IEOとは?

ICOをご存じの方は多いかと思いますが、
2017年に多くの仮想通貨投資家から注目を集めたICO(Initial Coin Offering)は、いわゆるトークンによる資金調達のことです。

そして、このICOを仮想通貨取引所が支援する事業のことを、IEO(Initial Exchange Offering)と呼びます。

大手取引所がプロジェクトを厳正に選定し、上場までを請け負うため、ICOの懸念材料であったプロジェクトの信頼性、ロックアップ期間、上場までの長い拘束期間すべてを克服することが可能です。

以上のような理由から、IEOはICOに変わる新たな資金調達手段として今年特に注目を浴びており、

世界最大手の仮想通貨取引所Binanceがその筆頭となり、市場を牽引しています。

BinanceのIEO専用のローンチパッドで行われたBitTorrentのBTTトークンに始まり、数々のIEO銘柄が上場後に急激な価格高騰をすることが相次いだことで、投資家の人気を集めました。

国内大手コインチェックもIEO参入するか

国内大手仮想通貨取引所コインチェックも参入へ意欲を示しており、これは大きなニュースとなりました。

「資金決済法の規制の下で、暗号資産による資金調達の支援事業を行いたい。現在、10件ほどのプロジェクトから、資金調達の相談が寄せられている。」

2018年4月にマネックスグループの傘下入りしたコインチェックですが、わたしがお世話になっているbitflyerについで、国内大手なので、参入が決まれば国内銘柄も活気づくことが予想されますね。

今年は数々のIEOが誕生した

大手仮想通貨取引所BitMEXの調査によると、IEOのROIデータが以下のように出ています。

中でもBinanceのほか、OKEX MXC Gate.io Huobi Kucoinなどの大手取引所のIEOが特に人気でした。

バイナンスも最新IEOを無事成功

最新IEOである$Bandがスタートますが、このプロジェクト次第では、今後のバイナンスIEOの注目度に大きく影響を及ぼす可能性がありました。

上場時は、約1.5倍で安定しており、緩やかに上昇しています。

こちらの記事でも紹介させて頂きましたが、

わたしのプレ枠で買えていた方は70%以上を手にすることができました。

今後も、限定セールなどをクローズドで流したいと思いますので、必ず登録しておいてください。