Modum(MOD)とは?長期投資にお勧めな理由

   今回は、実需を伴い、過小評価されているプロジェクトをご紹介したいと思います。 Modumとは? 簡単に説明したいと思います。 プロジェクト内容 Modumは、 ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)技術によるサプライチェーンソリューションです。 企業が商品の輸送条件を保証するためのより優れた費用効率のよい方法を提供し、パッシブな監視ソリューションを提供し、多くの分野でサプライチェーンのプロセスを合理化しています。 これは特定の条件下で製品を輸送し、その条件が破られていないことを証明しなければならない製薬企業に特に適しています。 プロダクト Modumには、ハードウェアコンポーネントとソフトウェアインターフェイスがあります。 ハードウェア要素としてのModum IoTセンサデバイスは、MODsense TM温度ロガーとして知られています。 MODsense TMソリューションは、Modumの第1世代の温度ロガーを使用します。 これは、医薬品流通のためのGDPに準拠したソリューションの基本的な要素であり、ラストマイル物流における医薬品の大量出荷向けに特別に設計されています。 費用効果が高く、改ざんのない、業界最高水準の安全性を備えています。これは、記録されたすべてのデータポイントの信憑性を保証するために暗号的に保護されています。 さらに、MODsense TMには、ModumのWebアプリケーションへのアクセスが含まれています。それはあなたの好みのウェブブラウザを介してあなたのチームに簡単にアクセスすることができます。 ERPソリューションと連携し、データ処理を簡素化します。 これは、医薬品の大量出荷の信頼できる温度監視を可能にします。また、モーションなどの他のイベントも記録します。 ソフトウェア要素としては、Modum Webアプリケーションがあり、チームはMODsense TM温度ロガーを使用して監視プロセスを自動化できます。 出荷プロファイルを設定し、出荷状況を監視することで、製品を指定温度閾値に簡単に接続できます。納品時には、通知により検査と承認が容易になり、詳細な報告とは、安全なデータを簡単に分析できることを意味します。 Webアプリケーションでは、規制当局の報告義務を満たすレポートを生成することもできます。 ICO 概要 簡単なプロジェクトの経過と詳細を説明します。 スタート:2016年4月 国:スイス ICO:2017/091-22(終了) ICO価格:1$ トークン総発行枚数:3000万枚 プロジェクトチーム:13人以上 チームは2016年に結成され、最高経営責任者(CEO)は、GoProの前シニアマネージャであるSimon Dosseggerです。経営陣の他のトップメンバーには、Stefan M. Weber(COO)、Sacha Uhlmann(CTO)、Michael Taylor(Marketing and Communications)などです。 ICOパートナー:IOTA Lykke CryptoValley  取引所パートナー:Binance/Kucoin/Mercatox/Etherdelta/Nebula 競合プロジェクト:Vechain /Ambrosus トークン市場価格:0.6-0.7$(執筆時点) トークン価格に関しては、ICO価格を割っている状況ですが、市場全体が落ち込んでいるので仕方ないでしょう。 Modumに長期的な投資をすべき理由 さて、本題ですが、今回なぜ長期的な投資に向いているのか説明したいと思います 主に4つの要因が考えられます。 欧州連合の医薬品規制に完全に遵守している 少ない流通量と価総額 強力なパートナーシップ トークン所有者への利益分配 結論から言うと、実需が伴うプロジェクトととして、未だ評価価値が極端に低く、なおかつ株式のような受動収益が得られるため長期的な投資に向いていると考えれます。 この四つの要素に関してはinvest in blockchainによると次のような分析がされています。 1.医薬品に関する欧州規制への遵守 2013年11月5日、ヒト用医薬品(GDP...
error: Content is protected !!