AMLT

    ソーシャルでつながる

    809フォロワーフォロー

    Latest article

    【ICOレビュー】OpiriaPDATAーGDPRに準拠し、メルセデス、アウディ、BMW、日産などの顧客を持つOpiriaがブロックチェーン統合のためにPDATAトークンを発行する

      インターネットで企業が新しい製品やサービスをより簡単に開始できるようになった今日、あらゆることが急速に進んでいる中で、企業はトレンドを迅速に分析し、製品やサービスに関する市場調査をフォローアップする必要があります。 フィードバックがなければ、ほとんどの製品は失敗し、顧客を知ることができない企業は大きな損失を被ります。 そこで大切なのが顧客の個人データ管理です。   OpiriaPDATAプロジェクトの概要 Opiriaは、リアルタイムの市場調査と顧客エクスペリエンスフィードバックのためのオンライン分散型プラットフォームであり、消費者がどのように考え、経験し、見て感じるかを理解するために、より迅速で正確なアプローチを提供します。 プロジェクト自体はOpiriaの既存のビジネスモデルに基づいており、製品とプラットフォームはフォーチュン企業からすでに受け入れられています。   隠れた仲介者を排除し、企業が消費者から直接個人データを購入できるようにすることで、顧客の要件とニーズをリアルタイムかつコスト効率よく理解する手助けをしています。 Opiriaはブロックチェーンに基づく個人データの安全で透明な取引のためのグローバルな分散型市場を開発するプロジェクトでもあります。 同社は、個人データの安全で透明な売買のための最初のEthereumブロックチェーンベースの市場を構築しています。  プロジェクト名 opiriaPDATA  分野  データ  技術  ブロックチェーン プロダクト あり トークノミー PDATAトークン プラットフォームの特徴-個人データに具体的な価値を与える  世界中の企業は、消費者からの個人データを必要とします。これにより、消費者の嗜好に合った新しい製品やサービスを設計することで、市場シェアを拡大 することができます。 このプロセスの最大の問題は、ターゲットオーディエンスが個人データのセキュリティを心配し、それを保護するための措置を講じることです。 これにより、個人から必要とされる定性的データを取得することがますます困難になり、データブローカーによって虚偽または偽のデータが販売されることさえあります。従来のシステムでは、企業と消費者の両方が失われます。 個人データ管理の問題 データブローカーによる不透明性 収益性の欠如 PDATAはどのように問題を解決するのか? 企業とその顧客、つまり消費者の間の結びつきを強めるために、Opiriaプラットフォームと呼ばれる両者が直接コラボレーションできるエコシステムを構築しました。 企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者から直接個人データを購入することができます。  Opiriaプラットフォームは、個人データに具体的な価値をもたらし、供給と需要の経済(PDATAトークン)によってこの価値を正確に表現する通貨を作成します。 PDATAトークンは、企業が仲介者なしで直接消費者から個人データを直接購入できる市場を作ります。これまでのところ、データブローカーによってデータが不本意ながら利用されていたことを考えると、当社の新しいシステムは、これまでデータ保護のために複数の障壁の背後にあるデータを保護してきたものから、消費者は、関心のある話題についての意見や、製品やサービスをどのように利用し、どのように利用しているかに関するフィードバック、ウェアラブルやスマートデバイスのデータ、スマートフォンの利用状況、オンラインで購入するものなどの個人データを企業に販売することができます。 彼らはPDATAトークンを受け取り、現金で現金化することができます。したがって、消費者は、個人データを収益化することによって受動的な収入流を創出することができます。   以下が要点です。 Opiriaプラットフォームを使用すると、個人データを企業に直接販売することができます。それと引き換えに、PDATAトークンを手に入れて、現金で現金化することができます。   Opiriaプラットフォームは、一般データ保護規則の原則に完全に準拠した、お客様の個人データの安全で公正で透明な取引を可能にします   消費者のための  消費者は企業に個人データを提供するためのPDATAトークンを受け取る。 消費者は、開示する個人データとそのアクセス権を誰が決定することができます。 ブロックチェーンメカニズムにより、消費者の匿名性とデータのプライバシーは完全に保護されます。 Opiriaプラットフォームは、仲介者のいない個人データの安全な取引のための完全に透明な公開市場です。 PDATAトークンは、個人データに値を置き、その値を正確に表す通貨を作成します。 企業のための 企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者からの個人データにすばやく簡単にアクセスできます。 企業は、より高い品質のより具体的なデータを受け取り、新製品やサービスを設計したり、マーケティングや販売活動をより適切にターゲットとすることができます。  PDATAトークンエコシステムは、消費者と企業で構成され、両面トークン経済を促進します。企業は、個人データをPDATAトークンで補うことによって、消費者から直接購入することができます。 市場と競合の簡単な分析ー急成長と大きな問題点 市場と競合のプロジェクトを簡単に分析します。 個人データの問題点 今日のますます競争の激しい世界では、企業は顧客の意見の重要性とこれが現在の市場に与える影響をますます認識しています 中でも個人情報データは企業戦略の一部となってます。 企業がターゲット市場を代表する個人を評価する必要があるという事実を考慮すると、正確な個人データに基づいて関連する高品質の情報を持つデータベースをすべての人が抱くことは難しい課題です。 主な問題は、実際、平均して、全消費者の55%は、あらゆる種類の個人データを共有することに満足していません。個人の個人情報に関しては、この割合は97%に増加します。 ますます技術的に類似した消費者プロファイルと組み合わせることにより、平均的な消費者は、広告ブロックソフトウェアの使用、個人的すぎると思われるデータの改ざんなど、個人データを保護するための措置を取るようになりました。 個人データの市場規模を数字で見てみましょう。 250米ドル/年;個人データの取引量 57百万;あなたの個人情報を必要とするB2C企業 12億米ドル/年;製品革新の失敗による投資の失敗 80米ドル;あなたのメールアドレスの価値 100米ドル;製品に関するフィードバックを提供する    個人データは21世紀の新たな原油である 多くの人は個人データが21世紀の新しい原油であると考えています。個人情報の収集と分析は、今日の新しい経済の推進に役立つ燃料です。生データは収集、処理、輸送する必要があります。 100年前の石油ブームの時代と同様の原則に従っています。 1人は、彼らから利益を得るために、できるだけ多くの情報源からデータを集めようとします。典型的なアプローチは、多数のタッチポイントを分析し、得られたデータを使用して実行可能な予測を生成し、結果として新しい製品およびサービスを導出することです。 個人データによる予測 個人データの収集と分析により、企業は消費者の行動や傾向をよりよく予測し、より良い製品を継続的に反復することができます。購買力、旅行習慣、モビリティの好みやフィットネス/ウェルネス、ヘルス、環境などのトピックに対する態度の予測可能な変化は、車、新しい旅行タイプ、根本的に異なるホテルコンセプトなどの新しいコンセプトを思い付くことを可能にします。 これにより、企業は、予測が最も厳しい5年から10年という新しい目標を早期に実行するなど、R&D予算をより適切に配分することができます。   GDPR(一般データ保護規制)への準拠の重要性  OpiriaとPDATAは、個人データに関する消費者への支配を主にし、国際ビジネスの規制環境を簡素化することを目指して、今年EU全体で展開する新しい一般データ保護規制(GDPR)法改正に完全に適合します。 これらには、以下が含まれています。 消費者は個人データの処理に同意する必要があります 個人データは偽名化され、暗号化された方法で保存されなければならない 消費者は個人データにアクセスする権利を有する 消費者は、誰が自分の個人データを処理するかを知る権利があります 消費者は個人データを訂正し、消去する権利があります 個人データ処理活動を記録しなければならない データは設計によって、またデフォルトで保護されていなければなりません   プラットフォームでは、一般データ保護規制の以下のガイドラインが確実に実行されます。 消費者は個人データを所有しており、個人データを完全に管理しています。 個人データは、消費者を暗号化されていない形式で放置することはなく、消費者だけが復号化するための鍵を保持します。 個人データは、消費者の同意を得た会社にのみ転送することができます。 それに加えて、消費者は誰がデータを入手するのか、どのような目的で使用するのかを正確に知っています。 個人データの取引は完全に透明であり、取引当事者の匿名性が完全に保護されるブロックチェーン上で追跡可能です。 プラットフォームがどのようにGDPRに適合するように設計されているかについての詳細な説明は、PDATA Whitepaperにあります。   データブローカーの存在 データブローカーは、消費者の最も敏感な個人データを収集し、分析し、相互参照し、梱包し、保管し、相互に、広告主に、政府に直接商品として販売する。 2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。  Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。 チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。 Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。  Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています    Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。 2012年9月、FacebookはDatalogixとの提携を発表し、Facebookの10億人のユーザーがソーシャルサイトに広告を出した後、レンガや迫撃砲の小売店で購入を完了する頻度を測定しました。 OpiriaPDATAの直接的な競合プロジェクトは? 今回記事にしているOpiriaは、データブローカーを民主化および自動化するプロジェクトです。ブロックチェーンを採用しているデータプロジェクトの中でも似通った性質のものがいくつかあります。 Datum    Datumはブロックチェーン上の分散型高性能NOSQLデータベースです。この技術により、ソーシャルネットワークデータ、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIOTデバイスのデータなどを安全かつ匿名でバックアップすることができます。Datumは、ユーザーが自分でデータを共有または販売できるマーケットプレイスを提供します。 Datumネットワークは、データ所有者が設定した条件を遵守しながら、データの安全な取引を提供するためにDATトークンスマートコントラクトに依存しています。 データ所有者は少量のDATトークンを払ってデータを保存します ストレージノードのマイナーは、データの保存と送信のためにDATトークンを獲得します データは、DATトークンを所有者の条件で使用し、購入することができます Datumプロジェクトは数値で見る高いパフォーマンスを示しています。 $7.2MUSD 調達済み 85K +アプリ 登録者数 8.8K +テレグラムユーザー数 33k +ツイッターフォロワー数 1M +月間訪問者数 34k +フェイスブックのいいね数   Valid VALIDは個人データ管理を次のレベルに引き上げています。 中核となるのは、ユーザーが制御するデセントライズされたデジタルアイデンティティソリューションで、人々は機密データを安全かつスムーズにオンラインで取引し、機密データを保護します。 さらに、VALIDは、ユーザーを製品やサービス会社、ブランド、研究者、広告主などのデータ消費者と直接接続することができます。 VALIDウォレットを使用すると、ユーザーは、VALIDマーケットで完全に安全かつ制御された方法で、自分の個人データを直接的かつ簡単に収益化することができます。 それに反して、データコンシューマは、信頼性の高い匿名化されたデータに直接アクセスすることができます。 InsightsNetwork Insightsはブロックチェーン技術とスマートコントラクトを通じてデータ仲介業界を自動化します。 ユーザーはInsightsウォレットを使用してデータを安全に所有、管理、収益化します。 データ・ブローカー企業は年間2000億ドルの収益を上げています。 Insights Networkは今後10年間で富を企業から消費者に渡します。   DataBlockchain DataBlockChain.ioは、企業や個人がプレミアムデータを収集する方法を混乱させる画期的なデータプラットフォームです。当社の製品はデータを民主化し、現在のデータ収集および査定の方法よりも容易に入手可能で安価にする。その結果、クライアントは費用対効果に優れた透明な方法で特定のデータセットにアクセスし、無関係のデータを支払うことなく、必要なものを正確に収集することができます。 政府データ、業種別データ、投票記録、ビジネスデータ、財産データ、与信ビューローデータなど、世界最大のデータベースの多くと独自のデータを統合し、貴重なデータセットを作成します。クライアントを引きつけ、保持することを目指す個人や企業。私たちのプラットフォームの結果、すべての参加者は、求めている正確で微妙なデータを得ることができます。...

    【ICOレビュー】WorldopolyーブロックチェーンとDAG上のiOS/AndroidのARゲームプロジェクト

        Worldopolyプロジェクトの概要 Worldopolyは、魅力的な経済シミュレーションと戦略的なマルチプレイヤーゲームの中で、拡張現実感、地理位置、ブロックチェーン、人工知能を組み合わせた世界初のモバイルゲームです。 プロジェクト名 Worldopoly 分野 ゲーム、AR 技術 ブロックチェーン、AI、AR、ジオロケーション プロダクト プロトタイプ(ゲームエンジンと主要な機能) トークン経済 WPTトークン     プラットフォームの特徴 Worldopolyは、プレーヤーをブロックチェーンにしっかりと保存し、財産を作り、所有し、売買するプラットフォームを提供します。  革新的な新しいアプローチは、WPTを経済シミュレーションの基盤として使用することです。 これは、プレイするときにリアルマネーを得ることができるため、これまでに一度も見たことのないリアルなレイヤーをゲームにもたらします。  ARとGeolocation技術によりリアルなゲーム体験ができる ARの追加により、プレイヤーは仮想空間が現実世界で実際に起こってるかのように見ることを可能にします。  さらにジオロケーションという技術によってGoogleマップと連動したゲーム体験が可能です。ポケモンGoを例にするとわかりやすいでしょう。ユーザーエクスペリエンスの向上には画期的な技術です。 デモ版が公開されています。 プレイヤーは、最終的にはモバイルデバイスの画面の制限から解放されます。  Augmented Reality(AR)とGeolocationを使用することで、実際にゲーム内の進行状況を見て、他のプレイヤーと対話することが可能になります。 専用AI(Artificial Intelligence)を導入することにより、大型オブジェクトの位置決めがこれまで以上に正確になります。 リアリズム ゲームの世界の基盤としてGoogleマップを使用することで、プレーヤーは世界中の通りにアクセスできます。 独自の暗号通貨 WPTと取引特性のプラットフォームの導入により、Worldopolyは複雑な経済シミュレーションにもなります。 最後に、プレー中にリアルマネーを獲得することができます。  プレーヤのインタラクション  プレイヤーは、一族を結成したり、ユニークなプロジェクトに融資したり、他のプレイヤーを襲撃したり、物件を売買したり、ストリートや住宅、他のプレイヤーのアイテムを購入することができます。  150以上の異なる機能が、モバイルゲームでユニークなWorldopolyを実現します。  その他の特典 -擬似マイニング ブロックチェーンのおかげで、ゲームの経済性は、あなたが実際のもののようなあなたの仮想成果を使用し、誰が何を所有しているかを透過的に監視しながら、セキュリティや透明性の問題に気を配らずに済むようにします。 ゲームでWPTを取得することは、仮想実証の代替案として、現実世界のマイニングと比較することができます。 要点は以下です。 リアルタイムプレイ- 現実の世界 •プレイヤーは実際の都市で実際の通りを購入することができます(基礎技術:Google Maps / openstreetmaps) •ゲームはGoogle Mapsベースで行われます RTS + AR +ブロックチェーン/ DAG =無限の機会 •Worldopolyは、魅力的なゲームプレイでBlockchain / DAGテクノロジを実装した最初のモバイルゲームであるため、Blockchain / DAGについての洞察を深めています。 •拡張現実感は、実際にゲームの進行を「見る」ことができます。 内部トークン経済の存在: •プレイヤーは遊んで収益を得ることができ、WPTの収入を実際の暗号通貨に統合することができます •WPTの導入に伴い、ゲームをプレイするための実質のお金があります。 cryptocurrenciesへのリスクフリー導入。 •WPTのゲーム内アイテムごとに取引できる可能性があるため、プレイヤーはリアルマネーを投資することなく暗号化を獲得することができます。 •これは、財務上のリスクを伴わずにプレーヤーをcryptocurrenciesの世界に紹介する素晴らしい方法です。 ワールドワイド: •再生可能なイノベーション AR、Blockchain /...

    【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

      暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。 現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。 今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。 CryptalDashのプロジェクト概要 CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。 交換取引サービスに革命を起こす ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。 このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。 今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。 したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。 CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。 人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。 CryptalDashプラットフォームの特徴 プラットフォームの主な特徴です。 第三者機関へのアクセス   CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。 特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。 これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。 そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。  簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。 ブルームバーグデータとの統合   機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。 CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。 その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。 TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成 CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。 CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。 クロスマーケットの実行とビュー すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。 クロスマーケット裁定執行 今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。 CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。 機関間取引ツール統合(MetaTrader) MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。 低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする 高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。 CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。 2018年に統合される100の新しいアルトコイン CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。 その他にも以下のようなメリットがあります。 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン 小売および制度流動性プールを効果的に集約する アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション 低い手数料 CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール サードパーティの交換注文ルーティング機能 ユニークなダッシュボード 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合 堅牢な収益モデル 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり) 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる 市場と競合分析 取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。 Binance COSS Kucoin Huobi Bibox 2017年7月 -...
    error: Content is protected !!