ICO

    【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

      暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。 現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。 今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。 CryptalDashのプロジェクト概要 CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。 交換取引サービスに革命を起こす ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。 このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。 今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。 したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。 CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。 人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。 CryptalDashプラットフォームの特徴 プラットフォームの主な特徴です。 第三者機関へのアクセス   CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。 特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。 これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。 そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。  簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。 ブルームバーグデータとの統合   機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。 CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。 その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。 TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成 CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。 CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。 クロスマーケットの実行とビュー すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。 クロスマーケット裁定執行 今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。 CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。 機関間取引ツール統合(MetaTrader) MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。 低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする 高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。 CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。 2018年に統合される100の新しいアルトコイン CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。 その他にも以下のようなメリットがあります。 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン 小売および制度流動性プールを効果的に集約する アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション 低い手数料 CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール サードパーティの交換注文ルーティング機能 ユニークなダッシュボード 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合 堅牢な収益モデル 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり) 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる 市場と競合分析 取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。 Binance COSS Kucoin Huobi Bibox 2017年7月 -...

    Shivomのトークンセールが開催中- 私が投資したいくつかの理由

      Project Shivomについて 世界最大のゲノムデータ・ハブになるという目標を掲げたブロックチェーン・プロジェクトは、ブロックチェーンと暗号解読の分野で注目を集めており、引き続きプレセールが継続中です。 ドナーは、データファイルをSHIVOMプラットフォームにアップロードすることで、23andmeやAncestry.comなどの他のサードパーティのWebサイトからデータセットをアップロードすることができます。これを行うには費用はかかりません。 最終的に、ユーザーはSHIVOMからDNAキットを直接注文することができます。このようにして、ドナーはDNAサンプルを提供することができ、私たちやパートナーラボで配列決定され、プラットフォームにアップロードされます。   Project Shivomが投資対象になるいくつかの理由 今回はオープンソースの情報や個人的な観点から投資対象になるいくつかの要因を見て見たいと思います。   ①プロジェクトや視点が新しく明確である 消費者向けゲノミクス事業をよりオープンで、公正に、そしてすべてのユーザーにとって有益なものにするために、Shivomプラットフォームはブロックチェーンテクノロジーを使用して、革新的なゲノミクスエコシステムを作ります。 それは、データがデータ提供者自身によって所有されることを保証します。 チームはそのデータの使用に関心を持つ組織にとって、透明で安全な橋渡しが保証されるような¥複数のサービスを1つの相互接続されたエコシステムに統合するという目標を掲げて、完全にグローバルなビジョンを持っています。 コラボレーションとパートナーシップを活用して、これをオープンかつトランスペアレントな方法で実現することを目指しており、ブロックチェイン技術が提供する一連の利点を真に活用しています。 これは壮大なビジョンですが、それは完全に手の届かないものではなく、グローバル規模でこれを実行できるビジネスプランとチームをまとめていることが大きな裏付けです。   ②業界では著名人から注目されている Shivomは、暗号通貨の指導者、インドやヨーロッパの政府機関、人工知能科学者、デジタルデータセキュリティの専門家などの注目を集めています。  のちに説明しますパートナー先もベンチャーキャピタルばかりです。 ③専門的なチーム構成 Shivomは独自のブロック鎖技術を使用しており、DNAデータの保存と分析に革命をもたらし、精密医学とバイオテクノロジー研究の指導と改善に努めています。 そして何よりチームメンバーは豪華なメンバーばかりです。遺伝子業界では20年以上の経験があります。 Co-founder,COOのGourish氏はデジタルヘルス分野で3社の成功企業を創立した人物で投資銀行業務の背景を持つビジネスリーダー、投資家、起業家です。 Co-founder,CMOのSally氏は技術革新、デジタル交換、緊急技術、特にブロックチェーン、人工知能、機械学習、ロボット工学などの分野で賞を受賞しており、Forbes Technology Councilの一員でもあります。 Co-founder,CTOのAkash氏はブロックチェーン起業家であり、世界で最も影響力のあるブロックチェーン企業100社のAuxesis Groupを設立しました。インドのブロックチェーンラボも設立しCashaaプロジェクトの諮問委員会にも就任しています。 彼女はブロックチェーン、ソーシャルメディアへのインフルエンサートップ10にもランクイン。 ShivomのCo−founderはIOTA財団のメンバーです。IOTAは現在時価総額ランキング9位の通貨であり、ICOから500倍近くになった通貨です。そのほかにも暗号通貨やフィンテックでは強力なインフルエンサーや専門家の存在があります。 このようにShivomは、遺伝学者、科学者、デジタル通貨の専門家、そして熟練したビジネス開発者のチームによって率いられています。 このプロジェクトは、近い将来に最も期待されているブロックチェーンプロジェクトの1つであり、高度な暗号化を使用してゲノムデータを管理する機能、医学研究のためのデータを寄付するボランティアにインセンティブを提供する機能、地方分権市場では、ゲノミクスの過程だけでなく、全体としてのグローバルヘルスケアに革命を起こすことになります。 ④3つの政府機関を含む強力なパートナーシップ   最も印象的な提携として、Shivomは最近、アンドラ・プラデーシュ州の政府とインドの州で最大6,000万人の人を繋ぐものを含む多くのエキサイティングなパートナーシップを発表しています。 ガンの予防医学に関する提携は トークンの販売終了後、提携先のNasdaqの会社Genetic Technologies Limitedは、予測的遺伝子検査の開発と認定ラボの使用を制限しています。 ゲノムデータに関しての提携は以下です。 Oceanprotocolは管理、監査、透明性などかんれんなど関連する全てのアクターのコンプライアンスを保証しながらデータ共有し収益化するための分散型でデータ交換プロトコルです。 SpherityはShivomの巨大なゲノムデータを保護するための分散型プラットフォームプロバイダとして提携しています。 ICOに関しては以下のようなマーケティング企業と提携しました。 ICObox Amazix FoxtailMarkething ICOrating 暗号通貨財布に関しては以下。 Coinomi Jaxx また、エストニアの元首相、TaaviRõivas、欧州議員Antanas Guoga、トップクラスの科学者など多くの影響力のある当局者が、同社の成長と発展の取り組みを指導するためにShivom Innovation Councilに参加しました。 TaaviRoavas-Rõivas氏は、2014年から2016年にかけてエストニア共和国首相を務めた。彼は11番目のメンバーであり、現在はエストニア議会第12期のメンバーであり、欧州連合問題委員会委員長を務めており 議会の社会問題財政委員会の議長を務めた。 Rõivas氏は、デジタルインフルエンサーとして世界的に知られており、政府およびビジネス部門のデジタル化、デジタル市民権、e-市民権、e-投票などの革新的かつ進歩的な取り組みを促進しています。 ジェイ・サンダース博士は遠隔医療の父であり、ハーバード大学医学部を卒業しています。サンダーズ博士は米国の遠隔医療イニシアチブをG8諸国に指示し、アメリカ遠隔医療協会の創設メンバーです。遠隔医療の分野におけるパイオニア擁護者と活動家として、サンダーズ博士は、医師と医療従事者のための新しいフロンティアを歩んできました。 Scripps Translational Science Instituteのチーフ・データ・サイエンティスト、ラ・ホーヤ、カリフォルニア州。以前は、ゲノミクス会社のHuman Longevity Inc.のチーフ・サイエンティフィック・オフィサーでした。 Telenti博士は、ヒトの全ゲノム配列の深い配列決定に関する現在までの最大の研究を完了しました。彼の現在の研究は、残りの2%(タンパク質コードゲノム)の規制と人生に不可欠なヒト遺伝子の特徴の分析に専念しているヒトゲノムの98%の理解を進めることに焦点を当てています。 リトアニアの欧州議会議員であるAntanas Guoga(TonyG)は、起業家であり、ベンチャーキャピタリストであり、デジタル分野の創業者と慈善事業者に投資しています。起業家精神のより良い気候を促進し、ビジネスチャンスの条件を改善するための彼の努力で知られています。彼はよく知られたプロモーターであり、ブロックチェーン技術と暗号通貨の提唱者です。 デビッド・オーバンの起業家としての成果は、Network Society...

    BitRewards-DAppsがもたらすメリットと業界のビジネス採用例

      発展途上国における地方分権の役割 地方分権化は暗号通貨とブロックチェーンの両方と同義になっているかもしれないが、同じものではなく、常に重複するとは限りません。 ブロックチェーンは暗号化と分散型アプリケーション(DApps)の基盤技術ですが、必ずしも分散化されているわけではありません。プライベートブロックチェーンは暗号で安全ですが、誰と誰とやり取りできるかに限られています。そのアプリケーションの一部です。 DAppの4つの特徴は次のとおりです。 オープンソース  その自発的なユーザーまたは集団がそのアプリケーションを担当することはありませんが、ユーザーのコンセンサスに支配されます。その根底にあるコードも利用できます(提案、弱点の特定、適応)。 分散型  すべてのトランザクションは、すべてのユーザーがアクセスできるパブリックブロックチェーンに記録されます。 報酬化   ブロックチェーンの更新を検証する作業を行っているユーザーは、暗号トークンで報酬を受け取る必要があります。 プロトコル  チェーン内の新しいブロックを暗号で保護するためのプロトコルがあります。通常、Proof of WorkまたはStake of Stakeです。 暗号通貨はおそらくDAppの最もよく知られた使用のままですが、その固有性のために人気が高まっています。記録をハッキングすることはできません。 それでは、DAppsはどのように商取引で新しい役割を創り出しているのでしょうか? 1つのDAppでもビジネス全体を構築できる開発者にもっと焦点を当てる予定です。 スタートアップ スタートアップは分散アプリケーションで繁栄しています。  Accretiaは、銀行をユーザーの自宅に持ち込むことで、建物や職員の伝統的な銀行業務を廃止しました。顧客ではなく所有者であることを強調し、ユーザーは、財務を保持し、共有する自律的企業の不信を排除する平等なプラットフォームの一部です。 La'Zoozは独自のバージョンのUberを発表しました。これはマイルあたりのトークンで支払われるドライバーを見ています。必要なのは車内のスペアシートで、La'Zoozドライバーはトークンの交換の一部です。 デジタル製品 私たちは、インターネットがユーザーとビジネスのやりとりを支配しているのを見てきましたが、まもなく純粋にデジタルになる業界の割合が増えています。購入に使用されたトークンから製品自体、保管から配送まで、物理的な倉庫、ディスプレイ・ストア、およびオフィスは、まもなく消えるかもしれません。 CDを音楽ファイルやブックから電子ブックにアップデートすることに限らず、企業は私たちの生活をさらにデジタル化するよう働きかけます。私たちのデジタルデータはすでに電話機やコンピュータに保存されており、会社は物理的な合理化とブロックチェーン上のセキュリティ確保を急いでいます。 為替取引 貿易がますます国際化されるにつれて、海外にお金を払うことは時間がかかり、大きな手数料を引き付けることになります。  暗号通貨は、自国通貨のみであれば、国際的に資金移動にかかる手間と時間を排除し、世界中の銀行は、面倒な手間をかけずに国境を越えて金を動かすためにブロックチェーン技術を実験しています。 DAppsはさらに柔軟性を提供します。たとえば、世界中で使用できる1枚の物理カードに複数の通貨(平らなものと暗いものの両方)を使用するTenXを利用します。換算手数料はありません。カードを使用するか、現地の通貨をATMから直接引き出して支払いを行うことができます。 ニュースの客観性 最近の混乱の原因となっている「偽のニュース」という実際の、そして疑惑をもって、事実チェックはますます重要になってきています。 地方分権化されたニュースネットワークは、作品のセンセーショナリズムではなく品質に関するライターに報酬を与え、事実チェッカーに作品のレビューを促すことで、偏見のあるコンテンツや不十分なソースコンテンツが節度を逃れることを極めて困難にします。クリックやシェアを集める「クリックベイト」や怒りを煽るヘッドラインではなく、事実上の記事をユーザーの拠点に広めます。 パーソナライゼーション 関連性の高い結果をもたらした場合、消費者はデータを共有するのがより快適になり、パーソナライゼーションは次の大きなプッシュコマースです。 ShopinのようなマルチプラットフォームのDAppsは、消費者やマーケティング担当者のパーソナライゼーションを向上させるために、複数のサイトにまたがる買い物客のデータとビジネスを結びつけます。ターゲットを絞ったプロンプトは、消費者にとって有益であり、 ヘルスケア提供 ヘルスケア部門のDAppsの開発は、データ保護とプライバシーの問題を患者の利益のためにデータ交換に統合し、さらなる研究を行うでしょう。管理、公衆衛生の保護、患者情報、病気の予防、人口統計データ、および追加の研究を含むさまざまな用途にわたって、1つのネットワークを介してデータを交換することができます。プロバイダーは、1つの分散型の使用の下で広範囲のサービスを統合する方法を検討する予定です。 主な役割 Webデベロッパー、コーダー、プログラマーは、スタートアップ企業であろうと、分散型ブロックチェーンの利点をビジネスにもたらす既存の企業であろうと、次の大きなDAppを業界にもたらすために努力しています。  

    医療セクターのICOプロジェクト分析と比較

      医療セクターの傾向 近年、ヘルスケアの支出は18兆ドルにまで及び、GDPの約18%を占める国も出てきています。 しかしながら、課題は山積みであり医薬品の売上高は減少しており、いりょうのかいぜんはぜんたいてきにていたいしています。 中でも医薬品開発には様々な課題があり、以下です。 高いコスト 成功確率の低さ 収益性 これらの課題を克服できる可能性があるのが、ブロックチェーン技術です。この技術によって データセキュリティの高い医療記録 医薬品サプライチェーンの相互運用性 支払い分配のためのスマートコントラクト などのメリットがあります。 そこで、新興企業はゲノミクスやAI、そしてブロックチェーンなどの新世代技術を採用して医療業界を変革しようとしています。 今回は、そのようなプロジェクトを比較しながら分析したいと思います。 医療セクターのブロックチェーンプロジェクトの詳細分析 医療業界へのブロックチェーン導入する意向は増えてきており、様々なプロジェクトが誕生しました。 今回は、今年4月にICOが予定されているProject Shivomと競合プロジェクトを比較したいと思います。 Project Shivom(18) Shivomは、アイデンティティを保護し、医療をパーソナライズし、人生を変えることによって、ブロックチェーン技術を通じてゲノミクスの次世代を動かしています。 当社のブロックチェーンベースのゲノミクスおよびヘルスケアプラットフォームは、バリューベースの精密ヘルスケアへの移行を可能にします。 私たちの焦点は、グローバルなスケーラビリティを備えた安全でパーソナライズした医療を可能にする、ブロックチェーン、人工知能、機械学習によるOMICSテクノロジーの変革的なコンバージェンスです。 ビジョンとソリューション-医薬品開発、ヘルスケア、医療データのための革新的な新世代プロジェクト(3) アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(2) プロダクト-アルファ版リリース前(1) 技術-ブロックチェーン、AI、ゲノミクス(3) ビジネスモデル-エストニア含む3つの政府機関と提携(3) コミュニティ-やや高い(2) ICOの経過-開催中(1) 取引所-未定(1) 外部評価-標準(2)   Medicalchain(19) Medicalchainは医療データの安全で迅速な利用を可能にする分散プラットフォームです。患者の健康記録を保存し、患者のデータの統一バージョンを維持するためにブロックチェーン技術を利用します。Medicalchainは医師、病院、研究所、薬剤師、保険会社などのさまざまな医療機関が医療記録にアクセスして対話することを可能にします。各対話は監視可能、透明で、安全にMedicalchainの元帳にトランザクションとして記録されます。 プライバシーとアクセス管理 メディカルチェーンはユーザに全権なアクセスを与え、どのようにデータが共有されルカコントロールができる。しかし、ユーザは一人一人異なったアクセスや機能を有することになる。アクセス許可とブロックチェーンにデータを紹介し、編集ができるユーザを指定することができます。 遠隔医療プラットフォーム 医師と患者間のプラットフォームにより、ユーザーは安全な順序を通じて医療専門家と直接接続し、記録を共有しながらオンライン相談をすることができ、第二意見を得ることができます。ユーザーは世界のどこからでも医師と相談をすることができ、医師は、プラットフォームでの出来制度で支給されます。 健康記録のライセンス ユーザーは、メディカルチェーンプラットフォーム上でEHRに全権でアクセス、管理ができます。これにより、EHRを製薬会社にライセンス供与して研究を行うことができます。 これがメディカルチェーンの条件付アクセスアクセスシステムと結合され使用​​される場合、ユーザーは企業がアクセスできる情報とそのアクセスが可能な期間に関する境界を簡単に設定できます。 アプリケーション開発プラットフォーム メディカルチェーンは、サードパーティの開発者が生態系内でアプリケーションを開発し、展示することを可能にします。健康アプリケーションには、医薬品の評価、ウェアラブルデータとの対話性、脂肪測定、食事と栄養アドバイスなどが含まれます。このようなアプリケーションは、メディカルチェーンプラットフォームに直接接続し、患者はMedTokensと引き換えに使用できるアプリケーションに健康記録へのアクセス権を与えます。 ビジョンとソリューション-医療データのための分散型プラットフォーム(2) アーキテクチャ-イーサリアムブロックチェーン(1) プロダクト-MVPイギリスで試験段階(2) 技術-ブロックチェーン(1) ビジネスモデルとニーズ-イギリスロンドンでグローブスメディカルグループと提携(2) コミュニティ-高い(3) ICOの経過-完了(2) 取引所-Kucoin Bitfinex Huobi Qryptos(3) 外部評価-高い(3) Medichain(16)   MediChainは患者に自分の医療データの所有権を与えます。 MediChainは、患者の医療データのための分散元帳です。...

    EternalTrusts:将来のハイテクサービスの繰延購入ができるブロックチェーンプラットフォーム

      未来への投資は、価値のあるものです。月への旅行や時間空間旅行、スターウォーズに登場する最先端の乗り物など研究者たちは将来の可能性に多くのお金を費やし、開発しています。 中でも不死は誰もが望む事ではないでしょうか?最近のハイテク技術の進歩によって、今後数十年、数百年の間にこれに近いことが達成される可能性があります。 仮に、これらの未来の夢の実現を保証するものがあるとすればそれは誰もが望むものです。 EternalTrustsプロジェクトはそれを実現しようとしています。   EternalTrusts-将来のハイテクサービスの購入機会を与えるブロックチェーンプロジェクトが誕生する Eternal Trustsは、将来の技術の繰延購入のプラットフォームであり、ブロックチェーンによってこれを可能にします。 つまりまだ利用できない高度なサービスを購入する機会を与え、それを保証するためのブロックチェーンプラットフォームです。 プロジェクトの背景 今日、世界には1600万人以上の億万長者がおり、少なくとも10%は、その寿命を根本的に延長し、生活水準を向上させるものを熱心に試しています。しかし、どれだけ支払うにしても、規制当局によって承認されていない、法的不備のためにアクセスできない、または追加の研究が必要なサービスを購入することは、依然として禁止されています。 規制当局や法的不備による将来のための投資の制限 追加の研究へのアクセス制限 研究グループが最新の開発状況の潜在的な需要を分析できるように、個人が幸福に必要な製品とサービスを策定できるプラットフォームを作成することで、この問題の解決策を提供します。 研究グループが最新の開発の潜在的需要を分析できるプラットフォームを提供する 将来のサービスの自主的な購入を保証する。 独自の製品の顧客が自主的な購買を確実にするスマートな契約を作成できるようにする 同社のプラットフォームは、遅延オペレーションアルゴリズム手順、凍結保存または化学固定後のconnectome、および他の多くの同様に幻想的だが実行可能なサービスに理想的であり、合理的、倫理的、市場で入手できるようになります。  さまざまな分野の専門家チームを集めブロックチェーン技術で トークンの提供に続いて人間性に訴えることによって需要を支えるサービスを市場に投入する予定です。 同社が提供するユニークなサービスの観点から、私たちは、160万人の市場全体の潜在的可能性をもって、ターゲットユーザーの10%をキャプチャするように計画しています。   ブロックチェーンに統合された高品質サービスの相乗効果 同社は4つの異なる業界の既存のサービスを組み合わせて新製品を創出しました。現在入手できない新興の生物医学およびその他の重要なサービスの自律的、繰延購入を保証するシステムサイエンスは絶えず前進しています。 特にクローニング、クライオカメラなどの革新的な医療技術が習慣的であり、他のイノベーションが間もなく明白になる未来をこれは、意味します。 代替器官の助けを借りた人命の延長(ドナーまたは人工的に再作成) 凍結保存または中断されたアニメーションによる人間の生命の延長および保存 特定のコンピューティングプラットフォームでの脳の化学的保存、意識のスキャンとエミュレーションによる人間の意識の他の基質への移動。 遺伝物質と記憶の保存と復活 健康問題の修正(または、一般的に許容される標準からできるだけ多くの偏差を是正する) )法的問題(文書とID)を手助けする そこで同社はこれらの希望へのアクセスが可能になった直後に安定した安全な、そして法律に準拠した様々なサービスの購入を自動化するための、遅延購入フォーマットに完全に適合する独自のプラットフォームを作成しています。 ユースケースを以下に示します。   顧客の資産管理 顧客は、夢を愛し、未来の世界を見たいと望む人でクライアントの利益を追求し、法的構造である特別目的の任意信託を導入し、顧客の資産を第三者の行為から保護します。 これらの信託は、クライアントの希望とニーズを満たすためにのみ割り当てられます。 信託の資産は、最も信頼性の高い長期戦略の下で最も信頼性の高い銀行に入れら、同社の使命は、顧客の希望が可能になったときにサービスを購入するのに十分なお金が信託にあることを保証することです。 この信託管理は、顧客が注文したサービスが購入可能になるまで提供され、その後、取引が決済されます。 資産を保護する法的に準拠したインフラストラクチャ Eternal Trustsに代表される信託は、ブロックチェーンに登録され、完了のために自動化されているため、責任を果たすことを避けることができません。自律的な目標達成アルゴリズムは、潜在的な請負業者を毎年分析します。必要な信頼性基準を満たしていれば、クライアントのサービスを購入します。   スマートコントラクトとブロックチェーン 安全な分散データストレージを提供し、必要なサービスが利用可能になったときにそのサービスの購入を保証する  Eternal Trustsプラットフォームの基盤となったのは、Ethereumスマートコントラクトです。信頼を創造すると、私たちはあなたの目的や夢を持ったスマートな契約を生成し、利用可能になるとすぐに取引が自動的に実行されます!これにより、いわゆるヒューマンエレメントが削除され、スマートコントラクトが無期限に存在する可能性があります。それに加えて、システムはまた、すべての条件が満たされ、取引が実行され、あなたの夢を実現するまで、あなたの上に生きて忍耐強く待っています。 バイオテクノロジー バイオマテリアルを収集して保管するための最新のバイオメディカル技術です。   なぜブロックチェーンソリューションが必要なのか? ブロックチェーンにまだ現時点では達成できない、または達成可能でない目標を入力することによって、クライアントはいくつかの追加目標を入力し、優先順位を設定することができます。 それで、最優先の目的を最初に入力することは常に良いことです。 その利点は以下にあります。 購入シーケンスを自動化できる もう1つの可能性のある追加の目的としては、顧客の購買力が、チェック時に人口の上位1%(2~3%、あなたの名前)の平均と一致する場合にのみ、プラットフォームは購入シーケンスをアクティブ化できます。  また、仮に何らかの理由で優先課題を完了するのに200年が足りない場合、いわゆるさらに現実的な目標を設定することもできます。 そして、期間の終わりまでに上記のいずれもが可能でない場合は、受託者に倍増資産をあなたの最も近い遺伝的親族に渡すよう義務付けることができ、もし存在しなければ、チャリティーに費やします。  したがって、受託者は顧客からの正確な希望を持っていると言えます。 Eternal Trustsのプロジェクトインフラストラクチャは、クライアントの事前設定された期間内に技術的に可能な場合、すべての夢が実現することを保証します。 プロジェクトは独自ETTトークンを発行する プロジェクトが初期に発行するトークンは、プラットフォームとサービスには欠かせないものになります。 現時点の顧客が同社の将来のサービスプロバイダを利用するための権限ともなります。 5月末までは、初期価格の最安値で購入できます。 6月以降の公式セールは以下のレートに変更されます。 トークンはこちらから購入できます。   関連リンク 公式サイト Twitter telegram facebook author https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary  

    BitRewards-人工知能がどのようにセクターに革命を起こすのか

        AIと電子商取引:人工知能がどのように部門を革命化するか ガートナーは、2020年までに顧客と小売業者の間のインタラクションの85%が「人間と交流することなく」起こると予測しています。オンライン小売業者は、より多くの自動化のための消費者主導型の需要にどのように適応できますか? かつてはSciFi映画や小説の主流だったAIは、技術分野に躍進し、2018年には拡大を続けています。 昨年、AIは間違った理由で波乱を起こしていました。サウジアラビアは、人工知能の存在に市民権を付与する最初の国になりました。ソフィアというロボットは、彼女の市民としての見出しと、すべての人間を破壊するだろうという脅威があり、Googleの顔タグ付け技術は、ゴリラとして黒人を捉えました。Facebookは、賢くなったので、うそをついたチャットボットを引っ張ってきたという噂が流行しました。 しかし、AIの実際の成功は目に見えないほど賢明ではなく、私たちは消費者の経験を高め、ユーザーがあなたのプラットフォームにアクセスしてコンバージョン率を上げるために、電子商取引にAIを組み込む方法を見出し始めています。  パーソナライズされた推奨事項  Amazonの「アイテム間コラボレーティブフィルタリング」アルゴリズムが、ユーザーが到着するとすぐにホームページに直接カスタマイズされたコンテンツを提供する方法を見てきました。ターゲット推奨を開始した時点でAmazonの売上が29%増加しました。 パーソナライズされた推奨事項も電子メールで送信されますが、AIは、消費者が特定の製品を対象としたターゲット設定方法をさらに強化することができます。 たとえば、ウェイブレイザーは、場所や顧客のニーズに基づいて旅行や宿泊に関する個人的な推奨を行います。 パーソナライゼーションは、すでに購入したものに似た製品に限定されません。 AIは、バイヤーのニーズを予測するのに十分に洗練されています。 彼らの年齢が高まるにつれて、その年齢はどのように購入に影響を与えるのでしょうか?彼らのスタイルはより控えめなものになっていますか?企業が購入ニーズを予測し、2020年までに適切な提案を提供することを期待している消費者の推定消費者の推定は48%です。  画像検索  特定のまたは一般的な顧客の検索はオンラインであってもよいが、フィルタリング結果は通常、ドロップダウンメニューまたはキーワードを入力することによって行われています。 しかし、AIは画像認識を使用して同様の製品を見つけることができます。写真をアップロードすることができ、そこから、AIは類似のブランド、色、パターン、カット、長さ、パターン、および機会の形式を識別することができます。 PinterestはChromeブラウザーに拡張機能を追加し、ブラウザーでPinterest上の製品を強調表示して製品を検索することができます。ユーザーはYouTubeでビデオを見たり、好きなアクセサリーを作ったり、AIソースをオンラインで最も類似したものにすることができました。 デパートのNeiman Marcusは、ユーザーが自分のアプリのカメラから画像を収集して、カタログ内の類似したオブジェクトを入手できるようにします。画像検索は、ゲッティの画像認識ソフトウェアを使用して、見込み客が競合他社の画像を使用していた時期を特定するなど、B2B競合でも使用できます。 AIバーチャルアシスタント  オンラインではなく店内での購入の選択肢はまだありますが、米国の消費者の85%がオンラインショッピングより店頭でのショッピングを好むという調査結果があります。 ブリック・アンド・モルタルの小売経験をオンライン市場にもたらすための1つの方法は、仮想アシスタントの実装です。これらは、小売業のアシスタントと同様の方法で接近することができ、機会、着用者の年齢、および好みのスタイルなどの情報を共有することによって、AIアシスタントは適切な衣装を選ぶことができる。  音声コマンド  音声起動アシスタントは、AmazonのEcho、Google Home、Apple HomePodなどのポッド、またはCortanaとSiriを搭載したモバイルデバイスのいずれかで家庭内に普及しています。  2020年までに、インターネット検索の少なくとも半分が音声コマンドによって行われると予測されています。 アウトドアウェア小売業ノースフェイスでは、IBMのAI Watsonを使用して、顧客がコートを着ようとしていた場所やどのような活動をしているのかなど、ユーザーが答えた質問を完全なコートで見つけることができます。彼らの声はその後、追加の情報(気象条件など)とともに分析され、一致するものが見つかりました。また、1-800-Flowersは、完璧な贈り物を見つける際に同様にお客様のニーズに対応するGWYN(Gifts When You Need)AIを開発しました。 消費者は、コマンドを使ってStarbucksのコーヒーをAIチャットインターフェイスに注文することもできます。  クエリへの応答  有料の従業員は多くの場合、チャットボットで処理できる質問の回答に結びついています。チャットボックスは、従来の電子メールや通話よりも迅速な対応を提供します。レストランでさえ、迅速かつ簡単な予約をするためにオンラインチャットボットを提供しています。  偽造品の販売を防止する  シカゴに本拠を置くスタートアップの3PM Marketplace Solutionsは、模倣品を見つけるためにAIをトレーニングしています。疑わしいアカウントとその製品がどれほど信頼できるものであるかを分析し、企業はeBayなどの第三者のサイトからそれらを削除するようにロビー活動を行うことができます。偽物を厳しく見れば、真正性の価値は依然として高いままです。 製品説明の作成 すべての製品に正確なSEOの記述を書くことは、ライターを雇って個々の作品を盗む必要がある場合、時間がかかり、あるいは高価になります。 AIは、主要な機能を分析して、最適化された商品説明を作成し、それを書き込むことができます。 キャンペーン管理  AI Albertは、オーディエンスターゲティングと分析のためのアルゴリズムを使用して、マーケティング目標のためのカスタムプランを作成する「初の完全自律型デジタルマーケティング担当者」です。 Cortexはまた、最高の結果を得るために最適な時間にコンテンツを投稿すると同時に、競合他社を追跡して自分の行動に適応できるようにする、「インテリジェントスケジューリング」を開発しました。 Rocco AIは、コンテンツを分析し、改善の提案を行うことにより、ユーザーのソーシャルメディア関与を強化します。 アナリティクス AIはその分析をより深く理解することができます.Googleは既に、音声コマンドを通じて特定の情報(特定の四半期について)を要求し、AIを通じて配信することができる音声ベースの機能を開始しました。 あなたのビジネスにAIを統合するのは難しいかもしれませんが、あなたが望むほどの、あるいは多くのプログラムを提供することができます。さらに、おそらくあなたが気づいている以上にそれを使用することができるでしょう。 ソフトキャップに到達 プロジェクトはすでに、事前プレセールで3275ETH 78.7BTCを調達しており、14000人以上がホワイトリストに参加しています。 こちらから参加できます。 テレグラムに参加してください:t.me/BitRewards ...

    BitRewards−DAO(ユーザー多数決投票)によるDAppsがもたらす小売部門の未来

        DAppsが流通部門をいかに効率化し、小売部門に利益をもたらすか ブロックチェーンが2017年の流行語だとすれば、2018年はDAppsの登場です。暗号通貨とファイナンス以外に、eコマースにとってDAppsの意味は何があるのでしょうか? DAppとは? DAppはBトラックまたは電子メールと同様に「dee-app」と発音され、「分散アプリケーション」の略称です。DAppsは、相互作用を監督し、容易にする会社の下で活動するのではなく、ピアツーピアのサービスであり、他のユーザーアプリケーションがDAppとみなされるためには、アプリケーションが示す必要がある4つの基準があります。 1)オープンソース  - アプリケーションの基礎となるソースコードはすべての人が利用できます。一部のアプリケーションは、既存のDAppブロックチェーン(Bitcoinのブロックチェーンは他のDAppによってよく使用される)上に構築される場合もあれば、独自のブロックチェーンを作成する場合もあります。 2)分散型 公開された分散型ブロックチェーンでは、データは暗号で保護されます。そのセキュリティは外部検証に依存しません。これは自律的なアプリケーションであり、誰も大部分のトークンを保持するものはありません。しかし、DAppは、ソースコードに基づいてネット上に繁栄したり失敗したりするだけではなく、変更が行われる可能性がありますが、自律的な開発者ではなく、ユーザーのコンセンサスに基づいて行われなければなりません。 3)トークンの生成 トークンは暗号アルゴリズムから配布されます。Bitcoinネットワークでは、「鉱夫」は、Bitcoinsで払い戻され、回覧されることで、困難ではあるが証明が容易な暗号パズルを解くことによって、新しいブロックを証明する報酬が与えられます。 4)インセンティブ ネットワークへの貢献には何らかの報酬があります。鉱夫は他の人と競争してパズルに最初の "仕事実績"の答えを提供するので、速くなることができます。逆に、エテリアムが計画している「立証証拠」検証では、新しいブロックの「偽造者」は、選択された価値、特に富に加えて年齢やその他の要因によって決定されます。 地方分権自治組織(DAO) 最も野心的で悪名高いDAppsの1つは、2016年に5000万ドル相当のEtherの中から悪用された不道徳な地方自治組織(DAO)でした。 DAOは、企業や非営利のベンチャー企業のための究極の分散プラットフォームとして意図されていましたが、コードの脆弱性により投資資金の3分の1が払われ、Ethereumは大部分の損失を取り戻すためにハードフォークを取るよう促しました。これはおそらく最も巧妙な暗号通貨のハッキングであり、投資家には注意が払われたかもしれません。しかし、「ハッカー」はブロックチェーンに侵入しませんでしたが、代わりに既知の弱点を利用して、ブロックチェーン自体は本質的に安全です。 暗号化を超えたDApps 過去数年間、暗号化通信、特にBitcoinはブロックチェーンを検討する際のほとんどの人が考えている開発ですが、ロジスティクス、医療、政府サービスなど、Webのより多くの領域にどのようにフィルタリングしたかを見てきました。主にブロックチェーンに格納されている取引を監督する会社の管理下にある。 DAppは法人ではなくユーザーの管理下にいなければなりません。 企業がピアツーピアプラットフォームを提供する場合、暗号検証、マルチユーザー検証、ネットワーク全体にわたるブロックの拡散により、攻撃に対する脆弱性が低く、データの安全性が確保され、ハッキングには影響されません。責任を持って行動するために企業に信頼を置かない消費者にとって魅力的です。 小売業におけるDApps 現在、主にiTunesなどの中央集中型アプリケーションで交換されている曲などの知的創造的な財産は、関係するアーティストから直接購入することができます。また、曲が他のベンダーを通過しても、参加アーティスト全員の情報そのブロックチェーンに内接する。コダックでさえ、独自の暗号化の開発とともに、アーティストの権利を保護し、新たな収入源を可能にするDAppを構築しました。 ブロックチェーンは、農家からパッカー、ディストリビューター、スーパーマーケット、納品まで、テーブルの前に食べ物の移動を監視するためにすでに使用されています。生産のあらゆる面をブロックチェーン元帳に書き込むことができます。同様のDAppsは、小売業で有機材料や非収穫工場労働などの側面を検証するために採用される可能性が高い。 今年の初めにブロックチェーンとAIを使用して小売顧客をターゲットにしているDAppのShopinは、分散型のEthereumベースのCloudプラットフォームであるiExecとの提携を発表し、顧客の推奨とコンバージョン率を向上させました。Shopinは、自社製品を販売するのではなく、顧客と小売業者の双方との取引を行うためのプラットフォームです。 DAOとしてのBitRewards BitRewardsでは、以前買収した製品に向けて顧客を押し上げるのではなく、さまざまな店舗やプラットフォームで支出を促しています。それは、デジタルBITを受け取ることによってユーザーがお金を使うことから利益を得ていることを見る透明な報酬制度であり、これは「自由な」通貨でより多くの支出を促します。 DAppとして、BitRewardsネットワークは個々のベンダーの利益や金銭的影響とは無関係に運営され、その代わりにユーザー(私たちと取引を行った個人または団体)が多数決の投票を行い、BitRewardsの成功はお客様のコンバージョン数が増加し、各BITの価値が高まります。 BitRewardsとToken Launchの詳細については、BitRewards.Networkのサイトを参照してください。 テレグラムに参加してください:t.me/BitRewards 最新のニュースや開発については、FacebookやTwitterでフォローしてください。

    【ICO Review】 TrueGame (TGAME) Gamble iGaming Project with BlockChain with Proven Products and Licenses

    wrap up   TrueGame is a fully functional iGaming project which received very positive feedback from the community. Truegame has a truly unique iGaming product, and...

    【ICO Review】 Vernam – World’s First Commission fee by Block Chain 0% Reinsurance Project

    Vernam is the world’s first 0% commission insurance project in the block chain. It is the first company in the world to realize a high-end technical...

    【ICOレビュー】Ubcoin−ブロックチェーンとAIによる暗号通貨で現実商品を売買するためのモバイルマーケットプレイス

      Ubcoin-暗号通貨で現実商品を売買するためのモバイルマーケットプレイス Ubcoin マーケットプレイスは、暗号化のための現実世界の商品を売買する世界的なモバイルマーケットです。 暗号通貨所有者の数は、2020年までに現在の2200万人から2億人におよそ10倍に増加すると予測されています。暗号化の所有者になる最も簡単な方法は、暗号のための商品を販売することです。このアプローチは、今後数年間で大量採用を推進します。 暗号通貨市場の資本金は約4,000億ドルです。暗号のために現実世界の財を買うことによって富を費やすという大きな需要があります。 2020年までに世界のスマートフォンの普及率が世界の人口の37%に達すると、モバイルコマースはすぐにウェブ商取引を上回るだろうが、オンラインでの売買活動のほぼ半分はマーケットプレイスで行われている。 Ubcoin マーケットプレイスはグリーンフィールドプロジェクトではなく、Ubankモバイルアプリの拡張版です。 成熟した会社であり、2009年以来存在する 当社の現在の製品であるUbankは、世界中で1,600万以上の設備を有している 同社は、50人以上の開発者、トップマネジメントとアドバイザーの才能 Ubcoinは既存の製品価値命題を強化し、再構築する サムスンとフライなどの企業は、フラッグシップ・ギャラクシー9を含むCISで販売されているすべてのスマートフォンに当社の現在の製品をプリインストールしている トークンの販売は、Ethereumブロックチェーンベースのスマート契約の開発、AIベースのスクリーニングおよびKYC技術の開発を促進し、グローバルな拡大に資金を提供するための資金調達を目指している Ubankアプリのユニークな流通モデルは、製造業者によるプレインストールにより、新しい地理に拡大される なぜUbcoinのソリューションが必要なのか 現在、何千万もの人々が正当に暗号通貨を所有しています。世界中の何百万もの人々が暗号通貨を知っており、それらを入手したいと考えています。 また、多くの企業では、暗号を驚異的な収益を生み出す投資手段と見なしており、他の企業は、シームレスなデジタル取引やブロックチェーン技術による新しいビジネス機会の恩恵を求めています。 このように暗号通貨の大量採用は避けられず、差し迫っており、大量採用の瞬間は間違いなく後になるよりも早くきます。そのためにも、消費者は、デジタル通貨を得るためのシンプルで迅速かつ安全な手段が必要です。 暗号通貨の資本金は約4,000億ドル変動します。しかし、世界各国の政府、銀行、国際決済システムは、法律を守って市民がデジタル資産を使用して物品を売買することを可能にするために、暗号取引を規制する明確なルールを確立する上で、 4000億ドルの大部分は、消費のために費やされています - 物理的資産への変換など。 同プロジェクトの目標は、世界中の消費者が暗号化に投資し、暗号化のための商品を自由に安全に購入し販売できるUbcoinデジタルマーケットプレイスを作成することにより、暗号投資の購買力を享受することです。 ビジョン 同社はビジョンについて以下のように考えを述べています。 1.多くの人は、暗号化のシークレットを得るためのシンプルで安全な方法を望んでいますが、方法はわかりません。 彼らは投機家ではなく鉱夫ではなく、暗号通貨に投資することで付加価値を見いだす人です。...

    ソーシャルでつながる

    809フォロワーフォロー

    Latest article

    【ICOレビュー】OpiriaPDATAーGDPRに準拠し、メルセデス、アウディ、BMW、日産などの顧客を持つOpiriaがブロックチェーン統合のためにPDATAトークンを発行する

      インターネットで企業が新しい製品やサービスをより簡単に開始できるようになった今日、あらゆることが急速に進んでいる中で、企業はトレンドを迅速に分析し、製品やサービスに関する市場調査をフォローアップする必要があります。 フィードバックがなければ、ほとんどの製品は失敗し、顧客を知ることができない企業は大きな損失を被ります。 そこで大切なのが顧客の個人データ管理です。   OpiriaPDATAプロジェクトの概要 Opiriaは、リアルタイムの市場調査と顧客エクスペリエンスフィードバックのためのオンライン分散型プラットフォームであり、消費者がどのように考え、経験し、見て感じるかを理解するために、より迅速で正確なアプローチを提供します。 プロジェクト自体はOpiriaの既存のビジネスモデルに基づいており、製品とプラットフォームはフォーチュン企業からすでに受け入れられています。   隠れた仲介者を排除し、企業が消費者から直接個人データを購入できるようにすることで、顧客の要件とニーズをリアルタイムかつコスト効率よく理解する手助けをしています。 Opiriaはブロックチェーンに基づく個人データの安全で透明な取引のためのグローバルな分散型市場を開発するプロジェクトでもあります。 同社は、個人データの安全で透明な売買のための最初のEthereumブロックチェーンベースの市場を構築しています。  プロジェクト名 opiriaPDATA  分野  データ  技術  ブロックチェーン プロダクト あり トークノミー PDATAトークン プラットフォームの特徴-個人データに具体的な価値を与える  世界中の企業は、消費者からの個人データを必要とします。これにより、消費者の嗜好に合った新しい製品やサービスを設計することで、市場シェアを拡大 することができます。 このプロセスの最大の問題は、ターゲットオーディエンスが個人データのセキュリティを心配し、それを保護するための措置を講じることです。 これにより、個人から必要とされる定性的データを取得することがますます困難になり、データブローカーによって虚偽または偽のデータが販売されることさえあります。従来のシステムでは、企業と消費者の両方が失われます。 個人データ管理の問題 データブローカーによる不透明性 収益性の欠如 PDATAはどのように問題を解決するのか? 企業とその顧客、つまり消費者の間の結びつきを強めるために、Opiriaプラットフォームと呼ばれる両者が直接コラボレーションできるエコシステムを構築しました。 企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者から直接個人データを購入することができます。  Opiriaプラットフォームは、個人データに具体的な価値をもたらし、供給と需要の経済(PDATAトークン)によってこの価値を正確に表現する通貨を作成します。 PDATAトークンは、企業が仲介者なしで直接消費者から個人データを直接購入できる市場を作ります。これまでのところ、データブローカーによってデータが不本意ながら利用されていたことを考えると、当社の新しいシステムは、これまでデータ保護のために複数の障壁の背後にあるデータを保護してきたものから、消費者は、関心のある話題についての意見や、製品やサービスをどのように利用し、どのように利用しているかに関するフィードバック、ウェアラブルやスマートデバイスのデータ、スマートフォンの利用状況、オンラインで購入するものなどの個人データを企業に販売することができます。 彼らはPDATAトークンを受け取り、現金で現金化することができます。したがって、消費者は、個人データを収益化することによって受動的な収入流を創出することができます。   以下が要点です。 Opiriaプラットフォームを使用すると、個人データを企業に直接販売することができます。それと引き換えに、PDATAトークンを手に入れて、現金で現金化することができます。   Opiriaプラットフォームは、一般データ保護規則の原則に完全に準拠した、お客様の個人データの安全で公正で透明な取引を可能にします   消費者のための  消費者は企業に個人データを提供するためのPDATAトークンを受け取る。 消費者は、開示する個人データとそのアクセス権を誰が決定することができます。 ブロックチェーンメカニズムにより、消費者の匿名性とデータのプライバシーは完全に保護されます。 Opiriaプラットフォームは、仲介者のいない個人データの安全な取引のための完全に透明な公開市場です。 PDATAトークンは、個人データに値を置き、その値を正確に表す通貨を作成します。 企業のための 企業は、PDATAトークンで補償することで、消費者からの個人データにすばやく簡単にアクセスできます。 企業は、より高い品質のより具体的なデータを受け取り、新製品やサービスを設計したり、マーケティングや販売活動をより適切にターゲットとすることができます。  PDATAトークンエコシステムは、消費者と企業で構成され、両面トークン経済を促進します。企業は、個人データをPDATAトークンで補うことによって、消費者から直接購入することができます。 市場と競合の簡単な分析ー急成長と大きな問題点 市場と競合のプロジェクトを簡単に分析します。 個人データの問題点 今日のますます競争の激しい世界では、企業は顧客の意見の重要性とこれが現在の市場に与える影響をますます認識しています 中でも個人情報データは企業戦略の一部となってます。 企業がターゲット市場を代表する個人を評価する必要があるという事実を考慮すると、正確な個人データに基づいて関連する高品質の情報を持つデータベースをすべての人が抱くことは難しい課題です。 主な問題は、実際、平均して、全消費者の55%は、あらゆる種類の個人データを共有することに満足していません。個人の個人情報に関しては、この割合は97%に増加します。 ますます技術的に類似した消費者プロファイルと組み合わせることにより、平均的な消費者は、広告ブロックソフトウェアの使用、個人的すぎると思われるデータの改ざんなど、個人データを保護するための措置を取るようになりました。 個人データの市場規模を数字で見てみましょう。 250米ドル/年;個人データの取引量 57百万;あなたの個人情報を必要とするB2C企業 12億米ドル/年;製品革新の失敗による投資の失敗 80米ドル;あなたのメールアドレスの価値 100米ドル;製品に関するフィードバックを提供する    個人データは21世紀の新たな原油である 多くの人は個人データが21世紀の新しい原油であると考えています。個人情報の収集と分析は、今日の新しい経済の推進に役立つ燃料です。生データは収集、処理、輸送する必要があります。 100年前の石油ブームの時代と同様の原則に従っています。 1人は、彼らから利益を得るために、できるだけ多くの情報源からデータを集めようとします。典型的なアプローチは、多数のタッチポイントを分析し、得られたデータを使用して実行可能な予測を生成し、結果として新しい製品およびサービスを導出することです。 個人データによる予測 個人データの収集と分析により、企業は消費者の行動や傾向をよりよく予測し、より良い製品を継続的に反復することができます。購買力、旅行習慣、モビリティの好みやフィットネス/ウェルネス、ヘルス、環境などのトピックに対する態度の予測可能な変化は、車、新しい旅行タイプ、根本的に異なるホテルコンセプトなどの新しいコンセプトを思い付くことを可能にします。 これにより、企業は、予測が最も厳しい5年から10年という新しい目標を早期に実行するなど、R&D予算をより適切に配分することができます。   GDPR(一般データ保護規制)への準拠の重要性  OpiriaとPDATAは、個人データに関する消費者への支配を主にし、国際ビジネスの規制環境を簡素化することを目指して、今年EU全体で展開する新しい一般データ保護規制(GDPR)法改正に完全に適合します。 これらには、以下が含まれています。 消費者は個人データの処理に同意する必要があります 個人データは偽名化され、暗号化された方法で保存されなければならない 消費者は個人データにアクセスする権利を有する 消費者は、誰が自分の個人データを処理するかを知る権利があります 消費者は個人データを訂正し、消去する権利があります 個人データ処理活動を記録しなければならない データは設計によって、またデフォルトで保護されていなければなりません   プラットフォームでは、一般データ保護規制の以下のガイドラインが確実に実行されます。 消費者は個人データを所有しており、個人データを完全に管理しています。 個人データは、消費者を暗号化されていない形式で放置することはなく、消費者だけが復号化するための鍵を保持します。 個人データは、消費者の同意を得た会社にのみ転送することができます。 それに加えて、消費者は誰がデータを入手するのか、どのような目的で使用するのかを正確に知っています。 個人データの取引は完全に透明であり、取引当事者の匿名性が完全に保護されるブロックチェーン上で追跡可能です。 プラットフォームがどのようにGDPRに適合するように設計されているかについての詳細な説明は、PDATA Whitepaperにあります。   データブローカーの存在 データブローカーは、消費者の最も敏感な個人データを収集し、分析し、相互参照し、梱包し、保管し、相互に、広告主に、政府に直接商品として販売する。 2012年、データ仲介業界は、米国政府の全知的財産予算の2倍の1500億ドルの収益を生み出しました。 2015年には、データ仲介業界の収益はすでに2,000億ドルに達しており、CNN10のJason Morris氏とEd Lavandera氏によれば、絶えず成長しています。  Acxiom、Corelogic、Datalogixなどの企業では、平均して1人あたり1,500データポイントが、米国のすべての家庭についての非常に詳細な情報を持っています。 Gartner11は、全世界で最大5,000のデータブローカーが存在すると推定し、消費者データを彼らの知識や許可なしで絶えず収集しています。 チームは白書で、競合となるデータブローカーの存在を指摘しています。一部紹介します。 Acxiomは、マーケティングキャンペーンや不正検出のための消費者データと分析を提供します。そのデータベースには、世界中の約2億5,000万人の個人データが含まれており、米国のほぼすべての消費者に1500を超えるデータセグメントがあります。  Corelogicは、主に不動産情報、消費者および財務情報に基づいて、企業および政府にデータおよび分析サービスを提供しています。そのデータベースには、7億9500万件以上の歴史的不動産取引、9300万件以上の住宅ローン申請、米国住宅不動産の99%以上を占める不動産特有のデータが含まれています    Datalogixは、米国のほぼすべての家庭にマーケティングデータを提供し、1兆ドル以上の消費者取引を企業に提供します。 2012年9月、FacebookはDatalogixとの提携を発表し、Facebookの10億人のユーザーがソーシャルサイトに広告を出した後、レンガや迫撃砲の小売店で購入を完了する頻度を測定しました。 OpiriaPDATAの直接的な競合プロジェクトは? 今回記事にしているOpiriaは、データブローカーを民主化および自動化するプロジェクトです。ブロックチェーンを採用しているデータプロジェクトの中でも似通った性質のものがいくつかあります。 Datum    Datumはブロックチェーン上の分散型高性能NOSQLデータベースです。この技術により、ソーシャルネットワークデータ、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIOTデバイスのデータなどを安全かつ匿名でバックアップすることができます。Datumは、ユーザーが自分でデータを共有または販売できるマーケットプレイスを提供します。 Datumネットワークは、データ所有者が設定した条件を遵守しながら、データの安全な取引を提供するためにDATトークンスマートコントラクトに依存しています。 データ所有者は少量のDATトークンを払ってデータを保存します ストレージノードのマイナーは、データの保存と送信のためにDATトークンを獲得します データは、DATトークンを所有者の条件で使用し、購入することができます Datumプロジェクトは数値で見る高いパフォーマンスを示しています。 $7.2MUSD 調達済み 85K +アプリ 登録者数 8.8K +テレグラムユーザー数 33k +ツイッターフォロワー数 1M +月間訪問者数 34k +フェイスブックのいいね数   Valid VALIDは個人データ管理を次のレベルに引き上げています。 中核となるのは、ユーザーが制御するデセントライズされたデジタルアイデンティティソリューションで、人々は機密データを安全かつスムーズにオンラインで取引し、機密データを保護します。 さらに、VALIDは、ユーザーを製品やサービス会社、ブランド、研究者、広告主などのデータ消費者と直接接続することができます。 VALIDウォレットを使用すると、ユーザーは、VALIDマーケットで完全に安全かつ制御された方法で、自分の個人データを直接的かつ簡単に収益化することができます。 それに反して、データコンシューマは、信頼性の高い匿名化されたデータに直接アクセスすることができます。 InsightsNetwork Insightsはブロックチェーン技術とスマートコントラクトを通じてデータ仲介業界を自動化します。 ユーザーはInsightsウォレットを使用してデータを安全に所有、管理、収益化します。 データ・ブローカー企業は年間2000億ドルの収益を上げています。 Insights Networkは今後10年間で富を企業から消費者に渡します。   DataBlockchain DataBlockChain.ioは、企業や個人がプレミアムデータを収集する方法を混乱させる画期的なデータプラットフォームです。当社の製品はデータを民主化し、現在のデータ収集および査定の方法よりも容易に入手可能で安価にする。その結果、クライアントは費用対効果に優れた透明な方法で特定のデータセットにアクセスし、無関係のデータを支払うことなく、必要なものを正確に収集することができます。 政府データ、業種別データ、投票記録、ビジネスデータ、財産データ、与信ビューローデータなど、世界最大のデータベースの多くと独自のデータを統合し、貴重なデータセットを作成します。クライアントを引きつけ、保持することを目指す個人や企業。私たちのプラットフォームの結果、すべての参加者は、求めている正確で微妙なデータを得ることができます。...

    【ICOレビュー】WorldopolyーブロックチェーンとDAG上のiOS/AndroidのARゲームプロジェクト

        Worldopolyプロジェクトの概要 Worldopolyは、魅力的な経済シミュレーションと戦略的なマルチプレイヤーゲームの中で、拡張現実感、地理位置、ブロックチェーン、人工知能を組み合わせた世界初のモバイルゲームです。 プロジェクト名 Worldopoly 分野 ゲーム、AR 技術 ブロックチェーン、AI、AR、ジオロケーション プロダクト プロトタイプ(ゲームエンジンと主要な機能) トークン経済 WPTトークン     プラットフォームの特徴 Worldopolyは、プレーヤーをブロックチェーンにしっかりと保存し、財産を作り、所有し、売買するプラットフォームを提供します。  革新的な新しいアプローチは、WPTを経済シミュレーションの基盤として使用することです。 これは、プレイするときにリアルマネーを得ることができるため、これまでに一度も見たことのないリアルなレイヤーをゲームにもたらします。  ARとGeolocation技術によりリアルなゲーム体験ができる ARの追加により、プレイヤーは仮想空間が現実世界で実際に起こってるかのように見ることを可能にします。  さらにジオロケーションという技術によってGoogleマップと連動したゲーム体験が可能です。ポケモンGoを例にするとわかりやすいでしょう。ユーザーエクスペリエンスの向上には画期的な技術です。 デモ版が公開されています。 プレイヤーは、最終的にはモバイルデバイスの画面の制限から解放されます。  Augmented Reality(AR)とGeolocationを使用することで、実際にゲーム内の進行状況を見て、他のプレイヤーと対話することが可能になります。 専用AI(Artificial Intelligence)を導入することにより、大型オブジェクトの位置決めがこれまで以上に正確になります。 リアリズム ゲームの世界の基盤としてGoogleマップを使用することで、プレーヤーは世界中の通りにアクセスできます。 独自の暗号通貨 WPTと取引特性のプラットフォームの導入により、Worldopolyは複雑な経済シミュレーションにもなります。 最後に、プレー中にリアルマネーを獲得することができます。  プレーヤのインタラクション  プレイヤーは、一族を結成したり、ユニークなプロジェクトに融資したり、他のプレイヤーを襲撃したり、物件を売買したり、ストリートや住宅、他のプレイヤーのアイテムを購入することができます。  150以上の異なる機能が、モバイルゲームでユニークなWorldopolyを実現します。  その他の特典 -擬似マイニング ブロックチェーンのおかげで、ゲームの経済性は、あなたが実際のもののようなあなたの仮想成果を使用し、誰が何を所有しているかを透過的に監視しながら、セキュリティや透明性の問題に気を配らずに済むようにします。 ゲームでWPTを取得することは、仮想実証の代替案として、現実世界のマイニングと比較することができます。 要点は以下です。 リアルタイムプレイ- 現実の世界 •プレイヤーは実際の都市で実際の通りを購入することができます(基礎技術:Google Maps / openstreetmaps) •ゲームはGoogle Mapsベースで行われます RTS + AR +ブロックチェーン/ DAG =無限の機会 •Worldopolyは、魅力的なゲームプレイでBlockchain / DAGテクノロジを実装した最初のモバイルゲームであるため、Blockchain / DAGについての洞察を深めています。 •拡張現実感は、実際にゲームの進行を「見る」ことができます。 内部トークン経済の存在: •プレイヤーは遊んで収益を得ることができ、WPTの収入を実際の暗号通貨に統合することができます •WPTの導入に伴い、ゲームをプレイするための実質のお金があります。 cryptocurrenciesへのリスクフリー導入。 •WPTのゲーム内アイテムごとに取引できる可能性があるため、プレイヤーはリアルマネーを投資することなく暗号化を獲得することができます。 •これは、財務上のリスクを伴わずにプレーヤーをcryptocurrenciesの世界に紹介する素晴らしい方法です。 ワールドワイド: •再生可能なイノベーション AR、Blockchain /...

    【ICOレビュー】CryptalDash:複数の取引所と接続する機関投資家向けの取引所が自社トークンCRDを発行する

      暗号通貨のための取引プラットフォームの革命は2018年にブロックチェーン技術が飛躍的な進歩を遂げる可能性があることを考えると、必須の課題でもあります。 現時点では、信頼の必要のない分散型、流動性に極めて優れた取引所はいまだ存在しません。 今回ご紹介するのは往来よりも優れた取引所を目指す新たなプロジェクトです。 CryptalDashのプロジェクト概要 CryptalDashは堅牢な暗号通貨および取引プラットフォームです。 機関グレードのマッチングエンジンと第三者の仮想通貨取引の注文ルーティング機能を備えています。 交換取引サービスに革命を起こす ブロックチェーンエコシステムは、暗号通貨支払いシステム、財布、集中/分散/ハイブリッド取引所、ピアツーピア融資、送金サービス、および期待される様々なアプリケーションなど、従来の銀行商品を置き換える、補完するアプリケーションが現在の金融サービス環境を混乱させています。 このようなアプリケーションは、幅広いリーチを可能にする分散型元帳技術に基づくフレームワークによってサポートされており、初期段階のエコシステムとして、現在の環境はさまざまなプラットフォームに分散しており、それぞれが非常に低いレベルの変換と合成で独立したサービスを実行しています。 今日では、簡単な交換取引(BTC/USD BTC/ALTなど)を行うために、3~4つのインターフェースを混乱させる必要があります。 したがって、現在では優れたアプリケーションを持つことに加えて、エコシステムには情報の集約と意思決定のサポートを可能にするソリューションが必要であると考えられています。 CryptalDashは、さまざまなプラットフォームでダッシュボードと金融商品の比較体験を可能にする一連のツールです。 人工知能とツールを使用して、従来の銀行が提供するユーザーエクスペリエンスを、集約価格フィードと比較から人工知能によってサポートされる意思決定に至るまで拡張されたサービスで実現する予定です。 CryptalDashプラットフォームの特徴 プラットフォームの主な特徴です。 第三者機関へのアクセス   CryptalDash Exchangeは、サードパーティの暗号交換注文ルーティング機能に統一されたアクセスを提供し、複数の取引所間のシームレスなナビゲーションをもたらし、より良い価格発見を実現します。 特にETH、BTC、Dash、XEM、XRPなどの5つの主流の暗号化市場で、Binance Bitfinex Bittrex などの巨大な取引所とユーザーを接続します。 これにより、トレーダーは一度にさまざまな市場を閲覧する機会を得ることができ、内部取引により、取引もできます。 そして他のどこかでより良い価格が見つかると、第三者のプラットフォームにアクセスして、取引ができます。  簡単なナビゲーションとインスタントアクセスは、他のマルチトレーディングプラットフォームとは異なり、ゼロエラーを意味します。 ブルームバーグデータとの統合   機関投資家とリテール向けの流動性プールを集約することを目指す新しい暗号市場の抱える課題の1つは、ソフトウェアベンダーが投資を行って取引所や市場に接続する方法です。 CryptalDashは、Bloomberg、MetaTrader5、Trading Technologies、ORC、SUNGARD、CQGなどの主流市場アナリストやソフトウェアベンダーに複数の接続を既に統合しているため、この問題を解決します。 その結果、機関投資家の取引スペースが素早く導入されます。 TradingViewとの統合によるワールドクラスのチャート作成 CryptalDash Exchangeは、先進的な金融ビジュアライゼーションプラットフォームであるTradingViewを統合することにより、トレーダーと投資家にとって取引の決定をより簡単かつ迅速に行います。 CryptalDashは、基本的な価格表を探している場合でも、オーバーレイ戦略バックテストを使用して複雑なスプレッドシンボルをプロットしている場合でも、この統合によって必要な豊富なツールとデータを提供します。トレーダーは、世界中の数百万人のトレーダーとつながり、取引のアイデアを議論し、ライブオーダーを開始することができます。 クロスマーケットの実行とビュー すべてのアカウントは、複数レベルのリレーションシップモデル内で動作し、会場、メンバー/ブローカー、およびエンドクライアントレベルでサポートされます。したがって、どのレベルでも未処理のポジションとコミットメントを総計することができます。分別された住宅および顧客口座、オンライン小売取引口座など、特定の規制または制限が適用される特定のグループの口座を自由に作成することができます。注文が受け取られると、取引口座はその口座に使用可能な口座と照合されます。 クロスマーケット裁定執行 今年の四半期は、CryptalDashエクスチェンジ取引と裁定取引のボットが目に見えて、取引所間の市場の非効率性をリアルタイムで享受し、クロスマーケット裁定取引を可能にします。 CryptalDash Exchangeは機械学習アルゴリズムや大量のデータに基づいてパフォーマンスを向上させているため、トレーディングシステムのコード化や複数のエクスチェンジとの統合が不要です。 AIベースの意思決定に裏打ちされた裁定取引の機会は、プラットフォーム間で簡単に決定し、ワンクリックでアクセスすることができます。 機関間取引ツール統合(MetaTrader) MetaTrader 5は、MetaTrader 5によって提供される機関取引ツールを統合したCryptalDash Exchangeのような、Cryptocurrency Exchangesと同様に、主流市場における小売ブローカーの焦点となっています。 MetaTrader 5は、追加のソフトウェアを必要とせずに包括的な仲介サービスを提供するために企業が必要とするすべての要素を含むフルサイクルプラットフォームです。 MetaTrader 5プラットフォームはホワイトレーベルライセンスをサポートし、バックエンド機能の強化、取引所の接続ゲートウェイ、流動性プロバイダ、Webサイト、取引およびポストトレーディングシステムとの統合のためのさまざまなAPIを提供します。 低い遅延で毎秒1,000,000回の取引を可能にする 高頻度取引において、生じる問題の一つは遅延です。情報がトレーダーのコンピュータに到達し、その情報に応じて注文し、注文が取引所によって受け取られるためにかかる時間のことです。 CryptalDashは、1秒間に1,000,000件の取引が発生するという低遅延を利用しています。 CryptalDashシステムの最初のリリースでは、ユーザーに1,000,000件/秒の大量取引が提供され、毎秒1,500,000件の処理が可能です。 2018年に統合される100の新しいアルトコイン CryptalDashチームは最近、CryptalDash Exchangeに掲載されている主流のコインの数に制限はないと発表しました。 2018年には、新コイン・リスティング・コンペティション(すでに2つの競技会が発表されており、こことここで確認しています)と統合され、トレーダーと投資家に投票の機会が与えられます。 その他にも以下のようなメリットがあります。 取引を容易にし、流動性を高めるために、複数の取引所からの入札とオファーを照合する、高性能、低遅延マッチングエンジン 小売および制度流動性プールを効果的に集約する アービトラージ機会を活用するためのロボットアドバイザリアプリケーション 低い手数料 CryptalDashトークンを使用してCryptalDashエクスチェンジを大幅に割引する FIXおよびREST APIを備えた機関学習の取引ツール サードパーティの交換注文ルーティング機能 ユニークなダッシュボード 取引所間の裁定取引機会の効率的な実行を可能にする統合 堅牢な収益モデル 実際の作業成果物(ICO空間で活動する他の多くの企業とは異なり) 1,000,000以上のトークンを保持すると、生涯会員となり、毎月の利益の50%を共有することができる 市場と競合分析 取引所のソリューション系のICOは様々です。特にBinanceに始まる自社割引トークンは画期的な開発であり、現在多くの取引所が採用しています。 Binance COSS Kucoin Huobi Bibox 2017年7月 -...
    error: Content is protected !!