ビットコインの先物上場に伴うビットコインの動向について

0
139 views

 

ビットコインの先物が先日、上場したことが発表されました。

この先物上場によって、どのようなことが今後予想されるのかまとめました。

ビットコインの先物契約がアメリカのCBOEで開始される

世界最大の先物取引所、 CBOEは、米国時間12/10午後5時CTにビットコイン先物の取扱いを開始しました。

最初の米国ビットコイン先物

Bitcoin先物は、Cboe Futures Exchange、LLC(CFE)で取引することができるようになりました。 CFBは、12月10日にCoboeビットコイン先物取引で、XBT(契約明細書| Fact Sheet)の下で取引を開始しました。これは、透明性、効率的な価格発見、流動性の高さ、集中決済など多くの利点をトレーダーにもたらします。 XBTSM先物は、参加者がビットコイン価格の見方、ビットコイン価格への暴露、または既存のビットコインポジションのヘッジに基づいて取引するための集中型マーケットを提供します。

このように発表がありました。では、ビットコイン先物が一体どのようなメリットをもたらすのでしょうか?

ビットコイン先物は何をもたらすのか

あなたのビットコインのリスクをヘッジする最適な方法をもたらす。

XBT先物は、規制の厳しい市場で、1日24時間、週5日、ビットコイン先物を売買する方法を提供します。これにより、特定の取引戦略に最適なタイミングで投資し売却する柔軟性が得られます。

ビットコインを保有せずに、価格変動への暴露をヘッジできる

XBT先物は、実際の通貨を支払うことなく、ビットコイン先物を購入、売買、取引したり、トレーディング戦略を実施する機会を投資家に提供します。

XBT先物取引をする理由としては、

XBT先物は、取引可能な単一のオークション価格に決済する現金決済の契約です。

XBT先物の設計において、Cboeは重要な製品開発の専門知識を活用して、参加者が慣れ親しんだやり方で取引戦略を実行できるようにする手段を設計しています。

つまり、この単一の価格決済プロセスにより、参加者は、ビットコインを保持せずに、潜在的なビットコインへのエクスポージャーをヘッジしたり、トレードされたビットコインの価格に晒されたりするXBT先物を使用するオプションを提供します。

の影響で、ビットコインは開始直後に、約1万4700ドルから最高1万6200ドルに約10%急騰しましたが、数分後にはおよそ5%高の1万5500ドル前後で落ち着きました。

取引開始から1時間たった後も、ビットコインの価格は上昇を続けており1万5350ドル前後で取引されています。

公式ウェブサイトがサーバーダウンするも価格暴落はなし

取引き開始後、少なくとも1回売買停止措置がとられ、値動きが10%のあると2分間、20%の場合5分間取引きが停止されました。
1月決済の先物は516件取引きされたが、2017年3月決済はわずか数件に留まりました。

CBOEのサイトは、先物取引の開始後ダウンしたが、これは関心をもった人たちによるアクセスが主であり、必ずしも取引量を表してはいません。

トレーダーはブローカープラットフォームを経由して売買する必要があるため、CBOEのサイトで提供しているのは価格と情報のみで、実際に取引きする機能はありません。

CBOEは、TechCrunchに向けた声明で

「当ウェブサイトの負荷が高いため、www.cboe.comの利用者は通常よりも動作が遅かったりアクセスが不可能になる場合がある。取引きシステムはすべて通常通りに運用されている」

と答えています。

ともあれ、開始から30分たっても取引量は少なく、週明けに活動が盛んになる可能性は考えられましたが、現時点での動きは予想されていたよりもずっと少ないものでした。

CBOEは先物取引を3種類提供しており、1月1日、2月1日、3月1日、それぞれの決済価格を設定しています。CMEグループも12月中に先物商品を提供開始する予定で、現在投資家がデジタル通貨を実際に保有することなく取引きする方法はこの2種類のみとなっています。

また、先物商品はビットコインの価格を安定させるのに役立つと多くの人が考えており、ウォール街の早期導入を求める声もあるほどです。

一方これを規制当局がデジタル通貨の扱いを緩和する兆候と見る向きもあり、その場合はビットコイン 、ETFのような先物商品が認可される可能性が考えられ、需要はますます増加する見込みです。

ビットコイン先物契約に伴う需要増加と価格高騰

デジタル通貨ビットコインの先物契約の開始の直前に、市場の緊張感は分単位で増加しました。さらに、暗号化交換で取引する際に直面した技術的問題が再び浮かび上がっています。

たとえば、Coinbase取引プラットフォームのビットコインは、木曜日の夕方90分以内に16,000ドルからほぼ2万ドルに上昇し、多くのユーザーで一旦すべての利益を再び売却する動きが見られました。

また、この激しい値動きによって時折Coinbaseで取引することはできませんでしたし、他の市場運営者も、ハッカーによる困難や攻撃の増加を報告しました。各取引所での価格差も顕著に表れていました。

高い変動は他の市場では見られませんでしたが、最近の状況は再び穏やかになりました。金曜日の午後、大手トレーディングセンターのビットコインにはそれぞれ約15,000ドルのコストがかかることになってます。

CBOEはビットコインの将来を開始する

現在、2018年1月1日のビットコインの先物決済価格は1万5700ドルに設定されており、現在の取引高は比較的未だ少ないです。先物契約は1 bticoin単位で、取引総額は770万ドルになるが、この先物取引に必要な委託保証金は30%なので実際の取引き金額はもっと少なくなっています。

その一方で、CBOEは将来のBITCOIN FINANCIAL PRODUCTSを開始する予定です。

これは今後の市場の混乱につながる可能性があると、予想されています。

先週の金曜日、米国の監督当局CFTCは、ビットコイン先物の先行きを決めました。

米国株式取引所CBOEは、週末に最初のビットコインの将来を開始したいと考えており、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は1週間後にこれに、続きます。

先物契約では、商品または金融商品は特定の将来の予定日に所定の価格で取引されるため、これにより、買い手と売り手は価格の変動を回避することができます。

しかし、たとえ価値の低下であっても、価格の推移を推測することも可能です。

ゴールドマン・サックスはビットコイン・トレードを顧客に提供する

ブルームバーグ通信社によると、米国の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、この事業に関与することを計画しています。

ゴールドマン・サックスは、このようなビットコイン先物の取引に自ら参画するつもりはないが、発足した情報源によれば、選ばれた顧客に代わって取引が行われることになります。

ある銀行の広報担当者は、これが新製品であり、現在リスクが検討されていると言っただけにとどまってますが、

今年の初めに、ビットコインの価値は1,000ドルに達しました。それ以来、ビットコインは過去数ヶ月にわたってますます加速してきた記録の急速な追求を続けており、高い価格変動を伴っています。

一方で、中央銀行家は、デジタル通貨の予測不可能性に対して警告しています。最近では、北ヨーロッパの銀行グループNordeaの頭であるCasper von Koskullは、ビットコインをすべての論理に反する「不条理な」構成と表現しています。

今回のビットコイン先物上場に伴い、ビットコインの価格に対してもさまざまな予測が立てられています。

今回のビットコイン先物上場がビットコイン価格にも影響してくることは間違いなさそうです。

ビットコインの価格予測に関してはこちらの記事でもご覧できます。

関連記事

ビットコインに価格予測に対するさまざまな意見-2018年には4万ドルに達するか

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here