この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは。
今回は取引所の中でも分散型といわれる分類の取引所についてです。
いわゆる中央管理者がおらずP2P間で取引できる非中央集権型の取引所です。

詳しく見ていきます。


DEX(DecentralizedExchange)

分散型暗号通貨取引所といいます。一般的な暗号通貨取引所を利用して我々は様々な暗号通貨を売買していますが、証券取引所のように一括管理する運営が存在しないため、各取引所で価格差が生じ、アービトラージという収益化も図れるのが特徴です。

しかし、資産移転時のリスクやセキュリティリスクなど個人資産管理の問題があるのも事実であり、DEXをこの問題を解決するための取引所です。

DEXのメリット

セキュリティ面

DEXは運営元を介さず(運営元はいるが個人資産に介入しない)、P2P間で取引されるため、取引所破綻やハッキングによる第三者からの盗難のリスクを防ぐことが可能です。また、ブロックチェーン上に記録されるため資産、注文履歴などを閲覧することもできます。

ハッキングでいえば、2014年のMtGOX(マウントごっくす)という集権型取引所の大規模な盗難の話題なしでは語れませんが、ユーザーにも相当な被害を与えました。最近ではこうしたハッキング被害からもセキュリティ面を強化している取引所も増えてきましたが、ハッカーも絶えず存在しているため完全ではありません。

コスト面

DEXではP2P化により、手数料を支払う必要がないため、低コストの売買が可能です。取引所により、手数料が異なりさもあるためこの面でもメリットは大きいです。

取引量が多くなる

一般的には暗号通貨の取り扱いは各取引所に分散しているため、取引高にも差が生じ、場合によっては取引が困難になることもあります。

しかし、DEXの場合は、世界中の取引を少数のプラットフォームで行えるため、メリットも生まれます。ICOされた通貨がこのDEXで取り扱われ、取引高も伸びた段階で上場するケースもあります。

デメリット

取引所管理の透明性

管理が困難なゆえ、マネロン等の悪質な手段に利用されるケースも考えられます。


DEX一覧まとめ

●Ether delta(イーサデルタ)

イーサリアムブロックチェーン上のトークンを取り扱っているDEXです。ETH対比で取引が可能であり、トークン対トークンも可能。

最近ではICOブーム過熱に伴い人気のトークンが一般取引所に上場前に買えるため興味のあるICOがある方は開設しておくとよい。(IXT,STX,STOJXなどが人気)

公式サイト


●Counterparty DEX(カウンターパーティーDEX)

カウンターパーティーベースのトークンをXCPで取引できる。国内でも専用ウォレット(Counter wallet , Indie squere wallet)などで独自トークンを発行してビジネスに応用している方も多い。カウンターパーティーで発行した代表的トークンやbitgirls,Storjxなども取引可能。

公式サイト


●WavesplatformDEX(ウェーブズプラットフォームDEX)

今年に入って特に注目を浴び始めたWavesのプラットフォームトークンが取引できる取引所です。BTCなどもWAVES変換可能。WavesプラットフォームのICOも増えてきたので余裕があれば開設しておくとよい。

公式サイト


●NXT Asset Exchange(ネクストアセットエクスチェンジ)

NXTトークンのDEX。NXTベースのトークン自体少ないため取引量は少なめ。

公式サイト


●OMNI DEX(オムニDEX)

omiブロックチェーンのDEXだが取引高も少なめ。


●Bitsquare(ビットスクエア)

固有チェーンだけにとどまらず様々な通貨の取り扱いができる。法定通貨もトレード可能であり、法定通貨の送金や受け取りには、OKPayやPayPalのほか従来の銀行口座も用いることができるため、往来の取引所との要素も兼ね備えた理想の取引所を目指した形ともいえる。非中央集権型ではイーサリアムクラシックをいち早く採用したことでも話題。

公式サイト


DEXを利用する際の注意点

まだまだ、取引環境の整備が不十分な点があり、重くて操作できないなんてこともあるため、システムのバックアップは必ずしておきましょう。また、一般取引所に比べて流動性も少ないですがICOの各ブロックチェーンベースのトークン目的にとどまらず、未来の取引所のあるべき姿として重要な取引所となることでしょう。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here