Chainlinkは2019年のほとんどで上昇傾向を維持しています。

LINKは、ビットコインの損失を最小限に抑えるための代替手段です。

Chainlinkを使用して、ビットコインの落下から顧客の資産を保護できるか?

ビットコインが落ちると、LINKは反して高騰する傾向が見受けられます。

少し誇張されていると思われる場合は、以下の表をご覧になることをお勧めします。

二人のアクションブックは、先月の動きで明確です。

ビットコインから逃げる投資家が安全な避難所として避難LINKを求めていることも示しています。

Chainlinkは引き続きアルトコインの最高の位置を維持し続けられるか?

相対強さ指数(RSI)は、買われ過ぎの地域で最近発見されましたが、これだけではLINKの価格は下がらない場合があります。

一方、移動平均(EMA)は上昇トレンドに抵抗するためにしばらく回復したいと考えています。

テクニカルインジケータ的は、LINKが短期的には大幅に成長することを示しています。

ただし、日足チャートの価格アクションにより、ウェッジチャートが上昇しており、相対強度指数は過剰摂取の兆候を示していますが、屈折は改善する可能性があります。

12時間のチャートでは、トランザクションの量が大幅に増加しており、45日間の移動平均を見ると、Chainlinkは再びトップを更新することができます。

Chainlinkが注目されているのはなぜか?

LINKは、ビットコインの衰退にともない、それに変わる代替案として顧客に信頼されているアルトコインのひとつです。

短期的にも長期的にも保有しておきたいアルトコインのひとつです。

しかし、Chainlinkは改善の兆しを見せていますが、対BTCでは軟調な動きを見せています。米ドルに対する為替レートは堅調で、いつでも下回る可能性があります。