こんにちは。BABです。

公開されましたので、個人的に気になる点をいくつかピックアップしたいと思います。

Horos(ホロス)とは日本でも話題となったタイムイノベーション社のクロノコインに次ぐ第二弾プロジェクトです。


こちらをご覧ください。

Horosコイン(HRS)の具体的な用途と価値の裏付けに関して

Horosコインには価値の裏付けとなるいくつかの用途がありますので、ご紹介します。

マイニング収益年利50%


月利4%程度のマイニング収益が得られるようです。詳細は確認中ですので、わかり次第追記したいと思います。

詳細はこちらでも確認できます。

プリペイド式クレジットカードの発行と1%手数料割引

HRS を保有し続けることで、仮想通貨対応のプリペイド式クレジットカードを発行できます。

条件としてはわずか5000円分の保有しておくだけです。

  • クレジットカードを郵送で受け取る
  • ユーザーはBTCなどの暗号通貨をHRSのウォレットへ入金する
  • ウォレット内でBTCから USDへ変換する
  • ユーザーが店舗にてクレジットカードを使用すると同時に相当分額のUSDを引き落とす

このような流れで利用ができます。MasterCardなので、日本だけでなく海外でもおそらく使えるかと思います。

さらに、これだけでなく、HRS で支払いを行うと、BTCの場合より半額の1%しか手数料がかかりません。

本来BTCなどのクリプト建でクレジットカードを使用すると2%程度のBTC手数料が発生致します。(100万円使うと2万円相当のBTCが手数料として発生致します)

Horosカードは暗号通貨取引所と連動しており、100万円使うと1万円相当のHorosが自動的にその取引所から買われて、決済に使われる形になります。

なのでHorosカード決済が広まれば広まるほど、そのHorosに自動的な買いが入り、取引所内でHorosの値段が自動的に上がることを想定しております。

ChronoPointの加盟店にもChronoPointを使用した時の手数料なども現在は2%の法定通貨が必要ですが、Horosコインで手数料を支払えば、その2%よりも安価な手数料でHoros払いが出来るというような仕組みとなります。

まとめますと、


①Horosカードでの決済が増えれば増えるほどHorosの値段は上がっていく。

Horosカードをマーケティングしていく事で、会員数が増え、自動的にカード決済時にHorosはユーティリティコインとして使われていく。

②ChronoSystemの普及によってChronoPointの消費も増えるので、決済手数料が発生する為、Horos決済が増え、価値が上がる事が想定されます。

ポイントマーケット社の事業を応援している方々にも、ポイントマーケット社の売り上げが上がればHorosの価値も上がる事になります。

③Horosは業界最速の処理能力を誇るブロックチェーンとして誕生する為、現在提携リリース予定のポイント会社などのサーバ型のポイントサービスなどを、ブロックチェーンへの変更を提案する事が出来ます。

それぞれの会社についても、一からブロックチェーンを作るのではなくて、Horosのベースの上にそのポイントシステムを乗せるだけになりますので、ブロックチェーン型に移行する事が出来ます。

様々な企業でブロックチェーンにしたい、という話も言われておりますが、そちらもHorosであれば処理が出来ます。

以上のように、このままサービスは利用者が増えるほど、HRS トークンの買いの需要に繋がります。

その他にも、

  • マイニング報酬のための保有継続
  • クレジットカードの取得条件による需要増加に加え、
  • 1%の手数料分のHRSトークンの流通量減少、
  • マイニング報酬の一部燃焼による流通量減少

長期的に価値が上がる仕組みがあります。

事業拡大とマーケティングに関して

2019年までに、取引所上場とテストネット開発開始

2020年にテストネット運転とHrosDRS開発開始し、HrosSCテストネットの開発も開始されます。

2021年にメインネット運転開始し
HrosDRSテストネットと、HrosSCテストネット搭載

そして2022年にはHrosDRSメインネットと、HrosSCメインネット搭載されます。

上場取引所としては、二社が確定しており、coinbeneの件もありましたので、マーケットキャップも上位の取引所です。年内上場予定です。

プライベートセールに関して

一般販売はありません。代理経由でプライベートセールで購入できます。10月末です。

プライベート価格は、0.03$で上場初値は0.09$予定となっており、日本でも数少ないプライベート投資枠となります。IEOは上場前にあるかもしれませんが、ICO公売はありません。

購入されたいかたは、通しますのでお問い合わせください。