BANKEX財団と日常生活へのブロックチェーン導入

  スマート資産プロジェクトであり、BaaSサービスを構築するBANKEXは、ある目的のためにBANKEX財団を設立しています。 ICOでの調達資金の用途と目的 BANKEXのICOにおける「調達資金の計画された使用の計画」の図表では、8%がフィンテック地域社会支出(BANKEX財団)に捧げられています。 この支出の目的は何ですか? BANKEX財団はどのようにこれらの資金を使いますか? BANKEXは、銀行やフィンテック分野の技術を促進し、積極的な社会的インパクトをもたらし、世界をより良いものにするためにコミットしている人々のコミュニティを支援するために作成された共同作業のためのオープンソースプラットフォームを開発したいと考えています。 「ちょうど短い時間で、重いボタンの携帯電話は小さなタッチラップトップに変わりました。誰かがそれを信じることができますか?」 スティーブ・ジョブス 「今日、私たちは新しい未来を信じています。そしてこの未来はイーサリアムに基づいています。 私たちは働くイーサリアムの基盤を構築しています。技術を大衆にもっと早く持ちたいと思っています。さらに、私たちは、イーサリアムが、近い将来に人々が当然のように受け入れる簡単なものであることを願っています。今携帯電話でやっているように。」 BANKEX財団 BANKEX財団について Ethereumの共同設立者であるVitalik Buterinは、以下のような発言を残してます。 数十のさまざまな科学を含むブロックチェーンのために、開発者や企業が間違いを犯すのは簡単であり、ブロックチェーンが大量のツールにならないようにするという問題です。 そのため、BANKEX財団を創設したのです。 BANKEX財団の主な目的は、すべての利害関係者に新技術を提供し、グローバルなパートナーシップを構築し、財務、銀行、インターネットの分野、ブロックチェーン、製造および技術分野のリーダーを支援することです。 開発者は、BANKEX 財団に接続し、最先端のブロックチェーン技術の開発に参加し、貴重な経験を得ることができます。 資産所有者であれば、財団は開発者の資格を持つチームであり、お客様の資産クラスに合わせて特別に作成されたスマート資産を作成することができます。 BANKEX財団の構成はこちら。 BANKEX財団のプロジェクト BANKEX 財団は、組織の技術的コア、R&D、ブロックチェーン技術教育プログラムの3つの重要な方向性を開発しています。 スマート資産コア 他のすべての人が、Bankex流動性プロトコルを構築する技術の創造であるという主な任務(スマート資産コア)です。 これは、オープンソースのプロジェクトであり、開発の中心はすべての主要プログラマーの焦点です。 最終的にBANKEX Labは、銀行や大手金融機関などのパートナーと直接連携しながら、商用組織へのサービスの統合を開始する予定です。 研究開発 財団の仕事のもう一つは研究開発です。 最先端の技術を研究しており、時には新しいアルゴリズムの発明が必要です。たとえば、カナダのHackathonでは、Alexander Vlasovのチームリーダーが、Vitalik Buterinの発案者が言及したPlasmaの最初の実用プロトタイプを実現しました。 https://bab-global.net/ico/bankex-plasma 昨年の夏の初め、Vitalik氏はBANKEXチームを認め、授与しました。チームは、住宅ローンのためのfintechソリューションのためにカザン最大のロシアブロックチェーンハッカトンの賞を獲得しました。 このプロジェクトの透明性は、人々からBANKEXの活動への信頼を確立するのに役立ち、暗号資産の作成のための強力な統一プロトコルを作成するために世界中の経験豊富なプログラマーを引き出すチャンスを与えます。 財団の最重要課題は、優れた品質の製品を創出することです。お金を稼ぐためにラボで売ることができるもの。 ブロックチェーン技術教育プログラム 課題は以下です。 ソリディティを使ってテクノロジーとプログラミングをブロックする人々を紹介する教育記事を書く BANKEXがサポートする教育コースの作成 記事とブロックチェーン技術教育プログラム レポートによると、ブロックチェーンの専門家の需要は過去1年間で10倍以上に増加しています。 しかし、市場には十分な専門家がいません。 この業界は、5〜7年前からモバイル開発業界を連想させています。 社会的影響 財団の活動の重要な部分は、誰もが使用できるような種類の技術を生み出す社会的影響に関連しています。どちらの銀行もテクニカルサポートを提供することができます。また、彼らのプロジェクトで使用するために単にコードを使用することができます。 2018年のプロジェクトは以下です。 1.スマートキャタピラー(詳細は白書参照) ...

BANKEXに関するいくつかの内部質問のまとめ

  BANKEXはトークンセールなどについて、クリプトコミュニティからの質問に答えています。 BANKEXに寄せられた質問 ソウルに拠点を置くコミュニティー・マネージャーのキム・ヨンキムは、コミュニティの質問に応えるために何日も過ごしました。 そして、読者に、BANKEXトークンセールに関連するいくつかの問題を明確にするために、より直接的かつ包括的なアプローチを提供することを決めました。 キムは、BANKEXのチーフ・ストラテジー・オフィサーであるConstantine Kurbatoffを頻繁に聞いて質問に多くの時間をかけて応募しました。 なぜBANKEXが二段階でトークンを発行することに決めたのか? ヤング:みなさんこんにちは!私たちはBANKEXストラテジーオフィサーであるKostya KurbatoffとSkypeで話し合い、皆様の心に残っている質問をいくつか聞いてきました。 コスタ、そこにいますか?ボストンはどうですか? コンスタンティン:こんにちは!ボストンは素晴らしいです!天気は良いです、BANKEXトークンセールと同じくらい良いです!あなたは何を考えてますか? ヤング:あなたが知っているように、多くのトークン購入者と利害関係者は、BANKEXが2段階でトークンを発行することを決めた理由を尋ねてきました。 コンスタンティヌス:私は質問に答えることができて嬉しいです。私たちのビジョンを説明し、人々をヘッドスペースに含める大きなチャンスです。 この質問への答えにはいくつかの部分があります。 まず、アセットのインターネット化ほど複雑なエコシステムを一度に実現することは容易にはできません。それは通常何年もかかります。1つの会社が世界中の何千もの企業のウェブサイトを作成してこの資産ウェブを作成するよう依頼されたのと同じようなものです。 BANKEXチームはこれを理解しており、将来のビジョンの一部としています。そのため、トークンに対する需要は時間の経過とともに増大し、BANKEXのサービスを利用する人へのコミットメントは、すべてのトークンを一度に流通させることは賢明ではないという結論に至ることになりました。 このため、BANKEXはトークンの発行を2つの段階に分割することにしました。 最初のトークンセールは、このエコシステムの初期段階でBANKEXの能力を促進するために必要です。独自の技術を開発し、最高の開発者、エコノミスト、科学者、および他の業界の専門家とだけチームを成長させるのに十分な資金を調達する必要があります。これらのタスクを処理するために必要なトークンの数を推定しました。 また、システムを動作させるためにはデジタル資産の重要な量をよりよく理解するために、顧問およびコンサルタントに頼っています。 ご存知のように、BANKEXの公式トークンセールは11月28日に始まり、12月11日現在で、31668000ドルを調達しています。 サポーターはただちに資産を購入するだけでなく、資産売買のための金融商品のツールキットでもあります。資金、預託金、および暗号化をヘッジするためのものです。 また、BANKEXのビジネスモデルは、既存の金融機関との緊密な連携を目的としているため、多くのニーズに対応できる幅広いサービスを提供します。小規模の銀行がサービス提供の面で大手銀行と競争できるようにするモジュラー型Bank-as-a-Serviceを提供します。 これらは高い需要のサービスであり、我々の提供はより包括的な銀行業の景観を変えるだろう。これらのサービスコンセプトのいくつかは、BANKEXウェブサイトのロードマップに記載されています。銀行やBANKEXソリューションを統合した他の金融機関は、資産の早期インターネットのバックボーンを形成します。これは私たちのトークンを使って起こります。 将来的にサービスの数やエコシステム参加者の数が増えることを考慮すると、トークンの量も増加するはずでしょう。 また、トークンの供給が限られていると、他の暗号化通貨と比較してトークンの価格が望ましくない急速に上昇する可能性があります。トークンはユーティリティトークンとして設計されており、それらの主要な使用は流通しています。 後日、同社はより多くのトークンを分散させる戦略として、価値の重視としてエコシステムの成長を維持することを意図しています。     トークンの価格上昇について ヤング:BANKEXはトークンの価値の急速な成長を目指していませんか?それはトークンのためのものではありませんか? コンスタンティヌン:それほど単純ではありません。もちろん、トークンの値の成長は望ましいものですが、私たちが守るべき警告があります。需要の増加により、他の暗号化通貨に関連するトークンの価格が急上昇すると、トークン所有者とBANKEX開発チームの両方に問題が発生する可能性があります。ユーティリティー・トークンの価値の急速な増加は、トークンが使用するサービスがより高価になるだけでなく、トークン・ホルダーが財務またはサービス操作の価値を十分な精度で予測できないために望ましくない結果となります。 このような状況を打破するために、スパイクをスムーズにし、他の暗号通貨に対するトークンのボラティリティを減らすための戦略を策定しました。これは、トークンのより緩やかな分散です。 とあるように、トークン価格の短期間での上昇は売り抜けしたい方にとっては絶好の機会となりえますが、プラットフォーム開発の途中段階で高価なトークンとみなされるのは、需要供給のバランスを壊す結果でしかありません。 最初のトークン販売は、開発のための資金を作り出すことで、2回目のトークンセールは、市場を均等にするためのBANKEX戦略の一部となります。 BANKEXチームが主要なトークン・グループを代表していることを明確にする必要があり、コミュニティがトークン価格の上昇を期待しているとも事実です。 BANKEXはこのことが推測ではなく、2018年1月からの需要の高い技術とサービスの実装の努力の結果であると考えています。 理想的には、金融機関を通じたシステムのトークンの段階的な増加を見たいと思っています。彼らは、当社の製品やサービスの主なユーザーであることを期待しているトークン所有者です。これらの機関を私たちが提供するサービスに関心があるのではなく、投機的な機会に関心を持つ通常の寄稿者とは別に設定するために、2018年に2番目のトークンの分散購入にいくつかの制限を課しました。 トークン購入の制限について ヤング:まさにトークンの購入に関する制限はあなたが話していることですか? コンスタンティン:まず、購入可能な最小限のトークンを設定することにより、BKXトークンの購入を促進することを願っています。 その論理は、金融サービス部門の機関投資家は、BANKEXの製品やサービスを操作するために、かなりの量のトークンを手に入れたいと考えているということです。 専門家は、私たちが金融機関に提供したいサービスが包括的に市場に魅力的であると見ています。これらの製品およびサービスの構造には、トークンで支払う必要がある相当量の金融取引が含まれています。機関投資家は予想される価格でこれらのサービスを購入することに関心があり、したがって、今後のためのコスト計画を行うことができるように、大量のトークンを固定価格で購入することに関心があります。 Young:地下鉄を個別に利用するためのチケットを毎回買う代わりに、一年分をまとめて買うようなことはBANKEXにもありますか? コンスタンティン:はい、それは完全な類推です。チケットの価格が変更された場合でも、1年のパスを購入して、1年中の固定料金を保証します。 BKXトークンの場合、最小必要トークン量を購入する金融機関は、トークンの潜在的な価格変動から保護されます。 Young:BANKEXは2回目のトークンセールでトークンを購入する際に他にどのような制限がありますか? コンスタンティン:個々のトークン購入者を含む、エコシステム全体のセキュリティを提供するため、2回目のトークンセールで購入したトークンの再販に1年間の制限を課す予定です。この制限は、BKXトークンの大量購入や販売を通じて、大きな財源を持つ投資家が市場に影響を与える可能性があるという仮定に基づいて、個々のトークン所有者を保護することを目的としています。 ヤング:なぜちょうど1年ですか?なぜもっと長いのですか? コンスタンティン:私たちのウェブサイトにはロードマップがあります。これは誰でも一見見ることができる私たちの行動計画です。この行動計画では、今後作成したいサービスのタイムラインがあります。私たちは、1年以内に、トークンの需要と供給のバランスを取る十分な量のサービスを提供し、大量のトークンを取引する結果として変動する可能性のあるトークン価格に影響を与える外部の試みに耐えるように働くと確信しています。 以上のような戦略的な制限構造によって、ユーザーはより安定したトークン価格を保証することができ、妥当な期間にわたってBANKEXサービスの予測可能な運用コストを保証できるようにシステムを構築しています。 タイムラインに従ってサービスが提供されると仮定すると、トークンに人為的な制限は必要ありません。 BANKEXは投機を含むより実行可能で信頼できる手段としてサービスを提供する意欲を持ち、トークン購入者は投機的ではなくエコシステム内でトークンを保持する意欲を持っています。このようにして、誰もがトークンの流通から恩恵を受けるでしょう。 BKXトークンソフトキャップについて ヤング:関連する文脈では、BANKEXのソフトキャップ2,000万ドルは、2つのトークンセールスに関してどのように正当化されていますか? コンスタンティン:BANKEXのソフトキャップの金額は、今後2年間の当面の見積費用から導き出されます。我々は多くの技術を実装する予定であり、私たちを注意深く見守っている人たちは、初期のプロトタイプが既に稼動していることを見ています。 同社の見積もりによると、来年に向けて展開する予定の技術は、実現するために約6〜7百万ドル必要になります。これはあらゆる種類のハードルが確実に発生することを考慮に入れています。 また、医療現場や不動産分野などブロックチェーンに基づいた特定のテクノロジの統合を必要とするソリューションを要望のあるクライアントが要求する可能性も考慮しています。当社は、これに別途3百万ドルの積立金が必要であると見積もっています。そのため、BANKEXは、来年には私たちのプラットフォーム開発のために最低1,000万ドルを手に入れる予定です。 さらに、当社はすでに2年目の事業計画を立てています。この期間がより生産的になることを期待して、すでにすべてのコミュニティプロジェクトにとって非常に価値のあるかなり豊富なインフラを構築するためです。 2年目に開発しようとしているツールは、大規模なコスト削減を達成するのに役立ちます。たとえば、ある国から別の国に金融資産を移動する場合など、ゼロコストパラメータを達成するためにも役立ちます。 20万BKXのソフトキャップは、今後2年間に必要とされる運営と開発に必要な金額であり、目標と目標を達成することが保証されます。この金額を超える金額を集めれば、より興味深く、より有望な技術を提供する機会が得られます。 同社は、伝統的な銀行機関にブロックチェーン技術を提供していますが、保険業界や医療業界にも多くの機会があります。これは、経済学者とBANKEXの両方のコミュニティにも当てはまります。より多くの人々がトークンを使用すればするほど、その価値はその背後にとどまります。 ヤング:BANKEXの資金調達に関連する別の数字がありますか? コンスタンティン:はい、14万ETHに設定された2番目の「ソフトキャップ」額があります。これはまた、運用コストに関連しています。 BANKEX技術はスマートな契約に基づいて構築されており、これらのスマートな契約を有効にするためには、大量のガスが必要です。 14万ETHの目標は、プラットフォーム全体の運用に必要なガス量とトークン数、およびスムーズに動作する環境のすべてのユーザーに基本的なものです。 同社はこの量のETHトークンが今後数年間でシステムをサポートすることを意図していることを指摘しており、今日の投資で、トークンを使用しようとする人は、価格が変動し始める前にこの点を注意する必要があります。 早期採用者は、エコシステム内の事業がガス価格、ETHの価格またはトークンの市場価格さえも含んでいることが重要です。 ヤング:いくつかのトークンが残っていると何が起こるかを多くの人が尋ねました。これについての計画はありますか? コンスタンティン:BANKEXのDNAのような構造、個々の製品、ブロックチェーンとスマートな契約を結ぶ地方分権の機会のために、我々はこれらのトークンを拒否したり燃やしたりする必要がありません。 他のプロジェクトと同じように、私たちはそれらを 凍結しません。私たちは、私たちの技術を使用することを目指しているトークン購入者が迅速な実装に興味があり、それを支払う準備ができている場合、削除されるわずかな制限を加えます。 このように、機関投資家が1000 ETH以上に相当する金額のBKXトークンを購入したい場合、彼らは私たちに直接アプローチし、必要に応じて開発したい新技術のトークンを必要な分だけ購入することができます。 BANKEXは、大きな需要があると思われるソリューションを作成しようとしていますが、これらの前提をアクティブユーザーの要望の形ではまだ提供していません。 大規模な企業や顧客が特定の新しい技術を開発したい場合は、大量のトークンを購入し、使用価格を固定し、BANKEXに資金を提供することで、それを実現できます。 BKXトークンを購入した、または購入しようとしている個人や機関が、このProof-of-Asset技術に対する信頼と、世界的な資金調達の可能性を共有してくれることを非常に誇らしく思うはずです。 皆さんの一部がBANKEXチームに開発者として参加したり、他の役割を果たしたり、将来の技術開発の恩恵を受けることを同社は、非常に願っています。 価値観と透明性、安全性、信頼性の価値を共有することが大切であり、最も重要な言葉は、新しい業界の基盤となる透明性です。 トークンセールについて   参加方法はこちらも参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/bankex-tokensale 関連リンク 公式サイト:https://bankex.com/ 白書(日本語):https://drive.google.com/file/d/0B_uZXQa5G7nVMGdDX3daQ0JSOUE/view Twitter:https://twitter.com/BankExProtocol Facebook:https://www.facebook.com/BankExchange/ telegram:https://t.me/bankex

BANKEXは世界初のプラズマプロトコルをサポートするプライベートブロックチェーンを開発する

  BaaSサービスとブロックチェーンのプロジェクトであるBANKEXは世界初、イーサリアムのプラズマ様のプロトコルをサポートするプライベートブロックチェーンを開発しました。 今回はこの話題についてまとめました。 イーサリアムが抱える重要な問題点 世界最大規模のブロックチェーンプラットフォームの1つであるイーサリアムは、スマート契約のスループットと価格の上昇においていくつかの問題を抱えています。 簡単に説明すると、スケーラビリティの問題は次のとおりです。 イーサリアムのトランザクション履歴をチェックする間、ユーザーはブロックチェーン全体のコピー、トランザクションの完全な履歴、およびすべての計算を保持する必要があります。「スーパーコンピュータ」の場合は問題ありませんが、ほとんどのユーザーはこの量のデータをデバイスに保存することはできません。 2017年8月11日に、イーサリアムの創設者であるVitalik Buterin氏とビットコインのオフチェーンスケーリング解決であるライトニングネットワークのJoseph Poon氏は、この問題を解決することを提案するPlasmaプロジェクトの作業草案http://plasma.io/を公開しました。 このPlasmaは潜在的に1秒間に数十億回のスマートコントラクトを自律的に強制実行することによりスケーラビリティ問題を解決するフレームワークです。Plasmaはイーサリアム財団が同時に取り組んでいるライデンネットワークと競合するスケーリング解決方法となっています。 BANKEXが、ETHWaterloo Hackathonにてプラズマ様のプロトコルを開発 BANKEXのチームは前述したPlasmaに関して興味深く有益な情報を見つけ、それに取り組んでいます。10月中旬のETHWaterloo hackathonで、BANKEXチームはこの分野での基礎を提示しました。 BANKEX、ETHWaterlooで36時間以内にプラズマ様プロトコルを開発 世界最大のイーサリアムハッカソンは終わりました。結果はここにあります。 今週末、カナダワーテルローで10月14日と15日に、世界最大のEthereum hackathon ETHWaterlooで、400人以上の開発者が参加しました。BANKEXチームが選ばれ、36時間のハッカソンの後、開発チームはプラズマに似たプロトコルを発表しました。 この大きな発表の前に少し、暗号通貨業界を振り返りましょう。 4年間でBTCは1B $キャップに達しました。 4年間でETHは30B $キャップに達した 世界にはすでに50000人の開発者がいます 中央銀行の63%がETHテクノロジーを利用しています 44%の公共機関がETHに取り組んでいる 300以上の企業が真剣にETHプロジェクトを開発している 731 +のdappsが作成されているhttps://www.stateofthedapps.com/ 1500 +スタートアップはETHで動作する 昨年上げた1.5億ドルは新しいVCです。仮想通貨は新しいベンチャーキャピタルです。 このハッカソンは、暗号化業界のパイオニアと、最大のプロジェクトイーサリアムの創始者であるVitalik Buterin、ライデンネットワークの創始者の共同設立者であるJoseph Poon氏、Consensysの創設者であるJoseph Lubin氏 Augurの創設者、Polychain CapitalのパートナーであるRyan Zurrerなどの著名人が集結し、 ETHWaterlooはEthereumコミュニティの最新の開発者を集めたものになっています。 もちろん、Ethereum Vitalik ButerinとJoseph Lubinの共同設立者も共に挨拶をしています。以下概要です。 Vitalik氏はブロックチェーンとプライバシーに関する非常に興味深い講演をしています。 Vitalik氏はブロックチェーンの長所と短所についての彼のビジョンを共有しましたが、この技術を使用する人にとっては必ずしもそれは明確ではありません。 ブロックチェーンが保証することが一番です。プロセスの透明性とは、口座にあるコインの唯一の金額ではなく、そのコインの仕組みを知っていることを意味します。不可逆性もブロックチェーンの利点の1つです。アプリケーション状態への変更があった場合、それは元に戻りません。Buterin氏は誰もがプライバシーに興味を持っていると強調しており、ブロックチェーンのこのような透明性は常にさまざまな点で優れています。 しかし、ブロックチェーンはスケーラビリティとプライバシーという2種類においてはあまり良くはありません。 例えばプロセスの完全性を保証するのに役立つなど、いくつかの弱い選択肢があります。誰かのアドレスを知ることで、どのようにしてお金を使うことができるかを知ることもできます。  このように彼は、誰もがお互いのアドレスを見ることができるので、ブロックチェーンが真にプライバシーを守ってはいないと説明しています。 https://youtu.be/9cDFpACnK1U   ミキサー(Helix)やプライベート・チェーンのように、この問題に対する解決策はいくつかあります。しかし、これらの方法には、それぞれ第三者や他の関係者を信頼する必要があるため、両方とも欠点があります。解決策として、Vitalik氏はサイドチェーン(プラズマなど)とリングシグネチャ暗号を使用することを提案しています。 一方で、Consensysのジョセフ・ルービン氏は地方分権化が世界をどのように変えるのか、分散型コードベースと暗号経済的インセンティブについて語っています。 ITの未来は、多くの民間企業のブロックチェーン、多くの民間コンソーシアムブロックチェーン、公的ブロックチェーンと他の分散されたリソースにあります。 ルービン氏はブロックチェーンが現在の共有経済を変えると考えています。 https://youtu.be/7qBRESY_Ejc そして、Ledger LabsのJeff Colemanは、ブロックチェーンを使用することでメカニズム設計に大きなメリットがあると述べています。 現在、システムが十分に大きくなって正常に動作するのを待つ必要があります。 この例は、有名人がTwitter上に持っている膨大な量のリツイートで、コンテンツが有用であることを意味しています。ブロックチェーンがそれを変更します。それは、その作成からシステムの人々の行動に影響を与えます。 https://youtu.be/9j0zTQ8u4II ...

BANKEX(バンクエックス)がICOで約26億円以上を調達する

  分散型銀行サービス(BaaS)エンタープライズのBANKEXはトークンセールを開始し、2400万ドルを調達達成する 分散型の銀行サービスを目指すブロックチェーンプロジェクトのBANKEXはICOを開始しており、2400万ドル、日本円にして約26億円以上を調達完了しています。 各通貨の寄付割合です。 近年のICOでは、日本のCOMSAが100億円以上を調達したことで話題となりましたが、最近のものの中では比較的大きな調達具合です。 BANKEXのトークンセールは2017年11月28日 同日午後12時に始まり、2017年12月28日に締結されるパブリックトークンセールの開始を発表しました。 同社のスマートな契約を展開し、トークンを有効にするプラットフォームは、オフ・バランスのシートクラウドファウンデーション、チェーン・ファイナンス、外部インフラストラクチャを活用し、効果的で時間効率の高いソリューションを提供します。 BANKEXは、Ethereumブロックチェーン上でBKXトークンを発行します。 BANKEXのCEOで創業者のIgor Khmelは、次のように述べています。 「BANKEXは、トークンの前売りで継続的なサポートを受けており、初期の参加者全員に感謝の意を表します。前売りの成功に続いて、BANKEXは、BKXトークンの公開が期待されており、広範なコミュニティに関与していることに興奮しています。 BANKEXは、新興のブロックチェーンソリューションを既存の銀行部門にもたらし、伝​​統的な機関を21世紀に推進することを目指しています。これは大規模な事業であり、多額の投資が必要です。当社のトークンセールを通じて保証されたすべての収益は、このビジョンを現実化させ、BANKEXプロジェクトに関わるすべてのステークホルダーの成功を確実にするのに役立ちます。」 トークンセールの収益は、BANKEXのProof-of-Assetプロトコル(PoA)(45%)、企業成長(15%)、プロトコルプロモーションおよびB2Bマーケティング(10%)の実施に必要なソフトウェアの研究開発などに割り当てられます。 その他の重要な用途については、同社のウェブサイトで詳しく説明しています。 BANKEXは数々の著名人とパートナー契約を結んでいる ニューヨークに本社、モスクワに開発チームを置くBANKEXは、伝統的な金融や投資分野を含む幅広い分野で革新的なソリューションを提供しています。マイクロファイナンス、不動産、ならびに非流動資産、天然資源、および先物市場を含んでいます。 BANKEXは、プラットフォームで発行される最初の機関資産であるMovieCoinとの共同制作を発表しました。 MovieCoinは、2018年に映画プロジェクトのポートフォリオを制作するために1億ドルを調達することを目指しています。 そして、BANKEXの諮問委員会には、数々の著名な技術革新者が含まれます。 金融サービスクラブのクリス・スキナー(Chris Skinner)会長 Consanceys形成のBalance3の創設者,Griffin Anderson氏 Forex Development CorporationのCOOであるPeg Reed氏 Chronobankの創設者兼CEOのSergey Sergienko氏 ソラミツの共同創設者兼共同CEOである竹宮誠 Symphony Software FoundationのGabriele Columbro氏 また、BANKEXは、Microsoftなどの著名な業界と多くの戦略的パートナーシップを結んでいます。 Balanc3 サイバーセキュリティソリューションのリーディングプロバイダであるグループ-IB シンフォニーソフトウェア財団 ソラミツ Entrustグループ MoviecoinLLC Chronobank モスクワ取引所 BANKEXは、非営利のEnterprise Ethereum Alliance(EEA)のメンバーでもあります。 EEAは、Ethereumに基づいた技術と標準のサポートと促進に専念する非営利団体です。...

BANKEX(バンクエックス)、PoAプロトコルに基づく資産のトークン化により次世代のBaaSブロックチェーンプラットフォームを開発する

  こんにちは。今回は金融系ICOソリューションのBANKEXについてです。 BANKEXとは? BANKEXは、資産証明プロトコル (POA)とBaaSサービス(後述)とブロックチェーンを組み合わせて、資本市場を変革するためのプロジェクトです。 BANKEX のProof-of-Assetプロトコルは、新世代の資産および契約を可能にする標準となり、分散型資本市場を呼び込むことが可能です。 最終的には、BANKEXプラットフォームは、銀行やその他の金融機関にとっても効率的なソリューションを提示し、銀行が自社製品を交換することができるアセットバックBANKEXエクスチェンジの構築を目標としています。 https://youtu.be/ldz_qoZBv1U 資本市場の問題点とソリューション 現在、資本市場で懸念されている主な問題点は以下です。 株式の取引や売買は時間的な効率が悪い(数ヶ月、何年もかかるケースもある) 一般的に資産は流動性が低く、収益性も低いものが多い 白書によると、取引スピードは長いもので数年、数十年もかかかることがあります。   そこでBANKEXはブロックチェーン上で資産をトークン化するというソリューションによりこれらの問題点を解決します。 資産のトークン化に取り組んでいるブロックチェーン企業は多く、競争率の激しいであるとともに、収益性や成長性が高い資本市場です。 BANKEXの具体的なソリューションとしては、 ①時間的な効率性を向上する →ブロックチェーン技術による自動化による速い取引の実現 ②資産の流動性と収益性を高める →Proof-Of-Asset(POA)流動性プロトコルに基づく資産のトークン化 大きくこの2つに分けられます。 第一に前述した取引スピードはブロックチェーン上で実行することで格段に速まります。60秒で資本市場にアクセスします。 そして第二にProof-of-Assetというプロトコルに基づいて資産をトークン化します。 Proof-of-Assetについて Proof-of-Assetは、イーサリアムプラットフォームのスマートコントラクトに基づいたプロトコルで、アセットをトークン化し、その流動性を高めます。 同社のProof-of-Assetプロトコルは、アセットの保証としてオリジナルのトークン(BKX)を発行することで、代替不可能なアセットの流動性の問題に取り組んでいます。 これに加え、BaaS(Backend as a service)というサービスをブロックチェーンAPIと統合します。 BaaSについて BaaSとは,バックエンド機能を提供するサービスです。 BaaSはこのサーバ機能をクラウド上で実現し,BaaSの利用者に提供します。利用者はバックエンドを開発せずに,Webアプリケーションを構築できるというわけです。 引用元: http://gihyo.jp/dev/feature/01/milkcocoa-baas/0001 白書には以下のように述べられています。 BaaSはまったく新しい金融商品を生み出すビジネスモデルであり、複数の既存の技術ソリューションを統合することができます。 引用元:BANKEX白書より さらに、モノのインターネット化技術であるIOTと、人工知能AI技術を搭載して、 BANKEXのPOAプロトコルは、サードパーティ製のフィンテック・プロバイダー、AIやIOTラボ、伝統的な金融機関や資産の所有者のための複合的なソリューションとなっています。 BANKEXのビジネスモデル BANKEXのビジネスにおけるユースケースが公開されていますので簡単にご紹介しておきます。 実際にビジネスにおいて、どのようなメリットがあるのか? 不動産資産のトークン化 不動産投資市場が最大の投資戦略であるとして、IoT技術により商業用不動産の資産クラスをトークン化します。トークンは従量制モデルに基づく賃貸によります。 地域:アメリカ・香港 資産対象:商業用または住宅用不動産 顧客:60か国にわたる国際的な大手銀行 技術:プライベートな不動産暗号化管理、IOT技術 エスクロー:評判の高いConsensysの組織であるBALANC3のエスクローサービス 交換:BANKEXを搭載した資産所有者による編成 ConsensysのBALANC3 ブロックチェーンベースの会計プラットフォームを構築するために1年以上にわたりステルスで活動してきました。当社は、会計およびブロックチェーン業界のリーダーを集めて、製品の設計を知らせてきました。Balanc3は、アカウンティングソフトウェアプラットフォーム、フルサービスパートナーシップ、および会計業界の関与を通じ、ブロックチェーン業界における会計処理をリードしています。 民間株式のトークン化 民間の株式をトークン化して、決済時間の短縮や法定通貨の管理コスト削減、流動性のある市場を構築するためのものです。 すべてのトークンは流動性イベントで会社の株式に交換されます(IPOによる取得も含まれる) 地域:アメリカ 資産対象:民間企業の株式 顧客:カリフォルニア、ニューヨークの二つのベンチャーキャピタル 技術:プライベート共有暗号化管理 エスクロー:BALANC3 交換:BANKEX交換 小売りフランチャイズ 新店舗のトークン化により将来の顧客からのキャッシュフローを生み出すためのものです。 トークンはネットワーク内の商品購入に使え、所有者には次の店舗の場所への投票権利も含まれます。トークンの価値はフランチャイズ収益に支えられます。 地域:USA&ロシア 資産対象:店舗からのキャッシュフロー 顧客:小売りチェーン店 技術:小売りチェーン上でのトークン支払処理 エスクロー:評判の高いフランチャイズとサードパーティサービス 交換:主要取引所とBANKEX BANKEXはビジネス開発に欠かせない新しい資金調達方法ISAOを提供する ビジネスにおいて、欠かせないものは資本であり、最も伝統的な資金調達方法は、融資賛成です。しかし、ローン取得は困難な場合もあり、最近では企業の新たな調達手段として低いコストで行えるICOが盛んとなってます。 しかし、ICOでもっとも重要な課題となってるのが、管理リスクの低さです。これにより、調達した資金が凍結したらハッキングにあう被害が絶えません。 BANKEXでは、ICOソリューションではなく、ビジネス開発のための新たな資金調達手法としてISAO(Initial Smart Asset Offering)ソリューションを提示しています。 簡単にいうと、企業がBANKEX Proif-of-Assetプロトコルに基づいた資産のトークン化を使用してキャピタル調達を行なうというものです。 このメリットとしては、以下のような点があります。 資産はキャッシュ・フローを生成する 多数の資産所有者や分散資産がある スマート資産作成時にメタ情報を分離できる標準化製品により他の資産取引が可能である 現実の共有所有物をトークン化して管理できる 最終製品を管理し、測定できる これにより、ビジネスにおいてより簡単に効率よく資金調達が行えるようになります。 BANKEXの競合上の強み 今回の資産のトークン化に関するプロジェクトとしては、いくつか競合が存在します。 BrickBlock、ATLANT、REAL、LATOKENなどです。 BrickBlock やATLANTは私の記事でも取り上げていますが、同じく資産トークン化のデモ版が公開されており、来年初めには世界初のブロックチェーン上の不動産販売が予定されてます。 BANKEXは資産のトークン化により銀行やその他の金融サービスの変革を行うというプロジェクトであるので一概には競合的にはなりえないかもしれませんが、このようなプロジェクトと比較した場合の、BANKEXの強みとしては以下の点が挙げられます。 プロフェッショナルなプロジェクトチームの背景 プロジェクトコアチームは以下の人物で構成されます。 BANKEX CEO:東ヨーロッパ最大の銀行Sberbankのフィンテックラボ創設者、カリフォルニア新興企業の創設者 CEOは製品開発、運用、デジタル戦略の導入経験があるフィンテック起業家です。そして、彼を支えるチームが以下です。 法務担当:キプロスのUniastrum銀行の取締役 コミュニティ管理:Token.CoachのCEO リスク管理:経験8年、SmartAnスタートアップの創業者 BANKEX財団CEO:東欧のフィンテック大手のソフトウェア開発者、ビジネス経験9年、銀行法律事務所での10年以上の経験(デロイト、BHF銀行のM&A含む) ビジネス・開発チーム代表:資本市場のポートフォリオ管理の専門家、IT,フィンテック企業4社経営 戦略代表:ベンチャー経験4年 投資ディレクター:投資銀行業務10年以上 事務部長:PwCのコンサル担当 技術チームも豊富です。また、アドバイザーが何と言っても豊富です。ざっと重要そうな人物を何人か挙げておきます。 グローバル・バンキング&フィンテック・トップ40の専門家であり、ブロックチェーン基金の銀行パートナー兼CEO Lisk,Steemit,ICONOMI,Tokencardなどを顧客に持つWachsmanのCEO兼広報アドバイザー イーサリアム初期投資家兼ブロックチェーン投資顧問 Chronobankの創設者 Wavesの創設者 そしてパートナーにはブロックチェーン・フィンテックの著名な企業の存在があります。 Ethereum Chronobank Microsoft ConsensysのBALANC3 Wachsman PR SYMPHONY財団(米国大手銀行による) Hyperledger とても豪華なチームメンバーです。これに加え、Microsoft から120,000ドルの助成金を受け、証券取引所や10以上の銀行と提携しています。 さらに同プロジェクトは2016/2017の世界のフィンテックスタートアップ企業トップ50に分散化のBaaS(Bank-as-s-Service)交換プラットフォームとしてリストされています。また、トップ9のICOにも命名されています。   プロダクトの存在 BANKEXには、今回のプロジェクトに備えてMVP製品が存在します。 製品のデモ・バージョンとして、実証済みの暗号化資産フィプラットフォーム上で現実資産のための資金の新しいソースを提供するプロトコルを、リリースしています。 BANKEX スマートアセット スマート資産のデモ版はWebKitベースのブラウザに適しており、実際に作成することができます。 ROPSTENNETのデモ版 MainNetのデモ版 ※デモ版を試すには、Metamask プラグインが必要です。 簡単なスマートアセット作成の手順 MetaMaskプラグインをダウンロードしてログインする 作成したいスマートアセットの種類を選択(不動産、自動車、アプリデバイスの3つ) ブロックチェーン上へのKYC情報の記録 Ropstenテスト用のETHの入金 指定アドレスへの送金 スマートアセット作成 ざっとですがこのような形で、実際に資産を作成できます。資産状況はIOTデータで管理され、アクセスできます。詳細な手順はこちらを参考にしてください。 IoTからのデータは、地理位置データ、写真や他のセンサデータを含んでおり、この次のステップとしては、市場にトークンを解放し、資産を評価します。また、ソーシャルメディアプラットフォーム上で、あなたのスマート資産を共有することもできます。 https://youtu.be/j3mts9G_29Q   資金調達の実績と顕著な牽引力 同社はこれまで、いくつかの事業で資金調達を成功しています。 110万ドル以上の調達 150万ドル以上のプレICOでの調達 12万ドルのMicrosoft Azureからの助成金 そして、牽引力としては 10社以上の銀行クライアント 1社の証券取引所と提携 最終的には銀行サービスを行うことを目指しており、銀行が自社製品を交換できるプラットフォームを構築するためのものです。 すでにこうした銀行との提携があることは大きなメリットでしょう。 ロードマップ これまでの経歴とロードマップです。 2009年: プロジェクトの見解書 2014: CEOのイゴール・フメル氏は、ヨーロッパで最も収益性の高い銀行のヘッドを説得し、Sberbank Innovationラボを創設。今日では、銀行革新における欧州のリーダーとなっている。 2015年:...
error: Content is protected !!