ネム(Nem/XEM)の仕様・システム特徴・取引所について。年内までに2~3倍の価値がつく可能性があるアルトコイン?!

0
876 views

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

こんにちは。
今回はNEM(ネム)についてです。

NEMとは?

NEMはビットコイン2.0の一つのアルトコインです。
コインチェックに上場しているメジャーアルトコインでもあり、国内海外問わず人気の通貨です。
平等な分散型プラットフォームとして新たなデジタル通貨による経済圏を作り出すことを目標としています。
独自通貨発行等の機能は、他のビットコイン2.0プラットフォームのものと同様ですが、PoIという独自のシステムやネットワークのセキュリティ保護に力を入れているのが特徴です。
日本の暗号通貨取引所Zaifの運営会社が開発するプライベートブロックチェーンmijinがNEMの技術をもとにしていることなどから、日本でも注目度が高い暗号通貨の一つです。

NEMの仕様

  • 公開日:2015-03-31スタート
  • システム:Proof of Importance
  • コイン発行上限:8,999,999,999XEM(約90億)
  • ブロック生成間隔:約1分

 

NEMは、ビットコイン2.0の一つであるNxtを改良するプロジェクトとして2014年1月から始まり、2015年3月31日に公開されました。
Nxtと同じくJavaにより設計されているため、Nxtのソースコードをフォークしたものであると勘違いされることもありますが、実際には一からソースコードが書かれています。

NEMのシステム特徴

NEMの大きな特徴は以下二つです。

  • Proof of Importanceという独自のコンセンサスアルゴリズム
  • セキュリティ重視のネットワークシステム構築

POI(Proof of Importamce)とは?POW(Proof of Work)・POS(Proof of Steak)との違い

PoI(Proof of Importance)は、ネットワークに対してより大きな「重要度」を持つユーザーがブロックを生成し、報酬として基軸通貨であるコイン(XEM)を得る確率が高くなるとされています。
ビットコインにおけるマイニング・採掘のようなものでNEMではハーべスティング(harvesting, 収穫)と言われています。

XEM総量は開始時から変わらないため、ネットワークの取引手数料が報酬となりますがPoIにおける重要度は、複雑な計算によって決められており、アカウント内の残高と取引数の多さの2つによって決められています。
残高については、入金後一定期間経過しないと重要度の計算に用いられない(約24時間で残高の10%)ため、ひたすらアカウント間で送金を往復して重要度を稼ぐような手法が難しくなっています。また、資金を保持しているだけでは重要度が上がらないため、アカウント内の残高の多さのみから採掘の確率が決定されるPoS(Proof of stake)に比べ、資金力を持つユーザーの優位性が低下されるとしています。

つまりビットコインの計算式を早く解いた人に報酬が支払われるPoWとは違い、POIは取引の多さ・信用・保有量など総合的な判断で決まります。

まとめると、

  • PoW(Proof of Work):仕事量に対しての報酬
  • PoS(Proof of Steak):通貨の保有率に対しての報酬
  • PoI:経済的貢献度に対しての報酬

というようになります。

セキュリティ重視のネットワーク

もう一つの特徴はセキュリティ重視のシステムです。
以下のようなセキュリティシステムがありセキュリティに特化したネム・ネットワークを構築します。

  • ノードの信頼性:

NEMネットワークには、ノードの評価管理システムが採用されています。このシステムは、Eigentrust++(ノードをほかのノードによって評価しセキュリティクラスターを形成するアルゴリズム)によって実現されており、常に正しい情報を伝えていることが証明されているノードのみが承認に利用されるよう設計されており、ネットワーク上に異なる情報を流すことを困難です。

  • スパム対策:

NEM は、ローカライズスパムプロテクションを採用しています。 これは、1つのブロックに対して1つのアカウントが登録できるトランザクションの量(スロット)が設定されており、容量に達すると徐々にトランザクション手数量が加算されます。
これにより、スパムを大量に生産しているアカウントは、スパムの量に比例してトランザクション手数料が高額になり、一方で、他のユーザは通常のトランザクション手数料のままネットワークを利用することができます。

  • 2レイヤーモデル:

NEM のプラットフォームは、クライアント(ウォレット)とサーバの 2 レイヤーモデルです。
アドレス情報等を保管するクライアント(ウォレット機能を含む, NCCと呼ばれる)をNEMネットワークに接続するサーバー(ノード, NISと呼ばれる)と分離することにより、ウォレットの安全性を高めています。
NCC やモバイルクライアントやライトウォレットは、クライアントレイヤーまたはウォレットレイヤーと呼ばれ、NIS はサーバレイヤーと呼ばれます。 NIS はAPIを介して操作を受け付け,NCC はWeb サーバーを介して操作を受け付けるほか、API を介して操作することも可能です。 この 2 レイヤーモデルは、重要な情報を用いて署名を行うウォレットと、トランザクションを管理するノードの間のセキュリティファイアウォールを担うことになります。

NEMのWallet機能について

NEM には、NCC クライアント、モバイルクライアント、ライトウォレットの 3 種類のウォレットがあり、そのすべてがローカルで NIS とは独立して、個別に作動します。

  • NCC クライアント: 最初にリリースされたクライアントで、API を介し操作可能
  • モバイルクライアント: オープンソースで開発され、Android と iOS 上で操作可能
  • ライトウォレット: 100% JavaScript で動作し、とても軽量であり、ウェブサイトなどに組み込まれる

NEM のライトウォレットは、ウォレットとして使用するために必要な要素をすべて兼ね備えており、さらに、1 枚の Web ページで操作を行えます。他の NEM クライアントと同様の動作を、JavaScript で記述する事ができ、署名などの重要な情報を利用した動作もローカルで完結します。これにより、たった1つの HTML ファイルで、いずれかの NIS と通信し、アカウントを危険にさらすことなく、安全に XEM をパブリックネットワークへ送信する事が出来ます。ライトウォレットは、いずれかの NIS に接続して 7890 番ポートを介し、操作を行います。危険なノードへの接続を懸念する場合は、安全なスタンドアローン型ライトウォレットの利用を推奨します。

ライトウォレット の JavaScript コードは、ウェブサイトサイトに埋め込むことで、どんなウェブサービス、EC サイトでも簡単に支払いにライトウォレットの機能を利用することが出来ます。たった数分の作業で、NEM のブロックチェーンのデータを利用することができるのでこれはウェブサイトサイトの経営者にとって、大きな意味があることになります。

メッセージ送信

メッセージは、一般の方から開発者のニーズに広く答えれるよう、プレーンメッセージ / 暗号化メッセージ / HEX形式 を送ることができます。 メッセージはメッセージのみで送信することもできる他に、XEM のトランザクションに添付して送信することができます。

ハーベスティング

NEM では、新しくブロックチェーンのブロックを生成すること(ビットコインでいうマイニングにあたる作業)を ハーベスティング といいます。 ハーベスティングするには最低でも10,000 XEM の既得バランス (vested balance) がアカウントにある必要があり,ハーベスティングに成功した場合、生成されたブロックに関わる手数料がハーベティングした人のアカウントに送られます。

ネームスペース

NEM の 名前空間(ネームスペース) は、ドメインネームシステムであり、インターネットのドメインネームシステムと同様のはたらきをします。 ドメインには、ハイレベルドメインとサブドメインが存在し、ハイレベルドメインの所有者は、プロジェクトや業務顧客のためにサブドメインを作ることが可能です。 ドメインによって空間を区切り、それぞれの名前空間で、モザイクのための評価システムを作成し維持することが可能です。

NEMを購入できる取引所

国内取引所

zaif.jp

  • Coin check

NEMの相場と価値推移

 

 

7月からの暴落により、一時10円付近まで落ち込みましたが、(ここまで落ちたのは久しぶり)7/21,22辺りのビットコインロックオンにともない急速に回復し20円台にまで上昇し、18円付近で落ち着いてます。

今後の展望ですが、秋を目安に約2、3倍(憶測に過ぎませんが50-60円付近)の価値を付ける可能性が大きく話題となっており、少なくとも年内までにホールドしておけばそれなりの期待も持てるかなと言う印象です。

ネムはビットコインの代替案としてしっかりしたアルトコインのひとつでもあるので、今後も問題なくメジャーアルトコインの立場を守っていくでしょう。

関連リンク

NEM公式サイト

www.nem.io

 

NEMホワイトペーパー

https://www.nem.io/NEM_techRef.pdf

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here