ICO

    【雑記】最近のICO市況と近況報告

      こんにちは。ご無沙汰していました。 ICO市況ー一般投資家はますます厳しくなっていく 正直なところ、ICOに関しては規制が厳しくなるにつれて一般投資家はICOで利益を得ることが難しくなってきています。 参加者もグンと減ってきているように感じますね。 ROIも厳しい状況でして、期待されていたプロジェクトもほとんどが価格を割っています。   高値を維持しているのは大手取引所に複数上場している、コミュニティ支持が厚い、期待値がICO開催前から高かった、マーケットメイクが強い、ファンドパートナーが強いなど様々な理由が隠れているわけですが,そのなかで、機関投資家のみ入れる案件が比較的高値で推移している状況です。   さらにSECによるICOに関する声明も出ており、明確に審判がくだされる日も近いと思っています。それによってはトークンの価値が急速に無になる可能性もあり得ます。 ICOでラクに稼げる時代は終わり とはいえアルトコインのターンがくる頃には再びこうした通貨は登場するのではないかと思いますし、リサーチは続けています。   保有通貨のみなおし アルトコインが厳しい状況が続いているので、ほとんどは一部利確または損切りしました。 現在保有しているまたはトレードしている通貨はほんの一部です。 ICOからずっと保有しているのは以下の通貨。 QuarkChain(長期期待) Project PAI(8月以降に大きなニュース期待) Essentia(長期保有目的) BrickBlock(取引所含め長期保有目的) Bitrewards(中期保有目的、枚数多くて売れない) MoneyToken(大手上場まち) これでもずいぶん減った方です。 保有量が多すぎて処分しきれないものや、個人の趣向で保有している通貨もあるので有望であるとは限りません。 アルトコインは一部撤退も有望コインは保有継続 相場は何も悪いだけではなく、ビットコインのETFやなどポジティブ要素は相変わらずどんどん出てきていますし、技術面は順調に進んでいる状況です 従ってニュースにもわずかに反応する通貨はまだまだありますので有望通貨は引き続き保有を続けている状況です。最近のニュースもまとめてみました。 BTC 昨年に 比べて、ビットコインに関する注目度は減少しています。様々なリスクがあることから新規参入者が少ないのが懸念点でしょうか。 6月 底をうってからヨコヨコ 7月 ETF申請と期待で急上昇、トレンド転換 8月以降 ETFの結果次第   コメント:ETFの結果に現状左右されがちですが、過度な期待は禁物。現状はまだまだ課題の方が多いので、今はBTC枚数を増やすことのみ専念。 ADA 6月   7月 香港大手のOKEx上場 Coinbase上場 格付けランクアップB 8月以降 チャールズ氏による大型イベント示唆   コメント:未だメインネットはローンチしていないものの着々とプロジェクトは進行している印象。強いチームと取引高に期待できる通貨。 ADK 6月 休暇期間中にもプロジェクト進行(外部取引所やメディア掲載) 7月 aidos財団のリカルド氏がSumac MFBの理事に就任 8月 Bittrust取引所上場&エアードロップ 8月以降の予定 タンザニア銀行名 ETF ヨーロッパおよびアジアの銀行進出   コメント:数百円台から保有中。まだまだ通過点ですので売却するつもりなし。むしろ買い増し時期。 WWB 様々な噂がある通貨。 6月 ICO価格割ってからずるずる下落 7月 悪いニュース出て大きく下落 8月 新規取引所上場か   コメント:良くも悪くも話題がつきない通貨なので、興味本位でわずかに投資中。 BNB 言わずと知れた世界最大級の取引所Binanceの自社トークンですが、一時トレンド的な取引所マイニングを扱う取引所に王座を奪われたことはあったものの、いまだ王者の風格は健在です。 CEOも積極的に話題作りに取り組んでおり、再び一興時代がくるかもしれません。 6月   7月 ずるずる下落 8月以降 バーンイベント   そしてアルトコインの大半を売り払って換金したビットコインはある通貨にほとんど投資しました。公にはできませんがここ最近では大きな勝負に出ました。公開できるじきになりましたらブログでも紹介したいと思います。 現在参加検討中のICO 最後に現在参加を検討しているICOについてです。 市況が回復するまでは、公に販売しているものには基本的には参加しないことにしています。最近は機関投資家枠に参加したりなどしています。 今現在、気になる通貨を上げておきます。  Moonlight DREP  nOS NEX  CertiK また時間があるときにでもレビューしてみたいと思います。 最後に ビットコインに関してはツイッターなどでもさんざん騒がれているETFですが、どうなんでしょうか。個人的にはまだ焦る必要もなく、このタイミングでなくともよいかなと思います。 相場もやや上昇転換してますので、8月が最後の仕込み時期と考えていろいろと動いています。 いづれにせよ仮想通貨は年単位で見てますのでとにかくBTC枚数を増やすことを考えていきたいと思います。

    COVALENT(Cova)はzk-STARK、および準同型暗号化(FHE)により完全にプライバシー保護されたデータプロトコルを構築する

      COVALENTについて   COVALENTはプライバシー保護されたデータ利用プロトコルです。 ビジョン COVAは信頼できない世界のデータベースを構築しています。 Covalentネットワークはまた、ユーザーがデータのプライバシーを気にすることなく、暗号化されたデータに対してAl / MLモデルを実行できるようにするデータ交換プラットフォームを構築する予定です。 さらにCovalentはIOSTと協力して、Enclave、zk-STARK、および準同型暗号化などのプライバシー保護技術の適用を探り、プライバシーに焦点を当てた分散型データネットワークを構築していきます。 技術ソリューション 軍用グレードのセキュリティとプライバシー コバレントネットワークのすべてのデータとモデルは機密情報であり、信頼できる実行環境(TEE)によって提供される軍用グレードのセキュリティとプライバシーは、計算ネットワーク全体に広がっています。 HTCとLLPサポート さらに、コバレントのスケジューリングシステムは、ハイスループットコンピューティング(HTC)と低遅延生産(LLP)の両方をサポートします。ユーザーは、Apache Hadoop設定でCaffe RNNをトレーニングすることができます。また、サービスとしての財務予測のために、事前にトレーニングされたL1回帰分析を提供できます。 オフチェーンスケーラビリティソリューション コバレントスマート契約は、オフチェーン計算によって大規模に拡張されます。コバレントはコンセンサスをスマート契約の実行から分離し、スマートな契約の大規模な並列実行を実行します。コバレントネットワークの計算能力は、すべてのノードの計算能力の合計です。 信頼できない世界のデータベース コバレントプロトコルは、データ利用の問題を解決し、信頼できない世界データベースを作成します。コバレントの信頼できない世界のデータベースでは、誰もプライバシーを侵害することなく他人のデータを利用することができます。開発者は、この驚異的な共有データ層のために、CovalentでdAppを構築することを選択します。 チーム チームのメンバーは、ハーバード、プリンストン、MITなどの主要大学から来ており、機械学習や人工知能に関する幅広い研究と業界の経験を保有しています。 チームは、Google、Facebook、Microsoft、およびSVの新興企業の出身です。  アドバイザー   Shuoji Zhou FBG Capitalの創業者 Yusen Dai  ZhenFundのパートナー 聚美优品 (Jumei, NYSE: JMEI)の共同創立者 Jia Tian  Investor of Bitfinex & Limited Partner of Bitfund Consultant of FBG Capital Consultant of Zcash パートナー企業 FBG...

    Sparksterのクラウドセールは間も無く開始。トークン販売構造について

      Sparksterとは? こちらの記事エントリーで書いてある通り、Sparksterは分散型クラウドのためのスケーラビリティソリューションです。 6月30日にトークンセールが開催されます。 ちなみにICOdrops評価はMeidumです。 Sparksterの公式サイト   トークン販売構造の決定 Sparkster プロジェクトはプレセール段階から沢山の電子メール要求を受けてきており、これを受けてチームはTelegramグループにAMAを開催し、コミュニティに最高のクラウドセールを行う方法のフィードバックを求めました。 ガス戦争、ホワイトリストの戦争を避けたい人々からわずか0.1 ETHの配分しかもらえていない人々に至るまで様々な意見を聞きました。 しかし、誰にとっても公正なシステムを選ぶと同時に、人々に意味のある参加力を提供する方法を模索するのは困難を極めました。 そこで、一番公平であると思われたのは、できるだけ多くの人々が参加できるようにしながら、プロジェクトの進歩と発展に貢献する人たちに大きな配分をして報いることです。 誰もが納得できるでしょう。 具体的なトークン販売構造の決定 努力をしたくない人は、単にホワイトリストに参加するだけで、権利を獲得できます。 参加者は、ホワイトリストから抽選の形で選ばれ、クラウドセールに参加する機会が与えられます。 しかし、コミュニティの発展やプロジェクトの長期的な成功に意味のある努力がなされていないことを踏まえ、チームは貢献度を1人当たり0.4 ETHに制限しています。 さらに、これらは宝くじ抽選で選ばれるため、ガス戦争やホワイトリストの戦争を避けることができます。クラウドセールに割り当てられたすべてのトークンの25%が宝くじ参加者に提供されます。 そして、プロジェクトで長期的な価値を見て、Sparksterの成長と発展をサポートしたい人は、最大10 ETHまでのかなり大きな配分が報われます。 チームは、このプログラムを愛の証明(Proof-of-Love)と呼んでいます。 「愛の証明」プログラムは、人々に特定の活動を行い、ポイントを獲得することを要求しています。ポイントを獲得する上位5,000人には、1 ETHから10 ETH(KYCに合格したと仮定)の保証配分が報酬されます。 さらに、ブロンズの目標(最低300ポイント)の最低要件を満たしていれば、あなたの参加のために無料のトークンを受け取ることができます。 「愛の証明」プログラムは、https://earn.sparkster.meにある紹介報酬プログラムを通じて調整されています。 ポイントをもらうための多くのタスクがあります。: 1)テレグラムグループでSparksterに関する会話と肯定的な感情を共有する。 2)友人を招待する 3)Redditであなたの考えを共有する 4)ネットワークのテストを支援する 5)ホワイトペーパーまたはビデオキャプションの翻訳 6)プラットフォームを試してみる 7)バグの発見 などなど。 このプログラムによって、Sparksterの長期的な発展と発展に寄与する長期トークンホルダーの環境を作り上げることができます。 私はSparksterの初期の支持者であることに感謝します。これは特別な旅の始まりであり、私たちはあなたの支持なしにそれに着手することはできません。一緒に、私たちは世界を変えるでしょう! サジャッド・ダヤ 創業者兼CEO Sparkster.me テストネットの更新 ライブテストネットは定期的に更新されており、 50セルノードで、50000tps達成しています。 Proof-of-loveは提出済み リーダーボードでは、私は37位でした。おそらくこの記事を提出すれば、25位以内には入れそうな感じですが。。 個人的には、5ETH以下を投資したいと考えてます。地合いがかなり悪いですが、プロジェクト自体は期待できるので、7月、8月に上場することを考えての中長期的な意味合いが強いです。 短期で上がってくれるようなことがあれば、なおさら良いですが、そこはなんとも。 Proof-of-love参加はこちらからできます。 Sparksterの公式サイト     トークン販売は6月30日にスタート Proof-of-love提出者は、KYCを行う必要がありました。 ダッシュボードにログインしたら、KYCを行うためのセクションがあります。 KYC formを入力しましょう。 例の通り、 個人情報 ID認証書類 住所証明書類 が必要です。 KYCが完了したらメールが届きます。数日かかりました。   まとめ 今回はSparkster に関する記事でした。 このプロジェクトは依然としてIan balina氏の評価が異常に高めですが、(Origoより上だとか。)ICO前時点での一時的な評価なので、今後の開発次第と思いますね。 関連リンク 公式サイト 白書 TWITTER FACEBOOK TELEGRAM  

    PCHAIN(PAI)のエアードロップに参加しよう!

      ICOが既に終了しており、ICOdropsでも高評価、コミュニティ人気も強かったPCHAIN(PAI)のエアードロップが開始しました。 Pchainについて 簡単に説明します。 ビジョン プロジェクトのビジョンとしては、世界でEVMをサポートする最初のネイティブマルチチェーンシステムを構築して、大規模なブロックチェーンアプリケーションを可能すること。 イーサリアムやNEOのように、dAppsをPchainのエコシステムに移行して、処理能力をさらに高めようというものです。 創業チーム、国 中国チームであり、Dr.fengという方がCEOです。 中国でブロックチェーン、暗号通貨業界ではかなりの著名人のようです。 中国の第1回国際ブロックチェーン発案者 中国で最も影響力のあるブロックチェーン同盟のChinaLedgerの共同設立者 ブロックチェーン同盟China Blockchain Research Allianceの上級研究員 中国ロジスティック・購買連盟(第1回Gov Association in Industry)のBlockchain Application Committeeのチーフ・サイエンティスト。 インターネットファイナンスの専任科学者 IBM Research Chinaの特許審査委員会の共同議長 IBM Global Technical Achievement Awardsを三回受賞 彼は、さらにACM / IEEEトップ会議では22件、国際特許では30件以上の特許を取得しました。 パートナー Torque:投資実績Wanchain CFLP: 技術 PoSコンセンサスアルゴリズム Dappsのトランザクション処理能力の向上 マルチチェーン 取引ランキング 不明 現在、Bibox、HOTBITで取引可能ですが、ICOからまだ2倍程度です。 競合プロジェクトもありますが、割と海外評価も高かったICOで私も注目はしていました。 QuarkChain やZiliqaなどに比べて、まだ価値も高騰してないので狙い目の通貨です。(ICO後に買いました) 草有望銘柄です。 PCHAIN(PAI)のエアードロップが始動 すでにICOが終了しており、Biboxで取引可能なPAIトークンのエアードロップが始動したことが本日発表されました。 公式の声明は以下。 PCHAINチームは、コミュニティにPAIトークンを無料配布する独自の方法を発表しています。 エアドップは2週間続きます。トークンの配布は、ほとんどの紹介に基づいて選択されます。より多くの紹介をすればするほど、より高い報酬を得ることができます。 エアードロップ概要 PCHAIN Airdropの日付 開始時間:6月27日18:00(シンガポール時間) 終了時刻:7月10日18:00(シンガポール時間) 資格者 誰もが資格があります。現在のコミュニティメンバーはすべて、紹介ボーナスのためのAirdropと新しいメンバーの資格があります。 紹介者の有効化までの手順 紹介リンクから友人を招待 あなたの紹介リンクを取得した友人がPCHAINの特定のサイトに自分自身を登録する 同時にPCHAINのテレグラム、Twitter、Redditに従う これらのすべてが完了した場合にのみ、この1つの有効な紹介とみなされます。   エアードロップ参加方法 準備するものは以下のみ。 テレグラムアカウント ツイッターアカウント Redditアカウント ETHアドレス PCHAIN Airdropへの参加手順 PCHAIN Airdrop登録ウェブサイト:以下のリンクを参照ください。 Pchainのエアードロップ参加 ステップ1. 紹介の前に、自身がまずPCHAIN Airdropウェブサイトに登録します。 Registerをクリック メールを確認します ログインします ステップ2. PCHAINテレグラムチャンネルに参加します。 参加したら、Airdropとグループにコメントして、テレグラムid(@をぬく)を入力します ステップ3. PCHAIN Twitterに従ってください。 エアードロップのツイートをいいね、リツイートする必要あり。 ステップ4 PCHAIN Redditをフォローして購読する ステップ5.有効なETHアドレスを入力し、フォームを送信します。 Airdrop参加者は、PCHAIN...

    ElysianはJury.Onlineと提携する。パートナーシップによる利点とは?

      ElysianはJury.Onlineと提携する 最近のElysianのトークン生成イベントの開始を発表したこのプロジェクトは、安全なエスクローサービスプラットフォームJury.Onlineとの相互合意に達しています。 参加者は、トークン生成イベントの間、ジュリー・オンライン・プラットフォーム上でELYトークンを購入することができます。このコラボレーションは、すでに印象的なElysianパートナーのリストに強みを追加します。 Elysian とは? Elysianは、電子商取引の販売業者とターゲットとする消費者の人口統計の仲介役を務める分散型電子商取引プラットフォームです。 加盟店はプラットフォーム上にカスタマイズ可能な店舗を建設し、現在Shopifyなどのオフ・チェーンの競合会社では利用できない新しく革新的な機能を使用することができます。 この革新的なプロジェクトは、現在、脆弱性およびセキュリティ、ユーザーエクスペリエンスの2つの重要な側面を改善することによって、ブロックチェーンと電子商取引業界の両方に需要を喚起しています。 Elysianは、悪意のある行動者のために単一のアクセスポイントを防ぐためにプライベートネットワークを介してデータを配信するというProof-of-Authorityコンセンサスのために、Ethereumのプライベートサイドチェーンを使用しています。さらに、各ノードは現在存在するノードのセットからの承認を必要とし、Elysianはどのノードがブロックを防ぐか完全に制御します。 また、人工知能や仮想現実などの技術的進歩の実装を通じて、ユーザーエクスペリエンスの向上が明らかになりました。人工知能の統合は、Siri、Cortana、Alexaの主流の例に似た仮想アシスタントを使用してウェブサイトのナビゲーション効率を大幅に向上させ、消費者に最も魅力的な特定の製品群を提供するためにユーザーから情報を収集し、それらをウェブサイトの特定の領域に誘導してタスクを実行します。さらに、仮想現実を使用することで、強化されたグラフィックを使用してユーザーの関与を大幅に改善し、各ユーザーが独自の仮想世界を作成できるようにすることで、個人主義と創造性を奨励します。これにより、直帰率の低下が大幅に改善し、一般的な収益が増加します。技術がさらに複雑になるにつれて、現在市場に参入しているプロジェクトや非常に近い将来に、拡張を保証するために、電子商取引の技術的変革に適応することが不可欠です。 jury.Onlineとは?   Jury.Onlineは、分散型エスクローサービスプラットフォームであり、投資家とビジネスの間で論争が生じた場合に仲裁者を使用してブロックチェーンベースのプロジェクトに安全な投資を提供します。 プラットフォームは、投資家とビジネスの間の取引中に責任ある行動を促進するためのオンライン仲裁として機能し、プロセス全体がスムーズに実行され、ケースを開いて投資家に保証を提供します。投資プロセスは投資家にとって不公正です。このプラットフォームは、自身が投資しているプロジェクトが完全に透明であることを絶対に肯定的にしたいと考えているトークン販売参加者にとっては有利となり、すべてのロードマップのマイルストーンを計画通りに達成する予定です。 パートナーシップは、トークン販売参加者が寄付プロセス中にセキュリティを持ち、必要に応じて仲裁者を使用できるようにするため、両当事者にとって有益です。 加えて、Jury.Onlineのトークン販売参加への革新的なアプローチは、これまでまだ浸透していない市場のニッチをターゲットにしており、最初の動機者としての利点をもたらします。また、既存の印象的な顧客リストにElysianを追加します。 この提携により、両方のプロジェクトが大きく成長し、2018年に成功することが期待されます。 その他のパートナーシップについて その他のプラットフォームと提携により可能になることをまとめました。 提携プロジェクト 説明 メリットおよび用途 ICOプラットフォーム TGEイベントでのKYC 取引プラットフォーム LIQUIDとのトークン統合 分散型取引所、トークンスワップ トークンスワップ(アトミックスワップ機能) 分散型AR/VRコンテンツプラットフォーム VR技術提供、コンテンツ作成 安定した分散型決済ネットワーク Stablecoinとの交換機能 クロスチェーンのアトミックスワップを提供し、開発者が新しいブロックチェーンとアプリケーションを構築できる最初のプラットフォーム クロスチェーン取引、アトミックスワップ マーケティングと広告自動化プラットフォーム プラットフォームへのトラフィックの増加   それぞれの提携に関する文書はこちら QRYPTOS QUOINE AirSwap Cappasity HAVVEN LAMDEN SETHER 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

    Elysainのトークン生成イベントが開始。トークンメトリクスについて

      Elysainのプレセールは無事100%調達完了 Elysian プレTGEが売り切れ、6月20日にQRYPTOSでTGEが開始されました Elysian プレTGEはちょうど終わりを告げ、2400,000 USDのハードキャップを成功裏に満たしました。このプロジェクトは、QRYPTOSプラットフォームでのトークン生成イベントの立ち上げに向けて、これまでのところプレ販売とプレTGEの両方で完全に調達しました。 エリシアンは最近、ソーシャルメディアチャンネルで人気が高まっており、TGE期間中に非常に優れたパフォーマンスを期待しています。 トークン生成イベント自体は、QRYPTOSがTGEを開催しており、TGEのハードキャップは15,000,000 USDになります。 期間は以下の3区分です。 6月20日ー6月25日:5000万ELY 6月25日ー7月2日:5000万ELY 7月2日ー7月8日:5000万ELY TGEへの参加を希望するユーザーは、QRYPTOSプラットフォームにアクセスするか、トークンを購入する際にQRYPTOSにリダイレクトするElysianダッシュボードにアクセスする必要があります。ユーザーは引き続きElysianダッシュボードにログインしてトークン残高を確認することができます。   Elysianトークンメトリクスについて   Elysianはトークン販売の間に全供給量の23%しか割り当てていません。 投資家として、これは非常に重要な質問ですがこの理由は明確です。 トークン配分割当 TGE  -  23%:TGE、Pre-TGE、プライベート販売イベントを通じてTGE参加者に販売されました。 紹介 -  1%:Elysian TGEへの紹介のために配布 バウンティ(賞金) -  1%:Elysian 賞金キャンペーンに関連する課題を完了するために配布 チーム -  10%:従業員の給与とチームの報酬のためにチームによって開催され、Elysianプロジェクトの継続的な作業にインセンティブを与えるために配布 準備基金 -  30%:エリシア準備基金のために割り当てられます。 成長プール -  35%:エリシアの成長プールに割り当てられています。 最も大きな割合を占めるの成長プール、チーム配分、ELYコインの準備基金は合計で、これらの3つの配分はすべてのELYコインの75%を占めます。 チームへの割り当て10% チームへの配分は総供給量の10%になります。 これはElysianプロジェクトのスタッフの給料を支払うために使用されます。 10%の配分は、均等なサイズの別々のタイムリリースに分割され、最初のチーム配当はクラウドセール直後に行われます。チームトークンの最初のバッチが解放された後、次の4年間は6ヶ月ごとに1つずつ、3ヶ月のマークに別のものが続きます。 Elycoinsのチーム配分は、ICOを通じて調達された資金が様々な給料で使われる必要がなく、代わりにElysianプラットフォームの研究、開発、マーケティング、実装に使用できるように重要です。 成長プール35% エリシアン・成長プールは、コミュニティとElysian のコア・チームの間の積極的な協力関係を保証する多面的なポストTGEコミュニティ従事計画です。エリシアンは総供給量の35%を成長プールに配分します。 これらのトークンは、Elysianフォーラムを通してElysianコミュニティの登録メンバーによって提案され、投票された成長プールで完了したタスクのメンバーを補うために増分でリリースされます。これらの作業は、Elysianのビジネス目標と開発に沿ったものでなければなりません。さらに、これらのトークンのリリースについては、年に5,000万ELYの年間キャップがあります。 成長プールのプロセスは次のようになります。登録されたコミュニティのメンバーは、Elysian 成長プールからElycoinの一定の配分を要求するプロジェクト/タスクを提案します。成長プールからのエリーコインがどこで使われるかについて明確かつ透明性を確保するため、Elysianのコアチームが予算とプロジェクトの提案を作成します。プロジェクト/タスクを支持する過半数の投票が登録されると、コミュニティメンバーは、提案に関連する各タスク、目標、およびマイルストーンを完了すると、指定された量のElycoinを受け取ります。 Elysian 準備基金30% Elysian...

    DREPのKYCとホワイトリスト登録が開始。QuarkChain とも戦略的に提携する

      DREPのKYCとホワイトリストが開始   DREPの皆様 待ち望まれているパブリック販売に近づいています。 KYCとホワイトリスト作成のプロセスは、2018年6月22日から6月30日までです。 2018年6月22日(GMT + 0000hrs)のホワイトリストページにアクセスするには、drep.orgにログオンしてください。 DREPプロジェクトの簡単な説明   DREPはブロックチェーン技術によって評判価値を定量化して収益化するための分散型エコシステムです。 ビジョンとソリューション DREPによりインターネットプラットフォームは評判値の定量化、収益化、共有が可能になります。エコシステムで提供されるソリューションは以下です。 評判定量メカニズム 投票システム 虚偽の口座の識別 評判データの共有プール ビジネスモデル ターゲットは以下 電子商取引プラットフォーム:取引が売り手と買い手の評判に依存する物理的または仮想的サービス ソーシャルプラットフォーム:ユーザーの行動により評判が反映されるより多くの固有機能を持つ ツールプラットフォーム:リアルタイムのニーズに必要な評判システム コンテンツプラットフォーム:コンテンツの質と人気が重要視されるPGC/UGC提供企業 プロダクト DREPチェーン上の最初のDappsであるBlockbateは経済的なインセンティブを得るための議論および評判プラットフォームです。真のアイデア創造やコンテンツ作成に役立ちます。 パートナーシップ 15を超えるパートナーネットワークを構築しており、オンライン評判値により分散したインターネットを目指しています。 QuarkChainやQTUMもリストされています。 ホワイトリスト登録する 知らない人のために、KYC とは、参加する顧客の身元を確認するプロセスのことです。業界監督当局とのコンプライアンスを維持するためには必要です。 KYCのユーザーガイドとアナウンスチャンネルを参照ください。 https://t.me/drep_foundation_announcements KYCはWeStartというサイトに登録する必要があります。 DREPホワイトリスト登録 ホワイトリストの前にWeStartに登録します。 Sign upをクリック 登録フォームを入力します。 登録したらDREPホワイトリストに参加します。 こちらの画面をクリックします。 Register to get whitelistedをクリック あとは手順に従ってください。3段階の認証をクリアする必要があります。 クラウドセール第2ラウンドの構造決定のための投票開始 さらに、支持者たちに、クラウドセールの第2ラウンドをどのように構造化するかを決定するコミュニティ投票が開催されます。この投票はKYCの開始から3日後に開始され、ホワイトリストの期間はアナウンスチャンネルで開始されます。 チャンネルに沿って投票してください! 私たちが私たちの群衆に近づいているので、警戒し続けるようにしてください。公式チャンネルの管理者だけを管理タグで信頼してください。お問い合わせの場合は、管理者にお問い合わせください。 DREP財団は、第三者による不正行為によるいかなる損失や損害に対しても責任を負わないものとします。 ご支援いただきありがとうございます! 宜しくお願いします。 DREP財団 DREP 財団について シンガポールに本拠を置くDREP(地方分権評判システム)財団は、この経済におけるバリュー・エコシステムの再構築を通じて、ユーザー獲得と維持に関連する永続的な苦境をインターネット・プラットフォームが克服することを支援することを目指しています。  DREP 財団は、スマートな契約型のブロックチェーンプロトコルと評判中心のトークノミクスを使用して、既存のプラットフォームに、実際に重要な指標を測定する必要がないツールを提供します。 ソーシャルチャンネルはこちら ウェブサイト -  www.drep.org テレグラム -  https://t.me/drep_foundation Twitter  -  twitter.com/drep_foundation Reddit  -  www.reddit.com/user/DREP-FOUNDATION/ Medium - @DREP_Foundation Linkedin  -  www.linkedin.com/company/drep-foundation/ Steemit ...

    DxChain(DX)スケーラブルに拡張可能なデータストレージと並列コンピューティングプロジェクト

      エアードロップが開催中ですので、この記事で簡単にご紹介します データ系プロジェクトです。 Dxchainとは? DxChain ネットワークは、ビッグデータや機械学習に特化したスケーラブルなパブリックで拡張可能なブロックチェーンです。 このプロジェクトは、ネイティブのプロトコルトークンを持つコンピューティング中心のブロックチェーンによって強化された、大規模なデータおよび機械学習ネットワークを構築します。 ビジョン GoogleとFacebookのモデルをValue 1.0のインターネット、BitcoinとEthereumのモデルをValue 2.0のインターネットとして定義すると、 Value 3.0のインターネットはオンライン世界全体の情報の格納と使用を分散するものでなければなりません。 プロジェクトDxChainは、Value3.0 of Internetというビジョンを実現することを約束しています。   BitcoinとEthereum BitcoinまたはEthereumレジャーのデータ処理能力は、現在のインターネット容量に比べて非常に不十分です。これまでのところ、そのアプリケーションは、アカウント転送やロジスティック情報の追跡などの領域に限られていました。 依然として実需を伴うものは少ないです。 現在のインターネットを実際に変更する前に、ブロックチェーン上のデータストレージと計算のボトルネックを解消する必要があると考えています。 最も賢明なアイデアは、効果的な仕事に応じて鉱夫に報酬を与えるインセンティブメカニズムであるPoW(Proof of Work)でした。新しいブロックチェーン経済モデルの技術的根拠を提供します。 しかし、Nakamotoのコンセンサスプロトコルは、大部分の計算能力をブロックチェーン自体の維持に割り当てているため、システムの計算能力は厳しく制限されています。 PoWの高い待ち時間と低いスループットの限界を解決するために、より多くの合意と技術が出現しました。例えば、dPoS(proof of Stakeの委任)は、スーパーノードを中心に部分的に導入し、オフチェーンは高周波トランザクションをサイドチェーンに持ち込みます。 いくつかのソリューションもあります。plasmaはこれらの概念に基づいて別のタイプのチェーンを開発しました。問題は、依然としてPlasmaがトランザクションの処理に重点を置いていることです。 Morpheoは機械学習をサポートするためのプラットフォームも作成しましたが、設計自体は集中化されています。 業界は、ビッグデータと機械学習をサポートする分散型並列コンピューティング環境を提供するための単一の満足のいく解決策をまだ見ていません。 DxChainのアーキテクチャ DxChainの設計は、分散型で自律的な大規模なデータ交換のためのプラットフォームを構築することを目指しています。 プロジェクトの特徴 無数のパーソナルコンピュータまたは特別に設計された鉱山機械で構成されている データの保存と計算のコストを非常に低く抑えることができる データが大企業によって独占されていないため、その価値はすべての所有者に均等に分配されるほとん どのビジネスデータ交換およびデータ分析要件をサポートするように設計された、柔軟で強力なDxChainベースのシステムアーキテクチャ DxChainは、データの計算、ストレージ、およびプライバシーの問題を解決するためのチェーン連鎖システムアーキテクチャを採用しています。 1.チェーン・オン・チェーン(チェーン連鎖)アーキテクチャ このシステムは3つのチェーン、1つのメインコンピューティングチェーンと2つのサイドチェーンで構成されています。  マスターチェーン:取引、領収書、契約などの資産情報を格納します。 データチェーン:P2Pファイルストレージシステム上に構築され、非資産データを格納します。 計算チェーン:DxChain仮想マシン(DVM)上の特定のコンピューティングタスクをサポートします。 2つのサイドチェーンのうちの1つは、大規模データ用の汎用コンピューティングの問題を解決するために並列コンピューティングを実行します。最終的に機械学習を達成し、BIサポートを提供します。 もう一方のサイドチェーンは、主に大きなデータストレージを提供する責任があります。これは、計算チェーンの対応するサポートも提供します。 メインチェーンは、トランザクション関連のオペレーションを提供し、これらの2つのサイドチェーンを調整します。 2.Hadoop埋め込みによるアーキテクチャリファレンス 同社のモデルは分散型処理技術のHadoopアーキテクチャを指していることを強調する必要があります。 Hadoopとは Apache Hadoopは大規模データの分散処理を支えるオープンソースのソフトウェアフレームワークであり、Javaで書かれている。 Hadoopはアプリケーションが数千ノードおよびペタバイト級のデータを処理することを可能としている   過去10年間、Hadoopは、組織や企業内のデータの分散ストレージにとって最適なソリューションでした。しかし、分散ストレージを実現するために、さまざまな組織と参加者間で信頼を得る方法の問題は、Hadoopでは解決できません。 過去10年間にわたって業界で繰り返し検証されているHadoopの技術的利点を利用して、センター環境で分散ストレージと計算の問題を解決するためのブロックチェーンの独自のメカニズムを組み合わせました。 分散ストレージと計算のための最も安定した汎用ソリューションを提供する、ブロックチェーン時代の将来のHadoopになることを望んでいます。 詳細なイノベーション DxChainには技術的な観点から3つの大きな革新があります: PDC:プロバブル・データ・コンピューティングと検証ゲームを導入する新しい分散コンピューティング・フレームワークであり、計算フレームワークのコンセンサスメカニズムは、検証ゲームが計算プロセスの検証可能性を保証する「検証ゲーム+提供可能データ計算(PDC)」メカニズムを採用し、計算結果の検証可能性を保証する。 PDP:DxChainのデータストレージのコンセンサスメカニズムは、鉱夫が継続的にストレージを提供していることを検証するために、「Spacetime(PoSt)+ Proable Data Possession(PDP)の証明」メカニズムを利用しています。 DxChainのデータモデルは、ストレージ上に構築され、データの意味を提供します。したがって、データは貴重な知識となり、データの計算が便利になります。さらに、データモデルは、データモデルベースの暗号化と、差分プライバシーの2つのプライバシー保護メカニズムを実現するのにも役立ちます。 DxChainは大量の個別データを収集し復元することができるため、各データにはより多くの価値が与えられ、より強力なプライバシー保護が与えられます。セキュリティ保護されたプライバシー環境では、個人は自分の希望にしたがって自分のデータを交換し、その恩恵を受けることができます。 例えば、医療分野では、患者情報は通常、重要な問題で、研究機関や製薬会社は研究を行うために患者のデータを必要とするが、プライバシーに関する懸念から十分なデータを得ることはほとんど不可能です。一方、個人データは価値がないため、患者は自分のデータからほとんど利益を得られません。 患者のプライバシーが完全に保護された状態で、患者のデータを蓄積、復元、交換することができるため、DxChain採用される結果になる可能性があります。 私たちは将来、DxChainが巨大企業の情報独占を破り、インターネットを新たな多次元および多極化の時代に導くことができると信じています。それは私たちが想像するバリュー3.0のインターネットです。 開発計画 2017 識別された主要な技術とコンポーネント 大きなデータの記憶と計算を研究 ブロックチェーンのコンセンサス技術 2018Q1 白紙をリリース 主要技術の設計とプロトタイプを完成 2018Q2 最小限の製品ネットワークの立ち上げ(現行ステータス) 2018Q3 マスター/ DSCテストネットワークのベータ版発売 2018Q4 マスター/ DSCテストネットワークの立ち上げ API / SDK /ライブラリのベータ版の起動 ウォレットのアルファプレビュー 2019Q1 マスター/データメインネットワークの立ち上げ API / SDK / library publish    ウォレットの発売 2019Q2 DSC打ち上げのためのデータモデル DVMプレビューの開始 2019Q3 DVMベータ CSCプレビューの開始 2019Q4 マスター/...

    DECOIN(ディーコイン)シンガポール発の新規取引所が配当型トークンDTEPを発行する

      暗号通貨の市況が低迷するなかで取引所系トークンの上昇率と注目度は高まっています。 FCoinは、立ち上げから60倍以上になり、先日CETトークンが800%をマークしたことは印象的でした。 今回ご紹介するのも配当型の取引所トークンになります。 DECOINプロジェクトの全体概要 DECOINは、独自のデジタル通貨であるDECOINを含むBlockchain技術に基づいたオープンソースのピアツーピア・デジタル・エコシステムです。 DECOINは、収入をコインホルダーに再分配する配当型の分散型コイン&トレーディングプラットフォームでもあります。   プラットフォーム:DECOINは、独自のデジタル通貨であるDECOIN(DTEP)を含むオープンソースのピアツーピア・デジタル・エコシステムであり、収入をDECOIN保有者に再配分する交換&トレーディング・プラットフォーム(D-TEP)とD-TEP暗号インデックス(DCI)があります。 技術:ステーク(POS)ブロックチェーンプロトコル、透明性、トップレベルセキュリティ、24時間365日のライブサポートを組み合わせることで、DECOINは分散した世界の次世代プラットフォームを開発しています。DECOINは、暗号化されたユーザーのための完全に安全な技術システムであり、ユーザーはブロックチェーン自体の分散化の性質に合わせて、コインの可能性を十分に引き出すことができます。 ビジョン:DECOINは、世界的に有名な世界的なオンライン顧客サービスを構築し、暗号化とブロックチェーン技術の導入を促進することを目指しています。 プラットフォームおよび技術特徴 具体的な特徴です。   大きな特徴 安全 - 金融業界標準に準拠したD-TEPは、プラットフォームに格納されてい る機密データのすべてを保護します。マルチレイヤリアルタイム認証は、当社の取引プラットフォームを包含し、取引所からの取引および引き出しを保護しながら、ユーザーベースに最大限のセキュリティを提供します。   スケーラブル - 1秒間に最大100万件のマッチを実行でき、大量処理が可能になる   速い- D-TEPは、遅延の無く、迅速に売買注文を実行できる革新的な技術を使用している   ソーシャルトレーディング - D-TEPの大手トレーダーの動きは、他のトレー ダーが知識や経験から学ぶことができるように追跡され匿名で表示され、DECOINでインセンティブもうけられる。   トレーディングツール - D-TEPは、差金決済取引(CFD)などの金融ツー ルの提供も計画しているため、トレーダーは価格上昇や価格下落を利用することができます。DECOINSのアナリストチームは、市場の動向/注目点にある新しいICOとデジタルコインについて定期的なレポートを提供します   暗号通貨インデックスDCI - DECOIN / D-TEPは、取引体験をできるだけシームレスで楽しく収益性の高いものにするために、最初の仮想通貨インデックス(DCI)を立ち上げています。D-TEPを通してコインを取引する企業は、DECOINの価値の上昇に直接影響を与え、D-TEPプラットフォームを介して取引されるすべてのDECOINメンバーの収益を作り出す事が可能です。 また、インデックス投資キャッシュアウトによる追加収入を得て、DCIに記載されているICOと企業の間で投資資産の分割を完全に管理することができます。   速い取引はもちろん、大量注文やコピー取引、取引ツール、そして最近話題になったインデックス管理も行うようです。市況にあったハイブリッドな取引所を目指しており、一番重要なセキュリティ面でいうと以下の技術特徴があります。 オフライン管理 97%の資産はオフライン管理で残り3%が保護されながらトレード資金として使用されます。 DECOINプルーフオブステーク・コンセンサス・アルゴリズムに基づいて、取引を検証し、「ステーキング・プルーフ」として保持し、最終的により迅速かつ信頼性の高い方法で分散コンセンサスを 達成することによって、「ミンティング=鋳造」によって新しいコインを作成します。 PoSコンセンサスアルゴリズム採用 PoSシステムでは、ユーザーが取引を検証し、一定量の計算作業を実行して新しいブロックを作成するプルーフオブワーク(PoW)プロトコル(ビットコインなどで使用される)とは異なり、ユーザー は通貨単位での特定の数の所有権を表示する必要があります。 目的はPoWと同じですが、 目標に到達するプロセスはかなり異なり、はるかに効率的といわれています。 以下の表を参照。 バリデータと投票 –...

    ICOratingによるZiliqaプロジェクトのポストICO評価レポート

      今回はICOratingによるICO終了後の評価と報告書を和訳して共有したいと思います。保有者にとっては今後の方針において、非常に参考になるかと思います。 原文はこちら Ziliqaとは? ziliqaはオープンネットワークを安全に拡張するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームであり、シャーディング(ネットワークを複数の小さなコンポーネントに分割する技術)によって並列処理することでトランザクションを早くする目的があります。 スケーラビリティ改善ソリューションです。   ICOratingによるポストICO評価レポート ポジティブ ポストICO評価、有効期限:2018-09-05 実行された分析に基づいて、Zilliqaプロジェクトに「正の」評価を割り当てます。 ICOratingはICOの前にZilliqaプロジェクトを評価していません。 Zilliqaプロジェクトの一般的な強みは次のとおりです。 野心的な視点のアイデア 健康な権利確定条件 強いチーム 良い競争力のある立場 上記とは別に、2018年の最初の5ヶ月間のプロジェクトの業績のハイライトは次のとおりです。 チーム強化(6名の新チームメンバー) walletおよびpublic testnet v 1.0のリリース チームのGitHubに関する作業の証拠 市場および競合他社と比較して優れたトークン性能 この段階での主なプロジェクトリスクは次のとおりです。 競争 - プロジェクトの進捗状況と市場の位置に基づいて競合他社が強力ですが、Zilliqaには競合他社と比較してパフォーマンスとセキュリティ面でいくつかの競争優位性があります。 競合他社は実際のロードマップを公開していないため、今後追加機能を追加する予定は不明です。 開発リスク - 2018年の最初の5ヶ月間におけるプロジェクトのロードマップと実際のチームのパフォーマンスは、計画された開発パイプラインが正当化され、達成可能であることを示しています。 しかし、主要なリリース日はまだ未来であり、セキュリティ/パフォーマンスの予期しない問題が発生するリスクが残っています。 ロードマップは包括的ではありません -現在のプロジェクトのロードマップにはビジネス開発マイルストーンはなく、2014年第4四半期にdAppがリリースされた後の期間はカバーされませんが、チームの権利確定は2年(2019年と2020年) 今後のチームの目標は何か不明です。 実行された分析と特定されたリスクに基づいて、Zilliqaプロジェクトに「正の」評価を割り当てます。 Zilliqaチームは、高性能(数千TPS)、ゼロに近い手数料、dAppおよびスマート契約のサポートを含む高性能インフラストラクチャソリューションを提案しました。 Zilliqa ICOのハードキャップは48,889 ETH、またはUSD 22,000,000で、ロックされた金額は450USD / ETHでした。 チームの当初の計画では20万米ドルの上限が要求されていたが、2017年11月下旬のETH / USD為替相場の大幅な上昇により、ETHあたり450米ドルの為替レートを固定し、2,000万米ドル(4,445 ETH)スラック、テレグラム、早期投稿待ちリスト上の既存のコミュニティがICOに参加できるようにしました。 Zilliqa ICOはハードキャップの100%を集めました。 ICOに参加するVCインベスターとしては、1KX、8Decimal Capital、Bitcoin Suisse、DHVC、FBG Capital、Global Brain Corporation、Hyperchain Capital、Kenetic Capital、Metachain Capital、Node...
    error: Content is protected !!