営されている地球市民のための新しいデジタル国家であり、エストニアは、世界で誰でも利用できる政府発行のデジタルIDであるe-residencyを提供する最初の国となっています。E-Residencyは、信頼できるEU環境下でグローバルビジネスを容易に開始または実行するための自由権利を提供するものです。この予定されている1000万人の電子住民にもChangeが適用される予定です。 また、開発チームはChangeはKristjan Kangro(CEO)、ArturLuhaäär(Smartlyのパートナー、CEO)、Gustav Liblik(パートナー、First MetaのCEO)、Edgars Simanovskis(CTO、ブロックチェーン開発者)によって行われます。 ChangeはFinTechとcryptocurrencyの各分野の企業と定期的にミーティングを行っています。BitOfPropertyは不動産群集の投資プラットフォームである一方、SmartlyはシンガポールのRoboアドバイザーです。ユニバーサル・チェンジ・マーケットプレイスに入り、多数の投資機会と金融サービスを利用でき、これらのサービスのうち3つはすでに統合されています。また、これらのサービスが将来そのプラットフォームに実装される可能性があります。 Change(チェンジ)のサービス内容 ホワイトペーパーによるとすでに以下のサービスが実装予定だそうです。 グローバルオンボーディング: Changeを使ってどこでも登録し、どこでも使えます。Changeのモバイルアプリは、Know・Your・Customer(KYC)プラットフォームから始まり、このアプリはトークン化されたKYC情報の共有を通じて、他のサードパーティのサービスプロバイダとのユーザーの取引を自動的に検証します。Onboardingプロセスを支援するためにも、Changeはエストニア政府のeレジデンシー・プログラムと提携しています。 ユニバーサル暗号化ウォレット: Change crypto walletは、ユーザが最も簡単な方法で、暗号化された通貨を管理することを可能にします。Changeのアプリケーションでは、すべての主要な暗号通貨ポートフォリオの管理やユーザー間の資金移動も容易になります。将来的に、Changeはアプリに幅広い他のウォレットのような機能を追加する予定。 Changeデビットカード決済: 今日、暗号化のユーザは日常生活の中で商品やサービスのためにデジタルコインを交換するのに苦労する可能性があります。そのため、Changeは、ユーザーがクレジットカード/デビットカードを受け入れる場所にかかわらず、デジタルファンドをオンラインとオフラインで使うことを可能にするChange Cardを発行します。 料金体系: チェンジは完全にデジタル銀行であり、これは従来の銀行よりも発生しうる負荷(障害)が少ないことを意味します。手数料に対する透明なアプローチを提供することを約束しています。 キャッシュバックの再定義: ユーザーは、プラットフォーム上でChange Cardおよびその他のサードパーティのサービス(オンラインまたはオフライン)を使用することで報酬を受け取ることができます。彼らはチェンジコインの形で取引の一部を戻すことができます。 強化されたセキュリティ: Changeは、ブロックチェーン技術を使用してプラットフォームを保護するため、いつでもアプリからChange Cardをロックする機能があります。 市場拡大: チェンジは単なる銀行だけにとどまらず、ユーザーが株式、P2P融資の機会、不動産、旅行などに投資できる市場を導入したいと考えています。 オープンAPI: 世界中の有望なFinTech企業のネットワークが広がり、一貫して銀行業績を上回っています。ユニバーサル・チェンジ・マーケットプレイスに入ることで、多数の投資機会と金融サービスを利用できます。これらのサービスのうち3つはすでに統合されています。 Change coin(CAG)について Change Coinは、Changeのエコシステムにおける主要通貨として設計された暗号化方式のことで、このエコシステムは、BTC、ETH、LTC、CAG(Change coin)、およびすべての主要な暗号化通信をサポートします。 Changeコインの用途はキャッシュバックプログラムです。つまり、ユーザーがChangeが提供するカードを使用してオンラインまたはオフラインで支払いを行うたびに、Change Coinの形で0.05%のリベートを受け取ります。ユーザーがChange Coinを使用している場合、そのリベートは2倍になります。 また、コインホルダーは、市場からの利益も受け取ります。具体的には、マーケットプレイスで商品とサービスを販売するサードパーティのサービスプロバイダは、収益の20%をユーザーと共有します。 Change Coinはユーティリティトークンでもあり、Change Banking Platform内で行われるトランザクションのバックボーンを形成します。 ChangeのICOについて ICO概要は公式サイトから確認できます。 https://change-bank.com/ ICOは、シンガポール時間(UTC + 8)またはロンドン時間(UTC 0)の2017年9月16日、午後7時に予定されています。 ICO全体で250,000 ETHのハードキャップがあり、トークンの総供給量の40%がICOを通じて販売されます。1 ETHあたり500 CAGの購入です。投資家はEtherを使ってICOに参加することができます。以下詳細です。 事前販売:ニュースレターにより9月の第1週目から 販売期間:16/09/17...

ソーシャルでつながる

809フォロワーフォロー

Latest article

【ICOレビュー】WorldopolyーブロックチェーンとDAG上のiOS/AndroidのARゲームプロジェクト

    Worldopolyプロジェクトの概要 Worldopolyは、魅力的な経済シミュレーションと戦略的なマルチプレイヤーゲームの中で、拡張現実感、地理位置、ブロックチェーン、人工知能を組み合わせた世界初のモバイルゲームです。 プロジェクト名 Worldopoly 分野 ゲーム、AR 技術 ブロックチェーン、AI、AR、ジオロケーション プロダクト プロトタイプ(ゲームエンジンと主要な機能) トークン経済 WPTトークン     プラットフォームの特徴 Worldopolyは、プレーヤーをブロックチェーンにしっかりと保存し、財産を作り、所有し、売買するプラットフォームを提供します。  革新的な新しいアプローチは、WPTを経済シミュレーションの基盤として使用することです。 これは、プレイするときにリアルマネーを得ることができるため、これまでに一度も見たことのないリアルなレイヤーをゲームにもたらします。  ARとGeolocation技術によりリアルなゲーム体験ができる ARの追加により、プレイヤーは仮想空間が現実世界で実際に起こってるかのように見ることを可能にします。  さらにジオロケーションという技術によってGoogleマップと連動したゲーム体験が可能です。ポケモンGoを例にするとわかりやすいでしょう。ユーザーエクスペリエンスの向上には画期的な技術です。 デモ版が公開されています。 プレイヤーは、最終的にはモバイルデバイスの画面の制限から解放されます。  Augmented Reality(AR)とGeolocationを使用することで、実際にゲーム内の進行状況を見て、他のプレイヤーと対話することが可能になります。 専用AI(Artificial Intelligence)を導入することにより、大型オブジェクトの位置決めがこれまで以上に正確になります。 リアリズム ゲームの世界の基盤としてGoogleマップを使用することで、プレーヤーは世界中の通りにアクセスできます。 独自の暗号通貨 WPTと取引特性のプラットフォームの導入により、Worldopolyは複雑な経済シミュレーションにもなります。 最後に、プレー中にリアルマネーを獲得することができます。  プレーヤのインタラクション  プレイヤーは、一族を結成したり、ユニークなプロジェクトに融資したり、他のプレイヤーを襲撃したり、物件を売買したり、ストリートや住宅、他のプレイヤーのアイテムを購入することができます。  150以上の異なる機能が、モバイルゲームでユニークなWorldopolyを実現します。  その他の特典 -擬似マイニング ブロックチェーンのおかげで、ゲームの経済性は、あなたが実際のもののようなあなたの仮想成果を使用し、誰が何を所有しているかを透過的に監視しながら、セキュリティや透明性の問題に気を配らずに済むようにします。 ゲームでWPTを取得することは、仮想実証の代替案として、現実世界のマイニングと比較することができます。 要点は以下です。 リアルタイムプレイ- 現実の世界 •プレイヤーは実際の都市で実際の通りを購入することができます(基礎技術:Google Maps / openstreetmaps) •ゲームはGoogle Mapsベースで行われます RTS + AR +ブロックチェーン/ DAG =無限の機会 •Worldopolyは、魅力的なゲームプレイでBlockchain / DAGテクノロジを実装した最初のモバイルゲームであるため、Blockchain / DAGについての洞察を深めています。 •拡張現実感は、実際にゲームの進行を「見る」ことができます。 内部トークン経済の存在: •プレイヤーは遊んで収益を得ることができ、WPTの収入を実際の暗号通貨に統合することができます •WPTの導入に伴い、ゲームをプレイするための実質のお金があります。 cryptocurrenciesへのリスクフリー導入。 •WPTのゲーム内アイテムごとに取引できる可能性があるため、プレイヤーはリアルマネーを投資することなく暗号化を獲得することができます。 •これは、財務上のリスクを伴わずにプレーヤーをcryptocurrenciesの世界に紹介する素晴らしい方法です。 ワールドワイド: •再生可能なイノベーション AR、Blockchain /...

【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

  暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。 現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。 今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。 CryptalDashのプロジェクト概要 CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。 交換取引サービスに革命を起こす ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。 このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。 今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。 したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。 CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。 人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。 CryptalDashプラットフォームの特徴 プラットフォームの主な特徴です。 第三者機関へのアクセス   CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。 特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。 これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。 そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。  簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。 ブルームバーグデータとの統合   機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。 CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。 その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。 TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成 CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。 CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。 クロスマーケットの実行とビュー すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。 クロスマーケット裁定執行 今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。 CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。 機関間取引ツール統合(MetaTrader) MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。 低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする 高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。 CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。 2018年に統合される100の新しいアルトコイン CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。 その他にも以下のようなメリットがあります。 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン 小売および制度流動性プールを効果的に集約する アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション 低い手数料 CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール サードパーティの交換注文ルーティング機能 ユニークなダッシュボード 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合 堅牢な収益モデル 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり) 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる 市場と競合分析 取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。 Binance COSS Kucoin Huobi Bibox 2017年7月 -...

Shivomのトークンセールが開催中- 私が投資したいくつかの理由

  Project Shivomについて 世界最大のゲノムデータ・ハブになるという目標を掲げたブロックチェーン・プロジェクトは、ブロックチェーンと暗号解読の分野で注目を集めており、引き続きプレセールが継続中です。 ドナーは、データファイルをSHIVOMプラットフォームにアップロードすることで、23andmeやAncestry.comなどの他のサードパーティのWebサイトからデータセットをアップロードすることができます。これを行うには費用はかかりません。 最終的に、ユーザーはSHIVOMからDNAキットを直接注文することができます。このようにして、ドナーはDNAサンプルを提供することができ、私たちやパートナーラボで配列決定され、プラットフォームにアップロードされます。   Project Shivomが投資対象になるいくつかの理由 今回はオープンソースの情報や個人的な観点から投資対象になるいくつかの要因を見て見たいと思います。   ①プロジェクトや視点が新しく明確である 消費者向けゲノミクス事業をよりオープンで、公正に、そしてすべてのユーザーにとって有益なものにするために、Shivomプラットフォームはブロックチェーンテクノロジーを使用して、革新的なゲノミクスエコシステムを作ります。 それは、データがデータ提供者自身によって所有されることを保証します。 チームはそのデータの使用に関心を持つ組織にとって、透明で安全な橋渡しが保証されるような¥複数のサービスを1つの相互接続されたエコシステムに統合するという目標を掲げて、完全にグローバルなビジョンを持っています。 コラボレーションとパートナーシップを活用して、これをオープンかつトランスペアレントな方法で実現することを目指しており、ブロックチェイン技術が提供する一連の利点を真に活用しています。 これは壮大なビジョンですが、それは完全に手の届かないものではなく、グローバル規模でこれを実行できるビジネスプランとチームをまとめていることが大きな裏付けです。   ②業界では著名人から注目されている Shivomは、暗号通貨の指導者、インドやヨーロッパの政府機関、人工知能科学者、デジタルデータセキュリティの専門家などの注目を集めています。  のちに説明しますパートナー先もベンチャーキャピタルばかりです。 ③専門的なチーム構成 Shivomは独自のブロック鎖技術を使用しており、DNAデータの保存と分析に革命をもたらし、精密医学とバイオテクノロジー研究の指導と改善に努めています。 そして何よりチームメンバーは豪華なメンバーばかりです。遺伝子業界では20年以上の経験があります。 Co-founder,COOのGourish氏はデジタルヘルス分野で3社の成功企業を創立した人物で投資銀行業務の背景を持つビジネスリーダー、投資家、起業家です。 Co-founder,CMOのSally氏は技術革新、デジタル交換、緊急技術、特にブロックチェーン、人工知能、機械学習、ロボット工学などの分野で賞を受賞しており、Forbes Technology Councilの一員でもあります。 Co-founder,CTOのAkash氏はブロックチェーン起業家であり、世界で最も影響力のあるブロックチェーン企業100社のAuxesis Groupを設立しました。インドのブロックチェーンラボも設立しCashaaプロジェクトの諮問委員会にも就任しています。 彼女はブロックチェーン、ソーシャルメディアへのインフルエンサートップ10にもランクイン。 ShivomのCo−founderはIOTA財団のメンバーです。IOTAは現在時価総額ランキング9位の通貨であり、ICOから500倍近くになった通貨です。そのほかにも暗号通貨やフィンテックでは強力なインフルエンサーや専門家の存在があります。 このようにShivomは、遺伝学者、科学者、デジタル通貨の専門家、そして熟練したビジネス開発者のチームによって率いられています。 このプロジェクトは、近い将来に最も期待されているブロックチェーンプロジェクトの1つであり、高度な暗号化を使用してゲノムデータを管理する機能、医学研究のためのデータを寄付するボランティアにインセンティブを提供する機能、地方分権市場では、ゲノミクスの過程だけでなく、全体としてのグローバルヘルスケアに革命を起こすことになります。 ④3つの政府機関を含む強力なパートナーシップ   最も印象的な提携として、Shivomは最近、アンドラ・プラデーシュ州の政府とインドの州で最大6,000万人の人を繋ぐものを含む多くのエキサイティングなパートナーシップを発表しています。 ガンの予防医学に関する提携は トークンの販売終了後、提携先のNasdaqの会社Genetic Technologies Limitedは、予測的遺伝子検査の開発と認定ラボの使用を制限しています。 ゲノムデータに関しての提携は以下です。 Oceanprotocolは管理、監査、透明性などかんれんなど関連する全てのアクターのコンプライアンスを保証しながらデータ共有し収益化するための分散型でデータ交換プロトコルです。 SpherityはShivomの巨大なゲノムデータを保護するための分散型プラットフォームプロバイダとして提携しています。 ICOに関しては以下のようなマーケティング企業と提携しました。 ICObox Amazix FoxtailMarkething ICOrating 暗号通貨財布に関しては以下。 Coinomi Jaxx また、エストニアの元首相、TaaviRõivas、欧州議員Antanas Guoga、トップクラスの科学者など多くの影響力のある当局者が、同社の成長と発展の取り組みを指導するためにShivom Innovation Councilに参加しました。 TaaviRoavas-Rõivas氏は、2014年から2016年にかけてエストニア共和国首相を務めた。彼は11番目のメンバーであり、現在はエストニア議会第12期のメンバーであり、欧州連合問題委員会委員長を務めており 議会の社会問題財政委員会の議長を務めた。 Rõivas氏は、デジタルインフルエンサーとして世界的に知られており、政府およびビジネス部門のデジタル化、デジタル市民権、e-市民権、e-投票などの革新的かつ進歩的な取り組みを促進しています。 ジェイ・サンダース博士は遠隔医療の父であり、ハーバード大学医学部を卒業しています。サンダーズ博士は米国の遠隔医療イニシアチブをG8諸国に指示し、アメリカ遠隔医療協会の創設メンバーです。遠隔医療の分野におけるパイオニア擁護者と活動家として、サンダーズ博士は、医師と医療従事者のための新しいフロンティアを歩んできました。 Scripps Translational Science Instituteのチーフ・データ・サイエンティスト、ラ・ホーヤ、カリフォルニア州。以前は、ゲノミクス会社のHuman Longevity Inc.のチーフ・サイエンティフィック・オフィサーでした。 Telenti博士は、ヒトの全ゲノム配列の深い配列決定に関する現在までの最大の研究を完了しました。彼の現在の研究は、残りの2%(タンパク質コードゲノム)の規制と人生に不可欠なヒト遺伝子の特徴の分析に専念しているヒトゲノムの98%の理解を進めることに焦点を当てています。 リトアニアの欧州議会議員であるAntanas Guoga(TonyG)は、起業家であり、ベンチャーキャピタリストであり、デジタル分野の創業者と慈善事業者に投資しています。起業家精神のより良い気候を促進し、ビジネスチャンスの条件を改善するための彼の努力で知られています。彼はよく知られたプロモーターであり、ブロックチェーン技術と暗号通貨の提唱者です。 デビッド・オーバンの起業家としての成果は、Network Society...
error: Content is protected !!