ネオ(NEO)の仕様、特徴、取り扱い取引所について。中国の公共ブロックチェーンとしてのアルトコイン。

0
541 views

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

こんにちは。
今回はAntShates(ANS)/NEOについてです。
最近日本でも、認知度が上がってきたように感じますがその特徴や仕様について見ていきます。
取引所での名前は依然としてANS となってますが、現在正確にはネオ/NEOと呼びます。
※アルトコインNEOSとは別物です。

NEO(旧ANS)の仕様

スタート:2016年10月
発行上限:1億 ANS
ハッシュアルゴリズム:delegated Byzantine Fault Tolerance
認証アルゴリズム:PoW

NEO(旧ANS)とは?

中国産の暗号通貨です。
2015年10月からICOとしてスタートし、
2016年10月に取引所yunbi、yuanbao、19800、bittrexに上場しました。

Bittrex に上場したあたりで、一段と認知度をあげてきた通貨です。
  

NEO(旧ANS)の特徴

ANSがNEOへと改名して、中国初の独創的かつオープンソースのパブリック・チェーン・プロジェクトとしてスタートします。

NEOはデジタル資産をブロックチェーン上で証明・管理するためのプラットフォーム

デジタル資産とは、デジタルで記録した音楽や映画コンテンツ、文書ファイルなどのことで、コンピューター上に保管されたファイルのことを指します。

NEOはスマート資産プラットフォームとして機能し、スマート資産はブロックチェーンとデジタル資産のスマート契約の組み合わせのことです。これにより資産の登録、発行、および流通をよりスマートに行うことを可能にします。

デジタル資産は電子データの形で存在し、ブロックチェーン技術を使用すると、分散化され、信頼性を失い、追跡可能で透明性が高くなります。

そこで、NEOの基盤技術は、複数の種類のデジタル資産をサポートし、デジタル証明書を使用してパブリックチェーンの信頼を可能にします。
つまり、ユーザーがデジタル証明書で発行する資産は法律によって保護される一方で、より複雑なシナリオでは、スマートコントラクトを使用して資産の機能を強化し、豊かにすることができます。
また、ユーザーは資産と無関係の他の機能を持つスマートな契約を作成することもできます。

これがNEOが中国の公共ブロックチェーンとなり得る要素です。

ANSからNEOへの経緯

  • 2014.6:Antsharesプロジェクトが開始され、シードラウンドファンドが受領
  • 2015.6:AntitharesはGithubをリアルタイムのオープンソースプロジェクトとして開始
  • 2015.10:2100btcの第1フェーズICO、中国主要ブロックチェーンメディア8btcとbtc38からの完全なレポート。
  • 2015.11:テストネットとベータアプリがリリース
  • 2016.4:dBFT – 中国初のorignialコンセンサスメカニズムの解明
  • 2016.8:6119 btcを上げたグローバルICOの第2段階
  • 2016.10:Antsharesのブロックチェーンのメインネットが開始
  • 2016.10:yunbi、yuanbao、19800、bittrexで取引開始
  • 2017.2:AntsharesベースのスマートファンドであるNestの公式サイトNestfund.io
  • 2017.5:上海科学技術委員会とInnospaceとの「ブロックチェーン開発競争」を開催
  • 2017.6:新しいAntsharesブランド戦略のリリースカンファレンス

 

NEO(旧ANS)の相場と価格推移

 

 

日本で認知度が高まったのは、中国の公共ブロックチェーンとして認識され始めた6月下旬辺りでした。
ここで一気にかけ上がりましたが、7月に入ってビットコイン分裂騒動からのアルトコイン大幅暴落により、一時0.0021000付近まで落ち込みました。
その後は、やや回復し8$付近を固めてます。

今後の展望ですが、年明けにはアルトコイン全体的に見ても上昇気流にあると言われてますが、このNEOも恐らく新年、年明けに大きな動きがあるかもしれません。

クレジットカード決済機能が 来年の初めに決まっており、Ant FinancialとTencentは、VisaとMastercardのようなクレジットカード決済を始めるとの記事もあります。

ソース元記事:
https://www.nytimes.com/2017/07/16/business/china-cash-smartphone-payments.html?_r=0

 

2桁台、10$を平均的に越える日も近いかもしれません。今後の動向に注目です。


追記(8月12日)

八月に入り、様々な材料とともに一気に急騰しました。今現在ですと、30-35$付近まで来てます。通貨としてのポテンシャルをまだまだコインなので、私もタイミングがあれば買いまししたいと思います。


ANS(NEO)が購入できる取引所

  • Bittrex

日本の取引所では取り扱いされていません。売買する際は、海外大手のBittrexを開設しましょう。

関連リンク

公式サイト

NEO

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here