ICO

    PCHAIN(PAI)のエアードロップに参加しよう!

      ICOが既に終了しており、ICOdropsでも高評価、コミュニティ人気も強かったPCHAIN(PAI)のエアードロップが開始しました。 Pchainについて 簡単に説明します。 ビジョン プロジェクトのビジョンとしては、世界でEVMをサポートする最初のネイティブマルチチェーンシステムを構築して、大規模なブロックチェーンアプリケーションを可能すること。 イーサリアムやNEOのように、dAppsをPchainのエコシステムに移行して、処理能力をさらに高めようというものです。 創業チーム、国 中国チームであり、Dr.fengという方がCEOです。 中国でブロックチェーン、暗号通貨業界ではかなりの著名人のようです。 中国の第1回国際ブロックチェーン発案者 中国で最も影響力のあるブロックチェーン同盟のChinaLedgerの共同設立者 ブロックチェーン同盟China Blockchain Research Allianceの上級研究員 中国ロジスティック・購買連盟(第1回Gov Association in Industry)のBlockchain Application Committeeのチーフ・サイエンティスト。 インターネットファイナンスの専任科学者 IBM Research Chinaの特許審査委員会の共同議長 IBM Global Technical Achievement Awardsを三回受賞 彼は、さらにACM / IEEEトップ会議では22件、国際特許では30件以上の特許を取得しました。 パートナー Torque:投資実績Wanchain CFLP: 技術 PoSコンセンサスアルゴリズム Dappsのトランザクション処理能力の向上 マルチチェーン 取引ランキング 不明 現在、Bibox、HOTBITで取引可能ですが、ICOからまだ2倍程度です。 競合プロジェクトもありますが、割と海外評価も高かったICOで私も注目はしていました。 QuarkChain やZiliqaなどに比べて、まだ価値も高騰してないので狙い目の通貨です。(ICO後に買いました) 草有望銘柄です。 PCHAIN(PAI)のエアードロップが始動 すでにICOが終了しており、Biboxで取引可能なPAIトークンのエアードロップが始動したことが本日発表されました。 公式の声明は以下。 PCHAINチームは、コミュニティにPAIトークンを無料配布する独自の方法を発表しています。 エアドップは2週間続きます。トークンの配布は、ほとんどの紹介に基づいて選択されます。より多くの紹介をすればするほど、より高い報酬を得ることができます。 エアードロップ概要 PCHAIN Airdropの日付 開始時間:6月27日18:00(シンガポール時間) 終了時刻:7月10日18:00(シンガポール時間) 資格者 誰もが資格があります。現在のコミュニティメンバーはすべて、紹介ボーナスのためのAirdropと新しいメンバーの資格があります。 紹介者の有効化までの手順 紹介リンクから友人を招待 あなたの紹介リンクを取得した友人がPCHAINの特定のサイトに自分自身を登録する 同時にPCHAINのテレグラム、Twitter、Redditに従う これらのすべてが完了した場合にのみ、この1つの有効な紹介とみなされます。   エアードロップ参加方法 準備するものは以下のみ。 テレグラムアカウント ツイッターアカウント Redditアカウント ETHアドレス PCHAIN Airdropへの参加手順 PCHAIN Airdrop登録ウェブサイト:以下のリンクを参照ください。 Pchainのエアードロップ参加 ステップ1. 紹介の前に、自身がまずPCHAIN Airdropウェブサイトに登録します。 Registerをクリック メールを確認します ログインします ステップ2. PCHAINテレグラムチャンネルに参加します。 参加したら、Airdropとグループにコメントして、テレグラムid(@をぬく)を入力します ステップ3. PCHAIN Twitterに従ってください。 エアードロップのツイートをいいね、リツイートする必要あり。 ステップ4 PCHAIN Redditをフォローして購読する ステップ5.有効なETHアドレスを入力し、フォームを送信します。 Airdrop参加者は、PCHAIN...

    ElysianはJury.Onlineと提携する。パートナーシップによる利点とは?

      ElysianはJury.Onlineと提携する 最近のElysianのトークン生成イベントの開始を発表したこのプロジェクトは、安全なエスクローサービスプラットフォームJury.Onlineとの相互合意に達しています。 参加者は、トークン生成イベントの間、ジュリー・オンライン・プラットフォーム上でELYトークンを購入することができます。このコラボレーションは、すでに印象的なElysianパートナーのリストに強みを追加します。 Elysian とは? Elysianは、電子商取引の販売業者とターゲットとする消費者の人口統計の仲介役を務める分散型電子商取引プラットフォームです。 加盟店はプラットフォーム上にカスタマイズ可能な店舗を建設し、現在Shopifyなどのオフ・チェーンの競合会社では利用できない新しく革新的な機能を使用することができます。 この革新的なプロジェクトは、現在、脆弱性およびセキュリティ、ユーザーエクスペリエンスの2つの重要な側面を改善することによって、ブロックチェーンと電子商取引業界の両方に需要を喚起しています。 Elysianは、悪意のある行動者のために単一のアクセスポイントを防ぐためにプライベートネットワークを介してデータを配信するというProof-of-Authorityコンセンサスのために、Ethereumのプライベートサイドチェーンを使用しています。さらに、各ノードは現在存在するノードのセットからの承認を必要とし、Elysianはどのノードがブロックを防ぐか完全に制御します。 また、人工知能や仮想現実などの技術的進歩の実装を通じて、ユーザーエクスペリエンスの向上が明らかになりました。人工知能の統合は、Siri、Cortana、Alexaの主流の例に似た仮想アシスタントを使用してウェブサイトのナビゲーション効率を大幅に向上させ、消費者に最も魅力的な特定の製品群を提供するためにユーザーから情報を収集し、それらをウェブサイトの特定の領域に誘導してタスクを実行します。さらに、仮想現実を使用することで、強化されたグラフィックを使用してユーザーの関与を大幅に改善し、各ユーザーが独自の仮想世界を作成できるようにすることで、個人主義と創造性を奨励します。これにより、直帰率の低下が大幅に改善し、一般的な収益が増加します。技術がさらに複雑になるにつれて、現在市場に参入しているプロジェクトや非常に近い将来に、拡張を保証するために、電子商取引の技術的変革に適応することが不可欠です。 jury.Onlineとは?   Jury.Onlineは、分散型エスクローサービスプラットフォームであり、投資家とビジネスの間で論争が生じた場合に仲裁者を使用してブロックチェーンベースのプロジェクトに安全な投資を提供します。 プラットフォームは、投資家とビジネスの間の取引中に責任ある行動を促進するためのオンライン仲裁として機能し、プロセス全体がスムーズに実行され、ケースを開いて投資家に保証を提供します。投資プロセスは投資家にとって不公正です。このプラットフォームは、自身が投資しているプロジェクトが完全に透明であることを絶対に肯定的にしたいと考えているトークン販売参加者にとっては有利となり、すべてのロードマップのマイルストーンを計画通りに達成する予定です。 パートナーシップは、トークン販売参加者が寄付プロセス中にセキュリティを持ち、必要に応じて仲裁者を使用できるようにするため、両当事者にとって有益です。 加えて、Jury.Onlineのトークン販売参加への革新的なアプローチは、これまでまだ浸透していない市場のニッチをターゲットにしており、最初の動機者としての利点をもたらします。また、既存の印象的な顧客リストにElysianを追加します。 この提携により、両方のプロジェクトが大きく成長し、2018年に成功することが期待されます。 その他のパートナーシップについて その他のプラットフォームと提携により可能になることをまとめました。 提携プロジェクト 説明 メリットおよび用途 ICOプラットフォーム TGEイベントでのKYC 取引プラットフォーム LIQUIDとのトークン統合 分散型取引所、トークンスワップ トークンスワップ(アトミックスワップ機能) 分散型AR/VRコンテンツプラットフォーム VR技術提供、コンテンツ作成 安定した分散型決済ネットワーク Stablecoinとの交換機能 クロスチェーンのアトミックスワップを提供し、開発者が新しいブロックチェーンとアプリケーションを構築できる最初のプラットフォーム クロスチェーン取引、アトミックスワップ マーケティングと広告自動化プラットフォーム プラットフォームへのトラフィックの増加   それぞれの提携に関する文書はこちら QRYPTOS QUOINE AirSwap Cappasity HAVVEN LAMDEN SETHER 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

    Elysainのトークン生成イベントが開始。トークンメトリクスについて

      Elysainのプレセールは無事100%調達完了 Elysian プレTGEが売り切れ、6月20日にQRYPTOSでTGEが開始されました Elysian プレTGEはちょうど終わりを告げ、2400,000 USDのハードキャップを成功裏に満たしました。このプロジェクトは、QRYPTOSプラットフォームでのトークン生成イベントの立ち上げに向けて、これまでのところプレ販売とプレTGEの両方で完全に調達しました。 エリシアンは最近、ソーシャルメディアチャンネルで人気が高まっており、TGE期間中に非常に優れたパフォーマンスを期待しています。 トークン生成イベント自体は、QRYPTOSがTGEを開催しており、TGEのハードキャップは15,000,000 USDになります。 期間は以下の3区分です。 6月20日ー6月25日:5000万ELY 6月25日ー7月2日:5000万ELY 7月2日ー7月8日:5000万ELY TGEへの参加を希望するユーザーは、QRYPTOSプラットフォームにアクセスするか、トークンを購入する際にQRYPTOSにリダイレクトするElysianダッシュボードにアクセスする必要があります。ユーザーは引き続きElysianダッシュボードにログインしてトークン残高を確認することができます。   Elysianトークンメトリクスについて   Elysianはトークン販売の間に全供給量の23%しか割り当てていません。 投資家として、これは非常に重要な質問ですがこの理由は明確です。 トークン配分割当 TGE  -  23%:TGE、Pre-TGE、プライベート販売イベントを通じてTGE参加者に販売されました。 紹介 -  1%:Elysian TGEへの紹介のために配布 バウンティ(賞金) -  1%:Elysian 賞金キャンペーンに関連する課題を完了するために配布 チーム -  10%:従業員の給与とチームの報酬のためにチームによって開催され、Elysianプロジェクトの継続的な作業にインセンティブを与えるために配布 準備基金 -  30%:エリシア準備基金のために割り当てられます。 成長プール -  35%:エリシアの成長プールに割り当てられています。 最も大きな割合を占めるの成長プール、チーム配分、ELYコインの準備基金は合計で、これらの3つの配分はすべてのELYコインの75%を占めます。 チームへの割り当て10% チームへの配分は総供給量の10%になります。 これはElysianプロジェクトのスタッフの給料を支払うために使用されます。 10%の配分は、均等なサイズの別々のタイムリリースに分割され、最初のチーム配当はクラウドセール直後に行われます。チームトークンの最初のバッチが解放された後、次の4年間は6ヶ月ごとに1つずつ、3ヶ月のマークに別のものが続きます。 Elycoinsのチーム配分は、ICOを通じて調達された資金が様々な給料で使われる必要がなく、代わりにElysianプラットフォームの研究、開発、マーケティング、実装に使用できるように重要です。 成長プール35% エリシアン・成長プールは、コミュニティとElysian のコア・チームの間の積極的な協力関係を保証する多面的なポストTGEコミュニティ従事計画です。エリシアンは総供給量の35%を成長プールに配分します。 これらのトークンは、Elysianフォーラムを通してElysianコミュニティの登録メンバーによって提案され、投票された成長プールで完了したタスクのメンバーを補うために増分でリリースされます。これらの作業は、Elysianのビジネス目標と開発に沿ったものでなければなりません。さらに、これらのトークンのリリースについては、年に5,000万ELYの年間キャップがあります。 成長プールのプロセスは次のようになります。登録されたコミュニティのメンバーは、Elysian 成長プールからElycoinの一定の配分を要求するプロジェクト/タスクを提案します。成長プールからのエリーコインがどこで使われるかについて明確かつ透明性を確保するため、Elysianのコアチームが予算とプロジェクトの提案を作成します。プロジェクト/タスクを支持する過半数の投票が登録されると、コミュニティメンバーは、提案に関連する各タスク、目標、およびマイルストーンを完了すると、指定された量のElycoinを受け取ります。 Elysian 準備基金30% Elysian...

    DREPのKYCとホワイトリスト登録が開始。QuarkChain とも戦略的に提携する

      DREPのKYCとホワイトリストが開始   DREPの皆様 待ち望まれているパブリック販売に近づいています。 KYCとホワイトリスト作成のプロセスは、2018年6月22日から6月30日までです。 2018年6月22日(GMT + 0000hrs)のホワイトリストページにアクセスするには、drep.orgにログオンしてください。 DREPプロジェクトの簡単な説明   DREPはブロックチェーン技術によって評判価値を定量化して収益化するための分散型エコシステムです。 ビジョンとソリューション DREPによりインターネットプラットフォームは評判値の定量化、収益化、共有が可能になります。エコシステムで提供されるソリューションは以下です。 評判定量メカニズム 投票システム 虚偽の口座の識別 評判データの共有プール ビジネスモデル ターゲットは以下 電子商取引プラットフォーム:取引が売り手と買い手の評判に依存する物理的または仮想的サービス ソーシャルプラットフォーム:ユーザーの行動により評判が反映されるより多くの固有機能を持つ ツールプラットフォーム:リアルタイムのニーズに必要な評判システム コンテンツプラットフォーム:コンテンツの質と人気が重要視されるPGC/UGC提供企業 プロダクト DREPチェーン上の最初のDappsであるBlockbateは経済的なインセンティブを得るための議論および評判プラットフォームです。真のアイデア創造やコンテンツ作成に役立ちます。 パートナーシップ 15を超えるパートナーネットワークを構築しており、オンライン評判値により分散したインターネットを目指しています。 QuarkChainやQTUMもリストされています。 ホワイトリスト登録する 知らない人のために、KYC とは、参加する顧客の身元を確認するプロセスのことです。業界監督当局とのコンプライアンスを維持するためには必要です。 KYCのユーザーガイドとアナウンスチャンネルを参照ください。 https://t.me/drep_foundation_announcements KYCはWeStartというサイトに登録する必要があります。 DREPホワイトリスト登録 ホワイトリストの前にWeStartに登録します。 Sign upをクリック 登録フォームを入力します。 登録したらDREPホワイトリストに参加します。 こちらの画面をクリックします。 Register to get whitelistedをクリック あとは手順に従ってください。3段階の認証をクリアする必要があります。 クラウドセール第2ラウンドの構造決定のための投票開始 さらに、支持者たちに、クラウドセールの第2ラウンドをどのように構造化するかを決定するコミュニティ投票が開催されます。この投票はKYCの開始から3日後に開始され、ホワイトリストの期間はアナウンスチャンネルで開始されます。 チャンネルに沿って投票してください! 私たちが私たちの群衆に近づいているので、警戒し続けるようにしてください。公式チャンネルの管理者だけを管理タグで信頼してください。お問い合わせの場合は、管理者にお問い合わせください。 DREP財団は、第三者による不正行為によるいかなる損失や損害に対しても責任を負わないものとします。 ご支援いただきありがとうございます! 宜しくお願いします。 DREP財団 DREP 財団について シンガポールに本拠を置くDREP(地方分権評判システム)財団は、この経済におけるバリュー・エコシステムの再構築を通じて、ユーザー獲得と維持に関連する永続的な苦境をインターネット・プラットフォームが克服することを支援することを目指しています。  DREP 財団は、スマートな契約型のブロックチェーンプロトコルと評判中心のトークノミクスを使用して、既存のプラットフォームに、実際に重要な指標を測定する必要がないツールを提供します。 ソーシャルチャンネルはこちら ウェブサイト -  www.drep.org テレグラム -  https://t.me/drep_foundation Twitter  -  twitter.com/drep_foundation Reddit  -  www.reddit.com/user/DREP-FOUNDATION/ Medium - @DREP_Foundation Linkedin  -  www.linkedin.com/company/drep-foundation/ Steemit ...

    DxChain(DX)スケーラブルに拡張可能なデータストレージと並列コンピューティングプロジェクト

      エアードロップが開催中ですので、この記事で簡単にご紹介します データ系プロジェクトです。 Dxchainとは? DxChain ネットワークは、ビッグデータや機械学習に特化したスケーラブルなパブリックで拡張可能なブロックチェーンです。 このプロジェクトは、ネイティブのプロトコルトークンを持つコンピューティング中心のブロックチェーンによって強化された、大規模なデータおよび機械学習ネットワークを構築します。 ビジョン GoogleとFacebookのモデルをValue 1.0のインターネット、BitcoinとEthereumのモデルをValue 2.0のインターネットとして定義すると、 Value 3.0のインターネットはオンライン世界全体の情報の格納と使用を分散するものでなければなりません。 プロジェクトDxChainは、Value3.0 of Internetというビジョンを実現することを約束しています。   BitcoinとEthereum BitcoinまたはEthereumレジャーのデータ処理能力は、現在のインターネット容量に比べて非常に不十分です。これまでのところ、そのアプリケーションは、アカウント転送やロジスティック情報の追跡などの領域に限られていました。 依然として実需を伴うものは少ないです。 現在のインターネットを実際に変更する前に、ブロックチェーン上のデータストレージと計算のボトルネックを解消する必要があると考えています。 最も賢明なアイデアは、効果的な仕事に応じて鉱夫に報酬を与えるインセンティブメカニズムであるPoW(Proof of Work)でした。新しいブロックチェーン経済モデルの技術的根拠を提供します。 しかし、Nakamotoのコンセンサスプロトコルは、大部分の計算能力をブロックチェーン自体の維持に割り当てているため、システムの計算能力は厳しく制限されています。 PoWの高い待ち時間と低いスループットの限界を解決するために、より多くの合意と技術が出現しました。例えば、dPoS(proof of Stakeの委任)は、スーパーノードを中心に部分的に導入し、オフチェーンは高周波トランザクションをサイドチェーンに持ち込みます。 いくつかのソリューションもあります。plasmaはこれらの概念に基づいて別のタイプのチェーンを開発しました。問題は、依然としてPlasmaがトランザクションの処理に重点を置いていることです。 Morpheoは機械学習をサポートするためのプラットフォームも作成しましたが、設計自体は集中化されています。 業界は、ビッグデータと機械学習をサポートする分散型並列コンピューティング環境を提供するための単一の満足のいく解決策をまだ見ていません。 DxChainのアーキテクチャ DxChainの設計は、分散型で自律的な大規模なデータ交換のためのプラットフォームを構築することを目指しています。 プロジェクトの特徴 無数のパーソナルコンピュータまたは特別に設計された鉱山機械で構成されている データの保存と計算のコストを非常に低く抑えることができる データが大企業によって独占されていないため、その価値はすべての所有者に均等に分配されるほとん どのビジネスデータ交換およびデータ分析要件をサポートするように設計された、柔軟で強力なDxChainベースのシステムアーキテクチャ DxChainは、データの計算、ストレージ、およびプライバシーの問題を解決するためのチェーン連鎖システムアーキテクチャを採用しています。 1.チェーン・オン・チェーン(チェーン連鎖)アーキテクチャ このシステムは3つのチェーン、1つのメインコンピューティングチェーンと2つのサイドチェーンで構成されています。  マスターチェーン:取引、領収書、契約などの資産情報を格納します。 データチェーン:P2Pファイルストレージシステム上に構築され、非資産データを格納します。 計算チェーン:DxChain仮想マシン(DVM)上の特定のコンピューティングタスクをサポートします。 2つのサイドチェーンのうちの1つは、大規模データ用の汎用コンピューティングの問題を解決するために並列コンピューティングを実行します。最終的に機械学習を達成し、BIサポートを提供します。 もう一方のサイドチェーンは、主に大きなデータストレージを提供する責任があります。これは、計算チェーンの対応するサポートも提供します。 メインチェーンは、トランザクション関連のオペレーションを提供し、これらの2つのサイドチェーンを調整します。 2.Hadoop埋め込みによるアーキテクチャリファレンス 同社のモデルは分散型処理技術のHadoopアーキテクチャを指していることを強調する必要があります。 Hadoopとは Apache Hadoopは大規模データの分散処理を支えるオープンソースのソフトウェアフレームワークであり、Javaで書かれている。 Hadoopはアプリケーションが数千ノードおよびペタバイト級のデータを処理することを可能としている   過去10年間、Hadoopは、組織や企業内のデータの分散ストレージにとって最適なソリューションでした。しかし、分散ストレージを実現するために、さまざまな組織と参加者間で信頼を得る方法の問題は、Hadoopでは解決できません。 過去10年間にわたって業界で繰り返し検証されているHadoopの技術的利点を利用して、センター環境で分散ストレージと計算の問題を解決するためのブロックチェーンの独自のメカニズムを組み合わせました。 分散ストレージと計算のための最も安定した汎用ソリューションを提供する、ブロックチェーン時代の将来のHadoopになることを望んでいます。 詳細なイノベーション DxChainには技術的な観点から3つの大きな革新があります: PDC:プロバブル・データ・コンピューティングと検証ゲームを導入する新しい分散コンピューティング・フレームワークであり、計算フレームワークのコンセンサスメカニズムは、検証ゲームが計算プロセスの検証可能性を保証する「検証ゲーム+提供可能データ計算(PDC)」メカニズムを採用し、計算結果の検証可能性を保証する。 PDP:DxChainのデータストレージのコンセンサスメカニズムは、鉱夫が継続的にストレージを提供していることを検証するために、「Spacetime(PoSt)+ Proable Data Possession(PDP)の証明」メカニズムを利用しています。 DxChainのデータモデルは、ストレージ上に構築され、データの意味を提供します。したがって、データは貴重な知識となり、データの計算が便利になります。さらに、データモデルは、データモデルベースの暗号化と、差分プライバシーの2つのプライバシー保護メカニズムを実現するのにも役立ちます。 DxChainは大量の個別データを収集し復元することができるため、各データにはより多くの価値が与えられ、より強力なプライバシー保護が与えられます。セキュリティ保護されたプライバシー環境では、個人は自分の希望にしたがって自分のデータを交換し、その恩恵を受けることができます。 例えば、医療分野では、患者情報は通常、重要な問題で、研究機関や製薬会社は研究を行うために患者のデータを必要とするが、プライバシーに関する懸念から十分なデータを得ることはほとんど不可能です。一方、個人データは価値がないため、患者は自分のデータからほとんど利益を得られません。 患者のプライバシーが完全に保護された状態で、患者のデータを蓄積、復元、交換することができるため、DxChain採用される結果になる可能性があります。 私たちは将来、DxChainが巨大企業の情報独占を破り、インターネットを新たな多次元および多極化の時代に導くことができると信じています。それは私たちが想像するバリュー3.0のインターネットです。 開発計画 2017 識別された主要な技術とコンポーネント 大きなデータの記憶と計算を研究 ブロックチェーンのコンセンサス技術 2018Q1 白紙をリリース 主要技術の設計とプロトタイプを完成 2018Q2 最小限の製品ネットワークの立ち上げ(現行ステータス) 2018Q3 マスター/ DSCテストネットワークのベータ版発売 2018Q4 マスター/ DSCテストネットワークの立ち上げ API / SDK /ライブラリのベータ版の起動 ウォレットのアルファプレビュー 2019Q1 マスター/データメインネットワークの立ち上げ API / SDK / library publish    ウォレットの発売 2019Q2 DSC打ち上げのためのデータモデル DVMプレビューの開始 2019Q3 DVMベータ CSCプレビューの開始 2019Q4 マスター/...

    DECOIN(ディーコイン)シンガポール発の新規取引所が配当型トークンDTEPを発行する

      暗号通貨の市況が低迷するなかで取引所系トークンの上昇率と注目度は高まっています。 FCoinは、立ち上げから60倍以上になり、先日CETトークンが800%をマークしたことは印象的でした。 今回ご紹介するのも配当型の取引所トークンになります。 DECOINプロジェクトの全体概要 DECOINは、独自のデジタル通貨であるDECOINを含むBlockchain技術に基づいたオープンソースのピアツーピア・デジタル・エコシステムです。 DECOINは、収入をコインホルダーに再分配する配当型の分散型コイン&トレーディングプラットフォームでもあります。   プラットフォーム:DECOINは、独自のデジタル通貨であるDECOIN(DTEP)を含むオープンソースのピアツーピア・デジタル・エコシステムであり、収入をDECOIN保有者に再配分する交換&トレーディング・プラットフォーム(D-TEP)とD-TEP暗号インデックス(DCI)があります。 技術:ステーク(POS)ブロックチェーンプロトコル、透明性、トップレベルセキュリティ、24時間365日のライブサポートを組み合わせることで、DECOINは分散した世界の次世代プラットフォームを開発しています。DECOINは、暗号化されたユーザーのための完全に安全な技術システムであり、ユーザーはブロックチェーン自体の分散化の性質に合わせて、コインの可能性を十分に引き出すことができます。 ビジョン:DECOINは、世界的に有名な世界的なオンライン顧客サービスを構築し、暗号化とブロックチェーン技術の導入を促進することを目指しています。 プラットフォームおよび技術特徴 具体的な特徴です。   大きな特徴 安全 - 金融業界標準に準拠したD-TEPは、プラットフォームに格納されてい る機密データのすべてを保護します。マルチレイヤリアルタイム認証は、当社の取引プラットフォームを包含し、取引所からの取引および引き出しを保護しながら、ユーザーベースに最大限のセキュリティを提供します。   スケーラブル - 1秒間に最大100万件のマッチを実行でき、大量処理が可能になる   速い- D-TEPは、遅延の無く、迅速に売買注文を実行できる革新的な技術を使用している   ソーシャルトレーディング - D-TEPの大手トレーダーの動きは、他のトレー ダーが知識や経験から学ぶことができるように追跡され匿名で表示され、DECOINでインセンティブもうけられる。   トレーディングツール - D-TEPは、差金決済取引(CFD)などの金融ツー ルの提供も計画しているため、トレーダーは価格上昇や価格下落を利用することができます。DECOINSのアナリストチームは、市場の動向/注目点にある新しいICOとデジタルコインについて定期的なレポートを提供します   暗号通貨インデックスDCI - DECOIN / D-TEPは、取引体験をできるだけシームレスで楽しく収益性の高いものにするために、最初の仮想通貨インデックス(DCI)を立ち上げています。D-TEPを通してコインを取引する企業は、DECOINの価値の上昇に直接影響を与え、D-TEPプラットフォームを介して取引されるすべてのDECOINメンバーの収益を作り出す事が可能です。 また、インデックス投資キャッシュアウトによる追加収入を得て、DCIに記載されているICOと企業の間で投資資産の分割を完全に管理することができます。   速い取引はもちろん、大量注文やコピー取引、取引ツール、そして最近話題になったインデックス管理も行うようです。市況にあったハイブリッドな取引所を目指しており、一番重要なセキュリティ面でいうと以下の技術特徴があります。 オフライン管理 97%の資産はオフライン管理で残り3%が保護されながらトレード資金として使用されます。 DECOINプルーフオブステーク・コンセンサス・アルゴリズムに基づいて、取引を検証し、「ステーキング・プルーフ」として保持し、最終的により迅速かつ信頼性の高い方法で分散コンセンサスを 達成することによって、「ミンティング=鋳造」によって新しいコインを作成します。 PoSコンセンサスアルゴリズム採用 PoSシステムでは、ユーザーが取引を検証し、一定量の計算作業を実行して新しいブロックを作成するプルーフオブワーク(PoW)プロトコル(ビットコインなどで使用される)とは異なり、ユーザー は通貨単位での特定の数の所有権を表示する必要があります。 目的はPoWと同じですが、 目標に到達するプロセスはかなり異なり、はるかに効率的といわれています。 以下の表を参照。 バリデータと投票 –...

    ICOratingによるZiliqaプロジェクトのポストICO評価レポート

      今回はICOratingによるICO終了後の評価と報告書を和訳して共有したいと思います。保有者にとっては今後の方針において、非常に参考になるかと思います。 原文はこちら Ziliqaとは? ziliqaはオープンネットワークを安全に拡張するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームであり、シャーディング(ネットワークを複数の小さなコンポーネントに分割する技術)によって並列処理することでトランザクションを早くする目的があります。 スケーラビリティ改善ソリューションです。   ICOratingによるポストICO評価レポート ポジティブ ポストICO評価、有効期限:2018-09-05 実行された分析に基づいて、Zilliqaプロジェクトに「正の」評価を割り当てます。 ICOratingはICOの前にZilliqaプロジェクトを評価していません。 Zilliqaプロジェクトの一般的な強みは次のとおりです。 野心的な視点のアイデア 健康な権利確定条件 強いチーム 良い競争力のある立場 上記とは別に、2018年の最初の5ヶ月間のプロジェクトの業績のハイライトは次のとおりです。 チーム強化(6名の新チームメンバー) walletおよびpublic testnet v 1.0のリリース チームのGitHubに関する作業の証拠 市場および競合他社と比較して優れたトークン性能 この段階での主なプロジェクトリスクは次のとおりです。 競争 - プロジェクトの進捗状況と市場の位置に基づいて競合他社が強力ですが、Zilliqaには競合他社と比較してパフォーマンスとセキュリティ面でいくつかの競争優位性があります。 競合他社は実際のロードマップを公開していないため、今後追加機能を追加する予定は不明です。 開発リスク - 2018年の最初の5ヶ月間におけるプロジェクトのロードマップと実際のチームのパフォーマンスは、計画された開発パイプラインが正当化され、達成可能であることを示しています。 しかし、主要なリリース日はまだ未来であり、セキュリティ/パフォーマンスの予期しない問題が発生するリスクが残っています。 ロードマップは包括的ではありません -現在のプロジェクトのロードマップにはビジネス開発マイルストーンはなく、2014年第4四半期にdAppがリリースされた後の期間はカバーされませんが、チームの権利確定は2年(2019年と2020年) 今後のチームの目標は何か不明です。 実行された分析と特定されたリスクに基づいて、Zilliqaプロジェクトに「正の」評価を割り当てます。 Zilliqaチームは、高性能(数千TPS)、ゼロに近い手数料、dAppおよびスマート契約のサポートを含む高性能インフラストラクチャソリューションを提案しました。 Zilliqa ICOのハードキャップは48,889 ETH、またはUSD 22,000,000で、ロックされた金額は450USD / ETHでした。 チームの当初の計画では20万米ドルの上限が要求されていたが、2017年11月下旬のETH / USD為替相場の大幅な上昇により、ETHあたり450米ドルの為替レートを固定し、2,000万米ドル(4,445 ETH)スラック、テレグラム、早期投稿待ちリスト上の既存のコミュニティがICOに参加できるようにしました。 Zilliqa ICOはハードキャップの100%を集めました。 ICOに参加するVCインベスターとしては、1KX、8Decimal Capital、Bitcoin Suisse、DHVC、FBG Capital、Global Brain Corporation、Hyperchain Capital、Kenetic Capital、Metachain Capital、Node...

    QuardrantProtocol(eQuad)まもなくトークン販売が開始!データプロトコルプロジェクト

      QuardrantProtocolの全体概要 Quardrantは、真正性と起源を核としたデータ製品とサービスのアクセス、作成、配布を可能にするブロックチェーンベースのデータプロトコルです。 プロジェクト名 QuardrantProtocol ジャンル データプロトコル チーム背景 DataStreamX 国   トークン販売 あり リンク website whitepaper medium MVP(テストネット) telegram Twitter Facebook bitcointalk LinkedIn YouTube   このプロジェクトではデータ経済を宇宙に見立て、データのマッピングを行います、 Quardrantは、分権化されたデータを活用するための体系化されたシステムを提供する青写真として機能します。 クアドラントには、データ経済の問題を解決するための以下の機能があります。 データの真正性と出資の証拠 異種データソースの星座(マッピング) 公正な報酬とインセンティブ共有 ビジョンー何を解決したいのか このプロジェクトが解決する問題点は以下です。 AIデータギャップ アルゴリズムが必要とする大量のデータにアクセスすることができないため、中小企業はAIの革新を生み出すのに苦労しています 不正なデータ 中小企業のデータにアクセスするには、疑わしい真正性のためアルゴリズムの結果が悪い 持続不可能な生態系 データプロデューサは、本物のデータの量を提供するためのインセンティブが欠けているのは、初期販売のためにのみ補償されるためです Quardrantの解決策 クアドラントは、GoogleやFacebookなどの大規模なデータ保有企業が作成したサイロを中心にデータ経済を構築し、企業が情報源を隠している多くの詐欺につながる、データ業界における非透明性の問題に取り組むことを目指しています。 クアドラント内で促進された透明性により、企業はコンプライアンス目的でデータソースを追跡し、支払ったデータを確実に取得し、アプリケーションに必要なデータを確実に取得できるようになります。 同様に、クアドラントは、バリューチェーン内のすべてのデータプロバイダが、育児施設と呼ばれる元のクリエイターが、アグリゲーターや企業に提供するデータによって生み出される利益に関しては、しばしば放棄されるため、適正かつ公正な報酬を受け取るようにします。   データスタンプ:データの購入者がデータを作成したかどうかを確認し、そのデータを作成することができます。 星座(データマップ)の創造:最初のデータスマート契約を作成し、新しいデータ製品を作成するために展開します 豊富なデータとサービス:賢明な人たちに、プロトコルの上に新製品やサービスを提供するメガコンステレーションを作成する権限を与えます。   アーキテクチャと技術 Quadrant Protocolはブロックチェーンベースのネットワークプロトコルで、信憑性と信頼性を備えたデータ製品やサービスへのアクセス、作成、配布を可能にします。 分散データを活用するための組織化されたシステムを提供する青写真として行動することが想定されています。 アーキテクチャは、以下の要素です。 コアQuadrantブロックチェーン クライアント(データプロデューサ、データコンシューマとアンカー) Guardianノード PoA アルゴリズム クアドラントは、より多くのトランザクションを処理し、より低いガス価格で動作し、より高速なトランザクションを実現し、悪意のあるノードがデータをネットワークに入力するのを制限するために、Proof of Authorityコンセンサスメカニズムで動作します。  外部の作業証明連鎖も、セキュリティの目的でアンカーとして使用されます。 当面は、Ethereumブロックチェーンをアンカーリングに使用しますが、必要に応じて将来の任意のパブリックチェーンで置き換えることができます。 象限には、以下の初期の機能とサービスがあります。 データスタンププロトコル スタンプ検証 オープン星座 ネットワークノードとクライアント Elonsによるデータ拡張 パブリックチェーンアンカー ElonsはQUADに実験と試験のためのデータセットへのアクセスを依頼します。 パイオニアは、異なるステーキングレベルで複数の層を可能にします。 データスタンププロトコル パイオニアとナーサリーは、それをQuardrantに打ち込むことによって、生産されたデータに クレームを付けることができます。 オープン星座 コンステレーションは、データの供給者と消費者の両方によって作成され、収益分配のネストが可能。 ガーディアンノード 保護者はQUADチェーンにブロックを組み込み、それらを公開チェーンに固定することでクアドラントを維持する。 技術ロードマップ 現行ステータス: 現行のステータスはMVP(テストネット)です。 クアドラントのテストネットとプロジェクトの最初の機能であるデータスタンプは、ここ数週間で正常に動作し、クライアントのライブデータフィードをスタンプしています。 データスタンピングは、データソースからデータコンシューマにデータの信頼性を提供するように設計されています。 データコンシューマは、ネットワークの基本的な信頼層として機能します。  ブロックにデータ署名を付けることで、プロトコルはデータの動きを追跡し、操作がどこにあるかを理解することができます。 これは、データの信頼性を保証し、コンプライアンスアプリケーションの出所を追跡するために設定されています。 拡張テスト中に、チームはクライアントの1つの実際のプロトタイプを使用して作業していました。 テストネットシナリオ: テストネットのシナリオでは、以下のような流れで進みます。   技術的な次の段階: スループットとリアルクライアントのユースケースが検証されたら、次の手順は、生産顧客の強さとセキュリティを他のデータフィードシナリオと比較してテストし、メインネットを起動することです。 チームは以下のプロジェクトロードマップを提供します: 2018Q1 トークン契約の概念 テストネット公開 データスタンピング契約のテスト 最初の顧客テスト 2018Q2 ホワイトリスト セキュリティ編集 トークン生成イベント トークン配布 データスタンピングプロトコル公開 DataStreamXの選択されたユーザーへのプロトコル適用 2018Q3 コンステレーションプロトコル公開 コンステレーションエクスプローラ公開 2019Q3 マイクロペイメント実装 2020Q1 分散型ガーディアンノードの実装   市場と競合性 この分野は競合がかなり激しいと思いますのでやはり何か特出しているものがないと難しいと思います。 AMAで発表されたように、ブロックチェーン領域には競合他社は常に存在しますが、競合のどの部分がパートナーになるかによって異なります。 データ供給またはデータ市場は、プロトコル上ではなくデータを直接販売することができますが、プロトコルを介して提供することもできます。 「データマーケットプレイス」と言われるプロジェクトは、プロトコルのサプライヤとユーザーでもあります。 従って、以下のようなプロジェクトが競合的存在になると考えられます。 競合プロジェクト 説明 パートナー OceanProtocol Aiによる分散型のデータ交換プロトコル     CarryProtocol 個人データを消費者、マーケティング担当者、マーチャントにとって公正なものにする   Airbloc 個人データを主に広告のターゲティング等に使用するために売買するプラットフォーム   FYSICAL     ...

    Elysianはトークン生成イベントに向けてQUOINE社と戦略的に提携する

      トークン生成イベントに向けていくつかの発表がありました。 今回はいくつかの重要情報をご紹介します。 プレトークン生成イベントは90%販売完了 Elysianプロジェクトは、プレトークン生成イベントの完了に近づいています。すでに販売されているトークンの90%以上が割り当てられており、プレTGEにはわずか24時間以上が残っており、参加する時間はわずかです。  プレTGEの総ハードキャップは2,400,000 USDです。 40,000,000のトークン割り当てのうち、現在利用可能なトークンは約2,500,000のみです。 トークン購入 Elysian とは Elysianは、以前の顧客がShopifyプラットフォームで10,000,000米ドルを調達するのを手助けしたCEO&創業者Leo Ameriが率いるeコマースの専門家チームです。このプロジェクトは、電子商取引のセキュリティ、ユーザーエクスペリエンス、および直帰率を改善するために、ブロックチェーン、AI、VRの統合を通じて、電子商取引業界の巨人の間で定着することが期待されています。 CEO兼創業者のLeo Ameri氏の新しい入門ビデオを以下でご覧いただけます。 エリシアンのCEO兼創業者のLeo Ameriの入門ビデオ   プレTGEのためのETH価格設定 エリシアンは、プレTGEの完成が近づいているため、いくつかの発表をしています。これらの発表は、現在の市況によるものです。 Ethereumが500ドルを下回ると、ElysianチームはEthereumの価格を600 ETH / USDに固定してプレTGEの残りの部分が市場環境が悪いために参加することを躊躇する投資家にとって、公正になるように決定しました。 600ドルに固定されたEthereum価格でのトークンを購入する人々は、トークンが購入された時点の価格でのトークン相当量を受け取り、その後、600ドルの固定価格どの差額分の残りのトークンは、プレTGEの後に送付されます。 たとえば、ETHの価格が500ドルの時点で、ELYトークンを購入した場合は、すぐに500 (USD / ETH)のレートでトークンを受け取り、残りはプレTGE完了時に転送されます。偶然にも、ETHの価格が次の4日間で600ドル以上になった場合は、ETH / USDの価格は650ドルの上限が設けられます。 ETHの価格が低すぎるときに投資する参加者にとって不安なくトークンを購入する公平な機会を与える必要があると感じました。 トークン生成イベントに向けたQRYPTOSとの提携 最近、トークン生成イベントのためにICOプラットフォームおよび取引所サービスのQUOINEを運営するQRYPTOSと提携しました。 革新的なブロックチェーンベースの電子商取引プラットフォームElysianは、世界のフィンテック会社QUOINEと提携し、6月20日にElysianトークン生成イベントを開始する予定です。 加えて、エリシアンとトークン生成イベントに関するQUOINEのコラボレーションの最新ニュースに続いて、QUOINEのプラットフォームでTGEを立ち上げることに決めたので、紹介プログラムを終了する必要があることをコミュニティに知らせました。 ユーザーは引き続きElysianダッシュボードにログインし、ELYトークン残高を表示してボタンをクリックしてトークンを購入することができますが、QUOINEプラットフォームにELYトークンを購入するためにリダイレクトされます。 紹介リンクを使用してこの時点までトークン販売に参加した者は引き続き紹介トークンを受け取ることになりますが、この時点からQUOINEとの統合により紹介プログラムを終了いたします。 Elysian は何を目指しているか Elysianは、加盟店がプラットフォーム上でカスタマイズされたWebサイトを構築できるようにし、セキュリティとユーザーエクスペリエンスを強化します。 Elysianは、個人のネットワークを介してデータを配布し、単一のアクセスポイントがハッカーから保護するのを防ぐために、Ethereumのプライベートサイドチェーンを使用して、権限証明のコンセンサスメカニズムを使用します。 さらに、プラットフォームは人工知能と仮想現実のコンポーネントを利用して革新的なレベルのユーザーエンゲージメントを作成し、Eコマースの直帰率を低下させ、Elysianプラットフォームに店舗を立ち上げる商人向けのより大きな顧客基盤を実現します。 これは収益の増加につながります。 ICOはQRYPTOSのKYCが必要 QRYPTOSはQUOINEの完全デジタル暗号暗号交換および取引プラットフォームです。 QRYPTOSにはQUOINEのICOプラットフォーム、トークン発行者およびICO参加者がトークンの販売を行い、参加するための安全な避難所があります。 QUOINEのICOプラットフォームは、KYCとAMLのベストプラクティスを遵守しながら、プロジェクトチームが柔軟かつ安全で、透過的でスケーラブルな方法でICOを行うことを支援するために設計されたエンドツーエンドのソリューションです。 ElysianのTGEに参加するには、QRYPTOSのKYCが必要です。制限付き国のリストも引き続き適用されます。制限された国のリストは次のとおりです。 アメリカ 中国 カナダ イラン 北朝鮮 ElysianとQRYPTOSは、適切なKYCおよびAMLポリシーを実施することによって、トークンの販売中に最大の透明性と責任ある行動を維持することに努めています。 ELYトークンはQUOINEおよびQRYPTOS そしてLIQUIDプラットフォームにも上場予定 ELYトークンは、TGEの完了時にQUOINEとQRYPTOSにも上場されます。 QUOINEとQRYPTOSは同じ会社が所有しており、7月には今後のLIQUIDプラットフォームに変更されます。 Elysianトークンは、販売後すぐにQRYPTOS取引所で交換可能となり、QUOINEの今後のLIQUIDプラットフォームでも利用可能になります。これは、QUOINEのQRYPTOS交換とQUOINEX交換を最終的に置き換えます。 QASHトークン所有者は、Elysianプラットフォームの追加のメリットを期待することができます。 この共同作業は、双方が一緒に成長するのに役立ちます。 今後について エリシアンは最近、公衆が見ることができるように、モバイルウォレットとダッシュボードを含め、いくつかのMVPを最近リリースしました。 Elysianは、2024年までに電子商取引全体の市場シェアの最低1%を達成することを目指しています。このパートナーシップは、これらの企業だけでなくブロックチェーン業界にとっても急速な成長と大量採用を経験する未来の基盤として機能します。 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY

    Elysian の最近の魅力的なパートナーシップについて

      Elysian は最近の魅力的なパートナーシップを発表する ブロックチェーンと、AI、VR技術を統合した電子商取引プラットフォームであるElysian は最近、多くの魅力的なパートナーシップを形成して来ました。 iFashion Groupとの重要なパートナーシップ Elysianは、主に東南アジア地域に拠点を置くeコマースベンチャーとの提携に焦点を当てたベンチャープラットフォームグループであるiFashionグループとの間で、合意書(覚書)を締結しました。  IFashionの傘下の10以上の新ブランドがElysianプラットフォームに参加する iFashionには、MVPの発売1日目からElysianプラットフォームで活躍するSMEとブランドの重要なグループがあります。これはElysianの即時収益源として機能し、さまざまなiFashionの既存の顧客基盤のプラットフォームを開放します。  現在、iFashionの傘下にある10-20の中小企業およびブランドは、この合意によりプラットフォーム上に持ち込まれます。 iFashionはまた、パートナーシップのニュースを既存の200,000人以上の顧客基盤に広告します。 Elysianに顧客を提供する最初の取引に加えて、iFashionグループとの提携では、ElysianプロジェクトとElysianトークン保有者にとって有益ないくつかの追加項目も提供される予定です。 iFahionとの提携による追加項目 iFashionはソーシャルメディアを通してパートナーシップのニュースを推進し、パートナーシップに関するPRキャンペーンを開始する予定です。 Elysianトークンはmegaxstore.comで受理され、Elysianトークンで購入されたアイテムはすべて5%割引となります。 iFashionは、プロフェッショナルネットワークを活用して、数人の純資産高を通じたさらなる投資につながる可能性があります。 iFashionは、10,000個のMGXトークンをElysianトークン所有者にエアドロップします。 iFashionはElysian諮問委員会のプライマリーアドバイザーとして行動し、eコマース分野での重要な経験を積みます。 他にもいくつかの技術パートナーの存在が それぞれのパートナーシップに関する文書についてはこちらをご覧ください。 Cappasity の文書 AirSwapの文書 QUOINE(QRYPTOS)の文書 などの他のいくつかの技術パートナーがすでに存在することにより、この機会は顧客の即時取得を可能にし、既存のeコマースコミュニティと東南アジア市場への扉を開いてくれます。 価格の面で考えると、直接的な顧客はTGE後のElysianに大きな利益をもたらし、様々な企業にプラットフォームを暴露することは理想的なキックオフポイントとなり、Elysianプラットフォームの長期的な成長と収益の支えとなります。 この提携を通じて、Eコマースプラットフォーム向けに10以上の新ブランドを提供することを発表しました。 Elysian は一歩進んだICOをめざす ICOは、過去1年半の間に急速に進化して来ましたが、ICO(または資金調達の代替方法)の概念が最初に生まれたとき、比較的無教育の投資家の大規模なグループに幅広い投資オプションを開きました。 これは暗号空間で資本を調達しようとしている若いスタートアップにとって巨大な可能性を提示しましたが、多額の資本が調達されたとしても、一般的な投資家は、シンプルなビジネスプランと派手な作り込まれたウェブサイトだけでは不十分であることを認識し始めています。 多くのプロジェクトでは、シードキャピタルを確保してICOスペースを正当化することで、追加を目指す前にMVPを構築することを目指しています。 その意味では、Elysianは一歩進んでいます。 今日の時点で、MVPを開発したばかりでなく、Elysian eコマースプラットフォームで最初に確認された顧客基盤をすでに、確保しています。 さらにコミュニティは拡大し続けています。 テレグラム: 5万人以上 このプロジェクトは、QRYPTOSプラットフォーム上でTGEに向かっていく動きを見せています。テレグラムコミュニティは現在5万人を超え、すべてのソーシャルメディアプラットフォームで肯定的なフィードバックを得ています。 ブロックチェーンの空間では、この業界ではまれなことである電子商取引業界との関係によって、エリシアンの可能性を実現し始めています。ほとんどのプロジェクトは厳密にブロックチェーンに基づいています。Elysianの戦略的パートナーはこの有利な機会を認識しており、次の企業と協力してプラットフォームを改善することに興奮しています。                    Elysianは、財務、eコマース、コミュニケーション、ビジネス戦略、開発などのいくつかの分野を網羅した、非常に経験豊富なアドバイザーチームを持つ強力なチームが率いる、2018年の最強のプロジェクトの1つになると信じる理由があります。 プレTGE配分では5%以上しか残っていませんが、それが満たされてプレTGEが公式に終了するのに24時間もかかりません。 関連リンク Website https://elycoin.io/ Telegram https://t.me/elysian_ely Whitepaper https://elycoin.io/whitepaper/english Reddit https://www.reddit.com/r/Elysian_ELY/ Twitter https://twitter.com/Elysian_ELY
    error: Content is protected !!