バイトボール(Byteball/GBYTE)の8月エアードロップ(無料配布)にチャレンジします。

0
684 views

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

こんにちは。

今回はアルトコインByteball(GBYTE)についてです。
この通貨は価値がすでに高いコインですが、一体無料配布とは何なのか、またそのコインの特徴についても詳しく見ていきます。

Byteball/GBYTEとは?

全く新しいコンセンサスアルゴリズムに加え、プライベート支払いが出来る通貨であり、
バイトボールは、ブロックチェーン技術ではなく、DAGというものを利用してることも特徴です。

使いやすさとユーザーが読めるスマートコントラクトを通して、資産管理を強化することを目的とした暗号化プラットフォームです。

Byteball/GBYTEの仕様

  • 通貨名(通貨単位):Byteball(GBYTE)
  • 最大供給量:1,000,000 GBYTE
  • システム(アルゴリズム):Directed Acyclic Graph
  • 公開日:2016年9月5日通貨名(通貨単位):Byteball(GBYTE)

Byteball/GBYTEの特徴

最大の特徴は、バイトボールデータは 、ブロックチェーン技術ではなく、有向非循環グラフ(DAG)を使用して格納され、順序付けされることです。

これにより、すべてのユーザーは、他のユーザーによって作成された以前のデータ単位を参照して互いのデータを保護することができ、ブロックサイズなどのブロックチェーンに共通するスケーラビリティの制限も取り除きます。

ブロックが存在しないため、ブロックレス設計は簡単であり、トランザクションのみが存在する状態です。

すべての支払いを保管して処理するものはなく代わりに、ユーザーによって作成されたトランザクションは暗号化されて相互にリンクされます。新しいトランザクションを追加すると、他のユーザーが自分の上に自分の追加を開始し、トランザクションにリンクする他のトランザクションの数が下の画像のように、スノーボールのように増加します。

f:id:BitEmperor:20170802172606p:image

他にも以下のような特徴があります。

プライベート追跡不可能通貨ブラックバイト

完全なプライバシーを望むときは、取引がパブリックデータベースに表示されない現金のような追跡不可能な通貨であるブラックバイト(blackbyte)で支払います。

チャット統合(P2P)

アプリではチャットが出来るため、この機能を使用してお支払いのやり取りが可能です

チャットボット

バイヤーのボットとチャットを行い、2回のクリックで支払います。
交換やその他のサービスは会話型インターフェースでも使いやすいです。

市場予測

特定のイベントが発生した場合にロックを解除できるP2Pスマートコントラクトを作成することで、価格の動きや保険に賭けるためにそれを使用します。

Byteballのエアードロップ(無料配布)とは?

簡単に説明すると、GBYTEまたはBTCを保有していることを配布期限までに証明できると、無料配布が行われます。

バイト(bytes)とブラックバイト(blackbytes)の98%が無料で配布されるのですが、
配布は複数のラウンドに分割され、各ラウンドではBTCとバイトの所有者に報酬が与えられます。受け取る金額は、次回の配布日までのBTCとバイトの実績残高に比例します。

  • 16 BTCごとに1 GB(1GB= 10億バイト)
  • 5 GBごとに追加の1 GB

つまり、

  • BTC証明だと、1BTCあたり0.0625GBYTEを無料配布
  • GBYTE証明だと、証明できた全GBYTEのうち20%分を無料配布

ということです。
GBYTEを保有しておくだかで、月に一回無料配布が受けられるのであれば、是非ともチャレンジしておきたいところです。

詳しい無料配布証明の手順は後述しますが、
残高を証明するには、ウォレットをインストールし、トランジション・ボットとチャットします(ウォレットのボット・ストアにあります)。ボットは、小切手やメッセージに署名することでBitcoinとByteballのアドレスをリンクするのに役立つようです。

そして、リンクされたBTC残高に比例してブラックバイトが、リンクされたバイトボールアドレスに残高として残ります。

最初の配布ラウンドは、2016年12月25日に開始され、70,000を超えるBTCがリンクされ、バイトとブラックバイトの合計供給量のうち、10%が配布されました。その後のラウンドでは、総供給量は36.6%に達しています。

配布ラウンドの経緯

以下参照

  • 第2ラウンド2017年2月11日:121,763 BTCリンク、1.8%分散
  • 第3ラウンド2017年3月12日:129,139 BTCリンク、2.0%分散
  • 2017年4月11日の第4ラウンド:145,441 BTCリンク、2.3%分散
  • 2017年5月10日5ラウンド:207,672 BTCリンク、2.9%
  • 2017年6月9日6ラウンド:453,621 BTCリンク、6.6%分散
  • 2017年7月9日の第7ラウンド:949,004 BTCリンク、11.0%配布
  • 8回目の配布は8月の満月(8月7日、2017年8月10日18時10分)に予定されています。
次の配布のカウントダウン(2017年8月2日時点)

f:id:BitEmperor:20170802172337j:image

 

Byteballエアードロップ証明の手順

実際に私が行った方法を説明していきます。
こちらの記事を参考にしました。

http://www.bitcoin-trade.info/entry/byteball-airdrop

※私の場合はアンドロイド版です。

まずは、

ビットコイン証明でのエアードロップ参加方法

から見ていきます。

①Byteball Walletをダウンロード

f:id:BitEmperor:20170802205951j:image

お使いの各端末に応じてウォレットをインストールします。

アンドロイドの方はこちらから
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.byteball.wallet

 

②ウォレット作成

利用規約を読み、ウォレット作成します。

f:id:BitEmperor:20170802210122j:image

f:id:BitEmperor:20170802210259j:image

f:id:BitEmperor:20170802210008j:image

 

③Byteballアドレスコピー

Receiveからウォレットアドレスをコピーします。

f:id:BitEmperor:20170802210320j:image

 

④チャットからボットストアへ

Chat→Bot store→Transaction bot

この手順で、Contactにtransaction botが追加されます。

f:id:BitEmperor:20170802210440j:image

 

⑤transaction botにアドレスをコピーして送信

自身のアドレスを送信すると、自動メッセージがきます。

f:id:BitEmperor:20170802210407j:image

 

⑥返信先の指示通りにビットコインを送金

f:id:BitEmperor:20170802210840j:image

返信文を簡単に要約すると、

あなたのByteballアドレスは○○○○○○です。これでBitcoinアドレスを証明する必要があります。これを行うには、非公開鍵(交換用財布、Coinbase、Xapoなしなど)を管理する財布から0.001077BTCを1MSi5P1LsooJhUrengmKLnB8H5jcug2JoJに送信してください。この小切手は返金できません。

また、Bitcoinウォレットに「メッセージに署名」機能がある場合は、Byteballアドレス○○○○○○○に署名することで、Bitcoinアドレスの所有権を証明することができます。この場合、Bitcoinのアドレスを最初にお知らせください。

という内容です。

この指示通りのアドレス先にビットコインを送金してください。

送金すると以下のような返信がすぐきます。

f:id:BitEmperor:20170802214116j:image

◯◯(自身のビットコインアドレス)から支払いを受けました。

認証されたらまた連絡します。

そして、支払い確認されると、以下の返信が来ます。

f:id:BitEmperor:20170802214129j:image

◯◯(自身のビットコインアドレス)からのお支払いは、今すぐ1つの確認があります。

◯◯(自身のビットコインアドレス)が本当にあなたの住所であることを確認し、

すべてのコインをこのアドレスに移動してください。

このBitcoin住所の合計残高の1 BTCにつき62.5 MBおよび131,943,750ブラックバイトを受け取る。

このアドレスの残高は0BTCです。

0 BTCが表示されるのに驚いた場合、変更アドレスについて知る:https://wiki.byteball.org/change-address

この時点で一つのビットコインアドレスが認証され、そのビットコインアドレスにビットコインをエアードロップ満月日までに集めておきます。

※私はブロックチェーンからやりましたが、一つのビットコインアドレスのみが認証されますので、このアドレスに残高がないと、受け取れません。不安な方は、試しにアドレスな連動させたいぶんのビットコインを送金して見てください。

このアドレスの残高は○○BTCです。

と、ボットから連絡が入るので確認できます。

Byteball証明でのエアードロップ参加方法

こちらはビットコインに比べて比較的簡単です。

①Buteball公式ウォレット作成(前項で作成済みです)
 
②BittrexにてByteball購入し、①で作成したウォレットへ送金

公式ウォレットアドレスはこちらで確認

f:id:BitEmperor:20170802215123j:image

 

③エアードロップ満月日まで待つ

たったこれだけです。

Byteball/GBYTEの相場と価格推移

リアルタイム相場はこちらです。

 

7月下旬から8月頭あたりは、0.15付近まで下がりましたが、アルトコインの回復傾向からも0.19台まで上昇しました。

過去にも0.35,0.4btc付近まで到達したこともあり、エアードロップ満月日近くは特に価格に注目です。

エアードロップに関しては、月利20%ですが、GBYTE証明の場合は、バイトボール自体の価値にも保有割合が左右されますので、買い時には注意したいところです。

次の8月の満月までの買いの目安ですが、アルトコイン相場自体も徐々に上昇傾向にあるため、0.1台で買えれば買っておき、エアードロップにチャレンジして見ても良いかと思います。

個人的には、中期的に見ればまた最高値を更新する日も近いかなと思います。

関連リンク

公式サイト

https://byteball.org

以上GBYTEに関する記事でした。
ありがとうございました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here