ビットシェアーズ(Bitshares/BTS)の仕様、特徴、取り扱い取引所について。DAC(分散型自動化企業)の中心アルトコイン

0
735 views

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

こんにちは。
今回はビットシェアーズ(BitShares/BTS)についてです。
時価総額ランキングもそこそこ高めで
海外でも人気のアルトコインのひとつとなってます。

BitShares/BTSとは?

Invictus Innovations社によって開発されたビットコイン2.0型通貨です。
2015年からはCryptonomex社が引き継ぎで開発を行なっています。

自動でビジネスを運用する仕組み』の構築を目指す通貨です。

BitShares/BTSの仕様

  • スタート:2014年7月19日
  • 発行上限:25億1,195万3,117BTS
  • ハッシュアルゴリズム:SHA-512
  • 認証アルゴリズム:Delegated Proof of Stake(DPos)
  • ブロック生成:約3秒

認証アルゴリムのDPoSは、保有量でマイニング報酬を決めるPoSというアルゴリズムにDelegated(代表者、仲介人)というものが追加されたものです。

取引の承認者(仲介人)が投票によって選ばれ、順に承認を行う仕組みです。

Bitshares/BTS の特徴

ブロックチェーン技術を用いて、様々なDAC(分散型自動化企業)の構築・設備を目標としています。

例えば、音楽・書籍・映像などのサービスを売り手と買い手が直接売買できるような仕組みです。

 
これを実現するために以下のような技術特徴があります。

価格安定性のあるSmartCoinsへの変換

SmartCoinは、値が米ドルや金などの別の資産の値に固定されている暗号化方式のことで、常にBitSharesのコア通貨であるBTSの100%以上の価値を保有しており、信頼できる価格で設定された為替レートでいつでも変換することができます。

他の暗号化と同じように、SmartCoinは代替可能であり、分割可能であり、制限がありません。

迅速かつ流動的な取引プラットフォーム

BitSharesプラットフォーム自体は、BitSharesコミュニティによって運営されており、スマート契約の力に普遍的なアクセスを提供することを約束した個人および組織のオープンコンソーシアムです。

BitSharesは、取引プラットフォームで期待されるすべての機能を備えた、高性能分散型交換を提供します。

高いパフォーマンス(トランザクション確認)

cryptocurrenciesやスマート契約プラットフォームでは、既存の金融プラットフォームに代わる実用的な代替手段を提供するために、高性能ブロックチェーン技術が必要なことは基本ですが、

BitSharesは、VISAとMasterCardを組み合わせた場合より毎秒多くのトランザクションを処理するように設計されています。委任されたステークの証明により、BitSharesネットワークは、わずか1秒でトランザクションを確認することができ、光の速度だけで制限されます。

企業環境でのアカウント管理

BitSharesは、暗号化を回避するのではなく、周りのアクセス許可を設計しているため、とても使いやすくなっています。
全アカウントは、他のアカウントと秘密キーの加重組み合わせによって制御でき、これによりアクセス許可が実際にどのように構成されているかを反映する階層構造が作成され、マルチユーザーによる資金管理がこれまで以上に簡単になります。

マルチユーザーコントロールは、セキュリティに対する最大の貢献者であり、正しく使用されると、ハッキングによる盗難のリスクを事実上排除できます。

ユーザーの暗号証明書発行

BitSharesプラットフォームは、特定の種類のサービスの収益性の高いビジネスモデルを促進するための「ユーザー発行資産」と呼ばれる機能を提供します。

ユーザーは一定の制限内でそのトークンを保持して取引することができま、これによりそそのトークンの名前、説明、および配布を公表し、トークンを保持することが許可されたアカウントのホワイトリスト、または関連する取引および移転料金などのカスタマイズされた要件を指定することができます。

自立型資金調達

BitSharesは、ステークホルダーにブロックチェーンの準備金が使われている場所を指示する権限を与えることで、自己資金調達と自己維持になるように設計されています。

つまり、取引手数料が回収され、株価が上昇すると自動的に成長する12億BTS(約8百万ドル)の予備プールを有しているため、毎日ブロックチェーンは最大32万BTS(約77,000ドル/月)を費やすことが認められています。

価格の上昇がなくても、長年ネットワークを維持するための維持金として重要です。

DPOS コンセンサスプロコトル

ステーク・オブ・ステーク(DPOS)は、利用可能な最速かつ最も効率的、最も分散化された、最も柔軟なコンセンサスモデルと言われてます。

DPOSは、公正かつ民主的な方法でコンセンサスの問題を解決するために投票した利害関係者の承認の力を活用します。

つまり、POS にDelegated(代表者、仲介人)を加えることで

料金スケジュールからブロック間隔およびトランザクションサイズまでのすべてのネットワークパラメータは、選出された代理人を介して調整することができます。
最も重要なのは、コンセンサスプロトコルが、望ましくない規制上の干渉からすべての参加者を保護するように設計されていることです。

Bitshares/BTSが購入できる取引所

日本の取引所では売買できません。
海外取引所で購入できます。

Bitshares/BTS の相場と価格推移

 

 

5月から6月あたりに急騰し、一時0.00012000付近まで到達しましたが、7月からの大幅暴落荷により、以前の値0.00006000付近まで落ち込みました。

今後の展望ですが、ビットコインの分裂騒動からの大幅暴落から戻しを始めてきている通貨もありますので、0.00005,6台で拾えておけば間違いなく利益が乗ります。

ビットシェアーズは、今後、かなり上昇が見込めるかと思います。

関連リンク

公式サイト

Index – BitShares

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here