Current(CRNC)ブロックチェーンによりインセンティブ化される次世代のメディアストリーミングプラットフォーム

0
458 views

 

Currentとは

Currentはブロックチェーンによる次世代のメディアストリーミングプラットフォームです。

プロジェクトは、デジタルランドスケープにおける時間、注意、データのやり取りの方法であるデジタルトークンとプロトコルを作成しています。

プロトコルは、メディアから始まり、Spotify、YouTube、SoundCloudなどの好きなネットワークからストリーミングするためにユーザーに報酬を与え、オールインワンのパーソナライズされた体験を作成します。

CRNCトークン購入はこちら

 

Currentの特徴とソリューション

人気のあるメディアネットワークを1か所に集約することで、Currentはすでに既存のプラットフォーム上で、160,000人以上のユーザーにさらに便利な検索と発見の経験を提供しています。

【インセンティブ化されたメディアストリーミング】を目指します。

CRNCトークンの立ち上げにより、Spotify、YouTube、SoundCloudなどの好きなネットワークからストリーミングコンテンツを受け取ることができます。

Currentエコシステムの特徴は以下です。

Currentプラットフォーム

Currentは、最も人気のあるメディアネットワークから、最高のコンテンツと機能をオールインワンでパーソナライズされた体験に統合します。

プラットフォームは、複数のネットワークにまたがる各人のタイプ、時間、トピックを取り巻く行動データポイントを組み合わせており、単一のネットワークだけではなく、より良い提案を提供することができます。

このプラットフォームはもちろんのこと、ブロックチェーンに基づきますがイーサリアムプラットフォーム上に主に構築されます。

Currentは目標を達成するためにブロックチェーンを使用する必要がある

2つのフェーズにまたがるブロックチェーンの利点を利用します。まず、Currentがプラットフォームへのユーザーの貢献を記録し、時間、注意、および消費のためにそれらに報酬を与えることができます。これは、ブロックチェーンを使用して、コンテンツ、支払い、商品、サービスの分権化と透明な配分を支援するために継続的に進化します。

CurrentはEthereumを別のブロックチェーンよりも推奨する

Ethereumネットワークは、アプリケーション統合用に構築された最も堅牢なブロックチェーンプラットフォームの1つであり、その背後に最大の開発コミュニティを持っているために選ばれました。スケーラビリティの問題を改善するための基盤技術を継続的に開発し改善するためのEthereum財団の献身は、Ethereumを最強のブロックチェーンプラットフォームの1つにしています。私たちのチームは、Raidenの進捗状況と、Currentで直面するスケーラビリティの問題を解決するためにステートチャネルをどのように使用できるかを綿密に監視してきました。

ブロックチェーン技術を利用することで、時間、データ、および注意の即時評価に必要な新しい会計システムを可能にします。

currentプロトコル

プロトコルは、人々の時間ストリーミング、広告の印象および個人的なデータの共有に報酬を与えます。

当初はcurrentプラットフォームで起動し、開発者とサードパーティのプロバイダが利用するためのプロトコルが開かれます。

プロトコルは、他のホストメディアネットワークに加えて、現在のプラットフォーム内で対話し、これによってホストネットワークに新しい収益の流れとインセンティブの仕組みが導入され、効率的な拡張が可能になります。

Currentのプロトコルは、メディア消費サイクルにおけるすべてのステークホルダーの利益を調整して、採用を促進するネットワーク効果を作り出します。新しい交換基準を作成することで、消費者はメディアへの支払い方法の選択肢が増え、クリエイターとキュレーターの両方が新しい形の補償を受け、広告主はより透明性の高い会計情報とオーディエンス情報を得ることができます。

Currentのプロトコルは、プラットフォームへの新しい統合をどのように考慮するのか

新たな統合、特に新しいメディアタイプ(例えば映画のようなもの)が追加されると、関連情報の利用可能なプールが拡大し、その結果、推奨事項の幅が広がります。より多くのコンテンツをカタログ化して表示することができ、ユーザーの関わりをより長く維持できます。これは、各ユーザおよびネットワーク全体に関連する寄与係数に影響を与える。

時間の経過とともに、将来のブロックチェーンベースのシステム用に作成されたアイデンティティプロファイルが開発者によって活用されます。

トークンエコノミーCRNC

Currentのトークン経済としては、メディアストリーミングの経験中に費やした時間、金額、およびデータを一意にインセンティブ化するデジタルトークン(CRNC)を作成しており、このトークンは、幅広い製品、サービス、およびプラットフォーム内の広告に使用できます。

このユーティリティトークンCRNCを使用する事で、プレミアムサブスクリプションコストを削減または排除し、広告の購入を容易になります。

CRNCの獲得は簡単で、プラットフォームからお気に入りのコンテンツをストリーミングすることで誰でも獲得することができます。

もっとも単純なオンボーディング

Currentは、すべてのユーザーに対してCRNCウォレットも自動的に作成します。

多くの場合、一般の人々が所有するデジタルウォレットと同様です。

Currentの利点

プロジェクトチーム力

まずは、チーム力です。

バックアドバイザーには、著名なブロックチェーン企業であるBancor財団やLoci、ChronobankのCEOが付いています。

トークンの流動性を高めるための最良のソリューション

知的財産の発見と採掘のためのブロックチェーンプラットフォーム

 

Bancor の共同創立者


 

Loci の創設者


Chronobankの創立者

パートナーには、 以下が含まれています。

プロジェクトテーマ(メディアコンテンツの需要)

個人データは、現在、インターネット上で最も重要な商品です。

そして、メディア業界は、このデータ経済を創出するための効果的な場所として機能し、ブロックチェーンによって新たな革命が起ころうとしています。

受動的な習慣とその価値を相関させることによって、ユーザーは単にエンターテイメント以上のものを手に入れ、クリエイターはより大きな収入を得て、キュレーターは知らなかったコンテンツを見つけるために貢献の支払いを受けることができます。

このメディア業界でも、キーワードとなるのが以下です

メディア産業のためのステートチャネルによるイーサリアムブロックチェーンスケーラビリティの改善

特にメディア業界を念頭に置き、Raidenネットワークの打ち上げは、いくつかの異なる能力で動作する普遍的なソリューションを構築することを目指しているため、遅れています。

Currentは開発者が構築できるメディア固有のバージョンを立ち上げることで、業界に価値をもたらすことができると考えています。

技術

Currentは独自の推薦アルゴリズムは、コンテンツベースのフィルタリングとコラボレーティブフィルタリングの両方を活用して、ユーザが最も興味を持っているメディアを特定します。

機械学習とニューラルネットワークを用いて、本発明者らのアルゴリズムは、それが定義する関係情報に基づいて自己修正し、段階的に変化する仕組みです。

環境設定プロファイルの作成

あるメディア項目を他のメディア項目と比べてより大きな享受を共同で示すインプット/アクションの組み合わせとして定義されます。

独自推奨アルゴリズム

私たちの推薦システムは、コンテンツベースフィルタリングとコラボレーティブフィルタリングの2つのフィルタリング方法に基づいています。コンテンツベースのフィルタリングは、ユーザーの過去の消費履歴と同様の新しいトラックの推奨を提供しますが、コラボレーティブフィルタリングは、他の類似ユーザーが聴いたことに基づいてユーザーに推奨を提供します。

(詳細は白書を参照)

確かにメディアや社会の中にブロックチェーン技術を活用しようとしている他の企業は存在しますが、現在のハイブリッドアプローチでは、同じマーケットのどの企業よりも幅広いコンテンツ提供が可能です。

開発ロードマップ

2017年

プラットフォームの起動
Spotify、YouTube、Facebookなどの7つの統合。(完了)

2018年第1四半期
ウォレットとプロトコル開発
現在のアプリ内ウォレットがリリースされ、テスト&開発がプロトコルで開始されます(進行中)

2018年第2四半期
その他のオーディオとビデオの統合
多様なネットワークとメディアの種類が提供されています。

2018年第3四半期
アトリビューションプロトコルの起動
最初は現在のプラットフォーム内で、次に外部実装を開始します

Q4 2018
分散ストレージ&アイデンティティプロファイル
分散ストレージプロトコルを実装し、アイデンティティプロファイルの開発を開始する

初期はユニバーサルなメディアプラットフォームからスタートし、分散型のプロトコルを実装していく

現在は、プロトコルとウォレット開発が進行中です。

最初は現行プラットフォームであるユニバーサルメディアプラットフォームで起動され、後で開発者がアプリケーションで活用できるようになります。

この段階では、現在、YouTube、Spotify、Soundcloud、インターネットラジオなどのサードパーティ製ネットワークからコンテンツを調達するだけで、メディアの適切な供給を確保し、成長を加速し、ユーザーの需要に応えます。製品の市場基盤を確立するために市場に合った製品を見つけることが目標であり、300万曲以上の歌と10億本以上の動画を持ち、20万人以上がCurrentを使用してメディアを聴いたり、見たり、交流したりしています。

また、平均的なユーザーは1セッションにつき18分以上を費やしており、2017年第4四半期の第30日の保持率はこの段階では業界標準をはるかに上回るインセンティブを35%以上持っています。

そして、第2フェーズは、メディア消費サイクルで作成された価値を民主化するプロトコルとユーティリティトークンを構築することに焦点を当てています。

広告主や仲介業者から、メディアの再生、作成、および選別を行っている人々に利益をシフトし、プロトコルは外部ネットワーク内での使用をサポートするように構築されます。

これにより、ホストネットワークに新しいインセンティブメカニズムと収益源を提供し、ユーザーのための報酬モデルも提供します。次に、トークン所有者のプールがエコシステムの価値とともに拡大されます。

そして最終的なエコシステムの未来予想図としては、

独立したメディアプラットフォームと連携して、現在のプロトコルを利用して市場シェアを拡大​​し、各メディアエコシステムのサブトークンを作成します。

各サブトークンには、メディアプラットフォームの目標に合わせてカスタマイズされた独自の配布ルールと機能があります。

エコシステムへの悪影響を避けるために、サブトークンは、サブトークンの本来の性質によって絶縁されたコアネットワークトークンおよび内部ダイナミクスに関連する個々の為替レートを有しており、メディアプラットフォームトークン用のプロトコルとエコシステムを作成することにより、あらゆるプラットフォーム上でオンラインコンテンツのストリーミングに大きな関心を払うことができます。

ブロックチェーン技術が成熟し、市場のニーズに適応するにつれて、トークン、プラットフォーム、プロトコルは、すべての参加者の価値を最大限に引き出すために最先端技術を引き続き活用します。

ロードマップ戦略

戦略には、ブロックチェーンベースのアプリケーションのための優れたアイデンティティプロファイルとしていくつかのネットワークからのユーザーの特定のアイデンティティを集約することによって、Currentは強力なプリファレンスとアイデンティティプロファイルを開発する独特の立場にあります。

この認証レイヤーを使用すると、サードパーティのアプリケーションは、ユーザーのID属性および関連するデータを所有権なしに利用できます。

中央集中型ネットワークに沿った分散型ストレージインフラストラクチャの構築

プラットフォームは、独自のノードではなく、何百万ものデバイスにコンテンツをホストする分散型メディアインフラストラクチャを提供します。完全に分散されたメディア配信には、重要かつ迅速な業界の受け入れが必要です。

それがなければ、消費者には限られたコンテンツライブラリが残っています。一般市民がさらに暗号化を採用し、メディア業界がより分散化されたインフラストラクチャに移行するにつれて、現在はブロックチェーンを徐々に活用しています。

このアプローチは、プラットフォームが勢いを増し、両面の参入障壁を低減することを可能にします。

クリエイターは、ネットワーク内に確立されたトークン所有者のグループの利益と、収益のかなりの部分を享受します。このプラットフォームはIPFSやStorjのようなプロトコルをデータストレージのディレクトリやEthereumスマートコントラクトを流通ロジックとして活用します。

CRNCトークンについて

プラットフォームには各エコシステム内にサブトークンが存在します。

新たに発行された各プラットフォームのサブトークンに対してCRNCの一部分を担保にして、任意のネットワーク参加に対してトークンの即時流動性を生じさせることができます。

サブトークンは、CRNCまたはエコシステム内の他のトークンに対して即座に取引されます。

トークンシンボル CRNC            
トークン価格 0.24$            
プラットフォーム イーサリアム            
最小購入額 0.03ETH            
ソフトキャップ 300万ドル            

流動性を提供し、サブトークンの価格を公式に決定するために、Bancor Protocolと統合されます。

CRNCトークンマイニングプールは、ホストプラットフォーム、消費者、クリエイター、およびキュレーターの間でインセンティブを調整することによって、プロトコルを使用および実装する大規模なメディアネットワークにインセンティブを与えます。これにより、プロトコルは、ユーザーの好みや傾向に関する大規模かつ包括的なデータセットを達成することができます。

CRNCの総供給

CRNCの総供給量は10億トーンに制限されており、トークン販売後には新しいトークンを発行することはありません。トークンの販売中に、トークンの35%が購入可能となり、残りはメディアを消費してユーザーの推奨アルゴリズムへの貢献度によって獲得されます。ユーザーがこれらのトークンを獲得できる割合は、ホワイトペーパーに記載されているさまざまな要因によって異なります。

トークンの販売中に割り当てられなかったトークンは、エスクローで2年間ロックアップされます。

 

トークンホルダーのメリット

白書を読む限り考えられるユーザー側のメリットは複数あります。

①第三者メディアパートナーの定期購読のためのトークン交換

ユーザーはSpotifyなどのメディアパートナーへのプレミアム定期購読のためにCRNCを交換することができます。ユーザは、CRNCを引き換えたいサービスを選択し、そのネットワーク上でサービスをアップグレードするための鍵を提供する。

②プラットフォームトークンを稼ぐ

プラットフォームトークンを蓄積する主な方法は、現在のプラットフォーム内でメディアを再生することです。プラットフォームがブロックチェーン技術への依存度を高めているため、ステークホルダーにはさまざまな影響があります。

トークンの獲得方法は2つあり、

  • マイニング報酬
  • 紹介報酬 

以上です。

ユーザーが獲得したトークンの金額は、寄稿係数と成功した紹介の数に依存しています。現在のコンテンツ統合からメディアを使用するすべてのユーザーには、プラットフォームトークンが与えられます。

マイニング率とメディアネットワークと環境設定の同期

ユーザーの「マイニング率」は、アカウントに結びついているデータ量の影響を受けます。サードパーティのプロファイルを同期することで、このレートを上げることができます。このインセンティブはユーザーの入力を増加させ、推奨アルゴリズムがよりパーソナライズされたコンテンツを提供できるようにします。現在のネットワークが成長するにつれて、より多くの価値が創出され、指数関数的に大きなコンテンツ統合を持つより堅牢な推奨プラットフォームがユーザーに出現します。

ユーザー招待率

ユーザーは、他のユーザーを招待し、新しいユーザーがそれぞれのペースで獲得したトークンの分配金額の最大3%を獲得することができます。

リファラーとレフリーの両方が新しいユーザーが獲得するトークンのシェアを(1.5%)得る3%の分割を実装することができます。 

例:Tomは自分自身でCurrentに参加しました。 TomはSteveを招待し、その後SteveはJerryを招待する。
トム=彼のTR(トークン報酬)の55%+スティーブのTRの1.5%
スティーブ= TRの55%+ TRの1.5%ボーナス+ Jerry’s TRの1.5%
ジェリー=彼のTRの55%+彼自身のTRの1.5%のボーナス

広告の閾値とより速いマイニング

新しいユーザーは、ウォレットに5つのトークン(または現在のフリーユーザーの有効期間の価値に相当する)が保有されるまで広告が表示されます。

ユーザーの残高がこのしきい値を下回ると、広告が再び表示されます。ユーザーは、しきい値を超えて広告を排除するためにトークンを交換する必要はありません。ユーザーが広告をアクティブに保つことを選択した場合、これは積極的に広告配信係数に影響を与え、トークンをより迅速にマイニングできるようになります。

白書には、このように述べられています。

また、ユーザーの他にもキュレーターのメリットがあり、

ユーザーは複数のメディアストリームをチャネルに分けることができ、これらのチャンネルは、複数のメディアネットワークからのコンテンツの「フォルダ」として機能します。

Currentは、ネットワーク内の一般的なチャンネルを管理するユーザーに、そのキュレーションされたメディアに費やされた時間を測定することで報酬を与えます。

キュレーターは、チャンネルやプレイリストの消費量に基づいて、トークンの20%を占めます。消費は報酬の主な測定方法であるため、キュレーターがキュレーションするユーザーの寄与係数によって、キュレーターがセッションごとに獲得するトークンの数が決まります。

そして、クリエイターを戦略的にプラットフォームに導くために、Currentは、メディアアイテムのソースネットワークにかかわらず、獲得した各トークンの20%をCurrent内で消費されたメディアのクリエイターに割り当てます。

作成者がネットワークに参加してウォレットを請求するまで、すべての収益はエスクローで保持されます。

クリエイターが36,000秒(10時間)のストリーミングを蓄積すると、エスクローアカウントが作成されます。その後、これらの小さなクリエーターに関連付けられたトークンが成長プールに向かって移動します。

ただし、クリエイターが12ヶ月以内に財布を要求しない場合は、毎月10%の崩壊率が課せられます。この時間制限により、クリエイターはより早く参加することができます。

また、プラットフォームの流出を防止するためにトークンが多く流通することを防ぎます。すべての腐敗したトークンは、最終的に成長プールを介してトークンプールに戻されます。

この仕組みがあるため、クリエイターは自分のコンテンツを自分のプラットフォーム(Spotify、Youtube、Soundcloudなど)にアップロードし続け、ユーザーはそのコンテンツを現在のプラットフォームで使用します。

作成者は、獲得したトークンをCurrentから20%割り振ることに加えて、統合されたプラットフォーム(例:SpotifyまたはYoutube)から通常のライセンス料を払い、プラットフォームがさらに分散ストレージを統合することで、クリエイターはトークンで支払ったときに収益の100%を得ることができます。

これらの仕組みを利用することで、ユーザーは自分の好きなクリエイターをより良くサポートすることができます。

CRNCの獲得とトークン用途

トークンは、currentアプリ内で現金代行としてデジタルおよび物理商品に使用できます。

その他以下の用途が含まれます。

プレミアムサービス
ユーザーは、プレミアムサービスの支払いにトークンを使用できます。そのようなサービスには、オフラインリスニング、広告なしストリーミング、独占的にアップロードされたコンテンツ、および現在が統合されているプレミアムネットワークへのメンバーシップが含まれます。

寄付と支払い
トークンは、プラットフォーム内の他のユーザーに送信できます。私たちのプラットフォームが拡大するにつれて、ユーザーはチケット、物品、およびその他のサービスを購入するためにトークンを使用できるようになります。

広告主
トークンはCurrent内の主要な通貨になります。カレントネットワークとの直接関係を求めている広告主は、カレントネットワーク内のキャンペーンを促進するためにトークンを取得する必要があります。

今後のアプリケーションとしては、
プラットフォームが成長するにつれて、CRNCとそのサブトークンの保有者がそれ以上に増えることになります。

Currentネットワークは、他のアプリケーションが現在のプラットフォームの外にある商品のトークンを使用できるようにするためのサポートを提供します。

トークン経済性戦略

ここまで書く必要はないかと思いますが、白書には経済性についてかなり詳しく書かれてありましたので、一部抜粋します。

Currentのトークン経済は、ネットワークでメディアを再生しているユーザーの数とそのネットワークへの貢献度に基づき、

チームには、トークンの流出とネットワーク内の流入のバランスをとるのに役立ついくつかの安定化戦略があります。

トークンの安定性と価値創造(トークンプールのダイナミクス戦略)

2016年、オランダのエコノミストVon OordtとBoltは仮想通貨為替レートと価値創造につながった要因を分析するモデルを発表しました。

彼らは、3つのコンポーネントが重要であることを発見しました。

それが以下です。

1.バーチャル・コル・ランキューを使用して支払いを行う
2.仮想通貨を購入する先見的な投資家。効果的に供給を規制する
3.消費者の将来的な採用と仮想通貨の商取引を促進する要因

これによると投機家はより高い将来の有用性を見越して資金を回収することによって資金供給を効果的に制限する可能性があり、現在のデジタルトークンやBitcoinなどの限定発行通貨は、このカテゴリに分類されます。

つまり、最初にトークンの販売価格を設定し、ネットワークのエコシステムの背後にある基礎層を作成する際に、これらの要素が考慮されているのです。

トークンの総供給を1,000,000,000(10億)のトークンに制限する

将来トークンを発行する必要性をなくすため、獲得した各トークンの割合を取ってユーザー成長プールを作成します。この成長プールトークンは、各ブロックサイクル後に鉱夫報酬プールに戻されます。

プラットフォームが成長するにつれて寄与係数とブロックサイクル変数による難しさを考慮しながら、貢献度をユーザーに報酬を与える仕組みです。

長期間アクティブでないユーザーのための減衰率を導入する

トークンの販売と報酬のエコシステムを通じてトークンのベースライン市場レートを作成します。

以上によって、トークンの価格安定性を高めます。

トークンの償還と流動性

プレミアムサービスと商品のためにトークンを交換できるようにし、トークンは、トークン販売後にのみ採掘されるか、または広告主によって購入されるべきです。

インセンティブ化するとともに、さらに流動性をさらに高めるCurrentトークンの将来のユースケースを実装する(広告主がダイレクト広告を購入する方法、将来のアプリケーション以外で使用する方法)予定です。

プラットフォームの成長とネットワーク効果 

毎日のユーザーの習慣に報いることによってマスマーケットのための暗号通貨へのエントリポイントとして、メディア消費を与えます。

すべての参加者にメディア消費サイクル(消費者、キャラクター、または作成者)の報酬を与えることで、コミュニティの改革(消費、時間、注意、紹介、ユーザデータ統合)を通じたプラットフォームの成長と改善を促進します。

ユーザーの成長プールと減衰率

成長プールは、システム内で採掘されるすべてのトークンの2%を常に与えられるようになっており、

これにより、トークン報酬プールが決してゼロにならず、将来のトークンリリースが不要になります。

この組み込み配布メカニズムに加えて、非アクティブアカウントからのトークンインフローも受け取ります。つまり、ペナルティとして減損率も課せられる仕組みがあり、これは、プラットフォームの使用が再開するまで続きます(30秒以上の再生で再び、有効になります)。

ユーザーは、参加してから6か月前に繰り返し通知され、同様に、授与されてから12ヶ月以内にエスクロートークンを要求しないク​​リエイターに対しては、毎月10%の減損率が課せられます。

放棄したユーザーによってプラットフォーム内でトークンが失われないようにするためです。

ユーザーが自分のトークンを第三者またはオフラインウォレットに保管することを決定した場合、減損率は課されません。

動的サブスクリプションモデル

トークンは、ストリーミング用の動的サブスクリプションモデルを作成します。ユーザーは、広告の切り替えとプレミアムサービスへの加入を選択できるため、視聴者は広告の視聴に対してプレミアムサービスを支払う意思を効率的に取得できます。

このサブスクリプションモデルの効果は実証済みです。

2つのストリーミングの財務からの証拠

サービス、SpotifyとPandoraがこれを示しています。

広告モデル上のサブスクリプションで消費者は30%〜40%高い収益をもたらしました。

しかし、ほぼすべてのサービスのサブスクリプションセグメントは、フリー層ユーザーのサブスクリプションセグメントよりも小さくなっています。

さらに、標準的なバイナリ「広告またはサブスクリプション」モデルは、さまざまな消費者の需要の弾力性を効率的に取り込むことはできません。特に、無償体験を重視していますが、必ずしも完全定価のサブスクリプションを保証するのに十分ではありません。

収益モデル

CRNCのための価値と持続可能なエコシステム系をつくる5つの主要な方法を考えています。

1.プレミアム・サブスクリプションとサービスのためにトークンを取引しているユーザー
2.広告の閾値に達する前と後の広告のインプレッション
3.現在のIDプロファイルにアクセスするための第三者サービス料金
4.内部市場のトークン所有者(消費者、クリエイター、キュレーター)から広告主へのトークンの販売を仲介する
5. 20%トークンシェア・メディア

ガバナンスと透明性

今日、トークン販売を行っているブロックチェーン企業が直面している最大の問題は、一般に公開されていないことです。

ブロックチェーンに基づくすべてのプロジェクトがリスクにさらされるため、現状では、コミュニティに必要な情報が提供されている多くの驚異的な企業である「透明性のためのデフォルト」と共有するコアイニシアチブを実施する予定です。

トークンセール参加方法 

さて、少し長くなってしまいましたが、最後にトークンセールの参加方法についてです。

こちらから参加できます。

トークンセール参加

プレセールは間もなく開始されますので、メール登録をしておきましょう。

バウンティプログラムもあります。

https://icobountyhunt.com/bounty/current

エアードロップ

以下のリンクから詳細を受け取れます。

https://current-app.typeform.com/to/q9FbV6?s=tg

テレグラムに招待することで、トークンもらえます。

テレグラム参加

Level 1 Reward- Refer 5 Friends = 20 CRNC
– Level 2 Reward – Refer 10 Friends = 50 CRNC
– Level 3 Reward – Refer 20 Friends = 100 CRNC
– Level 4 Reward – Refer 60 Friends = 300 CRNC
– Level 5 Reward -Refer 80 Friends = 400 CRNC

関連リンク

Tokensale Website: https://tokensale.current.us/index.html

telegram:https://telegram.me/crncRef_bot?start=Yml0Y29pbi5hc3NldC5idWlsZEBnbWFpbC5jb20=

Roadmap: https://tokensale.current.us/index.html#roadmap

Whitepaper: https://cdn.current.us/whitepaper.pdf

Twitter:https://twitter.com/Current_CRNC
Medium blog:https://medium.com/current-crnc
Facebook: https://www.facebook.com/pg/CurrentCRNC/
Reddit: https://www.reddit.com/r/CurrentCRNC/

BitcoinTalk Thread: https://bitcointalk.org/index.php?topic=2831598.new#new
Bounty group: https://t.me/current_bounty

Author 

https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=1140780;sa=summary

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here