ホーム ICO AR/VR(拡張現実/仮想現実)

AR/VR(拡張現実/仮想現実)

Parityマルチシグウォレットの脆弱性とCappasity のARトークンセールに関する発表

  こんにちは。  今回は、有名なマルチ署名ウォレットのParityと現在トークンセール開催中のARトークンに関してです。 Parityの資金が凍結したというショッキングなニュースがありましたので、ICO参加者は是非、お読みください。  Parityマルチシグウォレットの保管資金が一時的に凍結 イーサリアムの保管や取引に使われる有名なウォレットであるParityに新たな重大な脆弱性が発覚しました。 過去に発覚したマルチシグの脆弱性の修正に続いて、別の脆弱性が含まれていたことが偶然、発覚したようで、 2017年7月20日以降に作成されたマルチシグウォレットに保管された資金に一時的にアクセスができなくなりました。 Parityの公式ブログでは以下の発表があっています。 セキュリティーアラート 2017年11月8日 重大度:クリティカル 影響を受ける製品:パリティウォレット(マルチシグウォレット) 要約:標準マルチシグ契約のParity Walletライブラリ契約の脆弱性が見つかりました。 影響を受けるユーザー:7月20日以降に展開されたParity Walletで作成された複数の署名付きウォレットの資産を持つユーザー。 更新:私たちは、昨日の事件が、ユーザーやコミュニティ全体、特に問題を取り巻くすべての憶測に大きなストレスと混乱を招いていることを非常に残念に思います。私たちは引き続きその状況を調査し、すべての可能な意味と解決策を模索しています。ブロックチェーンと関連技術は、コンピュータサイエンスの先駆的な分野です。私たちの使命は、分散されたWebに動力を与えるソフトウェアを構築することです。 あなたのウォレットが影響を受けているかどうか心配している場合は、作成したこのウェブサイトにアクセスして、影響を受けるアカウントのリストを提供してください。私たちはこの問題の影響を受けたユーザーと連絡を取っています。あなたが影響を受けていて手を差し伸べたい場合は、community @parity.ioまでご連絡ください。 7月19日(機能の可視性)に悪用された元のマルチシググ脆弱性の修正に続いて、新しいバージョンのParity Walletライブラリ契約が7月20日に導入されました。残念なことに、そのコードには当時発見されていなかった別の脆弱性が含まれていました。パリティウォレットのライブラリ契約を通常のマルチシグマウォレットに変えて、initWallet関数を呼び出すことでその所有者になる可能性がありました。この脆弱性は、 2017年11月6日02:33:47 PM + UTCに誤って起動され、その後ユーザーがライブラリに入れられたウォレットを削除したライブラリーコードを消去し、ロジック(何らかの状態変更機能)がライブラリーの中にあったため、すべてのマルチSIG契約を使用不能にし、資金凍結しました。 機能的に7月20日以降に配備されたすべての従属マルチ・シグ・ウォレットは、次のようになりました。 contract Wallet { function () payable { ...

CappasityのソリューションはAR/VRを汎用技術(GPT)に変えられるのか?

  こんにちは。今回は汎用技術(GPT)をキーワードにCappsityのAR/VR業界への可能性と影響について考えてみたいと思います。 汎用技術(GPT)とは? 汎用技術とは、General Purpose Technology(GPT)の和訳後です。 BresnahanとTrajtenbergによると、GPTには大きく以下の3つの基本的な特徴があるといわれています。 普及:GPTは普及しており、ほとんどのセクターに普及している 改善:GPTは時間とともに改善され、ユーザーのコストを引き続き削減する必要がある 発展:GPTは革新をもたらし、新しい製品やプロセスを発明して生産しやすくする ソース元:http://www.nber.org/papers/w4148 この基本的な特徴に沿ってAR/VR業界に関して考えてみると、 AR / VR技術は普及しており、同時に時間の経過とともに改善しています。また、昨年では11億ドルに及ぶほど規模が成長しており、ARは過去10年間に劇的に進化しており、その成長は継続すると予想されています。 さらに、2016年には、Google、Oculus、Samsung、Sony、HTC、Microsoftなどの数々のIT大手がVRヘッドセットを制作し、分析者は、AR / VR市場が2020年に150億ドルに達すると予想しているのに対して、ARは120億ドルを占めると予測しています。 事実としてAR / VR は並外れた速度で発展しており、AR / VRベースのツールは、すでにさまざまな新しい最先端イニシアチブを生み出しています。 しかし、これほど急成長しているとはいえ、依然として様々な伝統的な問題点が改善されずに残っています。仮に、GPTと呼べるまでに4つの段階を踏むと考えたときに AR / VRは現在、第2段階と第3段階のいづれかにあるといえます。そして、現時点ではAR / VRは第4段階のプラットフォーム開発のために、取り組んでいる段階です。 まさに今現在、第4のプラットフォームの開発に取り組んでいるのがCappsityであり、ICOでARトークンを発行して、プラットフォームを支えるユーティリティ的役割を生み出し、ブロックチェーン技術との統合により構築しようとしています。 しかし、ブロックチェーン技術との統合となると様々な課題があることもまた、事実です。 ブロックチェーン技術の課題 ブロックチェーン技術により、透明性や信頼性、即効性など様々なメリットが生まれることは既知の通りでその特性ゆえ期待もされています。 しかし、現時点では考えなければならない問題点がいくつかあります。 ①政府による規制上の課題 ブロックチェーン技術は、信頼を得るための要件に従わなければならないが、現状この要件は明確には存在しません。 ブロックチェーン技術に関しては新しい製品やサービスはブロックチェーン取引に基づいて進化していルにもかかわらず、規制当局は技術革新を後ろ向きにとらえることがありますが、現時点では明確に取引に関する規制はありません。 確かにその特性による監査能力と期待される利益にもつながることもありますが、安全に産業に導入するには、ブロックチェーンの新しい規制をつくる必要があります。可能性としても、ブロックチェーンの分散型元帳取引は、財務報告や監査プロセスを管理する業界規制の変化を引き起こす可能性が高いです。企業や投資家や顧客を保護するためには、情報開示規制を修正する必要があり、さらに、ブロックチェーンのスマートな契約を管理するための法律を発行する必要があります。 ブロックチェーンのこの政府の課題が解決されない限り、その可能性は完全には実現できません。ブロックチェーン・プロトコルはガバナンス・モデルをデジタル化する機会を提供し、鉱夫は本質的に別のタイプのインセンティブ・ガバナンス・モデルを形成しているため、異なるコミュニティ部門間での一般市民の意見の不一致の機会がたくさんあります。これらの意見の相違は、ブロックチェーン業界の注目すべき特徴であり、ブロックチェーンを「フォークする」という質問やイベントに関して最も明確に表現されています。ブロックチェーンは、ブロックチェーンのユーザーの大半が合意したときにブロックチェーンプロトコルを更新するプロセスです。 このような意見も述べられていますが、確かにその通りです。 ②トランザクションコストの増加の課題 ブロックチェーンのおかげで、複数の当事者が仲介手数料を支払うことなく、トランザクションをシームレスに行うことができると考えられています。 しかし、実際のところ、一般に、分散型元帳システムは、より高い計算能力が要求されるため、集中型システムよりも運用コストが高いため、どれほどまでコスト削減ができているのかは疑問点が残ります。 ブロックチェーンでの取引は、トレーダーが許容するよりも遅く、間違いが不可逆的になり、潜在的に大きな損失をもたらす可能性があります。 ③ネットワークサイズの課題 ブロックチェーンは、現状、大規模なユーザーネットワークが必要であり、広く分散したノードグリッドを持つ堅牢なネットワークでないかぎり、その完全な利点を得ることは困難を極めます。 新技術を導入して汎用技術にするためには、膨大なシステムを包括的に再構築する必要があります。 ④データプライバシーの課題 ブロックチェーンにはまだユーザーのプライバシーに関する問題が解決されていません。 ブロックチェーンの主な利点の1つは、データが格納されると変更できないことで、これは明らかにデータのプライバシー、特に関連するデータが個人データまたは他人の個人データを明らかにするのに十分なメタデータである場合に意味があります。しかし、以下のような問題点を指摘する声もあります。 ブロックチェーン上のトランザクションの独自の透明性は、銀行部門のプライバシーニーズに容易に適合せず、アイデンティティのための暗号化アドレスの使用は、銀行が競合他社に取引に関する正確な情報を提供することを好まないため、問題が生じます。秘密は法律によって要求されます。 このように新技術同様にブロックチェーン技術も進化しますので、スケーラビリティ、セキュリティ、およびコンピューティング・パワーを提供する多くの企業の業務の不可欠な部分になる可能性がありますが、それと同時に当然のごとく、ほとんどの新しい技術サービスの提供と同様に、企業が潜在的な利益を完全に実現し始める前に、慎重に検討する必要のある多くのリスクベースの問題が存在します。 CappasityのAR/VR業界における可能性と影響 GPTの特徴とブロックチェーン技術の現在の課題を踏まえたうえで、Cappsityが提案しているソリューションはどうでしょうか? まず、前述した①に課題に関してはCappasityのトークンはユーティリティトークンとして発行されています。しかし、CappasityのエコシステムやARなどの分散型の技術に対して、立法政府や規制当局が法律や規制変更をどのように実施するのかは予測できません。最低限の潜在的なリスクは依然として存在します。 ②と③に関しては技術的な面に依存しますが、CappasityプラットフォームではAR/VR/3Dコンテンツとアプリは分散型のピアデータベースと複数のP2Pサーバーシステムで管理されます。サーバーとデータセンターは地理的に分散したネットワークです。 そして、データストレージプロバイダ「はノードをエコシステムの分散型データベースに追加してマーケットプレイス取引からサービス手数料を獲得できます。 多数の分散化ピアデータベースで構成されています。 しかし、イーサリアムベースのプラットフォーム上で構築されるため、イーサリアムの潜在的なリスクも伴うことになります。 Cappasityのブロックチェーンのメインソリューションとしては分散化による取引手数料の削減と著作権の保護です。 取引手数料の削減に関しては、ブロックチェーンのおかげで、3Dコンテンツがマーケット経由で売却されるとき、売却されており、売主のか価格で売却されると同時に、当エコシステム参加者はほぼ無料に近い手数料しか課金されません。 著作権保護に関しては、Cappasityプラットフォームのユーザーの全ファイルはブロックチェーン上に格納され変更不可となりますが、ユーザーにはそれだけでなく、二つのライセンス権利を託します。 リンクを介してファイルに独占的にアクセスできる権利 直接アクセスできる拡張仕様権利 詳しくはこちらの記事で https://bab-global.net/ico/solution-2 Cappasityのプラットフォームは2018年1月に販売される とはいえ、来年初めにはプラットフォームは販売段階まで進みます。 https://bab-global.net/ico/alibaba 2017年までには以下が予定されています。 Cappasityプラットフォーム開設任意タイプデバイスに基づく4倍速閲覧、プロプライエタリー3Dフォーマット、 簡易埋め込みマニアルまたはAPI Cappasityプラットフォームは12月にはそのサービスと引き換えにARTokenの受け入れを始める AR/VR業界においてCappasityのプラットフォームが先陣を切ることは重要なことですし、GPTの観点から見ると、Cappasityの技術集約型のバリューチェーン(白書を参照)はユーザーに質の高いコンテンツとサービスを提供することになり、需要と開発の発展にもつながっていきます。 また、ビジネス展開の意味でも消費者や中小企業を対象とした埋め込みツールや開発アプリもありますので手助けとなります。 そういう意味では、汎用技術的な解決策にはなるのではないでしょうか。 今後の課題 今後の課題としては、プラットフォームが完成してからが重要であり、汎用技術となるためには今後起こりうるあらゆる課題を乗り越えていく必要があります。 プラットフォームの普及につれて、ユーザー数も増えていくと必然的にトランザクション数も多くなり、コスト削減とシステムの再構築の課題が直面することにもなります。 ICO経過進捗-初期の購入者には追加3%のボーナス付与 公開セールの第1段階の終了に関するニュースを発表してから2日以内に、700人以上の新規ユーザーが参加しています。 さらにこんな発表がありました。 初期の寄稿者には、既に購入済みのARトークンの上に追加のボーナスを提供する独自のコードが新たに付きます。初期の貢献者は、11月5日までにhttps://tokensale.cappasity.comで登録するクラウセール参加者全員が対象です。 ユニークなコードは、すべての取引に3%のボーナスを与えます!あなたはすぐにそれを使用したり、ウォレットにもっと多くの資金を入金して後でそれを有効にすることができます。まもなくして、ボーナスを得るという新しいセクションが表示されます。それを開き、指示に従ってください。 11月9日にボーナスの発行を開始する予定です。 私たちと一緒にいてくれてありがとう。一緒にCappasityエコシステムを開発していきます! 11月5日までに登録して購入した参加者全員を対象に追加で3%のボーナスが付与されます。既存ボーナス10%もありますので購入検討中の方はこの機会を利用してみてもいいかもしれません。 参加はこちらから 関連リンク 公式サイト ICO参加サイト 白書 My profile  0x71CBD5dad1ADe3E98D10a4B785f7776D54B8c833 https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

CappasityのARトークンのフェーズ1トークンセールがまもなく終了

  function googleTranslateElementInit() { new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.SIMPLE}, 'google_translate_element'); } フェーズ1は予定よりも早く終了する 8,000人以上の人がポータルに登録しています。すでに2,700人以上がARTokensを購入しています。 第1段階の公開販売を終了し、暗号交換に発行されるARTokensの数を制限することを決定しました。しかし、私たちのパートナーはCappasityシステムのさらなる発展を促進したいと考えており、現在の参加者の権利を制限したくないので、我々は以下のステップを踏むことに決めました。 このように発表がありました。 これ以上の新規ユーザーは参加できないため、第1段階の公開販売を正式に停止していますが、11月5日まで既に登録している現在のプラットフォームのユーザーは、11月22日までARTokensを購入する機会が与えられています。 11月5日以降の登録ではフェーズ1のICOには参加できませんので注意してください。 これまでの調達額 11月1日現在で$1455873調達しています。約1.65億円です。まずまずの結果です。 Cappasityは、NVIDIAと提携する Cappasityが提供するソリューションは、時間を大切にする多くの企業で使用されています。 NVIDIAと協力し3Dビューと3Dホログラム作成のための技術的ソリューションを最適化する NVIDIA Corporationは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPUを開発し販売する。 これにより、 Cappasityは、NVIDIAのCUDA ToolkitとNVIDIAの最新シリーズのグラフィックカードのユニークな機能に依存するEasy 3D Scan(R)ソフトウェアの特別バージョンの開発に着手し、NVIDIAのグラフィックスカードのおかげで生産プロセスをスピードアップする機会を得ました。 「AR / VR市場は急速に発展しており、コンテンツ制作のための新しい技術的解決策を求めているため、Cappasityはこの障害を克服する独自のアプローチを打ち出しています。さらに、サーバサイドの計算にNVIDIAのGPUを使用する可能性も検討しています」 と、Cappasityの創設者兼CEOであるKosta Popov氏は述べています。 現在、3Dコンテンツ交換のためのAR / VRエコシステムの基礎となるCappasityプラットフォームのためのICOキャンペーンを実施しています。また、コンテンツの制作や埋め込み、アプリ開発のためのソフトウェアツールをエコシステム内で無料でダウンロードすることも計画しているようです。 オフィシャルサイト:https://cappasity.com/ 今後の予定 プラットフォームの販売は2018年1月から中国で開始 Cappasityのプラットフォームは来年初めに中国市場で最初に販売される予定です。 詳しくはこちら https://bab-global.net/ico/alibaba 取引所上場 フェーズ1が終了する11月22日以降にHitBTCに上場が決まっています。その他のEtherdeltaあたりにも上場してくると思いますが、これまでの傾向上、一時的に短期目線での投資分が売られ、ICO価格同等またはそれ以下にまで下がるケースも考えられるため、短期トレードする方は注意しておいたがよさそうです。 紹介制度は継続 コミュニティに参加したメンバーは、プラットフォームにメンバーを誘致することはできます。 トークンの価格 フェーズ1で発行されたトークンの価格は 1ART=0.0080USD(約0.9円) です。 そして、トークン総供給量は7000000000ART(56000000USD)であり、トークンセールで販売されるのはこのうち53%です。 371000000ART,つまり29680000USD相当が販売されることになります。そして現時点での調達額はこのうち4.9%が販売されています。 さらに今回 フェーズ1でのトークン枚数を制限した フェーズ2まで期間がある 来年初めにはプラットフォームが販売される 売れ残りは燃焼される 以上を考えると、トークン自体の値上がりは期待できるかなと思います。 トークンセール参加 参加はこちらからできます。 https://goo.gl/ptdjdf ※11月5日までに登録してください。それ以降はフェーズ1のセールには参加できません。 参加方法はこちらを参考にしてください。 https://bab-global.net/ico/artoken/tokensale 関連リンク ICOサイト 白書 概要記事 レビュー記事 オフィシャルサイト My...

ARトークン搭載のCappasityプラットフォームが2018年1月に中国Alibaba Cloudで発売される

  こんにちは。今回は現在トークンセール開催中のCappasity社によるARトークンの最新ニュースです。 Cappasityとは? Cappasityは、ブロックチェーンを活用して、3D画像の作成、埋め込み、取引の恩恵を受けるユーザー、開発者、ビジネスのための世界的な3D / AR / VRコンテンツ交換エコシステムを構築することを目指しています。 そして、AR / VRコンテンツ革命に参加する機会を革新的なコンテンツ製作者にもたらすたまに、エコシステム全体を支えるユーティリティーARToken(ART)を発行します。 詳しくはこちらをご覧ください。 ICOサイト 白書 概要記事 レビュー記事 オフィシャルサイト プラットフォームの販売計画 2018年1月に中国市場で販売が予定されていることが発表されました。 その土俵はAlibaba Cloudです。 Albaba Cloudは世界中の230万以上のユーザに信頼された、中国最大のクラウドサービスプロバイダーです。 Alibabaは中国のAmazonと呼ばれ、4億4,000万人以上のユーザーを抱え、収入は22.99億米ドルです。 同社はAlipayとAlibaba Cloudのサービスを提供しています。買物客がオンラインで使用できる資金を貯めることができる安全な場所であるeWalletの支払い方法であるAlipayは1日に1 億5000万回の取引で 1 億人のアクティブユーザーを誇っています。 Alibaba Cloudは、データストレージ、リレーショナルデータベース、大規模データ処理、DDoS対策、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)などのグローバルクラウドコンピューティングサービスを提供しています。2016年の売上高は130%増加し、224百万米ドルに達しました。 このAlibaba Cloud上でCappasityのプラットフォームが来年1月にも販売されます。中国以上での規模拡大の第一歩です。 今後の開発計画 2017年のロードマップです。 Cappasityプラットフォームの発売:あらゆるタイプのデバイスからの閲覧、独自の3Dフォーマット 簡単な埋め込み - マニュアルまたはAPI CappasityプラットフォームがARTokensのサービスを12月に受付開始 来年中には、特にアジア市場でのプラットフォーム拡張計画を練っているようで、中国市場の重要性を言及しています。 そして、2018年の計画は以下です。 Q1 2018 フリーモバイル3D SDK撮影 3Dビュー、3Dホログラム モバイル撮影 3Dホログラム Unity/UE統合 Q2 2018 スマートコントラクト 権限が付与された3D/AR/VR 3Dホログラムアップル ARKit統合 Cappasity AI API:ユーザ行動の規範分析、CMS統合 Q3 2018 フリー3Dアバタースキャナー 3D印刷用AR/VR デバイス向けリメッシングソリューション Q4 2018 分散型AR/VR/3Dコンテンツ保存不 空間のフリー3D撮影 3D計測ソリューション 3Dコンテンツ検索エンジン Q1...

Cappasity(キャパシティ)のAR/VR業界へのICOソリューション

  こんにちは。今回は、現在トークンセールが行われているCappsity社についてです。 ICOでARトークンを発行することで一体どのようなソリューションを提供しようとしているのか、見ていきます。 Cappsityとは? CappasityはもともとAR/VR業界を牽引してきた企業であり、ブロックチェーン技術の可能性に目を向け、分散化のエコシステムプラットフォームを構築するための第一歩として、ICOを行います。 プラットフォームの基盤となるARトークンを発行します。 https://bab-global.net/ico/artoken ARトークンICOサイト 白書 オフィシャルサイト AR/VR業界の問題点 2016年、Perkins Coie and Uploadの法律事務所は、AR / VRの主要な障害を示す研究を発表し、650人以上の創業者が、テクノロジー企業と投資家を抱えている経営幹部を対象に調査を実施しています。 このレポートによると、AR / VRが直面する問題点・課題に対して以下のような回答結果が出ています。 37%:魅力的なコンテンツの欠如 23%:公衆への浸透が遅い 20%:技術的制限 5%は資金調達不足 4%は法的リスク 2%はモバイル機器メーカーの実装拒否 魅力的なコンテンツの欠如 最初にVRヘッドセットを試したユーザーは新しく強い感情を経験しますが、そのようなデバイスへの関心は一時的なものであり、最初の熱意の後には必ずと言っていいほど徐々に低下していきます。 さらに、コンテンツの作成は時間のかかるプロセスであり、大量のユーザーにとっては価格設定も大変です。 幸い、インフラストラクチャツールは開発が進んでおり、スマートフォンの高解像度ディスプレイとモバイル3Dグラフィックプロセッサは、AR / VR質量導入に適しています。 そして、Apple ARKitやGoogle ARCoreなどの新興プラットフォームは、VR / ARコンテンツの作成をより簡単で安価に行うことが期待されています。 しかし、これらの取り組みでさえ、すべての問題を解決することはできず、AR / VR技術の普及を加速させることが期待されているがゆえ、AR / VRコンテンツはこのペースに追いつくような品質を維持する必要があります。 公衆への浸透が遅い 前述した魅力的なコンテンツの欠如は、最終的に公衆への配布の制限問題につながります。 開発者と製造業者は、AR / VR拡張での役割を果たすことを切望しており、誰もが早期にゲームに参入し、市場シェアを最適化したいと考えています。 しかし、VRアプリケーションに投資することを望む会社は実際は、コンテンツ制作者だけではなく、多くの企業が、どのハードウェアを配布するかを選択する必要があるため、VRにとっては大きな障壁となります。 互換性の問題(技術的制限) 異なるVRハードウェアとソフトウェアは互換性がなく、コンテンツ形式を常に他のものに変換することはできません。業界で実証済みのリーダーでなければ、コンテンツがどこで使用できるかは誰もわかりません。 さらに、3Dコンテンツに関しては、クリエイターはほとんど常に特定のプラットフォームに制限されています。 マーケットプレイスの問題(技術的問題) UIコンテンツを使用しないアプリケーションやデバイスでは、状況はそれほど簡単ではありません。開発者が既製の3Dコンテンツを必要とする場合は、信頼できるソースが必要です。 今日、ほとんどの3Dコンテンツマーケットプレイスは、コミュニティ開発よりもビジネスKPIの方が懸念されており、これらのウェブサイトのロイヤルティ率は60%を超えることは稀であり、時には30%に下がることもあります。一部のプラットフォームでは70%のレートが可能ですが、例外的なコンテンツに対してのみ可能な状況となってます。 さらに、コンテンツ制作者は、投票システムが未開発であり、ユーザーがコンテンツのランク付けを奨励しないため、自らの仕事を促進することを余儀なくされています。 既存のインフラストラクチャは、購入前にモデルをテストしたり、開発ツールやアプリケーションとの互換性をチェックしたりすることができないため、コンテンツ購入者にとっても親切ではありません。 法的リスク(著作権問題) AR / VRの向上は、消費者や業界で働く人だけでなく、立法者や規制当局の関心を引いただけでなく、ますます多くの企業がこの技術を開発し、活用するにつれて、AR / VR技術とコンテンツの開発に関連する著作権上の課題に関して、最も重要な法的問題に直面しています。 普及するにつれて、3Dコンテンツの不正使用を防ぐことは、本当に難しい課題であり、今のところ保護システム全体はユーザーレポートのみに基づいており、あまり効果的ではありません。 さらに、著作権で保護されたコンテンツを使用する権限があることに留意するだけでなく、特定のアプリやデバイス用に作成されたオリジナルのコンテンツが適切に保護されるようにすることも重要です。 主なリスク領域の1つは違法コピーで、現在、ゲームや映画業界では大きな問題ですので、AR...

Cappasity 社によるARTokenのトークンセール参加方法とアフィリエイトプログラムについて

  こんにちは。Cappasity 社によるARトークンのICOの最新情報をまとめたいと思います。 トークンセール、紹介制度、ユースケース、など様々見ていきます。 ARトークンとは? Cappasityは、ブロックチェーンを活用して、3D画像の作成、埋め込み、取引の恩恵を受けるユーザー、開発者、ビジネスのための世界的な3D / AR / VRコンテンツ交換エコシステムを構築することを目指しています。 そして、AR / VRコンテンツ革命に参加する機会を革新的なコンテンツ製作者にもたらすたまに、エコシステム全体を支えるユーティリティーARToken(ART)を発行します。 詳しくはこちらをご覧ください。 ICOサイト 白書 概要記事 レビュー記事 Howey test オフィシャルサイト ユースケースが公開 実際に、Cappasity のエコシステムに参加することで、我々にとってどのようなメリットがあるのか、ユースケースとともに見てみます。 ケース1-医師と医学生のための没入型学習とトレーニング (3Dプリンティング) 医療業界では人体模型や臓器などの3Dによる可視化は実際の手術を行うための前段階としてよいトレーニング方法であることは事実です。特に学生にとっては効果的であり、技術向上につながります。 Cappasityには3Dプリンティング技術というものがあり、人間の組織と同様の特性を持つソフトモデルの迅速なプロトタイプ作成を可能にするユニークな技術です。これにより、医師や医学生は、困難な手術を練習前に練習し、手術や医学の訓練を改善することができます。 さらに、この最先端の3D印刷技術をメディカルセンターや大学などに提供するために、これらの機関はCappasityエコシステムに参加し、3MF(3D Manufacturing Format)ファイルとして保存された3D印刷モデルを販売します。医療分野で3D印刷が普及すればするほど、3Dラボを搭載した医療機関が増え、医療トレーニングのためのすぐに印刷できるモデルが必要になり、需要も増えていきます。 3D印刷された患者モデルは、より安全で安価な手術ケアを提供し、一方でエンジニアリングラボはモデルの更新と市場からの利益をリリースすることができます。 このように、画期的な新興企業やヘルスケア業界の見直しにとっては、膨大な機会と可能性が存在します。 ケース2-俳優業界のメディア効果(3Dスキャンアプリ) 失業中の女優は、新技術に関心を持ち、ソーシャルメディアの影響力を信じています。そこで、彼女は自分のイメージを可視化して公開することができれば、世界中で自信を発見される機会を指数関数的に増やすことができると考えています。 そのあと、彼女はCappasity 3D画像作成プラットフォームについて知り、無料のCappasityユーザーアカウントを登録します。iPhone用のCappasity 3D Scanモバイルアプリケーションをダウンロードします。彼女は、直感的なモバイルアプリケーションを使用して、自分自身の3Dレンダリング画像を作成します。 彼女はCappasityエコシステムに自分自身の3Dモデルを配置し、将来の雇用主、才能やモデリング機関、ソーシャルネットワークと共有します。彼女は、Cappasityのマーケットプレイスのエコシステム上で、専用のコンテンツカテゴリにリストし、リース価格を設定します。すると、彼女の3Dフィギュアが公に利用可能になる1週間以内に、彼女はファッションブランドとデザイナーからバーチャルファッションショーと常設展示用のホログラムイメージを借りるように要請を受けました。ファッションレーベルがAR / VRアプリケーションに自分のホログラム画像を埋め込み、彼女のコンテンツの使用料を毎月支払っています。 数ヶ月で彼女のイメージはどこでも閲覧できるようになり、彼女はアバターをサポートするために特別なゲスト出演をしながら世界中を飛び回るほど忙しくなり、大成功しました。 さらに、今後3つのアトラクションを行うための主要な映画制作会社と交渉中しています。この契約は、映画界の住宅に依存しており、3年の独占権条項に彼女は同意し、条件の対象となる所有権のニュアンスは、「契約条項」内に容易にカプセル化されます。 ケース3-ビデオ業界での入札と販売促進効果(360度回転ビデオ) ビデオ制作およびPR会社は、ケーブルテレビ放送局、旅行代理店、オンデマンドストリーミングサービスなど、革新的で新鮮なコンテンツを求めている多くの顧客にサービスを提供しています。 Cappasityエコシステムに参加すると、360度のビデオを制作するために入札することができます。 コンテンツ制作者は、提案書を送って条件を交渉し、入札当事者は、プロジェクトの進行を決定し、コンテンツ制作者からの商用使用権をライセンスします。この契約の条件に従って、Cappasity ARトークン(AR)は、「スマート契約」と価値の割り当てに従って、Cappasity Marketplaceエコシステムの周りを循環します。 この商業的なトークンの柔軟性は、Cappasityマーケットプレイスプラットフォームで容易に説明でき、Cappasity ARユーティリティトークン(AR)を使用することにより、エコシステム全体が透明性と不変性を享受し、信頼できる分散帳票システムだけが提供することができます。 結果的にビデオ制作会社は、ケーブルテレビ放送局に360度ビデオを販売し、世界的な旅行代理店チェーンのビデオとライブロックフェスティバルの映像をビデオユースチャンネルストリーミングサービスに提供することができます。そして、観客は、バーチャルリアリティのメガネを使用して、コンテンツをイメージすることができます。 ケース4-アプリ業界での需要予測とコンテンツの品質向上効果(3D画像) アプリ開発者は、業界の連絡先からCappasity 3D市場のエコシステムを学びます。 Cappasityは彼が必要とするソリューションを提供し、「人工知能による予測により市場投入までのフィルタ時間を短縮」できます。 そこで、開発者は、Cappasityインフラストラクチャプラットフォーム上のArtライブラリから供給された3D画像の短期レンタルを支払います。3D画像のソーシングは、Cappasity 3Dマーケットプレイスを通じて行われ、画像は、CappasityプラットフォームSDKを介してアプリに埋め込まれています。 コンテンツ制作者とCappasityとの提携の結果、有料コンテンツの中でどのようなコンテンツが人気があるのか​​を知れ、最も人気のある画像やテーマを維持し、さらに発展させるために、顧客の不要なコンテンツを素早く学ぶこともできます。 このようにCappasity ユーティリティトークン(ARToken)は、様残な業界の用途に応じて、Cappasity...

ICOに参加する上で読んでおきたいHowey test( ハウェイテスト)について

  こんにちは。今回はICOに参加する上で確認しておきたいHoweyテストに関してです。まだ決定事項が少なく、かなりややこしいですが、説明したいと思います。 Howey testとは? 元はというと、特定の取引が投資契約に該当するかを判断するために最高裁が作成したテストのことです。その場合1993,1994年証券法のもと、取引は有価証券とみなされ、特定の開示および登録要件の規制対象となります。 ただし、1933年証券法および1934年証券取引法は、株式、債券、将来、スワップ、投資契約などを含む「証券」の範囲を広く定義しています。 このように証券の範囲は広く定義されており、ブロックチェーンのトークンの場合は、有価証券とみなすかはその特性ゆえ、厳密ではなく、 本来、SECの許可なしに証券を売却することは連邦法に違反するため、ブロックチェーントークンの場合は、証券法の枠組みとして、特定のブロックチェーントークンが米国連邦証券法に基づくセキュリティとなるかを推定するために行われる場合があります。 ブロックチェーントークンのための証券法の枠組み ブロックチェーントークンには多くの種類があり、それぞれ異なる特性、用途など様々あります。ビットコインを例に挙げると、デジタル通貨として機能し、金や不動産などの有形資産に対する権利を示すこともあります。 ビットコインの所有者はそれを通貨として使用し、管轄権が存在しないため、開発チームや企業が利益を得ることは期待されません。したがって、Howeyテストについての心配はありません。 Litecoin、Bitcoin Cash、Dashも同様に安全で健全な類似の通貨とみなされます。 その一方で、新しいプロコトルや分散化アプリケーションを作るためのネットワークにおいて使用することもできる、一般にプロコトルトークンというのも存在します。 こうした特性や用途のため、さまざまな困難な法的問題がつきものであり、時には、米国証券法の対象となる場合もあるということです。その場合は、特例を除いて、米国の移住者への販売や提供が違法とされます。 ICOのトークンにおいても、この対象となる場合もあり、その法律回避のためクラウドセールに米国移住者の参加をしたりすることで、回避するケースが多々見られます。 しかし、配当を有するトークンの存在など全てを有価証券とみなすか否かは難しいところもあり、SEC(米国証券取引委員会)からThe DAOのトークンがその特性から有価証券に該当するとされたことはICOの見直しの意味でも大きな出来事でした。 そのほかにも、AragonのANTトークン所有者は議決権を有し、その一部は利益と資産の分配に関連するという特性は、DAOと多くの類似点を共有しており、明確な先例があったため、アラゴンは回避するために米国外に拠点を置いています。TenXは配当の権利があり、シンガポールに本拠を置いているが、今後の法律次第では考慮する部分も出てくる。 その一方で、ユーテリティートークンというHoweyテストなどの下でのセキュリティではないトークンの存在もあり、この場合はトークンが証券でないとして、発行者は適用される証券規制を遵守する必要はありません。 このような複雑なケースを1つの枠組みとして、ガイドラインとしたのがハウェイテストです。 ブロックチェーントークンに対しても法的な助言としての枠組みとして、米国連邦証券法に焦点を当てたガイドが作成されてます。あくまで情報提供の目的であり、細かな法律に関しては、弁護士への相談が必要です。 大きな枠組みとしては、 3つに分けられます。 パート1: 特定のトークンが、米国証券法の下でセキュリティであることの可能性を推定するために設計される(Howey test) パート2: クラウドセールのための最適な戦略設定 パート3: 詳細な証券法の分析設計 トークンの場合は、パート1の枠組みをセキュリティ設定するためのテストとして行なうことができます。 この方法論は見積もりだけであり、全体的なリスクスコアと尤度のカテゴリは、ガイドのみとなってます。手順は以下です。 ステップ1:新しいGoogleシートにコピーする(ファイル>コピーを作成する)、または.xlsとしてダウンロードする ステップ2:各特性を確認し、それがトークンに適用されるかどうかを判断する ステップ3:ドロップダウンメニューから各特性のYまたはNを選択します。 ステップ4:このページの下部にある結果を確認する ブロックチェーンにおけるハウェイテスト項目 ガイドとしてのセキュリティテスト項目としては、大きく3つの要素があり、それぞれに対して細かな項目もあります。 大きく分けて以下3つ ①お金の投資先があるか まずセキュリティとなるためには、買い手によるお金の投資がある必要がある ②共同の企業内であるか 次にセキュリティとなるためには、資金の投資が共通の企業になければならず、この土俵で議論すべきである ③収益の期待があるか 最後に、共通の企業における資金の投資は、他人の努力からもたらされる収益の期待がある必要がある つまり、この手順で3つとも全て満たされると、セキュリティが高いとみなされます。 実際にこのHowey testを採用しており、SECに準拠しているARトークンの例をあげて、詳しく説明していきます。 ARトークンに関しては、こちらの記事か公式サイトを参照 https://bab-global.net/ico/artoken ①お金の投資先があるか この項目はお金の投資対象があるかどうかです。スコアは0と100に分かれます。 お金と表現してますが、資産の投資も含みます。 スコア0 :クラウドセールがなく、新しいトークンは無料で譲渡されるか、マイニングを通じて獲得できるケース →無料で配布されたり、価値のために販売されていないトークンは、金銭の投資を伴わない。例えば、ビットコインはトークンセールは決してなく、新しいビットコインを獲得する唯一の方法は、マイニングや譲渡です。 スコア100:  価値のためのクラウドセールがあるケース →トークンはどんな価格(法定通貨やデジタル通貨問わず)で販売されているかどうかにかかわらず、クラウドセールで販売されているトークンは、いつでも投資対象を伴う。例えば、イーサリアムはクラウドセールで販売された。 (ARトークンのスコア:クラウドセールはあり、価格がつくため100) ②共通の企業であるか この項目に関しては、裁判所で解釈が異なるようで、水平的であることと定義されるケースが多いようです。さらに、2つの項目に分けられ、トータルスコアで総評が行われます。スコアが高いほど満たされます。 トークン販売のタイミングは? スコア70 : 事前導入のケース →任意のコードがブロックチェーン上に配備される前にトークンを販売することは、利益が他の人の努力から生じる共同の企業であることを満たします。これは、バイヤーが開発者の行動に完全に依存しており、バイヤーが後の時間までずっと実際にネットワークには参加できないためです。例えば、開発者は新しい概念や白書、販売のみを持っている場合など。 スコア60 : プロコトルはテストネットワークで機能しているケース →機能しているネットワークがあれば、利益が他人の努力に起因する共通の企業が存在する可能性は低い。販売のタイミングがネットワークの立ち上げに近いほど、エンタープライズとなる可能性も少なくなる。例えば、上記の例に加えて、開発者はトークン販売前にテストネットワークを稼働している スコア50 : 機能しているネットワークが存在する →トークンを使用しているネットワークが販売前に機能している場合、またはネットワークが稼働する直前に販売が行われた場合、可能性は極端に低くなります。例えば、ネットワークのラウンチとともに販売が行われる (ARトークンのスコア: テストネットワークはまだ完成していないため共同の企業内である可能性が高い70) ネットワークから収益を得るためにトークン所有者は何をする必要があるか? スコア25 : 全てのネットワーク参加者は同じ結果が得られるケース →トークン所有者側の行動に関係なく、すべてのトークン所有者に均等に(またはトークン保有に比例して)収益分配が行われた場合、共同の企業で関心が揃う可能性が高くなる スコア-25: ネットワークへの参加や使用により、異なる収益機会の可能性があるケース →トークン所有者の収益が自分の活動の努力に依存し、それぞれの努力の量に応じて異なる場合、共同の企業である可能性は低くなります。 (ARトークンのスコア:...

Cappasity社によるARTokenのレビュー

  こんにちは。今回は、前回ご紹介したいるARトークンのICOについてです。 ARトークンとは? ARトークンは、AR/VD/3D業界を牽引するCappasity が発行するユーティリティトークンのことです。 ARは拡張現実、VRは仮想現実と解釈され、企業などがイメージやコンテンツ等をを3D化するためにCappasityのプラットフォームを使用しています。市場規模や企業参入は成長しています。 詳しくはこちらの記事を確認ください。 https://bab-global.net/ico/artoken Cappasity のレビュー レビューはこちらの記事の項目で行います。 ①実績のあるチーム・企業であるか まず会社についてですが、Cappasityは、強力な3Dコンテンツプラットフォームを持つ企業です。多数の3Dモデル形式をサポートしており、3D viewと3D Hologramが有名です。(両方とも米国特許出願中) このプラットフォームの機能は、さまざまな技術の開発者(Unity、Unreal Engine、Apple ARKit)に公開されており、毎月70万Viewを誇ります。また、2014年には投資家から既に180万ドルを調達しています。 Cappasityは2014年以後インテルと一緒に業務を行い、Intel® RealSense™ 3D cameras向けに3Dスキャ二ングソフトウェアの開発を行っている。さらに、CappasityはPlug and Play Retail (Sunnyvale) Batch 7 acceleratorの認証書を受けて選抜され、パリのLafayette Plug and Play acceleration programの2017年12月バッチに参加しています。 企業や投資家と新興企業のスタートアップの代表を自身のプラットフォームに結びつけ、企業が新しいiDasを効果的に立ち上げるのに役立つ有望なスタートアップとして選ばれています。 また、プロジェクト創始者の経験が豊富であり、AR/VR業界の計画が明確であることは、オープンソースの情報でわかります。 創業者は、この業界で15年以上の経験を持ち、今回のプロジェクトへの応用についても自信ありげに語っています。 特筆すべき点としては、開発チームはこれまで2015年から共に働いており、チーム力としてもまとまっている、そんな印象です。 (評価:+4) ②プロジェクト管理チームの透明性 チームの透明性に関しては、チームメンバーが顔出ししているオープンソースの情報から比較的安全性があることがわかります。 CEOは、トップインテルソフトウェア革命者の1人にも選ばれています。 あくまでオープンソースの情報なので、標準評価。 (評価:+3) ③収益性・成長性のあるテーマであるか テーマとしては、Cappasityは既に実績のある製品とプラットフォーム、そして顧客を持っていますが、ICOで調達した資金で自社のプラットフォームにブロックチェーン技術を導入することで、AR/VR/3D業界全体のさらなる進化を期待しています。 AR/VR業界の市場分析に関しては、白書にある通り、IDCによると2017年に世界のAR/VR収益は114億ドルまで達し、2021年までに215億ドルになると言われています。  さらに、Digi-capital社によるとポケモンGoなどの人気も伴い、AppleやFacebookなどの巨大な企業が既にARへ関心を向けていることから、AR/VR市場への投資は魅力的なものになると述べている。  AR/VR市場が世界的に拡大している中でユーザーが求めるのは、低い参加費用とコンテンツの品質です。そのようなコンテンツを提供できるCapoasityは大きな成長の可能性を秘めています。 しかし、今後成長の見込みがある分野での参入ということで、比較的期待値は高いですが、収益性に関しては、プラットフォームを利用したいと思う顧客や企業の数がどの程度か予測し難いため、標準的な評価です。 (評価:3) ④問題点に対して明確なソリューションであるか 問題点やソリューションに関しては、白書を読めばその明確さに気づきます。 創業者によると、既存の問題点として、AR /...

CappasityがICOで、発行するARTokenは、AR/VR業界の分散型のエコシステムを実現させる

  こんにちは。今回ご紹介するのは、Cappasityという会社が行うARtokenというICOです。 注目度も海外では高めで、比較的評価も高いので今回取り上げました。分野としても面白いです。 Cappasityとは? Cappasityは2013年に起業された、企業がWebサイト、モバイルアプリ、VR / ARアプリケーションに3Dコンテンツを素早く簡単に作成して埋め込むことを可能にするクラウドベースのプラットフォームです。 Cappasity ソリューションは、競合他社と比較して10倍高速で動作し、1日に数千SKUの生産に最適化されています。 3Dイメージングのための人工知能技術もあり、3D画像は、静的画像よりも関与と変換を30%まで増加させることが証明されています。 写真などを3D化することは、顧客イメージやニーズにも繋がるため、私もそうですがウェブサイト運営者にとっては強い味方となりますよね。 Cappasityは2014年以後インテルと一緒に業務を行い、Intel® RealSense™ 3D cameras向けに3Dスキャ二ングソフトウェアの開発を行っています。Intel RealSense Showcaseは2014年以降エンゼル投資家から180万ドルの調達に成功すると同時に、そのプラットフォームおよび3Dデジタイジングソフトウェアを2017年1月に発売を開始しました。 https://youtu.be/4Qlt0UfIaYw https://cappasity.com/ Cappasityが指摘する問題点とソリューション AR/VRの分野においてCappasityが今回のICOで指摘している問題点とソリューションは以下です。 AR/VRの市場規模と問題点 AR/VRは今後10年間に数十億ドルもの額に達し、マーケットに大きな影響を与える予定であり、特にeコマースの主要な構成要素になる大きな可能性を持っています。さらに、ゴールドマンサックスはAR/VRソフトウェアマーケットが2025年までには顧客が推し進めるソフトウェア収入の60%を占め350億ドルに達すると期待されています。 それと同時に、消費者は写真やビデオだけでなく、さまざまなコンテンツを見たいと思っているにもかかわらず、アプリ開発者はVR / ARコンテンツ作成のための迅速で安価なオプションを持っているわけでなく、誰もが望むような十分な予算を持っているわけではありません。 そのため、魅力的なAR / VR / 3Dコンテンツの欠如、その労働集約的な生産および不完全な品質は、AR / VR産業、大量採用の進展を妨げることになります。 さらに、以下のような障壁も存在します。 主要なIT企業が意図的に保持するさまざまなプラットフォームの不一致(不当な手数料) コンテンツ再販および著作権侵害の問題 上記のような問題によって、コンテンツ制作者に無力感を与え、コンテンツの質が低下し、結果的にAR/VR/3D業界全体の進展が停滞します。 そこで、CappasityはAR/VR革命はコンテンツ製作者が推進するものと考え、3Dコンテンツを製作してレンタルや販売を行う初めてのプラットフォームを導入して、 ブロックチェーン技術により、著作権保管や著作権交換を分散型のAR/VRエコシステム内で確実なものにすることを見出しました。 そして、3Dコンテンツ交換用分散型AR/VRエコシステムを構築するためにインフラストラクチャ要素として今回ICOにて、ARTokenを発行します。 このユーティリティトークンであるARTokenは、専用AR資金を使用して、コンテンツ購入のためのネイティブデジタル通貨として、またコミュニティメンバーの積極的な報酬として使用されます。 https://youtu.be/uj9SH2VQQz4 https://artoken.io/jp/ Cappasityプラットフォームとエコシステムについて Cappasityは、オンラインショップへのコンテンツの作成と統合のためのプラットフォームをすでに開始しており、AR / VR関連のすべての分野で他の業界に参入し、真にグローバルなプラットフォームを開発する予定です。この拡張の手段として、Cappasityエコシステムが存在します。 Cappasityは誰でも利用できる実在物体の3Dデジタイジングを行うツールキットを製作しました。弊社は自社3Dコンテンツのバーチャルギャラリーへの埋め込みを行うと同時に、ウェブサイトを分かり易くする徹底した努力とともに、モバイルツールやAR/VRアプリも製作ました。弊社SDKは当プラットフォームに基づいて独自アプリを構築する開発者にオープンになっています。 CappasityエコシステムはAR/VRおよび3Dコンテンツの売買を希望する顧客のためにあり、エコシステムは、インフラストラクチャレイヤーとマーケットプレイスレイヤーで構成され、どちらもCappasityのプラットフォーム技術に基付きます。 インフラストラクチャー層 インフラストラクチャ層には、ブロックチェーン、ソフトウェアツールキット、そして分散ストレージが含まれます。コンテンツ制作者とモデレータは、インフラストラクチャ層内で直接コンテンツを管理することができます。 分散型保存インフラストラクチャについては独立した保存サービスプロバイダーが用意します。サンドボックスエリアが実際にAR/VR/3Dコンテンツの試験環境として使用されます。AR/VR開発者および活動的なコミュニティ寄付者は専用のAR基金を通じて支援を受けることになります。 以上のように、全取引がブロックチェーン内に不変に保存されるため、エコシステム関係者全員、例えば、コンテンツクリエータ、アプリ開発者、ビジネスやエンドユーザにとって、その著作権全てが確実に尊重されるというメリットがあります。 AR/VR マーケットプレイス層 マーケットプレイス層はコンテンツ交換用であり、AR / VR /...
error: Content is protected !!