【Kokplayウォレット】12月から参加しても遅くない理由。

ゲームユーザーからの流入が非常に期待できる状況となっています。

12月から参加しても大丈夫かという質問が多くありましたので,こちらで記事にしました。その理由等をあくまで個人的な意見で述べてますので参考になれば幸いです

やはり集客できなければ、持続性にも大きく影響はしてくると思います。

Kok playには,ゲームコンテンツという強力なマーケティングツールがあります。

ホテルの王は現在、12000人ユーザーを確保。

マギアは五万人ユーザーを確保。

ネクソンとアシッドの共同開発のマギアというゲームは、10月末開始で既に5万人のユーザーが遊んでいます。

グーグルプレイ・ストアでリリースしたモバイルゲーム「マギーア:カルマ・セガ」は11月11日に実時間1位を達成しました。

「マギーア:カルマ・セガ」は現在、韓国内で人気が急騰しています。

そして、J88ポーカーというアジアではナンバーワンのポーカーゲームがKokでもいよいよ実装されます。

KOK財団ファン・トンソブ代表と「J88 POKER」キム・ジウン代表理事は11月4日、The Groove CompanyのKOK GROUNDで両社の協力に向けたMOUに署名しました。

このMOU締結はKOK財団内のゲームプラットフォーム拡大の一環で、両社はグローバルゲーム産業の生態系構造を拡大するための協約となっています。

ちなみにJ88ポーカーには,数十万人のユーザーがおり,

世界的にJ88所属プレイヤーと、オンラインゲームが注目されており、いつかKOKプラットフォームでリリースする予定です。

KOKトークンでも遊べるようになる予定です。

以上のように、ゲームコンテンツが非常に豊富かつ人気であり、KOKトークンの利用用途もいくつか出てきています。

1つが、マギアでのプレミアパッケージがトークンで購入することができます。

五万人のユーザーがいるマギアの熱狂的なファンがこのパッケージを買いたい場合は,kokウォレットを使用する必要が生まれるため、ウォレットの方にも流れてくることが予想できるということです。

マーケティングで言うと、ZDnetコリアという企業と宣伝をしていきます。

韓国IT産業を導くZDnet・コリアは、世界的にITメディアであるZDNet.comと契約を締結し、ニュースを独占供給することになっており、KOKPLAYと共同で宣伝していきます。

Kokplayをうまく運用するコツに関して

ホテルをむやみに買うよりは,今はコツコツ複利運用しておいたがいいかと思います。

というのも,ロック資金によって配当率は変わりますし,ロックに回した配当もあとで撤退するときにかえってきます。

よくある質問が、12月からでも遅くないですか?

個人的には全く遅くはないと考えています。

記事前半で述べたようにゲームユーザーは一定数確保しており、今後も増加見込みです。

同じ実業ベースの配当ウォレットとしてYoubankが有名ですが、現在半年以上続いています。

仮に、Kokplayが今の配当ペースを維持できるとすれば、原資金100万から始めて、月利8%とすれば年間で250万円まで膨れ上がります。

さらに、ここにkokトークンの値上がり倍率も加算されます。

半年間でやめてしまってもいいと思います。Sblockや他の案件を見ていると,救済措置として新たなプランやシステムを出したときは大抵、飛ぶ寸前の段階です。

Kokは長続きするとは考えていますが慢心せずに冷静に判断して抜くときは素早く抜きたいと思います

私から参加されてる方にはそのアナウンスもしますので、ライン@に登録しておいてください。

また特典等もありますので,こちらの記事で確認してください。

よろしくお願いします。