Coincheck(コインチェック)の登録から入金、出金方法、取り扱い暗号通貨について。

    0
    528 views

    この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

     

    こんにちは。
    今回は、日本大手取引所のコインチェックについてです。
    その特徴や基本的操作方法、取り扱い暗号通貨について見ていきます。

    Coincheck(コインチェック)とは?

     

    f:id:BitEmperor:20170724003359j:plain

    coincheck(コインチェック)は2014年から暗号通貨取引所を運営している日本国内ではユーザー数も多く大手の取引所です。他の国内取引所に比べて、圧倒的に取り扱い通貨が多く、時価総額ランキング上位の通貨は殆ど網羅しています。

    また、取引売買の手続きがシンプルで、初めての方でも簡単に取引できる点が魅力となってます。

    はじめてビットコインを買う方は、まずはこの取引所からはじめて間違いないでしょう。

    Coincheck(コインチェック)の特徴は?

    長年の実績と積極的なサービス展開

    coincheck(コインチェック)は2014年から運営しておりますが元々はstorys.jpというWebメディアを運営するなど、テクノロジーに特徴があります。国内の取引所でいち早く信用取引を開始したり、coincheck paymentという決済サービスを提供したりと積極的な展開をしている会社です。coincheck paymentは店舗向けのビットコイン決済において4,000社以上の導入実績があり圧倒的なシェアを誇っています。

    主要暗号通貨を幅広く網羅

    そして、他の国内取引所と比較して豊富な種類のメジャー暗号通貨(時価総額ランキング上位)を簡単に売買できる点もまた特徴です。

    取り扱い通貨はこちらです。

    f:id:BitEmperor:20170723233341j:plain

    ビットコインはもちろん、イーサリアム、イーサリアムクラシック、DAO、LISK、Factom、Monero、Augur、リッ、Zcash、NEM、ライトコイン、DASHと計13種類扱っています。

    各通貨に関する情報はこちら

    ※順位は時価総額ランキング(7月現在)

    • 1位 f:id:BitEmperor:20170723042931j:plainBitcoin (BTC)/ビットコイン
    • 2位f:id:BitEmperor:20170723045344j:plainEthereum(ETH)/イーサリアム
    • 3位f:id:BitEmperor:20170723045355j:plainRipple (XRP)/リップル
    • 4位f:id:BitEmperor:20170723044723j:plainLitecoin (LTC)/ライトコイン
    • 5位 f:id:BitEmperor:20170723045445j:plainNEM (XEM)/ネム
    • 6位 f:id:BitEmperor:20170723173514j:plainEthereum classic(ETC)/イーサリアムクラシック
    • 7位 f:id:BitEmperor:20170723043423j:plainDASH (DASH)/ダッシュ
    • 9位 f:id:BitEmperor:20170723044842j:plainMonero (XMR)/モネロ
    • 17位f:id:BitEmperor:20170724002306j:plainZcash (ZEC)/ジーキャッシュ
    • 28位f:id:BitEmperor:20170723045507j:plainAugur (REP)/アウガー
    • 32位 f:id:BitEmperor:20170723045624j:plainFactom (FCT)/ファクトム

     

    ビットコインに関しては銀行振込の他、クレジットカード決済も可能です。

    アプリ対応で使いやすさ抜群

    Coincheckはアプリ対応であり、チャートの動きを見たり、売買もできるため使いやすさで言えば抜群です。

    f:id:BitEmperor:20170723233855j:plain

    f:id:BitEmperor:20170723233903j:plain

     

    チャット機能

    これはあまり使ってない方が多いかと思いますがユーザー同士のチャット機能が使えます。
    気軽に雑談したり、時事的なことも飛び交うことがあるため、情報キャッチの意味でも暇潰しに見てみるのも面白いかもしれません。

    Coincheckの登録方法

    まずは以下のcoincheck公式サイトにアクセスします。

    The Leading Bitcoin and Cryptocurrency Exchange in Asia | Coincheck

    メールアドレスかfacebook認証により簡単にアカウントを開設できます。アカウントは個人または法人での登録が可能です。

    f:id:BitEmperor:20170724000824j:plain

     

    登録後にやること

    正式に取引を開始するには以下三つをやる必要があります。

    f:id:BitEmperor:20170724001414j:plain

     

    • 携帯電話番号認証
    • 本人確認書類の提出
    • 預金通帳確認

    携帯電話番号認証はショートメールで確認コードが送付されるので入力してください。
    本人確認書類は運転免許証やパスポートなどの写真を撮影してアップロードします。運転免許証以外は住所の証明ができる公共料金の請求書などが必要になります。
    預金通帳は日本円の入出金をする際に必要です。

    3つが完了すればようやく取引を開始できます。
    ※本人確認書類は提出後に住所確認のための簡易書留はがきが郵送されるので、必ず受け取ってください。はがきを受け取れば本人確認が完了し全ての機能を使えるようになります。
    ここまで必ずやりましょう。

    Coincheckでの入金、出金方法

    coincheckは口座開設後に日本円を入金できます。ビットコインを購入するためにまずは入金作業が必要です。

    • 登録した銀行口座からの入金
    • コンビニ入金
    • クイック入金
    • クレジットカード決済

    の4つの方法があります。
    「登録した銀行口座からの入金」が手数料が最も安くおすすめです。

    「日本円/USドルを入金する」ページに行くと、入金方法の指示が記載されています。

    Coincheckでの売買方法

    f:id:BitEmperor:20170723235042j:plain

    coincheckにログインして「コインを買う」もしくは「コインを売る」を選択します。その後、売買したい暗号通貨の種類を選択し、数量を入力してください。数量を入力するとレートに合わせて自動的に日本円価格が表示されます。非常にシンプルです。

    基本的には、ビットコインを中心に売買しますのでまずは、ビットコインを購入することから始めましょう。

    Coincheckのデメリット・リスク

    相場が高い

    デメリットはビットコイン以外の通貨に関しては、若干相場が高いことです。
    1%前後高くなっていることが多いです。ただ、他の国内取引所の多くはビットコインとイーサリアム、一部の通貨しか対応していないので、他の通貨を売買したい場合は海外取引所を利用することになります。
    ですが、使いやすさや取り扱い通貨の多さからも相場の高さは許容範囲にはなっているようです。

    ある程度慣れてきたら海外取引所にもチャレンジしてみましょう。

    セキュリティ

    セキュリティに関しては、最近の相次ぐハッキング被害から改善傾向にありますが、依然として抜け口は存在するため注意が必要です。ご自身の大事な資産を守るためにもパスワードを定期的に変えたり、二段階認証、メールアドレス自体のセキュリティ管理が必須になります。
    登録したら、まずは必ずセキュリティ管理をしましょう。

    チャートの反映が遅い

    コレは、初心者にはわかりづらいかと思いますが、コインチェックのチャートの反映には誤差が多少あります。

    正確なリアルタイムの時間での相場が見れないときがあるため、トレードを短時間でするには至って不向きだと言うこふとです。

    トレードするなら、海外取引所を開設しましょう。

    Coincheckまとめ

    コインチェックは国内取引所で言えば、使いやすさナンバーワンです。まずは、この取引所を開設してビットコインを買うことから始めてみましょう。

    返事を書く

    Please enter your comment!
    Please enter your name here