アーダーArdor coin(ARDR)について。

    0
    784 views

    この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

    こんにちは。 今回もアルトコイン情報です。 長期的な投資先として優秀そうなアルトコインを見つけましたので、説明します。

    Ardorコインとは?

    Ardorは、プラットフォームとしてブロックチェーンサービスでユーザーがプロパティを解放するために特定の設定を部分文字列を作成することができます。

    元は、NXT(ネクストコイン)のブロックチェーンの進化版で機能性とスケーラビリティの両面で前任者よりも多くの利点を提供しているようです。

    NXTに関する記事

    すべての処理がArdourの主鎖(親ブロックチェーン)で行われるため、子チェーン作成者は、ブロックチェーンを作成するときや十分なノードを確保して共通の問題を心配する必要はありません。

    また子チェーンは、分散化された段階的整理、投票、取引などNxtで現在見られる機能を利用できるほか、最初に起動されるIGNISなど、プラットフォーム上の他の子チェーンとやりとりできるようになるとのこと。

    Ardor(ARDR)メインブチェーンについて

    f:id:BitEmperor:20170620025124p:image

    Ardourトークン(ARDR)が存在するArdour Main Chainは、すべての子チェーンを保護し、トランザクションを処理するシステムとして機能します。 あるアカウントから別のアカウントにARDRを交換するなど、メインチェーン上で可能なトランザクションはいくつかありますが、パフォーマンスを向上させ、ブロックチェーンの膨らみを減らすために、チェーン自体ではほとんどの機能を使用できないことになっており、ステークスが100%であるため、新しいトークンが作成されないため、マイニングに追加の処理が必要ないことになります。

    Ardorメインチェーンの特徴

    速い

    すべての子チェーントランザクションを含む各ブロックは、約60秒以内に処理されます。

    スケーラブル

    子チェーンのトランザクションデータは、子チェーンの数とは無関係にブロックチェーンのサイズを刈り込みます。

    安全性

    Ardourは長年の実績のあるセキュリティと安定性を備えたブロックチェーンであるNxtのコア開発チームの会社、Jeluridaによって構築されます。

    Ardour子チェーンによるプロジェクト

    Ardorの子チェーンを作成することで、 ビジネス、組織、グループ、または独立したプロジェクトにNxtの高度なブロックチェーンテクノロジーを利用することができます。

    各子チェーンは、Nxtにある以下のような分散機能を利用することができます。 沢山あるので箇条書きで。

    • エイリアス簡単な名前でトランザクションを開始し、すべてのエイリアスは、子チェーンの名前の前にピリオドで終わります。

    • データクラウド データを安全にブロックチェーンに格納します。公開または非公開のいずれかになり、タイムスタンプが付きます。

    • アカウント管理 アカウントへのアクセスを制限するか、複数の当事者による承認なしに取引を禁止する。

    • 通貨システム 子チェーンネイティブトークンに加えて、カスタマイズ可能な通貨システムトークンを作成する

    • 安全なメッセージ 集中化されたシステムを使用せずに、暗号化されたメッセージとファイルを送信します。

    • コインシャッフル 必要に応じて、ユーザーが他のユーザーの資金と迅速かつ効率的に資金を混ぜてプライバシーをさらに向上させることができます。

    • 投票 安全で匿名の投票のための分散型ポーリング。

    • プラグイン プラグインをインストールして、機能を増強しカスタマイズすることができます。

    • 市場 誰でも物理的およびデジタル的なアイテムを売買することができる市場を持つ。

    Ardorの前任者NXTとの違いは?

    Ardorは2016年の中頃にNxt2.0というものから改名されました。この時に暗号通貨はFXTからARDRへと変更されていますが、所有するためには、現存するNxt1.0の基軸通貨であるNXTを保有している必要がありました。

    そもそもNxt1.0とはRippleを除くと、最古のビットコイン2.0系のブロックチェーンです。 エンドユーザーの利用できる機能も、アセット・トークン発行やメッセージ送信など多岐に渡り、非常に人気が高いものでした。

    Nxt2.0はサイドチェーンを導入することによって、スケーラビリティを向上させ、高い自由度を持たせるということを可能にしたのです。 自由度の高さに関しては、それぞれのサイドチェーンによって、個別の基軸通貨を存在するようにさせるという点によって保証されます。

    Nxt1.0の段階ではNXTという共通の基軸通貨がありましたが、これは廃止されます。なおNxt2.0(改名後はArdor)のメインチェーンでは基軸通貨としてFXT(Ardorに改名後はARDR)というものが使用されるようになります。

    Nxt2.0(Ardor)のメインチェーンではFXT(ARDR)の送受信のみが可能となり、アセット・トークン発行やメッセージ送信機能は失われています。しかしながらサイドチェーンによって、これらNxt1.0で利用できたすべての便利な機能は使えるようになるので、利用者側に大きな問題はありません。

    Ardorの相場と推移

     

     

    ビットコインのUASF問題に伴いアルトコイン人気が過熱している中で、徐々に日本でも認知度が上がって来ている通過です。 ここ1ヶ月で価値が2倍に跳ね上がりました。

    今現在の相場は、0.0008000-0.00011000付近を上下していますが徐々に底値も上がっていくでしょう。

    長期的なホールド通貨としては優秀と思いましたので、ホールドして見守りたいと思います。

    関連リンク

     https://www.ardorplatform.org/

    返事を書く

    Please enter your comment!
    Please enter your name here