Pawn Heroが発行するHERO TOKENと競合プロジェクトの比較

  HEROとは Heroは東南アジアの銀行口座を持たず金融サービスにアクセスできないユーザー向けの金融ソリューションです。 https://bab-global.net/ico/hero 融資サービスの必要性と需要 途上国には、20億人ものユーザーが、世界経済からの孤立しており、金融サービスにアクセスできないでいるとされています。 主な原因は、 既存の資本運用に関する制度が非効率的である 金融インフラが未発達である ことだと指摘されており、これらの構造がさらに、彼らが貧困状態からの脱出および途上国の経済成長をより困難にしているとも言われています。 この問題に対し、ブロックチェーンを利用した融資サービスを主軸とするプロジェクトは数多く近年誕生しており、特にモバイル端末を利用したマイクロファイナンス(小口の低金利融資)ソリューションが注目されています。 ブロックチャーンの支持者によれば、仲介者を介さずに人々をお互いに直接つなげる技術は、マイクロファイナンスの再考の第一歩です。 ピア・ツー・ピア送金および貸出プラットフォームの共同創設者であるTedna Reisは、昨年初めにこの機能のためにブロックチェーンを探索し始めています。 MoedaのCTO、Brad Chun氏は、ブロックチェーンを使用することで、監査機能が容易になり、最終的に操作効率が向上すると主張しています。集中化されたデータベースを使用する伝統的なサービスプロバイダーよりも低い貸出コストに対応できます。 そして、ブロックチェーンの背後にあるのが、信頼ベースのネットワークです。 この信頼ネットワークを拡張して、信用を得るために評価ベースのプラットフォームを構築するために活用することができます。 そのようなブロックチェーンに基づくデジタルアイデンティティは、借り手が独自の経済的な履歴と信用プロファイルを構築することができるため、非常に期待されています。 これらの事例のように、ブロックチェーンによるマイクロファイナンスによって、途上国に暮らす貧困層の人々が安定的な生活を実現するための基盤を提供し、拡大する金融格差を解消することができます。 競合となるプロジェクトの比較 Heroのプロジェクトの中核は融資サービスであり、ターゲット層は東南アジア圏です。 類似したプロジェクトは複数あり以下が挙げられます。 Everex(エベレックス) : モバイルアプリケーションを介した国際的なマイクロファイナンスプロジェクト ETHLEND (イーサレンド ):分散型のP2P融資プラットフォーム 以下、簡単にまとめた表です。   HERO Everex ETHLEND    シンボル HERO EVX LEND   トークン特性 ユーティリティ ①プラットフォームの永久会員 ②プラットフォーム上の企業へのファイナンス提供   ③資金調達提供優先アクセス権利         ・配当権利(20%分配) ユーティリティ ユーティリティ           ①ローン手数料割引(25%).   ②エアードロップ(20%)   技術 イーサリアムベースのDApps.          ...

Hero(ヒーロー)SoftbankやAlibabaと出資提携している子会社を持つ企業が仕掛ける金融系ソリューション

  Hero(ヒーロー)とは ヒーローの使命は、銀行業界に革命を起こして、東南アジアを起点とした非銀行やアンダーバンキングのためのクレジットをより容易に入手し手頃な価格にすることです。 https://youtu.be/o7anwyoq48I 問題点とソリューション 世界の人口の約40%にあたる20億人の人々は、依然として融資を受けることができずにおり、金融サービスへのアクセス制限が問題となってます。 ソリューション-Hero Capital Market Platform ヒーローキャピタルマーケットプラットフォームは、ブロックチェーンとスマート契約技術を活用し、東南アジア市場における一連の相互依存的かつ相互補完的なプロジェクトからなる金融サービス市場のネットワークを可能にします。 財務サービスへの透明かつ効率的なアクセスから現在除外されている市場の個人および企業に資本を提供するために、効率的で、摩擦がなく、法的に執行可能で、収益性の高いデジタル通貨の現地通貨への転送を行います。 HEROプロジェクト内容 プロジェクト内容は以下です。 担保付ローン 担保付ローンは、無担保ローンの出発点であると考えており、 2015年には、すでに数千の顧客にサービスを提供している、東南アジアで最初に完全ライセンスのオンライン質屋を立ち上げています。 PawnHero 金利は、生計を改善する安い信用へのアクセスを提供する伝統的な質屋の半分程度で済みます。 担保のないブロックチェーンベースのローン - 個人向け ほとんどの新興市場では、中央集中型のクレジットスコアリングがありません。 Blockchainを使用すると、すべての人がユニークで検証可能な評判に基づくアイデンティティを持つことができるため、経済にも同様に参加できます。 ソーシャルメディアプロファイルからの非伝統的なデータソース、以前の作業経験およびトランザクション履歴と高度な機械学習技術を組み合わせることにより、無担保ローンへのアクセスを提供するために提供を拡大します。 中小企業および地域社会のためのブロックチェーンベースの融資 やはり、中小企業向けのソリューションも必要であり、需要確保のためには重要です。 ほとんどの場合、特に発展途上国では、中小企業はGDP総額の35〜40%を占めています。中小企業部門は、手頃な資金調達スキームへのアクセスです。 チームは、個人向けに融資を開始しますが、それをコミュニティの融資や最終的には中小企業に拡大したいと考えています。 HEROプロジェクトのメリット 市場の規模拡大 東南アジアは世界で最も急速に成長するインターネット領域です。6億人以上の人口のうち、2億6 千万のインターネットユーザーを抱え、世界で4番目に大きなインターネット市場となっています。 世界で最も急成長しているインドネシアが牽引し、2020年までに、この地域のインターネットユーザーは4 億8千万人以上のユーザーに達すると予想されています。 意外なことに、この成長は人口の70% (中国は59%)を構成している40歳未満の若くて活気のある人々によって支えられており GoogleとTemasekの調査によれば、2025年までに東南アジアのインターネット経済は200億USDに まで達すると予想され、すでに堅調に伸びているGDPは2.5兆USDにまで成長しています。 モバイル接続率は世界平均(124% vs 103%)を上回り、インターネット速度もまもなく世界平均である 23.3 mbpsに達すると予想されています。 この地域のインターネット産業は急速に発展しています。 さらに、2017年1月現在、加盟国のソーシャルメディア普及率は高く、フィリピンでは58%で、世界平均の37%、地域平均の47%よりも高くなっています。 600Mの潜在的顧客 東南アジアは世界で最も急速に成長するインターネット地域であり、世界第4位のインターネット市場です。 200億米ドルの市場規模 GoogleとTemasekの調査によると、2025年までに東南アジアのインターネット経済が回復しています。 70%+ Unbanked 多くの人が銀行口座よりFacebookアカウントを持っています。 実績のあるビジネスモデルの存在-PawnHero スイスに設立されるHERO財団は、Hero Capital Market Platformの開発と運営を通して、東南アジアにおける財政の包摂、透明性、効率性を直接的に、または子会社や関連会社を通じて促進する予定であり、 ビジネスモデルは、2015年以来、サービスを継続している子会社のPawnHeroをベースにしています。 東南アジアの金融サービスにアクセスできるよう、より包括的で透明かつ効率的なシステムを構築する技術を活用し、銀行システムから20億人を除いた現在の金融システムを混乱させています。 https://youtu.be/NSiESPToWWY この子会社の出資先には、 Softbank Alibaba などの有名企業も含まれており、チームの背景は強いです。 この背後のチームは、東南アジアで完全に認可されたオンラインの質屋PawnHeroを継続中です。 詳しくは、PawnHeroのウェブサイトをご覧ください 技術要素 Hero Capital Market...

FuzeXと暗号通貨カード系プロジェクトを比較してみた

  暗号通貨対応カードプロジェクト 暗号通貨を利用できるカード系プロジェクトは需要が高く、プロジェクトが非常に多いのも特徴です。 往来の銀行サービスの問題点に直面して、銀行を暗号化することは様々なメリットをもたらすと考えられており、暗号化銀行が運用上、製品固有上、信用上、効果的であることが認識されています。 しかし、最も重要な課題として法律上のが規制環境の欠如であり、規制上の承認またはライセンスの取得はプロジェクトには必須課題になっています。 欠如しているプロジェクトはリスクプロファイリングと不確実性から他社に比べて格付けされることになります。 主要なカード系プロジェクト一覧 最近はアジア・ヨーロッパを中心にハイスペックなICOプロジェクトが非常に多く、2017年には暗号化銀行のプロジェクトだけでも総額2億ドル以上の資金調達を達成しています。 特に昨年印象的だったのが以下のプロジェクトです。 プロジェクト名 イメージ 通貨シンボル     Monaco 世界中で適切な為替レートで決済ができる暗号通貨クレカ MCO     Polybius 包括的な金融書リューションを構築するデジタルインフラ PLBS     TenX ブロックチェーンと現実世界を結びつけるデビットカード・銀行ライセンス PAY     TokenCard アプリとカードで様々な決済を可能にするスマートコントラクトトークン TKN     Change グローバルな暗号化銀行を目指すプロジェクト CAG     Bankera ブロックチェーンによるデジタル銀行プロジェクト   BNK     Centra セキュリティに特化した保険付きマルチデビットカード CTR     Crypterium 非接触型決済に焦点を絞った分散型の暗号化銀行プロジェクト   CRPT     FuzeX 暗号通貨とデジタル資産を一つのEカードに統合する支払いソリューション FXT       などであり、いづれもこの業界の成功企業となる可能性があります。 そこでこれらの分野の企業を比較して主要な暗号化銀行について比較したいと思います。 プロジェクトの比較 以下は主要なカード系プロジェクトの比較をまとめた表です。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1utOnR-Qz8FeqVWsBiipMZnMv0F-4ZsOA2VvCoNnNmZk/edit#gid=0 (作成:BAB)   TenXはすでに実用的な製品と強力なバックアップ(Vitalik)があることからこの業界では先陣を切っている存在の一つとなっています。VISA・MASTERにも対応しており、COMITサービスが開始されると通貨取引も可能になりより需要が高まることが予想できます。さらに今年は銀行ライセンス取得やETF、デリバティブなどの投資商品にも参入する予定であるため、期待されているプロジェクトです。     Monacoは高いキャッシュバックや取り扱いが開始していることから需要は高いです。VISAに正式に承認されている暗号通貨カードであり、VISAカードのように使うことができます。     Polybiusは銀行業務・IoT・ビッグデータ・ブロッうチェーンベースの複合ソリューションであり、白書によるとエコシステムを構築できると需要はありそうですが製品リリースはまだされていません。   そしてTenXの競合的存在になりうるのが、現時点ではchangeとBankeraではないでしょうか。ICOの面では両者とも専門的なチームによって十分な調達額を達成しており(Bankeraは経過中)高い可能性を秘めています。 Changeは銀行ライセンスを申請中であり、テストプロトタイプとエストニア政府バックのeレジデンシーとの戦略的パートナシップもあります。BankeraはNemとの提携や高いマーケティング力が評価されています。   Centraに関しては、保険料・手数料無料で使える点やマーケットプレイスの存在など他社と比較して有利な点は存在しますので、2018年にこちらも期待はできます。     そして、最後に今回一番比較したかったFuzeXプロジェクトですが、ICO経過中のステータス的にはTenX・Change・Bankeraと同等のものであると考えることができます。特にTaaSからの500ETHの出資は大きなものでしょう。 カード自体の性能としてはマルチな機能が利点であり、 しかし、すでに先を進んでいるプロジェクトが存在することは事実としてありますし、開発段階であることは懸念点として言及しておくべきでしょう。 結論 現時点でのステータスで考えると、ICOからの価格上昇率やすでに市場に出ており顧客基盤もできていることから、TenXがやはりカード系プロジェクトでは最も成功していると考えることができます。 そしてプロトタイプが稼働しているプロジェクトの中では、対応通貨や融資サービスのあるCrypteriumやCentraカードが有望であると思います。 カード系プロジェクトは特に競争が激しい分野であり、製品がローンチされているプロジェクトもあります。FuzeXに関してはまだ製品開発中でありICO経過中ですので、現段階では評価をつけ難いですが、ICOで参加するメリットは少なくともあると考えられます。 関連リンク 公式サイト:https://fuzex.co/ 白書:https://fuzex.co/wp-content/uploads/2018/01/FuzeX_whitepaper.pdf Twitter:http://www.twitter.com/fuzex_co facebook:https://facebook.com/fuzex.co telegram:https://t.me/FuzeX Authorship Bitcointalk(BABbit43) https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary Slack:babbit43

Bankera(BNK)の最新ニュース-バヌアツの老舗銀行を買収する

  Bankeraとは Bankeraはブロックチェーンによる暗号化銀行を目指すプロジェクトであり、現在トークンセールが開催されてます。 https://bab-global.net/ico/bankera ビッグニュース-バヌアツの銀行を買収完了か?! 公式からメールにて発表がありましたね。このような内容が届いてました。 We have come a long way since we first launched Bankera’s pre-ICO sale. We have managed to raise 80 million euros from over 66,000...

FuzeX(FTX)暗号通貨と往来の資産を一つのEカードに統合する支払いソリューション

  FuzeXとは FuzeXは現時点での支払方法に革命を起こすことを目指しています。 FuzeXのFuzeXカード、ウォレット、エコシステムでは、リアルタイムで暗号通貨を交換することができます。これにより、いつでもどこでも好きな場所で暗号を使うことができます。 問題点とソリューション FuzeXプロジェクトが焦点にあてているのは、現在の暗号通貨に関するユーザビリティの問題です。 暗号通貨の購買、移転、交換の活動は複雑かつ遅く、不安定であり、現実的なユーザビリティの問題は、多くの企業がこの課題に取り組んでいます。 現に昨年だけでも数々のブロックチェーン企業が参入しており、一見論理的なプリペイドプラスチックカードソリューションでアプローチしていますが、その使用例は数少ない暗号化に限られており、少数の商人に限られているため、採用が妨げられています。 そこで、FuzeXは、標準的なアプローチを超えたソリューションを提示します。 FuzeXソリューションは革新的なユーザーエクスペリエンスの提供と改善を目指す チームは、FuzeXエコシステムを導入してユーザビリティの問題を解決します。 FuzeXチームは、すべての形態の通貨支払いを安全で信頼性があり、ユーザー/商人にとって使いやすいものにするよう努めています。ブロックチェーン技術とその革新的な金融ソリューションが広く受け入れられるにつれて、暗号通貨はこれまで以上に「お金」として認識されるようになりました。 BitcoinやEthereumのような暗号通貨はすべて、「お金」を助ける以下の特性を共有します。しかし、「お金」の使いやすさという点では、暗号通貨は深刻な課題に直面します。 実際、ビットコインの送金手数料がかなり高くなっていることは明白であり、最近ではイーサリアムも送金つまりや送金手数料の高騰に悩まされています。 そこで、FuzeX Card&FuzeX Walletは、よりスマートな支払いソリューションを提供します。 プロジェクト目標は、暗号化、デビット、クレジット、報酬でより簡単に、はやく、支払いを実行することです。 FuzeXエコシステムの特徴 FUZEXエコシステムはユーザビリティだけでなく様々な特徴を持っています。 簡単なストレージ 代替可能 ユーザビリティ 偽造困難 希少性 移転性 分裂性 世界中いつでもどこでも使える リアルタイムの為替レートは、いつでもどこでも好きな場所で暗号化を使うことができます。 シンプルである 支払方法としては、電子ペーパーディスプレイ上の暗号通貨、デビット、クレジット、およびアカウント内の報酬などが選択できます。 豊富な種類と利便性 最大15個の暗号化アカウント、10個のクレジットカードまたはデビットカード、5個の報酬カードをすべて1つの特有の電子カードに保存できます。 安全である 二要素認証、紛失防止、カード上のキーコードにより、安心してご利用いただけます。 リアルタイム交換 FuzeXエコシステムは、暗号通貨と現金通貨のリアルタイム交換を提供します。 つまり、オンラインウォレットとポケットに入れられている財布とのギャップを橋渡しできるようになります。 一般的な他のプロジェクト同等の機能が使えます。手順は以下です。 FuzeXカードでの支払い手順 ステップ1 あなたのFuzeXカードで希望の暗号化を選択してください。次に、口座残高とリアルタイムのコンバージョン率を通常の通貨で表示します。 ステップ2 あなたのFuzeXカードを商人に渡してください。商人はあなたのFuzeXカードを通常どおりに挿入し、POS端末は関連する発行者に要求を送信します。 ステップ3 発行者はFuzeX Exchangeを介して、お客様の口座に十分な金額のファンドをすぐにチェックします。十分な資金があれば、支払いは承認されます。そうでない場合、支払いは拒否されます。 ステップ4 商人は支払い承認を受け取り、支払いは完了です。 FuzeX Walletから礼儀購入の要約を受け取ります。 FuzeXのプロダクト FuzeXカード ユーザーがさまざまなアカウントを接続して、(クレジット、デビット、報酬または暗号通貨)をFuzeXのエコシステム内でFuzeX Walletアプリで送れば、簡単にFuzeXカードで支払いをすることができます。 さらに、FuzeXカードはFuzeX Walletとペアになってハードウォレットストアとして機能します。 最大30のクレジットカード、デビットカードを保管、管理、使用できます。電源オン/オフ、ピンコードの入力、選択、承認が可能です。 FuzeXカードの特長: 支払いEPD(電子ペーパディスプレイ) クレジットカードスキャンのバーコード ブロックチェーンアドレスのQRコード マルチ暗号化通信のEMV(IC Chip) クレジットカード決済のためのフィールド通信(NFC) 報酬の支払いのためのQRコード 暗号化のためのコード P2Pの転送のためのウォレットアドレス FuzeXカードとFuzeX Walletとの間のBluetooth接続は、セキュリティを確保するためにFuzeXカードを安全にロックするための追加オプションがあります。 その他にもFuzeX Cardのバッテリーデータを45〜60日間保存するためのリモートワイプ技術プラス、スリムな充電式ポータブルバッテリバンクなどもあります。 目標は、通常のクレジットカードのように、ユーザーがFuzeXカードで暗号化を使用できるようにすることで、加盟店は現行の法定通貨(米ドル、ユーロ、円などの現地通貨)を受け取ることができます。 当社のFuzeXカードは、EMV POS端末規格と連携して動作します。そうすることで、各暗号化のために必要とされる不当なオーバヘッドを排除します。 FuzeX Wallet FuzeX...

BABB(BAX)ブロックチェーン・バイオメトリクス・AIによるミクロ経済のため世界的なバンキングサービス

  BABBとは BABBは、ミクロ経済学に力を与え、生命と生計を改善し、世界中の個人や企業に新しい機会を創造するプロジェクトです。 BABBは、ブロックチェーンとデジタルアイデンティティ技術を活用して、社会的な接続性を利用して取引、貿易、革新、デジタル通貨の発行、お金の貸し出し、ビジネスベンチャーへの資金調達など、誰もが自由に参加できるボーダレスなグローバルネットワークを構築します。 https://youtu.be/7roMDZaRBLY 既存の銀行システムの問題点とソリューション BABBが指摘している問題点は、往来の銀行サービスにはアクセスできない人が多数あり、収益性やコスト面で非効率であるということです。 白書の内容を要約すると、 既存のバンキングサービスの問題点 世界には70億人がいますが、そのうち20億人以上が基本的な金融サービスにアクセスすることはできません。 「非銀行」であることは、人々を現金に頼ってしまうので、お金を節約したり、安全にローンを外したり、あらゆる距離に渡ってお金を送ることが難しくなります。ますますオンライン化が進んでいる世界では、人口の30%が経済から切り離されています。 現在のバンキングシステムは、この20億人の銀行口座や金融サービスにアクセスできない人のためには働いていません。 例えば、メキシコでは、「非銀行家を預ける」というイニシアチブにより、低所得者の銀行口座開設が雇用者数の7.6%の増加、雇用の1.4%の増加、平均所得の7%の増加につながりました。 より幅広いレベルでは、貧困の永続化、生活水準の悪化、教育からの排除、健康状態の悪化を財政的排除が担います。 一方で現在のバンキングシステムは、世界の他の50億人のための真の銀行としては働いておらず、アクセンチュアは最近、「未銀行化」が4,800億ドルの市場機会を占めていると報告しています。 しかし、銀行はこの機会を利用するためにほとんど何もしていません。 その理由としては、 新しいユーザーをオンボードで入手するのはコストがかかることであり、 「非銀行」の大部分は、個人、中小企業の小規模のプレイヤーであるため、彼らが生み出す収入は、それを提供するコストよりも低くなってます。したがって、伝統的な銀行がこれらの20億人の人々にサービスを提供することは、単に収益を上げることはできません。 言い換えれば、この世界の非銀行化された人々は、市場機会が4兆8000億ドルであるにもかかわらず、中央銀行システムはそれをロック解除するために多くを提供していないということです。 ソリューション BABBは、Blockchainに基づく銀行口座の略語です。私たちはブロックチェーン技術を使用して、クラウドソーシングされた金融サービスへのアクセスが組み込まれた世界の誰にでも銀行口座を提供したいと考えています。銀行や金融サービスのコストを大幅に削減し、ゲームを変えるサービスを提供し、世界経済に20億人を惹きつけることが可能です。これは誰にとっても良いと思う。 分散型金融モデルのメリットは、財政的な取り込みに止まらない。競争が停滞し、セキュリティが不十分でデータが漏洩するため、高い価格を終了することができます。意思決定を分散化することで、2008年の金融危機のようなショックを受けにくくすることもできます。各ユーザーが本質的に独自の銀行である分散型バンキングプラットフォームの分散的な強さとセキュリティーに比べ、銀行は弱く脆弱です。 このように述べられています。 BABBプラットフォーム プラットフォームの特徴です。 開発者/企業はアプリケーション作成ができる 企業や開発者は、BABBプラットフォームにシームレスに接続するアプリケーションを作成できます。フリーランサーからグローバル企業に至るまで、BABBのボーダレス統合支払いシステムはビジネスのコストを削減することができます。 ユーザーはアカウントを作成し、バンキングサービスを利用できる 世界中の誰でも英国の銀行口座を開設することができます。あなたがする必要があるのは、BABBアプリをダウンロードし、セルフリーを取得し、声紋のためのパスフレーズを読むだけです。このアカウントを使用すると、低コストでほとんど無制限のバンキングサービスにアクセスできます。 中央銀行はデジタル通貨を簡単に導入でき、国際送金が可能になる 中央銀行はBABBの技術を活用して、規制されたエコシステムにおけるマイクロ経済のための地方のデジタル通貨の導入を開始することができます。これにより、市民は国際的な送金と支払いゲートウェイへのアクセスを提供することができます。 また、BABBの技術を活用して、国内の連合ネットワークの一部をホストし、運用する予定であり、現地の管轄を考慮に入れ、既存の財政および金融政策の複雑さを許容する予定です。このサブネットワークは本質的にBABBのグローバルプラットフォームの一部になります。 経済的安定をもたらす CBDCにより、中央銀行は、BitcoinやEthereumなどの暗号化通信の多くの有用で革新的な側面を再現できる一方で、不安定な要素の多くを取り除きます。 中央銀行のデジタル通貨の価値は、国民の通貨建ての通貨に固定され、為替の媒体としての使用を支配して経済的安定を確保するため、変動することはありません。 規制に完全準拠する この構造でBABBは、中央銀行がプラットフォームが安全であり、規制に準拠していることを保証できることを提案しています。 さらに、プラットフォームから中央銀行によって収集されたデータは、そのようなシステムを効率的かつ効果的に管理および規制するために必要な洞察を提供します。 ボーダレスの支払い 中央銀行とBABBとの協力関係により、ユーザーは中央銀行のローカルシステム上でローカルに取引することができるだけでなく、 BABBのグローバルプラットフォーム上で国際的に取引することも可能になります。 ネットワーク効果 ソーシャルKYC(後述)の仕組みは、ユーザーベースの指数関数的な成長を促進します。 新興市場で銀行に入らない者をオンボーディングする場合に特に有用であり、 BABBの価値はネットワーク上のユーザー数に比例するため、早期採用者が促すことによる強いインセンティブがあります。 中央銀行の障壁を排除してアクセスを容易にする 英国の銀行口座を開設するには、新しいメンバーは単にアプリをダウンロードし、セルフリーを取得し、パスフレーズを言うだけですみます。 バイオメトリクスとデジタルアイデンティティ技術を利用することで、摩擦のないオンボーディングプロセスにアクセスして障壁を取り除くことができます。銀行経営者との文書化や直接対面の必要はありません。全体のプロセスはあなたの指先で行われます。 完全に銀行化されたコミュニティの作成 ソーシャルKYCは、完全に銀行化されたコミュニティを作り、財務、経済、社会的統合を促進する当社の戦略の重要な部分です。低所得の従業員、難民、亡命希望者などの関連文書を提出できない人も含まれます。一緒に働く人々はより強く、社会的なKYCはコミュニティが完全につながるようにします。 BABBのプロダクト BABBアプリ BABBアプリを使用すると、セルフタイマーをとり、パスフレーズを言って、世界中のどこからでも英国の銀行口座を開くことができます。 BABBエコシステムでは、あなた自身が自分の銀行になります。 BABBのグローバル市場には、スマートフォンとインターネット接続を持つ人なら誰でも参加できます。 世界中のどこのBABBユーザーにも、瞬時に料金を支払うことができ、送信する金額と送信先を選択し、デジタルIDを使用して転送を確認するだけです。 さらに、銀行として、仲介者なしで直接通貨を交換することができます。他の方法よりも安く、速く、簡単です。 まず、交換する金額を選択し、必要な通貨を選択します。 BABBはあなたが近くにいるすべての人を即座に見つけたら、タップしてそれを実現させます。 BABB銀行カード ブラックカードは、デジタル世界と物理世界の間の橋渡しを橋渡しします。これは、安全なQRコードまたはNFCタグを介してBABB銀行口座に直接リンクする安全な支払いカードです。デビットのような機能を可能にし、あなたの友人や家族のためのプリペイドカードとして発行することもできます。 小売業者は、BABBアプリをダウンロードしてQRコードまたはNFCをスキャンするだけで、BABBカードを使用した支払いを受け入れることができます。小売業者の銀行口座に即座に支払いが行われ、その資金はすぐに使用することができます。 Black Cardを使用すると、お店やピア・ツー・ピアでBAXを使うことができます。支払いは、世界中どこでも即座に、またはオンラインショッピングで行うことができます。 何十億もの人々がカードサービスにアクセスすることはできません。従来のカード決済サービスを容易にすることに関連するコストは非常に高価です。ただし、Black Cardはレガシーシステムとは独立して動作します。したがって、トランザクションはより安価で高速に効率的に行われます。銀行口座にリンクされた支払いカードに誰もがアクセスできるようにします。 個人情報はカード自体に保存されません。カードを紛失した場合は、銀行口座から簡単に切り離して、誰でもスマートフォンからそのカードを使用することを防ぐことができます。カードが見つかった場合は、BABBアプリでQRコードをスキャンするだけで、BABB銀行口座に再接続します。 新しいカードは、翌日配送の店舗や主要なオンライン小売業者から非常に安価に入手できるようになります。代わりに、友人からスペアを拾い、あなたのBABBアプリでQRコードをスキャンすればいいです。 ソーシャルKYC BABBのプラットフォームは信頼を促進し、このネットワークでは、他のユーザーの信頼でコア機能を持つアカウントを開くことができます。 革新的な「ソーシャルKYC」プロセスは、完全にKYC-edで検証されたドキュメントを持つ誰もが、他のユーザーに保証し、プラットフォームに搭載することができます。 このようにして、IDの書類を提出することなく何百万人もの人々にサービスを提供できます。 近年、KYCプロセスの簡素化と効率化は重要視されており、この分野のブロックチェーンプロジェクトは複数存在します。 https://bab-global.net/ico/kyc-legal   BABBもソーシャルネットワークとKYCを組み合わせることで、画期的なソリューションを提供していると言えます。 BABBの強み  FCAにより規制された決済機関である(イギリスの銀行ライセンス申請中) BABBはすでにFCAによって規制されている認可された決済機関であり、英国の銀行ライセンスを申請しています。銀行免許証が無い間も引き続き稼働することができます。 公認の支払い機関として、財務運営以外のすべてを行う予定です。 高い技術力 ブロックチェーン ブロックチェーンにより、分散型ピアツーピアプラットフォームを実行することが可能になり、ユーザーは仲介なしで取引でき、より迅速で安価な取引の恩恵を受けることができます。スマートコントラクトは、セキュリティを強化するために耐タンパー性のトランザクションを作成します。 バイオメトリクス 声紋、顔のスキャン、ジオロケーションなどのバイオメトリクスにより、すべてのアカウント保有者に安全なデジタルIDを作成することができます。これにより、アドレス帳やID書類を持たなくても誰でも銀行口座を開設し、デジタルIDデータの所有権を保持することができます。 人工知能AI AIは「ダイナミックKYC」に使用され、BABBユーザーの絶えず進化するプロフィールを構築し、詐欺的または非信任的な行動を見つけ出すことができます。信頼はピアツーピアネットワークの重要な要素であり、AIはネットワーク上の全員が信頼できることを保証する上で重要です。 ネットワークの拡大 BABBプラットフォームは、ネットワーク効果を利用します。サービスの価値は、それを使用する他の人の数に応じて増加します。 BABBアカウントは、クラウドソーシングされた金融サービスの高水準のサービスへのアクセスを直ちに提供しなければならず、これはネットワークの急速な初期成長を必要とする。 ソーシャルKYC 同社の主要な成長の仕組みは、「ソーシャルKYC」という命題です。ソーシャルKYCは、BABBの主張者(ネットワークの完全に検証されたメンバー)が他の人にアカウントを推薦できるようにします。 プロジェクトチームは完全に銀行化されたコミュニティを作り出すために、優秀な大使と密接に協力するつもりであり、BABBを給与計算に使用することができる雇用主と協力します。 人々は彼らのBABB口座に直接給与を受け取ることができ、プラットフォームに現金を入れる必要はありません。 データのプライバシーと暗号化 BABBは、GDPR規制を当社の事業に適用し、設計によりプライバシーを雇用します。アカウント保有者は、自分のデータを完全に所有し、管理することができ、さまざまなストレージの手段によって実装される、さまざまなレベルのデータ保護があります。 デフォルトでプライバシーを確​​保するために最適化され、明確かつ明白なUIで表示されます。 ロードマップ 2016年 1月:2つの特許適用GB1601328.6 顔認識バイオメトリックを用いた口座開設 音声認識バイオメトリックを用いた銀行口座の開設 4月:シード資金:$ 1M 11月:バイオメトリクステスト済み、MVP開発を開始、UXの設計されたアプリ 12月特許出願中:特許GB1622281.2:プリペイド銀行口座スマートカード  2017年 1月:財務モデル+投資家ビジネスプラン 9月:特許出願中2件 10月:ブラックカードコンセプトデザイン ...

Crypteriumが未来の暗号化銀行になりうる理由

  伝統的な銀行とブロックチェーン 多くの人々のブロックチェーンバンキングは、Monopolyのゲームシリーズのようなものです。大部分の人々は、暗号化の機能がどのように機能し、政府の規制なしにそれがどのように存在するかを理解していません。 しかし、それは世界中からの暗号愛好家を止めるものでもなく、今では、約900以上の暗号化通信が利用可能であり、その数は指数関数的に増加しています。 いくつかの伝統的な銀行の暗号化への移行 いくつかの大手企業は既に暗号化に関心を示しています。 バークレイズのアショク・バスワニ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、同銀行はBitcoinのような暗号化に関する規制当局と話していると語っています。 世界銀行は、国際決済銀行(BIS)によると、金融システムの安定性にリスクをもたらす可能性があるため、暗号通貨の成長を無視することはできません。 中央銀行は、現金の使用が減少しているスウェーデンのような国では、決定が最も厳しいが、デジタル通貨を発行するかどうか、その属性はどうあるべきかを把握する必要があると述べています。 イングランド銀行(Bank of England)では、マークカーニー(Mark Carney)は金融における潜在的な「革命」の一環として暗号化を引用してきています。 このシステムをよりよく理解するために、オランダの中央銀行は、内部使用のみであっても、独自の暗号化を作成しています。 そして、JPモルガンのジェイミー・ディモン最高経営責任者(CEO)は、ニューヨークで開催された銀行投資家会議で、「通貨は機能しません。あなたは、人々が薄い空気から通貨を発明し、それを購入している人々が本当にスマートであると考えることができるビジネスを持つことはできません。」と述べており 一方で、交換グループCBOEの会長兼CEOのエドワード・ティリーは、同じ会議でこれに対して次のように述べています。 「そうであってもいなくても、人々はビットコインに暴露される」 技術への巨大な依存にもかかわらず、銀行はデジタル要素の開発にはほとんど影響がない世界経済の一部の1つです。しかし、ブロックチェーンは遅かれ早かれその銀行業務を変更するでしょう。 伝統的な銀行システムは、金額のあるお金で動作し、必要に応じて、米ドルなどの通貨を印刷することができます。その数は無制限です。そして、これはインフレにつながります。 銀行システムは、高位の銀行家や政府の為替相場や不正行為に対応しています。多くの銀行は「小口リザーブ・バンキング」を行っています。この銀行では、特定の数の顧客に同時にサービスを提供するだけの現金しか保有していないため、すべての顧客が即座に資金を引き出そうとすると、銀行が破綻します。 銀行業務のICOプロジェクトの可能性 大手銀行は小規模な措置をとっていますが、ICOについては十数件の銀行業務があります。 https://bab-global.net/ico/crypterium-superiority 普通の銀行の短所 として、 ブロックチェーンを利用することで高額金利での通貨交換、低金利でのクレジット獲得の可能性など、通常の銀行業務での短所となりうる点すべてのものを改善します。 また、銀行業務と提携していくつかのプロジェクトは、即時支払いピアツーピア、NFC支払いシステム(ApplePay、SamsungPay、AndroidPay)との容易な融資プロセスを提供しています。 一部のプロジェクトは文字通り「星に向かって」開発していますが、例としてCrypterium は、クレジットトークンとオープンプラットフォームを備えた最初のデジタル暗号トンネルを構築する段階に入っています。 間違いなく開発計画のための余地があり、プロジェクトはかなり大胆で現実的な目標を持つICOを開始しています。 これが歴史上のその場所を持つアイデアの1つであると考えるのは簡単です。 次は何が起こるのでしょうか? かなり単純であり、最も人気の高いプラットフォームで快適で便利なソリューションが出現するとすぐに、人々は最終的に暗号通貨を使用し始めます。 なぜCrypterium が次の大きな暗号化銀行となる可能性を秘めているのか ここではCrypterium トークンを購入した、または検討している方向けに、その利点と理由を説明します。 限定サービス すべてのトークンはICO中にのみ発行されます。これはCRPTスマートコントラクトでコード化されているため、分散型ブロックチェーンプロトコルによって100%保証されています。 ICO後に発行されるトークンはありません。 一定の需要 すべてのソリューションはCRPTトークンを使用する必要があり、循環中のトークン量は常に減少します。 CRPTトークンは、Crypterium 取引処理のための燃料です。すべてのトランザクションで、少数のCRPTトークンが燃焼されるため、取引が増えるたびに、希少性も上がっていきます。これにより、需要供給のバランスが保たれます。 ロイヤルティ報酬 CRPTトークンを所有して取引を行うことにより、自動的にお客様の取引ごとに最大80%のキャッシュバックを提供するロイヤルティプログラムのメンバーになります。 SEC規制への準拠 ブロックチェーンの最高の弁護士の1人とSECの規制分野と緊密に協力しており、当社の法的見解は、CRPTトークンはユーティリティであり、セキュリティではないということです。これにより、ICO後の取引所での迅速なリスティングが保証されます。 技術的な輝き CRPT Smart Contractを開発したチームは、ブロックチェーンソリューションで5年間の経験を持っています。 Ambisafeの技術監査を受け、スマート契約の品質とセキュリティを確認しました。 7年間の経験 同社は、7年前に最も有能で便利な決済処理ソリューションの開発に着手しました。Crypterium は、経験豊富なチームによって開発された最も効率的な技術を利用して、そのコラボレーションの累積的なピークです。 開発されたエコシステム Crypteriumの目標は、別の暗号トークレットまたは銀行cryptocardを作成するだけではありません。当社は、非接触決済技術を使用し、本格的な銀行ソリューションを創出する、将来のテクノロジーおよびインフラストラクチャーにのみ重点を置いています。 最低および公平な為替レート Crypteriumは、CrypteriumSXテクノロジーを使用して、最低の為替レートと即時取引を保証することによって、異なる通貨と暗号セット間の地理的および精神的境界を消去します。お支払いの転送やその他の取引は、ご自分の国の通貨での作業と変わらず、すばやく簡単です。 与信および貸出のソリューション 暗号通貨と法定通貨の最大の違いは、暗号通貨が銀行システムのように安定した標準利益を生み出すことができないことです。ブロックチェーンをベースとした世界で利益を生み出すソリューションを開発しています。 ...

Crypteriumのような暗号化銀行がなぜ世界で求められているのか

  暗号化銀行のブロックチェーンプロジェクトは今年いくつも誕生してきました。 中でも代表格になりつつあるCrypterium は他プロジェクトと異なる優位性を持っています Crypterium について 暗号化銀行を目指すブロックチェーンプロジェクトであるCrypterium は非接触型の取引が大きな特徴であり、仮想カードを開発しています。 https://bab-global.net/ico/crypterium   コミュニティレベルの急速な増加 現在、154カ国から40,000人以上のトークンホルダーが200,000以上の登録ユーザーアカウントを持っています。 さらに、約19,000人がTelegramのチャットに参加しました。 これは、今年の最も大規模かつ重要なICOに沿ったものになっています。 「初期の結果を特に顕著にするのは、CRPTトークンの販売が世界中のトークンバイヤーの注目を集めたという事実です。ロシア、米国、ブラジル、イギリス、インドネシア、日本、マレーシア、南アフリカ、インド、ナイジェリア、オーストラリア、南アフリカなど多くの国からのユーザーは、トークン所有者になることでプロジェクトの支援を示しました。」 なぜ、世界が暗号化銀行を必要と考えているのか   クリプテリウムのIRディレクター兼共同設立者であるオースティンキム氏は、この記事にてcryptobankの構築が何を意味するのかについて語っています。 一部抜粋します。 日本は、暗号通貨は通貨ではないと述べており、韓国も共有しています。 また米国では、SECは、取引の操作や株価が1ヶ月間に2,700%上昇したため、年初までにThe Crypto Companyでの取引を中止しました。 シンガポールでは、購入者は暗号通貨をに「極度の注意」を払い、投機を警告すると述べている。急激な価格下落は、その国の通貨当局に警告した。 推論から商取引まで、暗号通貨から法定通貨まで Bitcoinはおよそ8年間、Ethereumとそれ以外の数多くの暗号化通信を行っています。そして、その危険は価格の変動の中にあるかもしれません - 支持者たちは、人々の取引の仕方を変えることに約束していると言います。 Crypteriumは「全ての人のための非接触型暗号化銀行」として自ら命じ、11月に初期コイン・オファリング(ICO)をデビューし、実際の商取引でとりわけ流動性を高めることを目的とした仮想カードを開発しました。 デジタル専用のcryptobankとして、Crypteriumは非接触決済で暗号化通貨で支払い、現金登録ソフトウェアとQRベースのトランザクションとの統合という最終目標をもって支払いとサービスのインフラストラクチャを提供しようとしています。 同社は、世界中の4,200万台の決済端末を使って、かつプラスチックカードを必要とせずに、モバイル機器を使用して、クレジットを保管、使用、交換(そして最終的には借りる)して暗号と貨幣の瞬時処理と互換性を実現できると述べている。 IR取締役兼共同設立者のAustin Kimmとのインタビューで、執行役はPYMNTSに対し、暗号スペースには2つの部分があると語っています。 ビットコインとイーサリアムを含む、通貨として設計されたトークンがあります。そしてトークンの全面的なホストがあり、主な目的はそれを開発する企業内でユーティリティ機能を持つことです。 これらのトークンを魅力的なものにし、人々にそれらの企業に資金を投入させるために、キム氏はトークンが取引よりも株式市場に近い環境で取引していると語りました。 「そのダイナミックを変えることができるまで、私たちは選択されたグループを持っている暗号バブルの中にいます。この潜在的な利益のためにこの暗号資産を所有しているのは500万人、時間が経つにつれて価値が上昇する」と述べた。 しかし、再び、毎月約100社の新会社が独自のデジタル通貨を発行しており、そのトークンの多くは、「平均的な人のポケットに入っていく」とキム氏は述べている。 彼はすでにゲーム内に独自のデジタル通貨を持つゲームプラットフォームの例を挙げており、ゲームのエコシステム外でそのデジタル通貨を利用して暗号トークンを発行したいと考えています。突然、何百万人ものゲーマーがゲームの枠を超えて、ゲームを超えて暗号を使って作業しています。ロイヤルティプログラムは、ポイントの代わりに暗号トークンを発行する道を切り開いており、店舗内で実現する価値があります。 同社は、このような支配的な抱擁に着く前に、暗号通貨と法定通貨の間のギャップを埋めると付け加えた。彼はPYMNTSに語った。そのような日々の変動が市場で起こっていると、彼は言いました。 「商人としてあなたの商品をビットコインで価格付けすることはできません」キム氏は、暗号が自然価格を見つけるまで、ビットコインを瞬時にルピアから香港ドル、米ドルに至るまで、交換できる商人は快適な気持ちになります。 同氏は、「私たちは自分たちを暗号化銀行と呼んでいるが、実際には銀行ではない」と述べ、代わりに「人々が本当に自分たちの銀行になれるようにする」と述べた。 銀行は、消費者が支払いをしたり、追加のサービスを受けたり、通貨を保管したりすることができます。 「人々はそれを自分たちでやるように促している」と彼は語った。 ブロックチェーンを使用すると、デジタルウォレット内に資産を格納し、スマート契約を使用して、タイムベースのトランザクションを強制することができます。 別の例では、キム氏は、家に送金した移住労働者からのピアツーピア支払いを指摘した。現在、ウェスタン・ユニオンの取引は現金で処理されているかもしれませんが、ブロックチェーンとCrypterium を使用することで、取引コストはゼロになり、取引は瞬時に行われます。取引で使用されたスマートフォンを背景に、自分の銀行になることができます。 キム氏は、「デジタル時代を迎えていることを認めれば、デジタルマネーの概念を受け入れることができます」と言いました。 そして、暗号を金として受け入れることを認めれば、モバイルは取引の普遍的な選択肢になるでしょう。 彼は、ブラジルの医師の練習を暗号化実践に変えたことについて彼が読んだ逸話を提示した。暗号化を使用すると、より伝統的な銀行券や硬貨に支配される州/政府の影響を超えて、通貨や取引をコントロールできます。 そのような政府のコントロールは、Crypterium が政策と政府レベルでさまざまなレベルの暗号化を受け入れている市場にどのように移行しようとしているのかという問題を提起する。 一般的に言えば、「国別戦略が必要だ」と彼はPYMNTSに、暗号通貨と法定通貨までの両方の道を橋渡しし、プラスチックカードの発行によって消費者の行動や摂取が刺激されるかもしれないと話した。 Visaカードを発行することは、米国では複雑なプロセスではなく、バングラデシュではそうするのが比較的難しいかもしれない、と彼は言った。 しかし、純粋なデジタル経路を辿ると、キム氏は次のように付け加えました。「これは私たちの焦点です...真新しい通貨と新しいブロックチェーンを下って、旧世界の技術に戻ってしまうのは奇妙であり、プラスチック製のカードとすべての制限をもたらす。 会社はアプリケーション内で支払いカードを発行して仮想カードとして使用することができます。 Kimm氏は、「デジタルカードを利用している銀行の発行者は誰でも欲しい」とKYCなどの取り組みを採用しなければならない可能性が高いとしている。 このため、CrypteriumはNFC機能を持つ銀行と提携しようとしている。銀行はすでにデジタルVisaカードを発行することができます。 KimmはPayPalへのアプローチを、新しいユーザーベースを見つけるための伝統的な方法を使って、それが使用したインフラストラクチャを作成していないと考えた。次のように述べた。 「トークンの提供中に我々が何をしたのか? すでにプラットフォームを使用して登録している15万人のユーザーがおり、近いうちに20万人が登録して使用する予定です。  重要なのは、この種のサービスが必要な企業と提携して、暗号を他の人が受け入れることができる通貨に変更することです。」 焦点はやはり、プラスティックカードではなく、非接触的な決済、取引プラットフォームを目指すことであり、 そのためにも仮想カードやQR決済、アプリ、NFC機能などを備えたプロジェクトとなっています。 暗号化銀行プロジェクトで生き残るのは 競合プロジェクトとしては、Binance にも上場したMonethaといい勝負をするかなという印象です。 https://bab-global.net/exchange/binance/binance-2018 両者の比較 Crypterium  決済:NFC QR ウォレット対応通貨:BTC ETH XRP LTC DASH XMR...

CrypteriumのICO経過報告

  大晦日まで残りわずかとなり、今年も終わりが近づいてきました。 今月はビットコインが高騰してから乱高下を繰り返していますが、徐々に過熱気味の市場に調整が入っています。その中でCrypteriumのICOは依然として継続中です。 Crypteriumについて Crypteriumは暗号化銀行を目指すプロジェクトであり、10年以上のフィンテック業界の経験があり、フィンテック銀行部門でトップ50にノミネートしているプロジェクトです。 詳細はこちらの記事で。 https://bab-global.net/ico/crypterium 同分野は競合プロジェクトも多く、その中でも特に私が注目しているのが、以下のプロジェクトです。 Monetha(MTH) Change(CAG) BANKEX(BKX) 特に、MonethaはBinanceに上場しており、トレンド的にも銀行系プロジェクトの中では注目され始めています。 又、同時期スタートのICOとしては、Change、そしてイーサリアムのプラズマ様プロトコルを最近開発し、話題となったBANKEXチームも優秀です。 比較に関してはこちらの記事で。 https://bab-global.net/ico/crypterium-superiority Crypteriumに関しても、優秀なチームで構成されており、非接触型(仮想カードやQR決済)に重きを置いている点が他との違いです。 ICO最新情報 マイルストーン目標3400万ドルに到達する 同プロジェクトは、最後から2番目の目標(3,400万ドル)に達しました。     1月の最初の週に最終的な調達ポイントに達することを目指しており、ハードキャップが迫っています。 CRPTトークンの購入方法はこちらのステップバイステップガイドをご覧ください。 テレグラムのコミュニティが18000人以上に   先週に、テレグラムのコミュニティは15,000人以上のメンバーに達し、そこでは、コミュニティの中で最も活発で熱狂的な部を見つけることができます。また、サポートチームについて問い合わせることができます。 このTGコミュニティは急速に成長しており、毎日400人以上の新しいメンバーが公式チャットに参加しています。チャットにはすでに18,000人以上の参加者がいます。 「初期の結果を特に顕著にするのは、CRPTトークンの販売が世界中のトークンバイヤーの注目を集めたという事実です。ロシア、米国、ブラジル、イギリス、インドネシア、日本、マレーシア、南アフリカ、インド、ナイジェリア、オーストラリア、南アフリカなど多くの国からのユーザーは、トークン所有者になることでプロジェクトの支援を示しました。」 強い背景を持つコミュニティの存在は何よりもプロジェクトの後押しとなることでしょう。バンク系プロジェクトでは期待できると思いますし私は2018年をめどに保有しておきたいと思います。 取引所との連携 取引所に関しては、トークンセールが終わる1月以降に発表があるかと思います。 やはり最近注目されており、資金が集まりやすいBinanceに上場することが一つ鍵となりそうです。 https://bab-global.net/exchange/binance   同分野でも、Monethaが上場して、価値を上げてきています。 こちらも長期的に注目しておくと良いでしょう。 同社の今後の計画は? 第1部 :暗号化銀行のアプリ開発 ICOの終了後の主な目標は、私たちのcryptobankの最初のバージョンをリリースすることです。 ICOの実際の結果は本当に重要ではなく、良い成果は確かに大いに役立ちますが、何もCrypteriumアプリの開発を止めるものではありません。 最初の数回は、アプリはテストモードで実行されます。初めに、ユーザーは暗号化アカウントを持っています(法定アカウントに紐付けする機会があります)、支払いシステムへのアクセスに加え、収益性の高い為替レートが提供されます。 第2部:取得システム 第2部では、アルゴリズムをテストし、小さなショッピング・スポットや電子商取引に適用することから始め、次に、事業主向けのNFCソリューションに移行する予定です。 第3部:クレジットシステム 第3部では、シンプルで効率的で分かりやすいクレジットシステムを構築することです。すでに解決策を進めており、限られた期間だけ融資して通貨を交換できるクレジットトークンを発行する予定です。 一定の金利がありますが、伝統的な銀行ほど高くはなく、おそらく、為替レートも上昇するでしょうが、それをコントロールするためにチームは全力を尽くします。 第4部:長期計画 これまでのすべての部分では、トランザクションバンキングの典型的な機能についてでしたが、Crypteriumの目標はこれ以上のものになることです。伝統的な銀行という概念をすべての可能な方法で、より速く、スマートにしたいと考えています。 これは暗号化を使用して行うことを可能にすることで、このチャンスを十分に活用します。   なお、トークンセールは1月13日までです。 なお、トークンセールはこちらから参加できます。 関連リンク 公式サイト: https://crypterium.io/ トークンセールページ: https://tokensale.crypterium.io/ 白書: https://crypterium.io/wp/index.html?v=0.72 my profile 0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary  

ハリウッド業界のブロックバスタートークン化

  ハリウッド業界を牽引してきた企業がBankexプロトコルを使用した資金調達を行う予定であることを発表しています。 ハリウッド業界のMoviecoin BANKEX、分散型銀行-as-a-Serviceサービスとしての企業は、映画ファイナンスのための革新的なブロックチェーンプラットフォームとして、MovieCoin™を開発するMovieCoin LLCと合意に達したことを発表しました。 過去十年の農産物や金融の映画を支援してきたクリストファー・ウッドロー(オスカー賞を受賞した「Birdman」、「Hacksaw Ridge」)が率いるMovieCoin™は、BANKEXのblockchainに基づく実証の資産プロトコル(POA)を使用して資金を調達する予定です。 BANKEXのような革新的な企業と協力して、投資家やエンターテインメント業界のパートナーに変革をもたらしてくれることを嬉しく思っています。私たちはBANKEX当社の経験豊富な経営陣と包括的な業界関係を持つ「実証の資産プロトコルは最先端のテクノロジーを通じてリスクを管理しながら大幅なリターンを実現する機会を投資家に提供できると信じています。 MovieCoin CEO クリストファー・ウッドロー また、この発表はCointelegraphでも取り上げられました。 ICAOは、大麻産業(PotCoin)のサポートからTrumpの選挙キャンペーン(TrumpCoin)まで、多様なアプリケーションを使用して暗号化されています。最新のICOバンドに参加するのは、オスカー賞を受賞したBirdmanやHacksaw Ridgeのような映画を制作しているChristopher Woodrowです。 MovieCoin Christopher Woodrowが作成しようとしている暗号通貨は、「MovieCoin」と呼ばれています。彼は映画のポートフォリオに資金を供給するために使用される初期コイン・オファリングを通して100百万ドルを調達することを目指しています。ICOは、証券取引委員会のガイドラインに準拠します。コインは、流通市場で取引され、これらの映画の成功に基づいて評価されることが期待されます。Christopher Woodrowは、他のICOが、以前はベンチャーキャピタリストに限られていた初期段階のプロジェクトに一般人が投資できるように、これらのトークンが映画制作を民主化することを期待しています。 ブルームバーグとの電話インタビューで、クリストファー・ウッドローは次のように述べている。 「映画の資金調達方法に革命を起こさせようとしている...我々はAリストの映画スター、最上位の取締役、熟練した確立されたプロデューサーを含む予定のプロジェクトをまとめている。 MovieCoinの初期スレートを形成します。 ショービジネスにおけるブロックチェーン これは、暗号通貨を統合してビジネスの世界を示す最初の試みではありません。Blockchainモデルは、ショービジネスの中級者を切り離し、アーティストに公平な利益をもたらすために使用されることが、長い間にわたって推測されています。AudioCoinは、デジタル音楽業界の暗号化を目指しており、時価総額は280万ドルです。Bjorkの最新アルバムUtopiaは、暗号化通信(Bitcoin、Litecoin、DASH、AudioCoin)を通じて購入可能です。パリスヒルトンを含む様々な有名人がICOを支持しています。ショービジネスの素晴らしさと魅力は、新時代の暗号化ビジネスに自然にフィットするようです。 crowdfundingとどのように違うのですか? BlockchainとICOモデルは、複数の業界を混乱させ、Christopher Woodrowはハリウッドと同じことをしたいと考えています。しかし、映画は以前は群を抜く努力によって作られてきました。Kickstarterは、カテゴリー '映画'の下で23,892の資金提供プロジェクトをリストアップしています。ICOはどう違うのですか? Woodrow がMovieCoinと引き換えにBitcoinやEthereumを受け入れるならば、彼は制限的な傾向のあるクラウドファンディングモデルとは異なり、グローバルな投資家ベースを利用することができます。トークンを発行することで、世界中の流通市場でこれらを取引することができるため、投資家の流動性が向上します。 原文記事 BANKEXとMovieCoinのICO 現在、BANKEXはBANKEXのプラットフォーム上に2種類のトークンをリリースする予定です。最初のものは トランザクションを実行するために使用される燃料トークンである「BKXトークン」です。もう1つは、資産のトークン化によって生成されるユーティリティトークンである「スマート資産トークン」です。 スマート資産トークンの一種であるMovieCoinは、2018年の第1四半期にBANKEXプラットフォーム上で発行される予定です。MovieCoinトークン投資家は、流動性の高い流通市場に参加することができ、トークン価格はハリウッドの長編映画のポートフォリオの成功次第です。 ここでは、上記の2種類のトークンについて簡単に理解するための図を示します。     BKX:燃料、ユーティリティ、発行枚数固定、マイニングなし、投機対象 SAT:トークン化資産、ユーティリティ・セキュリティ、枚数固定なし、マイニングあり、サービス対象 このような違いがあります。 MovieCoinとBANKEXは映画業界の資金調達方法に革命をもたらすのか? 今まで、映画ファイナンスに参加する能力は、業界関係者、ベンチャーキャピタリスト、金融機関、高純資産者の高度に排他的なプールに限られていました。これにより、ハリウッドの映画ファイナンスの範囲と規模の両方が制限されます。 MovieCoinは、映画資産のトークン化を通じて映画ファイナンスを民主化しようとしています。MovieCoinは、ブロックチェーンベースのスマートコントラクトとBANKEXのProof-of-Assetプロトコル(PoA)を利用することで、機関投資家や個人投資家がリスクを軽減し、市場での収益を上回る可能性のある映画プロジェクトに参加することを可能にします。 同時に、MovieCoinの基になる資産をトークン化することによって、BANKEX地方分権化された資本市場への効率的なアクセスを提供し、従来の非流動性の映画ファイナンス市場でより流動性を生み出すのに役立ちます。この流動性のある流通市場は、投資家が短期的にも長期的にも利益を実現することを可能にします。これは、映画ファイナンスの世界にとってまったく新しい概念です。 「専門金融業界は、Proof-of-Assetプロトコルを使用してブロックチェーンの統合に完全に適したカスタマイズされた債務と株式の資金調達ソリューションを提供しています」BANKEX創設者兼CEOのIgor Khmel クリストファーは非常に成功した映画の資金調達の専門家であり、今回のコラボレーションは投資家の流動性を最適化し、より迅速で安価で柔軟なファイナンスソリューションを可能にします。 BANKEXに関して https://bab-global.net/ico/bankex 関連リンク 公式サイト:https://bankex.com/    白書(日本語):https://drive.google.com/file/d/0B_uZXQa5G7nVMGdDX3daQ0JSOUE/view   bitcointalk:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2013627.0 Twitter:https://twitter.com/BankExProtocol Facebook:https://www.facebook.com/BankExchange/ telegram:https://t.me/bankex   youtube:https://www.youtube.com/bankex
error: Content is protected !!